2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 台北旅行2015 №8 明月湯包(ミンユエタンバオ) | トップページ | 台北旅行2015 №10 士林夜市 »

2015年5月 8日 (金)

台北旅行2015 №9 九份

Photo

午後からは九份観光。

九份へフリーで向かう場合、台北ナビによると

『①バスに乗って行く方法
MRT「忠孝復興」駅のバス停から直通バス(1062番バス)乗車で約1時間半。

②台鉄に乗って行く方法
台北駅(台北火車站)から台湾鉄道に乗って「瑞芳」駅で下車、そこからバスやタクシーに乗車。
「瑞芳」まで1時間弱、バスの乗車時間は20分ほど。』 とのこと。

いずれにしても、鉄道やバスの時刻表を把握しておく必要があり、少し面倒だ。

そこで、「VELTRA」現地オプショナルツアーを利用。

指定ホテル(ピックアップ場所は5か所)への送迎付きなので、行きも帰りも楽チンです。

午後プランで申込み、滞在しているホテルと同じ、行天宮駅の

「康華大飯店」(ゴールデンチャイナホテル)で乗り込みました。

九份到着後、停車場所からは徒歩。

おすすめスポットを記したチラシがツアー参加者に配布され、

ここでは時間まで自由行動ですが、現地ガイドさんが帰りの集合場所まで同行してくれます。

話によると、もともとこの地は9世帯が住む小さな集落で、買い物を9世帯分調達して

いたので九份と呼ばれるようになったとのこと。

また九份は、その大半が雨降りだそうですが、この日はお天気にも恵まれ老街散策日和。

輕便路から石だたみの階段が続く豎崎路へ。

その手前、右手には1934年に完成した昔ながらの映画館、昇平戯院があり、

2011年無料シアターとしてリニューアルオープンしたそうです。

赤い提灯が下がったノスタルジックな町並み。

いよいよ九份のメインストリート豎崎路に足を進めます。

豎崎路には、「千と千尋の神隠し」の湯屋のモデルとなったという有名な「阿妹茶樓」があり、

ここの眺めはガイドさんもおすすめ。茶芸館なのであとで寄ってみよう。

その斜め前あたりには、石像。ここがツアー参加者の帰りの集合場所ですが、

この上の位置から「阿妹茶樓」を写真に収めるとよいですよ、

と撮影ポイントのアドバイスを受け、ガイドさんと別れる。

道幅が狭いところに小さなお土産物屋さんや飲食店、なかには民宿もあり、

どこから攻略していこうか迷いますが、ツアーの滞在時間は約3時間なので安心。

まずは、基山街の芋圓の老舗「頼阿婆芋圓」で九份名物のぜんざいを購入(45NT$)。

タロイモやサツマイモなど全種類の団子と小豆や緑豆が入り、温と冷から選べます。

店の並びにはイートインスペースあり。こちらは一杯なので

もう一つのスペースで。こっちは明かりも暗く、ちょっと寂しい。

壁に貼られた写真では、山盛りですが……

現実はスカスカ感が否めない。暑かったので冷たい方でお願いしましたが、

常温のぜんざいに氷を上からかけただけ。

もちもちとした団子とビーンズの素朴な甘味は良かったのですが、期待が大きすぎたため

当てにしていたほどの満足感は得られませんでした。

基山街はセブンイレブンのある入口付近まで、とくに商店が密集している感じで、

観光客も多く、人ごみに疲れた。

豎崎路を上までのぼり、

ざっと九份の町を歩いたあとは

「阿妹茶樓」でのティータイム。

入店し、お茶の利用を申し出ると3階に振り分けられました。

ここにはテラス席と室内があり、

利用はタイミングよく空いていた室内の窓際2人掛けテーブル席。

さらに奥にはテーブル席があるけれど、向こうは食事を注文するお客様が通されるよう。

メニューはなく、お茶の場合、1人300NT$で茶菓子付き。

温と冷を選べ、チョイスは冷たいほうで。

凍頂烏龍茶はポット出しで、店員さんがこまめにお替りの茶を注ぎ足しに来てくれます。

説明によると、茶菓子は、胡麻煎餅、落雁、きな粉餅、梅干し。

落雁とレクチャーを受けた緑色の緑豆糕は、とても柔らかく口に優しい。

4種の中で一番口に合いました。

きな粉餅は漢方っぽい味わいで、白い粉のついた梅干しは合成甘味料的な

甘みが舌に感じられ、苦手だったなあ。

私達は冷たいお茶なので不要ですが、足元には土瓶に湯が用意されます。

(ノブロー) 「阿妹茶樓」の特等席に陣取れたで、提灯にあかりが灯るまで、ここで頑張るだ!

陽が沈む頃になると、ボツボツと周りにあかりが灯り始め

これからがノスタルジック九份の見せ場!風情を増していきます。

残念ながらそろそろ集合時間なので退店。会計時にはポストカードをいただきました。

夜の澄み切った空に赤い提灯が映える。幻想的な景色でした。

« 台北旅行2015 №8 明月湯包(ミンユエタンバオ) | トップページ | 台北旅行2015 №10 士林夜市 »

c-2.台北旅行・グルメ」カテゴリの記事

コメント

九份、雰囲気があって良いですね。
バッグの中のノブローさんが非常に可愛いです。

ヒーリングタイムさん
こんにちは!温かいコメントありがとうございます。
この小さなファスナー付きのバッグが
オラーズの一人っ子ハウスです(≧∇≦)
お出かけの際には、このバッグに乗り込んで活動しています。
丁度サイズもぴったりで、とても重宝しているんですよ♪
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

この記事へのコメントは終了しました。

« 台北旅行2015 №8 明月湯包(ミンユエタンバオ) | トップページ | 台北旅行2015 №10 士林夜市 »