2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 張記小籠包(チョウキショウロンポウ) 横浜中華街 | トップページ | 鹿港 (Lu-Gang) 上町 »

2014年12月27日 (土)

瑞雪(ズイセツ) 梅ヶ丘

Zuisetu

中国料理「瑞雪」(ズイセツ)

12月5日「ミシュランガイド東京 2015」が発売され、中華にも(個人的に)激震が走った。

小田急線、梅ヶ丘駅からほど近い場所に店を構える小さな中国料理店が1つ星を獲得したのだ。

私自身、勉強不足で当店の存在を知らなかったことは、恥じ入るばかり。

80Cサイトのサトタカさん達とランチ訪問を計画。

現地集合。ミシュランに掲載されたということで、 お客様が殺到しているのでは?

保険をかけてオープンと同時の入店を提案。

店は、店内待ち合わせNG、人数が揃ってから入店されたしとのこと。

メンバーが到着するのを待つ間に、表のランチメニューを確認。

日替わりのランチ(2種)、麺類・飯類、2品の料理が選べるお料理セット、

料理と飯が選べる麺セットがあり、その値段も1,080円~1,520円という注文しやすい

価格設定なので、正直ほっとした。

店舗は2階。メンバーが揃い、入口に向かう外階段をのぼる。そこには祝いの鉢物が並んでいた。

今回、中国料理店で星を獲得したのは6店のみ。当店はその中の新規掲載店であり、

案内によると、広東料理をベースとし、旬の食材と海鮮を中心に、素材の味を引き出し、

あっさりとした味つけで料理が供されるようだ。

 

入店し、男性スタッフさんに利用人数を告げ、自分で下駄箱に靴を入れ店内にあがる。

食べログ等の情報によると、総席数は20席。

この時間帯、店は厨房のシェフと女性(奥様だろうか?)、フロアサービスの男性、

3人での切り盛り。

入口より右手には、厨房とその前にカウンター席(3)、足をおろせる掘り炬燵タイプ

(片側ベンチソファ)のテーブル席でレイアウトされ、

左手には個室対応のテーブル席もあり、化粧室は1つ。

スタッフさんの後について、右手奥、窓際の掘り炬燵席に腰を下ろす。

まるで、家に帰ってきたような安堵感だ。

(ノブロー) レン!今日はミシュラン一つ星の味を、ごっちゃんになれるだ。

(レンタロー) 肩の凝らねえ雰囲気だし、緊張せず身近に味わえそうだで Love

テーブル・セッティングは、カトラリーレスト、レンゲ、箸(縦置き)、ソーサー付の耐熱ガラスカップ。

卓上には、紙ナプキン、爪楊枝。

着座後には、メニュー、ティーポット(中国茶)、バスケットにセットしたタオル地のおしぼりをいただく。

ランチタイムの予約は、ランチコース3,240~にて2名様より受付とのこと。

再度、昼のメニューを検討し、自身は、麺セット@1,520に決めた。

内容構成は、お料理1品+つゆそば。ご飯、ザーサイ、中国茶、デザート付き。

料理は、(ランチの①、②より選択)
つゆそばは、ネギとチャーシューの細切りつゆそば(醤油)、蒸し鶏のつゆそば(塩)
担々麺からのチョイス。

日替わりと思われるランチの①、②は店内のボードにも記されているが、ご飯の進みそうな

①豚肉、玉子、キャベツの炒めを選び、+担々麺という組み合わせでお願いした。

担々麺に先立ちサーブされたのは、

五香粉、山椒粉、干し海老をベースにした魚介系のスパイス3点セット。

まずは、お料理チームの登場。

豚肉、玉子、キャベツの炒め、ご飯、ザーサイ。好みで使えるようにチリソースも同行。

(ノブロー) チリソースは、塩気の効いた、うまじょっぱさがあるだ。

豆板醤的なチョイ付けで、味の幅が広がり、ますます飯が進むだな。飯も美味いだ。

遅れること少し、つゆそばの登場。

中央に小さな山をなすのは、ネギ、チャーシュー、水菜。

なるほど、当店は、炸醤肉(肉そぼろ)ではないのだ。

スープ表面は、オレンジ系の色味。

味わうと、ゴマのコクが出ているが、さらりとしたタイプで、辛さはほとんど感じず、

女性的でマイルドな味わい。ここにも広東をベースとするシェフのこだわりがあるのだろう。

スープと合わせた麺は、中ぐらいの太さの柔らかストレート。

中盤から、手もとで山椒粉をON!ピリピリっとした風味が味を引き締める。

味覚スイッチの切り換えもお好み次第だ。

デザートは、フルーツ(キウイ、カキ、ブドウ)をトッピングした爽やかな甘さの杏仁豆腐。

充実の麵セット。本日のカスタマイスは成功したぞ、と思ったのだけれど、

この日の日替わり②は、海老のせもっちり蒸し豆腐。

食後に夜のメニューをみせていただいたところ、これは当店の人気メニューとの紹介。

……しまった(汗)。 当店には、まだまだ、魅力的な料理が潜んでいるようだ。

グランドメニュー自体、品数は多くないが、料理はほかに黒板で紹介。

鮮魚はその日により入荷が異なるらしいが、島根から送られてきた魚を1本、刺身・蒸しにし、

頭とアラは、〆におそばで提供するというプレゼンは好奇心を煽られる。

また、話によると、東京では2~3軒しか入ってこない幻の魚“ホンモロコ” を扱っており、

趣向を凝らして調理してくれるため、これも見逃せない。

(ノブロー) ママさん(仮)が、オラたちのこと知ってて、声かけてくれただ。

見てくれているんだと。嬉しいだ。頑張る気力わくだ Wai

(レンタロー) ミシュラン店にだべ!恐縮だ。光栄だでよ!Love3

階段部分に掲げられた案内によると、

『瑞雪とは「瑞雪兆豊年」良い事の前ぶれを告げる縁起の良い雪のこと』

店名はここからきているよう。

素敵な、雪は舞い降りましたね。この度は、おめでとうございましたPatipatiPatipati_2

 

瑞雪 (ズイセツ)

東京都世田谷区梅丘1-20-13 2F

TEL   03-3428-1415

営業時間/ 月~水・金11:30~14:00 17:30~22:00(L.O.21:00)
           土・日・祝12:00~14:00 17:30~22:00(L.O.21:00)

定休日   木曜          -店舗情報「食べログ」より-

※ランチ満足度数は、3.8~5.0

« 張記小籠包(チョウキショウロンポウ) 横浜中華街 | トップページ | 鹿港 (Lu-Gang) 上町 »

01.中華料理」カテゴリの記事

a-05.目黒区・世田谷区」カテゴリの記事

b-2.東京・神奈川ランチ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。