2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 謝朋酒樓(シャホウシュロウ) 横浜中華街 | トップページ | 神楽坂チャイニーズ 結華楼(ユイカロウ) »

2014年7月16日 (水)

永利(エイリ) 池袋本店

Eiri

中国東北家郷料理「永利」池袋本店。

場所は、池袋駅北口、「平和通り」(へいわ通り)商店街の道沿い。

以前、「中南海」さんにお邪魔した際、当店の前を通り、

その時から一度は訪問してみたいと思っていた宿題店ですが、

こうして来店するまでには時間がかかった。

某日は仕事関係者との中華飲みに利用。

入り口は半地下。扉を開けると店のメインカラー、朱赤が目に飛び込んできた。

だだっ広いフロアには角テーブルがざざっと並び、円卓の用意もある。

窓がない空間に客入りも上々。ガヤガヤと話し声が反響してイメージ的には中国本土の大食堂だ。

在日中国人の来店も多く、当然と言うか、スタッフさんもみな中国人。

利用は指示のあった入口近くの角テーブル席。

卓上には、醤油、酢、辣油、胡椒、爪楊枝、割り箸は箸立てにまとめて。ほか、灰皿。

着座後には、メニューとタオルおしぼりの提供を受ける。

同行者は、クセのある現地っぽい中国料理は苦手のようで、当店への訪問も躊躇していた。

足を運んでくれたのは、私という中華マニアの我欲に合わせてくれたのだろう。感謝。

鮮魷西蘭花(イカとブロッコリーの塩炒め)@990 

味付けには生姜も効かせていて、こりっとした歯ざわりを楽しめるブロッコリーに、

イカは飾り包丁入り。味の馴染みも良く、同料理のチョイスは同行者ですが、

シンプルな炒めものもそつなくこなしているので安堵した。

東北醤大骨(豚背骨のタレ煮付け)@930 

使い捨て透明のビニール手袋付き。

醤油ベースで煮込まれた骨回りの肉をほじり出し、これをつまみに飲むビールが美味いのだ。

周りを見ても思うことは同じ。ほとんどの卓に醤大骨が出ている。

スパイスの効かせ方、味の浸み込み加減も程よく、同行者も大いに気に入ったようで、

手袋をはめバキバキと関節技をきめ解体し、夢中になっていただいていた。

「ね、たまには中国東北料理もいいでしょ。池袋あたりでは食べさせてくれるが店多いのよ」

実際は同行者のほうが池袋には詳しいのだけれど、ちょっと利いた風な口をきいた。

酒を片手にむしゃむしゃ食らいつく。あっという間に骨のみを残す形になった。

これは2名でも難なくいただける量である。

巻餅セット(クレープ包み)@1,290

A.合菜戴帽(野菜の五目炒めと玉子焼きかけ)

B.青椒土豆絲じゃが芋千切とピーマン炒め)

C.京醤肉絲(豚肉細切の甘味噌炒め) 

上記3種類から好きなものを春餅(クレープ)につつんで食べれるセット。

チョイスは京醤肉絲(豚肉細切の甘味噌炒め)ですが、凄まじいボリュームに息を呑む。

4~5人前はあるのではないだろうか。

箸をつけると、肉は甜麺醤が効いてこってりと甘く、またネギは別皿で提供されるのではなく、

その肉の下敷きになってぐったりとしている。

春餅(クレープ)は6枚。1枚ずつラップされている状態。温めたのだろう。

しかし、どう考えてもこの枚数で全ての京醤肉絲は包みきれない。

※春餅(6枚)追加の場合は380円です。

葱絲(ネギの細切り)@110

ネギにはやっぱりシャキシャキ感を望みたい。そこで追加してみた。

ところが、サーブされてきたものは予想と違っていた。下に敷いてあるネギと同じ形状。

ううむ。欲しいのは細くせん切りにした白髪ねぎなのだけれど……。

ネギを前に沈黙した。波長が噛み合わずもどかしい。

いかに春餅1枚で多く肉を消費しようか努力した。そのため、出来栄えがいまひとつ(涙)。

大量に京醤肉絲は余り、同行者は味付けが甘すぎると卓上の辣油をかけ、ドツボにはまる。

結果、ここで箸がストップ。持ち帰りにしたらどうだろうか、との提案だったが味のくどさに辞退。

選択ミスをしたようで、醤大骨で上がったテンションも急降下。会計をすることにした。

総じて料理のボリュームが多いため宴会向け。

ラインナップも豊富なので、大人数での利用が望ましいと思う。

お酒は、アサヒ生ビール@520×3、中国紹興酒15年(グラス)@600×3で

Hand01お会計は、1人当たり3,000円(千円未満四捨五入) ご馳走さまでした。

 

永利(エイリ) 池袋本店

東京都豊島区池袋1-2-6 ベルメゾン池袋

TEL      03-5951-0557

営業時間/ 11:00~24:00(L.O.23:30)

定休日   無休          -店舗情報「食べログ」より-

大きな地図で見る

※中国料理満足度数は、3.5~5.0

« 謝朋酒樓(シャホウシュロウ) 横浜中華街 | トップページ | 神楽坂チャイニーズ 結華楼(ユイカロウ) »

01.中華料理」カテゴリの記事

a-09.文京区・豊島区・練馬区・板橋区・北区」カテゴリの記事

b-3.東京・神奈川ディナー」カテゴリの記事

コメント

ひこわんです。永利、行かれましたか。実は私も、東北醤大骨の手掴み、むしゃぶり食いをやってみたくて、去年伺いました。あとは、ごろごろげんこつ豚肉の酢豚、牛肉とピーマン細切り炒め、牛ハチノス・ハツ元の辛み炒め、鉄鍋餃子(だったかな)などを食べました。でかい固まりにかぶりついて、骨際の肉を食らうのはインパクト大!で、友人皆ではまりました。が、他の料理、総じて甘い…もうちょっと、甘み抑えて辛み効かせてくれるとうれしいかも。お店に行くまでの路を間違うと、もれなくピンク系の客引きに声をかけられるのがハードル高いお店ですね。

ひこわんさん
こんにちは!コメントありがとうございます。
いろいろ召し上がられましたね♪やはり人数確保の上ですか(o^-^o)?
醤大骨は盛り上がるし、酒をよびますよね。必食したい料理。
同行者もこれはとても喜んでいました。

他の料理は(と言っても私は数を頼めていませんが)
量が多い上に甘いのでくどささえ感じてしまうかしら。
私は眉間に困ったシワがよりましたよ。(;´д`)トホホ…

ピンク系のお声掛け( ´艸`)
あのあたりはそういう場所柄ですね。無事お店までたどりつけて何よりです( ̄▽ ̄)v
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

この記事へのコメントは終了しました。

« 謝朋酒樓(シャホウシュロウ) 横浜中華街 | トップページ | 神楽坂チャイニーズ 結華楼(ユイカロウ) »