2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

08.洋食 西洋各国料理

2015年2月14日 (土)

サラファン (CAPAFAH) 御茶ノ水

Photo_2

ロシア料理「サラファン

御茶ノ水駅より徒歩7分ほど。

駿河台下交差点方面へ向かい、手前の道を右折するとすぐにグリーンの電飾看板を見つけられた。

お茶の水で40年という歴史のある当店は振天堂ビルB1

表には、当店の看板料理が組まれた“小さな壺焼きセット”が手書きのボードで紹介されている。

「これ、ロシア料理を代表するものだよね!」

ロシア料理について素養がないため、連れ(寝太郎さん)に確認しつつ、細い階段をおりていくと、

フロアサービスにあたっていた店主より「いらっしゃいませ」と声掛けを受ける。

ちょうど先客が上着を脱ぎ、ハンガーにかけていたので、私達もそれに習う。

「段になっていますので、お気をつけください」 案内を受け店内に足を進めた。

某日は席のみの予約。店内に足を進めると、左手の厨房にはコックさんが2名。

ぐるなびによると総席数19席という小体な造りで、地下ということもあり、隠れ家的雰囲気。

店主が机をひいてくれ、一番奥の片側ベンチソファのテーブル席に着く。

柱時計が、ボーンボーンとゆっくり時を刻む。

視線を移すと、その上には招き猫(守り神?)だろうか……。

通常なら席の間隔も狭く、窮屈さを感じるところが大人の遊び心もうかがえるレトロな趣き。

BGMには静かにクラッシク音楽が流れ、神保町エリアに根付く文化の香りを当店に実体感する。

卓上のクロスは、布(2)、ビニール、ペーパー。

テーブル・セッティングは、ナイフ、スプーン、フォーク、ペーパーナプキン、ゴブレット。

着座後にメニューと消毒用のハンドジェルをもらう。

注文はアラカルトで、店主のアドバイスも参考にチョイスした。

お酒は、ロシアビール(バルティカNo.3 500ml)@1,000

などからスタートし、ワインに移行。 その際、

「さっきの(料理の)ラインナップでしたら、赤でも白でもどちらでもいけますよ」ということなので

通常メニューにあり、私達の手の届くお値段のものでと、リクエスト。

店主は、シュバリエ(ワイン騎士)の称号を持っているので、安心してお任せできるのだ。

アルザス(南フランス)(白)@3,800・・・香りは甘いけれど、さっぱりとした味わいで食事を邪魔しない。
  ブドウを3品種混ぜているとのこと。

シエナ(ルーマニア)(赤)@4,500・・・濃縮された味わいで力強いけれど、渋みはなし。

もちろんワインはお店で管理してくれる。

サーモンの自家製マリネ 蕎麦粉のクレープ添え@900

身質の良いサーモンの中央には、素朴な食味を添える蕎麦粉のクレープ(パンケーキ)。

サーモンマリネといえば、オニオンとケッパーと疑いのない自分たちにとっては新鮮な発見!

オレンジ色に艶めく脂ののったサーモンマリネを口に含むと、とろけるような美味さ。

思わず頬が緩んだ。パンケーキともマッチする。

(ノブロー) 素材の旨味を直球で投げ込んでもろうただ。久々の洋食、こりゃあ、先が楽しみだでぇ。

ブリンチピロシキ(挽肉のクレープ包み)@500×2

ブリンチピロシキ?それって何?

クエスチョンマークの多い私達が興味を持って注文したのがこちら。

目にも優美な出で立ち。

聞くと、ピロシキにもいろんなスタイルがあり、これはその一つ。

フライパンでクレープとほとんど同じ素材の皮を1枚ずつ焼いて、その中に包んでいるのだそう。

たいへん手間が、かかっているのだ。

脇にザワークラウトと粒マスタードを従え登場した。

(ノブロー) ナイフとフォークの似合うお洒落なピロシキだで。

クレープの層が美しく、格式の高ささえ感じさせるブリンチピロシキ。

挽肉の間にキラキラと光るものは、春雨なのだそう。

ロシアだと鮭のスジを干したものを入れたりするらしく、その代用で使われているとの

ことだが、違和感なし。余計な味のしないナチュラルな味わいで、品が良く、美味しい。

002 (寝太郎) 歴史に培われたオーソドックスなものをちゃんと守っている感じがあって

必食の逸品だね。これは、ワインが進むよ。嬉しいなあ。

ボルシチ お野菜がいっぱい健康いちばん@900×2

「ボルシチは絶対おすすめです。」 アドバイスを受けチョイスした1品。

サーブ時に、その濁りのない美しい色味に2人とも目が釘づけになる。

「中央のサワークリームを溶いていただいて、ピンク色にしてお召し上がりください。」

002_2 (寝太郎) 最初から溶いてしまう感じですか?

タイミングはお好みでという返答をもらい、まずは溶かずに味わう。

――う・美味い!!

魂を揺さぶられるようなクリアで豊かな味わいに、連れともども歓喜した。

もとの出汁がきちんとしているのは当然ながら、野菜の柔らかい甘みが、

味に奥行を加え、美麗な見た目どおり、圧巻の美味さだCrown04

(ノブロー) 丹念な仕事に裏打ちされた味だな。雑味がねんだよ。すげえ。

次に溶いて味わう。味の変化がでた。コクが増す感じで、2度美味しいYahho01

また、ここにパンを浸して食べる。お楽しみがいっぱいなのだ。

三十五年間不動の定番 お米入りロールキャベツ@1,600×2

「ロールキャベツもおすすめですよ。」 こちらもアドバイスを受けチョイスした1品。

002_3 (寝太郎) うぉぉぉーー!肉だ肉!ん、ん、んっ、すっごく美味しい!

寝太郎さんのツボを直撃した不動の定番Crown04_2

ナイフを入れると、ライスコロッケのようにお米がもりもり出てくるのかと思ったら違っていた。

米はしっとりと旨味を残した肉の中に点在している感じで、ガツンとボリュームがあり

メインとして力強さ十分。出汁もしっかり感じられる。

トマトベースのソースに、上にはサワークリームをソースとして合わせたものかしら?

一見すると濃厚そうだけれど出汁がしっかりしているので、味に嫌みがなく、

食べ進むにしたがい、甘味と滑らかな酸味が混じって感動的な旨さ。

付け合わせの人参、シイタケ、ジャガイモたちも、私達を幸せな気持ちにさせてくれた。

(ノブロー) ……フランス公認のカエルか?!おめとは、どこかで会った気がするだ。

(レンタロー) 店のあちこちにカエル居るな。おめ、ここのマスコットだべか?

 

さて、当店の壺焼きにも興味津々なわけだが、今宵はこれまで。

お腹も満足したのでデザートも含め、お楽しみは残しておこう。

会計はテーブルチェックにて。

Hand01 1人当たり9,000円(千円未満四捨五入) 

「どうもありがとうございます」 店主が笑顔で見送ってくれる。

ハートのある接客は、最後まで好感度の高いものだった。

 

今回、自身にとって、7年ぶりのロシア料理。新しい発見がいっぱいあったように思う。

お茶の水で40年の歴史。現在の店主に代わっても、その味は守られ続けているのだろう。

シンプルと思える料理も、実はとても手間をかけ丁寧に作られているのだ。

この安心感は高く、長く愛されている理由がわかった気がした。

伝統料理とワインのマリアージュを極めたロシア料理店。こちらには、また、お邪魔したいなあ。

 

サラファン (CAPAFAH)
 
東京都千代田区神田小川町3-10-3 振天堂ビル B1F

TEL  03-3292-0480   

営業時間/ 月~金 11:30~13:30(L.O) 18:00~20:30(L.O)
               土 11:30~13:30(L.O) 18:00~19:30(L.O)

定休日     日・祝          -店舗情報「食べログ」より-

※ロシア料理満足度数は、4.3~5.0

2013年2月11日 (月)

リコス キッチン 恵比寿

Rikosukittinn

恵比寿、無国籍料理「リコス キッチン

場所は、恵比寿駅東口方面。恵比寿通り(東京都道305号芝新宿王子線)

恵比寿郵便局の交差点をガーデンプレイス方面に上った道沿い。

同店の予約は一休サイトから。

『 【スパークリングが飲み放題】グループでの集まりから接待までどうぞ!
ディナーシェフコース全7品 9,817円 (消費税・サービス料込)

利用可能人数     1~8名
来店時間     18:00~21:00 
販売期間     通年販売

一休サイトのプラン紹介によると

旬の食材にフォーカスした料理は、ジャンルにとらわれず、美味しさだけをひたすら追求。
フレンチやイタリアン、時には和の技法も取り入れ、食材の持ち味を引き出します。
日替わりメニュー7品にスパークリングワインの飲み放題をお楽しみいただける
ディナーシェフコースです。

メニュー

アミューズ
前菜4皿
パスタ
メイン
フリードリンク
・スパークリングワイン
~メニュー例~
・サンマのマリネと焼き茄子
・甘鯛のうろこ焼き サラダ仕立て
・真鱈の白子のポワレ スッポンのソース
・北海道昆布森のカキとポルチーニ茸のソテー
・種子島安納芋のテリーヌにフォアグラのポワレ 紅玉りんごのコンフィチュール
・鴨のラグーソース・スパゲッティ
・蝦夷鹿のグリル 菜の花のソテー赤ワインソース

※メニューは仕入状況等により変更となる場合がございます。予めご了承下さい。  』
                                          というものでした。

なお、ネットで申し込み後、お店の方から予約のお礼のメールを頂戴いたしました。

対応がきちんとしているので好印象。

木目のフロアに白を基調としたインテリア。

堅苦しくなりきらず程よいカジュアルさが感じられる。

予約時にメールで苦手な食材はお知らせしているのですが、

着席後に再度確認をしてくださいます。とても丁寧だ。

テーブル・セッティングは、カトラリーレスト、フォーク、ナイフ、箸、グラス、ナプキン。

テーブルクロスは2枚重ねで、卓上に置かれた印刷物はこの日のお品書きかと

手にとりましたが扱われる食材について記されたもので

結局のところ、お品書きはありませんでした。記録は、私が見聞きしたことを控え

補足しているので正確さには欠けると思います。

人参のムース 生ウニとコンソメ

口ざわり滑らかなムース。 そつなく仕上がっています。

鮮魚のカルパッチョ サラダ仕立て

鮮魚は湯引きした鰤と金目鯛。

普段いただくことがないようなこだわりの野菜がてんこ盛り。

個々の野菜の旨味と食感をも楽しめる面白みのあるボリューミーなサラダ。

(レンタロー) パンは普通のとガーリックがあるんだけんど、どっちも食いてえ

ゆうたら半分ずつ出してくれたよ。

白子のソテー 柚子ソース

付け合せは菜の花。白子に粉を振り表面を焼き上げたもので中はとろ~り。

和の要素も感じられる一品。

ウナギと里芋のテリーヌ

友人はわかりませんが、私個人としてには、里芋はミスマッチかとも思う。

里芋のねっとり感がダイレクトに先行し、ウナギの風味を損わせ、もったりしている。

双方の良さが活かしきれていない感じ。

真蛸とトマトのラグーソース

ポーションは少なめ。

特筆するほどではありませんが、きちんと煮込まれて濃厚なラグーソースです。

フォアグラのポアレPiyo004 →写真を撮るのを失念!!えらいこっちゃ!(@Д@;

スパークリングの飲み放題、接客を担当してくださるスタッフのお兄さんは

タイミングよくボトルからサーブしてくださる。

また、さりげなく気遣ってくださり、ジョークも交え会話も自然体で好感度が高い。

お陰ですっかりリラックス。楽しい気持ちでお食事ができました。

赤身肉のステーキ

ついに酒が回りメモもストップしたようです。すみません。

ご説明では短角牛とお聞きしたような、しないような記憶が定かではありません。

ルッコラとパルミジャーノ、マイヤーレモン(レモンとオレンジの交配種)添え。

スタッフのお兄さんの感じの良さに、勧められるがままにデザートを別注文。

酒がまわると気持ちが大きくなり財布の紐が緩む自分。

友人は大人のアフォガード、私はティラミス。 

当店にはデザートワイン(貴腐ワイン)も置かれているので合わせて注文。

ティラミスの隣には、ピスタチオのアイスクリーム。

友人のアフォガードも一口いただきましたが、けっこうデザートお上手です。美味い。

食後にはハーブティー

イタリアン&フレンチの創作料理という印象。今回いただいたコース料理では

特に秀でたものは感じませんでしたが、大きく外すこともありませんでした。

そして、何よりスパークリングの飲み放題は、時間制限ではなく

シェフコース7品終了までお願いできた というのが大きなポイント。

(やはり1万近い飲みホプランでないと時間制限に縛られてしまいますね)

Hand01お会計は、追加を加算し 1人当たり12,000円(千円未満四捨五入)でした。

フリードリンクを含めたプランの満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。

ご馳走様でした。

 

リコス キッチン

東京都渋谷区恵比寿4-23-7

TEL     03-5791-4649

営業時間/火~金 18:00~23:00(L.O.21:30)

                土         11:30~15:30(L.O.14:30) 18:00~23:00(L.O.21:30)

                日・祝     11:30~20:00(L.O.19:00)

定休日   月曜日(祝日の場合は、翌火曜日休業)

大きな地図で見る

2012年3月26日 (月)

ル・ブラン 銀座店

Ruburann

お一人ランチは、銀座のイタリアン・洋食の 「ル・ブラン 」銀座店。

場所は、銀座四丁目、銀座三越並びの晴海通り沿い。

食事である旨を伝えると2階にどうぞとのこと。

明るく清潔感のある店内に、昭和のレストランを面影を垣間見る。

テーブルには、予め、スプーンとフォークが各2つ、ペーパーナプキン、

塩、胡椒、タバスコ、砂糖が置かれており、着席すると氷水と紙おしぼりが置かれる。

ウエイトレスのお姉さんが業務的な口調でオーダーをとりに来た。

<ランチA> a.ドリア@1390

ランチセットは、スープ、サラダ、料理、ドリンクという構成。

ドリンクは、時間の関係で先にもって来ていただくことにしました。

まずは、コーンスープとサラダが先に運ばれくる。

スープは、コーンの甘さに懐かしさを感じた。サラダは少量。

しばらくすると、「お皿は熱くなっておりますのでお気をつけください」と

お目当てのドリアが登場。

ドリアは、海の幸のクリームソースが特長の人気№1商品とのこと。

パルメザンチーズをかけて、こんがりオーブンで焼かれています。

焦げ目が食欲をそそる。

色味の強い、熱々なドリアにスプーンを入れると、

小海老、イカ、あさり、マッシュルーム、タマネギなどの具材を確認。

シーフードは冷凍ものに見られる小ぶりなものですが、これぐらいが濃厚な

ベシャメルソースと合わせるにはバランスがいいのだと思う。

ライスの量と比較すると、ベシャメルソースがたっぷりなので、まんべんなく絡みこむ。

人気のポイントはここらへんにあるのかもしれないなあ。

味わいも、いい意味でレトロ。ほっとさせてくれる味わいです。美味しい。

銀座のド真ん中に、心やすらぐ洋食のランチセットあり。

今回のランチ満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。

 

ル・ブラン 銀座店

東京都中央区銀座4-6-11

TEL         03-3564-2086

営業時間/ 11:30~22:30(L.O.22:00)

定休日     無休

大きな地図で見る

2012年1月15日 (日)

インディゴ(12月)№10 学芸大学

学芸大学、カリフォルニア料理「インディゴ 」(INDIGO)12月のレポートです。

(ハチロー) こんちは♪ オラ、ハチローだ。

この前は、横浜中華街へ置いてけぼりくらっただが、元気だで。

今日はいつもの「インディゴ」さんにこっそり連れてきてもらっただ。

つーのも、今日は寝太郎の母ちゃんが一緒だで、表になかなかでれねえんだ。

母ちゃんがびっくりするからだ、言うだ。 そんなもんか??

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

本日は3名の利用ですので
COURSE A@1800((前菜、パスタ各1品のプリフィクス形式
COURSE B@2000(前菜、メイン各1品のプリフィクス形式
COURSE C@2800(前菜、パスタ、メイン各1品のプリフィクス形式
にブランチタイムのフリードリンク(¥2000)をセットして注文。

それぞれを出来る限り、シェアしていただくことにしました。

(前菜) 本日入荷、お魚のカルパッチョ 大根のサラダ添え
                 わさびと岩海苔ヴィネグレットソース

(前菜) 三浦野菜たっぷりの田園サラダ
                 柚子西京味噌ドレッシング

久しぶりの田園サラダ。 自然の恵みをバリバリいただこう。

(前菜) 本日の朝採り野菜のフリット
                 スパイス香るカレーマヨネーズソース

こちらは、はじめて。薄い衣でからっと揚がってます。シェフは揚げ物もお上手だ。

食感を残した野菜たち。カレー風味が食欲をそそる。

(パスタ) 紅ズワイ蟹と蟹味噌の濃厚なソース トルフィエ

COURSE A とCOURSE Cにはパスタがセットされているのですが、量が違います。

メインまで入るCOURSE Cのパスタは量が少なめなんですって。

これは、その少なめのCOURSE Cのパスタ。

ソースには、紅ズワイ蟹と蟹味噌のまろやかな甘みと旨みが凝縮されてます。

美味しい。もっと食べたいぐらいだ。

(パスタ) 男爵芋のニョッキ 蝦夷鹿のキノコの赤ワイン煮込みと御一緒に

COURSE Aのパスタ。量は普通になります。こちらも濃厚。

やはりジビエの季節なので、蝦夷鹿ぐらいいただかないと♪

もっちもちのニョッキも美味いW04

(メイン) 鳥取、野藤さんより届いた鹿野地鶏モモ肉のグリル   
                    ノワゼット、バルサミコソース

焼き目も香ばしく、お肉もジューシーです。 

(メイン) 大山黒牛100%インディゴバーガー

チョイスは照り焼き。 

すみません、何だかパティが小さくなったような気がする。

バンズは自家製のものと思うのですが、本日のはいまひとつ。

食感がビスケットのようで、かぶりつくとボロボロ落ちる。

せっかくの超粗挽きパティがもったいない。

ハンバーガーバンズとしては、もう少し受け止めるようなほんわり感が欲しい。

フリードリンクのワインは、赤・白ともにワシントン・ヒルズでしたが

サービスでCLOS DU VAL(クロ・デュ・ヴァル)をだしていただけました。

カリフォルニアワインになりますYahho01

最後はハーブティーを別注文。お口がさっぱりするのだ。

(ノブロー) 母ちゃん化粧室だで、登場しただ。

なんだかんだウンチク語ってるだが、おめもオラ達もこの店好きだで。

(みに) うん、好き。だーい好き♪( ´艸`) また来たいよね。

今回のご紹介、お母様にしては、めずらしくワインも進みほろ酔い上機嫌。

会話も弾み、同店をとても気に入ってくださったようで、お友達と再訪する♪

とおっしゃっていました。 良かった、良かった。

本日は諸事情により、写真がうまく撮れていませんが

カリフォルニア料理満足度数は、★★★★★ やっぱり特別です(*^・^)ノ 

 

インディゴ (INDIGO) 

〒152-0001   東京都目黒区中央町1-12-6

TEL       03-3710-3399

営業時間/ ランチ (火~金) : 11:30~15:30 (L.O.14:30)

                   ブランチ (土・日・祝日):  11:30~16:30 (L.O. 15:30)

                   ディナータイム :火~木・日/ 17:30~24:00 (L.O. 22:30)

                   金・土・祝前日 / 17:30~25:00 (L.O. 24:00)

定休日    月曜日(祝日は営業)

2012年1月13日 (金)

ビーフ☆オークマ 南麻布

お一人ランチは、南麻布のステーキ、ハンバーグの「ビーフ☆オークマ

麻布十番、二の橋の交差点から仙台坂下方面に向かった道沿いに

看板が見えてきます。

表には、お肉・お肉のランチメニュー。

この平日ランチ全てに、ミニサラダ・ご飯・お味噌汁が付くのだ。

むちゃくちゃ重たい扉を開けて入店。

広々とした店内は大きな鉄板前のカウンター席とテーブル席。

本日は窓際のテーブル席を利用。

カトラリーケースにはナイフ、フォーク、お箸などがセットされています。

他、卓上には塩・胡椒あり。

自家製ハンバーグ(180g)@1200

「黒毛和牛の色々な部位をブレンドし、部位ごとに肉の焼き具合、こねる時間を
変えてシェフが作りあげた、Beef Okuma オリジナルのフレッシュハンバーグです。」

トッピングで目玉焼き+100円をつけました。

じゅじゅじゅー!美味しそうな音をさせて運んできてくださいましたが、

目玉焼きの大きさで、ハンバーグの全体像をうかがうのは困難?!

ミニサラダには、和風なドレッシング。

ハンバーグにかけるソースは別皿に入っているので自分で自由にできるのだ。

ご飯はライス皿(平皿)なのですが、お味噌汁はお椀で出されています。

この日のお味噌汁は、魚のアラと大根の味噌汁。

少々くさみがある。処理がいまひとつだったようだ。味噌は甘め。

個人的にですが、ハンバーグに、この組み合わせは合わないのではないか

と思いました。

それはそうと、ちょっと目玉焼きを外してハンバーグとご対面。

ふっくらこんもり盛り上がっております。焼き目もいい感じ♪

付け合せは、コーン、ポテトが少しとクレソン。この量が寂しい。

ソースをかけました。

酸味と甘みのあるソースですが、コク自体は物足りないかな。

割ってみると・・・

肉汁がじゅわじゅわ溢れてきます。お肉は適度に弾力もあるし、普通に美味しい。

サービスランチドリンク(平日のみ)で、100円でコーヒーがいただけました。

もっとワイルドで男っぽいインパクトを期待していたのですが、少し肩透かし。

ランチメニューを選ぶ際に、佐世保レモンステーキと迷い、結果、お値段的に

ハンバーグを選びましたが、こうなると気がかりです。 

今回の利用、好ましい点と気になる点が入りまじっており複雑なのですが

ランチ満足度数は、★★★ 日常的なら満足 で記録したいと思います。

 

ビーフ・オークマ 麻布本店

東京都港区南麻布1-4-5 グランパレス南麻布仙台坂2F

TEL      03-5442-0965

営業時間     11:30~15:00(L.O.14:00) 17:00~24:00(L.O.23:00)

定休日    無休

http://www.beefokuma.jp/index.html

大きな地図で見る

2011年11月25日 (金)

インディゴ(11月)№9 学芸大学

学芸大学、カリフォルニア料理「インディゴ 」(INDIGO)11月のレポートです。

某日は、おせち料理の発注に訪問させていただきました。ちなみに№8はこちら。

(ノブロー) こんちは! 「インディゴ」さんのオラの椅子も健在だで♪

だで、みに達の狙いはおせち料理の発注だけでねえ、フリードリンクで

ズブズブぶらんちしようって魂胆だ。

(みに) あのね、オラの椅子でもないし、それに魂胆って・・・・見抜いたのねsweat01

(ハチロー) マフィンはバナナだで、最近は1種類だけになって選べねえだか?

でも、ええだ。オラには自家製ライ麦パンがあるだで。

オリーブオイルと塩でごっちゃんになるだよ。

本日は

COURSE B@2000(前菜、メイン各1品のプリフィクス形式
COURSE C@2800(前菜、パスタ、メイン各1品のプリフィクス形式
にブランチタイムのフリードリンク(¥2000)をセットして注文。

(前菜) レアに仕上げた中トロマグロのコロッケ 
                         黒胡麻のソース

さっくりとした衣が剥がれてしまってます。

お味は良いのですが、まだまだこのあたりに改良の余地ありかな。

たたいた中トロを使って、丸い形で提供してくださるのかと思っておりました。

最近とんかつをいただいてわかりましたが、揚げ物は難しいですね。

(前菜) 長野、千代幻豚の自家製ソーセージ    シュークルート添え

№4でもいただいた千代幻豚の自家製ソーセージ。

カレー系のスパイスが効いたエスニックな風味。超粗挽きでしっかり肉の

歯ごたえを感じます。 自家製のためか、いやらしい味がしないのだ。  

(モモロー) 皮がバリッと、お肉ムキムキだで♪ ここんちはお肉がうまいで。

次はパスタをでシェアしていただきます。

(パスタ) 北海道から届いた真鱈の白子とバジルのソース 
                       モチモチパスタのキターラ   

白子は潰した感じでバジルと絡み合っています。

バジルの香る濃厚ソース。

ちょっぴり赤唐辛子も使っているので、のっぺりしたものではなく辛さがアクセントと

なっているのだ。

(タクロー) オラ、パスタ好きだで。モチモチっとした自家製のキターラがうまいで。

白ワインは、ワシントンヒルズ シャルドネ(左)と

メインの肉料理の前にと、サービスしていただいたリースリング アン・アミー(右)

リースニング アン・アミーは、私の表現だとフルーティだけど変な甘さがなく、凛として

美味しいワイン。 支配人いわくオイリー。

メインは各自で

(メイン) 北海道、蝦夷鹿モモ肉のわさび焼き   
                    金山時味噌ヴィネグレットソース 

マッシュポテト、しめじ、クレソンが添えてあります。焼き加減も絶妙。

金山時味噌をヴィネグレットソースとしてお使いになるのが、お得意のようですが、

これはこのままソースを使わずともいただいけちゃいます。美味 

このブランチの値段で、ここまでのものを提供してくださるのだからすごい。

(モモロー) オラとおんなじ「モモ」肉だでー。

(みに) モモローさん、接近戦でアピールしてくるわね。いいよ、積極的で。

(メイン) 大山黒牛100%インディゴバーガー

連れ(寝太郎)の目当ては照り焼き。

前回、私が友人(Mさん)と来店し、照り焼きに感動したという話に、どうにも

気になっているようです。 お店ご推奨の焼き方はミディアムですが、私も

ちょっと食べたいよ。

なので、今回もミディアムウェル。 でも中はピンク色でしょ。

写真を撮ったあと、お店の方が半分に切ってきてくださいました。

私自身の感想は№8と同じく、コクがあってスモーキーな香りをまとう大人の照り焼き 

連れも「メチャクチャ美味い!同店のハンバーガーの中でダントツ!気が付いたよ。

マヨネーズというよりビーツ入りのタルタルなんだ。酸味が効いてるよ」と熱弁をふるう。 

すっかり気にいったようです。

わーい、また照り焼きファンが増えたぞ。頑張ってるぞW04 

赤ワインはキャッスル ロック シラー。 カザー ピノノワール(ソノマ)。

フリードリンク、いつもありがとうございます!お店に感謝Onegai03t

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒で8800円、この他にサービス料440円が

(小計の5%)加算され、合計9240円なり~。

さて、おせち料理も無事、注文できましたし、年越しは自宅でインディゴさんの

お料理をじっくり味あわせていただくことになります。楽しみだ。

カリフォルニア料理満足度数は、★★★★★ やっぱり特別です。



インディゴ (INDIGO)
 

〒152-0001   東京都目黒区中央町1-12-6

TEL       03-3710-3399

営業時間/ ランチ (火~金) : 11:30~15:30 (L.O.14:30)

                   ブランチ (土・日・祝日):  11:30~16:30 (L.O. 15:30)

                   ディナータイム :火~木・日/ 17:30~24:00 (L.O. 22:30)

                   金・土・祝前日 / 17:30~25:00 (L.O. 24:00)

定休日    月曜日(祝日は営業)

2011年10月31日 (月)

日の木 麻布十番

お一人ランチは麻布十番の洋食「日の木

お店は新一の橋交差点(角には永坂更科本店)から都道319号線を

鳥居坂下方面にむかった左手に面しており、「ハーデンタイテン」と同じユニマットビル

に入っています。

まだ新しいウッディな店内は、こてこての洋食屋と言うよりお洒落なカフェ風。

1階はテーブル席とカウンター席。 いつものようにカウンター席を利用。

ランチメニューによると

「1頭買いの洋食屋さん
創業77年の和牛・仔牛問屋である小島商店の直営店。
山形牛・尾花沢牛・雪降り和牛尾花沢牛などの雌牛のみを1頭買いで仕入れています。」

とのこと。 B・C・Dにはライス、スープ、コーヒー又は紅茶(アイス・ホット)付き。

B.霜降り和牛100% 麻布十番ハンバーグ@1280

フォーク、ナイフ、スプーンの他にお箸も用意されています。

自家製スープは牛テールと野菜のスープ。

刻んだキャベツ、にんじん、セロリ、玉ねぎなど。トマトこそ入っていませんが、

ミネストローネのように具沢山で濃厚。 小鉢には菜ものの漬物。

ハンバーグの付け合せは、さつまいも、エリンギ、パプリカ、かぼちゃ、ズッキーニ、

にんじん、キャベツなど。 彩り豊かな野菜たちは、なかなか美味い。

お店の方の説明によると、自家製デミグラスだそうですが、ワインをがっちり

効かせたものとは違い、風味は弱く、甘い。

ハンバーグはしっとりとやわらかく、箸で切れます。

肉質はよいのでしょうが、いまひとつ、このハンバーグに夢中になれない。

付け合せもですが、中途半端に和を感じさせるところがあるので、余計なお世話だが、

ランチもきっぱりと大根おろしなどを使ったソースに変えてもよいのではないだろうか。

食後はアイスコーヒーで。オマケ感がなく普通サイズ。

開放的な店内。ところどころにグリーンが置かれていました。

なんとも微妙なところですが、

本日の利用、ランチ満足度数は、★★★ 日常的なら満足です。



日の木


〒106-0045 東京都港区麻布十番1-9-2 ユニマットビル1・2F

TEL            03-6277-7328

営業時間/     11:00~23:00

定休日/      火曜日

2011年10月 5日 (水)

インディゴ(9月)№8 学芸大学

久しぶりになりますが、学芸大学、カリフォルニア料理「インディゴ 」(INDIGO)

9月のレポートです。

某日、無性にハンバーガーが食べたくなり、ご近所のMさんをお誘いして訪問。

事前に予約の電話を入れたところ、支配人さんが電話口にでていらして、

私は名前を告げただけなんですが、

「あの、みにさんですか?」と覚えていてくれたのには感激でした。

・・・ひょっとして、フリードリンク警戒警報発令?!( ̄◆ ̄;)

「インディゴ」と言えば!私、同店のハンバーガーのコンプリートを目指していたのよ。

チーズハラペーニョアボカドフライドエッグ

残すは、照り焼きのみ!女の一念 岩をも通す!!

写真は念願成就の照り焼きになります。

ワンダフル♪びゅーてほーYahho01

本日の経緯を記録すると・・・。

今回予約するにあたって、お店のHPを確認したところ、記されてなかったようですが

ブランチタイムのフリードリンクは健在(¥2000) よかったW04

COURSE B@2000(前菜、メイン各1品のプリフィクス形式
COURSE C@2800(前菜、パスタ、メイン各1品のプリフィクス形式
でお願いしました。

マフィンはトマトとバジル。これ1種類のみ。

そして、自家製ライ麦パン。オリーブオイルに塩を入れるか聞いてくださいました。

(前菜) 長崎より穴子と焼き茄子のモザイク仕立て 
                         デラウェアのソース

№1№2でも注文した穴子と焼き茄子のモザイク仕立て。

本日は穴子の小骨の処理がうまくなされていない様子。

味わいもですが、全体的に雑に仕上がっているように思えました。残念。

(前菜) 本日入荷、お魚のカルパッチョ 

魚は真鯛、三浦朝取りのオクラ、ソースはライムヴィネグレット。

ソースとのバランスがうまくまとまっていました。

フリードリンクで提供していただけた白ワインはワシントン・ヒルズ。

赤ワインは同店の定番という印象のあるペインターブリッジ。

(パスタ) 生ハムとキノコのクリームソース

「モチモチパスタのキターラ インディゴシークレットミートソース」が売り切れになって

しまったということで、代替でご提案いただきました。2人でシェアしていただくのです。

あとから確認したところ、こちらも№2でいただいていますね。

もっちりとした力強いパスタは変わらず美味い。

新しく接客につかれたホールの方のお話だとパスタは全て自家製だそうです。納得。

(メイン) 大山黒牛100%インディゴバーガー

Mさんチョイスはチーズ。

他のお客様がハンバーガーをオーダーする際、お店の方のオススメの焼き加減は

「ミディアムレア」。 中が赤いのはちょっと苦手という彼女は、ウェルダンでと思って

いたようですがお店のオススメ具合を聞いてミディアムに変えていました。

やっぱりチーズ美味しそう。私もチーズが・・・いやいや初志貫徹。

(メイン) 大山黒牛100%インディゴバーガー

私、チョイスは照り焼き。

厚切りトマト、パティ、レタス。ビーツ、ピクルスを絡めたソースはどれも同じ。

焼き加減はミディアムウェル。しかし、Mさん同様お店の方のオススメを聞くと

ミディアムでもいいかな~なんて思って、すぐに変更できるかとお聞きしたのですが

もうすでに炭火にかけられている様子。 えっ!そんな早くから取り掛かっちゃうの。

まあ、いいか。私は№4ぐらいの火の通り方で満足です。

肝心の味ですが、これむちゃっ美味いですよ 

何で今まで一番最後にしていたのかしらと後悔しました。

照り焼きというと某ファーストフード店のテカテカべとべと甘ったるいそれをイメージして

しまいがちですが、しつこさを感じさせないスモーキーな香りをまとう大人の照り焼きです。

超粗挽きのミンチの肉々しいワイルドな食感も変わらず、噛み締めるごとに大きな

満足感を得られるバーガーでした。

来店なさっているお客様の大半がバーガーを召し上がっているので、お店の方に

どれが一番出ますかと尋ねたのですが、やはりチーズ、フライドエッグ、アボカドとの回答。

なんでだ??この照り焼き美味いじゃん!!

個人的にはチーズと互角。その日の体調によって決めたいぐらいだわ。

私もでしたが、一般に甘ったるいチープなものを想像なさっているのではないかしら。

頑張れ!照り焼きW04  私は応援するよ。

さて、まずはインディゴバーガーのコンプリート終了。ばんざい。

お店の方にも「おめでとうございます!」とお声をかけていただけました( ̄◆ ̄;)

次にここでは何を目標にしよう。 これからの課題だ。

 

なお、久しぶりに来店したら厨房に入ってらっしゃる方が3人に増えていました。

きっと繁盛なさって厨房にシェフお一人だけでは、厳しくなったのかもしれません。

そのせいかはわかりませんが、今回、前菜などは少々味に陰りを感じました。

私の気になっていた老朽化した椅子も新しいものになっていたのですが、

何故かカウンター席の椅子だけは古いまま。まだ交換の最中なのかな。

周りを見回すとフリードリンクをセットしているのは私たちだけのような・・・。

フリードリンクも頑張れ! 私はこのプランの存続を願うよOnegai03t

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒で8800円、この他にサービス料440円が

(小計の5%)加算され、合計9240円なり~。

カリフォルニア料理満足度数は、★★★★★ それでも特別です。

 

インディゴ (INDIGO) 

〒152-0001   東京都目黒区中央町1-12-6

TEL       03-3710-3399

営業時間/ ランチ (火~金) : 11:30~15:30 (L.O.14:30)

                   ブランチ (土・日・祝日):  11:30~16:30 (L.O. 15:30)

                   ディナータイム :火~木・日/ 17:30~24:00 (L.O. 22:30)

                   金・土・祝前日 / 17:30~25:00 (L.O. 24:00)

定休日    月曜日(祝日は営業)

2011年10月 4日 (火)

Peter/ザ・ペニンシュラ 日比谷

ザ・ペニンシュラ東京は、皇居外苑と日比谷公園の向かいに位置しており、

世界で8番目のペニンシュラホテルとしてオープンしたラグジュアリーホテルとのこと。

先日、「花山椒」同様、一休のレストランでまたも興味深いプランがありましたので

予約いたしました。 しかし、時間より早く着いてしまったわ。

エントランスを入り、ロビーフロアにあたるこちらにはダイニング「ザ・ロビー」があり

天井には、1313個のライトが点灯するシャンデリアがありました。

見上げていると夜空に開く大きな花火を見ているようだ。

正面には不思議な竹のオブジェ。なんだこれ?ナマコ?かたつむり?

臥龍の門 -トッキーここにいる- 濱恵泉さん作 だそうです。 

失礼しました。結局、私には何かはわかりませんでしたが、芸術なのです。

重厚な中に和の癒しが融合する洗練された空間になっていました。

さて、そろそろ予約の時間だよ。同行の女子Mさんも私もちょっぴりおめかししてきました。

だって!ホテルでディナーなんて久しぶりだもんね。履きなれないヒールだって履くよ。

今回のプランは、

同ホテル24階のPeter (ピーター)利用。

【一休限定】通常11000円→6600円!24階で食す心を潤すディナー+シャンパン・

白・赤ワインをお好きなだけ Webで予約 (消費税・サービス料込)。

つまりは大好きなフリードリンクプランですYahho01

するとお店の方から、予約の確認と苦手な食材はありませんかといった電話が

入りました。 さすがペニンシュラ・・・。

さあ、専用エレベーターで24階までレッツゴーヽ(^◇^*)/

入り口で本日の利用が、お食事かバーかを聞かれます。

食事で予約の旨を伝えると、ご案内いただけたのは奥の窓際のお席。

ちょとバブリーにも感じますが、いやらしさがない。

大人のための贅沢な空間と言えるかもしれません。

着席すると、この日の私達の接客担当になってくださったイケメンさんから

予め、お酒とお食事の説明があります。 

うふふ、イケメンさんだ( ´艸`) 私もMさんも、でれっと頬がゆるむ。

そういえば、さっきもロビーで顔が小さくて背の高いイケメンさんとすれ違ったね。

韓流スターみたいにカッコよかったよね~。銀座エリアはイケメンの巣なのかしら。

接客担当のイケメンさんは、笑顔がキュートで会話も自然体。スタイルもいい。

東京スカイツリーや東京タワー、

窓から見える景色を説明してくださったりと何かと親切だ。

(ノブロー) つぶつぶ言うてねえで、飯の紹介するだ。

(みに) ふぁーい( ̄▽ ̄) ノブローさんも来てたのね。

まず最初は、シャンパンから。

F1のシャンパンファイトに使われるマムのシャンパーニュです。

お食事を運んで来て下さった時、再度お料理の説明があるのですが

なかなかメモをとるのは難しい。

ハマチのホワイトオムレツ添え。

ふわふわメレンゲムース状のものがホワイトオムレツ。

魚の出汁を使っているので、うまく味が馴染んでいます。

鮮やかなブルーはブルーチーズ。

バゲットとカンパーニュには、オリーブオイルにバルサミコが入ったものが用意されます。

スズキのグリル。

ういきょうのカルパッチョ、バジルのジュレ、バスク風ソース。

(ノブロー) イケメンがカレーだ、ココナッツだ言うてただよ。

(みに) そうね、エスニックなソースもプラスされているらしいけど

見聞きしたことだけで記録しているから手が遅れて正確さにかけてるわね。

(ノブロー) イケメンにでれでれしてるから、メモがおろそかになるだ。

ガトーオペラ。

ノブローさんの話はあながち間違っていないようで、ガトーオペラ一口食べてしまいました。

危ない、危ない。急いで撮影。

(ノブロー) みにもオラのMさんも困ったもんだで。

だで、オラが記録するだ。ワインは南フランスのシャルドネ産のものをいただけただ。

シャンパンもワインも、あのイケメンが、よう気がついて、ぐいぐい注いでくれるで

2人してどんだけ飲んだか、オラおっかねえだ。

(みに) うぃーっく!フリードリンク最高!!(* ̄0 ̄)ノ 

完全に勝ってしまった気がする・・・。

ここ楽しいね~。と上機嫌で帰宅後、ペニンシュラから電話がはいりました。

ま・・・まさか!飲みすぎだ!!という苦情の電話かっ( ̄Д ̄;;

一瞬酔いもさめ、「な・・何ですかsweat01」とつっけんどんに受け答えしてしまいましたが

領収書をテーブルに置き忘れたとのことでした。 

たいへん、ご迷惑をおかけしましたGomen01

割引での利用、正確なフリードリンク満足度数は記せませんが、イケメンパワー炸裂!

気持ち的には、★★★★ 積極的に好きです。 うししheart

 

Peter(ピーター)

〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-8-1 ザ・ペニンシュラ東京24F

TEL        03-6270-2763

営業時間/ 11:30~14:30(ランチ)14:30~17:00(土日祝のみアフタヌーンティー)
         17:30~22:00(ディナー)

                 12:00~24:00(バー/日~木)12:00~1:00(バー/金土)

定休日   無休

2011年9月 8日 (木)

やきやきRyu 蒲田

某日のランチは蒲田西口、鉄板焼き「やきやきRyu

場所はドン・キホーテ脇から工学院通りに入り、左手側。

はじめ鉄板焼きと聞いていましたので「知喜多」のように緊張感のあるイメージを

もっていたのですが、同店はとてもカジュアルなのです。

ランチタイムのメニューを見ると500円台が主流。 しかも全品大盛りライス無料。

お店は1階から3階までですが、連れと2名の利用ですのでカウンター席の利用。

セルフのお水が卓上に置いてあるよ。本日は意見があって同じランチを注文。

から揚げ&ポップシュリンプ定食@550 

スープはコンソメベースの醤油味、ちょっと複雑。漬物はタクワン。

定食がそろったとき、ものすごいボリュームに圧倒されました。

はじめ、ライスの量を聞かれましたので普通で、とお願いしていたのですが、

ご飯がお茶碗の上にとびでて、こんもり山ができている。

完全にてんこ盛り状態。 そりゃ、無理よ!私の体格以上の盛りだわ、たぶん

残すともったいないので、だいぶ減らしていただいたのですがそれでもコレ。

たぶん、これぐらいが一般の普通盛りかなと思うのですが、サービスがいいわ。

私も普段なら体格以上のご飯に挑んでも良いのですが、本日はそういう訳には

いかないことを察知したのだ。

というのも、このから揚げの量がすごい。6個ぐらいドカドカ盛ってあります。

シュリンプの量はそれほどではありませんが、ともかく腹にたまる肉の揚げ物が

これだけあったら胃袋に入るご飯の量は限られてしまう。 

ドレッシングのかかったレタスとぽてっとしたマヨネーズ付き。

(ワタロー) やっぱ、米は満足感を得られるだ。

ここんちの白米も定食のライスとしては立派なもんだ。

 

から揚げの衣は業務用のものだと思いますが、鶏肉は十分にジューシー。

このお値段でこれだけいただけるのなら何も申すことはありません。

食べ盛りの学生さんやたくさん召し上がられる方には嬉しいランチではないかと

思いますし、男性のお客様などは大盛りで注文なさっている方もみられました。

私も時間はかかりましたが無事完食、うーーん、満腹・満足!

(少し消化力が弱まってきているので、夕飯は控えめになりました)。

 

食事の合間に同店のメニューを拝見したところ、ワインは2500円より~。

個人的には2000円ぐらいで提供していただければ、もっと使いやすいのになあ。

・・・・と勝手な独り事。すみません。

ランチ満足度数は、★★★ 日常的なら満足です。   ご馳走さまでした。

 

やきやきRyu

〒144-0051 東京都大田区西蒲田7-4-9

TEL      03-3736-8989 

営業時間/ 11:30~14:30(L.O.14:00) 17:00~翌1:00(L.O.24:30)

定休日     日曜日

より以前の記事一覧