2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 清蒸油膏鮮魚(鮮魚の姿強火蒸し、台湾風ソースかけ) | トップページ | 墨花居(ボッカキョ) 中野マルイ店 »

2014年9月29日 (月)

延吉香(エン・ジ・シャン) 御徒町店

Ennjisyann

延辺料理「延吉香」(エン・ジ・シャン)

場所は、御徒町駅南口より徒歩1分。ハトヤビル3F。

JR京浜東北線で蒲田から向かったのだが、ホームからもビルが確認できた。

エレベーターを利用して入店すると、まだ新しく、すっきりとモダンな店内。

入口正面のテーブルには、スタッフさん(中国人)が皮むき作業中だったのだろう。

ニンニクの山があった。

利用人数を告げると、窓際の4人掛けテーブル席へどうぞ、との指示。

眼下には、御徒町南口駅前広場(おかちまちパンダ広場)を望めるというロケーション。

卓上には、醤油、酢、塩、紙ナプキン、呼び出しベル、灰皿、串入れなどが置かれ、

箸箱を開けると、ロゴ入り箸袋に入った箸、爪楊枝、使い捨て紙おしぼりがあった。

メニューをもらい、生ビール@525を注文。取り皿と3種類の突き出しが先行。

 

さて、延辺料理とは、北朝鮮の国境に程近い中国北東部の延辺朝鮮自治州の料理。

朝鮮族が多く住む地域で、甘酸っぱい味や、唐辛子、孜然(クミン)を使うのが特徴。

東北料理は、黒龍江、吉林、遼寧、内モンゴル東部の東北地区の料理で、

穀物、羊肉、茸などの漢方食材などを使い、濃い味付けで、土鍋料理(燉)も多い。ということだ。

当店では、延辺料理のほか、東北料理、四川料理と楽しめるわけだが、

せっかくなので、本場中国料理に詳しい同行者達と相談して延辺・東北を中心に料理をいただきたい。

東北大拉皮(ジャンボ春雨のゴマダレ和え)@1,000

表面には、キュウリ、ニンジン、肉、ネギ、キクラゲ、玉子、香菜が並ぶ。

ジャンボ春雨とゴマダレは下に敷かれているので、サーブ時にセットされたトングでかき回す。

これはジャンボ春雨を食す料理とのこと。

ゴマダレはオレンジっぽい色味で、強烈な辛さをイメージさせるが、むちむちとした食感の

春雨に絡み、シャキシャキ野菜と一緒に口へ運ぶと、濃厚で甘酸っぱい食味。

本場のものはもっと酸っぱくて辛いらしいけれど、手加減してくれてるのかな。

私のような初級者には丁度良し。箸が進む味だ。

延辺羊肉串(一串)@150、新疆羊肉串(一串)@150

ワイルドな串が野性を目覚めさせ、食欲をそそる。

ラム串、手前の唐辛子がパラパラとかかっているのは延辺で、

奥の新疆(しんきょう)は唐辛子とクミンがけ。 

“肉らしさ”を味わえ、噛みしめるごとに旨い。

特辣羊肉(激辛ラム肉串)(一串)@200

唐辛子とクミンががっつり。

特辣だけに、ビリビリとした痛みが伴う辛さだ。しかし、これが癖になる。

羊筋(ラム筋肉串)(一串)@200

いい具合に噛みごたえあり。健やかな筋肉美味し!

紅油肚絲(ハチノスのラ油和え)@980

ネギと和え、トップは香菜が飾る。

イメージに反し、辛くはない。

どちらかと言うと甘めで、臭みのない牛の胃(ハチノス)と、もりもりいただける。

醤大骨(豚背骨の中華旨煮)@980

東北料理の定番!使い捨て透明のビニール手袋付き。

これで、孔府家酒(白酒)ボトル、という流れになる。

いつものように、手袋をはめバキバキと関節技をきめ解体し、骨回りの肉にしゃぶりつく。

当店の醤大骨は、じっくり味がしみているけれど、甘めだな。

小鶏炖蘑菇(干しめじと鶏肉土鍋)@1,200

東北地方の野生のきのこ、干した蘑菇が味の決め手。

香りと出汁が味を深め、しみじみ系の旨さ。

味付けはしっかりしているが、嫌味のない味で、鶏肉は骨付きでするりと外れ、

蘑菇は噛みしめるとジワジワと味が出る。

これは、かなり現地風に仕上がっているとか。美味い。

玉米冷麺@1,000

トウモロコシを使った黄色くコシのある冷麺は、延辺料理のカテゴリ。

氷を浮かべたスープには、茹でたまご(半分)、キムチ、カットフルーツほか。

当店ではリンゴだったが、店によっては梨など、同じではないようだ。

甘酸っぱいが、舌残りをしないさっぱり感が、〆の麺にいい。

 

訪問時、利用客は中国人が多かった。それだけ、本場の味がいただけるということだろう。

しかし、来店する日本人客が、誰しもマニアックな人たちばかりだとは限らない。

ニーズの多様性に応えられるよう、メニューは日本人好みの献立を取り混ぜている。

Hand01お会計は、飲んで食べて、1人当たり5,000円(千円未満四捨五入) 

ローカルな料理は、ある程度人数を集めたほうが楽しめます。美味しかった。

 

延吉香(エン・ジ・シャン) 御徒町店

東京都台東区上野3-27-3 ハトヤビル 3F

TEL      03-5818-6033

営業時間/ 11:30~24:00

定休日    無休          -店舗情報「食べログ」より-

大きな地図で見る

※中国料理満足度数は、3.6~5.0

« 清蒸油膏鮮魚(鮮魚の姿強火蒸し、台湾風ソースかけ) | トップページ | 墨花居(ボッカキョ) 中野マルイ店 »

01.中華料理」カテゴリの記事

a-07.台東区・墨田区・江東区・荒川区」カテゴリの記事

b-3.東京・神奈川ディナー」カテゴリの記事

コメント

前から知っている店ですが、飲食企業の経営だろうと、行く気はありませんでした。
しかし美味いのですか?

料理のチョイスも良いですね。
きっちり東北料理、延辺料理を押さえて、さすがです。

魔神さん
こんにちは!コメントありがとうございます。
本場の味は私自身未食ですから、比較はできませんし
また多少は日本人が食べやすいよう手加減されているのではないか
と思いますが、美味しかったですよ(*^-^)
メニューには、カイコや狗料理もあり、好奇心を満たす意味でも
面白いかもしれません。

料理のチョイスは、主に本場歴の長い同行者さんたちの
助言によるところが大きいです。感謝。
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

なかなか興味深いお店ですね。
全く同じ名前のお店が新大久保にも有りますが、姉妹店ですかね。
それとも全く関係が無いのかな。

ヒーリングタイムさん
こんばんは!コメントありがとうございます。
新大久保店、たしか姉妹店です。
ヒーリングタイムさん、いまジムで新宿へ行かれていますよね(*^-^)
新大久保のお店へ、行く機会がありましたら、
ぜひ情報を教えてくださいませ。
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

この記事へのコメントは終了しました。

« 清蒸油膏鮮魚(鮮魚の姿強火蒸し、台湾風ソースかけ) | トップページ | 墨花居(ボッカキョ) 中野マルイ店 »