2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« ノブローからのお知らせ | トップページ | 海鮮名菜 香宮 (シャングウ) (月餅) 六本木 »

2013年9月26日 (木)

楽山(ラクザン) 仙川

Rakuzann

四川料理「楽山」(ラクザン)

当店のオープンは2008年5月。

オーナーシェフ、外山善之 氏はシェラトン都ホテル東京「四川」のご出身とのこと。

場所は、京王線 仙川駅より徒歩10分ほどの住宅街の中。

テクテク歩き、ようやく到着という感じで、入店するとすっきりとシンプルな店内は

テーブル席のみで16席と小ぢんまりしています。

先客は4名様が2組。これだけでもう店の半分は埋まっていることになる。

立地が良いとは言えない場所ですが、人が集まると言うことは期待大かな?

コース料理の場合は事前予約が必要とのことなので予めお願いしておきました。

この日のフロアは中国人のお姉さんが担当。シェフと2人体制になります。

テーブル・セッティングは、小皿、割り箸(横置き)、レンゲ、ドリンクメニュー。

卓上には、酢、醤油。

着座後にタオル地のおしぼりがトレー置きされました。

コースは2種類あるようですが、選択はリーズナブルな3,150円で、まずは様子見。

お料理はスープとデザートを除きすべて大皿での提供。

各自での取り分け作業が必要になります。

また、サーブ時に説明があるものと、ないものあり(聞けば教えてくださいます)

これは中国の方なので日本語が流暢に話せないからなのかもしれません。

したがって拙ブログでは、補足し記録しています。

前菜4種盛り

ピータン、くらげ、蒸し鶏、ツブ貝。

ピータンはアンモニア臭あり。薄味のくらげは柔らかい。

蒸し鶏のソースは芝麻醤がたっぷり感じられ、ちょっと甘めの棒々鶏風。

ですが、しっとりとした蒸し鶏に絡めあわせるとピリッとしていてなかなかに旨い。

ツブ貝はシンプルな味わい。花椒が効いてます。

取り皿に取り分けたところ。

付け合わせはトマト、キュウリ、大葉、白髪ネギ。

バランスはよいが、特筆すべき要素はなし。

アオリイカとコーン・キュウリの塩炒め

“魔法の粉”は感じられますが、味付けは悪くない。

イカもぷりぷりで、コーンも甘かった。

ただ、欲を言えばコーンはもう少しシャキシャキとした歯ざわりを望みたいところ。

牛肉と茄子の四川ソース炒め

けっこうサクサク出てきますsweat01

具材は他に、タケノコ、ピーマン(赤、黄)。

青椒牛肉絲に茄子を足して辛くしたいみたい……って、それはもう別の料理だ(^-^;

ピリ辛の四川ソースには、少し酸味も感じられる。

もうちょっと野菜のシャッキリした食感が欲しい。でも、茄子は皮をむいてあり、

一手間かけた仕事には好感度大。

空芯菜炒め

ニンニクがしっかり効いていて、味付けはよい。

ただ……ここのお店は、サービスのタイミングが早い!

18時半の予約で、店に着いたのは18時25分くらい。

で、4品目の空芯菜が出てきたのが19時。

酒飲みのわれわれとしては、もう少しゆっくりサーブしてもらえると、嬉しいのだけど……。

エビチリソース

海老は、芝海老だとしたら、けっこう大ぶり。ソースはほんのり甘く、昭和を感じさせる。

絶品ではないけれど、ちゃんと作ってくれている。

海老好きの連れ(寝太郎さん)は、コースのなかで一番気に入ったそう。

日本の四川料理の草分け、四川飯店以来の伝統を感じる味と大喜び。

陳麻婆豆腐

豆腐は、柔らかく絹ごしタイプ。

悪くはないのだけど……何かがちがう。

花椒は苦みが強い。油のからみが悪い。そして、粉っぽい……。

全体的に一体感に欠け、山椒だけが立ってしまっている。

挽き肉に肉の香ばしさが感じられない。

なんていうか、肉味噌ペーストみたいになってしまっている。

ひょっとして、作り置きをストック? と思ってしまう。

この辛さは苦手かなあ、と感じたけど、冷めてきたらそれには馴染んだ。

ただ、やっぱり、くどさが勝ってしまった。

高菜焼飯

〆の炒飯が出るまで、1時間経ってません。

やはり、コースとしてはサービスのタイミングが早すぎるように思う。

炒飯は、とくに印象に残るものではなかったかな。普通です。

スープ

コーンスープ。コーンの甘みがしっかり。

コースメニューで、このタイミングでスープが出るのは、じつは珍しい。

というより、一番リーズナブルなコースで、スープまで出るとは思いませんでした。

美味しい。個人的に馴染みやすい味で、ほっとしました。

いっぱい並んでいます……。

いろいろ申しておりますが、これ、一番安い3,150円のコースです。

それでこの品数とボリューム、内容はすごい。

シェフのサービス精神をひしひし感じます。

デザート

ライチのシャーベット。

市販品? でも美味しかった。寝太郎さんはあっという間にぺろり。

さて、コースの感想ですが。

一品一品のインパクトはそれほどではありませんでしたが、食べ終えてみると、

トータルのCPは高い。これだけの内容をこの値段で提供しているお店は、

数少ないと思う。

人気があるのもうなずけた。

私たちがいる間にも、他のテーブルは2回転目に入っているところもあった。

サービスのタイミングが早く感じられたけど、それもこのお店の生命線のようなもの

なのかもしれません。

お酒は、生ビール(中)@550×2、(グラス)@350、

紹興酒 ボトル(8年・640ml)@2,800×2 を注文。

Hand01 お会計は、1人当たり7,000円(千円未満四捨五入)

シェフの料理に対するガッツを感じました。

今回の中国料理満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。

 

楽山 (らくざん)

東京都調布市若葉町2-22-10

TEL       03-6905-7116

営業時間/ 火~日 11:30~15:00(14:30LO) 17:30~22:00(21:30LO)

定休日/  月曜日(夏季・年末年始)

大きな地図で見る

« ノブローからのお知らせ | トップページ | 海鮮名菜 香宮 (シャングウ) (月餅) 六本木 »

01.中華料理」カテゴリの記事

a-09.文京区・豊島区・練馬区・板橋区・北区」カテゴリの記事

b-3.東京・神奈川ディナー」カテゴリの記事

コメント

このスピード感、中華街で時々遭遇するテンポだ!
住宅街の中だけに、家族が食事しに利用するテンポなのかしら。

昔ながらの海老チリ、私も結構好きです(。・w・。 )

まるっとさん
こんばんは!コメントありがとうございます。
私の勝手な考えにすぎないのですが(^-^;
当店は立地が良いと言えません。
ですから、この内容(味&品数&ボリューム)にして
この価格設定でお客様の入りを確保したい。
でも、そのままじゃあ採算が難しいですよね。
つまりお客様に回転してもらわないと。
回転が生命線なのだと思うのです。

>昔ながらの海老チリ、私も結構好きです(。・w・。 )
お!まるっとさんも海老チリファン?
寝太郎さんと一緒だ(゚▽゚*) 
注文すると8割がた、ネタさんが食べちゃいますよ~。
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

この記事へのコメントは終了しました。

« ノブローからのお知らせ | トップページ | 海鮮名菜 香宮 (シャングウ) (月餅) 六本木 »