2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月30日 (月)

中国飯店 富麗華 (チュウゴクハンテンフレイカ) 東麻布

Fureika

ミシュランガイド星獲得店 「中国飯店 富麗華 」 久しぶりの再訪

本日は席のみの予約で訪問。コース料理は当日でもお願いすることが可能です。

ご案内をうけたのは右手ダイニングの壁際片側ソファ席。

テーブル・セッティングは、位置皿の上にナプキン、箸置き、箸は縦置き。

茶杯とソーサー、小皿。

卓上には、醤油、黒酢、酢、爪楊枝、ティーウォーマー。

温かい白タオル地のおしぼりは手渡しでいただけ、テーブルクロスは2枚敷き。

卓上にマスタードと豆板醤が出された。 

はじめに飲み物を聞かれたのですが、不覚にも前日の日本酒残りのため、

コース料理にセットされているお茶でお願いすることに。

さっそく卓上のティーウォーマー始動です。

フロアスタッフの方は常にお客様の卓上に目配りをなさり、お茶の注ぎ足しにも

余念がありません。ポットのお茶がなくなりそうになると、さっと替えももってきてくださるし

その様々なサービスの良さに退店時には、心も満たされたましたよ。

平日ランチ、2名でミニコースを選択。以前のような劇的な感動があるといいな。

ナプキンを膝にかけると、位置皿はスタッフの方によってさげられた。

お料理は、点心三品のみ、2名分一緒の皿・蒸篭でのサーブ、他はひと皿ずつ

各人ごとのポーションでの提供。もちろん、サーブ時のご説明ありです。

焼物前菜(本日の焼き物前菜)

蜜汁叉焼(ハチミツチャーシュー)とキュウリのXO醤和え。

作り置き感のないしっとりと柔らかいチャーシュー。

思わず笑みのこぼれる美味さ、甘さに品がある。

(ノブロー) 「富麗華」さんのハチミツチャーシュー、うめえ。

焼物のクオリティの高さ、変わらずだで。

点心三品(点心三種盛り合わせ)

1品は、チャーシューパイ。前回のミニコース時には、別注文でいただきましたが

今回はコースに組み込まれていました。

温かいチャーシューパイはさっくりとした歯触り。ほんのり甘く、スイーツっぽい味わい。

蒸し点心は2品。

1品は、ザクザクと切られたエビとホタテ入りの餡を、浮き粉を使った皮(澄麺皮)で包み、

XO醤で仕上げた贅沢な飾り餃子。

歯を入れるとむちんっとした弾力に素材の持ち味が続き、そしてXO醤の風味が広がる。

目で楽ませ、舌をも満足させてくれる完成度の高い点心だ。

もう1品は、ふんわりもっちりとした食感が特長のもち米と野菜の焼売。

しっかりとした味付けの中に香菜が香り、味の調和に優れているもの。

このあたりも野暮ったくならないところが富麗華さんの実力なのだ。

(ノブロー) 管理人の分、取り皿に移しただ。こいで、オラたちもごっちゃんになれるで。

もち米と野菜の焼売だけんど、豆板醤、ちょいとつけて食うてみ。

ぴりっとした辛みが味をひきしめるだ。

(レンタロー) 豆板醤の辛さも品がええんだで♪

冬瓜秋葵魚茸羹(冬瓜とオクラ 白身魚のスープ)

具材料は細かくカット。ほんのり生姜の風味も効いたとろみ塩ベース。

一口ごとに癒されるデリケートな味わい。

精妙な仕事ぶりをうかがう事ができる質の高いスープ。美味し。

欖菜四季豆(豚肉とインゲンの黒オリーブ炒め)

唐辛子入り、ビリっと濃厚。細かく切られた豚肉の旨みも加わり奥深い味わい。

もっと、食べたいけれど、お皿にちょこっとだ(涙) 

ミニコースでお得に提供していただいてる分、仕方ないのかな。

食べ終えるのが惜しい一皿。未練たらたらですが完食。

杏脯海鮮焼飯(杏と海鮮のチャーハン) 

ザーサイ付き。

たまたまなのか、ミニコースの炒飯は杏を使ったものが定番なのか、は不明ですが、

これも再びという印象。 私のコンディションによるものかと思いますが、

前回と比べると若干油っこいかな。でも、十分美味しいから良いのですけどね。

具材を細かく切ることにより、味の馴染み方を均一になさっています。

(ノブロー) 杏の甘酸っぱさが魅力だな。

管理人がなんと言おうが香り良し!味良し!だで♪

本日甜品(本日のデザート)

タピオカ入りココナッツミルク。普通に美味し。

芝麻湯圓

デザートのお皿をさげていただいたあと、お店からのサービスあり。

ノブローさんも会食に参加し、卓上まわりをちょろちょろしていましたので

「可愛いですね、中国からですか?」とお声をかけていただきました。

あら、芝麻湯圓もプチサイズで2個入りだね。

ひょっとしたら、君たちにどうぞ?ってことかな ( ´艸`) 召し上がれ。

(ノブロー&レンタロー) 唔該 靚女 Ojigi

 

会計後、帰りには丁寧なお見送りを受け気持ちよく店を後にしました。

中国料理満足度数は、★★★★☆(4.8)

今回ミニコース2回目ということもあり、同じお料理が数品あることと、

やはり大菜の量が少ないことで、0.2控えめになっていますが、毎回同様の

クオリティを保たれているのは素晴らしいことだと思います。 

さすが、富麗華Crown04 信頼度も高い。必再訪(*^・^)ノ

Okini02 《本日のお気に入り》 ・焼物前菜(蜜汁叉焼) ・蒸し点心(飾り餃子) 

・冬瓜秋葵魚茸羹  

 

中国飯店 富麗華 (チュウゴクハンテンフレイカ)

東京都港区東麻布3-7-5

TEL      03-5561-7788

営業時間/11:30~14:00L.O. 17:30~22:00L.O.

定休日   無休

2013年9月28日 (土)

海鮮名菜 香宮 (シャングウ) (月餅) 六本木

Syannguu

広東料理 「海鮮名菜 香宮」(シャングウ)

管理人宅某日・・・

(ノブロー) こりゃ「香宮」さんの土産だべかっ?管理人いつの間に・・・Bikkurime

(レンタロー) ノブ、早く開けてみるべえよ♪

これは、中秋の名月のときにお作りになられたものだそうよ。

中国では「中秋節」に月餅を食べる習慣があるのよね。

(ノブロー) んだ。みなで、切り分けてごっちゃんになるべ。

(ノブロー) おお!!蛋黄だで♪ オラ達んとこにも名月きただーー。 多謝 Patipati

(みに) 香宮のお兄さん「パンダちゃんは元気ですかっ?」

って聞いてくれてたよ。嬉しいね。

(ノブロー) ホントだか?!オラ達も、また兄ちゃんに会いてえなあ・・・Wai

「月餅」はくどさをもたせない品の良い甘さ。

お茶請けに、さらにカットしていただきましょう。

(ノブロー) で、こっちは「香宮」さんの辣椒醤だよ。たしか840円だ思うだ。

料理にちょい足し(つけ)で味のグレードが上がるで。 

みな、良かったらよろしゅう頼むだNagekisu_2

 

海鮮名菜 香宮 (シャングウ)

東京都港区西麻布1-4-44 シグマ西麻布Ⅱ1F

TEL      03-3478-6811

営業時間/月~土 11:30~14:00(L.O.)15:00(CLOSE) 17:30~22:00(L.O.)23:00(CLOSE)

定休日/  日曜日   

2013年9月26日 (木)

楽山(ラクザン) 仙川

Rakuzann

四川料理「楽山」(ラクザン)

当店のオープンは2008年5月。

オーナーシェフ、外山善之 氏はシェラトン都ホテル東京「四川」のご出身とのこと。

場所は、京王線 仙川駅より徒歩10分ほどの住宅街の中。

テクテク歩き、ようやく到着という感じで、入店するとすっきりとシンプルな店内は

テーブル席のみで16席と小ぢんまりしています。

先客は4名様が2組。これだけでもう店の半分は埋まっていることになる。

立地が良いとは言えない場所ですが、人が集まると言うことは期待大かな?

コース料理の場合は事前予約が必要とのことなので予めお願いしておきました。

この日のフロアは中国人のお姉さんが担当。シェフと2人体制になります。

テーブル・セッティングは、小皿、割り箸(横置き)、レンゲ、ドリンクメニュー。

卓上には、酢、醤油。

着座後にタオル地のおしぼりがトレー置きされました。

コースは2種類あるようですが、選択はリーズナブルな3,150円で、まずは様子見。

お料理はスープとデザートを除きすべて大皿での提供。

各自での取り分け作業が必要になります。

また、サーブ時に説明があるものと、ないものあり(聞けば教えてくださいます)

これは中国の方なので日本語が流暢に話せないからなのかもしれません。

したがって拙ブログでは、補足し記録しています。

前菜4種盛り

ピータン、くらげ、蒸し鶏、ツブ貝。

ピータンはアンモニア臭あり。薄味のくらげは柔らかい。

蒸し鶏のソースは芝麻醤がたっぷり感じられ、ちょっと甘めの棒々鶏風。

ですが、しっとりとした蒸し鶏に絡めあわせるとピリッとしていてなかなかに旨い。

ツブ貝はシンプルな味わい。花椒が効いてます。

取り皿に取り分けたところ。

付け合わせはトマト、キュウリ、大葉、白髪ネギ。

バランスはよいが、特筆すべき要素はなし。

アオリイカとコーン・キュウリの塩炒め

“魔法の粉”は感じられますが、味付けは悪くない。

イカもぷりぷりで、コーンも甘かった。

ただ、欲を言えばコーンはもう少しシャキシャキとした歯ざわりを望みたいところ。

牛肉と茄子の四川ソース炒め

けっこうサクサク出てきますsweat01

具材は他に、タケノコ、ピーマン(赤、黄)。

青椒牛肉絲に茄子を足して辛くしたいみたい……って、それはもう別の料理だ(^-^;

ピリ辛の四川ソースには、少し酸味も感じられる。

もうちょっと野菜のシャッキリした食感が欲しい。でも、茄子は皮をむいてあり、

一手間かけた仕事には好感度大。

空芯菜炒め

ニンニクがしっかり効いていて、味付けはよい。

ただ……ここのお店は、サービスのタイミングが早い!

18時半の予約で、店に着いたのは18時25分くらい。

で、4品目の空芯菜が出てきたのが19時。

酒飲みのわれわれとしては、もう少しゆっくりサーブしてもらえると、嬉しいのだけど……。

エビチリソース

海老は、芝海老だとしたら、けっこう大ぶり。ソースはほんのり甘く、昭和を感じさせる。

絶品ではないけれど、ちゃんと作ってくれている。

海老好きの連れ(寝太郎さん)は、コースのなかで一番気に入ったそう。

日本の四川料理の草分け、四川飯店以来の伝統を感じる味と大喜び。

陳麻婆豆腐

豆腐は、柔らかく絹ごしタイプ。

悪くはないのだけど……何かがちがう。

花椒は苦みが強い。油のからみが悪い。そして、粉っぽい……。

全体的に一体感に欠け、山椒だけが立ってしまっている。

挽き肉に肉の香ばしさが感じられない。

なんていうか、肉味噌ペーストみたいになってしまっている。

ひょっとして、作り置きをストック? と思ってしまう。

この辛さは苦手かなあ、と感じたけど、冷めてきたらそれには馴染んだ。

ただ、やっぱり、くどさが勝ってしまった。

高菜焼飯

〆の炒飯が出るまで、1時間経ってません。

やはり、コースとしてはサービスのタイミングが早すぎるように思う。

炒飯は、とくに印象に残るものではなかったかな。普通です。

スープ

コーンスープ。コーンの甘みがしっかり。

コースメニューで、このタイミングでスープが出るのは、じつは珍しい。

というより、一番リーズナブルなコースで、スープまで出るとは思いませんでした。

美味しい。個人的に馴染みやすい味で、ほっとしました。

いっぱい並んでいます……。

いろいろ申しておりますが、これ、一番安い3,150円のコースです。

それでこの品数とボリューム、内容はすごい。

シェフのサービス精神をひしひし感じます。

デザート

ライチのシャーベット。

市販品? でも美味しかった。寝太郎さんはあっという間にぺろり。

さて、コースの感想ですが。

一品一品のインパクトはそれほどではありませんでしたが、食べ終えてみると、

トータルのCPは高い。これだけの内容をこの値段で提供しているお店は、

数少ないと思う。

人気があるのもうなずけた。

私たちがいる間にも、他のテーブルは2回転目に入っているところもあった。

サービスのタイミングが早く感じられたけど、それもこのお店の生命線のようなもの

なのかもしれません。

お酒は、生ビール(中)@550×2、(グラス)@350、

紹興酒 ボトル(8年・640ml)@2,800×2 を注文。

Hand01 お会計は、1人当たり7,000円(千円未満四捨五入)

シェフの料理に対するガッツを感じました。

今回の中国料理満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。

 

楽山 (らくざん)

東京都調布市若葉町2-22-10

TEL       03-6905-7116

営業時間/ 火~日 11:30~15:00(14:30LO) 17:30~22:00(21:30LO)

定休日/  月曜日(夏季・年末年始)

大きな地図で見る

2013年9月24日 (火)

ノブローからのお知らせ

Baybay

(ノブロー) こんちは!オラ、今日はみなに報告あるだ。

(パスタ) ワンワォーン!(なんだよ!もったいぶって、みんな忙しいんだ。早く言え!)

(ノブロー) オラ、管理人たちと香港に行くことなっただ。

だで、その準備あるで「夢色探索」及び「中華日和」今までのようにいかなくなるだ。

(パスタ) ガブッ!ワンワン!(なんだとー!お前ブログやめるつもりかっ!

食のアイドルはどうした!この負け犬めっ!!)

(ノブロー) いでで、おめ、噛み癖なおってねえなあーーーー。

(ノブロー) 違うだよ。当分、毎日更新できねえって話だで。

(パスタ) ワォーン!(早くそれを言え!)

(ノブロー) 寸劇になっちまったけんど、そういうことなんだ。

中国料理の食べ歩きは続くけんど、更新速度、遅くなるな。

今まで、応援してくれてありがとだ。

また、会いてえな。                              再見!Ojigi

 

2013年9月23日 (月)

レストラン・μ(ミュー) 武蔵小杉

Myu

レストラン「μ」(ミュー) 再訪。 

ディナーの予約電話をいれたところ、コース料理@4,500のご説明も受けましたが

アラカルトで。なお、当日でもコース料理は受け付けてくれるそうです。

お客様は団体さまが中心に2組。2階席へのご案内を期待していたのですが

本日は2階への階段前には「closed」の札が。

おそらく来店客がすべて1階席でまかなえるからだと思う。

奥の4人掛け丸テーブル、窓際席利用。

テーブル・セッティングは、箸置き、箸(横置き)、メニュー、おしぼり用トレー。

ディナータイムにはペーパーナプキンも置かれていました。

さて、予約時にも確認したのですが、当店は夜も創作中華。

ボトルワインは、白で2,200円~、赤で2,500円~からの提供になります。

メニューを拝見したところ「美虎」さんのランチコースでいただいたものが

多くありました。

よだれが出るよだれ鶏 自家製辛味ネギだれ@950

前菜よりチョイス。

薄くスライスされた蒸し鶏の下には、キュウリや茹でもやしがごっそり。上には香菜。

辛味はほどほど。茹でもやしの水気で少し印象が希薄になります。

大きなエビがたっぷり入ったスペシャル春巻き(2本)@980

点心よりチョイス。

ソテーしたフレッシュとうもろこしの甘みと食感が嬉しい春巻。

とろっとプリっと熱々のうちに。

カツオの黒酢マリネ・豆乳煮凝り添え@980

前菜よりチョイス。

黒酢の香りが食欲をそそる一品。

「美虎」さんでいただいたときに特に気に入りましたので、リクエスト。

カツオの質がいまひとつ。皮目のあたりが硬く、黒酢も微妙に濃すぎる感じ。少し残念。

自家製チャーシューのμ特製おこげサラダ@1,700

サラダよりチョイス。

お店のお姉さんのお話によると人気メニューのうちの一つ。

もうひとつは、「五十嵐シェフ乗涎の一品 ウナギ麻婆」@1,900 だそうで、

白飯を注文し、召し上がられる方も多いとか。

ちょっと、まだご飯には早いよね、と判断した私たちはサラダを選択。

すると、すんごいボリューム。

薄切りの香ばしいチャーシューに山盛りの青野菜。

しっかり混ぜていただくと、オコゲのサクサクとした軽い食感がリズミカル。

新感覚でいただけるサラダでした。

本日、同行者は女子。

私たちも胃袋が小さくなりました。 意外にサラダの量がひびき

経験上、〆に当店のボリュームのある麺・飯は入らないと、これにてフィニッシュ。

お酒は、キリン一番搾り(生)@600×2、ボトルワイン@2,500、グラスワイン@500×2 で

Hand01 お会計は、1人当たり5,000円 

今回の中国料理満足度数、★★★Star04 (3.4)日常的なら満足で。

次回はウナギの麻婆豆腐をいただいてみたいな。

 

μ (ミュー)

神奈川県川崎市中原区今井南町405-1

TEL      044-819-7471

営業時間/ 12:00~14:30(L.O.14:00) 18:00~23:00(L.O.22:00)

定休日    月曜日(その他不定休) 

2013年9月22日 (日)

ダ・ペッピーノ (DA PEPPiNO) 銀座

イタリアン「ダ・ペッピーノ 」(DA PEPPiNO)

場所は、銀座マロニエゲート10階。

当店の予約は一休サイトから。

『 【期間限定】スパークリング含む9種2.5h飲み放題付!
マロニエゲート10Fからの夜景を楽しむ全7品!4700円

※フリードリンクのお時間延長も承ります。お気軽にお申し付けください。

※メニューは仕入状況等により変更となる場合がございます。予めご了承下さい。

利用可能人数     2~30名
販売期間     2012/03/01~2013/11/30
ドレスコード   なし。 

一休サイトのプラン紹介によると

味はもちろん、納得のボリュームなので、女子会から合コン、
各種お祝い事にもおすすめです!
銀座の夜景とプレミアムな夜を全てのお客様にプレゼント致します!
銀座で一番の味、サービスを喜びに変えて!
9種類の豊富な品数のフリードリンク。さらに期間限定でスパークリングワインも
飲み放題に!! 』                     というものでした。

入店すると、ぐっとカジュアルで小狭い店内は人がわんさか。

ご案内いただけた2人掛けテーブル席も隣との間隔が十分にとられていないため

居心地が良いとは言い難い。

テーブル・セッティングは、取り皿、ナプキン、カトラリーレスト、フォーク、ナイフ、

使い捨て紙おしぼり、グラス。

パルミジャーノチーズを使った野菜サラダ

パン

前菜の盛り合わせ(5種以上)函館産魚のカルパッチョ、カプレーゼなどなど!

有機野菜のバーニャカウダ

温菜 ナポリ名物のゼッポリーネ モチモチの食感!

イタリア本場のパスタ イタリアで修行を積んだ味

メイン 地鶏のロースト香草の香りをまとわせて

デザート三種盛り イタリアンデザート

                          ※一休プランのメニューより

お料理は狭い卓上に次から次へと運ばれてまいります。

なので、こちらも強引に処理する感じで落ち着けませんでした(涙)

お料理で印象に残ったものは、ゼッポリーネ。

塩味がきついのですが、中では口に合いました。

あと、フリードリンクの時間延長がきいたのが救いかな。

夜景も見えるには見えますが、くつろげる感じではありませんから

デート向きではないように思えます。

イタリアン満足度数及びフリードリンクを含めたプランの満足度数は見送ります。

失礼いたしました。  

 

ダ・ペッピーノ (DA PEPPiNO)

東京都中央区銀座2-2-14 マロニエゲート 10F

TEL      03-5524-5033

営業時間/  11:00~15:00(L.O) 17:30~22:00(L.O)

定休日    無休 

大きな地図で見る

2013年9月21日 (土)

辰春(タツハル) 中目黒

Tatuharu

中国酒家「辰春」(タツハル) 

前回は夜桜見物のあとに訪問しましたが、今回は初回同様のランチ訪問。

厨房前のカウンター席の利用。卓上周り変わらず。

週替わりランチを含めランチメニューも初回と変らず5品。

さんざん悩んで、やっぱり麻婆豆腐@900 を注文。

スープはあおさの吸い物仕立て。

さっぱりとした口当たりでほんのり梅の風味がしました。

小鉢は、魚の揚げ物。 おかずになり得るしっかりとした味付け(ネギ塩)

豆豉のコクが出た旨味のある麻婆豆腐は仕上げに花椒をひとふり。

本日は挽肉の香ばしさが不足気味、また、(細かすぎて)肉の食感が欲しいところ。

中目黒では、中国料理は「辰春」さん、推しの自分です。

また定期訪問させていただきたいな (o^-^o)

ランチ満足度数は、★★★☆(3.5)消極的に好き。

 

辰春(タツハル)

東京都目黒区中目黒2-10-11 プラムハイツ1階

TEL      03-3791-7230

営業時間/ 月~金11:30~14:00(LO) 18:00~22:30(LO)
                  土、祝 12:00~14:00(LO) 18:00~22:30(LO)

定休日    日曜 (月曜祝日の場合は、月曜日が休み)

2013年9月20日 (金)

楽記 外苑前(番外編)

焼烤(広東式焼物)とヴァンナチュール(自然派ワイン)の「楽記

(ノブロー) うんしょ、うんしょsweat01

(レンタロー) ノブロー、そのワンコロ、どこの子だで?

(ノブロー) こいつは、ショウ(愛称)言うだ。「楽記」の兄ちゃんが連れてきてくれただ。

ショウは、閉店になった銀座の「グレープガンボ」さんでお客さんが落としていった子

なんだそうだ。 で、店長さんに保護され、7年も預かられている子なんだよ。

「楽記」さんは「グレープガンボ」さんの移転によるもんなんだな。

(ノブロー) オラ、ショウに飯食わせるだよ。ほれ、着いただよ。ショウ起きるだ。

(ノブロー) 咸魚鶏粒炒飯、うめえか? 

おめのホントのご主人さん、見ててくれて迎えにきてくれるとええな。

兄ちゃんもそれを願ってオラに託してくれただよ。優しい兄ちゃんだな。

(ショウ)  うん。

「楽記」のみんな、いい人だから助かっているよ。

ノブロー、うちの焼物も食べた? 香港で特注した炭釜で焼いているんだよ。

(ノブロー) ああ、ごっちゃんになっただ。うめえ!おめんちの焼物は最高だで。

(ショウ) ノブロー、ダイスキ。むぎゅーーheart

(ノブロー) いでで。おめ、愛情表現が過激だで。おめの手、クリップだでーー。

ショウちゃんは、普段ボトルにつかまって寝ていることが多いんですってzzz。

今度、来たときにはご主人さまのところに帰れているかな。

(ノブロー) なつっこいワンコロだで、いねえとなると寂しい気もするな。

 

楽記

東京都渋谷区神宮前3-7-4

TEL             03-3470-0289

営業時間/  月~金 18:00~23:00 土 15:00~21:00

定休日     日曜日

2013年9月19日 (木)

楽記 外苑前

Rakki

広東料理「楽記

2013年7月30日、オープン

焼烤(広東式焼物)とヴァンナチュール(自然派ワイン)がウリのお店です。

東京カレンダーの情報によると、当店は

香港通でも知られる写真家&茶人の菊地和男 氏と 自然派ワインの先駆者 「祥端」

「グレープガンボ」の勝山晋作氏 がタッグを組んだものである、

ということだから見逃せない。   

スケジュールを調整し、予約のうえ訪問。   

最寄り駅は外苑前。 外苑西通り、南青山三丁目交差点を千駄ヶ谷方面に曲がり直進。

通称 キラー通り、ワタリウム美術館先の道を左折した突き当たり。

ピンク色のネオン看板が、夜の闇に映える。

入店し、予約の旨を伝えると階段を下りた地下へのご案内。

このとき拝見したところ1階には焼物が吊るされた厨房とカウンター席4席ほど、

2階も客席になっている様子。

木目を基調としたモダンな店内は、肩が凝らずカジュアル使いができそう。

私たちは壁際の2人掛けテーブル席の利用になった。

テーブル・セッティングは、取り皿、箸、ナプキン、ワイングラス。

着座後にメニュー、タオル地のおしぼり(温)が手渡しされた。

ドリンクを見たところ、ここは、焼物とワインのマリアージュを楽しむお店で

あるべくビールが記されていない。

念のため、スタッフの方にお聞きしたところ、生は置いていないのだけれど

瓶ビール サッポロ(500ml)は用意できるということなので、まずは1本。

脆皮燒肉:皮付き豚バラ肉のクリスピー焼き@1,300

焼きたて感あり。皮目はカリッと、しっとりしたバラ肉の脂身もウマウマ。

噛み締めるほどにじっくり美味いんですよね。で、品の良い味わいです。

蜜汁叉燒:炭火釜焼きチャーシュー@1,300

しっかり甘いけれどもくどさがない。ふっくら柔らかくてとってもジューシーです。

そして、焼物には香菜が合う!

燒鴨:炭火釜焼きアヒル 1/4羽@1,900

半羽は3,600円。2人でも注文しやすい1/4羽があるのは嬉しい。

アヒルも下手なところでいただくと独特の臭みがあるのですが、当店のものは

香りはあるけれど臭みは感じません。

シンプルですが、肉の旨味にあふれ、もちろんそのままでも十分に美味しいのだけれど

蘇梅醤は、自家製の梅とパイナップルとショウガをあわせたものとのこと。

これでいただくのもまた美味し。

(ノブロー) 付け合せの花生(落花生)も桂皮が効いてるな。 オラ、好きなんだ。

(みに) 茹でピーナッツは箸休めにもなるよね。

当店の焼物のすごさは、もたれ感がないところ。

中華街あたりの焼物だと、途中で箸が休止してしまうんですけど、自分でも

不思議なくらいすんなり胃袋におさまっていく。

郊外油菜:本日のお野菜 

ひゆなの腐乳炒め。

お肉で赤ワインも最高に美味いのだけれど、ここいらで野菜も食べておかないと。

ひゆなは中国野菜。炒めると赤紫色の汁がでます。

ナチュラルで優しい味がしました。

2人だと品数をたくさん頼めないのは残念。〆を注文。

咸魚鶏粒炒飯:ハムイ入りチャーハン@1,400

塩漬けし発酵させた干し魚と鶏肉の炒飯です。

長粒米使用。 パラパラ炒飯という言葉に相応しい仕上がり。

もう少しワイルドでも良いのでしょうが、当店らしく品の良ささえ感じる味わい。

かなり旨し! レンゲをもつ手がフル回転。美味しさが止まらない。

香港でも咸魚鶏粒炒飯をいただいたことのある、連れ(寝太郎さん)曰く

「人生最高の咸魚鶏粒炒飯だ!」と鼻息が荒い ( ̄▽ ̄)

本日、注文のワインは、PRINCIPIANO Dolcetto d'Alba "Sant'Anna@5,000

奥行きのある味わいで、いつもはガバガバ、ワインを飲む私達も1本で十分に満足。 

焼物に使われている肉も質が良いのだと思います。

肉を噛み締めいただく赤ワインの美味さたるや格別Crown04 

そりゃあ、そうだ。

マニアックな両氏(菊地・勝山)の舌を満足させるお店なのですから不味いわけがない。

 

印象としては、当店、どのお料理も美味しいのですが、一般の広東料理店というより、

美味しい焼物をつまみにワインの杯を重ねる大人仕様のワインのお店。

と、(おそらくプランどおり)うまいところを押さえてきた。

また、現在メニューを拝見したところ、さほど料理の品数は多くありません。

が、清蒸もいただけます。魚は三重直送、内容は日によって変るそうで時価。

スタッフのお兄さんのお話によると、100gあたり1,000円~

300g~500gで提供されるのだそう。

Hand01お会計は、1人当たり7,000円(千円未満四捨五入)

満足度数は、 ★★★★(4.4) 積極的に好きです。必再訪!

がっつり肉で赤ワインを召し上がりたい方に特におすすめ Wink01

Okini02 《本日のお気に入り》 ・脆皮燒肉 ・蜜汁叉燒 ・燒鴨 ・咸魚鶏粒炒飯

 

楽記

東京都渋谷区神宮前3-7-4

TEL             03-3470-0289

営業時間/  月~金 18:00~23:00 土 15:00~21:00

定休日     日曜日

大きな地図で見る

2013年9月18日 (水)

木蘭(ムーラン) 茗荷谷

Murann

中国料理「木蘭

最寄駅は東京メトロ・丸の内線 茗荷谷駅。

春日通りとは反対の駅の裏あたり、徒歩30秒ぐらい。

派手なインド料理屋の看板は目に付くのだけれど、その2階の当店はあまりに

さりげなさすぎて見落としてしまいそうだ。

某日曜は、この付近に所用があり、帰りに近くで夕飯でも、ということになった。

当日、電話をいれたところ、土・日曜日の夜はコース料理のみの対応

(3,500~5,500円)、プリフィックスだと言う。

階段を上り入店。当店はご店主が一人で全てをまかなっているご様子。

「どこでもお好きな席に」とのお話なので、窓際の2人掛けテーブル席を

使わせていただくことにしました。

カジュアルですが、すっきりと落ち着いた店内は、テーブル席のみで、

ぐるなびによると総席数24席。

入り口から見て右手奥が厨房、私達の席は死角かと思いきや意外に見通しが良い。

テーブル・セッティングは、箸置き、割り箸(横置き)といたってシンプル。

本日はコース料理ですが、特別ナプキンが追加されることもありません。

着席後、タオル地のおしぼり(トレー置き)、メニュー。

席の脇にブラックボードが置かれコース料理についての簡単な説明を受ける。

コース料理は3種類。3,500円、4,000円、5,500円。

当初3,500円のコースで良いかと思っていたのですが、4,000円になると

ブラックボードからお料理が選べるのだという。

急な訪問のため、事前情報としては、当店は四川料理店ということだけで予備知識なし。

街場のベタな中華のコース料理を出される店かと想像していたのですが違いました。

当店は、四川料理のエッセンスを組み込んだ新感覚の中国料理店。

ブラックボードに記されたお料理は、独自性を加味し面白みがありました。

したがって4,000円コースを選択。

料理は一部を除き、大皿での提供。各自での取り分け作業が必要になります。

またサーブ時に説明はなし。(こういうお店もはじめてだ)。

ですから、記録は正確さに欠ける点があるかもしれません。

前菜盛り合わせ

皮蛋(ピータン)、叉焼、ザーサイ、アジの刺身、エビの紹興酒漬け、棒棒鶏。

お洒落な器に盛り付けられ、野菜もあしらわれています。

鶏は、口水鶏(よだれ鶏)ではなく蒸し鶏だと思うのですよ。

ごまだれ風味、味付けはマイルド。 違っていたらすみません(汗)

前菜の中では、 松葉模様が出ている皮蛋が口に合いました。

自家製点心

四川の水餃子。紅油水餃だと思います。

五香粉の香る甜醤油に芝麻醤の効いたタレは甘め。

自家製点心が1個なのは、少し寂しい。

~下記と黒板メニューより3種類お選び下さい~

  ・酢豚 ・牛肉とたっぷり野菜の黒胡椒炒め ・あっさりカニ玉
  ・ピリ辛麻婆豆腐 ・若鶏唐揚げ薬味ソース
  ・いろいろ野菜~ 干し貝柱煮込み または 塩味炒め
  ・大エビ~ チリソース  塩味炒め  マヨネーズソース トウチ炒め
            なお、3,500円コースでは大エビではなく芝エビ。

大エビ マヨネーズソース

3,500円コースでは、調理法にマヨネーズソースがありませんでしたので選択。

お店で取り分けてのサーブ。

カリっと衣にぷりぷりのエビ。ソースは甘すぎず、重たすぎず、程よい。

エビ好きの連れ(寝太郎さん)を満足させたよう。

皮付豚肉の回鍋豚

黒板メニューより選択。

キャベツ、ナス、ゴーヤ、ネギ、朝天干辛椒。

肉は噛み締めるほどに旨みがじゅわじゅわ。いい感じに美味い。

回鍋豚は四川料理を代表する中の一つ。

皮付豚肉を使われるところは本格的なのですが、蒜苗ではなくキャベツ。

甜麺醤が効き、こってりと甘く白飯に合う味付け。もっと辛い方がいいなあ。

ピリ辛麻婆豆腐

豆腐は口当たりの良い絹ごしタイプ。ニンニクの芽使用。

一応、花椒も効いてはいますが、凡々。抜きん出るには何かが足りない。

それは、気合だ・・・・!!スピリッツなのだ!

担々麺

食事は 担々麺、あんかけ焼きそば、あっさり葱汁そば、炒飯より1つを選択。

炸醤肉(肉そぼろ)、青菜(チンゲン菜)、刻みネギ、白ゴマ、干しエビなど。

麺は細めの縮れ麺で、チープ感は否めない。

後半スープに塩辛さがでてくるものの、カリカリに炒められた炸醤肉が香ばしく

思いのほか、箸を進めさせてくれた。

自家製杏仁豆腐

上には柑橘系のジュレ。自家製杏仁豆腐は舌に粉っぽさが残るかな。

この日、夜の客は私達のみ。

20時40分の退店時には、表の看板が早々と「閉店」に変わっていた。

料理はお客様の進行に合わせて1品ずつ出してくれますし、味も全般的に

悪くはありません。

ご店主とお話をさせていただいたところ多々ジレンマがおありのよう。

もっとレベルの上がる要素ありのお店なのですが、気力の不足が残念。

生意気を申してすみません。また次回に、期待しています。

Hand01 お会計は、1人当たり7,000円(千円未満四捨五入)

お酒は、イチオシの紹興酒、古越龍山 5年(500ml)@2,650×2、グラス@650を注文。

状態も良いもので、私達を楽しませてくれました。

今回の中国料理満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。

 

木蘭 (ムーラン)

東京都文京区大塚1-1-14 田部井ビル 2F

TEL      03-5976-3751

営業時間/ 11:30~14:00 18:00~22:00 (日曜日はランチ営業なし)

定休日    月曜日 

大きな地図で見る

2013年9月17日 (火)

美林華飯店(ビリンカハンテン) 六本木

Birinnka

中国料理「美林華飯店」(ビリンカハンテン)

ぐるなび等の情報によると、総料理長 福永培華 氏は中国飯店の総料理長を

歴任された方だとか。

場所は六本木駅より徒歩10分弱。

六本木交差点から向かい飯倉片町交差点を越え、外苑東通り沿いに面した

右手ビルの2階。 「浅野」さんの並びになります。

階段を上り、入店すると肩の凝らないカジュアルな店内はテーブル席のみ。

総席数48席(個室あり)とのことです。

本日は入り口に近い4人掛けテーブル席の利用。

時間帯が遅かったためなのかはわかりませんが、テーブル・セッティングは、なし。

着席後に、ロゴ入り箸袋に入った箸(横置き)、タオル地のおしぼり(トレー置き)、

冷たいお茶とメニューがリズミカルに提供された。

当店の名物は、料理長が考案した逸品とされる国産豚肉を使用した黒酢和え

(黒酢の酢豚)。本日の注文は、これと決めていたので、サービスランチを控え

小贅沢に定番料理からオーダー。

すると、スタッフの方がサクサクと、スープ、ザーサイ、御飯、

続いて「サービスです」、とフルーツを置かれていかれた。

あれ、ずいぶん気が早いね。酢豚が来る前に冷めちゃうよ・・・(汗)

なお、御飯とスープはお替りOKとのこと。

排骨(黒酢酢豚)@1,200

スープ、御飯、デザート、コーヒー付き。

テーブルに一番乗りをしたとろみの強い塩味ベースのスープには豆腐、野菜、

溶き玉子など。水溶き片栗粉の按配がいまひとつで、かなりしっかりしたあんかけ状態。

若干粉くささもある。最初から冷め気味でしたが、主菜がそろったときにはもう冷え冷え。

愛がないんだよな。

酢豚さまも、そんなものかしら・・・

中国飯店名物と謳う「黒酢の酢豚」、「潮夢来」さんではじめていただきましたが、

私の思い描いていたものとは異なったし、

と半ば観念する思いで、箸をつけたところ

――えっ・・・旨い!!

なんだこれ?全然、味が違うじゃない。

歯を入れると外側かりっと、次の瞬間には肉の旨みがじゅわっとあふれてきた。

肉の存在感を残しつつ柔らかい酢豚は、黒酢との一体感にも優れています。

なるほど、これが長い間、中国飯店を支えてらしたシェフの味。

これこそが、本来の中国飯店の黒酢酢豚なのだ。

実力の高さがうかがえました。

本日の御飯のコンディションは、やや柔らかめであるものの、まずまず。

私自身、酢豚With御飯というキャリアがなかったので、白御飯に合うのか

想像できなかったのですが、当店の酢豚は合う。びっくりだ。

ひるまず食べてよかった、名物料理 ( ̄▽ ̄)

食事の後半には、コーヒーをHOTにするかICEにするかを聞いてくださいました。

チョイスはICE。デザートは杏仁豆腐。ツルンツルンした舌触り、特筆なし。

壁には有名芸能人などとのツーショット写真あり。

まあ、ここらへんは私には関係ありませんので、どうでも良し。

黒酢酢豚の質の高さが光るランチでした。

利用のランチ満足度数は、★★★☆Star04 (3.6) 消極的に好きです。

 

美林華飯店(ビリンカハンテン)

東京都港区麻布台3-4-10 麻布誠工社ビル 2F

TEL       03-3583-6568

営業時間/ 月~土 11:30~15:00 17:30~23:00(L.O.22:30) 
          日 17:30~23:00(L.O.22:30) 

定休日/  無休 

大きな地図で見る

2013年9月16日 (月)

煌家 (コウカ) 自由が丘

Kouka

中国料理「煌家」 (コウカ)

最寄り駅は自由が丘。正面出口から「蜂の家」さん手前を右折し直進、信号を

渡り一つ目を左折した通り沿い。

かなり昔からこのお店ありますよ。

○十年前ですが、道を挟んだ前のインテリア雑貨「わたしの部屋」に買い物に

来るたび気になっており、当時も小洒落た外観で、いいお値段がするのでは?

と、心配が先にたち、その頃の私の経済状態では訪問できなかったお店です。

某日はアテにしていたお店がお昼の営業を止めたためランチ難民化。時間は14時ごろ。

当店のことを思い出し、ふらりと入店してみました。

明るくて落ち着きのある店内はテーブル席のみ。

昼の遅い時間にもかかわらず客入りは8割、しかも女子ばかりだ。

この日、フロアにでられて、接客にあたられているのは、気さくなおじさんを含め3人

(男2、女1)。 もっと堅苦しいものを想像していたのですが、意外にくつろげる。

テーブル・セッティングは、茶杯、ロゴ入り箸袋に入った割り箸(横置き)

卓上には、醤油、酢、辣油、胡椒、からし、爪楊枝、紙ナプキン。

着座後、業務用袋入りおしぼりとステンレスポットが置かれ、はじめの1杯は

スタッフの方により茶杯に注がれた。

中華弁当@1,365

週替りサービスランチは5種類。

全品1,050円均一で、料理一品・シューマイ・サラダ・ライス・お漬物・スープ付き。

それも良かったのですが、目を移すと料理二品付きの中華弁当が1,365円で

提供してくれているではありませんか。

一人だって、おかずが二品食べたいよ!

という欲求を満たしてくれる有難いお弁当。

続きを読むと、お弁当の「料理は日替わりになりますのでスタッフにお尋ねください。」

と記されていた。 さっそく先ほどのおじさんをつかまえて聞いてみる。

「ちょっとお待ちください」 とおじさんは確認作業。

「今日はイカと青菜のピリ辛炒めと茄子味噌炒めですね」 とのこと。

二品味付けが異なるわけだし、楽しめそう。

本日のオーダーはこれに決定♪ ( ´艸`)

仕切りのついたお弁当箱の中には、料理二品・シューマイ・サラダ・ライス・

お漬物(ザーサイ)。

塩味ベースのスープには、溶き玉子に細かく切られた豆腐。

ほとんど、同時に運んできてくださった。

イカと青菜のピリ辛炒めの具材は、他にシメジ、銀杏、タケノコなど。

鷹の爪とともに炒められ、味付けは醤油。刺激的な辛さはなし。

茄子味噌炒めは、挽肉入り。予め作り置かれていたのかは不明ですが

茄子はくってん、くってん。

ジャージャー麺の肉味噌のように甜麺醤が効いてこってりと甘い。

この料理二品は、ご飯の量に比べボリュームあり。

おかずっ食いさんには嬉しい話なのですが、ペース配分を考えなくてはならない。

甘みがたっぷりなシュウマイは柔らかく、サイズも大きい。

下には千切りキャベツと脇には、カットトマト、春雨サラダもこのスペースに

組み込まれています。

味付けはいまどきのハイセンスな中華とは異なり、昭和を漂わせていますが

それならではの安心感がある。

食べ応え十分の中華弁当、しっかり完食いたしました。

中には、食べきれないお料理の持ち帰りをお願いしているご年配のお客様も

いらしてお店の方も気持ちよく対応なさっていましたよ。

このあたりも、長く地元に愛されているお店の所以ですね。

会計時には、夕食サービス券(10%引き)をいただきました。

ランチ満足度数は、★★★Star04 (3.4)日常的なら満足で。ご馳走さまです♪

 

煌家 (コウカ)

東京都目黒区自由が丘2-9-4 岡ビル 1F

TEL      03-3717-7018

営業時間/  11:00~15:00 17:00~21:00

定休日/   水曜日 

大きな地図で見る

2013年9月15日 (日)

艇家大牌トン(テイカダイパイトン) 日暮里

Teika

香港海鮮屋台料理「艇家大牌トン」(テイカダイパイトン)。 定期訪問→前回

当店に何度もお邪魔させていただいていますが、未だ私たちはグランドメニューから

お料理を構築したことがありません。

今回は、時価になりますが、外せない清蒸のみ予約。

他は、当日アラカルトでチョイスしてみようと言う試みです。

(なお、グランドメニューの撮影はお控えくださいと記されております)

活き巻海老の姿蒸し(2名分)→水槽の活き巻きエビの香り蒸し@1,890

1人あたり3尾。相変わらずの美味しさ。

「艇家」さんに来たらやっぱりここからスタートしなくちゃ!!

カリカリ海老すり身団子揚げ@880

このお料理、見覚えあり。

調べたところ7月の記録でも登場していました。

ぷりっぷりとした弾力がうれしい揚げ団子は塩がしっかり効いて

このままでも味が仕上がっています。お好みでさんざしの甘酢ソースをつけて。

帆立と豆腐の黒豆ソース蒸し@880

付け合せの青菜が異なりますが、4月の記録で登場。

青菜が美味しい汁を吸ってくれてますよ。

あかにし貝と野菜のXO醤炒め@1,380

貝は異なりますが、XO醤炒めは、3月の記録で登場。

野菜は、シメジ、エリンギ、パプリカ(赤・黄)、生とうころこし。

ピリッと辛くてお酒のつまみに良し。

アズキハタの姿蒸し (時価) 

6月の記録で登場。 やはり、美味しW03

時価の目安は100g、2,000円~だったと思いますが、メモを紛失。

詳しくはお店にご確認ください。

ジャスミンライスお替わりは有料のよう。

スルメイカのスパイスソルト揚げ@1,180

XO醤炒め同様、3月に実食済み。印象変わらず。

なんと、知らず知らずのうちにグランドメニューのお食事もいただいていたんですね。

つまり、コース料理にセットされているお料理はグランドメニューから、

またはグランドメニューをベースに食材を少し変えてだしていらっしゃるのかも。

となると、私達の場合はコース料理でシェフにお任せしていいかな、と思う。 

今回のアラカルトで、また一つ勉強になりました。

お会計は、生ビール(中)@600、(小)@380、ボトルワイン3本で

Hand01お会計は、1人当たり13,000円(千円未満四捨五入) 

中国料理満足度数は、★★★★★ 特別というか、いまや別格!熱烈定期訪問(*^・^)ノ Star01

Okini02 《本日のお気に入り》 ・活き巻海老の姿蒸し ・アズキハタの姿蒸し

 

香港海鮮屋台料理 艇家大牌トン(テイカダイパイトン)

東京都荒川区東日暮里6-14-4 19メモリービル1F

TEL      03-3806-4427

営業時間/  月~土 18:00~23:00(L.O.22:00)

定休日    日曜日 (定休日のほかに月2回休み)   

2013年9月14日 (土)

クルン・サイアム 中目黒店

Kurunnsaiamu

タイ料理「クルン・サイアム」中目黒店。 夏の時期に、久しぶりの再訪

本日は入り口に近いテーブル席の利用。

カトラリーケース内には、割り箸、フォーク、スプーン、使い捨て紙おしぼりがセット。

ポピア・ソット Sサイズ@400

通常サイズは750円。2人での利用なのでSサイズで。

もっちりとした皮に包まれているのは、鶏肉、エビ、キャベツ、玉子、ニンジン、

パクチーなど。全体的にキャベツ多し。スイート・チリソースで。

パーム・マクア@980  唐辛子印は

ナスと豚肉のチリペースト和え甘辛サラダ。

なす、豚肉、パプリカ、紫タマネギ、パクチーなど。

ピリッと辛いというより濃厚でビリッとした辛さ。

ガイ・ヤーン@950

自家製たれに漬け込んだ鶏肉バーベキュー。

お肉が硬い。皮の部分はヘナヘナしているし、レンジでチン感あり。無念。

これは、ちょっと物足りないなあ。

添えられているのはオリジナルの辛いソースのよう。

ワインは3,000円台より。ちゃんとワインクーラーも用意してくださいます。

生ビール(黒ラベル樽生)@580×2ボトルワイン2本、グラスワイン(白)@600で

Hand011人当たり6,000円(千円未満四捨五入) 

タイ料理満足度数は、★★★Star04 (3.4)日常的なら満足で。ご馳走さまでした。

 

クルン・サイアム

東京都目黒区上目黒1-6-5 森ビル2F202

TEL      03-3714-6566

営業時間/ 11:30~15:00(L.O.14:30) 17:00~23:00(L.O.22:00) 

定休日    不定休

上海わんたん・食彩厨房 蒲田

上海わんたん・食彩厨房」 再び

テイクアウトのわんたんを購入しにきたのですが、せっかくなので私も食べていこう。

ミックスわんたん 8個と 上海春巻き1個 をいただく。 変わらず美味い。

今日も開店と同時に満席。外には、すぐに待ちのお客様もできた。

なお、夜の営業は当面見合わせることになったそうだ。

 

上海わんたん・食彩厨房  

東京都大田区蒲田1-13-7

TEL      03-3739-1883

営業時間/11:00~14:00

定休日/  日曜日、第2と第4の月曜日 

満足度数、★★★★Star04(4.2)

2013年9月13日 (金)

台湾料理 新東洋 (シントウヨウ) 御徒町

Sinntouyou

台湾小菜「新東洋」(シントウヨウ)

場所は、JR御徒町駅北口より線路沿いにアメ横(左)に入ります。

上野方面に進行していくと上記看板が見えますので、ガード下の衣料品店に入り

通り抜けると細い通路があります。当店の入り口はここから。

狭い階段を上り扉を開けると、

お店のお姉さんが「いらっしゃいませ。2名様こちらに」 と窓際席に誘導。

段差をのぼり、右手に厨房を見ながら指定されたテーブル席に着席。

時計を見ると12時少し前で先客は2組ほど。

ちらっと拝見したところ、このあたりにお勤めの女性なのでしょう。

(お店の)制服姿でお財布を片手にした常連さんも来店されて

お店の方と笑顔で言葉を交わされている。

地元に愛されているお店のよう。

卓上には、胡椒、爪楊枝、メニュー。割り箸は箸立てにまとめて。

おしぼりはナシで、着座後に冷たいお水の提供あり。

メニューを手にしてみると、ランチタイムは台湾料理としてあまり特色のある

お料理はみられない。

アメ横の中にあり、近くで働く方々のみならず買い物客を意識されてか、

親しみやすい内容のものばかり。

焼ビーフン@700

具材は、豚肉、キャベツ、ニンジン、キクラゲ、タケノコ、小松菜、白菜など。

味付けは塩。油ギトギトというほどではありません。

個人的に欲を言わせていただくと、干しエビ類が入ると嬉しいところ。

ですが、このお値段から判断すると十分。

(ノブロー) ボリュームたっぷりだで。ありがてえよ。

パイコーメン@750

カレー風味のパイコー。肉は少しパサパサ気味なものの許容範囲内。

しっかりして力強い衣は、次第にスープを吸い込み、ふにゃっとしてくる。

この過程もまた楽し。 他には、茹でもやし、高菜、刻みネギ。

麺は中太ぐらいでチャンポン麺のように丸いタイプ。うん、美味い。

スープは醤油味ベース、後半にはしょっぱくも感じましたが、難なく完食。

私には、アリな味でした。

当店のランチ、近隣に勤めている場合には、

使い勝手も良く寄らせていただくお店かと思います。

今回のランチ満足度数は、★★★(3.4) 日常的なら満足。ご馳走さまでした。

 

台湾料理 新東洋 (シントウヨウ)

東京都台東区上野6-10-2 2F

TEL      03-3831-8822

営業時間/ 11:30~16:00 17:30~23:00

定休日    無休

大きな地図で見る

2013年9月12日 (木)

北京(ペキン) 芝パークホテル店 芝公園

Pekinn

中國料理「北京」 芝パークホテル店。

「色香味倶全」(眺めて美しく、芳香に満ち味は天下一品)とたたえられる北京料理。

当店は、1960年にオープンした日本のホテル内初の高級中国料理レストランであり

姉妹店は「北京」帝国ホテル店など。

場所は、都営地下鉄大門駅A6出口を出て直進、芝大門の交差点を右折した

道沿いの芝パークホテル 本館 B1F。

ちなみに、芝大門の交差点には、「楓林」さんがあります。

入店し、ご案内を受けたのは中ほどのテーブル席。

席数は84席(個室3室)ということですから、ホテル内のレストランとしては

それほど大きくはないのかもしれません。

テーブル・セッティングは、箸置き、割り箸(横置き)、ナプキン

レンゲ置き、レンゲ、テーブルフラワー。テーブルクロスは2枚重ね。

卓上には、醤油、酢、からし。

着席後、タオル地のおしぼり(トレー置き)、と茶杯にて中国茶のご提供。

本日の訪問には、お目当てあり。

それが、ランチ限定 丼ぶり・麺 です。

まずは、セットのスープとザーサイが運ばれてまいりました。

スープは白湯。具材は白菜、ニンジン、ハム、春雨。

きっちり出汁をとられているので、胃袋にじんわりしみ込むように優しく美味い。

当店の料理長は、越川 智 氏。

「北京」帝国ホテル店の洋葱燉鶏湯(名古屋コーチンと新玉葱の ポットスープ)にも

感心させられましたので、「北京」さんのスープは真面目に出汁を取られる

信頼のおける味と言ってよいのかもしれません。

砂鍋魚翅飯(ふかひれ姿煮 丼ぶり)@2,800

丼ぶりには、砂鍋鮑魚飯(あわび姿煮 丼ぶり)@2,800もありますが、

チョイスはふかひれ!

あっつ熱でサーブ時には、湯気がもくもくのぼっていたんですよ。

野菜は、茹でもやし、チンゲン菜など。

薬味は刻みネギ、干した貝柱をほぐしたもの(からりとしています)、

豆鼓入りの辣椒。お好みで使えます。

私は干し貝柱とネギは砂鍋に投入しましたが、辣椒は箸でちょこっとつまんでは

レンゲで丼ご飯を2~3杯というペース配分でいただきました。

醤油あんで煮込んだふかひれは、基本の出汁がきちんとしているので無敵。

さらに、ご飯はただの白飯ではありませんよ。ひと手間かけた玉子炒飯です。

底には、嬉しいオコゲができてます。

これがカリカリと香ばしくて超ウマイ。

ふーふー、はふはふ。 後半、しなっとしたオコゲも香ばしさは健在。

一口目の感動と美味しさは砂鍋の中が空になるまで変化しながらも持続。

心と胃袋を満たしてくれるのだ。

ふかひれもこのお値段にしては納得の大きさ。

支配人さんのお話によると、このランチ限定、ふかひれ姿煮 丼ぶりは閉店に

なってしまった、御殿山の「北京」さんでの人気メニューなんですって。

このたび、復活させようという運びで、当店でいただけるようになったそう。

朗報だあ。そう聞くと次は「あわび姿煮 丼ぶり」も試してみたくなります。

フルーツ入り 杏仁豆腐@525

ふかひれは自分へのご褒美って感じで、気持ちが贅沢になってしまった。

気がおおきくなり、デザートメニューをみせていただき別注文。

私は、クリーム杏仁豆腐@630 を注文したつもりでしたが、後にレシートで確認した

ところ、でてきたのはフルーツ入り 杏仁豆腐でした。

どおりで、フルーツがのっていたわけだと、気がつくの遅すぎ・・・。

まあ、「ふかひれ姿煮 丼ぶり」効果で、このぐらい帳消しできますよ。

フルーツは、パイン、キウイ、ブドウ、ベリーなど。

むっちりとした杏仁豆腐で食べた感あり。

『ぐるナイ・ゴチになります12』、『ヒルナンデス』に取り上げられた人気の

黒酢仕立ての四角い酢豚、蟹の淡雪煮はランチでもいただくことが可能。

次回のランチは限定 丼ぶりにするか、酢豚にするか迷うところです。

利用のランチ満足度数は、★★★★ 積極的に好き。また食べたいOnegai03t

 

北京 芝パークホテル店

東京都港区芝公園1-5-10 芝パークホテル 本館 B1F

TEL     03-5470-7671

営業時間   11:30~14:30 16:00~21:00

定休日    無休

2013年9月11日 (水)

桂林(ケイリン) 池袋

Keirinn

中国料理「桂林」(ケイリン)

場所は池袋駅西口より徒歩3分ほど。ホテルメトロポリタン2階。

リニューアルオープンしてから5周年を迎えられた当店では本格的な四川料理を

堪能できます。 「桂林」の料理長は、 緑川正則 氏。

レセプションで一人の旨を伝え、奥へとご案内を受けると高級感を漂わす

落ち着きのある空間が広がりをみせた。

シックでモダンな店内は、ぐるなびによると総席数は132席(個室あり)

本日の利用は窓際の片側ソファのテーブル席。

お昼のピークタイムをずらしていますが、それでも私の視界に入るところでは

7割ぐらいの席が埋まっているように見えました。

客層は、ビジネスマン、ツーリスト、地元マダムのお食事会などホテル内の

レストランですからさまざま。

着座した席のあたりは、もっぱらお一人様ゾーンのよう。

先客のお隣も女性のお一人さまだ。

テーブル・セッティングは、ランチョンマット、ナプキン、カトラリーレスト、

箸(縦置き)、スプーン、茶杯、おしぼり用トレー。 卓上には調味料なし。

着席後に、メニュー、タオル地のおしぼりがトング掴みで提供される。

また、このゾーンのお席にはテーブルクロスはありませんが、

中央の席あたりはクロス2枚重ねです。

お料理についてはリニューアルを記念し、

5,000円相当のお料理が謝恩価格で3,570円でいただける

お得なランチコースもありますが、(当該ランチコースは一人でも注文可)

今回は平日限定プリフィックスランチ

美味菜ランチB@1,890 を選択。

内容構成は
・小皿前菜
・蒸し点心
・料理ニ品
 (週替わりの10種類の中から2品お選びいただけます)
・御飯、スープ、漬物
・デザート           というものです。

10種類の中から選べるのは嬉しい。 

事前情報ですが、当店の麻婆豆腐美味しいらしいです。

私の来店の目的の一つはこの麻婆豆腐の実食。なので1品確定。

もう1品、白菜のうにソース煮込みも惹かれるのですが、お店のモットーでもある

「辛みの中の四川の深い旨み」を期待して、辛いお料理を選択しよう。

ついでに、暑いのでランチ生(小)アサヒスーパードライ@600も頼んでしまえ ( ̄▽ ̄)v

小皿前菜蒸し点心

まずは2品が先に運ばれてきました。

(ノブロー) ついでに、だ言うて管理人の一人飲みはじまっただな。

(みに) まあ、固いこと言わず、ノブローさんもどう?ゴチするよ♪

蒸し点心は焼売。 肉餡主体で柔らかくジューシーな味わい。

小皿前菜は、チャーシューとセロリのピリ辛煮。

紅油水餃(四川風水餃子 青菜添え)4個@600

別注文。蒸し点心が焼売とお聞きしましたので、ビールのお供に。

もっちりつるんとした皮で、歯を入れると肉汁がじゅわっと飛び出してきます。

餡は少なめですが、甜醤油と仕上げに効かせたこっくりとしたゴマペースト、

ラー油の調和に優れ、辛いというよりコク深い味わい。

このタレ濃いけど美味しいなあ。

水餃子と青菜をたいらげたあと残ったタレもドリンクのように完飲。 満足。

御飯スープ漬物

スープは、ナメコ、ニンジン、大根、溶きたまごの和を感じさせるような

優しい味付けの醤油ベース。

漬物は醤蘿蔔。ポット(茶葉なし)で金木犀のお茶もいただけました。

主菜1 牛肉と茎にんにく 四川唐辛子炒め

御飯、スープ、漬物 に遅れること少し。選んだ主菜が1品登場。

シイタケ、タケノコも形を揃えて細長く切られ、朝天唐辛子とともに炒め、

仕上げに水溶き片栗粉でとじたよう。

箸をつけると辛さより砂糖の甘みの方が感じられます。朝天唐辛子は風味付け程度。

洗練の具合を含め、味もベタな感じ。

しかし、もう一品が遅い。

時計を見ると、主菜1がサーブされてから10分は経過。

スープは冷め、御飯は冷えてカピカピになってしまうではないか。

ま、まさかこの1品を食べ終わらないと出ない仕組みなのかな?

御飯やスープがでているのに?? 訳がわからない。

私は2品揃えたところで、あちこち箸をつけながら御飯をいただきたいのだ。

麻婆豆腐のっけ御飯はどうなるのだ?! 御飯はお替りしろってこと?

スタッフの人に聞いてみよう! 意を決すると

私の様子を察知した、スタッフのお姉さんが、あわてて駆けつけてきて

「もう1品すぐにお作りしますので」 と声をかけてくれた。

主菜2 麻婆豆腐

待望の麻婆豆腐、登場。 お好みでお使いくださいとの別皿に粉山椒もいただけた。

この時点で私はカピカピになった御飯を取り替えてほしいとお願いしていたのですが

御飯だけでなく冷めたスープも新しいものに交換してくださったのです。

「(先に出した)主菜、冷えてしまって申しわけありません」

というお言葉も添えていただき、きめ細やかなご配慮に私の好感度センサーが

ぐいんと働きだした。

「いえ、私も最初に2品揃えて出して欲しいと言えば良かったんです。」

やった~♪ 麻婆豆腐のっけ御飯だよ。

当店の麻婆豆腐は、葉ニンニクを使われ、豆腐はソフトな絹ごしタイプ。

花椒の痺れるような辛さは控えめなのでお好みで粉山椒が活躍しそう。

辰春」さん同様、辣油のまろやかな辛味が味を引き立てる油旨いぞ系の味わいで

個人的には好み。

デザート 

杏仁豆腐。添えられたフルーツはみかん、パイナップル、レモンの皮のシロップ漬け。

ツルンとした舌触りでさわやかな甘みがあります。

また、同時にお茶請けにどうぞ、甘い豆とかぼちゃの種もいただけました。

で、次は何かと思ったらお姉さんが、そそくさと卓上に八宝茶と記された紙製の

ランチョンマットを敷きはじめられた。

「お料理が1品遅れましたので、お店からのサービスでございます」 と

八宝茶を準備してくださったのだ。

この八宝茶は「茶葉以外、召し上がることができますから」とフォークもセット。

わあ。綺麗。

ここまでしていただいたら憤りも何もありませんよ。

ティーウォーマーでお湯もいただけているのですから。

「八宝」とは、たくさんのという意味であり、美容健康茶です。

ランチョンマットの説明書きによると、当店の八宝茶は

  1. キク 効能:目の疲れ、健康維持
  2. ナツメ 効能:老化防止、美肌効果、冷え性、不眠
  3. クルミ 効能:美髪、美肌、バストアップ ※アレルギーに注意
  4. クコの実 効能:疲労回復、老化防止・高血圧、高コレステロール予防
  5. サンザシ 効能;不眠症、高脂血症、動脈硬化予防
  6. リョウガン 効能:滋養強壮、貧血
  7. ジャスミン茶 効能:リラックス
  8. 氷砂糖

これは、リョウガンかな。 ご馳走さまです。

お隣の女性は一人ゆっくりとランチコースを召し上がられており、その対応も

スマートであり配慮に長けているものでした。

私も当店は一人でも心地よくリラックスして食事が楽しめるお店であることを実感。

質の高いサービスには感服いたしました。★★★★☆

今回のランチ満足度数は、★★★☆Star04 (3.7) 消極的に好きです。

Okini02 《本日のお気に入り》 ・麻婆豆腐            

 

桂林 (ケイリン)

東京都豊島区西池袋1-6-1 ホテルメトロポリタン 2F

TEL      03-3980-7726

営業時間/ 11:30~15:00(L.O.14:30) 17:30~22:00(L.O.21:30)

定休日    年中無休

大きな地図で見る

2013年9月10日 (火)

三和樓(サンワロウ) 横浜中華街

Sannwarou

横浜中華街、関帝廟通りの上海料理の老舗 「三和樓」(サンワロウ) 再び

このままだと、葉山の夏の思い出が中華街に立ち寄ったことで半減してしまいそう。

ダメージ回復を願い、もう1軒立ち寄ろうということになりました。

ここで候補にあがったのは、私たちにとって心象の良い数店。

その中で当店を選んだのは、紹興酒の管理にも怠りがないため。

紹興酒ダメージ、けっこう引きずっています。

入店すると、いつもと変わらず快活なママさんの対応。

1階席、レジに近いテーブル席の利用です。 

焼売(シュウマイ)5個@525

2軒目ですから、残念ながらお腹のほうは満ちています。お酒のつまみ程度に注文。

小ぶりの焼売。自家製とは思えませんが、味のほうは普通。

前回同様、紹興酒@2,625 を注文。

「この時期は暑く痛みやすいので冷蔵庫に入れてますから、最初は冷たいけれど、

ぜひ常温で」 と、今回も説明あり。

やはり当店の紹興酒、保存状態が良いためすんなり喉に入っていく。

焼売ができあがるまでどうぞ、とザーサイもだしてくださった。感謝。

葱油麺(ネギそば)@840

当店のネギそば、私は以前いただいたことがあるのですが、調べたところ

ブログに未掲載でしたね。

具材は形を揃えて切られた甘めのチャーシューとネギ。

ゴマ油と化調の按配が昔懐かしい、お醤油ベースのそばになります。

無意識のうちにこれを注文したのですが、写真を整理しているときに気がつきました。

ひょっとしたら頭の中ではこの日〆に「ネギそば」を食べるという組み立てになっていて、

それがリセットしきれていなかったのかも(汗)

以下は、三和樓ママさん推しのお料理です。

ママさんたちは中国に社員旅行に行くにあたり新メニューのアイデアを1つは

お土産として持ちかえろうと努力なさっているんですって。

特にロンジン茶と芝エビの香り炒めはロンジン茶が高価な分、原価割れも懸念され

他店では真似ようにも真似れないのではないかという自信作。

また見た目がグロデスクという 周庄跳蹄も、じっくり煮込んだ美味しい一品とのこと。

人数がそろう場合は試してみたいお料理です。

上記お料理が一部セットされた上海郷土料理 蘇州・杭州名所巡りコースも

面白そうですよ。

また9月には上海蟹が解禁の時期をむかえるとのこと。

予約をいれれば早くからいただけるようですが、はじめの頃はまだ小さいらしいので

太って成長した時期にいただきにあがりたいと思います。

なお、ママさんのお話では、当店では活上海蟹しか扱いません とのことです。

Hand01 お会計は、1人当たり2,000円(千円未満四捨五入)

いつも、ハシゴで立ち寄る感じなのに、よくしてもらってすみません (;´д`)

ママさんとお喋りさせていただいたお陰で、すっかり気分も入れ替わりました。

次回は必ず1軒目で伺い、ご自慢のお料理を楽しませていただきます♪

 

三和樓

神奈川県横浜市中区山下町190

TEL     045-681-2321 

営業時間/ 11:30~21:30(L.O.20:45)

定休日    水曜日 

海南飯店 (カイナンハンテン) 横浜中華街

Kainannhanntenn

横浜中華街、中華街大通りの広東料理「海南飯店」(カイナンハンテン)

昭和31年創業の中華街でも老舗格。

名物の「汁なしネギそば」が好評を得ているお店です。

葉山の帰りに立ち寄ると週末ということもあり、1階席は満席で2階へどうぞ、とのこと。

当店は2010年にリニューアルオープンされましたが、狭い店内は食堂然として

殺風景な感じにさえ思えた。

2階席もほぼ満席状態、奥には個室もあるようですが、私たちが指示されたのは

階段をのぼってすぐの2人掛けテーブル席。

しかし、この席が悪かった。

横の円卓には6~7名のご年配の団体様が紹興酒を片手に大盛り上がりなのだ。

ビニールクロスのかけられた卓上には、醤油、酢、胡椒、爪楊枝、紙ナプキンなど。

着座後には冷たいお茶がコップで出された。

前菜 3種盛り@1,575

蒸し鶏、チャーシュー、クラゲ。ありきたりの前菜。

私が食べたかったものは、蒸し鶏なのですが2人で蒸し鶏ばかりを食べてもつまらない。

苦肉の策で選択したのがお目当てを組み込んだ三併盆。

するとクラゲの量ばかりが多いときている。

しかも、味の冴えないクラゲなので持て余して箸が進まない。

チャーシューは日にちが経過しているよう、うまく言えば噛み応えありですが、硬い。

やはり、ネギ塩ダレのかかった蒸し鶏が、しっとりしているし口にあった。

ここは、素直に白切鶏(蒸し鶏)のみの注文をおすすめします。

千煎海老@1,890

メニューに「田鶏」(かえる)があったのでお願いしてみようと思ったのですが、

注文がでないため置かれなくなったそう。残念だ。

「では、何かほかにおすすめはありますか?」

と伺い、お店のお姉さんのおすすめよりチョイス。

(他には、白切千枚なども提案されました)

海老のから揚げになりますが、殻ごと食べれるというわりには完全にからりと

揚がっているわけではなく、微妙に殻が口に残る感じ。

しかし、殻を外すと食べれる部分はほんの少しなので扱いに困った。

(仮にここで殻を外したら、すっごい割高になってしまいますし・・・)

上には中国漬物。奈良漬のような風味と食感。ほか、香菜。

お酒は、メニューに記してあった紹興貴酒5年@3,150 を注文したところ

実際に出てきたのは紹興花彫酒・・・貴酒じゃないじゃん。で、同じ値段。

説明もないし不誠実。

日本人だから細かいことなどわからないだろうとお考えだったのか、詳細は不明。

で、この花彫酒は猛暑のためか、どこかの段階で一度沸騰してしまった感じ。

つまりは状態がよろしくないため飲みづらい味。

そうこうしていると、2階席にいらしたお客様がお帰りになられ、団体様と私たちの

2組になった。この頃には団体様の大盛り上がりはマックスに達し、ガハハ笑いが

とめどなく店内に轟く。

席があまりに近いことも関係しますが、はっきり言わせていただくとうるさいのだ。

当方も食事をしながら話をしたいところ、連れ(寝太郎さん)の声がかきけされ

えっ?えっ?という感じで聞き取れないし、ドッとわき上がる笑い声には

その都度ドキッとさせられ落ち着かない。

〆に「汁なしネギそば」をと考えていたのですが、これにて失礼することにしました。

「汁なしネギそば」はお昼でもいただけますから、私の感覚ではそれで十分です。

Hand01お会計は、1人当たり3,000円(千円未満四捨五入)

横浜中華街満足度数は、見送ります。


海南飯店 (カイナンハンテン)

神奈川県横浜市中区山下町146

TEL            045-681-6515

営業時間/  11:00~22:00(LO)

定休日/   無休

2013年9月 9日 (月)

ファッティーズ (Fatty’s) 葉山町堀内

Fattiz

カジュアルイタリアン「ファッティーズ」(Fatty’s) 再び

森戸海水浴場2013年、最終日。昨日よりお天気が安定したみたいだ。

朝から晴天、気温がぐんぐん上がる。

(ノブロー) で、また生野菜バリバリで「ファッティーズ」さん、なんだな。

中華だと、生野菜が取りずれえで、オラも賛成だよ。

グリンサラダ@740

昨日と同様。

ライスパンは各210円

サラダのたっぷりドレッシングオイルをパンにつけていただこうと別注文。

ハンバーグステーキ@1,050

本日は洋食な気分。

昼が近くになるにつれ、それがハンバーグという形で意識の中にあらわれてきた。

付け合せは、ジャガイモ、インゲン、ニンジン。

ハンバーグステーキ自体に特筆すべきことはありませんし、ソースも微妙に市販な感じ。

しかし、今はそんなことはどうでも良いのです。

ハンバーグステーキをわしわしとライスで食べたい、という欲求が先んじているのだ。

美味い!身体が欲しているものをいただくときが、一番のご馳走だよ。

(タクロー) これも身体が欲していただか??

ソアベ クラシコ(白)ハーフボトル@1,890×2

冷えたワインが美味しくて予想以上に酒が進んでしまった( ̄◆ ̄;)

フルボトルは3,150円なので、そっちにすれば良かったね!

(ノブロー) こうして、今年の海水浴も無事終わっただよ。

世話になっただ、ありがとだ Ojigi

 

ファッティーズ(Fatty's)

神奈川県三浦郡葉山町堀内936

TEL      046-876-1791

営業時間/  11:30~22:00

定休日/   水曜日

2013年9月 8日 (日)

海狼(カイロウ) 葉山町堀内

Kairou

中国料理「海狼」(カイロウ) 

海泊まりラストのディナーで再訪。 

ラストの夜は窓際のお席からサンセットが見たい、とういうことで、

前回の会計時に予約をしておりました。

昭和の名残を感じさせる店内ですが、手入れも行き届き綺麗です。

本日のお席も前回と同じ、右手奥の森戸海岸の見えるテーブル席。

もちろん窓際をリクエストしての訪問。希望の席に座れて良かった。

テーブル・セッティングや卓上まわりはほぼランチと変わらず。

ペーパーナプキンが布製のナプキンに変わったぐらいです。

おっ!サンセットに近い時間だ。

でも雲が多くて水平線の向こうに沈むところは見れないね。あとはイメージしましょう。

雲白肉(薄切り豚肉のニンニクソース掛け) 2名さま@1,400

お料理は2名さま、3名さまのポーションあり。 

2名分が一緒のお皿で盛り付けられています。

雲白肉は四川料理の代表的な前菜。 しかし、だいぶ想像していたものと違う。

お好みでと出されたカラシにも、はてな??

大葉、白髪ネギ、キュウリ。

豚肉にかけられたソースはニンニクソースというよりも甘辛いバルサミコソースのよう。

一口いただくと冷えた豚肉の脂肪のあたりは白く固まっている。

ソース自体もさらっとしてコクがありませんから、こうなるとカラシの活躍する余地あり。

お隣の常連さんと思しきグループ客の皆さんが青椒牛肉絲や蟹肉炒飯を好んで

注文なさり美味い、美味いと喜ばれているので、最初に3品頼んでしまいましたが、

こうなるとわかりやすいメニューをチョイスしたほうが正解だったのかしら?

急に不安に襲われた。

夜にもありました。調理法の選べる本日の魚料理。

本日の魚料理 鰈(蒸し料理)@525×2

冬瓜、レンコン、オクラ、ヤングコーン、上には白髪ネギ。

魚が変わっただけで他は変わらず、昭和の塩あんかけです。

XO冬瓜粉(冬瓜と春雨のXO煮込み) 2名さま@1,000

テーブルサイドでお店の方が「お取り分けいたしましょうか」とのお尋ね。

お願いすると、以降お料理はすべて、お披露目のちに取り分けてのサーブになりました。

金針菜入り。

少しぴりっと感のあるホタテ貝柱がXO醤の表れなのでしょうか?

当方では、XO醤ということで、勝手にリッチで濃厚な味わいを期待してしまったため

しゃぱしゃぱのスープ煮状態に戸惑う。

これにて、最初に注文した3品終了。

ポーションが少ないのでお腹はまだ満ちてはいない。

この後は傾向を変えてみることにしました。

宮保鶏丁(角切り地養鶏とカシューナッツの辛子炒め) 2名さま@1,100

「宮保鶏丁」は四川料理の名菜。

しかし、案の定というか、登場したのは広東料理の「腰果鶏丁」

(鶏肉とカシューナッツ炒め)風。

唐辛子もほんの少し入ってはいるものの辛くはなく、むしろ砂糖の甘みを感じます。

これは、想定内のシチュエーション。

野菜は、セロリ、ピーマン、パプリカ(赤・黄)、タマネギ。

鶏肉はむちっと弾力があって美味しいし、ようやく私たちもここでの注文の仕方を

わかってきたようだ。

お酒は、アサヒ生ビール(プレミアム熟選)@680のあとに

紹興酒、古越龍山 ボトル 3,000円とポット(300ml) 1,500円 をいただいてます。

炒麺(細切り豚肉の焼きそば)@1,260

〆も推測可能なもので注文。

焼いた細麺の上に、豚肉、チンゲン菜、シイタケ、タケノコのあんかけがけ。

ほぼ想定内の焼きそばは、麺の量に対し、具材がたっぷりで、懐かしさのある味わい。

食事が終わる頃には、ポット(茶葉なし)でジャスミン茶のサービスあり。

ここでの注文の仕方ですが、中国料理を北京・上海・四川と分類づけて考えるより

昭和スタンダードっぽい お料理を選択したほうが結果正解なのでは、と思いました。

Hand01 お会計は、1人当たり6,000円(千円未満四捨五入)です。

中国料理満足度数は、★★★Star04 (3.4)日常的なら満足で。

最後になりますが当店の前身は「鍵屋旅館」であることは前回書き記した

と思いますが、本日は店内に展示されている品々をご紹介いたします。

こちらは、大正天皇陛下と貞明皇后陛下から大正五年二月に拝領したもの。

晩年の勝安芳伯爵(勝海舟)にまつわる品々も展示されています。

 

海狼 (カイロウ)

神奈川県三浦郡葉山町堀内999

TEL      046-875-0015

営業時間/ 11:30~14:30 17:00~21:00

定休日   火曜日(祝日の場合は翌日)

ファッティーズ (Fatty’s) 葉山町堀内

Fatteizu

カジュアルイタリアン「ファッティーズ」(Fatty’s) 再訪

夏の葉山、海水浴の締めくくりに8月末に1泊で訪問。

台風の影響が心配されたのですが、森戸海水浴場は夏日でやや波はあるものの海日和。

仕事の関係で寝不足続きの私と連れ(寝太郎さん) 

午前中サンシェード内で爆睡してしまったためか、起きると軽く脱水状態。

頭もぼーー。お昼は涼しいところで野菜が食べたいと意見が一致。

そこで浮上したのは森戸海岸通り、葉山堀内郵便局隣の「ファッティーズ」さん。

当店のサラダが、いま私達の求めるものに、ドンピシャ!なのだ。

急ごう!お店は12席しかないよ。

海岸通りを小走りで向かい無事入店。

2人掛けテーブル席利用。卓上には、スパイスミルで塩、胡椒。

タバスコ、爪楊枝、紙ナプキン。

注文後にはカトラリーケースで箸とフォークをいただけました。

グリンサラダ@740

サラダは4種類(グリン、タラモ、トマト、魚介)ありますが、水々しい野菜を

バリバリ食することを欲しているため、チョイスはグリン。

ダイナミックにカットされた野菜に、たっぷりとかけられたドレッシングは

オリーブオイルベースに粒マスタード。シンプルですが、うんまい!

一口ごとに乾いた身体が潤ってくる感じ。2人でご機嫌に完食。

プレーンピザ(S)@950+オリーブ@100+トマト@100+アンチョビ@210

プレーンピザはスタンダードサイズ(S)で950円、パーティーサイズ(P)で2,420円。

プレーンを選びトッピング技で。

ピザ生地は業務用のものかと思いますが、トッピングで選んだ具材が納得の分量。

ケチくさくないのが嬉しい。

私、オリーブが大好きなので、量の多さは大歓迎。ワインに合うよね♪

と、ついには、グラスワイン白(ソアベクラシコ)@530×4 まで注文。回復の証拠なり。

当店のお陰ですっかり元気を取り戻しました (o^-^o)v 

これで、午後は海水浴を楽しめるぞ!

今回のランチ満足度数は、★★★ 日常的なら満足です。ありがとう!

 

ファッティーズ(Fatty's)

神奈川県三浦郡葉山町堀内936

TEL      046-876-1791

営業時間/  11:30~22:00

定休日/   水曜日

大きな地図で見る

2013年9月 7日 (土)

中國名菜 孫 阿佐ヶ谷店

Sonnasagaya

中國名菜「」(ソン ) 阿佐ヶ谷店。

天才肌の特級厨師、孫 成順(ソン セイジュン)氏がオーナーシェフを務めるお店は

六本木店日本橋店、阿佐ヶ谷店の三店舗。

もっぱら、孫シェフは六本木店におられるようですが、ここ阿佐ヶ谷店にも孫シェフの

味が継承されているのかを確認したくての訪問です。

何だかんだ、申してはいますが、私、根本は孫シェフのファンですから (*^.^*)

最寄り駅は阿佐ヶ谷。南口より駅を背にして中杉通りを直進した道沿い。

近くには「希須林 小澤」さんがあります。

入店すると、他2店舗同様にブラウンの色調ですっきりとまとめたインテリアが

目に飛び込み、ここが孫シェフのお店であることを再認識させてくれた。

ランチタイム、ピークの時間は過ぎているはずですが、それでも店内は8割程度の

お客様の入り。さらに、来店されてくるお客様も後を絶たない状況ですから繁盛

なさっています。この日フロアを担当なさっている女性はお一人(中国人)。

拝見しているとレジまでカバーされていますから大忙しだ。

ご案内いただけたのは2人掛けテーブル席。隣との間隔は狭し。

テーブル・セッティングは、ステンレスポット(冷茶入り)、紙ナプキン、コースター、

茶杯、使い捨て紙おしぼり、箸は箸立てにまとめて。

ランチコース予約の場合を除き、3店舗ともほぼ変わらず統一のカジュアルな

セッティングになっています。

魅力的な日替わりランチあり。

皆様だったら、どっちを選ぶ? 私は、「紅焼獅子頭」かな。

「紅焼獅子頭」は、周恩来 氏が愛したという大きな肉団子の煮込みになります。

各25食といことで今回は残念ながら。。(。・w・。 )

アラカルトメニューは、全品デザート付き。嬉しいな。

担々麺も酸辣麺もいただいたことがありますから、じゃあ、上から順に攻略で3番目いくか。

砂鍋鶏(地鶏と青菜の土鍋煮込みそば)@1,260

土鍋ですから、熱々で冷めにくい。

スタッフのお姉さんから「小椀をもってきましょうか?」とのお声掛けあり。

お一人でお忙しい中、恐縮です。

表面を覆うようにたっぷりの具材。

鶏肉は細切り、青菜も長さを揃えていらっしゃるよう。他には干しシイタケも確認。

麺は中ぐらいの太さ。味付けは塩味ベース。

カゼイン質の膜がはった濃厚な鶏そばをイメージしていたのですが見込み違い。

さらっとした白濁系のスープからは出汁も感じられますが、どちらかというと

魔法の粉が優勢気味。

デザート

もはや当店の定番、マンゴープリン。

味も六本木店と変わらず、甘っ。 美味しいからいいか。

阿佐ヶ谷店にも気持ちよく泳ぐ金魚がいました。これも各店共通ですね。

さて、肝心の味の継承はというと、正直なところいただいたことのあるお料理を

頼んでいませんから、推測になりますが、随所にわたり統一感をもたせていることや

デザートで判断すると、引き継がれているものだと思います。

阿佐ヶ谷で味わえる孫さんの味、また近くに来たらお邪魔します。

今回のランチ満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。ご馳走様でした。

 

中國名菜 孫 阿佐ヶ谷店 

東京都杉並区阿佐谷南3-31-14 モリタビルⅡ 1F

TEL      03-5347-2568

営業時間/ 11:30~15:00(LO.14:30) 17:30~23:00(LO.22:00)

定休日    無休

大きな地図で見る

2013年9月 6日 (金)

羅山(ラザン) 田園調布

Razann

中国料理「羅山」(ラザン)

場所は、田園調布駅東口。三井住友銀行田園調布支店脇のバス通りを

田園調布下まで向かう緩い坂道の左手、道沿い。

バスで田園調布駅に向かう際、当店の看板を目にしていましたが訪問ははじめて。

外観はレトロで、街場中国料理店の豪華版という趣き。

入口は狭く入店すると、「いらっしゃいませ」と店内からお声がかかる。

半地下と2階が客席のようで、利用はご指示に従い吹き抜けの半地下へ。

やはり歴史を重ねてきた感じで落ち着いた雰囲気があります。

この日のフロアはパートの女性を含め2名。

奥の厨房からは中国人コックさんのお声が聞こえてまいりました。

2人掛けのテーブル席。

卓上には、お店のロゴ入り箸袋に入った割り箸(横置き)とメニューがセット。

ランチメニューもありますが、グランドメニューからの注文も可能なよう。

着席後には茶杯でお茶をいただけましたが、おしぼりはなし。

ほか、醤油、ラー油、酢、胡椒、からし、爪楊枝、紙ナプキン、取り皿(複数枚)、灰皿。

赤い点マークの調味料入れ、ラー油と思いきや醤油です。ご注意を。

担々麺@1,050

本日のランチメニューは、

生姜焼(豚肉の生姜やき)、蘭花鶏柳(ブロッコリーと鶏肉の塩味炒め)、

叉焼炒旦(やき豚と玉子の炒め)、古老肉(酢豚)

これらが998円均一で提供されていましたが、食指が動かず。

そのためグランドメニューよりチョイスしました。

炸醤肉(肉そぼろ)、青菜、刻みネギ。

青菜はところどころ生っぽくシャキシャキ感がすごい。

麺は中ぐらいの太さのストレート麺。スープはこっくりゴマ風味の中に酸味と

痺れ系の辛みあり。 しかし、私には辛みも控えめに思えましたし、

担々麺自体に強い主張はみられず、 全体的にマイルドというか大人しい感じ。

ですが、チープな担々麺にありがちの塩辛さがなかったのは幸い。

来店されているお客様は、拝見したところお近くにお住まいと思われる方々が中心。

持ち帰りのお弁当も販売されているようでしたし、地元に馴染んだ中国料理店と

いうところでしょうか。

私も比較的向かいやすい距離なので一度購入してみようかな。

今回のランチ満足度数は、★★★(3.4) 日常的なら満足になります。

 

羅山 (ラザン)

東京都大田区田園調布2-51-3

TEL     03-3722-3712

営業時間/  11:30~15:00 17:00~22:30(L.O)

定休日/   無休

大きな地図で見る

2013年9月 5日 (木)

台湾客家料理 新竹 (タイワンハッカリョウリ・シンチク) 御徒町

Sinntiku

台湾客家料理「新竹」 (タイワンハッカリョウリ・シンチク)

客家とは、中国広東省、福建省、江西省などの山間部、台湾では桃園、新竹などに

居住する華北から移住してきた漢民族であり、移住先の原住民から見て「よそ者」で

あるため「客家」(ハッカ)と呼ばれるのだそう。

本日はその客家の郷土料理が味わえるお店への訪問。

場所は、御徒町駅 南口改札から徒歩5分。近くには台東三郵便局がある。

実は当日、予約の電話を入れたところ16時30分を回っても誰も出なかった。

夜の開店時間である17時近くにようやく電話が通じ予約の時間に店の前に

到着したところ「準備中」の札が!

ひるまず扉を開けて入店すると、すでに先客は2組いるではありませんか。あらら。

店内は円卓(丸テーブル)中心で大衆的な雰囲気。

一応、厨房前にカウンター席はありますが、使用されている気配はしない。

「相席になるかもしれませんが、よろしいですか?」

と愛想の良いお店のお兄さんの案内で中ほどの円卓へ。(というか、相席前提)

すると、厨房内にいらしたのかお店のママさんがでていらして

「ああ、電話をくれたお兄さん?」

と笑顔で対応してくれた。 

店名はママさんの故郷である「新竹」からとのこと。

テーブルの中央には、酢、胡椒、爪楊枝、激辛唐辛子味噌。

割り箸は箸立ての中にまとめて入っており、小皿もたくさんご用意いただけますが

「小皿の使用を控えめにお願いします」という店内張り紙もあり。

着席後にはタオル地のおしぼりをいただけ、まずは生ビール@470×3。

連れ(寝太郎さん)は吸い込みがよいのであっという間にお替りです。

ママさんのおすすめは、壁に張られている季節メニュー。

6・7・8月のみのもので、ラストになるという。

緑竹筍@1,200

タケノコを茹でてマヨネーズで食べるというシンプルなもの。

運ばれてきたときは、フルーツかと思っちゃったわ。

なかなかジューシーで甘みさえ感じます。

(レンタロー) オラも、オラも♪ ごっちゃんになる Yodare

いつものように、ブログのマスコット、パンダのレンちゃん登場。

すると、お兄さんも、ママさんもレンちゃんを発見して声をかけてくれたし、

ママさんはちょこんと頭を撫でてくれたりして歓迎してくれました。

優しい人たちだなあ~。゜゜(´□`。)°゜。

台湾カラスミ@1,000

寝太郎さんの好物。カラスミにして、このお値段は注文しやすい。

とりあえず、これを出しておけば彼の酒の肴になるというわけ( ̄▽ ̄)v

その間に他のお料理も決めよう。

薬味には、白ネギ、ニンニク。

カラスミは、ねっちりとして塩辛く熟したチーズのようにコクのある味わい。

紹興酒は台湾産が主流。唯一あった中国産瓶入りは置かれなくなったのだとのこと。

これは、困った。台湾産は口に合わないことが多いのだ。

ここは、どうする。デリケートな寝太郎さん。当店には「来来」さんのようにワインないよ。

005 (寝太郎) はい、台湾紹興酒いきます・・・。ぶるぶる。。

陳年 ボトル(台湾産5年物)@1,990よりスタート。

私は飲み終わった後、紹興酒でグラス売りできる赤ボトル(台湾産3年物)

グラス@420×2を追加。 なみなみと入っていたのが嬉しい。

寝太郎さんは、やはり難しかったらしく、追加はレモンサワー@400×2に。

仕方ないなあ~。

梅菜扣肉(台湾高菜と豚バラ醤油煮)@1,050

ママさんのおすすめ。当店の看板メニュー。

ダイナミックに盛り付けられた梅菜(カラシ菜類の漬物)は自家製。 

※「梅菜」とは梅雨の時期に漬けるから。

さっそく、箸をつけてみる。

少し唐辛子も感じましたが、八角を使わず熟成された梅菜の味で食べさせてくれる感じ。

普段だと、くどくなって途中から脂身部分を遠慮してしまう自分ですが当店のものは違う。

豚バラ肉の脂身まで味がきっちりしみこみ旨みが入り込んでいる。

味付けは、醤油ベースにお砂糖も使われているようですが、甘すぎず、やたら、うんまい!

ママさんのお話によると、本当はもっとしょっぱいらしいのですが、日本人むけに味を

控えめし、梅菜効果は、脂をまろやかに、肉を柔らかくしてくれるのだそう。

これは、白飯が食べたくなる味だ。

後に記しますが、客家料理を代表する味わいの一つです。

ママさんのご厚意で、お料理に使われているご自慢の梅菜を見せてくださいました。

(撮影許可有) 黄色く漬け込んだあと天日干しにされるとのこと。

右の俵状のものは8年もの。

これを、梅菜扣肉(台湾高菜と豚バラ醤油煮)に使われるのだ。

左の紹興酒の空き瓶に入れたものは、1年干して戻したもの、客家飯に。

当店が雑誌に出たとき、鳩山元首相は3回食べにいらしたんですって。

(ノブロー&レンタロー) 多謝。兄ちゃん、ありがとだ。

心優しいお店のお兄さんが、客家飯(台湾高菜と挽肉の醤油煮丼)にのせる

台湾高菜と挽肉の醤油煮を小皿に少し出してくださいました。

ママさんいわく、1年ものはまだ酸味があるとおっしゃっていたけど、

その酸味に角がないんですよ。 

旨みも凝縮されていて、 あー、ごはん、ごはんが欲しい~~ヽ(*≧ε≦*)φ

ところで、麺はどんな感じなのでしょう?

ママさん推しは、炒米粉。

炒米粉(新竹ビーフン炒め)@840

「湯米粉(スープ入りビーフン)よりも?」 

ママさんの答えは、変わらずにっこりと炒米粉。

じゃあ、そうしてみよう。ママさんのおすすめは本日外れがないもの。

こうして運ばれてきた炒米粉は圧巻のボリューム。2人では険しい量。

ニラ、シイタケ、ニンジン、キャベツ、干し貝柱、干しエビなどの具材がみっしりで

”干し”が味の決め手。味付けは塩、胡椒などのシンプルなものですが香ばしくて美味い。

こちら、卓上の激辛唐辛子味噌。

寝太郎さんは炒米粉につけて食すと美味しいと申しておりました。刺激的です。

スルメと肉とセロリ炒め@1,050

ほか、野菜はネギ、ニンジン、干しシイタケなど。

化学調味料を使わず、自家製スルメの旨みを使い味にコクを出されています。

味付けは濃く、オイリーなため、油っこいお料理が苦手な方にはあまり食が進まない

かもしれませんが、これも客家料理の特徴になります。

店頭にはお弁当コーナーもありましたので、まず持ち帰りは大丈夫であろうと

思いましたがお店のお兄さんに可否を確認。結果、持ち帰りOK。

フードパックをご用意いただけ、先ほどの炒米粉、残った分をセルフで

詰め込み作業です。

円卓(丸テーブル)では、もちろん私達も相席でしたが、そのお客様がお帰りになり

会計間近には、ママさんが隣に座られ客家料理についていろいろと教えてくださいました。

まず、梅雨前線の時期に漬けられる「梅菜」ですが

当店では、塩で柔らかくしたあと足で踏み、水がでてきたあと自然発酵に1ヶ月以上の

時間をかけ、黄色く(みかん色)になった梅菜を干すという工程をかけるそう。

保存食として醗酵食品(漬物)は大事な要素。

これはいつでも移動できるようにという客家の食文化からきているようだ。

ママさんから教えていただいた客家料理の特徴としては4つ

 1.味は濃い目・・・1品でご飯がたくさん進むように。

 2.油っこい・・・民族移動、「よそ者」扱い、労働のためのカロリーが欲しい。

 3.特別な香辛料は入らない・・・贅沢ができないため味付けのベース最小限。 
  ネギ、ショウガ、ニンニク、煮る、炒め物が多い。

 4.移動して山を開墾して生活、湿気があり、生のもの(魚料理)を食べず
  川魚が少しぐらい。山の幸(タケノコ、シイタケ)多い。
  スルメは1日と15日、ご先祖にお供えものとしてだされるものだという
  (豚肉・アヒル・スルメ)

お話をお聞きして、客家の方々のご苦労が伝わり涙がでそうになりましたよ(ノ_≦。)

「台湾料理と比べると客家料理は特殊な香辛料がないため食べやすく

仕上っていますよ。」 とママさん。東京生まれで4歳で台湾に戻られた台湾育ち。

親切にしてくださるお店のお兄さんは息子さんのようだ。

御徒町に心温まる客家料理店あり。

ボリュームがあるため、できればある程度の人数でシェアしていただくのが理想かな。

個人的には台湾紹興酒がネックなのですが、寝太郎さんを鍛え上げ必ずまた再訪します。

Hand01  お会計は1人当たり5,000円(千円未満は四捨五入)

★★★☆Star04 (3.8) 消極的に好きです。 ありがとうママさん。

Okini02 《本日注文のお気に入り》 ・緑竹筍 ・梅菜扣肉(台湾高菜と豚バラ醤油煮)

・炒米粉(新竹ビーフン炒め) 

 

台湾客家料理 新竹 (タイワンハッカリョウリ・シンチク)

東京都台東区台東3-14-9 水野ビル 1F

TEL      03-5688-1388

営業時間/ 平日 11:30~14:00 17:00~22:00
                      土 17:00~22:00

定休日    日曜・祝日

大きな地図で見る

2013年9月 4日 (水)

粥菜坊 (カユナボウ) 武蔵小杉

Kayunabou

廣東粥「粥菜坊」(カユナボウ)

アットホームな雰囲気の中で、粥や小皿で広東料理が楽しめるお店です。

場所は、武蔵小杉駅南口を出て直進南1 方面へ進行します。

少し広いスペースに出たら左へ、亀屋万年堂と吉野家の間の道を右折し

聖マリアンナ医科大学東横病院を左折すると府中街道の武蔵小杉駅入口

の信号に出ます。府中街道を右折し「小杉町3」の信号を左に曲がり直進して

サライ通り商店街へ。先日お邪魔した「μ」(ミュー)さんを右手に見ながら

そのまま直進した道沿いです。

小ぢんまりとした店内はとてもカジュアル。地元のお客様を中心に客入りも上々。

この日ランチタイムは中国人のママさんお一人での対応。

常連さんとママさんのお話によるとご主人はお休みをとられているとのこと。

本来はご夫婦で切り盛りなさっているようだ。

気さくなママさんのご案内で壁を背に厨房近くの片側ソファのテーブル席へ。

卓上には、餃子のタレ、胡椒、塩、ラー油、メニューなど。

着席後には、水、使い捨て紙おしぼり、ロゴ入り箸袋に入った箸(横置き)が提供された。

本日のセットメニュー。

麻辣粉皮がすごく気になるところですが、初回は粥からかな。

それと、ランチタイムは中国茶も20%引きになるんですって。これは朗報。

朝鮮人参粥、おまかせ餃子二種計五個@1,000

チョイスは朝鮮人参粥。一日十食限定という文字に惚れました。

お粥が出来上がるまでに一読。

当店のメニューは細かくいろいろな情報や説明が記されているので、見ていて飽きない。

そして、トロミが命とされる広東粥は

すんなり入ってくる優しい味付け。

朝鮮人参の主張はあまり感じられずですが、鶏肉もしっかり入っているので

物足りなさはありません。

セットの餃子は、手前二個がニンジン。ほか三個は海草。

下味はついていますから、まずはこのままで。

手作り感があり、中身がぎっしりぎゅーと詰まった肉々しい餃子ですが、

ジューシーさは乏しく皮の状態から判断すると冷凍なさっていた様子。

なお、お好みで酸味のある餃子のタレをお使いになるのもOKです。

拝見すると、餃子単品も家庭的な食材ですが、種類が豊富で値段もリーズナブル。

これならお試し感覚でいろいろ注文し、マッチングを楽しめそう。

食後にデザート。

「ご希望の方には一口デザートをお付けしております」ということですが

自動的にでてきました。

「これ、何ですか?」 とお聞きしたところ、押し麦で作ったデザートなのだそう。

プチプチとした食感でシナモン風味。ママさんいわく、美容に良いとのこと。

メニューより、はずせない4品というご紹介。何よりもおすすめというのだから注目だ。

  1. 豚肉腸粉
  2. しゅうまい
  3. 中華粽
  4. 新鮮海老の湯引き

また、当店には、裏メニューを中心とした今宵のおまかせコースもあるのだという。

これは、連れを誘って夜に来訪したいところ。

「お酒を飲まれるならぜひ、夜いらしてください。」 と、お話好きなママさん。

常連さんで賑わっていそうだけれど、たしかに当店は夜向きのお店かもしれない。

はずせないおすすめも興味津々なので検討です。

今回のランチ満足度数は、★★★Star04 (3.4)日常的なら満足で。

 

粥菜坊 (カユナボウ)

神奈川県川崎市中原区今井南町391

TEL     044-733-7538

営業時間/ 火~金11:30~15:00(L.O.14:30) 18:00~23:00(L.O.22:30)
           土・日・祝11:30~15:00(L.O.14:30) 17:00~23:00(L.O.22:30)

定休日    月曜日

大きな地図で見る

2013年9月 3日 (火)

敦煌 (トンコウ) 曙橋

Tonnkou

敦煌」(トンコウ) 

化学調味料を使用されないナチュラルな味わいの中国料理が好評を得ている

予約必須の人気店。

最寄駅は曙橋。A1出口から徒歩1分ほど。当店の営業はディナータイムのみ。

通りの控えめな看板に明かりがついたらオープンの印かな。

入口も本当に地味です。勝手口扉が2つ。

引き戸側を開けて入店すると、店内はうなぎの寝床状に細長く、白っぽい壁に

厨房の前には薄いグレーの細長いカウンター席(8)。その奥には円卓(1)と化粧室。

店内に窓はありませんから人によっては閉塞感を持たれるかもしれません。

料理は、おまかせのコース料理のみ。(5,000円)

厨房内には、ご主人と奥様。 当店はご夫妻での切り盛りになります。

私達は、まず厨房内が驚くほど綺麗な事に目を見張った。

ピカピカという形容が相応しい。これは期待大かもしれない。

そして卓上も、コースのお品書きはおろか、調味料も何も置かれず、

手入れの行き届いた店内は、まるで昨日開店したばかりのよう。シンプルを極めている。

カウンター席の端に着席後、タオル地のおしぼりを手渡しでいただけ、

取り皿4枚と割り箸2組が出された。

 

さて、お料理はカウンター越しに奥様より受け取り、その際説明を受けますが、急ぎ

控え、補足し記録させていただきますから正確さには欠けるかもしれません。 

また、各お料理は、基本2人分が一緒のお皿での提供。

取り皿はその都度いただけますから、各自での取り分け作業が必要になります。

お二人での切り盛りですから、やはり合理的にですね。

お酒は紹興酒からスタート。ボトルは置かれずお店から老酒ポット@800での提供。

これにより店内に無駄なスペースをとられないというわけだろう。

1.3合入りになるそうで、飲み方としてはそのまま・お燗・ロックをお願いできます。

私たちは、そのままで。チェイサーでお水をいただきました。

八角と山椒風味の枝豆

枝豆の味が濃厚。茶豆をお使いなのか、八角と山椒により味に濃度が出るのかは

わかりませんが、ピリピリ感は感じ取れず、シンプルな美味しさ。お酒のつまみに良し。

ガツとセロリの和え物

他には、ネギと香菜。

丁寧に処理をなされた臭みのないガツとセロリの相性は抜群。むろん香菜も合う。

黒胡椒効果で、味もひきしまっている感じ。 美味しいなあ。

茄子のゴマソース

茄子は蒸されたのかと思いますが、箸をつけるとほっくりと柔らかい。

風味豊かなゴマソースとのかけあわせ。素朴な味わいに頬が緩みます。

(ノブロー) 美白のゴマソースは白ゴマがベースなんでねえか?

鶏肉のゴマソースがけ

下にはキュウリ。一般にある棒々鶏(バンバンジー)とは、一線を画するもの。

鶏肉はささみとはまた違い、ジューシーでぷりぷりとした食感。

包丁の入れ方もちょっと違うようだし、細部にわたりご主人の仕事ぶりがうかがえます。

ゴマソースはピリッと甘辛。シャキシャキとみずみずしいキュウリとともに。

(ノブロー) 素人にはわからねえ、作業工程が隠されているだよ。

お魚の春巻

魚はスズキ。

キュウリを芯にしてスズキ、その外側をシソで巻き、春巻の皮で包み揚げています。 

冷凍もののブ厚い皮の春巻とは異なり、薄衣をきゅっとまとった感じで

カラッと感が一目でわかる、目から鱗のお魚春巻き Yahho01

これも美味い!油くささは微塵もなく、素材の持ち味が安定して活かされてます。

ですから、そのままでいただいて十分なのですが、

山椒塩または梅をジャム状にし、唐辛子をあわせたタレをお好みでつけて

お召し上がりください。 とのこと。

梅ジャム状のタレは、スイートチリの梅バージョンのような風味、マイルドで美味し。

つけるならこっちだな。 

隣の連れ(寝太郎さん)を見たら、お魚の春巻を頬張り満面の笑み。

「シソと梅は合うね~~」 と幸せそうだ。

ショウガのみそ漬け

さらに、お魚の春巻には、こんなイカした供が同行していた。

お口直しにということなのですが、見た目はタクワン?

かじると、ショウガの楽しいみそ漬け。

塩分はしっかりあるけど、ショウガ好きさんにはたまらない味です。好み。

これも酒の肴になるなあ。大事に食べよう♪

水餃子

ラビオリのように小さいサイズが10個。

タレは、「山東」さん同様、沙茶醤(サーチャージャン)をベースとし、ほかオリジナルで

調味料を配合されているのではないかと推測。 しかし、妙な甘ったるさはありません。

手作り感あふれる、キュートでむちんとした水餃子(*´艸`*)

中の餡は挽肉と野菜のシンプルなものですが、ふわっと五香粉が香るタレとの

相乗効果で美味しさ倍増。 軽いので、いくつでも食べれちゃいそう。

寝太郎さんとうまいぞコールの連発。 つられて紹興酒のお替りが続きます。

冬瓜、シイタケ、牛ホホ肉の香味煮

肉からのダシも感じますが、何より肉厚の干しシイタケの自然なダシが

全体にしみ込んでいます。八角がほんのり香る甘さを抑えた味付け。

お料理に派手さはありませんが、じっくり旨い。

麻婆豆腐

木綿タイプの豆腐を使用。ラー油、花椒、唐辛子で辛味をつけておられるよう。

一般の麻婆豆腐とは一味違う、当店らしいまろやかで優しい味わい。

なので、食べていてドスンと胃袋に響く重たさがありません。

「ご飯もお持ちしましょうか?」

と奥様からお声をかけていただいたので、少しだけ頂戴しました。

ダイエットも気になりますが、やはり、麻婆豆腐のっけご飯したいですよね。

後半にはお茶もいただけました。温・冷を選べましたが、チョイスは温かいほう。

もちろんポットの中には茶葉入りです。

トマトのスープビーフン

お店の方で取り分けてサーブ。 

ダシの効いたスープに合わせたトマトの酸味と甘みのバランスは絶妙。

おそらくトマトも選んでお使いなのだと思う。

ナチュラルな仕上がりで清涼感のあるスープビーフン。

さらりと散らした香菜のみじん切りも見事にマッチしています。

ココナッツしるこ

デザートは6種から選択可能。

(杏仁豆腐、胡桃のプリン、ベトナム風プリン、マンゴースープ、薬草ゼリー、

ココナッツしるこ) タピオカ、小豆、白玉入りの温かい素朴なスイーツ。

スイートスープ

私はマンゴースープ(楊枝甘露)とお聞きしたと思いますが記録脱落。

白キクラゲ、グレープフルーツ入りのスイートスープ。マンゴーの味が濃厚。

5,000円のコース料理ですが、最後まで抜かりなし。

これだけのデザートを出していただけることに感動するとともに

満足度の高いオリジナリティーに富んだコース料理に感心させられました。

印象としては、「ジーテン」さん同じく、油っこさを感じさせないナチュラル系好感度中華。


ご主人は寡黙な方ですが、きっちりコースを把握され無駄のない運び。

シンプルですが、真面目で気骨のあるお料理がいただけます。

追加の紹興酒は@800×3で

Hand01 お会計は、1人当たり7,000円(千円未満四捨五入) 

中国料理満足度数は、★★★★☆  とってもお気に入りです。必再訪(*^・^)ノ

Okini02 《本日のお気に入り》 ・お魚の春巻 ・水餃子 ・トマトのスープビーフン

 

敦煌 (トンコウ)

東京都新宿区舟町15 野方ビル 1F

TEL     03-3355-5801

営業時間/  18:30~22:30(L.O.20:30)(売り切れ次第終了)

定休日/   月曜・日曜・祝日

大きな地図で見る

2013年9月 2日 (月)

ジ・オーキッド 丸の内オアゾ (Chinese Cuisine The Orchid) 東京

Jiokiddo

中国料理「The Orchid」(ジ・オーキッド)

経営は、株式会社ウェイシンクリエイティブハウス。

同社経営のレストランは他に「維新號 甬江」、「點心茶室」、「杏花」さんなどがあります。

場所は東京駅、丸の内北口徒歩1分。丸の内オアゾ(OaZO)5階のレストラン街。

ずいぶん昔になりますが、「維新號 甬江」さんでいただいた冷やしそばが

美味しかったので系列の当店にお邪魔し、あの感動を再び!という目論見です。

ぐるなびによると、総席数87席という大箱店。訪問したのは13時30分過ぎ。

奥には窓から東京駅が望めるお席もあるようですが、一人の私は

「カウンター席でもよろしいでしょうか?」とのこと。

奥の席の混雑具合もわかりませんし、わざわざここまで来て嫌だとも言えませんから

ご案内に従い、入り口からすぐ左手のバーカウンター席の利用になりました。

お店の雰囲気や景色が見えずの一人飯は侘しい気もしますが、気兼ねなくていいかな。

テーブル・セッティングは、ランチョンマット、箸置き、箸(縦置き)、ペーパーナプキン。

着席後にメニュー、タオル地おしぼり(トレー置き)、茶杯での中国茶。

付錦涼拌麺(五目冷やしそば)@1,890        

タレは醤油・胡麻・チリトマトから選択可能。チリトマトをチョイス。

葉もの(リーフレタス、水菜)は、極細麺とともに盛り付けられています。

別皿のトッピング具材は海老、蟹、ホタテ、クラゲ、錦糸玉子、チャーシュー、

蒸し鶏、オクラ、しめじ、マッシュルーム、白マイタケ、アスパラ、ミョウガなど。

すべてのせたところで、

チリトマトタレをかけてみる。

当店のチャーシューは、短冊状に切られていますし、蒸し鶏の量も少ない。

季節限定の五目冷やしそばですが、そのためにという特別感のある具材が存在せず、

申し訳ありませんが寄せ集めのような印象。値段のわりに物寂しい。味も同様。

食感こそ違えどトマトひやむぎのよう。

チリトマトタレも甘みと酸味のバランスが取れず、くどさが残る。残念です。

なお、13時過ぎ利用のお客様にはドリンクサービスありということで、

ハイビスカスティーをチョイス。

私の食事の後半には、バーカウンター席にセットされたペーパーナプキンが

スタッフさんの手により布製のものに替えられていました。

おそらく、夜の準備なのでしょう。

 

こうなるとコレド日本橋の「維新號 甬江」さんの五目冷やしそばが

気になるところです。変わってないと良いのですが・・・。

本日はご馳走さまでした。

 

ジ・オーキッド 丸の内オアゾ(Chinese Cuisine The Orchid)

東京都千代田区丸の内1-6-4 丸の内オアゾ 5F

TEL       03-3216-5001

営業時間/ 11:00〜15:00 16:30〜23:00

定休日     年中無休(但し、1月1日及び2月第3日曜日は除く)

大きな地図で見る

海員閣(カイインカク) 横浜中華街

Kaiinnkaku

横浜中華街、香港路の「海員閣」(カイインカク)

牛ばらそば、目当てに再訪

お約束のシューマイ(4個)@480も注文しましたが、今回は省きます。

同行者の注文した五目ウマニそば。(正式名失念)

器にたぷたぷ状態。

イカげそとはチャーミングだ。

右上にナルトが入っていますね。 庶民的な感じで美味しそうだあ。

牛ばらそば@850

私、チョイス。 香りつけと臭み消しに八角を効かせた牛バラは

とろっと柔らかい部分とやや硬さの残る部分が混合し、青菜とともに

表面を覆う感じで盛り付けられています。

ぱっと見は少し雑な感じかな。

しかし、中華街あたりで、細かいことを気にしていてははじまらない。

美味ければそれで良し♪

箸を入れると、例の独特な風味のストレート麺がお目見えする。

すすり上げ、まずは一口。 やはり麺の印象は変わらず、持て余し気味。

また、本日は醤油味のスープがやたらしょっぱく感じる。


今回、牛バラをいただいてみて実感。 悪くはありませんが、これなら横浜中華街の

他店でも食せそう。 豚バラの方が個人的にはおすすめです。

次の機会には別メニューで。

横浜中華街満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。ご馳走さまでした。

 

海員閣 (カイインカク)

神奈川県横浜市中区山下町147

TEL      045-681-2374

営業時間/火~土 11:40~15:00 17:00~20:00 日・祝 11:40~20:00

定休日   月曜日 

2013年9月 1日 (日)

ビストロ酒場MarineClub (マリーンクラブ) 関内

Bisutorosakaba

ビストロ酒場MarineClub」 (マリーンクラブ)

場所は関内駅、北口改札をでて右手側。徒歩10秒という好立地。

某日は横浜に住む友人と軽い会食。

最近(夏)、ゲリラ豪雨が多いけど、駅近のここなら安心、ということで予約。

ボトルワインはリーズナブルなところで2,500円から置かれています。

ビストロ価格はありがたく、本日のグラスワインは(白・赤)380円。

カラフェで1,580円です。これなら安心して追加注文できそう。

当店をよく利用する友人の話によると、どれも一皿の量が多いという。

そのためか、1/2サイズも用意されています。

ニース風サラダ(1/2)@580

鮪のあぶり焼きをトッピングしてあるサラダ。ドレッシングもたっぷりです。

ほか、友人推しの一品は自家製のお肉の盛り合せ

お肉のオードブル盛り合せ(1/2)@980

やはり1/2サイズで。されど、これで十分という量があります。

お肉は4種。鶏レバーのムース、田舎風パテ、鴨のスモーク、はまぽーくのロースハム。

舌触り滑らかな鶏レバーのムースはバケットとの相性抜群。

旨みの濃厚なパテは肉々しい食感にはまります。

上には黒胡椒がかけられていますが、お好みでマスタードをつけて。

付け合せには野菜のピクルス。

なお、お通しはバケットとオリーブオイル。

オリーブオイルは卓上の塩・胡椒で調整。

バケット自体は小麦の風味が希薄。唯一物足りなかったかな。

カジュアルな店内、窓際の片側ソファ席の利用です。

喫煙・禁煙と分かれていますがここは喫煙席。

友人の話によると、この近くに姉妹店があるそうですが、当店のほうが広く

お気に入りなのだそう。

お会計は、ホットペッパークーポンからグラスワイン1杯プレゼントをいただき

ほか、ボトルワイン2,500円で

Hand01 1人当たり2,000円(千円未満は四捨五入) 安い!!

ビストロ酒場満足度数は、★★★☆Star04 (3.6) 消極的に好きです。

近かったらしょっちゅう行きたいのだけれど・・・。

 

ビストロ酒場MarineClub (マリーンクラブ)

神奈川県横浜市中区港町3-14 キリン関内ビル 2F

TEL      045-662-8240

営業時間/ 月~木・土・日 17:00~翌1:00 金 17:00~翌2:00

定休日   無休

大きな地図で見る

俺のフレンチ GINZA (ギンザ)

Orenofurennti

俺のフレンチ GINZA

経営は、「俺の」シリーズを展開する外食企業「俺の株式会社」。

(レンタロー) こんちは!オラたちも俺フレに行ったことあるんだよ。記録遅れてごめんな。

ここは、「台南担仔麺 屋台料理 来来」さんの近くでもあるでな。

「来来」さんに向かうときはえれえ行列してたけんど、オラたちが退店して

再び店の前を通った22時近くには、だんれも並んでなかったよ。

で、店の前見てたら「空いてます」って声かけてもろうて、入店しただ。

予約の電話は繋がりにくいらしいし、長く並びたくねえ場合は遅い時間帯に来るとええ。

フォアグラのソテー トリュフソース@1,100

立ち飲みスペースでの利用。

ラストオーダーも近い時間帯ともあって空席もちらほら。

アミューズではパンを2種類(有料)

幸いと言うか、人気のフォアグラが残っているということで注文。

ハチミツが入っているようでコク深い美味しさ。フォアグラの付け合せはカブ。

う~~ん、確かにこれは立ち飲み屋の味ではないよね。1,100円はお値打ちかも。

(レンタロー) ワインの種類も豊富だで。

リーズナブルなグラスワインで800円。

ですから、ワイン2杯とお料理一品と考えると普通に3,000円ぐらい。

有名店出身、人気シェフによる本格フレンチの味をこの価格でいただけるならば

確かにリーズナブルかもしれませんが、飲みが進めば当然一人あたり5,000円は

超えてしまいます。 お食事をメインに立ち食いなら、アリかもしれませんが

酒飲みの自分としては立ち飲みにそこまで支払いたくないというのが本音です。

失礼を申して、すみません。思いがけず、評判の行列店に訪問できて勉強になりました。

 

俺のフレンチ GINZA (ギンザ)

東京都中央区銀座8-7-9

TEL      03-6280-6435

営業時間/ (月~土)16:00~23:30 フードラストオーダー22:00(売り切れ、変更有り)

定休日   日曜日

大きな地図で見る

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »