2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

d-2.旅行・近畿/中部

2013年6月14日 (金)

信州旅行 №9 そば処まごめや

Magomeya

馬籠宿、下入口近くの「馬籠館」は本館・別館・そば処と分かれているのですが

そば処「まごめや」にて昼食をいただくことにしました。

広々とした店内はテーブル席、お座敷席が完備され、スタッフのお姉さん方は

団体客様用の配膳に追われている様子。

私たちに気がついたスタッフさんの指示に従い、団体客様のお席と離れた窓際の

座敷席にあがらせていただくことにしました。

着席後に急須で出されたお茶は、ソバ茶、お茶菓子(はなまめと干し柿)付き。

まごめや御膳@1,050

私チョイス。 

セットの山菜そばは、温かいものか冷たいものか選択可能。温かいおそばで。

運ばれてきたときに、写真左下のそばみそは、白ご飯に合いますよ、

とアドバイスを受ける。

小鉢は、高野豆腐の含め煮、茗荷と茄子の煮びたし、タケノコ煮、なます、チキンカツ。

別皿に、岩魚の甘露煮の天ぷらと舞茸の天ぷら。味付きなのでそのままで。

小皿には、お店の土産物でも取り扱われている漬物3種。

山菜そばには油揚げも入っており、そばの色味は茶色く田舎そばというようなイメージ。

やはり、つゆは濃い目で私にはしょっぱいかな。

ちょこちょこバラエティに富んで、どれに箸をつけようか楽しみ甲斐のある御膳。

白ご飯も美味しいし、これで1,050円ならば有難い。

里おろしそば@950

連れチョイス。

ご飯類のセットされた定食もありましたが、単品での注文。

こちらは、冷たいおそばになります。

まごめや御膳の山菜そば同様、そばは茶色く田舎そば風。

信州なめこ、カマボコ、山菜、大葉、大根おろし、生姜、カラリと揚がった天かすは

青のり入りで風味良し。ガシガシかき混ぜて、つるつるさっぱりといただけるおそばです。

ほか、小皿にはお店の土産物でも取り扱われていると思われる漬物2種。

 

しばらくすると、「ル・プラトー」さんと同様、ザワザワと団体客が入店。

入り口近くに座られたの団体様は中国人観光客グループ。

郷に入れば郷に従えなのか、きちんと「いただきま~す」

を言われて食事を召し上がられていた。

次の団体様も中国人観光客グループ。

奥の席に固まって座られたのだけれどもこちらは自由人だ。

皆が着席するまで待たない。勝手に食事を始める個人あり。

中国人添乗員さんも個性豊かで始めの添乗員さんはお客様とのコミニュケーションよりも

この後のスケジュール確認に余念がない様子。グループ全体が静か。

これに対して次の中国人添乗員さんはお客様を盛り上げるのが上手い。

まごめやさんのスタッフのおばちゃんとの連携もとれて、さりげなくお店からの

サービスをつけたり土産物を紹介したりと拍手があがりグループ全体に活気がある。

ちなみに食事は何かなあ。

まさか小籠包とか食べているんじゃないよね・・・??( ̄▽ ̄)

と、興味があったので化粧室に向かうついでにチラ見をしたのですが、

内容は違えど、双方共に、そばをセットした日本食でした。

何はともあれ、馬籠宿には、団体客様を受け付けることができる大箱のお食事処あり。

と言うことですね。

 

さて、駆け足になりましたが、これで信州ドライブ旅行の記録は終了です。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

信州旅行 №8 馬籠宿

Magomejyuku

中山道43番目の宿場にあたる馬籠宿(まごめじゅく)

じゃらん情報によると

『 文豪「島崎藤村」のふるさとであり、小説「夜明け前」の舞台でもある馬籠宿は、

木曽11宿の最南端、美濃との国境にあり、山の斜面に沿った全長600mあまりの

「坂に開けた宿場」です 』                       ということです。

宿内に入ると、妻籠宿で覚えた感覚とは異なった。 

歩道は石畳で整備され、推測ですが、町並保存が遅れたためなのか、

タイムスリップ感は乏しい。

一般のお宅でも当時の屋号をかけてくださってはいるのですが、道の両側には

綺麗なお土産物屋さん等が並び

洒落たソフトクリーム形の看板なども出され、当時の宿場町の保存というよりも

やたらと商売っ気を感じてしまうのですが。

宿場全体としてとらえると、綺麗な町並み、観光地という印象でした。

 

信州旅行 №7 男滝女滝

Odakimedaki

妻籠宿から約2.7kmの場所には、男滝女滝(おだきめだき)

滝には倉科様伝説、吉川英冶著「宮本武蔵」の舞台にも登場しているということです。

女滝

男滝

双方ともに、滝つぼを間近にみることが出来ました。

マイナスイオンたっぷりだね。

信州旅行 №6 妻籠宿

Tumagojyuku

中山道42番目の宿場にあたる妻籠宿(つまごじゅく)

1976年(昭和51年)に国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

街道沿いには江戸時代の町並みが保存され

時代がタイムスリップしたかのような美しさです。

日本で初めて町並保存に取り組んだという妻籠宿。

現在も妻籠住民の方々は町並みを守るために家や土地を「売らない・貸さない・壊さない」

という3原則を作り生活をなさっているそうです。

街道沿いには、今でも宿泊できる旅館や民宿があります。

(ノブロー) オラたちも妻籠宿で記念撮影するだ。

宿場には燕が飛び交いほんにええとこだで。

お土産物屋さんやお食事処も景観を損なわないよう気をつけてらっしゃる様子。

とても意識が高いのです。

宿内への車の乗り入れは規制。

国道256号線沿いにある駐車場へとつなぐ尾又橋。通行は写真左手の橋を使います。

信州旅行 №5 ホテル木曽路 朝食

ホテル木曽路

朝食は、本館1階 地ビールレストラン「バーリーハウス」 でのバイキング。

(レンタロー) バイッキングは和・洋いろいろあるんだけんど、

管理人はふわとろスクランブルエッグが好物だでこんな感じだな。

(パスタ) わん、わぉーん(ソーセージとってきてくれよ)

 

当ホテルでいただける手作りのオリジナル地ビール「木曽路ビール」は

なかなか美味しかったですよ。売店でも置いていましたのでお土産に購入。

オンラインショップでも買い求めることができるようです。

 

ホテル 木曽路

〒399-5302 長野県木曽郡南木曽町吾妻2278
TEL:0264-58-1126 FAX:0264-58-1234

2013年6月13日 (木)

信州旅行 №4 ホテル木曽路 夕食

Kisoji1

宿泊は「ホテル木曽路

宿の手配は「じゃらん」サイトから行いましたが、当宿は

『 じゃらんnet 関東・甲信越地区「クチコミ風呂部門」第3位!! 』を獲得している

お風呂自慢のホテルです。

縁覚の湯、満天の湯、それぞれの大浴場・露天風呂ともに開放感たっぷりで

お湯は無色透明なアルカリ性単純温泉。 

とろっとして美容液のようなお湯ですからしっとりとして美肌効果を期待できそう。

チェックイン後はまず温泉。そのあとは夕食になりますが

じゃらんで選んだプランは、【美味少量】量より質の、美味プラン(せせらぎ)

文字通り、量は少しでよいから美味しいものをというプランです。

夕食は、本館2階の食事処「花籠」

地ビールと地酒は別注文でお願いします。

卓上には、お品書き(せせらぎ膳)あり。

着席時には、食前酒、先付け、前菜、台の物の鍋が置かれた状態です。

食前酒は、甘めの自家製ブルーベリー酒

先付けは、アスパラ生ハムベーコン巻き、オランデーズソースのような味わいの

ぽってりソースが美味。これは何かに使えそうだと、ひっそりキープ。

前菜は、季節の五種盛り

・順才土佐酢浸し ・錦玉子 ・芋なます ・鯉とつる菜の和え物 ・天魚一夜干し

先ほどのキープソースは錦玉子に使用。コクが増して一層美味しくなりました。

本日のお造り(選べるお料理)

献立の中には選べるお料理がありましたので各自違えてお願いしました。

お造りはカレイ。海の近くではないのにもかかわらず鮮度が良い。

身がしまってもっちり。淡白な旨みを堪能できました。

五島列島地魚カルパッチョ(選べるお料理)

野菜とイクラ、とびこ、山芋を添えて。

こちらのお刺身よりお造りのほうが口に合いました。

したがって違えてお願いしたのは正解ということに。

高野豆腐本日の煮魚(選べるお料理)

高野豆腐(右)はカニの身を細かくほぐしたものを挟んだ含め煮。

タコの出汁も効いています。

本日の煮魚(左)はカレイ。

双方に使われている野菜はタケノコ、里芋、生麩。

やや甘めですがきちんと出汁を使われているため味は良好。

台の物 飛騨牛しゃぶしゃぶ 木曽野菜色々

ポン酢のみでゴマダレなし。

さすが「量より質の、美味プラン」 お肉は柔らかくて口の中に旨みの余韻を

残しながら喉に落ちていく感じ。後追い酒できますね。

止め鉢 黄金軍鶏入り和風シチュー

野菜は、パプリカ、ブロッコリー、ジャガイモなど。

この味付け何だろう?

連れ(寝太郎さん)はどうにも気になるらしく給仕を担当してくださっている

お姉さんにお聞きすると

「調理場まで聞きにいっってきます」 とのこと。

お姉さん実習生みたいだよ、なのに料理長さんに聞いたりして立場大丈夫なのかなあ。

しばらくすると戻られて

「かつお出汁とデミグラスソース、飛騨の赤味噌だそうです」 とお姉さん。

真面目でいい娘さんだなぁ~゜゜(´□`。)°゜。とても感じが良い。

お食事 山菜おこわ

再び選べるお料理。今回は山菜おこわ又は白ご飯でしたので2人とも同じ。

止め椀 信州白味噌仕立て 具は生のりと信州なめこ

香の物 自家製清盛り

寝太郎さんは、おこわと言うよりちまきみたいに柔らかいぞ、との所見。

しかし、味は良いですよ。硬いおこわよりちまきの方が好きだもん。

味噌汁も出汁が効いていて、しみじみ美味し。やっぱり出汁が肝心ですね。

デザート ブルーベリーのミルクかん

ところ天突きで押し出したようなミルクかん。味の特筆はなし。

 

お品書き(お献立)の最後には使用されているお米についてふれていました。

使用のお米は『初霜』

国内では岐阜県でしか栽培されていないため珍しく、収穫量の少ないもので

「幻の米」ともいわれているそうです。

                         ホテル木曽路 料理長 新田 哲也 様

ゆっくりお食事がとれました。 ご馳走さまでした (o^-^o)

信州旅行 №3 ル・プラトー

Rupurato

フレンチ 「ル・プラトー」 

場所は、リゾートホテル、ホテルアンビエント蓼科内。

こちらは女神湖を望める景観の良いレストランなのですが、

本日テラス席は貸切とのこと。残念。

室内のテーブル席を利用し昼食をいただくことにしました。

しっかり朝食をいただいていますから、ランチは軽めに。

当店はフレンチですが、ランチメニューにはパスタあり、カレーありなのです。

+315円でドリンクもセット。飲み物は食後でと、お願いしました。

注文を通すと、紙ナプキン、フォーク、スプーン、使い捨て紙おしぼり、氷水。

チキンソテーのカレー@1,260

私チョイス。 

信州産コシヒカリを使われているというライスは上品盛り、

チキンソテーも控えめになります。

タマネギとフルーツの甘みがたっぷりで小麦粉の風味も感じられる、

どこか懐かしい味の甘口カレー。

本日のパスタ@1,050

連れチョイス。

ベーコンとルッコラのオイスソースパスタ。

他には信州産のキノコとブラックオリーブ入り。麺が細めで塩も控えめとのこと。

予め卓上には粉チーズとタバスコも置かれましたので、連れは粉チーズで調整した模様。

ドリンクはコーヒーとりんごジュースをチョイス。

さて、テラス席ではテーブル・セッティングがなされています。

はじめレストランウエデイングなのかと思い、氷水まで入れて置かれているので、

ちょっとそれは早すぎるのではないのかなあと見ていたところ、ザワザワとバッジを

つけた団体客が入店。 

当レストランはクラブツーリズムさんのプレミアムツアー御用達のレストランのようで

本日のテラス席は同団体客様用にセッティングされたものでした。ならば納得。

拝見していると、お料理はコース料理形式で一つ一つサーブされていく様子。

私たちも利用経験多々ありですが、格安プランが多いため、ほとんど卓上にお料理が

用意されているものばかり。 なので、こんな光景はじめて見たぞ! eyeshine

最後まで違いを見学していたいところでしたが、私たちも移動の時間があるので

これにてお会計。 お支払いには別途サービス料(10%)がかかりました。

 

レストラン ル・プラトー(Restaurant Le plateau)

長野県北佐久郡立科町大字芦田八ヶ野字女神湖975 ホテルアンビエント蓼科

TEL      0267-55-7711

営業時間/  喫茶 9:30~16:00
             ランチ 11:30~14:00 ディナー 17:00~20:30 土・祝前日 17:00~21:00

大きな地図で見る

信州旅行 №2 そば庄 談合坂SA

Sobasyou

信州へのドライブ旅行。朝が早かったため談合坂SAでの朝食。

普段利用するバスツアーだとお手洗い休憩で時間に追われるため、 一度SAで

ゆっくり好きなものを食べてみたかったのです。

利用は「そば庄」さん。

カウンター内のおばちゃんに好みのそばをお願いするのですが、

天ぷらをプラスしたいときは、セルフで選び皿に盛ります。

そして一緒にお会計。

出来上がった蕎麦に、七味をかけフードコート内でいただきます。

かけそば(温)@500+まいたけの天ぷら@150

私チョイス。 

まいたけをつゆに沈めていただきましたが、そばのボリューム多し。

控えめに見えて、器に深さがあるのだ。

梅おろしそば(冷)@600+穴子の天ぷら@220

連れチョイス。

大きい穴子です。衣もふんだんについているよう。

梅おろしそばは大根おろし、梅干、カイワレ菜、大葉、ネギ、刻みのりなど。

一口いただきましたが、さっぱりして、かけそばより好み。

私もこちらにするんだった。

つゆはどちらも濃い目。ちょっとしょっぱい。

フードコート内の無料の日本茶を飲み、駅そば感覚でいただいた朝食です。

ご馳走さまでした。

 

信州旅行 №1 木曽路へ向かう

はじめまして!ボクは管理人宅の在宅ぬいさんだよ。くぅと言います。

5月の終わりに管理人たちと皆でドライブ旅行に出かけたんだ。

駆け足になるけど、これから2日はそのときの食事を含めた旅行記になるよ。

少しだけ付き合ってね。

 

2013年1月14日 (月)

松坂牛弁当

(レンタロー) 1月14日、今日は東京でも雪が降っただsnow

でな、旅の最後は、関ドライブインで積み込んだ弁当になるで。

松坂牛弁当@1,000

白飯の上には、下味をつけ甘く炒めた松坂牛とタマネギ。

ミニパックで、がりと牛肉にかけるタレが付いています。

自分でタレをあと足しできるのはポイント高し!

帰りの新幹線の中で広げましたから、冷めてしまっていますが

味がはっきりしているので、お弁当向き。 

ボリュームも感じられ、お疲れ様のビールとともに美味しくいただけました。

                                 1泊2日の初詣、おしまいKakeru   

より以前の記事一覧