2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 麻布長江 香福筳 (アザブチョウコウ コウフクエン) ジャパンレストランウィーク2015夏(昼) | トップページ | 森戸海水浴場2015 8月 »

2015年8月17日 (月)

京華樓 (キョウカロウ) 横浜中華街

Photo

横浜中華街、関帝廟通りの四川料理「京華樓」(キョウカロウ)本館。再訪

3名での利用。入店後、2階テーブル席にどうぞ、と指示を受けたので階段を上り

4人掛けテーブル席に着く。卓上まわり等は1階席と変わりがないため省略。

さて、アラカルト注文をしようかと思っていたのですが、メニューの束を手に取り

花山椒たっぷり激麻コース、お一人様3,000円(税抜価格・2名様より)に

同行者たちの票が集まり方向転換。

暑い時期ですから、花山椒で痺れるのも良いかな。

まずは、アサヒスーパードライ(中瓶)@600で熱烈歓迎されちゃいましょう!

歓迎のお供には、ザーサイ。

当該コース料理は、デザート(甜品)を除き全て大皿での提供で、各自での取り分け作業が必要。

サーブ時には料理名程度の説明は受けられた。

【前菜】1.蒸し鶏の花椒油冷菜(痺れの唐辛子印2)

鶏肉はむっちり、鮮やかなグリーンの椒麻ソースがツンと香り食欲を刺激する。

前菜の中で1番手応えを感じた。

【前菜】2.厚揚げの麻辣ソース掛け(辛さの唐辛子印1、痺れの唐辛子印2)

太い短冊切りの厚揚げにソースが絡み、なかなかに辛い。

【前菜】3.クラゲの甘酢冷菜

クラゲの冷菜は、ほかの前菜2品を食べたあととなると、味覚が狂い、花椒風味に

感じてしまうため、先に箸をつけるのが得策。

【熱菜】1.海鮮(小海老・ホタテ)とカシューナッツの青山椒炒め(痺れの唐辛子印1)

食感をプラスするアスパラ、パプリカ、カシューナッツとともに炒め合わせ、

痺れのどぎつさのないあっさりとした味わいで、万人受けも期待できる。

2.魚の青山椒麻辣煮込み(辛さの唐辛子印1、痺れの唐辛子印4)

ここまで一度に出されたが、店内は冷房がきいているので料理が冷めてしまう。

ペースダウンを希望し伝える。

「あ、ちょっと早いね」とスタッフさん。

青山椒をこんもり浮かべたスープは、旨味と辛味、痺れのバランスも整い、魚も臭みがないし、

どっぷりと浸かったキャベツ、もやしなどに味がしみ、程よくくたっとして、これがたまらなく美味い。

スープは温存するぞ。まだ使う余地があるかもしれない。

3.牛肉と高菜の酸辣スープ煮込み(痺れの唐辛子印2)

同じく青山椒をこんもり浮かべた煮込み。こちらは酸辣バージョン。

もう少し醗酵系の酸味が欲しいなあ。

イメージしていたものとのギャップがあり、酸味がぼんやりとして、やや味に濁りを感じた。

4.空芯菜の唐辛子炒め(辛さの唐辛子印1)

平凡なビジュアルのため、油断していたが、しっかり辣の辛さが効いており、目が覚めた。

 

なお、上記1~4番は、本番の四川麻婆豆腐(辛さの赤唐辛子印3、痺れの青唐辛子印2)

に変更可能でしたが、変えずに出してもらいました。

5.小籠包

針生姜付き。期待していなかったが、意外にジューシーで小籠包も普通に美味い。

(ノブロー) 食い終わらねえうちに、どかどか運んでくるだよ。容赦しねえ。

ま、こいが中華街の醍醐味思うて楽しんでほしいだ。

6.麻辣タンタン刀削麺(辛さの唐辛子印2、痺れの唐辛子印1)or
  ザーサイ入り花椒油チャーハン(痺れの唐辛子印1)

チョイスは麻辣タンタン刀削麺で。注文時にお願いしていました。

オレンジ色のスープに浮かぶ具材は、青菜、刻みネギ、肉そぼろ。

もっちりぴろぴろっと刀削麺特有の食感を味わう。好感触!

胡麻のコクもあってスープ自体悪くはないけれど、私はさらにパンチを強化しよう。

青山椒麻辣煮込みのスープを入れて手元割りするのだ。美味し。

7.杏仁豆腐

ドリンクは、追加の古越龍山 銀龍(3年紹興酒)@2,000×2を含め

Hand01 会計は、1人当たり5,000円(千円未満四捨五入)1階レジにて支払う。

お手頃な値段で爽やかな辛さのコース料理が楽しめました。ご馳走様です。

 

京華樓 (キョウカロウ)本館

神奈川県横浜市中区山下町138

TEL   045-211-2866

営業時間/ 月~金 11:30~21:30(L.O) 土・日・祝 11:00~21:30(L.O)

定休日    無休

※横浜中華街満足度数は、3.7~5.0

« 麻布長江 香福筳 (アザブチョウコウ コウフクエン) ジャパンレストランウィーク2015夏(昼) | トップページ | 森戸海水浴場2015 8月 »

b-1.横浜中華街特集」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。