2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

10.韓国料理・焼肉・その他グルメ

2013年6月30日 (日)

焼肉 天 がむしゃら 六本木一丁目

Tenn

某日の友人との集まりに 「焼肉 天 がむしゃら

場所は六本木一丁目駅、アーク森ビル内。

当店の予約は、オズモールサイトから。

4500円のコース料理&飲み放題(税・サ込)

2時間30分制(ラストオーダー2時間)をグレードアップさせた

スパークリング×黒毛和牛焼肉を満喫30分延長♪3時間飲み放題プラン
1人5000円(税・サ込)

◆利用可能人数 2人~30人

◆飲み放題制限時間
    3時間制(ラストオーダー2時間30分)
◆予約可能時間
    17:00~20:00

◆コース料理メニュー
【前菜1】白菜キムチ 【前菜2】もやしナムル 【前菜3】がむしゃら特製サラダ 
【焼肉1】黒毛和牛炙りユッケ 【焼肉2】黒毛和牛カルビ 【焼肉3】黒毛和牛ロース 
【焼肉4】ホルモン3種盛り合わせ 【麺】冷麺 【デザート】白クマかき氷

和モダンな店内。予約はボックス席。

当店は無煙ロースターを使用。

衣類を汚さないように紙エプロンの準備もしてくださいます。

【前菜1】白菜キムチ 【前菜2】もやしナムル

これらは、嬉しいお替わり自由。メンバーの歓声を受ける。

【前菜3】がむしゃら特製サラダ 

焼肉、温泉玉子、韓国海苔付き。

ガシガシ混ぜて韓国海苔は後から千切ってのせる感じかな。

【焼肉1】黒毛和牛炙りユッケ

ユッケは、昨今ナマでは食べれないのです。

器に油が敷いてあるので軽く火を通してくださいとのこと。

【焼肉2】黒毛和牛カルビ 【焼肉3】黒毛和牛ロース

薄いーー!お肉です。でも、和牛なので味は良いですよ。

そして、【焼肉4】ホルモン3種盛り合わせ は、写真を撮るのを失念。

食事に入る前に再度、霜降りの和牛が登場。

このお肉は、スペシャルになるのか?お店の方が焼いてくれました。

手早くクルクルと巻いて、お好みになりますが手元のタレで。

【麺】冷麺

一口サイズの冷麺。当店のものはゴムのような歯ごたえのあるタイプではなく

いなにわ饂飩感覚でスルスルといただけるものでした。

万人受けを考えていらっしゃるのかもしれません。

【デザート】白クマかき氷

遊び心たっぷりのかき氷。

絵面的には間の抜けた感があるかもしれませんが、普通に美味い。

飲み放題のドリンクは、デキャンタなど一部のものはNGですが、メニューのほとんどが

注文可能。 友人にはフローズンレモンサワーが好評でした。

ぶ厚いお肉をガシガシ焼いて召し上がりたい方には物足りなさがあるかもしれませんが

焼肉で小洒落た女子会など、焼肉を少しつまみながらの大人の飲み会には

需要があるかと思います。

ちなみに周りは、女子会またはカップル率多しでした。

キムチとナムルのお替わり自由は大きなポイント。

飲み放題を含めたプランの満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。                                                      

焼肉 天 がむしゃら

東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル 2F

TEL     03-3568-3129

営業時間/ 11:30~14:00(LO:13:30)17:00~23:00(LO 22:30)

定休日    不定休

大きな地図で見る

2012年9月22日 (土)

かるびあ~の (№2) 新橋

Karubiano

新橋、焼肉・ホルモン「かるびあ~の

短角牛3点盛り@2500×2

ランプ、イチボ、芯ロース、カッパ、上カルビ、中落ちカルビ。

ランプは、ちょっとパサパサでいまひとつでしたが、他のはどれも驚く美味さ。

個人的には、歯ごたえと赤身のうまさが伝わってきた

カッパちゃんがお気に入り。 この日の“おろしたて”とのこと。

エンピツ

お値段不明。この日のオススメ。希少な部位らしい。

こちらも焼き方は料理長さんにお任せ。アルミホイル活用。

赤身の旨味の凝縮されたお肉でした。

(パスタ) ウー、ワワワワン!

      (お前、最近おいらより頻繁に顔出してねえかっ?生意気だぞっ。)

(ノンノン) いやー、やめて。

(パスタ) ウー・ワンワン!(おい!態度でかいっていってるんだ、こっち向け!)

(ノブロー) やめるだ!パスタ。 ノンノンが可哀想じゃねえかっ。

(ノブロー) レン!パスタ、向こうに連れてくだ。足ひっぱるだ。

(レンタロー) おいっ!パスタこっちくるだ。

(ノンノン) うっうっ。吠えないで・・・。

(パスタ) ワォーン!(うるさいっ!おいらの後ろに立つんじゃねーー)

(レンタロー) いでぇぇーーー!!(ゴロン)

(ノンノン) えんえん。

(ノブロー) パスタぁぁぁぁぁーー!ええかげんにするだー!(ドカッ)

(パスタ) ヴ・・・(うぐっ・・・・)

(レンタロー) うわーーー。ボディーブローが入っただーー。

(ノブロー) すまなかったな。ノンノン。 でえじょぶか?

パスタには、きつーく説教しとくで、今回はオラに免じて勘弁してほしいだ。

また、オラ達と飯一緒に食うてくれるか。

(ノンノン) 大丈夫、ありがとう。ノブロー。

そうした、ぬいさんのやりとりがあったかは、本当のところ不明ですがcoldsweats01

お食事会も無事終了。 お陰様で美味しいお肉をいただくことができ大満足。

みなさん、良いお店を知ってらっしゃるなあ。ご紹介、ありがとうございました(*^・^)ノ

 

カウンターでは、お店の料理長さんのアドバイスを受けつつ、お一人焼肉を楽しめそう。

後半になると、予約のお客様と思いますが、お相撲さんも来店。

このあたりに相撲部屋はないはずですから、おそらく車で駆けつけていらしたのでしょう。

舌の肥えた相撲取りの方々をも魅了するお肉の味わい。

肉好きさんは、早めに味わっておいたほうが良いかも?です。

焼肉・ホルモン満足度数は、★★★★ 積極的に好き。

 

かるびあ~の

東京都港区新橋3-7-4 山口ビル 1F

TEL     03-3519-2929

営業時間/  ランチ 月~金 11:30~14:30(L.O.14:00)
      月~土 17:30~23:00(L.O.22:30) 日・祝 17:00~22:00(L.O.21:30)

定休日/   年中無休

大きな地図で見る

2012年9月21日 (金)

かるびあ~の (№1) 新橋

Karubiano2

新橋、焼肉・ホルモン「かるびあ~の」  魔神さんたちとのお食事会の記録です。

私自身あまり焼肉をいただく機会がないため、お食事のレポは、

知識豊富で信頼性のある魔神さんにお任せしたいと思います。

ご興味のある方は、「ドダン・ブーファンのポトフ」をご覧になってくださいね。

私は、個人の備忘録として残します。

さて、「かるびあ~の」のウリは短角牛。赤身の旨さを楽しめるお店とのこと。

お店の場所は、JR山手線新橋駅烏森口から、烏森通りを日比谷通り方面に直進し、

新橋三丁目交番前を左折した道沿いになります。

(と、えらそうに書いていますが、烏森口で待ち合わせをした魔神さんに道案内を

していただき、連れて行ってもらっています)

予約時間に到着。小ぢんまりとした店内は細長い造りで、奥にカウンター席、

入り口近くに4人掛けのテーブル席。 

本日、予約で押さえていただけたのは、そのテーブル席で4人でのお食事。

テーブル・セッティングは、ランチョンマット、お皿(2枚)、使い捨て紙エプロン、

お店のロゴ入り箸袋に入った割り箸。

着席したところで、タオル地の冷たいおしぼりが配られました。

卓上には、焼肉用のタレ、岩塩、唐辛子。

お通しはざっくりきられたキャベツ。 ゴマとニンニクの効いたタレをつけて食すようだ。

クリームチーズの味噌漬け@630

クリームチーズを味噌に漬けたものですが、味噌の香り自体はきつくない。

コクがあって、お酒のつまみに良い一品。

白金豚(岩手花巻のブランド豚)のソーセージ@630とハツのミニステーキ@945

でっかいハツは、歯ごたえ十分。

顎をしっかり動かし肉の旨味を噛み締めるのだ。ワイルド、ワイルド♪

鮮度良く、臭みはまったくなし。

白金豚ソーセージは自家製。 粗挽きでスパイシー。美味い!

牛ハラミのステーキ焼@1785×2

うう、霜降りだ。じゅるる。

このお肉は、料理長さん(おそらく?)が焼き、面倒をみてくれます。

焼き上がりの良いところで、アルミホイルで包み休ませ、最後に表面を炙り、

切り分けてくださいました。

※魔神さんのサイトを拝見すると「ウエット・エイジング」について
学習できます。

わさび醤油でいただきます。

先ほどのがうまい!とすると、こちらは、語尾がのびる感じでうまーいW04

(ノブロー) 今回、むーさんがお店プランニングしてくれただ♪

お陰でうめえ肉が食えるだよ。ありがてえだ。

一本ホルモン@980×2

一本ホルモンはマルチョウ(小腸)。

よく洗って内と外を裏返したもの。これは外側に脂がついているため。

器の中に収まっていたときは、普通なのですが、

炭火で焼かれると、むにゅむにゅ膨らんでくる感じ。

なんだか、網の上で特殊な生命体が誕生してくるみたい。ちょっと怖い。

その生命体も、ほどほどのところで料理長さんがカット。

腸壁が厚いようでしたが、私は満足。

表面はかりっと、中はじゅわわっといただけました。

お酒は、生ビール@490の他、デキャンタ赤ワイン@2500、ボトル赤ワイン@3800を注文。

次は、いよいよ短角牛の登場になります。

                                         -№2に続く-

2012年3月18日 (日)

ホルモン船 ホールちゃん 東新宿

1月某日、連れとホルモン・焼肉の「ホルモン船 ホールちゃん」に訪問。

場所は、新大久保と東新宿の中間あたり。住宅街の中にお店はありました。

同店は、連れが、仕事関係の人に連れていってもらって「ともかく肉が旨い!

生マッコリも旨いんだ!!」という話。

その熱っぽい話しっぷりとはしゃぎっぷりに、私は興味をもってしまったのです。

「私も行ってみたい!」

「肉だけ食べる感じだよ」

「いい!行く。 行くったら行く!」

こうして、連れに予約をしてもらい、新大久保のコリアンタウンを抜け到着。

大雑把な店内。入り口に近いテーブル席にどうぞとのこと。

扉が開くと少々寒かったのですが、炭がおこしてあるので、我慢できないほどでは

ありません。

お料理は、お任せのみ。

そのお任せにも、鍋をセットしたコースと鍋の入らない小食コースがあるとのこと

ですが、金額も不明確。なんだか不安だ。

連れもはじめてのときは社用で来店のため、自分で支払いをしていない。

金額がどう違うのか、くいさがって聞くと小食コースが4980円で

鍋まで入ったコースが6500円とのこと。

店のママさんは、鍋の入ったほうを強く勧めてくるのだけれど、こちらにも

予算がある。旨いという生マッコリだって飲みたい。

はじめてだし、お肉食べれればいい。鍋のないほうでいいよ。

自分の意見を言ったら、ママさんのご機嫌を損ねたようだ。

写真のやかんの生マッコリは2480円、高い。

三皿は、チャンジャ。 鱈、タコ、カキ。 私の好みとしてはカキ。

白菜キムチ 特筆なし。

サラダ 

このサラダのドレッシングはなかなか美味かった。

どうやら、このサラダをつまみながら肉を食するようだ。

肉、ホルモンの盛り合わせ

これらの肉はすべてお店の人が焼く。客にはさわらせないのだ。

肉の部位については、こちらから質問すると答えてくれる。

ミスジ 

肉のうまみをがっしり感じられる。美味い。

薬味は、塩とわさび。

ハラミ

タン

ヤン(左) 肉のアワビと呼ばれているそうだ。

ともかく、問答無用で次から次へと焼き、皿に置いていく。 

網の上に肉がなくなると、すぐに焼きだすのだ。

あおられているようで、自分の食事のペースが乱れっぱなし。

容赦なしだ。

少しは、間をおいて、次お焼きしましょうか、とか聞いてくれてもいいのに。

ロース

わー、と喜んだのも束の間。

買い物に出ていて、私たちが来店したとき不在だったマスターが戻ってきて、

じつはこのお肉、小食コースには入っていないもので、間違って出してしまったと

言われました。

なので、今回はチャージはしないが、次回、小食コースにこれが入っているものと

思われては困るとのこと。

オーダー時にスムーズにいかなかったこともあり、その言葉が高圧的に感じられ、

ロースの代金をつけてください、とお願いしましたが、固辞されました。

なんだかなあ、ケチがついて食欲減退だわ。

(モモロー) じゃ、オラがごっちゃんになるだよ♪

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒
(追加は生ビール@600と生マッコリやかんのおかわり)で合計16480円

お店には、しっかり常連さんがついているので、ママさんの話によると

いまは一見さんお断り状態。それでも予約がとれればOKとのこと。

以前は単品での注文も受け付けていたそうですが、タンばかり食べる客などが

いるので、仕入れの関係上、お任せのみにしたということもわかりました。

そこはかまわないんだけど、常連さんたちとの会話にでてきたミシュラン星獲得店

「てんぷら近藤」の話には、正直萎えた(さしさわりがあるので詳しくは書きませんが)。 

肉は、この上なく美味いが、接客に関しては、ホスピタリティを感じない。

会計を済ませると韓国海苔のお土産を一人一ついただけましたが、

一見の私にはハードルの高いお店でした。 ご馳走さま。

 

ホルモン船 ホールちゃん

東京都新宿区大久保2-13-12 クリハラビル1F 

TEL        03-3202-8323

営業時間/ 17:00~24:00(完全予約制)

定休日    不定休

 

大きな地図で見る

2011年11月19日 (土)

神戸らんぷ亭 三田店

東京は雨の土曜日になりました。本日は食レポも省エネモード。

某日、時間の関係で掻き込んだお一人ランチは「神戸らんぷ亭 三田店

場所は都営三田線三田駅A3出口をあがり「豚骨醤油らーめん学虎」側に

出て左折し、進行。道に面しています。

味噌牛丼並@420

単品で注文。 着席しても同店ではお茶は出されず、水である。

味噌牛丼は、パートのおばちゃんが、てきぱき運んできてくれた。

味噌の味付けもさることながら、一番の難点は米の質。

420円が割高に感じてしまったのでした。 



神戸らんぷ亭 三田店


東京都港区芝5-31-3

TEL          03-3769-1439

大きな地図で見る

2011年11月10日 (木)

韓日館 麻布十番

お一人ランチは、麻布十番の焼肉・韓国料理「韓日館

場所は雑式通り沿い。

小奇麗な店内は、小あがり席とテーブル席。

本日の利用は窓際のテーブル席。

贅沢に4人掛けの席を使用させていただきました。

韓日館にはボリューミーな「選べる定食」があります。

7つの料理の中から2つをお好みでチョイスできるのです。

この他に、おかず3品(日替り)・ライス・スープ・コーヒー付。

私は石焼ビビンバと冷麺をチョイス。

まずは、おかず3品。

細長いお皿に、左から、ムクの和えもの。ネギとタレ付き。
食感は葛餅のような舌触りで、まったりとした味わい。

中央は白菜キムチ。

右は鶏肉のピリ辛煮物。ぴりっとした中に、こってりとした甘みもあり
馴染みやすいものでした。

このおかずのボリュームも魅力。

主役の石焼ビビンバと冷麺 登場。

次いでワカメスープが運ばれてきて「選べる定食」@1250 整いました!

冷麺には、お好みで酢とマスタードを使います。 ワカメスープも、しっかり牛からの

ダシが出ているので、シンプルに塩のみの味付けでも、美味しいのだ。

ナムル(豆もやし、ほうれん草、人参、ゼンマイなど)、韓国海苔、卵黄、コチュジャン。

ざくざく混ぜましょう♪

石鍋のまわりにへばりついた部分には、香ばしいおこげも出来ました。

肉、キュウリ、果物、ゆで卵、トマト。

運んで来ていただいたときに、「長いので切りましょう」と、お店のお姉さんが麺を

ハサミでカットしてくれました。 歯ごたえ、しっかりの麺。

爽やかな酸味と甘さのスープが、また後を引くのです。

食後のコーヒー。

麻布十番界隈の焼肉ランチだと「草の家」さんの利用が多かったけど、

「韓日館」さんも、なかなか良いではないか。

石焼ビビンバ、冷麺、双方ともに、ミニサイズということではなかったので、

お腹が減っているときは、欲張りに楽しめる「選べる定食」は嬉しい。

今度は、焼肉のほうを試してみよう(*^-^)

今回の利用、ちょこちょことしたおかずのボリュームにも着目し、

ランチ満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。 

我ながらよく食べた!お腹パンパン!



韓日館

東京都港区麻布十番2-9-7 ディオーネ8ビル2F

TEL      03-5232-9322

営業時間/ 11:30~翌3:00

定休日    無休

2011年8月30日 (火)

本格溶岩焼肉みやび 六本木

お一人ランチは、六本木の焼肉ダイニング「みやび

場所は、六本木交差点から向かい飯倉片町交差点手前右折。

「ジャスミンタイ」と同じビルの1階。

店内はカウンター席とテーブル席。わりにゆったりとした造り。

厨房前のカウンター席にどうぞとのことで利用です。

同店のHPによると、A-5ランクの黒毛和牛を一頭買いなさっており、そのため

希少部位も破格の価格で提供できるということですが。

平日ランチ、お財布の中身と相談するとA5の特上までは手が届かない。

やはり千円以内でおさめよう。

焼肉(A3)ランチ(モモ、バラなどの盛り合わせ)@1000

サラダ、スープ、ライス、デザート付き。一気に運ばれてきました。

スープ、ライスのお替りは無料。

また、お肉の皿には付けあわせで、ひじき煮と千切りのカクテキ。

サラダ

マカロニ入りのマヨネーズベースのサラダ。裏ごししたポテトも入っているのかな。

少しねっとりとした食感。 キャベツなどとともに提供されました。

スープ

ぽってり玉子スープ。塩は薄めですが、きめ細やかな玉子のボリュームがあるので

満足感が大きい。

接客を担当なさっている年配のおじさんはとても親切でにこにこ。

ご説明によると、お肉はカルビとハラミ(計8枚くらい)。

片面に塩・胡椒をしてあるのでその面から焼いてください。とご指導付あり。

タレは2種類。甘タレとポン酢。

甘タレはりんごが入ってるとのことで、ご飯にぴったり、さっぱりいただきたいときは

ポン酢でとのことです。

さて、がっついて、「いま、網に乗せてしまったの、どの面からか、わからないわ。」と

お話しすると、にっこり、「お好きでいいんです。」とのこと。

おじさんの柔軟な対応に好感。

さて、焼けたお肉は繊細で上品なお味。質の違いを実感。

塩・胡椒してありますので、私としては、そのままで少しワサビをのせていただくのが

一番合いました。

デザート

杏仁豆腐。柔らかい口どけでするーっといただけちゃう。

ランチタイム常連さんも多いようですが、おじさんの「また、お待ちしています。」の

お言葉に送られお店を出ました。

食後感も良好。和牛の旨みを贅沢にいただけるランチ。ここ気に入った♪

ランチ満足度数は、★★★★☆ とってもお気に入りです。

 

本格溶岩焼肉みやび

〒106-0032 東京都港区六本木5-18-21 ファイブビル1F

TEL     03-5561-2929

営業時間/ 11:30~14:30(14:00L.O)平日のみ  17:00~0:00(23:00L.O.)

定休日    日曜日

2011年8月22日 (月)

和歌山・大阪旅行 №12 大倉

大阪コリアンタウン「鶴橋」 数あるお店の中から選んだのは「大倉」です。

「空」に興味があったのですが、鶴橋初心者として、ホルモンに走る前に、まずは

「大倉」でオーソドックスに焼肉を楽しもう・・・という連れの提案に最終的には同意。

せっかくの鶴橋訪問。

「大倉」も旅のガイドブックに紹介されており、その内容を見ると大きな外れはないで

あろうと小さく確信したからになります。

幸いお帰りになるお客様がいて、入れ違えに入店することができました。

よしよし、幸先が良いぞっ。

1階入り口に近い4掛けのテーブル席に着席。

カウンター席もあるので、こちらはお一人焼肉用かな?詳しくは不明。

同店には「レッドクリフ」の主演女優。リン・チーリンさんも来店なさったとのこと。

「レッドクリフ」は私も映画館で観ました。すっごい綺麗な女優さんで、ずばりタイプですheart

彼女と同じお店に来られてラッキー♪ 

そうだ、接客してくれたお姉さんもなかなかの美人さん。 連れも何やら嬉しそう。

着席するや否や、大きなビニール袋を渡されました。荷物用にです。

後ろのスペースにも置けますよ とお姉さんが教えてくれたんですが・・・。

(モモロー) オラ達、荷物でねえだ。焼肉食いにきただ。

(ヨンクマ) ボクは兵庫のお父さんが心配するから袋の中にいるよ。

諸事情により隣に置くことにしました。

じゃーん!赤々と燃える備長炭。

ん?氷もきたよ。なんだ。これ、フィンガーボールか??

それにしては水が入っていない。が、少し溶けて底に水が溜まってきている。

隣のお客様を見てると、この氷を網に乗せてました。

どうやら火があがったときに使うもののよう。手を洗わなくてよかったー。

キムチ(白菜)@350

鶴橋のキムチはもっとパンチが効いたものかと想像していたのですが、意外にも普通。

カルビ@1500 ハラミ@1350

やわらかく上質な味わいのカルビとハラミ。

お味は確かに納得できるものですが、ボリュームはなく各5~6枚ぐらい。

そこそいいお値段をお支払いしておりますので強い感動はなし。

薬味はニンニク(細かいみじん切り)、辛味噌(ヤンニョンジャン)。

タレはニンニクがきいているのか、甘ったるくなくさっぱり系。

くどさがないのでどんどんお肉を追加していただけそう。

さて、焼こう。それにしても美しい肉だわ。

(モモロー) オラ、お肉担当だで。煙なんかに負けねえだよ。ごっちゃんになりてえだ。

(みに) あはは、勇敢だね。いいよ。どうぞ、召し上がれ。

生ビール@500×2 のあとは瓶ビール(大瓶 クラシックラガー)。

生もいいけどこういう場面では瓶ビールも合う。しかし、瓶ビールのお値段は失念。

この他アルコールは酎ハイレモン@400×4を注文。

下駄しおカルビ@900

骨つきカルビの骨のそばの肉、塩胡椒でいただきます。

かみ締めるとじゅわーと広がる肉汁、肉の旨みをダイレクトに感じることができました。

(モモロー) ちょっきん、でけるようにハサミもついてきただよ。

レジ付近にいらしたお店のおじさんがニンニクをくれました。

サービスとのことですが、皮ごとまるっと焼きます。

簡単に皮は外れ、食感は百合根のようにほっくりしています。

うまいねー。観光客丸出し状態で喜び、そして写真を撮る。

おじさんによるサービスは2回ほどあり予期せぬスタミナ補給に、連れと顔を

見合わせにんまり。

(モモロー) おっちゃんからいただいた焼きニンニクも食べてみてえだ。

焼レバー@700

仰々しくなくて美味しい。漬け込んでるあっさり甘めのタレも嫌味がなくていい。

おやつ感覚でじゃんじゃんいただけちゃうよ。

これこれ♪鶴橋の焼肉でもとめていたのはこっち系です。

冷麺(夏季限定)@900

運んできたお姉さんがその場で酢を入れてくれるのだ。

足りなかったらまた足しますので。とのこと。

鶴橋ではお店の方がサービスしてくれるのかな。

私の行く焼肉店では酢は自分でさす感じなんだけど、これも悪くない。

ヤンニョンジャンをお好みで使います。

つるつるシコシコ、冷んやりさっぱり冷麺。

パイナップルの入っているものは、はじめてだったけどいいじゃあないか。

小口切りにされたキュウリもいただきやすくて有難い。

スープは和にアレンジされているかと思いますが、味に深みがあって一口飲み

だすともう止まらない  こりゃあ、好みの味。うまいわー!W04 

煙はもうもうになるけど、排煙のための煙突があって、お店の方がこの煙突を

上下に調整してくれるのです。

店の外では炭をおこしているのだ。途中、七輪の炭火が弱くなったら足してくれました。

昔ながらの焼肉屋さんという雰囲気に居心地の良さを感じた「大倉」

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒で合計8900円なり~。

旅先ですが、今回いただいたお料理の範囲内での

焼肉満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。 ご馳走さまでした♪

 

大 倉

          大阪府大阪市天王寺区東上町1-63

TEL      06-6771-1178          

営業時間/ 16:00~売切れ次第閉店

定休日    月曜

http://www.turuhashi-ookura.com

2011年7月 1日 (金)

草の家 麻布十番

お一人ランチは、麻布十番の「草の家」(クサノイエ)

夏に向け食欲が落ちる昨今。スタミナをつけようと例によって、お一人焼肉に

うってつけの穴場に再訪しています。

焼肉&冷麺@980

まずは、セットのサラダ、キムチ、カルビ(7枚)、半ライス。

キムチは、カクテキと白菜キムチのミックス。

サラダはサニーレタス、大根、コーン、マカロニ、

たっぷりのドレッシングがかかっています。 相変わらず良いお肉を出してくれます。

冷麺(自家製麺)。小さめです。

ちょっとグレーがかったコシの強い極細麺に、肉、キュウリ、果物、横をむいて写って

いますが、ゆで卵。 酢やマスタードはお好みで。

歯ごたえのある麺にすっきりしたスープ。

蒸し暑いこの時期、喉越しも爽やかで、さっぱりと涼を得られます。

 

さあ、お肉を焼こう。焼こう。お一人焼肉って気兼ねがなくて楽しいわ(*^-^)

ランチ満足度数は、変わらず ★★★★ 積極的に好きです。



草の家(クサノイエ)

〒106-0045 東京都港区麻布十番4-6-8 麻布A&Kビル 8F

TEL      03-3455-8356

営業時間/ 11:30~翌3:00

定休日    月曜日    

2011年4月 2日 (土)

鶴見 白金高輪

お一人ランチは、白金高輪の炭火焼 もつ処「鶴見」 再訪です。

最近、お昼のお品書きが増えた様子。

この日は遅いランチだったため完売なのか「もつ飯」がない。

本日のランチには「塩ナンコツ丼」と「黒毛和牛の牛スジ丼」 各800円。

店内に入ると、メニューのおそらく「もつ飯」と書かれていた部分に紙がはられてました。

う~ん。「もつ飯」は止めてちゃったのかな。気になるところです。

まぁ、今日は違うものをいただこう。

黒毛和牛の牛スジ丼@800

「もつ飯」オンリーの時は塩味ベースのスープでしたが、ワカメ、油揚げ、

ネギの味噌汁へと変わってます。 ますます「もつ飯」の存続が気になる。

単に汁物を変えただけなら良いのですが・・・。

漬物は変わらずキュウリとキャベツの浅漬け。

卓上には紅生姜とニンニクと赤タマネギのふりかけ。

ご飯の上には、千切りキャベツ、黒毛和牛の牛スジ、刻み万能ネギ、温泉玉子、白ゴマ。

柔らかい黒毛和牛の牛スジは甘からず辛からず、肉自体が良いものをお使い

なので控えめの味付けに仕上げている感じです。

温泉玉子を崩し、ざくっと絡め合わせながら飯をかきこむ。

ここで紅生姜も良いアクセントに。 

紅生姜を使うことで、イメージしてしまったのですが某チェーン店の牛丼とは

また違ったシロモノ。 食後に感じるアクの強さがないのです。

そうそう、スプーンもだしていただけますよ。

お会計を済ませると店員さんからガムを渡されました。

次回は「塩ナンコツ丼」をいただいてみよう。 

ランチ満足度数は、 ★★★★ 積極的に好きです。

 

鶴 見

〒108-0072  東京都港区白金1-3-14 スリーエムコーポ 1F

TEL          03-6409-0016

営業時間/ 11:00~14:00(ランチは11:30より) 17:00~24:00(23:30L.O)

定休日    年末無休