2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 四川豆花飯荘(シセントウファハンソウ) 東京店 | トップページ | 聘珍樓(ヘイチンロウ) 日比谷店 »

2013年10月16日 (水)

老四川 飄香 (ラオシセン ピャオシャン) 麻布十番

Pyaosyann

四川料理 中國菜「老四川 飄香」 (ラオシセン ピャオシャン) 久しぶりの再訪

このところ再訪が多い?

新規開拓も良いのですが、中国料理食べ歩きの数も増えると、自分の嗜好に合う

お店に出会うのが困難になってきています。これは、ストレスだ。

やっぱり私も好きなお店の料理が食べたくなりますよ。

「飄香」さんは、そうした大事なお店の中の一つ Onegai03t

井桁シェフの作られる香り高い「老四川」は、私の心に深い感銘を与えてくれる

ものでした。 また、シェフの料理が食べたい。

日に日に思いが募り、某日のランチに麻布十番へ。

階段を下りモダンな店内に入店後、ご案内を受けたのは入口に近い

片側ソファのテーブル席。

テーブル・セッティングは、ペーパーナプキン、グラス、カトラリーレスト、レンゲ、

箸(縦置き)。 ランチタイムのためでしょう、テーブルクロスはなし。カジュアルです。

着席後にタオル地のおしぼり(トレー置き)とメニューをいただき、

水と茶杯で中国茶のサービスを受けました。

上記のような平日限定ランチセットもありますが、本日、目をつけたのが限定10食の

飄香特製 ふかひれの姿煮かけご飯セット@2,730

A 夏草花松露魚翅蓋飯(四川トリュフとフカヒレ姿煮かけご飯 冬虫夏草の花添え)

B  海胆魚翅蓋飯(ウニとフカヒレ姿煮かけご飯)

ここは、AにすべきかBでいくか、迷いどころ。

最終的には、四川トリュフに惹かれAをチョイス。

竹韻冷菜四味盆(色とりどりのお楽しみ前菜4種)

お隣の方が平日限定ランチセットを注文されていましたが、そのセットの前菜4種も

限定食の前菜と内容が変わりません。

左から、

1.焼き鴨・・・鴨の風味はあれど臭みなし。肉の質感も良好。

2.蒸し鶏のピリ辛ソース・・・下にはキュウリ。しっとりとした蒸し鶏には濃厚なソース。

 ゴマピリクリーミーと表現したら良いのかしら?

 芝麻醤を感じさせますが、味の広がりが四川だ。

3.焼きパプリカとピータンの黒酢和え・・・相変わらず激美味い。

 花椒の効いた芳醇な黒酢に陶酔。これは自分にとっては飲み物だよ。

4.安納芋とアヒルの卵・・・ホクホクとした甘み。上にはかぼちゃの種。

夏草花松露魚翅蓋飯

ふかひれは胸びれを使用されているとのこと。上のオレンジ色のものは冬虫夏草。

チンゲン菜とアワビ茸。  これ、サーブ時には分からなかったのですが、

前回のコース料理「一口ごはん」でいただいていますね。

(レンタロー) 前回はちんまい飯がアワビ茸の下敷きになってたからな。

飯の存在が希薄だったんだべ。

コース時には、あまりに上品サイズすぎて、じっくり味わうには至りませんでしたが

今回はご飯とのコンビネーションを楽しむ余地ありです。

スプーンですくい上げ口に運ぶと、醤油味ベースのピリリとしたあんに、

ふかひれと白飯がさらりと馴染み、香りと味のバランスに優れている。

――旨い!

一口、二口、食べ進めるほどに、じっくりと感動が深まっていく。

このご飯は一口サイズでは分かり得ないものがあるよ。

今回その実態を掴んだ!って感じです。 

他にはない(であろう)、四川スタイルのふかひれの姿煮かけご飯だ。

ただ、このご飯も量が少なめなので、男性やたくさん召し上がりたい方には、

お腹を満たしきれないかも。

鐘水餃子(四川水餃子)~ピリ辛ニンニクソース掛け~@840

あまりに美味しくてぺろりと完食してしまいました。

せっかく来たのだからもっと、シェフのお料理を食べておきたいな。

再びメニューをいただき追加注文。

上にはフレッシュな香菜。サーブ時に香った。

水餃子は4個で、もっちりとした手作り感の伝わる皮。

仕上げに花椒をふられている。

ピリ辛ニンニクソースは特別にクセはないのですが、ニラを使った餃子なので

この後に人に会われる場合には避けたほうがよいかも。

食後、けっこうニラがあがってきます(汗)

約半年ぶりの訪問。

全般を通して、その香り高さに味のブレは感じませんでした。

四川の伝統を昇華し洗練させた「老四川 飄香」 また定期訪問したい。

今回のランチ満足度数は、★★★★☆ とってもお気に入りですheart

 

老四川 飄香 麻布十番本店 (ラオシセン ピャオシャン)

東京都港区麻布十番1-3-8 Fプラザ B1F

TEL      03-6426-5664

営業時間/  11:30~14:00(L.O) 18:00~21:30(L.O)

定休日    月曜

« 四川豆花飯荘(シセントウファハンソウ) 東京店 | トップページ | 聘珍樓(ヘイチンロウ) 日比谷店 »

01.中華料理」カテゴリの記事

a-01.港区」カテゴリの記事

b-2.東京・神奈川ランチ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。