2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 花壇(カダン) 代官山 | トップページ | 喜臨軒(キリンケン) 池尻大橋 »

2014年3月24日 (月)

銀座 芳園(ホウエン)

Houenn

広東料理「芳園」(ホウエン)

当店のオープンは2014年1月24日。

総料理長、横尾 博志 氏は「古稀殿」をはじめ国内、香港での研鑽を積まれ

焼き物を得意とし、年に数回は本場香港・中国での修練を怠らない方だという。

場所は銀座四丁目の交差点から中央通りを新橋方面に進行し

銀座七丁目の交差点を右折。

1本裏の銀座すずらん通りを銀座四丁目のほうに戻る形で進むと

お店の入っているビルが右手側に現れます。

ビルの前にはランチメニュー。

どこかでこの光景見覚えあるぞと思ったら、現在銀座店は閉店になりましたが

芝蘭」さんが入っていたビルじゃないか。

当店は同ビルの6Fになりますが、その昔「芝蘭」さんが入っていた8Fには

2013年11月11日にオープンした「黒猫夜」銀座店さんが。

銀座のクラブ街にありながら、つくづく中華好きなビルなのね。

そして同ビルの前には、「台南担仔麺 屋台料理 来来」さん ( ´艸`)

このあたり中華の激戦区ともいえるゾーンだ。ワクワクするなあ。

さて、「黒猫夜」さんの土鍋飯も良いのですが、この前、赤坂店でいただいていますし

私の好奇心はもっぱら「芳園」さんにあります。

エレベーターを利用し6Fで扉が開くと、そこにはいきなり店内が広がっている。

シャンデリアが吊るされ、ラグジュアリーな雰囲気をたたえた店内は

テーブル席、片側ソファテーブル席、完全個室はガラス張りにフリンジカーテン。

ちょこんと置かれた招き猫やだるまは商売繁盛を願ってのことかしら。

スタッフさんの案内で利用したのは中ほどの2人掛けテーブル席。

(夜は隣のテーブルをつけ4人掛けになるのかもしれません)

テーブル・セッティングは、ランチョンマット、カトラリーレスト、レンゲスプーン、箸(縦置き)。

昼のためか、比較的カジュアル。卓上には、塩、胡椒、爪楊枝。

着座後には、メニューとタオル地のおしぼりが手渡され、

耐熱ガラスティーポットで中国茶のサービス。

おお、これはたっぷり飲める、と思わず口元が緩んだ。

本日のお目当てはもう決まっている。

表のメニューにも記されていた一日10食限定のAセット排骨煲仔飯

(土鍋炊き込みご飯)だ。

排骨煲仔飯(土鍋炊き込みご飯)@780

小鉢、スープ、泡菜付きと記されていましたが、

セットの内容は、サラダ、青菜炒め 大根の漬物、溶きたまごスープ。

メインの出来上がりに合わせるようサーブされる。

サラダだけでなく、炒めものがつくところは個人的にポイント高し♪

煲仔飯は、香港名物の土鍋炊き込み飯。

ここでは排骨(スペアリブ)を乗せています。

お好みでお使いくださいと、まろやかな甘みのある醤油だれもセット。

ジューシーな排骨にもしっかり味がしみ込み味は濃い目。

お手元醤油は、様子を見ながら自己調整が必要。

また、米は残念ながら長粒米ではありません。

柔らかめのところに粘りも出ているのか、少しべとつき気味。

とろみのついたスープをすすりながら、熱々のご飯をハフハフ頬張る。

鍋肌に当たっている部分には、ほんの少しですがおこげという副産物もでき、

なかなかにチャーミング。ちょっぴり石焼ごはんをイメージした。

後から来店されたお客様も同様にAセットを注文。このセット人気も上々のよう。

わかるわかる。 この参加型の行為、混ぜる感覚って心が弾むのよね。

この内容で銀座で780円はお得感大です。

願わくば、限定10食ではなく、定番のランチになれば嬉しいのだけれど Onegai02

いまは認知度をあげるため、ランチタイムにスタッフさんが表にでられている

ようだけれど、この煲仔飯でブレイクしてくれるといいなあ。

また、タイミングが合えば、

夜にシェフこだわりの焼き物をいただきにあがりたい注目店です。

                                  ※ランチ満足度数は、3.7~5.0

銀座 芳園(ホウエン)

東京都中央区銀座7-8-15 第二新橋会館 6F

TEL     03-6274-6568

営業時間/  平日・土  11:30~14:30(L.O.14:00) 17:30~23:00(L.O.22:30)
                          土  17:30~22:00(L.O.21:30)

定休日/   日曜日・祝日

大きな地図で見る

« 花壇(カダン) 代官山 | トップページ | 喜臨軒(キリンケン) 池尻大橋 »

01.中華料理」カテゴリの記事

a-02.千代田区・中央区」カテゴリの記事

b-2.東京・神奈川ランチ」カテゴリの記事

コメント

みにさん、こんにちは(◎´∀`)ノ

このビジュアル!!!わたし好みの予感がします。
これだけ皿数があってこのお値段とは破格すぎますね。銀座でしょう!?
ぜひ、定番メニューになってほしいですね。
オープンと同時に行かないと食べられないかしら。
平日に銀座に行くような事があれば早めに出かけて寄りたいものです。
リスト入り!!

わんだるさん
こんにちは!
コメントありがとうございます。
煲仔飯自体そんなに高い食べ物ではありませんが、
コンロの数が必要なためなのかしら?限定食なのは残念!!

上の階の黒猫夜さんもランチは煲仔飯(土鍋御飯)、
この2軒土鍋でランチ激戦。
食べ比べも面白いかもしれませんね。

私の印象としては、がっつり食べたい煲仔飯は黒猫夜さん。←タイ米です。
煲仔飯のボリュームを控え、炒め野菜をセットした
バランスの良さでは芳園さんかなあ。(o^-^o)
お茶もポットサービスしてくれるし。

いま、ランチそんなに混んでないです~~。
でも認知度をあげるため努力なさっているみたいで
「一休」サイトにもプラン出しているし
今日、東京カレンダーにも載ったとか。
シェフは「龍天門」で焼物料理長をされていたそうよ。
ミシュラン星の獲得に貢献されたんですって。ちょっと気になるお店だわ。

夜はそれなりの予算を考えないとならないけど、煲仔飯ランチはお値打ち!
定番として、ランチにずっと置いて欲しいですね~~。
リスト入り、ありがとうございます(*゚▽゚)ノ
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

この記事へのコメントは終了しました。

« 花壇(カダン) 代官山 | トップページ | 喜臨軒(キリンケン) 池尻大橋 »