2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 香港ロジ 渋谷桜丘町店 | トップページ | 宗平 蒲田西口店 »

2014年6月 4日 (水)

横浜中華街 福養軒(フクヨウケン)

Fukuyoken_2

横浜中華街、西門通りの広東料理「福養軒」(フクヨウケン)

中華街で食事をしたあと、通りに出ていたスタンド看板に目が留まり足をとめた。

“中華ピタパン” 中華の具材を挟んでいるのか、アイデアだなあ。面白味があって楽しそうだ。 

次はこちらにお邪魔しよう。

後日のランチタイムに訪問。当店は大正創業の歴史ある中華街の老舗。

親から子へ伝統の味を伝え、現在の店主は3代目になるのだそう。

日替り盛り合わせランチは、主菜が3品というボリューム感が魅力。

好奇心を煽られるのですが初志貫徹。 一つずつクリアしていこう。

入店すると奥行きのある店内は一番奥が厨房。

私に気が付いた店のお母さんから、「いらっしゃいませ」と声がかかる。

小雨の降る中華街、手にしていた傘を傘立てに入れ、奥へと足を進める。

「こちら、どうぞ」 

にこにことした笑顔がとてもチャーミングで人当たりの良いお母さんだ。

1階席はテーブル席とボックス席で30席。2階は宴席フロアで40席・個室 10席。

利用は1階のボックス席。入口を背にしてTVが見れるように着座。

卓上には、醤油、酢、胡椒、辣油、からし、爪楊枝。

テーブルクロスは赤と白のギンガムチェック柄、トップにはビニールクロス。

1階はカジュアルで食堂っぽい雰囲気が、心安らぐ居心地の良さに繋がっている。

着座後にはお茶とグランドメニュー。おしぼりの用意はなし。

メニューの束を手に取り、あれこれ探しているとお母さんから日替りランチの説明を受ける。

「今日はレバーが美味しく召し上がれますよ。お嫌いでなかったら」

せっかくの提案でしたが、表にも出ていた中華ピタパンを食べに来た旨を告げ、

4種の中でおススメを聞くと、よく取り上げられるのは、牛肉の特製ソース煮だそう。

また、お母さんは自身は豚肉の甜麺ソースがお好きだとか。

中華ピタパン 2個@700(税込)

(ノブロー) せっかくなんで、牛肉と豚肉でお願いしただ。

豚肉の甜麺ソース。

サーブ時に正直驚いた。写真のピタパンとは風体が違うからだ。そしてすごく小さい。

ひょっとしたら、時間が早くてピタパンが間に合わなかったのかしら?

サラダ菜の上には豚の角煮。

甜麺ソースの味よりも肉の旨味が優先して伝わる感じ。

牛肉の特製ソース煮。こちらの方がスパイスも効き、味つけがしっかりしている。

オリジナリティーに富んだ中華ピタパンはテイクアウト可能。

お話によると中華街で食べながら街歩きをされる方も多いので、

食べやすいコンパクトサイズなのだそう。

しかし、私はこれでは食べ足りない。胃袋が開いたぐらいの量だ。

で、追加オーダー。お母さんは小食な方なのか、びっくりしたようだけれど、

「若鶏の葱正油ごはん」は、普通サイズとミニサイズあり。 控え目にミニサイズで。

若鶏の葱正油ごはん(ミニサイズ)@350

スープとザーサイ付き。スープは良い意味で懐かしい醤油味。

(ノブロー) ザーサイは塩の抜き加減も上々だで♪

丼を彩るグリーンはワサビ菜。中央には鶏肉と葱醤油。

ザクザクとスプーンでかき混ぜ口に運ぶ。

あっさりとした鶏肉に野菜のシャキシャキとした食感が心地良い。

葱醤油が全体にまわり、ごはんがほんのりと色づく。

シンプルな味わいですが、これがさっぱりといただけ凄く美味い。

合間にザーサイをパリポリとかじる。程よい塩気がまた飯を進めさせてくれる。

烏龍茶はティーポットでサービス。

食後、再びメニューの束から食指が動くセットを発見。

塩冷や汁麺は冷し中華と同様、夏季限定(9月頃迄)のもの。

食欲の落ちる暑い時期にすっきりといただける涼麺は、ありがたいですね。次回はこれだ♪

会計を済ませ、退店するとお母さんが慌てた様子で追いかけてきてくれた。

椅子に忘れたハンカチを雨の中、走って届けてくれたのだ。

お母さんも優しくて感じがいいし、初回なのに我が家に帰って来たような家庭的な

温かみを感じさせてくれた。

ランチの情報などは、twitterで随時更新しているとのこと。

昼はもちろん、伝統的な広東料理をいただきに夜にも訪問してみたいお店です。 

 

横浜中華街 福養軒 (フクヨウケン)

神奈川県横浜市中区山下町214

TEL      045-681-2370

営業時間/11:30~21:00 ランチタイム 11:30~14:00

定休日   火曜日 

大きな地図で見る

※横浜中華街満足度数は、3.7~5.0

« 香港ロジ 渋谷桜丘町店 | トップページ | 宗平 蒲田西口店 »

b-1.横浜中華街特集」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございました!
中華ピタパンはサイズこそ大きな変化はありませんが、使う小麦粉や生地の厚さや柔かさ等々数年の試行錯誤の結果やっと今のカタチに落ちつきました。
仰るとおり写真とパン生地が今はちょっと違っていまして、、、その点申し訳ありません。。。
実はこの写真、中華ピタパンを気に入ってくれたカメラマンの方が数年前に好意で撮影してくれたもので、ありがたいので昔のものをそのまま使ってるんです。

またぜひぜひいらっしゃって下さい!

ありがとうございました!

福養軒三代目さん
こんにちは!コメントありがとうございます。
ピタパンそうだったんですかっ。
こちらこそ、失礼を申し上げてすみません。

お母さんが教えてくれたのですが、サイズ的に
食べながら街歩きをするのにお手頃ですよね。ナイスなアイデアだわ♪
実は残りの2種類も食べてみたいなあ、と思っています( ̄▽ ̄)
またお邪魔させていただきます。
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

この記事へのコメントは終了しました。

« 香港ロジ 渋谷桜丘町店 | トップページ | 宗平 蒲田西口店 »