2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

04.居酒屋・ラーメン

2015年9月13日 (日)

フライの店 ひのでや 日ノ出町

Photo

フライの店 「ひのでや

日ノ出町下車。駅前の交差点角にはよさげな店がある。

(ノブロー) 「第一亭」さん目当てだけんど、ちいと時間が早いで

ウォーミングアップに“予備校”に来ただ。

 

第一亭さんオープンまでのつなぎで入店させてもらった。

まだ早い時間なので席は選べたが、カウンター席で常連さんが店のお姉さんと歓談中。

ここに割って入っていくのも一見の自分たちとしては気が引けるため

ビニールの覆いがかかった4人掛けテラス席をわずかな時間の止まり木にした。

おしぼりをもらい、テーブルにあったメニューから、連れ(寝太郎さん)は生ビール、

私はレモンサワー@400を注文。

フライは、チーズ@100、うずら@100、くじら@200

長いも@100

良かったらと、キャベツもボウルで置かれたので少し頂戴する。

卓上には、醤油、しお、ウスターソース、爪楊枝、灰皿。割り箸もまとめて準備されている。

辛子を取り皿の脇につけ、ソースをかける。このソース意外と味がさっぱりしているではないか。

また、油も古くなっていないので、フライも軽くてなかなかいけるぞ!

それにレモンサワーが美味かった。信頼できる。これは良い“予備校”に出会えた。

滞在時間15分程。これからも日ノ出町巡りに、活用させてもらいたい。

 

フライの店 ひのでや

神奈川県横浜市中区日ノ出町1-18 坂本ビル 1F

TEL       045-241-8655

営業時間/  火~金 16:00~24:00 土・日 13:00~23:00 祝日16:00~22:30

定休日     月曜日          -店舗情報「食べログ」より- 

2015年9月 6日 (日)

麺喰屋 Senmi (センミ) 武蔵新田

Senmi

麺喰屋 「Senmi」 (センミ) 

武蔵新田駅下車。環八通りの武蔵新田駅前を千鳥三丁目方面に向かい右手側。

「ポンディバワン」さんの並びになります。

店は左手厨房前にカウンター席を配し、右手にテーブル席というレイアウト。

入口を入ってすぐ右手に券売機があるので、食券を買い求め、カウンター席の端に着座し

厨房内のお兄さんに渡した。

すると、ランチタイムサービス(月~金)はどうするかというお尋ねあり。

卓上を見ると、サービスの案内が記されており

麺大盛(+50g)、白飯(ハーフ)、味玉(ハーフ)、キャベツ増、

この中からいずれか2つまでサービスしてもらえるという。※クーポンとの併用不可。

自身は味玉のサービスのみを願い出た。

 

卓上には、醤油、酢、辣油、胡椒、七海唐辛子、すりおろしニンニク、

箸箱には割り箸と爪楊枝、テッシュボックスが準備。

コップが重ねられているので水はピッチャーからセルフで注ぎ、しばし待ちの態勢だ。

汁なし担々麺@800

スープ付き。 サーブ時にはよく混ぜて食べるようアドバイスを受けられた。

具材は肉そぼろ、キャベツ、刻みネギ、サービス味玉。

器の下に溜まっているタレと均一に混じり合うようにかき回し口に運ぶと、

「30回ぐらいかき回さないと、お客さんのそれは和えただけだよ。」と鋭い指摘があった。

聞くと、麺の表面に膜ができるように乳化させると味が違うとのこと。

仕切り直して、再びかき回し作業。

なんとなくだが、お兄さんの合格点をもらえたところで、汁なし担々麺攻略に本腰が入る。

パワフルなもっちり太麺に絡むタレは、胡麻の濃度が高く、辛さは控えめでニンニクの風味が

感じ取れた。肉そぼろはタレに歩調を合わせ、程よい歯触りを伝えるボイルキャベツが

濃さに傾く味を中和させてくれる。

ライスを誘う味わいですが、単体でも十分にボリュームがあり男飯。

後半、食傷気味になったが、セットのシンプルな鶏スープで味覚の切り替えを図りつつ

完飲後は水を片手に麺を流し込んだ。美味いのだが、腹にドスンと溜まる感じ。

実にたくましい汁なし担々麺でありました。

 

麺喰屋 Senmi (センミ)

東京都大田区矢口1-7-9

TEL   03-5482-1003

営業時間/ 11:00~14:30 18:00~22:00

定休日    水曜日          -店舗情報「食べログ」より-

2015年6月21日 (日)

喜多方ラーメン坂内 小法師 蒲田

Photo

喜多方ラーメン坂内 小法師」 西蒲田店。久しぶりの再訪

ちょこちょこ前を通るのですが、昼の時間帯は男衆でいっぱいなので、某日は16時の利用。

さすがに先客は3人のみ。4人掛けのテーブル席を使わせてもらえた。

「喜多方ラーメン!」

オーダーを伝えると、店員さんがちゃっちゃか作り出す。

丼に茹でた麺にタレとスープ、チャーシュー、メンマを入れ、

仕上げにネギをわし掴みで投入し出来上がり。

喜多方ラーメン@650

いつの間にか価格改定で650円になっていた。

脂身が多めの柔らかチャーシューに"手揉み"の「平打ち熟成多加水麺」

おっと、今日はちょっと茹ですぎか?麺まで柔らかいぞ。

丁度、麺の茹で上げ時間に他のお客さんが会計のタイミングだったからかなあ。

そして相変わらず、スープはしょっぱい。

でも好きなんだ。たまに食べたくなるのです。ようやく入店できて満足。

 

喜多方ラーメン坂内 小法師 西蒲田店

東京都大田区西蒲田7-6-2 小池ビル

TEL      03-3738-1817

営業時間/  平日・祝 11:00~25:30  日曜 11:00~23:30 

定休日/   年中無休   

2015年3月 4日 (水)

香氣(コウキ)四川麺条 学芸大学店

Photo

香氣」(コウキ)四川麺条 学芸大学店。

場所は東急東横線、学芸大学駅の改札を出て右手の東口の商店街を進行し、徒歩5分ぐらい。

紅色の外観に「担担麺」の、のぼり旗も確認できるので、容易に見つけることが出来る。

当店はL字型のカウンター席のみ。

上着は自分でハンガーにかけ壁のフックに吊るせるものの、人が通るのがやっとなぐらいになる。

店内の券売機で、食券を購入し、空いている席に座り、カウンター上に(食券を)出すと、

麺の希望を聞いてくる。当店は、中細ちぢれor細麺ストレートを選び伝えるシステムなのだ。

「 細麺ストレートで」

自身の発券したのは紅担担麺。

あとからカウンターの貼り紙で気が付いたのだけれど、担担麺には中細ちぢれが合うそうな。

そういえば、来店者のほとんどが中細ちぢれをリクエストしていた。

また、11:00~17:00迄はライス無料サービス(お替りOK)のため、つけるか聞かれたが、

お腹はそこまで空いていないため辞退した。

 

卓上の調味料は花椒、青山椒、香味酢、胡椒、辣油。

他には、レンゲ、穴あきレンゲ、爪楊枝、割り箸、紙ナプキン。水はピッチャーからセルフで。

カウンターの端には、黒い紙エプロン・ヘアゴムも用意されおり、

ご自由にということなので、使わせてもらう。

紅担担麺@740

唐辛子印1。

中央に小さく山を成すのは、肉そぼろ、水菜、白ネギ、そして唐辛子が1本、

紅のシンボルとしてトップの座に君臨する。

胡麻を主張させた、さらり系スープで、悪くないけれど、味の立体感が乏しく思え

そのため大きなインパクトにはつながらない。

また、唐辛子印1だが、自身の辛さの耐性からすると、さほど辛くはない。

手もとで、卓上の花椒・青山椒を活躍させ、麺を啜り、

最後は穴あきレンゲで底に沈んだ肉そぼろを掬い食した。

なお、お帰りの際は、各自使った食器をカウンター上部にあげるよう、

貼り紙に書かれているのでそれに従う。使った紙エプロンも同様だ。

 

当店はこのほか、都内に数店舗有し、フランチャイズ展開しているのだろうか。

四川のスピリットは感じぬものの、一定の味は守られているようなので、

お値段からしても、日常的な担担麺として不足なしである。

 

香氣 四川麺条 学芸大学店

東京都目黒区中央町1-17-12

TEL     03-5721-0805

営業時間/ 11:00~翌4:00

定休日    無休          -店舗情報「食べログ」より-

※ランチ満足度数は、3.5~5.0

2014年9月 5日 (金)

早雲(ソウウン) 経堂

蜀彩」さんを出たあとは、近くの創作和食「早雲」に立ち寄った。

日本酒にはこだわりがある店らしい。

お通し(サザエ、お浸し)@450

(ノンノン) レン!顔が赤いわよ。大丈夫。

(レンタロー) うぃ~っく。へいっちゃらだで。ノンノン久しぶりだったな。今日は皆で飲むべ!

梅水晶

サメの軟骨梅肉和え。こりこりっとした食感が魅力。

ばくらい@650

ほやとこのわたの珍味。これをチビチビ舐めながら……

(ノブロー) 言わんこっちゃねえ。あとは、オラがかついで帰るだ……。

シックで落ち着きのある店内は、大人仕様で居心地良し。

店員さんも、日本酒について詳しく教えてくれるので、お好きな方には嬉しい1軒です。

 

2014年8月22日 (金)

なかじま 渋谷

Nakajima

麺飯食堂「なかじま

場所は渋谷駅南口。明治通りを並木橋方面に進行した道沿いのビル1F。

心安い店内はカウンター席を主流とした造りだが、テーブル席の用意もある。

足を進め右手に厨房を見て、左手に設置されている券売機で食券を購入し、

フロアを切り回すお姉さんに渡す。

当店11:00~16:00までサービスで半ライスがつくようで、セットするかを聞かれた。

半ライスの少な目でお願いし、指示のあったカウンター席に着席した。

水は卓上に置かれているウォーターピッチャーよりセルフだが、はじめの1杯目はコップに

氷水を入れて運んで来てくれる。

ほか、カウンターには調味料一式と紙ナプキン、割り箸などが並ぶが、

一番気になったのはグリーンのキャップの容器に入ったニンニクと唐辛子系のスパイスだ。

 

厨房内で調理を担当するのは2名の男性だが、私の後に入店した客の料理が先に出来たらしい。

「すみません、もうすぐ出来上がりますので」と私にまで声をかけてくれ、

街の食堂でそうした真摯な対応を期待していなかっただけに驚いた。

見ると、彼らはスピーディーで効率よく動き、その手さばきもなかなかのものと感心した。

料理の出来上がり近くには、お姉さんから「紙エプロンを使われますか?」とサジェスチョン。

服への飛び散りが気になる自分は遠慮なくいただいた。

冷やし担々麺@830

券売機には限定麵というボタンがあった。種類は4つ。

食券を渡す時に口頭で「冷やし担々麺」を指定した。

対面時は野菜がうず高く盛られ、下には、はたして麺があるのか不安になるほどだ。

パチン!割り箸をふたつに割って、いざ出陣!

太目でもっちりとした縮れ麺を持ち上げ、器の下に溜まっているタレと山盛り野菜、

これらが均一に混じり合うようにかき回した。

麺がいい具合に色づいたところで口に運ぶ。

……あら、全然辛くないわ。

葉物野菜のほかに、長芋、オクラ、もやし、肉そぼろ、揚げたワンタン皮も参加して、

多彩な食感が楽しめるわけだが、芝麻醤の加減がピンボケ気味でもっさり。

私にはパンチ不足だ。

そうだ!卓上の辛味調味料を入れてみよう。

この調味料が塩辛くて眠気覚ましに丁度いい。味がしまった感じだ。

辛味効果で箸が進み、食べ応えがあったが無事完食。

半ライスもちゃんと美味かった。満腹。

紙エプロンをはずし、厨房内のお兄さん方に「ご馳走さまでした」を告げると、

両名とも腰をかがめる感じで(厨房内から)顔を出し、

「ありがとうございました!」、「またお願いします!」、「お待ちしています!」

と、こちらが恐縮してしまうばかりに丁寧で感じが良かった。

気持ちよく飯が食べれて、温かく見送られると、印象もアップする。

また、来ようかな。と思わせてくれる店なのである。

 

なかじま

東京都渋谷区渋谷3-18-7 ナルセビル 1F

TEL  03-5774-1601

営業時間/ 平日 11:00 - 28:00 土日 11:00 - 23:00 (L.O.22:30)

定休日    無休         -店舗情報「食べログ」より-

大きな地図で見る

※ランチ満足度数は、3.5~5.0

2014年6月 5日 (木)

宗平 蒲田西口店

Soubei

宗平 蒲田西口店」 

蒲田西口商店街、サンロードのアーケード内に軒を連ねる長崎料理を主とする居酒屋さん。

ランチタイム、店先に立つおじさんに席が空いているかを確認して入店。

2階席もありますが、指示されたのは1階カウンター席。隣との間隔も狭い。

着座後、業務用のタオルおしぼりをいただき、お茶は冷たいものにするか、温かいものにするかを尋ねられました。

オーダーは長崎ちゃんぽん@820 サービスでご飯がいただけるとのことですが辞退。

チャンポン麺の上には、キャベツ、もやし、人参、かまぼこ、豚肉、あさり、イカゲソがどっさり。

箸で捜索するも海老とは遭遇ならず。 麺を完食した時点で残ったキャベツは放棄した。

スープの深化はいまひとつと感じましたが、無難にいただける駅近チャンポンです。

 

宗平 西口店

東京都大田区西蒲田7-67-4

TEL   03-3736-2501

営業時間/ 11:00~22:00(LO)

定休日    無休          -店舗情報「食べログ」より-

大きな地図で見る

2014年4月 7日 (月)

ハカタノチカラ 銀座

Hakatanotikara

チャンポン専門店「ハカタノチカラ

HPによると「一風堂」さんが手掛けるお店です。

某日はショッピング帰りの立ち寄り。

チャンポンは連れ(寝太郎さん)の好物ということでお邪魔しました。

場所は、JRA 場外馬券売り場、ウインズ銀座近く。 

入店すると右手に券売機1台。 当店は食券を購入し店員さんに渡すシステム。

店内はカウンター席を中心とした造りで、ピークの時間帯が過ぎていたのか客入りはまばら。

指定された席に大荷物を置き、お財布片手に楽しい食券選び。

チョイスは人気の高いチャントン♪ ぽちっ!

戻ると私の卓上には紙エプロンが。女性には優先してきめ細やかなサービスがあるよう。

卓上には、醤油、酢、ラー油、ソース、スパイスミル(ホワイトッペッパー)、カレーパウダー、

爪楊枝。ほか、おろし生姜、ニンニク搾り器、紙ナプキン、使い捨て紙おしぼり。

箸は箸立てにまとめて。水のお替わりはウォーターピッチャーよりセルフ。

準備万端整っています。

チャントン@880

チャントンとは、チャンポンと豚肉の唐揚げのコラボ。

炒め野菜は、もやし、キャベツ、ニンジン、タマネギ、キクラゲ、かまぼこ、さつま揚げ、

イカゲソ、豚肉など。

あれ?海老は入っていないのかしら、と捜索したところ干し海老とうい形で参加していた。

麺は喉越しの良いチャンポン麺。

HPによるとスープは

『一風堂の豚骨スープに、カツオや昆布でとった和風ダシを合わせた自家製スープ』

とのこと。 

レンゲでひと飲みしてみた。 味覚や嗜好には個人差があります。

寝太郎さんとは所感も異なり、彼には丁度良く、私には塩気が多く濃いと思った。

豚肉の厚みは薄く、肉質はさほど良いものとは思えませんが、

ニンニクががっちり効いている。

しかし、私には、これもまた塩辛く、くどすぎる。 

手元のおろし生姜で調整を計ったのですが、根本がしょっぱいため思いどおりの

成果は得られず。従って、セルフの水をがぶ飲み状態。 腹が膨れ、完食を断念する。

ですが、気軽に使えて、ボリュームたっぷり。日常的なら大満足。

たくさん召し上がりたい方にも喜ばしいですね。 ご馳走さまでした。

                                  ※ランチ満足度数は、3.0~5.0

ハカタノチカラ

東京都中央区銀座3-8-4 新聞会館 1F

TEL   03-5159-5090

営業時間/ 11:00~23:00

定休日/  年末年始   -店舗情報「食べログ」より-

大きな地図で見る

2014年3月 8日 (土)

らーめん北斗(ほくと)  新橋店

らーめん「北斗」 新橋店。 

同行者はラーメン好きのため「避風塘 周記」さんの後のお立ち寄り。

付き合いとはこういうものだ。

カウンター席に横並び。水はセルフ。 同行者のゴチ( ̄ー+ ̄)

味噌らあめん@680

上にはチャーシューとメンマ。

スープは仙台味噌と信州味噌のブレンドだそうな。甘みを感じる味。

口に運ぶと炒め野菜の甘みとシャキシャキ感が心地よく、麺は中太縮れで柔らかめ。

野菜と一体化すると、ボリュームたっぷり。

腹にドスンと落ちて積もって1杯完食するころには、もうお腹がぱっつんぱっつん。

かなりの腹持ち度が予想されます。 ご馳走さまでした。

                                                                         ラーメン屋満足度数は、★★★

らーめん北斗 新橋店

東京都港区新橋3-21-11 新花ビル 1F

TEL   03-3434-7005

営業時間/ 10:30~04:00 土・日・祝 11:00~23:00

定休日    無休

大きな地図で見る

2014年1月26日 (日)

たか濱 大森

たか濱

場所はJR京浜東北線 大森駅。

きっちり北口改札を出て右折、エスカレーターを降りて右手に店舗の入った

ビルを確認できます。

仕事仲間との急な飲み会、日本酒の品揃えのある都内中央のお店はどこも満席。

当店に電話を入れたところ、席の用意ができるとのことで来店しました。

今どき風に綺麗な店内で、カウンター席近くのテーブル席に着座。

卓上には呼び出しベルが置かれていますから、ワンタッチで店員さんが

かけつけてくれるシステム。 接客はとても丁寧で感じが良い。

お通しは3種類の中からのチョイス。

名物はあんこう鍋とのことで注文。あんこう鍋は2人前で上記写真の量。

スープは豆乳を加えた特製スープということですが、煮詰まるにつれ

しょっぱく感じられたのは残念。

ほか数品おつまみを頼みましたが、特筆はなし。

ですが、お酒は日本酒だけに限らずその種類は豊富。

私達は、ビールのあとは戦国大名家御用酒蔵競い酒を狙いうち。

会津藩、松代藩、紀州藩と3本空け、

会計時には制覇記念ポイントカードをいただきました。

1年有効、全藩制覇時には好みの御用酒を1本いただけるそう。活用したいな。

また有効期限は短いのですが、御食事券も頂戴し

Hand01 お会計は、1人当たり4,000円(千円未満四捨五入)

利用は週末、幸い時間制限も設けられませんでした。

駅近でもありますし、何かと使い勝手のよさそうな一軒です。

                        居酒屋満足度数は、★★★ 日常的なら満足

たか濱

東京都大田区大森北1-1-2 ブルク大森4F

TEL     03-3763-5911

営業時間/  17:00~24:00

定休日    年末年始 

大きな地図で見る

より以前の記事一覧