2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 一楽(イチラク) 横浜中華街 | トップページ | 担担麺(桃の木スペシャリテのタンタン麺) »

2014年12月10日 (水)

麻辣王豆腐(マーラーオウドウフ) 新宿

Maraoutoufu

四川料理「麻辣王豆腐」(マーラーオウドウフ)

場所は、新宿スタジオアルタ裏。車屋別館並びのナナエビル3F 。

ビルの階段を上り、到着すると、いかにも中華な門口。手動扉を開けて入店する。

入口から右手へとフロアは広がり、テーブル席のみで、ぐるなびによると、総席数32席。

店員さん(中国人)もカジュアルな服装で、肩の凝らぬ雰囲気だ。

某日は、スパイス好きさんの集まりで、末席に控えさせていただいた。感謝。

利用は、厨房にも近い店内奥、片側ベンチシートの4人掛けテーブル席。

テーブル・セッティングは、箸置き、箸(横置き)、使い捨て紙おしぼり。

グランドメニューからのアラカルト注文になる。

爽口芹菜(セロリのさっぱりサラダ)@680

糸切りにした素材を塩、酢、ごま油などで調味し、セロリの爽やかな香りを楽しめるサラダ。

辛い料理の箸休めにもなると思うが、早い時点でのオーダーのためトップバッターになる。

夫妻費片(四川家庭名名)@880

下にはキュウリ。モツに臭みはなく、スパイスもしっかり効いているが、

若干“辣”の使い方に手加減が見受けられる。

本場を感じさせるほどのミラクルな味わいではないが、食べやすい日式四川だ。

辣子鶏(鶏の唐辛子の香り炒め)@1,380

知音食堂」さんのように、皿に一面険しいレッド色が展開されることを期待していたのだが、

意外だった。私自身は、唐辛子や山椒に埋もれた中から、カリカリ状になった揚げ鶏肉を捜索し

救助することに悦びをもっていたのだけれど、ちゃかちゃか顔を出している唐揚げたちに有難さ半減。

そしてこの唐揚げ、けっこう肉付きが良く、ワイルドさに欠ける感じがしたが、

質そのものは、問題なく食すことができた。 やはり、イメージした辣子鶏よりも辛くはない。

水煮牛肉(牛肉の香辛料たっぷり煮)@1,680

下には、豆もやし。四川スパイスが油に融和し、麻辣ががっちり効いた旨味。

唇が四川に潤う感じ。ようやく四川ドリンクがいただけます。美味い。

回鍋肉(本場の香ばしいホイコーロー)@880

回鍋肉は四川の代表的な家庭料理。

食レポの大先輩、魔神さんも中国では回鍋肉に、キャベツは使わないと記録されているが

一般には葉ニンニクや長ネギ、わけぎが使われるよう。

当店が豚肉とともに炒めているのは、タマネギ、ピーマン。

隠し味のはずの甜麺醤が前面に出て、中華定食テイスト。

麻辣香鍋(汁なし火鍋)(小)二人前 @1,480

鍋の中には、鶏肉、レンコン、ニンニクの芽、タマネギ、セロリ、イカ、エビなど盛りだくさん。

麻辣のパンチの効いた風味に香ばしさが加わったスパイシー汁なし火鍋は、攻めの辛さ。

個々の食材の食感も面白く、酒が進むことは請け合いです。

麻辣王豆腐@980

豆腐は硬めで木綿タイプ。辣油も花椒も効いているが、口に含むと辛さよりも豆腐の旨味が冴える。

店名を冠するだけはあり、男っぽさを感じさせる当店の王道的味わいだった。

本格的に四川の味を求める方には、物足りなさもあるとは思うが、

料理のチョイス次第によっては、プチ四川を堪能することができると思う。

会計は、もろもろの白酒代を含め、Hand01 1人当たり5,000円(千円未満四捨五入)。

この日は、飲み過ぎた。反省。

 

麻辣王豆腐(マーラーオウドウフ)

東京都新宿区新宿3-21-2 ナナエビル 3F

TEL   03-5269-6108

営業時間/ 11:30~15:00(L.O.14:30) 17:00~23:00(L.O.22:00) 

定休日    不定休          -店舗情報「食べログ」より-

※中国料理満足度数は、3.5~5.0

« 一楽(イチラク) 横浜中華街 | トップページ | 担担麺(桃の木スペシャリテのタンタン麺) »

01.中華料理」カテゴリの記事

a-03.新宿区・中野区・杉並区」カテゴリの記事

b-3.東京・神奈川ディナー」カテゴリの記事

コメント

リンクありがとうございます。

この店は、知らない店です。
サイト休止するので、店を前ほど熱心に調べなくなった自分がいます。

4人ぐらいで訪問ですか?
四川料理の定番の数々で、いつもながら良いオーダーだと思います。
メニューにマニアックな四川料理はありましたか?

この内容で、日式四川料理と思えるなら、ずいぶん中国料理ステージが上がりましたね。
ほんの10年くらい前なら、このメニューだけで本格的中国料理店に数えられたでしょう。

>回鍋肉

四川省で最も人気のある料理で、四川料理の王様と言われているそうです。
葉ニンニクの季節だし、使って欲しいところでしたね。
タマネギ、ピーマンを入れているとなると、家庭料理って感じですね。

料理を食べていませんが、この店の料理人は果たして四川省出身なのでしょうか?
写真から受ける印象は、四川料理に愛情があるように思えませんね。
単に、料理が雑なのかも知れませんが。

もし全体的に甘目の味付けだったなら、上海出身とか考えられますね。

魔神さん
こんにちは!コメントありがとうございます。
スパイス好きの方や四川料理を熱心に食べ歩いて
いらっしゃる方々にお誘いをいただき、お邪魔させていただきました。
皆さん、詳しくて、とても勉強になります。
マニアの方はいるんだなあ~♪と嬉しく思いました(o^-^o)

当店、料理のチョイス次第では、十分に楽しめる店かと思いますが、
もっと深く現地の味を求めたい方には、やはり物足りないのだと思います。

魔神さんのサイト休止は残念ですが、また機会がありましたら、
お食事をご一緒させてくださいね。
これからも宜しくお願いいたします。
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

この記事へのコメントは終了しました。

« 一楽(イチラク) 横浜中華街 | トップページ | 担担麺(桃の木スペシャリテのタンタン麺) »