2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« タイカン・エン (Taikan En Chinese Cuisine) 赤坂見附 | トップページ | 順海閣(ジュンカイカク) 本館  横浜中華街 »

2013年8月 3日 (土)

ピッツェリア スペリアーモ! 西横浜

Superiamo

ピッツェリア スペリアーモ!

場所は、相鉄線西横浜駅より徒歩6分。国道1号線を越え直進した道沿い。

ほぼ住宅街の中に位置しています。

実は魔神さん達の梅雨時ピッツァ?

に便乗させていただき連れ(寝太郎さん)とともに同席。

思えば昨年、同様の企画で永福町の「マッシモッタヴィオ」さんにお邪魔したとき

ちょいわるオヤジと劇的に美味いマリナーラに完全に心を射抜かれました。

あのときの感動は忘れられません。 

さて、今回はどんなピッツァに出会えるのか楽しみです。

カジュアルな店内はカウンター席とテーブル席。

本日は窓際、片側ソファのテーブル席を利用。

テーブル・セッティングは、小皿、紙ナプキン、ナイフレスト、フォーク、ナイフ。

使い捨て紙おしぼり。テーブルクロスは撥水や防水のための加工が施されているタイプ。

当店のメニューは税抜き表示に加え、カッコ書きで税込表示が記されています。

拙ブログでは税込で記録。

ミズダコのサルサヴェルデ ハリハリサラダ添え@1260

本日メニューよりスタッフの方のおすすめ。 サラダはセロリやパセリなど。

サルサヴェルデとは、香草やピクルスを使った緑のソースとのこと。

ミズダコは鮮度が良く、むちっとした弾力。あっさりしていますが、なかなか美味し。

自家製ソーセージ@892×2

豚腸で作られたという自家製ソーセージ。

添えられた野菜は、レタス、トレヴィス、ムラサキタマネギなど。上からバルサミコ酢。

サーブ時に「肉汁たっぷりですのでお手元にとってから、お召し上がり下さい」

とのアドバイスを受けた。 うんうん、納得!見ればわかりますよ。

こいつはデリケートに扱わなければならない。

いきなりフォークでブスリとしようものなら激ウマ肉汁が一面に流れ出し、一生の不覚。

悔やんでも悔やみきれない事態になってしまう。

はちきれんばかりの肉汁に目は釘付け。

どうしたら上手くこの肉汁をいただけるだろう?

私と寝太郎さんは小籠包方式で、皮をひと噛みして肉汁をすすろうという作戦にでた。

皮もしっかりしているため、思うように歯がはいらないのですが、がんばる。

じゅわわわわーっと口の中に広がる肉汁に、ほわ~と自己陶酔。

取り分けた野菜の上にソーセージを戻すと、まだなお肉汁が溢れ出てくるのだ。

野菜にしみ込ませ逃すものか!!

肉は超粗挽きで香辛料控えめですが、旨味が濃厚。口の中でとろけていきそう。

ああ、西横浜まで来てよかった。。

私の本日の1等賞はこの時点で決まりっ( ̄▽ ̄) お疲れさまでしたーー♪

(ノブロー) ノンノン!また会えただな。元気していただか?

(ノンノン) うん、まあまあ。でも、暑いのは苦手よ。ノブローは?毛皮暑いでしょ。

Marinara マリナーラ@1,155

・・・と、そんなに簡単に帰るわけにはいかない。梅雨時ピッツァを食さねば!

まずは、トマトソース、アンチョビ、オレガノ、ニンニクのシンプルなマリナーラから。

ご親切なことに人数分にカットしてくださっている。

当店のナポリピッツァは全体を通じて小ぶり。

「マッシモッタヴィオ」さんのボリューミーなピッツァが記憶に鮮烈にあるためか

少しひ弱なサイズにも思える。

マリナーラに関しては、美味しいソースのプールは出来ていない。

また、アンチョビの分量によるものか?しょっぱい。

Buffara マルゲリータブッファラ@1,995

マルゲリータは通常のトマトソース、フィオルディラッテ(牛乳のモッツァレラ)、バジリコ

というものの他に、チーズをブッファラ(水牛のモッツァレラ)にアップさせた

マルゲリータブッファラがあります。

食いしん坊さんたちのチョイスは、そのマルゲリータブッファラ。

チーズの香りも良く、ルッコラ(ルーコラ)とのバランスも良好。

もっちりとした生地は耳まで香ばしくて美味いのだ。

Funghi キノコ@1,470

キノコペースト、フィオルディラッテ(牛乳のモッツァレラ)、キノコ。

ここで使用されているキノコはマイタケ、シイタケ、シメジ、エリンギなど。

普通に美味い。

QuattroFormaggi 4種のチーズ@1,995

フィオルディラッテ(牛乳のモッツァレラ)、ブリードモー、タレッジョ、パルミジャーノ。

メニューには上記のようなチーズのご説明でしたが、魔神さんをはじめ私達も

独特の青カビ臭を感じました。

魔神さんのご指摘では、少なくともこの日はチーズにゴルゴンゾーラ・ピガンテが

含まれ、使われていたのではないかと推測。私も同感です。

Bismarck ビスマルク@1,995

トマトソース、フィオルディラッテ(牛乳のモッツァレラ)、卵、ソーセージ、ルーコラ。

卵は半熟卵のせという感じ。無難に美味いのでは?

色々な魚介のラグーソース タヤリン@1,575

パスタは本日メニューより自家製手打ち麺でチョイス。

タリヤンは細麺の手打ちパスタで、本日完売前の残り1人前をいただくことが出来ました。

さっさと売り切れになってしまうパスタとはどんなものだろうかと、イメージを膨らませすぎた

せいか、食してみると、麺はぽそぽそとした食感で、そのものの香りもいまひとつ。

色々な魚介の旨みはどこかにお出かけ状態。

そしてラグーソースの甘さだけが口に残った。

和牛モモ肉のラグーソース タリアテッレ@1,470

たまごの風味豊かな手打ちパスタとのご説明。

和牛モモ肉自体は良いと思いますが、やはりソースが甘い。

アマレットクッキー入り焼きプリン@420

銘々でデザートを注文。私チョイスはアマレットクッキー入り焼きプリン。

上にはセルフィーユ。

クッキーの部分がしっとり柔らかくなって食感のコントラストが面白い。この味好きかも。

(ノンノン) 優しい甘さだよね♪

オーダーした5種のピッツァすべてをいただき共通して思うのですが、

本日は生地に塩分が入りすぎていた感がありました。

もちもち生地は美味しいのですが噛めば噛むほど塩辛かった。

これに対してパスタは、ソースにがっしり砂糖をお使いなのかと思うぐらい甘い。

ちょっと味のバランスが残念でした。

 

この日、私達のあとにお客様の予約が入られているということで、

入店後2時間30分ほどでお会計タイム。

お酒は、生ビール@630、スプマンテ(チンザノ・ピノ・シャルドネ)@3,465、

ワイン(メルローラッツィオ 2011)@3,990 など(生ビールの杯数は控えていません)で

Hand01 お会計は1人当たり8,000円(千円未満は四捨五入)

今回のピッツェリア満足度数は、★★★☆ 消極的にですが

自家製ソーセージ満足度数は、★★★★☆ とってもお気に入り( ´艸`)

またも収穫ありです。 ありがとうございました(*^・^)ノ

Okini02 《本日のお気に入り》 ・自家製ソーセージ

 

ピッツェリア スペリアーモ!

神奈川県横浜市西区藤棚町1-121

TEL     045-231-7589

営業時間/  18:00~23:00(L.O.22:00)

定休日/   水曜日

大きな地図で見る

« タイカン・エン (Taikan En Chinese Cuisine) 赤坂見附 | トップページ | 順海閣(ジュンカイカク) 本館  横浜中華街 »

05.イタリアン」カテゴリの記事

a-10.横浜・川崎方面、埼玉県」カテゴリの記事

b-3.東京・神奈川ディナー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。