2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 小虎(コトラ) 御徒町 | トップページ | 清蒸油膏鮮魚(鮮魚の姿強火蒸し、台湾風ソースかけ) »

2014年9月27日 (土)

喜臨軒(キリンケン) 池尻大橋

Kirinnkenn

温故知新中国料理 「喜臨軒」(キリンケン) 定期再訪→前回

ランチセットのスターターは蒸しスープ(鶏)。(鶏肉、冬瓜、フクロタケ、淮山)

副菜(小皿料理)は、目新しいメニューではなかったため、

前回ランチと同じ茹でワンタンのピリ辛四川風ソースをチョイス。

辣油の辛さは、味のアクセント程度で、印象は変わらず。

喜臨軒名物 手切り豚肉と天然海老のシューマイ 1個@250

別名“キングオブシューマイ”  

今日もまた肉々しくジューシー。王者の風格を見せている。

この日は、遅い時間帯にお邪魔したのだが、店内はほぼ満席。

地元民や付近に勤めるランチ常連さんも多く、お客様もすっかり定着したようだ。

空きのでたカウンター席に案内をしてもらえたが、フロアサービスの男性がいつもの方ではない。

聞くと、諸事情により8月いっぱいで辞めたのだそう。

「まだ、バタバタしていて、すみません」と、シェフ。

……そうか、寂しくなっちゃったな。でも、これも仕方ない。

 

新しいスタッフさんからメニューをいただく。

6種類の麺飯料理のうち、3種類は終わってしまって、用意できるのは、食べたことのある

定番の担々麺、十五目の麺、そして気まぐれで具材の変わる炒飯になる。

自分好みに副菜と麺飯料理をカスタマイズできるところが、当店の魅力なのだけれど、残念。

この中で未食は、中華アンチョビとレタスの炒飯だが、量が多いので気がのらない。

“喜臨軒名物”『十五目』餡かけスープ麺 限定5食@1,500

初心に返って『十五目』餡かけ。何故か、限定5食が残っていた。

ご飯またはスープ麺でリクエストすることが可能なので、スープ麺でお願いした。

十五目に参加しているのは、豚肉、叉焼、イカ、エビ、ハマグリ、チンゲン菜、タケノコ、

うずらの玉子、干しシイタケ、キクラゲ、エリンギ、ヤングコーン、金針菜、スナップエンドウ、

韓国カボチャ、というメンバー。

柔らかめのストレート麺に絡む餡は、ぽってりと甘く、食べ進めるに従い、味に重たさがでてきて、

食傷してしまう傾向はある。

漬物は大根と人参の甘酢漬け。口直し的に、これをパリポリつまみながら、進行させた。

デザートとお茶菓子

追加デザート(+200円)。この日は、りんごのプリンとカボチャのケーキ。

断然お値打ち!別腹にすっぽり収め食事完了。

 

個人の意見にすぎないが、ランチメニューの大半が固定化してしまったようで、

新鮮さや面白味が不足してきたように思う。

わがままを言わせてもらえるならば、麺飯料理に日替わりの主菜と白飯があると嬉しいなあ。

しかし、こうしたことも、どこかのタイミングで、変わってくるのではないか?と思っている。

ファンの一人としては、移り変わりも見守り、応援したい店であるheart

 

喜臨軒 (キリンケン)

東京都世田谷区池尻3-2-5 コンフィアンス流来 B1F

TEL   03-5787-6982

営業時間/ 11:00~14:00 (L.O)18:00~22:30(L.O)

定休日    日曜

※中国料理満足度数は5.0 (*^・^)ノ特別。

« 小虎(コトラ) 御徒町 | トップページ | 清蒸油膏鮮魚(鮮魚の姿強火蒸し、台湾風ソースかけ) »

01.中華料理」カテゴリの記事

a-05.目黒区・世田谷区」カテゴリの記事

b-2.東京・神奈川ランチ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。