2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

c-1.香港旅行・グルメ

2016年2月19日 (金)

香港・澳門旅行2015 №46  最終回

Hk

ついに香港国際空港を離陸。2年ぶりで訪れた旅の出来事全てが走馬灯のように駆け巡ります。

(寝太郎) うう、別れがつらいよお……。

寝太郎さんの胃袋が寂しさに耐えきれず、また暴動を起こしました。

ワインにビールに芝士煙肉法包(ベーコンチーズバケット)を頼み、一人宴会。

同時に緊張から解放され、単に飲みたかっただけではないか、という気もしますが……。

 

さて、2年ぶりの香港。以前は“寝太郎メモ”が活躍しましたが、今回情報は全てスホマに

入れペーパーレス。しかし、まる1日出歩く場合など、気をつけないとWiFiがバッテリー切れを

起こしてしまうので、紙の情報も必要最低限あったほうが心強いと思いましたわ。

長々続いた旅行記は、これにて終了。気に入った店などは主観になりますので省きますね。

香港ビギナーな自分は、旅雑誌的でマイナーなご紹介しかできなかったと思いますが

お付き合いいだき、立ち寄ってくださった方々及びコメントをいただけた皆様に感謝いたします。

ありがとうございました Ojigi ――再見香港。重會嚟睇你。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

旅の参考文献
『香港トラムでぶらり女子旅』(ダイヤモンド社)
『FRaU』2015年9月号「食べて、歩いて、また食べてあがる香港」(講談社)
るるぶ 香港マカオ、他
旅の功労者  寝太郎さん
旅の協力者  あんころりぃ~ん♪さん、いたこさん、先生。他。

2016年2月18日 (木)

香港・澳門旅行2015 №45  再興燒臘飯店 Joy Hing Roasted Meat

Photo

香港滞在最終ミッションは空港で食べる飯。

しかしこの日の午後から降り出した雨のお陰で片手に傘をささなくてはならず、

手荷物を抱えた自分たちは行動しづらい。頑張れ自分。

向かったのは灣仔の「再興燒臘飯店」 Joy Hing Roasted Meat

地元香港民から絶大な支持を受ける当店は焼味臘味専門店。

滞在中にお店で食べることも考えたのですが、外賣でも十分に楽しめると香港ツウさん情報。

去りゆく旅の時間を惜しみながら余韻に浸るため焼味を購入。

ほか近くのベーカリーでパンをごっそり。

香港駅より、エアポートエクスプレスで香港国際空港へ。˚‧º·(˚ ˃̣̣̥᷄⌓˂̣̣̥᷅ )‧º·˚ 

燒肉HK$80

最後飯は皮付きロースト・ポーク。

毎斤HK$128、半斤でお願いしましたが、少しグラムが多いよう。

量り売りですから、このあたりはアバウトです。

マスタード付きで、食べやすくカットしてくれてるので、空港のコンビニで

購入したドリンクと共に。

――う、うんまい!

塩加減良好、バラ肉の脂身も甘みがあって、噛みしめると旨味がじゅわーっと広がる。

マカオの胡椒鴨も素晴らしかったが、こちらも負けてはいない。

味に嫌味がないからどんどん食べれてしまい、胃袋が強くお替りを欲するのだ。

まだまだ未熟な自分ではありますが、香港で食べた焼味の中でもトップクラス。

ローカルの底力を見せつけられた感じでたいへん美味。

再訪決定!この味なら信頼できる。今度はぜひ店内であれこれと注文してみたい。

再興燒臘飯店 Joy Hing Roasted Meat
灣仔軒尼詩道265-267號地下C座
TEL 852-2519-6639
営業時間  月~土:10:00-22:00

2016年2月17日 (水)

香港・澳門旅行2015 №44  美心皇宮 Maxim's Palace Chinese Restaurant

Photo_2

ホテルを無事チェックアウト。その後、香港駅のチェックインカウンターで

チェックインを済ませ、機内に預けるスーツケースを渡し身軽となった私達。

当初、昼に予定していた店が粥粉麵店のため、朝から続くとなるとバランスが悪い。

(管理人:イメージ) お店で食べるの最後だから、點心が恋しいなあ。

しかし、香港ビギナーの自分はアドリブが利かぬ上に、空港に向かう時間から逆算し

食事時間も含め、どこまでが移動可能距離として判断して良いのかわからないのです。

(寝太郎) この近くなら、「美心皇宮」 があるよ。

同じ店ではつまらないだろうと、寝太郎さんが「るるぶ」を手に取り教えてくれたのが

中環の大會堂(シティホール)にあるこちら。

情報によるとワゴンスタイルの飲茶は最新式のモニター付きなんですって。

当店も「名都酒樓」さん同様、入店整理をしているお姉さんに利用人数を告げ、

番号札を発券してもらうシステム。案内を受けるまで30分以上は待ったんじゃないかしら。

天井からシャンデリアの下がる広々としたダイニングは披露宴会場のよう。

申し込んだ利用人数単位で卓を使えるので4人掛け席を2人で独占。

メニューも置いてもらえ、點心のお値段は上記の写真のとおり。

點心メニューには日本語も併記されていましたが、グランドメニューにはなし(英語有)。

ワゴンから選ぶ場合は伝票にスタンプを押してもらい、別注文の際はスタッフさんを呼んで

指さしでお願いしました。

ダイニングを最新のワゴンで回る制服おばちゃんに手をあげ「唔該」を連発。

肝心のモニターも角度によっては見えないので、蒸籠の中を確認させてもらい、

気に入ったのがあれば「一籠」。こうしてまずは3品。

下記點心名、正確さに欠ける点はご容赦ください。

黑椒金錢肚

スパイスを効かせたタレでハチノスを蒸したもの。臭みもなく味が染みていて美味い。

韮菜蒸粉包

もっちりとした皮に包まれた香り豊かなニラ蒸し餃子。タレの味も上々。

叉焼腸粉

叉焼入り中華蒸しクレープ。タレの味を含め期待値を外さず王道的な味わい。

蟹籽滑燒賣

ワゴンを待てど食べたいものが来ない場合はスタッフさんをつかまえてリクエスト。

回転寿司と同じですよ。以下は全て、同様に注文しました。

(ノブロー) わお!黄色い皮のシューマイだでぇ。

蟹の玉子のせシューマイは大點。

飲茶の定番ですが、2年ぶりですから一応香港で食べておかないと。

肉餡に練り物が加勢している感があり、期待していたほど力強さを得られませんでしたが

味は悪くありません。

瑶柱灌湯餃

干し貝柱入り水餃子は頂點。赤酢がセットされる。

大きい餃子を崩していただくわけだけれど、日本で食べたことのあるスープ餃子に比べると

餡に含まれる具材も普通で宝石箱を開けたような大きな感動はない。

普段着っぽい味わいで、スープの味と共に繊細さに欠ける感じかな。

お値段からすると妥当なのかもしれません。

免治牛肉飯HK$88

白飯を覆うようにかけられた、たっぷりの挽肉あん。

ここに同席するグリーンは輪切りにした露筍の茎かしら?食感はそんな感じ。

優しい甘みのあるあんは、とても素朴な味わい。

一皿のボリュームがありましたが、親しみやすい美味さで、ばくばく食べれちゃいましたよ。

支払いはテーブルチェックにて。

Hand01 埋單は、啤酒数本を含め、約1人当たりHK$258

同じような時間帯に、背広姿のビジネスマンが多かった「名都酒樓」 さんとも

また違う雰囲気で、利用客はもっぱら観光客やご家族連れが多い感じ。

無難に食事を楽しめるので、一般の観光客にとって使い勝手が良い店だと思います。

 

美心皇宮 Maxim's Palace Chinese Restaurant
中環愛丁堡廣場5-7號大會堂低座2樓
TEL 852-2521-1303
営業時間  月~土:11:00-15:00; 17:30-23:00
     日:09:00-15:00; 17:30-23:00

2016年2月16日 (火)

香港・澳門旅行2015 №43 炳記茶檔

Photo

炳記茶檔

最終日の朝、当初は中環での朝食を予定していましたが、宿泊先のホテルエレベーターが

未だ故障中で稼働せず。そのためチェックアウト時の不安が拭い捨てれず、早めの行動が

望ましいと判断。往復に時間をかけない徒歩圏内の大坑に向かいました。

康記粥店」さんに近い当店は、OpenRiceによる「大坑Top 10人氣食店」に選ばれており、

開飯熱店大賞2015(港式餐廳)入圍熱店の一軒にも輝く店。

旅の予備軍としてリストアップしていました。

朝から大繁盛なのですが、幸い入口近くに空席がありましたので、相席で着座。

卓上には箸や砂糖が完備。

テント屋根のかかった奥の壁に掛けられたメニューからチョイス。

地元民の利用が多い当店。広東語オンリーのようですが、自分には細かく指示する語学力なし。

オーダーは指さしでお願いしたけれど大丈夫かしら(汗)。

豬扒麵HK$25

寝太郎さんチョイスは、ポークステーキをのせた麺。

生菜入りで、麺は硬めに茹でた出前一丁麵。

肉は下味をがっちり効かせているため、スープに味が移りこみ濃い。

openriceでは、当該麺の人気が高いようだけれど、値段の割にボリュームに優れた点が、

ポイントアップに繋がっているのかしら。自分には少し馴染みにくい味。

出前一丁公仔麵 雙拼HK$20(肉丁+雞蛋)

生菜と出前一丁麺は同様。

ピリ辛い豚肉を頂に、玉子の黄身がいい具合に半熟です。

自分にはこちらの方が口に合いますが、正直なところ、肉は普通だし、スープの味も

良い意味でのジャンクさに欠けチープさに面白味がない。

これでは、いたずらに腹を膨らますばかりだ。

伝票は出されず、食後はそのまま席をたち、店の人に声をかけお支払い。

Hand01 埋單は1人当たりHK$22.5 安い!

期待していたほどの成果は得られませんでしたが、退店のちに注文すれば良かった

と思うものがあり、それが奶茶です。

これに合わせて三文治又は多士が正解だったのではないか、と自身の選択ミスが

悔やまれました(涙)。勉強になったのであります。リベンジだ。

 

炳記茶檔
大坑施弼街5號側
TEL 852-2577-3117
営業時間  火~日:07:30-15:30

2016年2月15日 (月)

香港・澳門旅行2015 №42 b.a.r. Executive Bar

Executive_bar

再び銅鑼灣へ。

Times Square(時代廣場)のクリスマスツリーを見た後は、大人の時間。

「聰嫂私房甜品」さん並びのビルの「b.a.r. Executive Bar」へ移動。

当店は、香港ツウのお友達の馴染みの大切なお店。

今回、ご厚意により紹介いただけ、2年ぶりに訪問する香港ビギナーの私たちの旅の思い出にと、

席も予約してくれてたんですよ(涙)。懐でかいーー。感激です!

当店はハッピーバレー競馬場が望めるビルの27階。

時間にお邪魔すると、店内はほぼ満席。人気店なので予約の電話は必須らしい。

お蔭でスムーズにカウンター席に案内してもらえました。

当店は東京の某ホテルで研鑽を積んだ日本人がバーテンダー兼マスターを務める店。

ご紹介にあたり私も日本から漫画や和製カレンダーを挨拶代わりに持参いたしました。

マスターは私がイメージしていた人物像とは少し印象が異なり、とても落ち着いた感じの方で

スマートな接客が格式あるホテル出身のバーテンダーであることを物語るよう。

酒はマスターこだわりのモルトウイスキーや

「さっぱりめ」など、自分の飲みたい口当たりを伝え、お任せであれやこれやと数杯。

しっとりアダルトな雰囲気の中、旅の最後の夜に相応しいまったりとした時間を

過ごさせていただきました。

(ノブロー) ええ思い出になっただ。オラからも友さんに礼を言うだよー。多謝哂!

b.a.r. Executive Bar
銅鑼灣耀華街3號百樂中心27樓
TEL 852-2893-2080

食いしん坊猫 ~私の大切な香港のお気に入りたち~」作者、あんころりぃ~ん♪さんから。

2016年2月12日 (金)

香港・澳門旅行2015 №41  良記食品

Photo

上環、文咸街でお菓子を販売しているお店を見かけました。

カラフルで、まるでお菓子のブーケだよ。

自分で小分けすれば、ばら撒き土産に丁度良し。

店のおじさんに指さしでオーダー。

大白兔奶糖や史蜜夫をはじめ、数種を購入。思いがけず、楽しい買い物も出来ました。

 

2016年2月11日 (木)

香港・澳門旅行2015 №40  陳勤記鹵鵝飯店 Chan Kan Kee Chiu Chow Restaurant

Photo

陳勤記鹵鵝飯店」 Chan Kan Kee Chiu Chow Restaurant

ミシュランガイド、ビブグルマンを獲得した当店は上環で長い歴史を誇る潮州料理店。

旅の候補店のひとつでしたが、「蓮香居」さんにお邪魔した際、

店頭に出ていたメニューをチェックできたので、お邪魔することに決めました。

案内を受けたのは厨房並びの4人掛けテーブル席。

グランドメニューもいただけましたが、壁のブラックボードにはシェフお薦めの料理も紹介されてます。

当店は、自帶酒水OK(HK$50)。

開瓶費がバカ高くないところもお店を確定するポイントです。

ホテル部屋飲みがワインのため、こちらではお手頃な紹興酒を銅鑼灣で事前調達し

担いでやってきました。藍妹啤酒HK$38、茶位HK$×2、お通しは揚げ塩ピーナッツ。

日本語メニューはありませんでしたが、英語の併記あり。

料理はアラカルトチョイスで4品お願いしました。

馳名鹵水鵝片肉(例)HK$178

薄くスライスしたガチョウ肉の下には鹵水豆腐も。比較的あっさり目の味付けで品が良い。

甘酸っぱいタレはお好みで使う。「馳名」と謳うだけのことはあり美味い。

韮菜鵝紅(小份)HK$42

ガチョウの血を固めたものとニラの炒め。臭みは感じず、すっと食べれた。

レバーが大丈夫な方はチャレンジも有りかも。

椒鹽九肚魚(例)HK$78

九肚魚は日本では出会えない食材。これもマストで押さえたい。

ふっくらカリッと揚がった九肚魚のフリッターは口に含むと柔らかくてとろけるよう。

白身の繊細な旨さ引き立てるのは、ニンニクチップ、塩、胡椒。これで十分。

(ノブロー) 香港で九肚魚を食いっぱぐれたら、悔やまれるで。

(ララ・メイ) あら、何?ウェイターさんワタシ、椒鹽九肚魚にタレはいらないわよ。

酥炸大腸HK$72

サーブ時には甘酸っぱいタレが同行。

カリカリに揚げていますが、ジューシーさは損なわれず、お掃除後の大腸の脂肪部分が美味。

万人にオススメできるものではありませんが、独特の風味を含め、ワイルドで咀嚼する

醍醐味ありです。

Hand01 埋單は、10%の服務費がかかり、1人当たりHK$267。

興奮度は劇的に高い、とまでは申せませんが、味も悪くないし、

まずまずの優良店で当方としては何ら不足なし。

酒のおつまみでお腹も満ちたし、明日の午後には日本に戻るので、今宵はもう1軒

香港の夜を楽しみたい。

 

陳勤記鹵鵝飯店 Chan Kan Kee Chiu Chow Restaurant
上環皇后大道西11號地舖
TEL 852-2858-0033
営業時間  月~日:11:00-22:00

2016年2月10日 (水)

香港・澳門旅行2015 №39  生命物

Photo

ホテルに戻る前にもう1軒立ち寄りたい。

それが「永合成馳名煲仔飯」さんから徒歩で向かえる西環の麵包店「生命物

出来立ての蛋撻が美味いのだという。

店内はお客様でいっぱいでしたが、お目当ての蛋撻を見つけ購入。

蛋撻

ホテルに戻ってからの実食。値段は失念。

残念ながら新鮮出爐!という感じではありませんが、ゲットできただけ良しとしよう。

(ノブロー) みんなで、ごっちゃんになるだ。

幾好。フィリングも滑らかだしクッキー生地もかりっと。

悪くありませんが、個人的にマカオ式のエッグタルトの方が好みなため、かじりついたとき、

神クラスに美味かった「瑪嘉烈蛋撻店」さんの(葡撻の)味が思い起こされ、どうしても

比較してしまう。日本なら、これも当然美味いと 讃えられる味わいですが、大きな感動には

至らず、普通に美味しくいただきました。

店内には美味しそうなパンも取り揃えられていたので、次のチャンスにはそちらを試してみよう。

当店は香港大学站近く。

上環からスタートしたショッピングとグルメのルートは「生命物」に寄ることで効率的に終わりました。

※後日知ったのですが、当店は現在の場所からほど遠くないところにお引越しされるそうです。

2016年2月 9日 (火)

香港・澳門旅行2015 №38  永合成馳名煲仔飯 Wing Hop Sing

Photo

今回の旅でどうしても訪問したい店があった。

それが西環の「永合成馳名煲仔飯」 Wing Hop Sing

「齒來香蛋卷」さんからは徒歩で向かえる距離。

店舗は德輔道西(Des Voeux Road West)沿いに面しています。

当店は昼から煲仔飯が食べられるお店。

香港ツウの先輩のブログを拝見し、恋い焦がれておりました。

時刻は13時を回ったところで、中を覗くと客入りも上々。

乾物の入った大きな袋とデリケートな蛋巻をごっそり抱えた私たち。

大荷物で立ち入るとは、初日同様、迷惑な日本人ツーリストでありますが、幸い入口の4人掛け

テーブル席が空いていたので入店が叶いました(もちろん、後に他のお客様と相席になります)。

卓上には、箸、レンゲ、コップ、ウォーターピッチャーが置かれており、メニューも完備。

さっそくお目当ての煲仔飯を選びます。

openriceによると、窩蛋牛肉飯の人気が高いようだけれど、これはあっさり切り捨て。

肉片飯HK$60加煎蛋HK$7

数ある煲仔飯の中から選んだのは肉片飯。

肉片飯は薄切り肉とモヤシの煲仔飯、そこに+HK$7で両面を焼いた目玉焼きを

のせてもらっています。

オレがオレがと自己主張の強い煲仔飯とはひと味違い、派手さはないが、こなれていて、

いぶし銀のように自然体な美がある。

砂鍋での提供。卓に置かれた瞬間、喜びで椅子から尻が浮きましたよ。

(レンタロー) うめそう!管理人、はよ、かん回して。お醤油タレかけて欲しいだ。

卓上のタレを好みの分量かけて、全体に混ぜ合わせる。

サーブ時に取り碗ももらえたから安心だ~。

(寝太郎) うんめー!昨晩、僕が煲仔飯に求めたのはこれ、

このお米のふっくら感なんだよ。

肉の旨味にモヤシのシャキシャキ感、そしてタレの染みたご飯との一体感が素晴らしく

まさに恍惚感に浸る美味さだ。そして煲仔飯の嬉しい副産物、鍋に張り付いたオコゲは

程よい硬さでぱりッと仕上がり、こんがり焼けたような香ばしさが口いっぱいに広がった。

火加減ともに申し分なく、満点煲仔飯だったと言えましょう。

鹹魚蒸肉餅HK$65

小菜類からのチョイスは鹹魚(ハムユイ)のせ蒸しハンバーグ。

煲仔飯のおかずにもなるし、香港で肉餅を食べるという自身の課題もクリアだわ。

ハムユイの上には針生姜。

蒸し加減上々、ハムユイの風味が生きてるし、この塩加減もたまらん。おいしー。

そうそう、当店では啤酒は置いてないんですって。

(寝太郎) くー、これでビールが飲みたいよお。

そんな我儘な寝太郎さんの要望に応えるべく打包を申し出た。

ホテルに戻ったら、ビールとともに残りをいただこう。

外賣歓迎。食べもの、飲み物の容器代としてHK$1。

これは煲仔飯を出すお店ならではでしょうが、煲仔飯の持ち帰りにはデポジットとしてHK$20、

返却の際には洗って返してくださいね。と書かれています。

つまり砂鍋の原価はHK$20より下であることが推測。

また、当店は1人最低消費額HK$40で、と記されてます。

容器をいただいたので、自分で移します(蓋もありますよ)。

支払いは卓に置かれた伝票を持って、レジにて。

Hand01 埋單は、1人当たりHK$66.5 安い!美味い!このお店はいい!

私たちが退店後もお客様は続々と入っていくし、安定した人気を感じました。

当店のお陰で煲仔飯ストレスも解消できたし、まずは、めでたしめでたし。

 

永合成馳名煲仔飯 Wing Hop Sing
西環德輔道西360號地舖
TEL 852-2850-5723
営業時間  月~日:07:00-16:00 

食いしん坊猫 ~私の大切な香港のお気に入りたち~」作者、あんころりぃ~ん♪さんから。

2016年2月 8日 (月)

香港・澳門旅行2015 №37  齒來香蛋卷

Photo

ランチに向かう前にもう1軒。

西環の有名な蛋巻の店に立ち寄りたい。

それが、坂の上のエッグロール「齒來香蛋卷

奥が工房になっているようで、店内に入るとせっせと焼いているのが見えます。

缶入りのものもありましたが、他の土産物の関係で袋入りHK$23を購入。

蛋巻自体はナチュラルな甘さで素朴。

とても好感度の高い味ですが、何しろ薄いのですぐに砕けてしまうのが難点。

お土産に日本に持ち帰るには、スーツケースに入れず、がさばりますが、

手荷物内でぶつかり合わないようパッキングも慎重に。

一方、右手のお菓子は雞仔餅HK$7。安いので買ってみましたがこちらは頑丈!

おそらくスーツケースにいれても大丈夫でしょう。

そして、歯の弱い方にはオススメできないなあ(汗)。

齒來香蛋卷
西環西營盤第三街66號福滿大廈地下
TEL 852-2975-9271
営業時間  月~土:09:00-19:00 日:10:00-18:00

より以前の記事一覧