2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 謹賀新年2016 | トップページ | 家全七福酒家 SEVENTH SON RESTAURANT 丸ビル店 »

2016年1月 1日 (金)

真不同(チェンプートン) 広尾 おせち料理

Photo

2015年、年末。当店で販売されるおせち料理(広東二段重)の説明を聞きに向かった。

話によると、コンセプトは、お酒のつまみにもなるおせち料理。

当店のおせちは去年からはじめて今年が2回目。

購入された常連さんからダメ出しがでたものを変えて提供。

今年は去年多かった珍味要素を変更するという。

ボリューム的には少人数向けで、数が少ないため常連さん相手のおせち料理であり、

個人店のため仕入れ状況により、料理が入れ替わる場合もあるとのことだった。

 

申し込みにあたっては、考えるところがあった。

当店のおせちは30日作って30日に渡す。(郵送可能30日出し31日着)。

大晦日の料理にいただきたい自分にとって、自宅の冷蔵庫に1日寝かしておかなければならないことだ。

しかし、どうしても食べてみたいメニューが組まれていたため、購入を決意。

受け渡し日時(30日12時~15時)に引き取りに行った。

広東二段重はちょこちょこと計16品。お酒を飲まれる方は上の段からつまみ出して欲しいとのこと。

なお、お品書きには温めが必要なものに対する留意点が記されていました。

(ノブロー) どんれ、オラが品書きを読んでやるだ。

一の重

1.四色野菜の甘酢漬け

2.筍と干椎茸の旨煮

3.隠元豆の唐寿美炒め

4.餡掛け胡桃

5.自家製窯焼き叉焼※温めを推奨

6.地鶏の黄酒漬け

7.芝海老のチリソース煮※温めを推奨

8.クラゲの麻辣和え

9.大粒いくらの醤油漬け

この中で自身のお気に入りは、地鶏の黄酒漬けとクラゲの麻辣和え。

芝海老のチリソース煮とありますが、あんかけはなく、その存在感は希薄でした。

二の重

10.和牛の八角ワイン煮※温めを推奨

11.四川ダックチャイナスモーク/天然帆立のXO醤炒め※温めを推奨

12.鮑の蝦子オイスター煮※温めを推奨

13.名物頂湯焼売/蟹爪の海老すり身巻き※温めを推奨

14.魚翅姿煮おこわ蓮の葉包み

※フカヒレを上にした状態で蒸し器又は電子レンジで温めてお召し上がり下さい。

私が購入を決意したのは、このおこわに興味があったため。

蓮の葉にくるんだフカヒレを上湯のゼリーでとめておき、温めることによって、

その上湯がおこわ(粽)に入っていくという1品だ。

「フカヒレを上にした状態で」とあるがそもそも、どちらが上かわからない。

これに関しての温めには、蒸し器又は電子レンジと記されていたため、蒸し器で。

蓮の葉の香りがうつったおこわには、旨味のある具材もサンドされていて、

想像していたとおりの美味。

うんまい!蟹爪もだけれど、これは一人1個食べたかったわ。

(レンタロー) 当店の名物!金華ハムのスープを蓄えた頂湯焼売もうめえよ。

鮑も柔らかくて美味かったな。

感想としては、広東らしく優しい味付けで、そつはなくどれも美味しくいただけるのですが、

ボリュームが少なすぎる。私は2人で食べましたが、あっという間になくなり、その結果

ほかに料理を作らなくてはならなくなり、これは計算外でした。

こちらは大晦日のメインの料理にプラスする感じで求めるのが良いかもしれません。

« 謹賀新年2016 | トップページ | 家全七福酒家 SEVENTH SON RESTAURANT 丸ビル店 »

11.内飯・弁当・土産・取寄せ」カテゴリの記事

a-01.港区」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。