2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 紅棉(コウメン) (蛋達) 横浜中華街 | トップページ | 龍鳳腿(海鮮と挽肉で作った“龍や鳳凰の腿脚”揚げ) »

2014年9月22日 (月)

中国料理くろさわ東京菜 大森

Kurosawa

中国料理「くろさわ東京菜」 定期再訪

前菜2種盛り

本日のオーダーも、Bランチ@1,600である。

①落花生の塩煮、鶏の香り煮の冷菜

②アサリと青海苔と冬瓜のゼリー寄せ

ほんのり桜色が美しい鶏肉を噛みしめ、青海苔の磯の風味と塩味がマッチした

ゼリー寄せに頬を緩ませ、味わう。 小さな前菜たちにも、シェフの愛情が注ぎ込まれ、

きちんと美味いことに、私はいつも感動している。

南乳扣肉、天然のつぼ鯛の黒酢煮、長芋のスパイシー揚げ

ご飯とスープも追行する。

淡白なつぼ鯛を黒酢でさっぱりと食べさせ、

サクサクした食感が楽しい長芋のスパイシー揚げには、13種類の漢方薬を使用。

奥様の話だと、これは腸に効くのだとか。

メインは南乳扣肉。

豚バラ肉を、豆腐に紅麹をつけ塩水で発酵させた調味料(南乳)で味付けをする。

肉は、箸でほどける柔らかさだが、南乳は加熱しているため、刺激臭はなく、旨味だけが残り、

当店ではワイルドさを控えた食べやすい味に仕上がっている。

そして、くろさわワールドは、豊富な野菜が決め手。

今日は、パプリカ、ゴーヤ、エリンギ、豆もやし、ニラなどが同席し、

絶妙なチームワークを見せている。

デザート

梨と金木犀のゼリー。

歯を入れると梨のサクサクとした食感に続き、口内に程よい甘みが広がる。

金木犀の優しい香りに包まれた、手作り感のある好感度の高いデザートだった。

 

変わらぬシェフの真摯な姿勢が体現されたランチと、奥様とスタッフさんの

温かみのある接客のお蔭で、友人とリラックスして食事がとれた。

一度、夜にもお邪魔したいと願っている。

 

中国料理くろさわ東京菜

東京都大田区山王2-36-10 石毛第2ビル

TEL         03-5743-7443

営業時間/ 11:30~14:00(13:30LO) 18:00~23:00(22:00LO)

定休日    月曜日 ※祝日の際は翌火曜日

※ランチ満足度数は、3.8~5.0 必・定期訪問(*^・^)ノ

« 紅棉(コウメン) (蛋達) 横浜中華街 | トップページ | 龍鳳腿(海鮮と挽肉で作った“龍や鳳凰の腿脚”揚げ) »

01.中華料理」カテゴリの記事

a-06.品川区・大田区」カテゴリの記事

b-2.東京・神奈川ランチ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。