2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« one’s kitchen(ワンズキッチン) 関内 | トップページ | 松菌燉甲魚湯(松茸とスッポンの蒸しスープ) »

2014年9月14日 (日)

ル・ジュー・ドゥ・ラシエット(Le jeu de l’assiette ラシェット) 代官山

Ruru

フレンチ「ル・ジュー・ドゥ・ラシエット」(Le jeu de l’assiette ラシェット)

ミシュラン一つ星獲得店。シェフ、高橋雄二郎氏。

場所は、代官山駅東口から、恵比寿西方面に向かった道沿い。

魔神さんとの会食。ディナーコース12,400円(11品~12品)。予約もお任せした。

美しくテーブル・セッティングされた窓際テーブル席への案内。

お品書きなし、サーブ時に口頭での説明になる。

フレンチのコース料理は、自身の得意分野ではないため、早々に戦線離脱。

詳細な記録は、後日公開してもらえる魔神さんにお願いしようと思う。

・アヴァン・アミューズ

米の泡に包まれた真鯛のマリネ

・アミューズ

稚鮎のフリット、ゴボウのフリット、クレソンの成草のベビーリーフ

(タクロー) 同時に、バルサミコソースがセットされただよ。

・アントレ

玉ネギのブラン・マンジェとスナップエンドウのスープ

これは、冷たいスナップエンドウのスープを、あとがけすることで完成する。

よつ葉バター

パン

フォアグラテリーヌ・オレンジ風味

オレンジの風味が強くて、私としてはフォアグラの印象が希薄だった。

イワシのコンフィ じゃがいものムース添え

サザエとキノコの荘園風

泡の中に具材が隠れているのだ。見せ場を作るねえ。

玉子のスフレとサマートリュフ

・ポワソン

骨付きヒラメのロティ

・ヴィヤンド

シャランデ鴨の胸肉のロティ

・アヴァン・デセール

桃のコンポート・ジュレ・グラニテ

・デセール

バナナとチョコレートのムース

・カフェ・ウ・テ

レモンバームとカモミールのハーブティ

・プティ・フール

クランブル生地のシュークリームとトンカ豆のブラン・マンジェ

皿をキャンバスにして描かれたアート性の高い料理の数々。

当店では、泡使いが目立った。

また、素人目には、無駄な空間と見える皿上のスペースは美学なのだろう。

全12品、食事時間は4時間に及び、物凄い満腹感。食べ付けないものは胃袋に堪える。

アントレの数の多さには恐れ入ったが、メイン(アミューズ、デセール)前のアヴァンを始め

本格的なフレンチのコース構成を堪能できた。

奥の深い世界だと思う。

Hand01 お会計は、ボトルワイン他を含め、1人当たり21,000円(千円未満四捨五入)。

個人的には、 玉ネギのブラン・マンジェとスナップエンドウのスープと

シャランデ鴨の胸肉のロティが印象に残った。美味。

               ※献立は魔神さんが控えてくれたメモによって作成できた。感謝。

 

ル・ジュー・ドゥ・ラシエット (Le jeu de l’assiette ラシェット)

東京都渋谷区恵比寿西2-17-5 サンビレッジ代官山 2F

TEL      03-6415-5100

営業時間/木~火 11:30~13:30(L.O) 18:00~21:00(L.O)

定休日   水曜日(祝日の水曜日も休み)

大きな地図で見る

※フレンチ満足度数は、4.0~5.0

« one’s kitchen(ワンズキッチン) 関内 | トップページ | 松菌燉甲魚湯(松茸とスッポンの蒸しスープ) »

06.フレンチ・スペイン」カテゴリの記事

a-04.渋谷区」カテゴリの記事

b-3.東京・神奈川ディナー」カテゴリの記事

コメント

盛り付けも綺麗で美味しそうですね。
お伺いしたい気を起こさせます。
それにしても、最近は、ミシュランの星付きレストランとは、とんとご無沙汰。
羨ましいです。

ヒーリングタイムさん
こんにちは!コメントありがとうございます。
久々のフレンチ。頑張って料理の説明を覚えようとしたのですが、
わけのわからない用語と説明の細かさにくじけました……。
チンプンカンプン(`・∞・´)??
なので、食べることに専念したのですが、ポーションはさほどではないのに
腹がこの上なく一杯に。
そういえば、某所の集まりで呼ばれた店も、フレンチのミシュラン星付きで
お腹が一杯になって意識が遠のきそうでした(汗)。
何食べているんだ~~!と胃袋がびっくりしているんでしょうね。

アートなフレンチは目でも楽しめて素敵ですね。
帰り際には、小さなお菓子をいただき、シェフとスタッフさんの、
お客様が見えなくなるまで見送るぞ!の
手厚いお見送りを受けましたよ。恐縮。(;´▽`A``
当店のシェフ、年齢はまだ若いのではないかな。
料理にも表れていますが、感性の豊かな方ですね。
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

お付き合いいただいてありがとうございます。

実はミシュラン星付きは、予約後に店のロケーションとか調べている時に知りました。
世間的に評判の店であれば、ミシュランに関係なくチョイスだったんですけどね。

奇をてらった盛り付けですが、泡々を除けば、味付けは凝ってはいましたが、実にオーソドックスでした。
奇抜な見た目ですが、味もついて行っていた感じです。

ヴィヤンドに、ちゃんとしたソースが使われていたのも、良い事だと思いました。
近年のトレンドは、しっかりソースを引く・・・ですからね。

自分のレポは当分先ですが、結構力作です(苦笑)。

魔神さん
こんにちは!
こちらこそ、ありがとうございました。

>自分のレポは当分先ですが、結構力作です(苦笑)。
魔神さんをあてにしてしまって、すみません。
私は、レポやる気ないね~と
友人にも言われてしまいましたが、フレンチは理解の及ばぬ世界です。
このまま及ばず続きで一生を終えちゃうのかな~。それも寂しいなあ。
いつか、機会があれば、勉強したいと思います。

魔神さんレポ楽しみにしています。(≧∇≦)
品数も中身も濃いですから、大変でしょうが、頑張ってくださいね。ファイト!
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


この記事へのコメントは終了しました。

« one’s kitchen(ワンズキッチン) 関内 | トップページ | 松菌燉甲魚湯(松茸とスッポンの蒸しスープ) »