2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 京都2014秋 特別番外編 | トップページ | 中国料理くろさわ東京菜 大森 »

2014年11月14日 (金)

TOKYO DAIHANTEN 新宿

Tokyo_daihanten

CHINESE RESTAURANT「TOKYO DAIHANTEN」(東京大飯店)

場所は新宿、新宿五丁目交差点よりほど近い、靖国通り沿いのオリエンタルウェーブビル3F。

ビルのエレベーターを降りると正面にエントランス。

レセプションで1人の旨を告げ、スタッフさんの案内にしたがい、

スタイリッシュな店内奥へと続く廊下を歩く。

当店は、ぐるなびによると総席数174席を誇る大箱店。

BGMにはジャズが流れるモダンチャイニーズ空間だ。

利用は、窓の外を眺められるカップル用ペアシート。こりゃあ、いい。1人飯にものんびりできる。

卓上には、醤油、酢、からし。着座後には、メニューとティーポットで中国茶のサービスを受け、

茶杯へは自分で注いだ。

目の前のカトラリーバスケット内には、割り箸、レンゲ、使い捨て紙おしぼりの準備。

オーダーは、特製肉まん&飲茶セット。

「10分ぐらい時間がかかりますが、よろしいでしょうか」との問いに、承諾する。

猪肉大飽、飲茶(特製肉まん&飲茶セット)@1,000

特製肉まん、手作り飲茶三種、広東風大根もち、ちまき。

セットのスープ、お新香(ザーサイ)も角盆にのせて、堂々ランチ参戦。

このほか、食後には、コーヒー(ICEorHOT)またはデザートが付くのだから、充実している。

手作り飲茶三種について説明はなし。ちょっと残念。

蒸籠に入った点心は、各1個が大き目。

蒸し餃子は、皮がむっちりと厚いが、餡そのものの味は悪くはない。

蒸籠の点心の中で、いちばん口に会ったのが焼売。

手切りしているのかと思わせる粗めの豚肉に干しシイタケ、蟹肉。

歯応え、味加減上々。ジューシーで肉々しく、頼もしい食感が私好み。

蓮の葉で包んだ香りの良いちまき。間には細かくカットした叉焼入り。

頬張るともっちりとして味はナチュラル。物足りなく感じた場合は、ザーサイをつまんで。

スープは塩味で、野菜と貝柱を確認できた。

大根もちは、外側はかりっと香ばしく、中は歯ざわりがしっかりして若干硬め。

モチモチと柔らかいものを想像していたので、少し意外だったけれど、味加減は良好。

大きい特製肉まんを割ってみた。

先に焼売をいただいて、肉餡の味の確かさを確信しているため、期待大。

ザク切りの自家製チャーシュー、干しシイタケ、タケノコなど。

男っぽささえ感じる肉餡で、きめの細かく厚い皮とともに頬張るとがっちり食べ応えあり。

からし醤油の似合う肉まんだ。

チョイスしたアイスコーヒーは、食事の後半にサーブされ、伝票が置かれた。

ほか、化粧室を利用した時に驚いたのだが、当店には大きな喫煙ルームあり。

その設備も充実していた。

ボリューム満点の特製肉まん&飲茶セット。日本人の舌に馴染む味わいでお腹も満ちた。

サービス料もかからず、この内容で1,000円ならばCPも良いのではなかろうか。

自分としては、期待値以上のランチであると思った。

 

TOKYO DAIHANTEN

東京都新宿区新宿5-17-13 オリエンタルウェーブ 3F

TEL   03-3202-0121

営業時間/ 11:30~15:00(L.O14:30) 17:00~23:00(L.O22:15)

定休日    無休          -店舗情報「食べログ」より-

※ランチ満足度数は、3.7~5.0

« 京都2014秋 特別番外編 | トップページ | 中国料理くろさわ東京菜 大森 »

01.中華料理」カテゴリの記事

a-03.新宿区・中野区・杉並区」カテゴリの記事

b-2.東京・神奈川ランチ」カテゴリの記事

コメント

1960年創業の老舗ですね。
大根もち以外は、写真を見る限り、悪くなさそうですね。

自分は1990年代初頭にランチした事がありますが、その当時はあり得ないヒドさでした。
その後も何度かリニューアルしているようですので、あの時のような事はないと思いますが・・・

魔神さん
こんにちは!
実は、あてにしていた他店がランチ営業をしていなかったので
急遽変更して、うかがいました。
そうしたこともあり、あまり期待していなかったのですが、
良い意味で期待を裏切ってくれて、満腹満足の千円ランチ。
夜はわかりませんが、食べ応えのある飲茶ランチは、
特に焼売が美味しかったです(o^-^o)
長い年月の間には、厨房の料理人さんたちも当然変わるでしょうね。
コメントありがとうございました。
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

この記事へのコメントは終了しました。

« 京都2014秋 特別番外編 | トップページ | 中国料理くろさわ東京菜 大森 »