2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« アルミ箔アート | トップページ | 古月(コゲツ) 新宿御苑前 »

2014年11月17日 (月)

四川料理 天華(テンカ) 下北沢

Tennka

四川料理「天華」(テンカ)

場所は、京王井の頭線、下北沢駅西口改札を出て左手側。徒歩1分のアクセスの良い立地。

某日は世田谷区在住の友人(以下、世田谷特派員と記す)とのランチで、現地集合。

到着すると、一面がガラス張りで想像に反した綺麗な店構え。

のちに調べたところ、オープンは2013年3月13日とのこと。

白と黒を基調とするシックな店内には、中華系のBGMが流れ、絶妙なニュアンスでの

モダンチャイニーズ空間。ピークタイムから外れていたため、先客もまばらだ。

案内は窓際の4人掛けテーブル席。

先客が帰られたばかりなのか、着座後に、取り皿、箸、レンゲが卓にセットされ、

タオル地のおしぼり(トレー置き)、水、メニューが追行する。

ドリンクは、秋味@650、紹興酒1合@600を注文。

メニューを広げ、世田谷特派員と相談の上、

天華ランチコース お1人様@2,500(2名様から)を注文。(全7品)。

当該コースは、2名分一緒の皿で供されているものと、各人ごとのポーションでの提供が

入り混じっており、サーブ時にも料理説明を受けれた。

三色拼盤(前菜三種盛り合わせ)(各自分)

左から、カブの甘酢漬け、ザーサイ、もやしとネギの和え物。

ビールを頼んだので、サーブ時に、これはお通しなのか?と確認してしまったが、

前菜三種とのこと。味以前に、目にも心にも寂しい一皿目となった。

翡翠魷魚(アオリイカの青ジソ炒め)(2名分)

取り皿などはその都度、用意してくれるので、取り分けは自分たちで行う。

口に含むと、アオリイカは、見事な火入れ加減でもちもちと柔らかく、苦味のない青ジソの

爽やかな風味が口の中に広がり、味にまるみがある。

こりゃあ、美味いと特派員と共に大喜び。あっという間に平らげた。

皿を下げにきたスタッフさんに「美味しかった!」と伝えると

当店の看板メニューの一つになるということ。

また、サーブ時、このビジュアルで気になっていたことがあった。

アオリイカの青ジソ炒めは「四川」さんの名物でもある。

もしや?と思ったら、当店の料理長は都ホテルでの修業歴があるらしい。

二色点心(本日のおすすめ点心二種盛り合わせ)(各自分)

点心がコースに組まれているため、醤油、酢、辣油、からしがセット。

点心はひと口で食べれる可愛らしいサイズ。正直なところ特筆なし。

千焼蝦仁(小エビのチリソース)(2名分)

フロアを担当するスタッフさんはよく気が付く。

この料理も「エビは10尾入っております」と気を効かせ、教えてくれた。

それでは、5尾ずつ取り分けよう。

たっぷりのチリソースはがっちり生姜が効いていて、ひりっと辛く、心地良く甘い。

日本人好みの王道的味わいで、万人受けが期待できる。

特派員は、白飯が待ち遠しい様子。

確かに味に深みがあるので、飯の友になり得る。

麻婆豆腐(麻婆豆腐・白飯)(2名分)

〆は、麻婆豆腐withご飯。

「ご飯はおかわりができます」と嬉しいサジェスチョン。

豆腐は舌触りの良い絹ごしタイプ。

豆鼓入りだが塩辛さはなく、オイリーで旨味を活かした辛さ。

もちろん飯にかけて味わう。

ジンジンひりひりとした、どぎつい辛さがないので、レンゲを持つ手が進む。美味い。

本日湯(本日のスープ)(各自分)

きめの細かい滑らか玉子スープ。

ふわふわと口当たりが優しくて、舌休めにも味覚の切り替えにもいい。

甜点心(デザート)(各自分)

食後のデザートは、タピオカ入りココナッツミルク。甘さは控え目。

また、湯呑みで温かいジャスミン茶がサーブ。お替わりにも気を配ってくれた。

入店が遅かったため、ランチ最後の客となる。会計をレジで済ませると、担当してくれた

サービススタッフさんを含め3名で外まで見送りに出てくれた。

昼からすごく贅沢をさせてもらった気分で恐縮だ。

Hand01 お会計は1人当たり3,000円(千円未満四捨五入)。サービス料はかからず。

定番の四川料理も、辛さに品の良さを感じた。 

 

四川料理 天華(テンカ)

東京都世田谷区北沢2-23-10 ウェストフロント 1F

TEL   03-5779-7878

営業時間/ 11:30~15:00(L.O14:30)17:30~22:00

定休日    火曜日          -店舗情報「食べログ」より-

※ランチ満足度数は、3.8~5.0

« アルミ箔アート | トップページ | 古月(コゲツ) 新宿御苑前 »

01.中華料理」カテゴリの記事

a-05.目黒区・世田谷区」カテゴリの記事

b-2.東京・神奈川ランチ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。