2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 香港旅行2013 №14 コンビニ楊枝甘露と夜食のパン | トップページ | 香港旅行2013 №16  佐敦~油麻地(ヤウマーティ)昼の男人街 »

2013年11月22日 (金)

香港旅行2013 №15  彌敦粥麵家(Nathan Congee and Noodle) 佐敦(ジョーダン)

Nathan_congee_and_noodle

創業1964年、老舗の粥麺店「彌敦粥麵家」(Nathan Congee and Noodle)

場所はMTR佐敦駅の西貢街。

当店の広東式の粥や麺類の味には定評あり。

観光バスも乗り付けてやってくるという超人気店になります。

『 お粥は31種類あり、いずれも1950~60年代からのラインナップ 』 とのこと。

“寝太郎メモ”を片手に入店。幸いまだ、団体様のバスは到着していないようだ。

小さな街の食堂然とした店内、それでも7割ほどの席はもう埋まっている。

もちろん、相席を前提に来店していましたが、私達に気づかれたスタッフの

お姉さんの案内で壁際の2人掛けテーブル席を利用。

卓上には、白胡椒、紅酢、爪楊枝、醤油、一番端はぴりっと辛めの豆板醤のような味噌、

メニューなど。 着座後には小皿、レンゲ、箸が手際よくセットされた。

やはり私達は日本人顔なのかな。日本語メニューが出されました。

目を通すと当店の看板粥でもあるアワビが前面に押し出されてます。

ずば抜けていいお値段。これって観光客メニュー?

連れ(寝太郎さん)が、「違うよ、これじゃない」 とエキサイトする。

どうやら日本語メニューには“寝太郎メモ”の料理が欠けている様子。

こりゃあタイヘンだ!!

半ベソ顔で、スタッフさんに手書きの同メモを見せたところ、

OKサインをいただけましたヽ(´▽`)/

油條HK$6 (会計から逆算した金額です)

スタッフさんのオススメで。量もたっぷり。

適当な大きさに千切ってお粥に沈め、ちょっと、くたっとしたところをハフハフ

しながらいただくのが、私の喜びでもあります。

美味鮑片粥HK$150

いいお値段ですが、それだけではなく、多くの日本人が美味しく食され、

リピート率が高いがゆえに日本語メニューのトップに記されているのかもしれません。

初回はチャレンジしてみることにしました。

鮑は底に沈みこんでいる様子。

鮑のスライスは4枚ほど。厚みもある。(世の中にはもっと気の毒なペラペラ鮑ありますよ)

この鮑は缶詰のもの。確かに缶詰独特の風味はあるのですが、これが

噛み締めるとシコシコじんわりとした旨さとなって、にじみ出てくるから不思議なものだ。

値段は立派ですが、高級店でいただくリッチな鮑粥というより街場感覚を引きずった鮑粥。

ただ、このままでは、味が大人しすぎて物足りないため、油條を投入し、召し上がられる

ことをお勧めしたいです。油條の油気、塩気がほどよいコクを増してくれかと思います。

豬潤肉丸粥HK$35

「豬潤」はレバーのこと。

私事ですが、やっぱりお粥はレバーやモツ系が好きだわ。

たっぷんたっぷんに盛られ受け皿にしたたり落ちているところが本場って感じ。

これが“寝太郎メモ”のオーダー。

OpenRiceで下調べをした際、

投稿されている(おそらく)地元の方々の支持が多かったお粥です。

レバーの大きさも見事!シャクシャク噛み切れます。

肉団子も愛おしい。

この粥、旨味でまくりですよ。

こちらは油條ナシでもいけるよなあ。

感激!美味しいです。 

今回の食べ比べ、私は、豬潤肉丸粥に1票、リピしたいです( ´艸`)

粥はとろっとしていますがさらり。この軽快なトロサラ感が絶妙なのだ。

ベースとなるスープもとても真面目で雑味がなく、あっさりとしていますが

後味の良い深みがある。

だからこそ、このお粥の美味さが活きているように思います。

店の入口には冷蔵庫。外から見えるようになっています。

(ピータン)

手前が豬潤(レバー)、魚片(刺し身)になるのかな?

Hand01 埋單は、約1人当たりHK$100 鮑様が響いております(汗)

支払いを終え、退店したころには、中国からの観光バスが乗りつけられてきた様子。

タイミングが良くて助かったわ。

寝太郎さんの満足度数はわかりませんが、念願の「香港粥」の美味しさに出会えOnegai03t

今回の(私の)香港グルメ満足度数は、★★★★Star04(4.2)積極的に好きです。

 

彌敦粥麵家  Nathan Congee and Noodle
佐敦西貢街11號
TEL 852-2771-4285
営業時間   07:30~23:30
無休

« 香港旅行2013 №14 コンビニ楊枝甘露と夜食のパン | トップページ | 香港旅行2013 №16  佐敦~油麻地(ヤウマーティ)昼の男人街 »

c-1.香港旅行・グルメ」カテゴリの記事

コメント

おおっ!
鮑のお粥とはリッチだぁ(^-^)

どうせなら、全種類日本語併用のメニューがあると助かりますよね。

でも広東語オンリーのメニューを、やいのやいの言いながら解読して頼むのも好きなのです( ´艸`)プププ

まるっとさん
こんにちは!
はい(o^-^o) せっかくなので、フンパツしました。
寝太郎メモには美味鮑片粥もあり
おそらく情報もとは、参考文献からではないかと。←私の手元にないのです。

日本語メニューからは、きっと日本人があまり注文されないものは
消えていったのかなと勝手に推測しています。
>でも広東語オンリーのメニューを、やいのやいの言いながら解読して頼むのも好きなのです( ´艸`)プププ
うふふ、まるさんもお好きですね( ̄▽ ̄)v 中華女子道!貫きましょう♪
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

自分も、香港で食べた中華粥は忘れられません。
自分は九龍に宿泊し、朝歩いて行ける油麻((ヤウ・マアテイ)、尖沙咀(チム・サア・チョイ)の店に行きました。

海鮮粥も食べましたが、海老やイカの鮮度が信じられないくらい悪かったですね。
美味かったのは、豚肉、ピータン粥、皮蛋痩肉粥が一番美味かったです。

日本で、同レベルの中華粥に出合った事がないのは、残念です。

魔神さん
こんにちは!
香港でいただくお粥は、美味しいですね。
日本で頑張ってらっしゃるお粥の店も、
なかなかここまでいっていないのが実情なのかしら。
今後に期待したいです。

しかし、魔神さんの記憶力は凄いわ。
私も魔神さんと同様、二十年ぐらい前に香港へ行きましたが
そのときのこと、ぼんやりとしか覚えてないです。脱帽。
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

この記事へのコメントは終了しました。

« 香港旅行2013 №14 コンビニ楊枝甘露と夜食のパン | トップページ | 香港旅行2013 №16  佐敦~油麻地(ヤウマーティ)昼の男人街 »