2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 博多 錦亭 (土用の丑の日) | トップページ | 揚子江菜館(ヨウスコウサイカン) 神保町 »

2013年7月23日 (火)

中華風家庭料理 ふーみん 表参道

Fuminn

中華風家庭料理 「ふーみん

店名は、台湾出身のオーナーシェフ 斎 風瑞(さいふうみ)氏の名前からつけられたもので

昼時ともなれば行列必至の超人気店です。

最寄駅は表参道。骨董通り沿いの「小原流会館」地下1階のレストラン街内。

店先にはメニューのほかに、順番待ち椅子も出されています。

当店の看板メニューはいくつかありますが、サンプルで示すとおり

人気定番は「豚肉の梅干煮定食」。

このサンプルは訪問日とは別の日に撮影したものなので、売り切れの札は

出ていませんが、いち早く完売になるのが上記、定食になります。

BGMの流れる店内はカジュアルでカフェ風。

広めのオープンキッチンには、斎 風瑞 氏のほか4名、フロアに出て接客に

当たられるスタッフは黒いエプロンをかけて、良い意味で家庭的な温かさがあります。

カウンター席(6)とテーブル席。食べログによると42席あるそうです。

1人ですから、厨房脇のカウンター席の利用。

横目でライブ感あるキッチン内を拝見することができました。

テーブル・セッティングは、小皿、ロゴ入り箸袋に入った割り箸。

卓上には、酢、胡椒、爪楊枝、紙ナプキン。

着席後には、メニューと氷水で、おしぼりはなし。

食べたいものは決まっていますので、スタッフの方にお伝えし、次の作業。

カウンターの一段高いところに目を移すと、ランチタイム限定食べ放題“ザーサイ”が

器に盛られていますから、セルフで小皿に盛り準備完了。

中華丼@1,100

実は私、中華丼大好きなんですよ。

当店の中華丼が相当美味いと噂を聞いていまして、頭の中はコレ一色。

ワタリガニの味噌汁つきです。

ひゃっほーW01 ご飯が見えないほどがっつりに盛られた具材に一礼!

白菜、干しシイタケ、タケノコ、人参、タマネギ、青菜、キクラゲ、ヤングコーン、

イカ、エビ、豚肉と具沢山。

その具材をレンゲでかき分けるとご飯もしっかりあって、ボリュームともに申し分なし!

口当たりの良い角がとれた優しい醤油味でまとめられ、

個々の食材の食感と旨みも活かされています。

こりゃあ、うまい。 

中華丼に1,100円は高いと思う方もいらっしゃるとは思いますが、中身が濃いのだ。

14時を回っても、行列こそはありませんが客足が途絶えない。

恐るべし表参道の人気店。 

斎さんの作り上げた「ふーみん」おふくろの味は根強いなあ。

食後近くには温かい中国茶のサービスをいただき退店。

今回のランチ満足度数は、 ★★★★ 積極的に大好きですheart

次回こそは、売り切れ御免の豚肉の梅干煮定食をと思うものの・・・

中華丼も捨てがたいんだよなあ。

なお、斎 風瑞 氏は、レシピ本も出版されています。

 

ふーみん

東京都港区南青山5-7-17 小原流会館 B1F

TEL      03-3498-4466

営業時間/  月~金 11:30~16:30L.O.(17:00閉店) 18:00~21:30L.O.
                          土 11:30~21:00L.O.

定休日    日曜・祝日・第1月曜 

大きな地図で見る

« 博多 錦亭 (土用の丑の日) | トップページ | 揚子江菜館(ヨウスコウサイカン) 神保町 »

01.中華料理」カテゴリの記事

a-01.港区」カテゴリの記事

b-2.東京・神奈川ランチ」カテゴリの記事

コメント

はぁ~い!レシピ本持っています(o^-^o)
中国料理を作り始めた頃の私にとってのバイブルでした。
勝手に「ふーみんママ」さんと呼んでおります。

中華丼、画像からでもとても美味しそうなのが伝わってきますよ~
私も定番の「豚肉の梅干煮定食」を食べてみたいのですが、早い時間じゃないと。
なかなか巡り会えませぬ…トホホ

まるっとさん
こんにちは!コメントありがとうございます。
斎 風瑞さんのレシピ本お持ちなんですね。

私も、実は~モコさんの本もってます♪
↑速水もこみち様(*`艸´)ウシシシ
モコさんをお写真で楽しめ、ついでにレシピもわかるなんて
な~んてスグレモノなんでしょう(* >ω<)=3 
中国料理に関係ないですね・・・・(汗)

「豚肉の梅干煮定食」と、到着するまでは思っているのですが
入店すると、好物なので中華丼に変わっちゃうんですよね。
でも、美味しかった~。
ここの中華丼を越える味ってあるのかなと思うぐらい。
でも、今度は強い意志をもって「豚肉の梅干煮定食」に挑みます( ̄▽ ̄)??
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

この記事へのコメントは終了しました。

« 博多 錦亭 (土用の丑の日) | トップページ | 揚子江菜館(ヨウスコウサイカン) 神保町 »