2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 競馬の話 ジャパンカップダートG1 | トップページ | 香港旅行2013 №27 孖沙茶餐廳(Ma Sa Restaurant) 上環(ションワン) »

2013年12月 1日 (日)

香港旅行2013 №26  スターフェリー(天星小輪・Star Ferry) 尖沙咀~中環

Star_ferry

次なる目的地は、尖沙咀。このエリアでの買い物を済ませたあと向かったのは

スターフェリー(天星小輪・Star Ferry)。

乗り物天国香港。やはり、フェリーも一度は乗っておきたい。

今回は、尖沙咀~中環間をゆるりと船での移動。所要時間は約6分ほど。

船は上層と下層に分かれており、乗り場も料金も異なります。こちらは下層1階席。

並びに上層2階席の乗り場があります。

正面左手は尖沙咀~湾仔路間、右手が尖沙咀~中環間です。

せっかくなので眺めの良い2階席に乗船しようと思います。

運行間隔は時間帯にもよるのでしょうが4~15分とのこと。

乗船にはオクトパスの使用可能。何かと使い勝手の良いオクトパス。

観光用のトラベルパスにお金をチャージすれば、MTR以外の乗り物や

オクトパスでの支払いが可能な場面にも対応できるので便利です。

左手、青信号に変わりました。

皆さん、どんどん向かわれているので乗船時間になったよう。

席は自由なので、進行方向に向かって前の左手窓際に着席。

(2階席は、3ブロックに分かれていて前と後ろは窓・空調付き)

観光客だけでなく、地元のサラリーマンの方も利用されています。

穏やかな維多利亞港(ヴィクトリア港)。

摩天楼を一望と言いたいところですが

やはりガスっているよう。お天気はまずまずなのですが、ぼんやりしています。

対岸の天星碼頭(Star Ferry Pier)に到着すると、セーラー服を着用した

おじさんが船を埠頭側によせてくれます。

100年以上の歴史があるスターフェリー、客室内も昔っぽさが漂います。

座面に目を向けると星型のマーク。

その船名に、必ず「星」が入るのも慣わしだとか。

下船。私達の乗ってきたフェリーです。

船のボディは2色使い。この船はまた折り返し運航になるのでしょうね。

これは、ふり返ってみたところ。

短い時間のクルージングでしたが、香港初心者には一度は体験したい観光的要素あり。

対岸に渡る手段にフェリーが選べるのも、香港の楽しみかもしれません(*^-^)v

« 競馬の話 ジャパンカップダートG1 | トップページ | 香港旅行2013 №27 孖沙茶餐廳(Ma Sa Restaurant) 上環(ションワン) »

c-1.香港旅行・グルメ」カテゴリの記事

コメント

スターフェリー懐かしいです。
初めての海外旅行が、香港で、スターフェリーに一人で乗ったときに、香港に来たんだなと実感しました。
当時、パニック障害を患い、6、7年経っていましたが、思い切って、海外一人旅に香港を選び、行きました。
これが、きっかけで、次々に海外旅行へ、行くようになり、自信がついて、パニック障害が治りました。
思いで深い香港旅行です。

ヒーリングタイムさん
こんにちは!コメントありがとうございます。
香港旅行は、ヒーリングタイムさんにとって、いろいろな意味をもつ
本当に思い出深いものだったのですね。
良い方向に結果が出て、私も嬉しいです。

私も、ん十年前の香港、水上レストラン「ジャンボ」に行ったときの
ことだけは覚えています。キンキンキラキラshine別世界
ベタな選択だったのでしょうが、当時の私には香港にきたーー!!
って感じでこれが記憶には残るんですね。

今回はほんの数分のクルージングですが、穏やかなヴィクトリア港を渡る際に
スターフェリーから眺めた香港島、その海風も
きっと忘れないと思います(゚ーÅ)
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

この記事へのコメントは終了しました。

« 競馬の話 ジャパンカップダートG1 | トップページ | 香港旅行2013 №27 孖沙茶餐廳(Ma Sa Restaurant) 上環(ションワン) »