2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 台北旅行2014 №7 古早味豆花(グゥザオウェイ・ドウホァ) | トップページ | 台北旅行2014 №9 台北市立動物園(タイペイ・シーリー・トンウーユェン) »

2014年6月13日 (金)

台北旅行2014 №8 阜杭豆漿(フーハン・ドゥジャン)

Fuhan

阜杭豆漿」(フーハン・ドゥジャン)。

行列必至の朝食店で事前情報によると、朝の7時位を目安に到着しないと混み合うとのこと。

場所はMRT善導寺5番出口すぐの華山市場2階。

7時15分ごろに到着。平日のためか列は注文受付カウンター並びの作業場あたりまでで、

フードコートのようなイートインスペースも席の空きが多く、場所取りの心配はありませんでした。

10分ぐらいで順番が回ってきた。

予めオーダーをメモしてきたのですが、カウンターに出すと数を聞かれた。

しまった!完璧と思っていたけれど書洩らしていた。指さしで数を伝え購入。

香菜を入れるか聞いてくれたのでお願いし、会計はトレイごと横にスライドする感じで済ませます。

台湾定番の朝食、豆漿。これは必食したいところ。

鹹豆漿(塩味の豆乳)30NT$と厚餅夾蛋(卵焼きをはさんだ焼餅)38NT$を無事ゲット。

窓際席が埋まっていたので、カウンター席に横並びでいただきます。

(ヨンクマ) 「豆漿」は豆乳のことだよ。台湾の人はこれが大好きなんだって。

(ノブロー) 焼餅は並びの作業場で生地を手作りし、窯に貼りつけて焼いているだ。

(レンタロー) 表面にはゴマがふられているな。ええ色味をしているだ。

厚焼き餅は、表面は香ばしくさくっとして歯が入るにしたがいもっちりと食感豊か。

頬張るとほんのりとした甘みと塩気のバランスが良く、しっくりと口に馴染む。

日本人も好きな味だと思います。懐かしい味わいがして美味しい Crown04

鹹豆漿は出汁が効いていて、次第にかたまりはじめるとイメージ的には玉子抜きのゆるゆる茶碗蒸し。

出汁が和出汁にも似ていて醤油味。そこに細かく切った切り干し大根の酸味やら

シラスのような小魚、干しエビなどが入り、他では感取しにくい巧妙な味に仕上がっている。

また、かりっと揚げられた油條は出汁を吸い込み、徐々にくたっとして、油気、塩気が

味のアクセントとして楽しめた。香菜も合うなあ。

朝食を終えたころには列が階段の下まで伸びていた。人気店の凄さを思い知る。

早目に来た方が良いという話はあながち外れてはいなかった。

食後は丁度返却ワゴンが出ていたので、そちらまで。 

服務費(サービス料)はかからず、

Hand01 買單は、1人当たり34NT$。  美味しい朝ごはんでした Crown04_2

 

阜杭豆漿店
台北市中正區忠孝東路一段108號2樓
TEL 02-2392-2175
営業時間 05:30~12:30
休業日 月曜定休

大きな地図で見る

« 台北旅行2014 №7 古早味豆花(グゥザオウェイ・ドウホァ) | トップページ | 台北旅行2014 №9 台北市立動物園(タイペイ・シーリー・トンウーユェン) »

c-2.台北旅行・グルメ」カテゴリの記事

コメント

おおっ!
鹹豆漿の総本山に行かれたのですね!羨ましい!
私もレンゲが止まらない~(妄想中)

ホテルの朝食に、セルフサービスの鹹豆漿コーナーがあり、自分で作ってみたのですが
お店の人が作る味とは程遠いものになってしまいました( ̄□ ̄;)!!
オバチャン達が何気なくササッと器に入れる配合は、黄金比率なんですね。

台湾シリーズ、興味深く拝見しています。
こう言う麺屋、点心屋もひとつの食文化ですし、日本ではマイナーだったりメニューにないのが、台湾ではメジャーですよね。
高級料理でなくとも、十分楽しめますよ。

まるさん
こんにちは!
コメントありがとうございます。
鹹豆漿を自分で作れるのも楽しいじゃあないですか。
おばちゃんたちは慣れたものですよね。
役割分担作が出来上がっていて、一連の作業が身についている感じです。
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

魔神さん
こんにちは!
コメントありがとうございます。
おっしゃる通り、台湾は庶民食が面白いですね。
当店、観光ガイド本にも大きく取り上げられているので
日本人も多く利用されていました。
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

この記事へのコメントは終了しました。

« 台北旅行2014 №7 古早味豆花(グゥザオウェイ・ドウホァ) | トップページ | 台北旅行2014 №9 台北市立動物園(タイペイ・シーリー・トンウーユェン) »