2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 山西亭 (サンセイテイ) 東新宿 | トップページ | 競馬の話 宝塚記念G1 »

2015年6月27日 (土)

陳家私菜(チンカシサイ) 有楽町店

Photo

本格中華ダイニング「陳家私菜」(チンカシサイ) 有楽町店。

ショッピング帰りに初訪問。場所は有楽町駅及び日比谷駅より徒歩1~3分程。

国際ビルB1の飲食店街に出店している。

ランチのピークタイムを過ぎていますが、先客もぽつぽつ。

スタッフさんに指示されたのは店内中ほどのテーブル席。

隣の卓とつながっているため相席感覚での利用である。

隣の卓はすでにディナーにむけてセッティング。

私の卓には、調味料(陳頂天麻辛醤ほか)、爪楊枝、紙ナプキン、箸(箸立てにまとめて)が

用意され、メニューとコップをもらったので、卓上のピッチャーからセルフで茶を注ぐ。

また、注文を伝えると「良かったらサービスで奥に、水餃子、サラダあります」

とサジェスチョンあり。さっそくコーナーへ取りに向かった。

ここには、水餃子(1人2個まで)、サラダ、スープ、ライス、杏仁豆腐が置かれていたので

セルフで3種類いただいてきた。

秘伝焼豚麺(塩味)@780

入店時、オーダーは麻辣刀削麺と決めていたのに、メニューを広げて気が変わってしまった。

不覚にも、自家製秘伝 陳式焼豚に目が吸い付けられてしまったのだ。

これは先日久しぶりに喜多方ラーメンを食べたからだろう。

記された焼豚三つのこだわりを読むと
1.独自の秘伝のタレで作ったコクのあるとろっとした焼豚
2.厳選したつるっとして、こしのある特製麺を使用
3.醤油スープは魚介類と金華ハームからとった清湯を使用、調味料はいっさい使用していません。
塩味スープは岩塩と天塩を使用                              -メニューより抜粋-

ごくり。とろっとした焼豚歓迎!しかも、清湯をベースなら楽しみだ。

塩清湯味、醤油味の2種から選べるので、あっさりして旨味の効いた、

という塩清湯をチョイスした。

焼豚6枚。中央には白髪ネギとメンマ。

湯の表面には油が浮き、その色味に微妙な濁りがみられる。飲むと胡椒が効いて、

やはり私の思い描いたようなクリアさはなく雑味を感じる。はてな。

もっと残念だったのは、麺がくっついていたことだ……。食欲減退。

お前たち、面倒をみてもらえなかったのか。

焼豚は普通に美味しかったけれど、麺はチープさを隠し切れない。

茹で置き時間が経過した、やるせない水餃子にも気落ちした。

私には、ハードルの高いオーダーであり、自身の選択ミスだった、と納得させた。

ここでは、店自慢の四川麻婆豆腐でチョイス、刀削麺にもこだわりを持っているので、

そちらが正解だったのだろう。

再訪の機会があれば、迷わずそうしよう。

 

陳家私菜 有楽町店

東京都千代田区丸の内3-1-1 国際ビル B1F

TEL     03-3214-5888

営業時間/ 11:30~14:30 17:30~23:30

定休日    無休          -店舗情報「食べログ」より-

« 山西亭 (サンセイテイ) 東新宿 | トップページ | 競馬の話 宝塚記念G1 »

01.中華料理」カテゴリの記事

a-02.千代田区・中央区」カテゴリの記事

b-2.東京・神奈川ランチ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。