2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 神田 雲林(ユンリン) | トップページ | 創作中華香港手作り点心チャイ 早稲田 »

2014年11月28日 (金)

徒歩徒歩亭(トボトボテイ) 四ツ谷三丁目

Tobotobotei

粥・支那麺「徒歩徒歩亭」(トボトボテイ) 

最寄り駅は四ツ谷。新宿通りから入りこんだ通りのビル、1階に位置する。

粥が食べたくて、ネットで探し当店に行きついた。

こざっぱりとした外観で、店先には白地の暖簾。

入口には、お目当ての“粥”も記されているので、上機嫌で入店。

店内はシンプルな造りで、客席は丸テーブル(1)と角テーブルというレイアウト。

見ると、男性が厨房でフロアを担当するのは女性。いずれもカジュアルな服装だ。

「いらっしゃいませ、こちらどうぞ」

指示に従い、中央の丸テーブル席に着く。

このテーブルは一人飯の止まり木。利用客は、みなお一人さまだ。

卓上には、醤油、酢、辣油、爪楊枝、紙ナプキン、ホワイトペッパー、割り箸(箸立てにまとめて)。

丸テーブルのトップには透明のビニールが貼られているので、ペタペタとする。

着座後には、コップで茶がサーブされ、お替わりの茶はデキャンタよりセルフ。

置かれたメニューを手に取り再確認。

粥は4種類(蜆、蒸し鶏と玉子、牛臓、野菜)。各900円。

オーダーを伝えると厨房では、待ち構えたように調理が始まる。

「お粥のセットになります」

カブの浅漬け、皮蛋豆腐、揚げ雲吞皮。

個々については細かく説明はなかったが、揚げ雲吞皮を指して、粥に入れてくださいとのこと。

牛臓(ぎゅうもつ)@900

チョイスした粥が到着した。

器はひょっとしたら支那麺で使っているものと同じ??想像以上の容量だ。

粥のメンバーは、あさつき、白ネギ、白髪ネギ、ワカメ、大根、唐辛子、香菜。

そこに揚げ雲吞皮をのせ完成させた。

聞くところによると、当店は四ツ谷の「支那そば屋 こうや」さんの系列店とのこと。

来店している客をみると、麺類の注文が圧倒的に多い。

この粥のスープも、ベースが同じなのではないだろうか?

豚や鶏といった動物系のコクが、程よく出ている。

粥は、米粒が割れた五~七分粥ぐらいの状態で、自分はもう少しとろ~りとした方が

好みだが、スープとの調和を考えての加減なのだと思う。

ハチノスを含め、モツはすべて臭みもなく、柔らか。

ほんのりした唐辛子の辛さと生姜の風味が、胃袋をポカポカ温めてくれた。

バリバリに中華粥というより、親しみやすい味わいで、牛臓も良いが、

蒸し鶏と玉子が合うんじゃあないかな。リピート有り!な味です。

ランチタイム、付近のビジネスマンの利用も多く、盛況。

麺のボリュームも凄かったので、機会があればこちらも試してみたい。

 

また、店先に置かれたリーフレットによると、当店は四周年を迎えたそうで、

秋冬コースメニュー(中華料理)が紹介されていた。

お一人様3,000円(全7品)・3,500円(全8品)・おまかせ4,000円、各3名様より予約可。

気遣いの必要がない仲間との集まりに、使い勝手が良さそうだ。

写真、正面は新宿通りになる。

 

徒歩徒歩亭(トボトボテイ)

東京都新宿区三栄町9-26 鈴木ビル 1F

TEL   03-5269-7717

営業時間/ 11:30~14:30 17:30~22:00(L.O)

定休日    日曜・祝日          -店舗情報「食べログ」より-

※ランチ満足度数は、3.8~5.0

« 神田 雲林(ユンリン) | トップページ | 創作中華香港手作り点心チャイ 早稲田 »

01.中華料理」カテゴリの記事

a-03.新宿区・中野区・杉並区」カテゴリの記事

b-2.東京・神奈川ランチ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。