2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月31日 (水)

SEN YO (川陽) (№2) 東高円寺

Sennyou2

中華銘菜 「SEN YO」(圳陽) 5,000円コース料理後半。

当店のカウンターは奥行きも狭すぎず、かつ、席の間隔に適度なゆとりもみられるため

カウンター席の利用も居心地は悪くなさそうに思える。 

時間は20時ごろ、拝見していると会計をされるお客さまもちらほら。

この時間帯でお店は1回転を終えようとしていた。

(またすぐにお客さまが入られるのだけれど・・・)

(レンタロー) 点心がきたで、酒も紹興貴酒 5年@3,400 に変わっただよ。

四、手づくり点心二種

海老のトウモロコシ蒸し、海老春巻、XO醤。

すべて自家製なのが嬉しい。

海老のトウモロコシ蒸しは、粗くたたいた海老とすり身を球形にまとめ、

旬の生トウモロコシを衣にみたてあわせています。

トウモロコシのシャクシャクとした食感とみずみずしい甘さの中に

海老のプリプリ感とすり身に入った塩分が感じ取れる。

様々な方面から味覚に働きかける蒸し点心。

点心作りもお上手ですが、発想が豊かだ。

海老春巻も作りたて。餡は海老のトウモロコシ蒸しと変らずのようですが

パリパリッサクッとした薄い春巻の皮が具材の味を引き立てている。

油の質も良いものだと思いますが、とても軽い口当たり。

XO醤には干し貝柱やオキアミなど。

ナチュラルな味わいだけれども、ぴりっと辛くて酒の肴にはもってこい。

五、房総 いさきの広東風カルパッチョ(2名分)

おしながきと前後しましたが、先にカルパッチョがサーブ。

たっぷりの野菜には揚げワンタン。

程よく熟成したイサキの身には、ゴマ油を効かせたドレッシングで。

六、岩中豚の雲白肉(2名分)

キュウリ、モヤシ、ニンジン、青菜をボイルした岩中豚で巻きアボカドも

上にあしらっています。タレは醤油ベースですが、ニンニクの風味は控えめ。

これが、雲白肉?とたじろぐ感もありますが味は悪くありません。

このあたりは当店オリジナルの創作料理ですが、小さくまとまらない骨太さも感じます。

※ 六は、本日のおすすめの前菜として店内のブラックボードに記されている

ものになります。岩中豚の雲白肉(SPF豚)アラカルトでは@800

七、麻婆豆腐(2名分)と白飯

「足りないようでしたら、山椒をだします」 と土鍋で熱々の麻婆豆腐。

豆腐は柔らかい絹ごしタイプ。葉ニンニク入り。

郫県(ピーシェン)豆板醤を使われているようだ。

一口いただくと、油が美味い。辣油がまろやかで、すっと口に入ってくる。

これは人気があるのも納得だ。

しかし、今回は調理の段階で少し砂糖が入りすぎたようだ。

ジンジンひりひり辛さもあるのだけど、砂糖の甘さが口に残る。

豆豉(トウチ)のコクと塩気もあるので、山椒をたしたところで味が上塗りされるだけ。

甘さについての味の修正は効かないだろうとコシヒカリ100%の白飯にのせ

砂糖の甘みの拡散を計ることにした。 

すると、どうだろう。 もっちりとした白飯の甘みがすべてを包み込み、

ささいな事柄などはクリアされてしまうのだ( ̄▽ ̄)

八、特製杏仁豆腐

おしながきによると特製杏仁豆腐でしたが、デザートは選べるというお話なので

私は香港カステラ(馬拉糕)をチョイス。これは蒸し時間がいるため少し待ちます。

が、卓上に運ばれてきたホカホカの湯気がたちのぼる蒸篭をみれば

思わず笑みもこぼれましょう。 ふっくらしっとりとしたマーラーカオは

シェフのお話によると香港のピーナッツ油を使い3日がかりで生地を作られるのだそう。

風味が抜群に良い。数少ないマーラーカオ食歴ではありますが、

当店のものが一番口にあいました。

(レンタロー) 特製杏仁豆腐もうめえけんどオラも、マーラーカオ好きなんだ。

とは言え、寝太郎さんチョイスの杏仁豆腐も素晴らしく美味しかった。

コクが深く杏仁の香りも高い。もちろん妙なチープな甘さは一切ない。

これは只者ではありませんよ。

個人的にですが、杏仁豆腐の味覚の基準、物差しになり得る味わい。

しかし、なぜ? 点心、デザートまでこんなに器用にお上手なの?

「圳陽」と“川”の字が入ってらっしゃるし、麻婆豆腐がお上手なので四川料理を

学ばれたのですか?とお聞きすると

シェフは店名の「圳」の字が入る広東省の「深圳」(シンセン)で修業経験が

おありだとのこと。

調べたところ、深圳は香港の新界と接し、広東省の省都・広州市からほぼ南南東、

「珠江」デルタ地域に含まれる都市。

移民都市でもあるため、広東料理だけでなく四川料理、湖南料理のお店が数多い

のだそうです。

知れば知るほどに、もっと興味深い店になった。

私は本質的には創作料理系のお店はあまり好まないのですが、

シェフの引き出しは大きそうだ。 

追加は、生ビール@580、白ワイン(ファランギーナ)ボトル@2,800で

Hand01 お会計は、1人当たり9,000円(千円未満四捨五入) 

中国料理満足度数は、★★★★☆Star04 (4.6) とってもお気に入りです。

必再訪(*^・^)ノ また白酒も飲みたいーー。

Okini02 《本日のお気に入り》 ・前菜五種盛り合わせ(とくに有頭エビの紹興酒漬け)

・丸鶏のパリパリ揚げ ・点心 ・香港カステラ(馬拉糕) ・特製杏仁豆腐

※ 東高円寺は「廣義隆」さんといい優れた中国料理店が多い。この地、侮りがたし!

 

SEN YO (圳陽) 

東京都杉並区和田3-18-9

TEL             03-6382-5320

営業時間/  11:30~14:00 17:30~22:00

定休日     火曜

大きな地図で見る

2013年7月30日 (火)

SEN YO (川陽) (№1) 東高円寺

Sennyou1

中華銘菜 「SEN YO」(圳陽) 

当店のオープンは2011年11月。

オーナーシェフ、山田昌夫 氏による広東料理をベースとした創作系中華料理店。

最寄り駅は、東京メトロ丸ノ内線 東高円寺。

他に近道もあるようですが、土地勘が乏しい私達は、東高円寺駅1番出口を

出て左折、青梅街道を直進後、高円寺陸橋で環七通りに交差し左折しました。

当店は環七通り沿い、駅からは徒歩10分強の距離。

アクセスが良いとは言えない立地であるにもかかわらず、昼夜問わずの人気店。

食いしん坊さんのアンテナをぐいぐい反応させるお店のようです。

私達も当店には何度かお邪魔しよう計画をたてつつも、諸事情により先延ばしに

なっておりましたので、やる気まんまん。

連れ(寝太郎さん)が予約の電話を入れてくれた際にコース料理のご相談を

させていただきました。

コース料理は、3,500円、5,000円 ということでしたが、

お目当ての料理の一つは「丸鶏のパリパリ揚げ」(脆皮鶏)。

これは、HPで確認したところ一羽(五~七名様) の場合事前連絡が必要なもの。

「丸鶏のパリパリ揚げ」(脆皮鶏)半羽(二~四名様)分をコース内に組み込み

上記お値段内で提供は可能かをお聞きしたところ、出来ますとのお返事。

さらに、クチコミサイトでも評判の良い四川麻婆豆腐も同様にリクエスト。

その際、〆は麻婆豆腐とご飯になりますがよろしいでしょうか?

と、お店側からもお尋ねがあったそうです。

私達にはまったく問題はありません。めでたく成立。

いろいろお願いしていますし、せっかくなので、5,000円のコースでお願いいたしました。

店の前に到着すると「本日は満席となっております」 という札がかけられていた。

やはり予約は必須のよう。(写真は閉店間際のもの)

店内は細長い造りで、シンプルですが黒を基調とした落ち着いた雰囲気。

カウンター席(8)とテーブル席を含め20席ほどの席数。

私達もカウンター席かな?と思っていたのですが、

入り口に近い2人掛けテーブル席へのご案内でした。

この日、フロアに出て接客にあたられていたのはシェフの奥様とお見受けできる女性。

厨房には山田シェフ。もうお一人男性がキッチンをサポートする形でカウンター内に。

計3人体制。 夏場だからなのか「仙ノ孫」さんと同じく、全員店名入り黒Tシャツ着用の

カジュアルで動きやすい服装。 きびきびと動き、仕事をこなされています。

テーブル・セッティングは、ランチョンマット、コースター。

卓上には、取り皿(数枚)、メニュー、カトラリーケース。

このカトラリーケースの中に、箸、箸置き、レンゲ、爪楊枝がセットされています

手書きの可愛い“おしながき”も発見。 温もりが伝わってくるようだ。感じがいいねえ。

まずは、生ビール(エビス) 中@580 と小@450 での乾杯。

さて、お料理は運んできていただいたとき説明を受けますが、これを急ぎ控え、

補足し記録させていただいていますから正確さには欠けるかもしれません。 

また、各お料理は2人分が一緒のお皿で供されているものと各人ごとのポーションで

供されているものが入り混じっています。

一、前菜五種盛り合わせ

予約席を除きほぼ満席という混みようでしたから、1品目まで少し時間がかかりました。

1.自家製チャーシュー

・・・煮豆を敷いた自家製チャシューはほんのり甘めの優しい味わい。

  肉質も良く、しっとりとして、自然な旨みに好感が持てた。

  この後味の良さは手放したくないなあ。

  2枚あるチャーシューのうち1枚を前菜の最後までキープ。美味し。

2.よだれ鶏とザーサイ

・・・四川料理店ではないのに、麻辣醤がなかなか美味い。正直なところびっくりしました。

  私の感覚からすると、この麻辣醤は飲み物みたいにまろやかだ。

  こっそり小鉢を手に取り完飲?!

  ザーサイは青ザーサイ、キャベツ、キュウリ、ニンジンと合わせ浅漬けのように

  箸休めとしてもいただけるもの。

3.ハクレイ茸と中国漬物の甘辛煮

・・・味付けにはしっかり醤油。ショウガの風味も感じられます。食感は柔らか。

4.有頭エビの紹興酒漬け

5.クラゲの頭と真ダコの色どり野菜あえ

・・・アボカド、プチトマト(赤・黄)、粒マスタードで味を仕上げているよう。

直球だけでなく、いろいろ変化球も投げてくれます。

どの前菜も一つとして味がかぶるものなし。飽きさせません。

ほか、目を移すと皿にはキュウリ、水菜、紫キャベツのサラダも。

これが単なる添え物として感じられないところもすごいなあ。

※2種(有頭エビの紹興酒漬け・クラゲの頭と真ダコの色どり野菜あえ)は、

本日のおすすめの前菜として店内のブラックボードに記されているものになります。

1番のお気に入りは、有頭エビの紹興酒漬け♪

飾り切りにしたニンジンの蝶もいただけるということ。

お忙しいのに細部にまで手をかけてくださって心憎いこと。

酔っ払い海老もどきでいただいちゃいます。

口に含むとまったりとろ~り。海老の身あまーー!!

紹興酒漬けの味加減がまた素晴らしい。寝太郎さんとともにこれも完飲。

感動がいっぱいのスペシャルな前菜盛り合わせ。シェフは腕がいい( ̄▽ ̄)

ですが、当店ではコース料理を頼まれる方は少なくてアラカルトで注文される

お客さまが多いとのこと。

「コース料理、お得だと思うんですけれど」 と奥様(仮)。

2人だといろいろ食べたくても一皿に量があるとそうそう数はいただけないのが実情。

その点では、おすすめを含めちょこちょこいただけて喜ばしい。

三種きき酒@900

生ビールの次に手をだしたお酒は、白酒・中国スピリッツ。

グラスでの用意もありますがメニューをみたところ、紹興酒・白酒の中から

どれでも三種きき酒 900円 という文字が目に飛び込んできました。

これはもう頼むしかないでしょ! 

なんてったって900円という超良心的なお値段なのですから。

白酒・中国スピリッツとして、メニュー記されていたのは三種類(高粱酒・汾酒・広東米酒)。

紹興酒には目もくれず白酒・中国スピリッツで、きき酒を構成。

汾酒は、高粱・大麦・エンドウを原料にした白酒でアルコール度数53%、

グラスでは600円。

高粱酒(コウリャンシュ)は高粱(モロコシ)を原料にした白酒でアルコール度数62%、

グラスでは750円。

※ ちなみに中国四大白酒には、汾酒(山西省)、茅台酒(貴州省)、瀘州老窖特曲酒
(四川省)、西鳳酒(陜西省)があります。

広東米酒は米を原料とし豚の脂身を加えた白酒でアルコール度数29%、

グラスでは600円。甘く、さっぱりとした味わいで広東料理では欠かせないお酒ということ。

度数が高いのでもっぱら汾酒・高粱酒は寝太郎さんの担当。

私は広東米酒でしたが、このきき酒どれも味はちゃんとしている。

保存状態も良いのでしょう。リピートしたいです。

二、丸鶏のパリパリ揚げ(2名分)

お願いしていた半羽です。サーブされてきたときに、一瞬で記憶が蘇りましたよ。

代々木上原時代の「老四川 飄香」さんでいただいた蔵王地鶏の四川香り揚げを!!

あれは強烈に美味かったーー。 今もあの味が脳裏に刻み込まれています。

当店の丸鶏のパリパリ揚げもビジュアル的に同じ (≧∇≦) これは期待大♪

サーブ時には「お好みでタレか塩でお召し上がり下さい」 とのアドバイス。

また、丸鶏は骨つきですから、骨入れ用に壷も置いていただけました。

店内のボードには、イチ押しの一品!!としてご紹介。

鶏の内側に特製塩を塗り込み、干すことで旨味を凝縮!読んでいるだけでも

生唾を飲み込みそうな丸鶏のパリパリ揚げは、文字どおり皮目がパリッと香ばしく

内側の肉は、しっとりしながらも身がしまって、まるでジビエのような野趣あふれる

コク深さ。ともかく肉の味が濃厚なのだ。

甘辛タレはスイートチリ、塩は五香塩。

何もつけずに十分美味しいのですが、ピリ甘のスイートチリとの相性も抜群。

むしゃぶりつくように食らいつき、あっという間に鶏は骨のみに。

――旨い! 一食の価値あり。リピート決定 W04

三、中国野菜入り 色々野菜の炒め(シチリア産岩塩) (2名分)

手が少し空いたためだと思いますが、シェフ自らのサーブ。

ハクレイ茸、シメジ、白ブナピー、キクラゲ、ズッキーニ、マイタケ、赤ピーマン

エリンギ、金針菜(2種)など。

金針菜は生と干したものを戻したものを使われており、写真で見るオレンジ色

のものがそれになります。干すことによりオレンジがかった黄色(金色)になり、

この色と尖った形が名の由来ということ。

素材からの旨味と味付けには刻んだニンニクとシチリア産岩塩、

そして“魔法の粉”が少し。

もちろん“粉”使い上級者。強すぎないため上手に広東の味に仕上げています。

アワビのような食感のハクレイ茸をはじめ、野菜一つ一つの持つ美味しさが際立ち

また一皿として調和している。私も寝太郎さんも意見は一致。美味しいです。

(ノブロー) うめそうだでえぇぇーーーーーー Yodare

(みに) やだー!ノブローさん、お皿にヨダレたらさないでくださいよ。

                                       -№2に続く-

2013年7月29日 (月)

山東(サントン)新館 横浜中華街

Sanntonn

横浜中華街、香港路の中国家庭料理 「山東」(サントン)新館。

中華街でも珍しい山東料理がいただけるお店です。

本店(本館)は中華街大通りと広東道の間の細い路地裏にあり、待ちの列が

出来る繁盛店だったのですが、調べたところ移動されたとのこと。

本店(本館)は、ブログをはじめる以前ですが訪問歴があります。

私としては、あの狭っくるしさが味でもあった、と思うのだけれど・・・。

と、言っておりますが、私達は本日荷物が多いため新館を目指しました。

入店時、2階は団体客で賑わっている様子でしたが、1階は8割程度の客の入り。

幸いキャリーバッグを置ける店内奥、

厨房と化粧室に近いテーブル席に着くことができました。

卓上には、メニューと自家製の沙茶醤(サーチャージャン)ベースのタレが

むき出しで置かれています。

中華街あたりで細かいことを言ってもはじまらないのでしょうが、これは

衛生的に気になる。容器には蓋が欲しいなあ。

生ビール@525 のあとは紹興酒@2625 

無造作に取り皿の上に置かれるタオル地おしぼりと割り箸。

こういうところは気にならない。

中華街に来たぞ!って感じで私には喜ばしかったりするのだ。

チェイサーでいただいた水は水道水のよう。

夏場なので入っていた氷がさっさと溶ける。

ぬるい水道水のままでは臭いも味も好ましくなかったため、冷やしていただこうと

氷をお願いしたところ取り皿にのせて出てきた。

1階をしきるお店の女性は、氷が溶けると、こちらからお願いしなくとも

また新しいものに換えてくれたりとよく気が付いてくれた。感謝。

水餃子(10個)@735

山東の名物は水餃子。来店されるお客様のほとんどが注文される必食の1品。

本店の決して居心地がよいとは言えない密接した相席環境のなか、

初めて山東さんの水餃子いただいたとき、経験したこともないような味わいに

興奮し胸の高鳴りを覚えたことを思い出します。

モチモチとした厚めの皮に包まれた水餃子に

卓上の自家製沙茶醤(サーチャージャン)ベースのタレをかけます。

タレはココナッツパウダーほか数種類を合わせてらっしゃるという当店秘伝のもの。

タレのみ味わうとココナッツに加え、オキアミのようなものが入っているように

思えるのですが甘辛味。

ちょっと待て?こんなふうに甘かったかな。

もう少し唐辛子の効いたピリ辛味だったように記憶しているのだけれど。

なにぶん記憶も古すぎて曖昧だ。

(レンタロー) はよう、ごっちゃんになるべえよ!!

重量感のある水餃子を箸で持ち上げ、そのままかぶりと歯を入れると、

小籠包のようにジュワッっと熱々の肉汁が飛び出した。

おっーー!

肉餡にはニラががっちり効いていて、ニンニクの風味が口の中を駆け巡る感じ。

ニンニクがあまり得意ではない方にはよりきつく感じられるかも。

また、若干、水餃子の皮に独特の臭いがある。ひょっとしたら使われている小麦粉は

あまり質がよろしくないのかもしれない。

山東特製豆腐 海鮮のあんかけ@1,260

壁に張り出されているおすすめよりチョイス。

同料理は、皿ごと蒸されているのではないかと推測。

海鮮は海老、イカ、帆立、カニなど。野菜は赤ピーマンとアスパラ。

塩味のベースのあんかけです。

豆腐は皿一面に広げられ、ふるふると柔らかく口当たりの良い絹ごしタイプ。

日本で言うところのおぼろ豆腐のよう。

豆腐脳とはまた違うのか正確なところはわかりませんが、

山東料理は豆腐を使う料理が多いということでもありますから、おすすめメニューに

記されていることに納得。日本人にも抵抗なくいただける優しい味わいです。

閉店は22時。2階に団体さまがいらっしゃるということもあり、21時ころには

「他に注文がなければ、お会計よろしいでしょうか?」 とのお尋ね。

もちろん席はゆっくりと22時までご利用下さいとのこと。

退店が団体さまと重なり身動きがとれなくなるのも嫌ですから、

紹興酒 小@630 を追加し会計を済ませました。

店を出るときには、私達と相性が良かったのでしょうか?

サービスを前面に担当してくれた(他の中国人スタッフの方は日本語が流暢では

ないためオーダーをとられないのかもしれません)1階の女性が手をふりお見送り。

さて、自家製沙茶醤(サーチャージャン)ベースのタレは、訪問日の出来によるかも

しれませんが、昔覚えたほどの感動はなかった。

以前はもっと鮮烈な印象でパンチもあったように思う。

あのタレでもっちり水餃子を食しながら飲むビールが最高に旨かったのになあ・・・。

これは私の記憶の改ざんかもしれないので機会をみつけ移動したという本店に

向かってみようと考えています。

Hand01 お会計は、1人当たり3,000円(千円未満四捨五入)

今回の横浜中華街満足度数は、★★★☆ 消極的に好きで。失礼しました。

 

山東 新館

神奈川県横浜市中区山下町147

TEL     045-651-7623

営業時間/ 11:00~22:00

定休日    無休 

大きな地図で見る

2013年7月28日 (日)

魚佐 葉山町堀内

Uosa

葉山町堀内、磯料理「魚佐

海水浴シーズン、海の家のラーメンばかりでは飽きてしまうので、1度は訪問する

私達の定番のお店。ちなみに2012年は週末なので30分前から並びました。

今年は平日だし大丈夫かと思いきや、平日も普通に行列になります。

午前中、シュノーケリングや磯遊びに夢中で正午を回ってから到着。

やっぱりお客様が並んでいる。

店先のウェイティングシートに氏名と人数を記入し椅子に座って順番待ち。

並ぶといっても平日なので、週末ほどではないように思う。

支度が整うと、お店のお兄さんが、「お次にお待ちの~」と声をかけてくださる。

指示に従い入店。相席ではなく店内奥のテーブル席になった。

卓上には、醤油、ソース、爪楊枝、使い捨て紙おしぼり と変わらず。

ビール(中ビン)は550円。

ビールのお通し。イカの甘辛煮。 味がしみこみ、柔らかくて美味い。

ご飯のおかずにさえなりうる嬉しい一品。

定食の小鉢は、昆布煮、たくわんとキュウリの漬物。味噌汁は大ぶりのしじみ。

なんてこともないものが小憎らしいぐらい定食にマッチしています。

アジフライ定食@1050

私、チョイス。毎年通わせていただいていますが、結局コレよ( ̄▽ ̄)v

魚佐、最強のCPを誇るアジフライ。身が厚くふっくらジューシー。

衣もからっと揚がっていて油臭さもないんですよね~。

ミックスフライ定食(日替わり)@1500

そのアジフライ様に反旗を翻そうと、連れ(寝太郎さん)がミックスフライをチョイス。

ミックスフライ君はからっと衣をまとい、日替わりメンバー、あじ、えび、きす、ほたて、

かます、を引きつれ参戦!

それぞれに魚貝本来の味が濃厚で美味いですよ。

東京あたりでは、このお値段でこの味はなかなか食せないものになります。

しかし、やっぱり魚佐のランチ、定食キングは「アジフライ定食」でしょ~Crown04

大きいアジフライは、1枚食べても飽きることがなく、次の1枚に箸がのびる。

1枚目はソース、2枚目は醤油でと味にバリエーションをつけて楽しむ。

ボリューム感もたっぷりで、また白飯が美味いもんだから、どんどん食が進むのだ。

えびフライにタルタルが欲しいとか言ってるけど、どうよ!寝太郎さん!!

005 「・・・ ・・・ ・・・!」

お魚ランチ満足度数は、 ★★★★Star04 積極的に好きです。

 

魚 佐(うおさ)

神奈川県三浦郡葉山町堀内1051

TEL         046-875-0071

営業時間/ 12:00~14:30  16:30~20:00(L.O.19:30)

定休日/ 月曜日、第3月・火曜日 

Bar Stone Pavement 神楽坂

神楽坂 「Bar Stone Pavement」(バー ストーンペイブメント)

(レンタロー) こんちは!いま、オラ 管理人 長年来の馴染みの店にお邪魔してるだ。

マスターがオラ用にドリンク用意してくれたんだ♪

コースターの椅子も気にいっただよ。 ありがとだ。


Stone Pavement 

東京都新宿区神楽坂3-1

TEL      03-3267-7778

営業時間/ 月~金 18:00~1:00 (L.O)0:30

定休日    日・祝日

※BAR満足度数、個人的に別格。

2013年7月27日 (土)

和乃匠 鷲北(ワノショウ ワシキタ)  麻布十番

Wasikita

寿司割烹「和乃匠 鷲北」(ワノショウ ワシキタ)

某日、母と寝太郎さんの3人で、お昼懐石御膳@3,800を予約の上、来店。

最寄り駅は麻布十番駅。

新一の橋交差点(角には永坂更科本店)から都道319号線を 鳥居坂下方面に

向かい2本目を右折。

近くには「グリル満天星 麻布十番 本店」さんがあります。

当店、オープンしたてのときは麻布十番商店街近くでチラシを配っていたのですが未訪。

現在は見かけませんから、お客様も定着なさったのでしょう。

寿司好きな母との会食。他に候補店もあったのですが、HPを拝見し、

リーズナブルなお値段で寿司懐石がいただけ、テーブル席も確保できる

ということで選ばせていただきました。

入店したところ格式高いお寿司屋さんというイメージはなく、小洒落た寿司

ダイニング、もしくは居酒屋さんというようなイメージ。

あら、母を連れてきちゃったけれども大丈夫でしょうか(汗)

奥にはカウンター席、手前がテーブル席。

私達は入り口に近い4人掛けテーブル席を利用です。

まずは飲み物。

メニューをいただきましたが、ランチタイムはランチ生ビール@300 の提供あり。

日本酒は別メニューでおすすめを確認することができます。

さて、HPによると お昼懐石御膳

旬菜三品・お造り・握り寿司・味噌汁・水菓子 という内容構成。

お料理は、運ばれてきた際説明を受けますが急ぎ控え、補足し記録させて

いただきますから正確さには欠けるかもしれません。 

冷やし茶碗蒸し 梅肉のせ

茶碗蒸しの具には鶏肉、椎茸、三つ葉など。出汁もしっかりしていますが、味は濃い目。

ですから梅肉の塩気が加わるとさらに味が強すぎる感じがします。

若鮎の天ぷら

野菜はミョウガ、シシトウ。若鮎は頭からいただけます。お好みで塩を。

やや油切れに難はありますが、問題視するほどではありません。

カツオのたたき

タマネギ、ミョウガ、カイワレ菜を合わせ、ポン酢が回しかけられ、さっぱりと

いただけるもの。カツオ自体も美味かった。

お造り

コチ、蛸、まぐろ。 うん!満足。

ズイキと鱧の卵和え

夏を感じさせてくれる献立。柚子の風味で。

小鍋

合鴨、丸茄子、椎茸、三つ葉。 

味は濃い目なのですが、カツオ出汁に鴨の風味も加わり、吸い口は柚子。滋味深い。

握り寿司

イカは一仕事。そうめんのように包丁をいれてくださっています。

どれも平均値以上の味ですが、個人的には鮮度も良く肉厚の帆立が

握り寿司の中での一番のお気に入り。

また、母は追加の別注文で好物のウニの握りをいただいたのですが、

これにとても満足した様子。 私達の面目も立ちました。

味噌汁

甘海老の赤出汁。

旬菜三品どころか握り寿司に入る前にお造りを除き5品いただいています。

2品分はお店の大将の心意気でしょうか。

私はせいぜい茶碗蒸しに、貧相な小鉢が2つ程度かと思っていたのですが

小鍋を含めたバラエティに富んだ内容に驚かされた。

お腹が一杯、あまりの苦しさにズボンのウエストをゆるゆると微調整。

水菓子

黒ゴマアイス。

これは別腹。和のデザートは好きなもので・・・。 美味し!

入店時は、正直なところ期待ができないかあと思ったのですが、手を掛けた

旬菜をちょこちょこ出していただけ、お腹も気持ちも満足できました。

夜はわかりませんが、お昼懐石御膳はCP良好。たいへん優秀だと思います。

会計を済ませると大将がカウンターから出てこられ感じよくお見送りを受けました。

一同、上機嫌。

お酒や追加の握りを加算し

Hand01、お会計は1人当たり5,000円(千円未満は四捨五入)。 良心的だ。

寿司満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。 

 

和乃匠 鷲北

東京都港区麻布十番1-4-2 カーサツルオカ 1F

TEL      03-3589-1156

営業時間/  11:30~14:30(L.O) 18:00~22:00(L.O)

定休日    日曜・祝日

大きな地図で見る

2013年7月26日 (金)

海員閣(カイインカク) 横浜中華街

Kaiinnkaku

横浜中華街、香港路の「海員閣」(カイインカク)

1936(昭和11)年創業の広東料理店。

古びた外観は、中華街の中での歴史を物語っているかのよう。

ぐるなび等の情報によると、当店は火を起こすのに1時間かかるというコークスの

強い火で調理なさっており、したがって、人気のメニューは、とろとろに柔らかい

豚バラと牛バラ。

また、当店は某番組で、中華街のシェフの行きつけベスト5の第1位に輝いたお店。

味の確かさを裏づけるかのように、行列率が高く、休日などはそれが当たり前。

そして、中華街は観光客も多いので平日もランチタイムは普通に行列。

スムーズに入店できたら運が良いのだ。

某日も周辺のお店は客を引いているというのにもかかわらず、当店は何処吹く風。

オープン前から客が押し寄せ香港路はここだけ行列だ。

時間少し前になると、お店のお姉さんが人数を聞きに出てきた。

1階、2階と振り分けるためだろう。 もちろん人気店のため、相席は必至。

開店すると私は1階席の4人掛けテーブルへ指示され、2名でいらしている

年配の女性と相席で利用。

1階は、レトロで飾り気のない大衆食堂然とした雰囲気。

これがまたいい味になっている。

卓上には、メニュー、醤油、酢、胡椒、からし。

着席後に、割り箸が水の入ったコップの上にのせられセットされる。おしぼりはなし。

シューマイ(4個)@480

看板料理の一つ。比較的早くにサーブされる。

シューマイは埋まった1階席のお客様のほとんどが注文するという、いわば来店客

お約束のようなもの。これをつまみながらお目当ての麺や飯の出来上がりを待つのだ。

無造作に皿に置かれた4個のシューマイにかぶりつくと粗々しい肉の食感が歯に伝わる。

一口目でその美味しさに目を見開く。肉の旨味がぎゅぎゅっと凝縮されているよう。

餡には他にグリンピース、海老、なども確認できる。

素朴だけれど確実に美味しい。さっさと完食。オススメです。

豚ばらそば@800

私、チョイスは牛バラではなく豚バラ。

とろとろに柔らかい牛バラそばは、「愛群」ほかでも、いただいたことがありますので

豚バラそばに対する強い好奇心からです。

出来上がりまで少し時間がかかりましたが、1階席、豚ばらそばを注文の

お客様がほぼ同時に提供された。これってラーメン屋さんでいうところのロットかな。

大きい豚ばらは、ザクザクとダイナミックにカットされ、たっぷりの青菜とともに

スープの表面を覆うようにのせられている。

もうこのビジュアルだけで、えらいもんに出会っちまったなあ、と心が高鳴りますよ。

肉の厚みもすごいのですが口の中でほろほろトロトロ、ほぐれ溶けていく肉の繊維に、

えっ!こんなに柔らかいの?と驚きです。

牛ばらは、八角が効いているらしいですが、豚ばらは豚肉そのものの旨味が

ストレートに出ている感じ。ボリュームも満点!

麺はストレートで、コシがハリガネのように感じ取れるタイプ。

粉っぽさも少々舌につきますし、独特の風味はかん水の味なのかな。

スープはシンプルな醤油味ですが、豚ばらのコクがプラスされています。

後半どうにも箸が止まったのは、麺の独特な匂いに加え、化調によるところも

あるかもしれませんが、女子一人でシューマイのあとの豚ばらそばは、

少し量が多すぎた。 ふう、腹一杯。 

カップルで来店される方はシューマイ2人前で豚ばらそば1つをシェアされて

いましたが適量はそれぐらいかな。

会計は、これまたノスタルジックなレジにて。

横浜中華街では一度は訪問してみたい当店。

次回は牛ばらに挑戦だ。

シューマイ満足度数は、★★★★

横浜中華街満足度数は、★★★☆Star04 (3.8) 消極的に好きです。 

 

海員閣 (カイインカク)

神奈川県横浜市中区山下町147

TEL      045-681-2374

営業時間/火~土 11:40~15:00 17:00~20:00 日・祝 11:40~20:00

定休日   月曜日

大きな地図で見る

2013年7月25日 (木)

馬さんの店 龍仙 (マーサンノミセリュウセン) 横浜中華街

Masann

横浜中華街、上海料理「馬さんの店 龍仙 」(マーサンノミセリュウセン)

場所は、善隣門近くの長安道沿い。童男童女の中国人形と赤い張り出しテントが目印。

横浜中華街で唯一早朝7時からオープン、深夜3時までの営業店。

ぐるなび等の情報によると、オーナーは馬 双喜(マ ソウキ)氏。

某日の夜、お店を物色しながら店の前を通りかかると、椅子に座った有名な翁、

馬 玉清(マ ユウチン)氏に遭遇。 (オーナーのおじにあたる方だそうです)。

私達を見ると椅子から立ち上がり、にこにこしながら、

「 90歳!アメリカ生まれ!英語ペラペラ!」と近寄ってくるではありませんか。

夏場のこの時期、陽が落ちても湿度は高いのに、ご高齢の馬翁は表に出られ

ジャスチャーを混ぜて元気をアピール。

これには、私も連れ(寝太郎さん)もたじたじ。

馬翁のエネルギーに圧倒されて入店。

扉も開け放たれ、屋台風の雰囲気がする店内は角テーブルと円卓で席数35席。

円卓に2名で案内の場合は、ほぼ相席になります。

入り口近くの角テーブルを確保。

壁に所狭しと貼られたメニューは目移りするほど豊富です。

卓上には、醤油、 辣油、酢、胡椒、爪楊枝。

着席後に、メニュー、割り箸、使い捨ての紙おしぼり、水をいただけました。

なお、水のお替りはセルフ。店内中央のウォーターサーバーを使います。

鴨舌の唐揚げ@735

下にはレタス、上にはネギとピーマンの炒め野菜。

やはり鴨にはネギですね。

寝太郎さんは、かさ増しだ!という所見ですが、私はそこは気にならない。

他店との比較は申し訳ないのですが「慶福楼 本店」の鴨舌と比べると

この日のものは、火のとおりがあまく、ややレアな部分も感じられた。

もう少しからっと揚がっていてほしかった。という感想。

(レンタロー) 馬翁、すっげえな。パワフルだで。

(ノブロー) 馬翁は「午後遅い時間から夕方にかけて店に顔を出すことが多い」

ちゅう話だ。オラたち夜に出会えてラッキーかもしんねえよ。いいことあるんじゃねえか?

水餃子(6個)@525

他のお客様の卓上に出されていたのを拝見し、美味しそうになので注文。

いざ箸をつけると、皮は柔らかく、ぷよっとお疲れ気味。

餡は生姜が効いているものの、他には特筆なし。卓上の調味料をお好みで。

紹興酒は陳年女児紅 500ml @2,800 を注文。

保存状態が好ましくなかったせいか、酸化している。残念。

でも、これぐらいなら許容範囲内、飲んでしまうのですけどね。

追加は、陳年紹興酒 陳十年250ml @1,500 

ちゃんとボトルを見せてから開封してくれました。

安心をあたえてくれるサービスは嬉しい。

お酒のつまみにもう一品。 お得なスタミナ定食にもついている

手羽先の醤油煮込み@525

旨味が抜け出しガラ状態。これをフォローすべく中華スパイスを効かせて

ほしいわけなのですが、香りがしない。パサパサ醤油味。ああ無念。

店名を冠した“龍仙粥”は当店の名物。

龍仙粥@735

写真とは異なりますが、具材は沈んでいるのでしょう。

1つしか注文していませんが、ちゃんと取り分け用に小椀がセットされます。

刻んだ油条、揚げワンタン、ザーサイ、白身魚、イカ、エビ、ネギなど。

海鮮粥になります。

鶏がらをベースになさってらっしゃるということですが、煮込みの作業工程が

雑なのかもしれません。舌触りがいまひとつ。

とは言え、本日いただいたお料理の中ではこちらが一番口に合いました。

ところで、私達の滞在時間中に馬翁の夕飯タイム。

お粥と海老チリを表に持っていかれ、呼び込みをなさりながら召し上がられていた様子。

水筒片手に完食のようで空になったお皿を店内に返されていました。

凄いわ。これが元気の源かな?

杏仁豆腐

粥のあとに、お店のお姉さんが運んできたくださった。嬉しいサービス。

私達より早くお店をあがられるお兄さんが何故か「お先に失礼します」と

声をかけてくださったり、中華街としては感じが良い接客をされていると思います。

馬翁も会計を済ませれて退店されるお客様方に「今日はありがとう」を

示すように大きな声でお声掛け。アットホームさも嬉しい。

お料理については、選択により当り外れがあるかもしれませんが

当店の魅力の一番は、馬翁になるのではないかなあ。

Hand01お会計は、1人当たり3,000円(千円未満四捨五入)

会計を済ませ私達が外にでると馬翁も椅子から腰をあげられ

私に向かって(だと思いますが)「温厚・誠実・裏切らない!」

寝太郎さんには(だと思いますが)「身体丈夫!」と声をかけてくださいました。

そして、親指をたて「愛してる!アメリカ生まれ!」を連呼。

生命力の強さを感じる、とてもチャーミングな翁だ。

横浜中華街、この通りで馬翁に出会ってしまったら

やっぱり当店に入ってしまいそう。  翁、どうぞお元気で。

横浜中華街満足度数は、★★★ 日常的なら満足です。

 

馬さんの店 龍仙 (マーサンノミセリュウセン)

神奈川県横浜市中区山下町218-5

TEL      045-651-0758

営業時間/ 7:00~翌3:00(L.O)

定休日   無休

大きな地図で見る

2013年7月24日 (水)

揚子江菜館(ヨウスコウサイカン) 神保町

Yousukousaikann

中華料理「揚子江菜館

創業明治39年の神保町の老舗。

最寄り駅は神保町、A7出口徒歩1分ほど。

すずらん通り沿いの一軒家レストランで京劇面の看板が目印。

元祖冷やし中華とメニューに記された富士山型の凛々しい五色涼拌麺が

有名な上海料理店です。

当店の冷やし中華、神保町に通った二十数年前にいただいたことがあって、

当時そのお値段の立派さとゴージャスさにたまげたものです。

それでも食べたくて、時には1杯の冷やし中華と点心を注文し友人とシェアした

ことを思い出します。

本日はその懐かしの元祖冷やし中華を求めて来店。

メニューを見ると・・・あれ?こんなんだったかな(汗)

入店すると、お店の方から「何名さまですか?」とお声がかかる。

1階席は、ほぼ満席。当店は昼の混雑時など相席の可能性大のお店。

たまたま入り口近くの2人掛けテーブル席が空いていましたので、一人で独占。

しめしめ、これで思いっきり冷やし中華をすすれるぞ ( ̄▽ ̄)

レトロと言うよりクラシカルな店内。

卓上には、酢、醤油、辣油、胡椒、からし、爪楊枝、簡易メニュー。

テーブルクロス使用、トップはビニールクロス。

着席後に、メニュー、タオル地のおしぼり、中国茶をいただけた。

五色涼拌麺(元祖冷やし中華)@1,470

彩りよく盛られた具は、糸寒天、チャーシュー、キュウリ、干しシイタケ、

キヌサヤ、タケノコ煮、錦糸玉子、うずらの卵(2)、海老(2)、肉団子(2)の10種類。

元祖冷やし中華と銘打たれた冷やし中華は1933年(昭和8年)に誕生とのこと。

富士山をイメージし裾野に広がりを見せるよう美しく放射状に具材が放たれています。

ワンテンポ遅れて焼売が到着。

ランチタイムのサービスのようで、注文時、「焼売か杏仁豆腐がつきます。」

とのことで、焼売を選ばせていただいてました。

写真だけではなく運ばれてきたときも感じましたが、富士の裾野の湖にあたる

冷やし中華のタレは、醤油の色味が強く、濃厚で甘しょっぱい。

麺は喉越しの良いストレート麺。

下から持ち上げるとタレに使っていた部分の麺が着色しています。

妙な甘さがいつまでも口に残ることはないのですが、酸味は控えめですし、

具材のタケノコまでお醤油色に甘しょっぱく煮ていらっしゃるのでダブルパンチ。

やっぱり私には味が濃すぎる。卓上の酢をじゃばじゃばかけて自己調整。

しかし、これだけしっかり味がついているとおいそれと変わるはずはありません。

これが元祖と呼ばれ、歴史を重ねてきた味なのでしょう。

周りのお客様を拝見していても冷やし中華率高し!

私は、お茶をお替りしながら完食。

焼売はサービスにしては上等。肉の甘みあり。

また、下味つきなので醤油いらずです。

私は1個目先を変えて冷やし中華のタレにもつけましたよ。

本当に私が昔いただいた憧れの冷やし中華はこれだったのだろうか?

神保町、すずらん通り、京劇面、揚子江、冷やし中華、

このキーワードが記憶に刻まれているのだけれども。 

年を取り、嗜好が変わったということなのかな。

今回のランチ満足度数は、★★★Star04  日常的なら満足になります。

ご馳走さまでした。

 

揚子江菜館(ヨウスコウサイカン)

東京都千代田区神田神保町1-11-3

TEL             03-3291-0218    

営業時間/  11:30~22:00(L.O.21:30)

定休日     無休

大きな地図で見る

2013年7月23日 (火)

中華風家庭料理 ふーみん 表参道

Fuminn

中華風家庭料理 「ふーみん

店名は、台湾出身のオーナーシェフ 斎 風瑞(さいふうみ)氏の名前からつけられたもので

昼時ともなれば行列必至の超人気店です。

最寄駅は表参道。骨董通り沿いの「小原流会館」地下1階のレストラン街内。

店先にはメニューのほかに、順番待ち椅子も出されています。

当店の看板メニューはいくつかありますが、サンプルで示すとおり

人気定番は「豚肉の梅干煮定食」。

このサンプルは訪問日とは別の日に撮影したものなので、売り切れの札は

出ていませんが、いち早く完売になるのが上記、定食になります。

BGMの流れる店内はカジュアルでカフェ風。

広めのオープンキッチンには、斎 風瑞 氏のほか4名、フロアに出て接客に

当たられるスタッフは黒いエプロンをかけて、良い意味で家庭的な温かさがあります。

カウンター席(6)とテーブル席。食べログによると42席あるそうです。

1人ですから、厨房脇のカウンター席の利用。

横目でライブ感あるキッチン内を拝見することができました。

テーブル・セッティングは、小皿、ロゴ入り箸袋に入った割り箸。

卓上には、酢、胡椒、爪楊枝、紙ナプキン。

着席後には、メニューと氷水で、おしぼりはなし。

食べたいものは決まっていますので、スタッフの方にお伝えし、次の作業。

カウンターの一段高いところに目を移すと、ランチタイム限定食べ放題“ザーサイ”が

器に盛られていますから、セルフで小皿に盛り準備完了。

中華丼@1,100

実は私、中華丼大好きなんですよ。

当店の中華丼が相当美味いと噂を聞いていまして、頭の中はコレ一色。

ワタリガニの味噌汁つきです。

ひゃっほーW01 ご飯が見えないほどがっつりに盛られた具材に一礼!

白菜、干しシイタケ、タケノコ、人参、タマネギ、青菜、キクラゲ、ヤングコーン、

イカ、エビ、豚肉と具沢山。

その具材をレンゲでかき分けるとご飯もしっかりあって、ボリュームともに申し分なし!

口当たりの良い角がとれた優しい醤油味でまとめられ、

個々の食材の食感と旨みも活かされています。

こりゃあ、うまい。 

中華丼に1,100円は高いと思う方もいらっしゃるとは思いますが、中身が濃いのだ。

14時を回っても、行列こそはありませんが客足が途絶えない。

恐るべし表参道の人気店。 

斎さんの作り上げた「ふーみん」おふくろの味は根強いなあ。

食後近くには温かい中国茶のサービスをいただき退店。

今回のランチ満足度数は、 ★★★★ 積極的に大好きですheart

次回こそは、売り切れ御免の豚肉の梅干煮定食をと思うものの・・・

中華丼も捨てがたいんだよなあ。

なお、斎 風瑞 氏は、レシピ本も出版されています。

 

ふーみん

東京都港区南青山5-7-17 小原流会館 B1F

TEL      03-3498-4466

営業時間/  月~金 11:30~16:30L.O.(17:00閉店) 18:00~21:30L.O.
                          土 11:30~21:00L.O.

定休日    日曜・祝日・第1月曜 

大きな地図で見る

2013年7月22日 (月)

博多 錦亭 (土用の丑の日)

土用の丑の日ということで、新宿伊勢丹デパートの食品フロア、食品催物場に

出店されていた博多 錦亭さんで、うなぎせいろ蒸しを興味本位で購入してみた。

特上@2,940 特上はまるまる1匹の鰻を備長炭で焼き上げ、ご飯は味つき。

出汁で炊いたご飯だそうな。

売り場の方にお聞きしたところ、蒸してもチンでもよいとのこと。

チンの場合はかぶせてあるサランラップに3~4箇所穴を開けてください、って

ことなのでやってみた。 見た目はいい感じ♪

吸い物は永谷園の松茸の味お吸いもの。

鰻自体の味は良かったのですが、

味がしっかりしみこんだ一面まっ茶色のご飯の上に、鰻の蒲焼。

Wで甘みの強いタレの味が先行し、白いご飯の上に蒲焼とタレがかった関東の鰻

ぐらいしか食べた経験のない自分には味が濃すぎたかも(汗)  

お店で蒸篭で蒸したものならまた印象も違うのかなあ。。

勉強になりました。 ごちそうさまっ(。-人-。)

 

故郷味(フルサトアジ) 御徒町

Furusatoaji

延辺料理「故郷味」(フルサトアジ)

延辺とは、北朝鮮の国境に程近い中国北東部の延辺朝鮮自治州。

場所は、御徒町駅、北口を出て徒歩3分ぐらい。

入店すると細長い店内に先客は2組ほど。 1・2・4階が店舗のようですが、

お好きなところにどうぞ、ということなので入り口に近い1階テーブル席を利用。

室内は明るい。

使用されているテーブルはコンロ付きテーブル。

卓上には、酢、醤油紙ナプキン、串入れ、灰皿、メニューなど。

割り箸は箸箱の中に爪楊枝とまとめて入っています。ほか、おしぼりは直置き。

延辺料理は韓国料理と中国料理をベースとしたもので、

メニューには普通に中国料理があるかと思ったら、チヂミや冷麺、ビビンバなども

あるのです。 私達には、なんじゃ、それ?って感じですがそういうもの。

特色としては、唐辛子をたくさん使うため、ピリっと辛く甘酸っぱい味。

クミンも多用なさるとのこと。 

それでは、実食。

お通しになるのか、生ビール@520×2 とともにサーブされたのは

キムチ風のキャベツ・茎ワカメ、揚げ塩ピーナッツ。

心管串(牛のハツモト)@200

まずは串から注文。1本からお願いできるのは喜ばしいことです。

テーブルにコンロがセットされているので自分で焼くのかと思いましたが

さすがにそれは違った(汗)

ハツモトは、肉の処理がきちんとなされているため臭みなし。

甘辛いみそタレで、クセはなく淡白に食せる。

しかし、連れ(寝太郎さん)から物言いがつきました。

「―― 残念ながら、肉についた炭の香りが臭いよ」

うーん、確かにね。安い炭なんじゃない。この香りは全串焼類に共通。

羊肉串(羊の肉串)@150×4

おそらく冷凍肉。たっぷりの唐辛子、クミン、甘辛いタレで味付け。

1本目はスパイシーでうまい、うまいと喜べましたが、本数を重ねると味付けに

くどさを感じる。 また、少し焼きすぎなのか肉が硬い。

個人的ですが、羊肉串では「味坊」さんに軍配かな。

(ノブロー) おお!羊肉ええだな~♪

(みに) ふふ、ノブローさん、好物らしいわね( ̄▽ ̄)

牛肚串(牛ハチノス)@260

臭みなし。柔らかく食べやすいのですが、味付けもハツモト同様、甘辛ミソ。

味が単調なので、少しばかり串焼類に飽きがくる。

牛肉串(牛肉串)@200×2

羊肉串同様、たっぷりの唐辛子、クミン、甘辛いタレで味付け。

これは、カチコチに硬かった。自分、歯をもってかれるといけませんから途中放棄。

寝太郎さんがありがたく頂戴いたしました。

結局のところ、こうしたパターンで串焼類は構成されているのかな?

2名の場合は各1本ずつ、お試しのつもりで注文されるのがベストかもしれません。

紹興酒の価格設定は上記写真。女児紅 500ml 2,150円は良心的。

2本空けたところで・・・

紹興酒五年 ボトル180ml @690×2

可愛らしい塔牌

JINROのグラスがあるのも、当店が韓国と中国のミックス地帯であることを

実感させてくれます。

1階席、利用のお客様の中にも中国人の方が多かった。

で、ちらっと拝見していると食べ残しはテイクアウトで包んでもらっています。

醤背骨(味付け豚せぼね)@880

反対にその中国人(であろう)のお客様をチラ見させたのが醤背骨(醤大骨)

同行者が日本の方だったので「あれは?」と言う問いに答えて差し上げていたのでしょう。

もちろん、使い捨て透明のビニール手袋がセットされます。

中南海」さん以来の醤背骨(醤大骨)。

手袋をはめて骨の周りについたお肉をいただきます。

関節技を決めバキッと骨を折り、かじりつく。

ほろりとはがれ落ちる柔らかい肉をまずは楽しむ。

それでも骨にへばりついている肉は指や箸を使って徹底的にこそげ落とします。

こうして収穫した肉を我を忘れて頬張ると、脂もこってり。

見た目も濃いのですが、当店の方が醤油味が濃密だし、クミンは感じ取りにくかったかな。

メニューには、犬肉や蚕もあったのですが、私にはハードルが高すぎるため

ご辞退しました。 まだまだ修業が足りませぬ。

何やら、ディープな雰囲気漂う御徒町の夜。

延辺料理は、もう少し学習を積んでから出直そう。

Hand01お会計は酒代が多いため、1人当たり5,000円(千円未満は四捨五入)

検算したところお通し代は取られず明朗会計。

中国料理満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。

 

故郷味 (フルサトアジ)

東京都台東区上野6-2-7 キングビル 1F・2F・4F

TEL      03-5807-1377

営業時間/ 11:30~翌5:00 (ランチ 11:30~14:00)

定休日      無休

大きな地図で見る

2013年7月21日 (日)

広東名菜 富徳 (カントンメイサイトミトク) 外苑前

Tomitoku

広東名菜 富徳」 (カントンメイサイトミトク)

オーナーシェフは、「聘珍樓」、「赤坂璃宮」で総料理長を歴任された周 富徳 氏。

炎の料理人と呼ばれ、一時期、各メディアでも注目度の高かった方です。

1993年に独立。

HPによると、「富徳」では、料理人であり、ご子息の周 志鴻 氏と心の味を

追求なさっているとか。

場所は、東京メトロ外苑前駅4番出口徒歩1分。

国道246号線沿いの CIプラザビル地下1階。

店先にはランチメニュー及びおすすめメニューも出されています。

入店後、通されたのは入り口に近い4人掛けテーブル席。

お昼のピーク時を過ぎたせいか先客は4組ほど。

ぐるなびによると総席数130席という大箱店。

店内はCIプラザビル自体が古いこともあり、昔の中国料理店という心象が否めない。

テーブル・セッティングは、箸置き、プラスチック箸(縦置き)、茶杯。

卓上には、取り皿、レンゲ、爪楊枝、使い捨て紙おしぼり。

着席後に、ポット(茶葉なし)の提供あり。

テーブルクロスは、丸テーブルは2枚重ね、角テーブルがクロスにトップがガラス天板と

各卓により若干違いがありました。

店内中央あたりには、周 富徳 氏の写真。

叉焼とネギの細切り冷やし麺(胡麻たれ)@1,050

おすすめメニューより。 胡麻たれは別椀でサーブ。

(レンタロー) 赤坂から、鳴りを潜めた思うたら、外苑前にいただな。

(みに) レンちゃん!!しーーー!!!退場になるわよ。(;;;´Д`)ゝ

炎の料理人、やはり“炒飯”を注文すべきかと思いましたがあまりの暑さに冷やし麺。

ランチタイムですから、富徳氏がお作りになるとは思えませんし・・・。

叉焼、白髪ネギ、トマト、茹でもやし、キュウリ

胡麻たれを上からざっくりかけて、全体に馴染むようかき回します。

マイルドであっさりと親しみやすい味。

叉焼のボリュームもそこそこありましたし、普通に美味しくいただけました。

杏仁豆腐

食事が終わるとデザート。別注文していませんからセットorサービスだと思います。

富徳氏にそっくりの男性に接客を受けたのですが、まさかご子息??

きさくな感じで好印象。

このほか、本日ランチには、主菜とご飯、スープ、漬物、デザートが付いたAランチ

@1,050とBランチ@1,575があります。 

当店はアイドルタイムなしでの営業ということですから、この付近のランチ候補店

としても使いやすいかと思います。

遅めのランチ、ゆっくり食事がとれました。

今回の満足度数、★★★Star04 日常的なら満足です。

涼しくなったら、ぜひに“炎の料理人”周 富徳 氏自らお作りになられる

炒飯を食べてみたい。

 

広東名菜 富徳 (カントンメイサイトミトク)

東京都港区北青山2-3-1 CIプラザビル B1F

TEL             03-3497-3111

営業時間/  月~土 11:00~22:00(ラストオーダー21:30)
         日・祝 11:00~21:30(ラストオーダー20:30)

定休日     年末年始・2月最終日曜日 

大きな地図で見る

2013年7月20日 (土)

重慶飯店 麻布賓館(ジュウケイハンテン アザブヒンカン) 六本木

Jyuukeihenntennazabuhinnkann

四川料理 「重慶飯店 麻布賓館」 再訪

今回の予約は一休サイトから。

【一休限定】45%OFF!1ドリンク付、フカヒレスープなど全6品コース!

通常4,900円相当→2,700円(消費税・サービス料込)

一休サイトのプラン詳細によると

朝陽門(ちょうようもん)コースに更に1ドリンク付!
通常4,900円相当を2,700円(45%OFF)にてご提供いたします。
1ドリンクもスパークリングワイン、白・赤ワイン、ビール、ソフトドリンクなど多種に
渡ったものの中よりお選びいただけます。                          -抜粋-

◆利用可能人数 2人~10人

◆販売期間     通年販売

◆ドレスコード     極端なカジュアルな服装は不可。

メニューの内容は

■ 山のクラゲと海のクラゲのデュエットサラダ
■ 大正海老のマヨネーズ和え
■ 蟹肉、フカヒレ入りコーンスープ
■ 豚肉と季節野菜の黒酢炒め
■ 重慶伝統麻婆豆腐 梅風味の炒飯とともに
■ デザート3種の盛り合わせ                           というものでした。

さっそく同店のHPを確認したところこのメニュー内容は、

ランチコースの「朝陽門」 (ちょうようもん)@3,900 と同様と確認。

ここに1ドリンクがプラスされ消費税・サービス料込で2,700円になりますから

「朝陽門」をいただくには、一休サイトから申し込んだほうがお得なのですWink01

テーブル・セッティングは、位置皿、アンダープレート、箸置き、箸(縦置き)、

レンゲ置き、レンゲ、ナプキン、グラス。 テーブルクロスは2枚重ね。

着席後にはタオル地のおしぼり(トレー置き)と水のご提供を受けます。

朝陽門」コース、提供されるスタイルはヌーベルシノワ。

(ひと皿ずつ各人ごとのポーション)

1ドリンクは生ビールをお願いしました。

山のクラゲと海のクラゲのデュエットサラダ

ほか、チャーシュー、ブロッコリー、人参、ラディシュ、ヤングコーン、ベビーリーフ、

とびこなど。来店される女性を意識されているのか、あっさりとしたデュエットサラダ。

大正海老のマヨネーズ和え

衣をつけて揚げた大正海老にあわせたのは、ぽってりと甘めのマヨネーズソース。

練乳入りなのかもしれませんね。砕いたピーナッツを散らしています。

海老の身はぷりっと食感豊か、一口ごとの充実感あり。

蟹肉、フカヒレ入りコーンスープ

フカヒレの存在感は乏しいのですが、旬の生とうもろこし入りで

季節のフレッシュな甘みを味わうことができます。

豚肉と季節野菜の黒酢炒め

季節野菜には、パプリカ、シシトウ、タマネギなど。上には白髪ネギ。

らっきょうとパイナップルも使われて、黒酢を前面に感じさせないマイルドで

フルーティーな食味。

(ノブロー) パンチはねえけんど、豚肉も柔らけえし、食べやすい味だで。

重慶伝統麻婆豆腐 梅風味の炒飯とともに

お!やっと四川来たなという感じ。とろみの加減もずっしりで高濃度。

豆腐はしっかりとした木綿タイプの舌触り。重慶伝統の味を継承したがっちり辛い

四川麻婆豆腐は炒飯より白飯のほうが似合うのですが、ここに白飯だと絵面的に

寂しいものになるからかな? 

炒飯は高菜とご紹介を受けたように記憶しています。上には香ばしい干しエビのフライ。

炒飯単体でいただけるぐらい味の輪郭がはっきりしているもの。

そうは言いながらも、レンゲで麻婆豆腐をすくい炒飯にのせて楽しんでいるのですけれど。

デザート3種の盛り合わせ

マンゴーゼリーとマイクロトマト、フルーツ、杏仁豆腐。

手作り感のあるひよこ型の一口菓子の中は、月餅のようにごま油の効いた

ねっとりこしあん。 

はっとさせるような創造性に富んだデザートではありませんが、

安心感をもっていただけます。

(ノブロー) オラ、このヒヨコと友達になっただ♪ 連れて帰りてえな~。

コース全体で見るとオーソドックスな展開で、個々の料理についてもインパクトが

弱い感もあるとは思いますが、味自体は悪くありません。

中国料理満足度数は、★★★☆Star04 (3.9)消極的に好きです。

そして、3,900円のコース料理を1ドリンク付きの一休限定価格2,700円で

いただけたのですから、もちろん

プランの満足度数は、★★★★Star04 (4.3) 積極的に好きです。

ご馳走さまでした(o^-^o)

 

重慶飯店 麻布賓館

東京都港区西麻布3-2-34 西麻布ヒルズ1階

TEL      03-5771-3680

営業時間/11:30~15:00 (14:00LO) 17:30~22:30 (21:00LO)

定休日/  月曜日

2013年7月19日 (金)

chinois 歩歩路(プープールー) 築地

Pupuru

中華料理 「chinois 歩歩路

当店のオープンは、2013年3月27日。

オーナーシェフ 吉澤 正 氏は、「Wakiya一笑美茶楼」の脇屋友詞 氏に師事。

「Wakiyaグループ」全店統括料理長まで務められた方だという。

当店を教えてくださったのは、ブログ友達のわんだるさん。

当店のランチ営業は土曜日のみ。

その土曜日限定のランチコースに行かれたそうなのですが、拝見させていただいて

私も迷わず訪問を決めましたよ。美味しそうだもの!

私と連れ(寝太郎さん)は土曜の昼に時間がとれなかったため、いきなりのディナー訪問。

予約時に「岩牡蠣は大丈夫でしょうか?」

とのお尋ねがあったそうです。 ・・・ってことはいただける!?o(*^▽^*)o

個人的にですが、Wakiya様には泣いていますので、今度こそはと期待に胸が膨らみます。

最寄り駅は東京メトロ日比谷線の築地。1番出口を出て築地本願寺裏あたり。

入店するとオープンキッチンを囲むようにカウンター席が10席。

右手奥にはテーブル席10席という小ぢんまりした造り。

本日のご案内は、その片側ソファの2人掛けテーブル席。

まだ新しく、シンプルですっきりした店内は、中国料理店というより

隠れ家フレンチレストランというような雰囲気があります。

テーブル・セッティングは、箸置き、箸(縦置き)、ナプキン。

テーブルクロスは2枚重ね。

着席後に、タオル地のおしぼりがトレー置きされ、ドリンクメニューが手渡される。

当店のディナータイムは基本コース料理のみ。

本日は5,000円のコースでお願いしています。

念のため、コース料理でまだお腹に余裕があるようだったら追加は可能なのか?

をお聞きしたところ、(平日21時以降はアラカルトも受けてくれるようですが)、

コース中心の為、コース料理をバラしたものや、その日の食材で調理されるのでしょうか?

本日は、海老料理などでしたら出来ます。とのこと。

ロスを最小限にして価格を抑える工夫かもしれませんが

このあたりはお店の方に相談されたほうがよいかもしれませんね。

生ビール(プレミアムモルツ)@735×2

うすはりグラスでいただけました。 きめ細かい泡が優しい。

しかし、量は少なく割高感あり。銀座価格かな? 

本日ディナー、口開けの客が私たちなのですが1品目のサーブまで時間がかかる。

時計を見ると15分以上だ。厨房の方で鍋をふるう音はきこえるのだけれども

いっこうに出てこない。何品作っているんだ??

こういうとき、豆でも置いてくれればいいのにな、は私の独り言。

さて、本日のコース料理にお品書きはナシ。

提供されるスタイルはヌーベルシノワ。(ひと皿ずつ各人ごとのポーション)

運ばれてきた際に、ご説明を受けたことを控え、補足し記録させていただきますので

正確さには欠けるかもしれません。 

1品目 宮崎産岩牡蠣と夏野菜のピリ辛炒め

お待ちかねの1品目の登場。

今が旬という宮崎産岩牡蠣は、片栗粉をまぶして揚げ、豆豉(トウチ)を

はじめとした複数の中国調味料(醤)を合わせ炒めた物と推測。

複合的な醤の旨みがピリ辛さをひきたてているかのよう。

旬の牡蠣の身はぷっくり。歯を入れるとじゅわっとエキスが口の中に広がる。

野菜はアスパラ、ネギ、万願寺唐辛子。野菜の食感がしっかり残っています。

このピリ辛ソースの味どこかで食べたことがあるよね。と私と寝太郎さん。

・・・思い出せない中高年2人。最近物忘れも多いし、年は取りたくないものです・・・(涙)

紹興酒 10年(ボトル)@4,200×2

当店はワイン、スパークリングの品揃えも豊富。ワイン(赤・白)は3,150円~。

スパークリングは4,725円~。もちろん、グラス、各840円でのご用意もあります。

私達はワイン2本では足らなくなるかもしれないという考えから容量の多さを

期待し紹興酒をチョイス。

ボトルは想像したものより小ぶりで、お店で容器に入れて出されているのかな?

銘柄を尋ねたつもりでしたが「10年ものです」とのこと。

私たちみたいな酒飲みは、2本を覚悟でワインにしたほうが、お得だったかしら?

2品目 前菜の盛り合わせ

左より、

ホタテのフリット、中華風スパニッシュオムレツ、

クラゲと金糸瓜の冷菜 バジルのソース、タコと生のりの和え物、

石川芋 自家製サクラエビのXO醤、マコモダケのスライスと鶏のチャーシュー。

ホタテのフリットは「温かいうちにぜひ」とのアドバイスあり。

ホタテの中央にイベリコ豚のハムを挟むという手のかけよう。

写真ではさっさと食べてしまっていますが、下にはサツマイモが敷かれていました。

ズッキーニの上には、中華風スパニッシュオムレツ。

しらす、ジャガイモ、塩漬け卵を使用されているとのこと。

具材にジャガイモが使われているところからスパニッシュオムレツという

ご紹介になったものかと思います。味付けはナチュラル。

トマトの上には、クラゲと金糸瓜の冷菜 バジルのソース。

極細切りにしたクラゲは「メゾン・ド・ユーロン」さんを想起させるものがありますが

味付けはまったく別もの。

また、一般にある中国料理店のクラゲ冷菜と一線を画する繊細な味わい。

タコと生のりの和え物は、あっさりと塩味。ミョウガの甘酢と白瓜を添えて。

マコモダケのスライスと鶏のチャーシューにも驚いた。

平打ちのパスタのようにスライスされたマコモダケは塩味でシャキシャキとした食感。

鶏のチャーシューは、ほんのり八角が香り蜜も効いている。

細部にまで神経を配り仕事のなされた美しい前菜は視覚的に “懐石料理のような”

という形容が相応しいかもしれない。

また、シェフのご実家で収穫されたという野菜の使い方は見事で季節感があり、

脇屋シェフがフレンチの要素を取り込まれた方ならば、吉澤シェフは今どきの

イタリアンを意識されているかのよう、それでいて、きちんと中華も感じさせてくれるのだ。

一つ一つの料理を、緻密に計算して作られているのが伝わってきます。好感度大。

と、いろいろ申していますが、私と寝太郎さん、たまたま一致したのですが、

前菜の中では石川芋 自家製サクラエビのXO醤が気に入ってしまった。

XO醤は味が濃い目で香ばしく、思いのほか石川芋にもあう。

これで紹興酒をチビチビ。 ああ、幸せ。酒飲みなので仕方ないのよ。

3品目 押し豆腐とヤングコーンのヒゲの白湯スープ

表面に見えるグリーンがヤングコーンのヒゲ。粗粒胡椒を散らしています。

箸ですくい上げると・・・

“目からうろこ”で、まるで押し豆腐ヌードル。スープには貝柱入り。

出汁をきっちり、味わい豊か。ミルキーで美味しい!Crown04

胃袋をそっとコーティングしてくれるようなまろやかなスープは

夜食にリクエストしたいぐらいだ。

実はこれが本日の私の一番のお気に入りです。

4品目 本カサゴの香り揚げ 油淋ソース

魚料理

油淋ソースは甘酸っぱいネギソースは、お好みでかけるか、つけるか。

素揚げした野菜は、季節のニガウリ、ヤングコーン、シシトウナス、カブ、パプリカ。

野菜使いのセンスは良いと思いますが、他に特筆なし。

5品目 イベリコ豚の蓮の葉包み

肉料理。

蒸篭での提供。「ストッパーを外されますと蓮の香りが広がります。」 とのこと。

確かに香った!さらに蓮の包みを開けると・・・・・・

何これ?肉味噌と思いきや、―― ちまきだよっ!!

下にはジャガイモ、エリンギ、ゴボウなどなど・・・。面白みのある演出です。

一口いただくと味がともかく濃厚。

インパクトはありますが、主役のイベリコ豚の存在感は希薄かな。

6品目 炒飯

量はどれぐらいが良いか聞いてくださる。普通で。

甘く煮た穴子と山椒の炒飯。漬物はキュウリの甘酢漬け。

山椒といってもビリビリ辛いわけではありません。

味のバランスがとれた、ほっと落ち着く和テイストの炒飯。

(ワタロー) なんだべ!珍しい炒飯だな。オラ、ごっちゃんになりて。

7品目 中国茶

トゥーランドット 臥龍居」さんもそうでしたが、

白磁の蓋碗(がいわん)を使用。蓋で茶葉を押さえながらいただきます。

茶葉は台湾の凍頂烏龍茶。

台湾の中国茶専門店「三才茶荘」から取り寄せられているのだそう。

差し湯も卓上にセット。

8品目 デザート

2種類のご用意があるそうで違えて選択。

プーアール茶のゼリーと桂花茶のプリン キャラメルがけ。脇には蓮の実。

苦味が程よい大人味のデザート。

杏仁豆腐、マンゴープリン、マンゴーのアイスクリーム。

口当たりがシルキーな杏仁豆腐と果肉の入ったマンゴープリン、

マンゴーアイスはさっぱりといただける タイプ。

 

今回訪問させていただいて、当店の白湯スープに確かな手ごたえを感じました。

こちらの店は出汁がしっかりされている。

シェフの実力はもとより、素材にこだわり、これだけの手間のかけよう。

誠実さが伝わり、料理構成も面白みがあった。

訪問日も空席2席とほかはすべて予約で埋まっていましたが、これからもっと

伸びていくことだと思います。

さすが、「Wakiyaグループ」全店統括料理長を務められた方だと感服 Gomen01

個人的にですが、ようやくWakiya様つながりで大金星を上げることができました♪

Hand01 お会計は、1人当たり10,000円(千円未満四捨五入) 

テーブル席でしたのでイケメンシェフのお仕事ぶりを間近で拝見することは

かないませんでしたが・・・

中国料理満足度数は、★★★★Star04(4.2) 積極的に好きです。

次回はCP優れた土曜日限定ランチコースを試してみたい。

わんだるさん、ご紹介ありがとうございました Onegai03t

 

chinois 歩歩路(プープールー) 

東京都中央区築地7-4-4 恒陽サンクレスト築地 1F

TEL        03-6264-1758

営業時間/ 月~金 17:30~22:30 土 11:30~14:30 17:30~21:30

定休日     日曜日・祝日

大きな地図で見る

2013年7月18日 (木)

上海チキン 小閣樓(ショウカクロウ) 大塚

Syannhaitikinnsyoukakurou

中国料理「上海チキン 小閣樓」(ショウカクロウ)

場所はJR大塚駅南口、さんもーる大塚商店街の中の路地裏。

当店の名物は、上海チキン。こちらをいただきたくて夜に訪問。

入店するとレトロな雰囲気をかもしだした店内は半地下と中2階。

「2階にどうぞー!!」と男性の大きな声が聞こえる。トントンと階段を上ると

クチコミサイトでは評判のご店主、石井丈二 氏が椅子に座ったままでのお出迎え。

接客を主に担当してくださったのは女性。奥の2人掛けテーブル席への案内の際も

荷物が置けるように「隣のテーブルの椅子を一つお使いください」とのこと。

ご店主は厳しくてちょっと怖そうだけどお姉さんは感じがいいな。

店内には毛沢東 氏の肖像画があちこちに。最後の晩餐のキリストも毛沢東 だ。

卓上には、酢、醤油、辣油。もう一つは具入りの辣油になるのかな?ピーナッツ入り。

表紙をしっかりさせた大学ノート丈夫版のようなものがメニュー。

味のある文字が当店の雰囲気によくマッチ。

連れは際コーポレーションが手がける某店に雰囲気作りが似ている

という印象を持ったようです。

人気の上海チキンは、食べ損ねることがないよう予め席の予約時に

聞いておいてのですが心配はない様子。交通費かけて空振りはイタイですからね。

半羽@1365(税込)を注文。

ページをめぐると薄皮餅(春餅)もある。

お姉さんに「上海チキンは薄皮餅に包んでいただくものなのですか?」とお聞きすると

上海チキンはそのままで、他のお料理を好みで包み食べるとき にというご説明。

揚げパン、蒸しパンも好きだ。

強烈に食べたいのですが、ダイエット中なので控えよう。

お通し

葉物サラダ。何だこれ?

上海チキンと一緒に食べるのがお店のスタイルかと思ったらこれはお通しだそう。

外食だと野菜は不足しがちですので、あり難いような、あり難くないような・・・。

上海チキン 半羽@1365(税込)

あっ!美味そう。卓上に置かれた上海チキンに目は釘付け。

皮はぱりっと香ばしく、身も程よくしまって、シンプルな塩味なのですが、ジューシーで

噛み締めるほどに肉そのものの旨みを感じます。

なるほど、名物と謳われるだけのことはある。

お客様の中にはお替わりをされる方もいらした。

ビール(生)@600×2

ぐいっと飲むと、生と思い難いような微妙な味わい。嫌な予感がします・・・。

ビールの次には何を飲もう? 紹興酒はボトル2,800円。

ワインもありましたが、そちらは3,000円台でしたので紹興酒をチョイス。

紹興酒(老酒)@2,800

すると!!!目前で開封はおろか、わけのわからない瓶につめて出てきた。

はじめ常温で一口いただきましたが、口にあわない。予感的中。

氷をもらってロックに変更しました。

セロリーと巻貝炒め@1,029(税込)

普通のセロリーとは違うとのこと。私は根みつばかと思いましたよ。

これが芹菜になるのかな?香りはセロリーしていますが、肝心の巻貝は

薄くスライスされセロリーに埋もれお宝探し状態です。

ちょっと巻貝が寂しすぎるんじゃあないかな。 

取り皿も出してこないし、忘れたのかと思いこちらから催促。

的士麺@1029(税込)に興味があったのですが、お酒以降のダメージで

テンションが急降下。会計にすることにしました。

店内、ご利用の方を拝見していると、ご近所と思われるご家族連れがお子様を連れて、

来店なさったりと地元の方々に親しまれている様子。

系列店には、「餃子荘 紅蜥蜴桜新町店」、「毛家麺店 千駄木店」があります。

上記以外の追加は紹興酒グラス@600のみ。 

会計をお願いしたところ8,148円。

こちらが検算しているものと合わないためお聞きしたところ、お通しのサラダは

880円(税込924円)、酒は外税になるとのご説明。一致。

混同していますので、お酒を飲まれる方はこの点の注意も必要かと思います。

Hand01 結果、1人当たり4,000円(千円未満四捨五入)

この時期ですから、野菜がうずたかく盛られた冷やし担々麺はボリューミーで

美味しそうだったのですが、これらはランチで食せば良いかなという見解です。

今回の満足度数は分けて記録させていただきますが

上海チキン満足度数、★★★☆ 消極的に好き

中国料理満足度数は、★★★ 日常的ならで。 失礼いたしました。

 

上海チキン 大塚 小閣樓

東京都豊島区南大塚3-52-8

TEL         03-3981-4443

営業時間/月・水・木・金・土日祝 11:00-23:00(L.O22:00 ※注文がなければ終了)
月・水・木・金の14:00-17:00は、休憩時間のためCLOSE。(土日祝は営業しております)

定休日    火曜日

大きな地図で見る

2013年7月17日 (水)

香港ロジ 渋谷桜丘町店

Honnkonnroji

中国粥専門店 「香港ロジ」 訪問は渋谷桜丘町店。

HPによると、当店の調理は本場香港出身のコックさんによるもの。

また、某テレビ番組でセルリアンタワー東急ホテル「szechwan restaurant陳」さんの

総料理長、菰田欣也 氏が当店のレバー粥がお好きということを知りました。

一流料理人の舌をもうならす“粥”とはどんなものであるのか興味津々で

以前より来店してみたかったのです。

同じ渋谷なので、ひょっとしたら今日あたり菰田シェフ来てないかなあ ( ´艸`)

場所は、渋谷駅西口から歩道橋を渡り、国道246号線沿いのリンガーハット脇を

曲がった道沿い。

店先には日替り定食のメニューが出されています。

790円均一、小鉢、デザート付き、しかも大盛り無料とは嬉しいなあ。

入店すると、想像以上に狭い店内。ほぼ満席状態という盛況ぶり。

1人なので、カウンター席にどうぞとのことですが、厨房前のこのカウンターに席5つ。

身体を入れると隣のお客様と腕が触れ合いそうな接近ぶり。

これ普通なら4席じゃないの?ってところにあと1席突っ込んだ感じです。

お隣の女子は、角煮とゆば煮込みあんかけご飯セットをカツカツと召し上がられていて

あんかけのしみたご飯の色に、私も~!とつられそうになりましたが、ここは初志貫徹。

表に出されていたランチの日替り定食のメニューボードは店内の壁にも

かけられています。(カウンター席に座ると後ろをふり返り見る感じ)

カウンターの卓上には、酢、醤油、辣油、爪楊枝、紙ナプキン。箸はまとめて箸立ての中。

着席後に中国茶(冷)です。

ザーサイ鶏肉粥セット@790

春巻付き。添えてあるのはキャベツの千切り、ドレッシングがけ。

本当は菰田シェフお気に入りのレバー粥がいただきたかったんですけどね。

厨房内を拝見すると大きめのボウルに粥が作られていて、注文が入るとお玉で

片手鍋に分量を移し具材を入れて温められている様子。

お昼時忙しそうなので頻繁にでる日替り定食のお粥にしました。

ザーサイは仕上げに盛りつけているよう。

お粥はとろ~として舌触りも滑らか、塩加減もちょうど良い。

生姜の風味も効いて胃袋にじんわり優しくしみこんでいく旨さです。

食事の後半にはデザートの杏仁豆腐。レンゲは穴あき。

狭い厨房内には3人の男性コックさん。フロアは女性が1人。

中国語が飛び交う店内は香港の屋台風で、素っ気無ささえ悪くない。

また、来店されてるお客様の中には中国人の方も数名。

こうなると、ますます本場の空気感が漂う。

ところでカウンター席となりに男性が座られた。

ひょっとしたらの期待も空しく・・・・

待ち人来たらずでした。

今回のランチ満足度数は、★★★☆Star04_2 (3.7)消極的に好きです。

 

中華粥 香港ロジ (ホンコンロジ)

東京都渋谷区桜丘町2-3 堀ビル 1F

TEL           03-3464-1866

営業時間/  11:00~15:00 17:00~23:15

定休日     定休日なし(正月を除く)

大きな地図で見る

2013年7月16日 (火)

森戸海水浴場 №3

夏の恒例、森戸海水浴場某平日。

お天気が曇りということもあり、到着時はプライベートビーチ( ´艸`)

でしたが午後には徐々に人出あり。

まあ、空いてるほうが良いとはいいながらも少しは人で活気がないと、

夏の終わりみたいで寂しいよ。

ラーメン@650

お昼は、お約束の海の家のラーメン。

毎年のことなので、ラーメンの写真もワンパターン。

なので、本日は箸上げに挑戦してみました。

縮れた麺が、海の家らーめんらしくチャーミング!

「の」の字ナルトもここでは名脇役。

美味いの不味いの関係なしのこの時期でしか味わえない海の醤油ラーメンです。

シーカヤック。

寝太郎さんは、今年も名島まで向かうのかな?

さて、逗子駅近くでは夏祭りあり。少し早めに海をあがり途中下車をして見学です。

地元の子どもたちで賑わう露店。

駅近くの神社だけでなく、逗子銀座通りなども開催に伴い歩行者天国となり

多くの露店が立ち並んでいました。

金魚すくいかあ、懐かしいなあ。

 

龍公亭(リュウコウテイ) 神楽坂

Ryuukoutei

広東料理「龍公亭」(リュウコウテイ)

場所は東京メトロ飯田橋駅、神楽坂のメインストリート 早稲田(神楽坂)通り沿い。

当店は創業明治22年の老舗店ですが、2008年06月にリニューアルされているため

店内はカジュアルでモダンな造りになっています。

2階には神楽坂の街並みを眺めることができるテラス席や、個室もありますが、

本日は1階の窓際の席を利用。

卓上には、ロゴ入り箸袋に入った割り箸(縦置き)、メニュー。

着席後に、水、タオル地のおしぼりがトレー置きされました。

主菜が選べるリーズナブルな1,000円のランチセットあり。

ですが、本日のお目当ては当店のオリジナルつゆそば

桂春麺(ケイシュンメン)@1,400

小菜、漬物(ザーサイ)、ドリンク付き。

ドリンクはコーヒー、紅茶、中国茶(各HOT/ICE)から選べます。

角盆にのせて一緒出しというスタイル。胡椒もついてきました。

「ドリンクは食後になさいますか?」と聞かれましたが、先でお願いしています。

小菜は、甘さを抑えた玉子焼き。

桂春麺は、ぽってりとしたとろみのあるスープに溶き玉子。

自家製の細めストレート麺との絡み具合は抜群。

スープはオイスターソースで味を調えられているそうで、少し甘めで濃厚。

胡椒の活躍する余地がありそう。

他に具材は、干しシイタケ、タケノコ、ザーサイ、挽肉。

挽肉以外はザクザクと角切り状、食感がはっきり伝わる。

熱々の麺をふうふう言いながら食す。どこか懐かしくて優しい味だ。

レンゲで底に沈んだ挽肉の救出も成功。

ボリュームもたっぷりなのですが、じっくり完食しました。

当店、創業当時は「あやめ寿司」というお寿司屋さんだったそうです。

時代の流れで中華料理店を営むようになったとのこと。

桂春麺は、その初代から受け継がれた味ということになります。

歴史とともに継承されたオリジナルつゆそばは、想像したとおりの美味しさでした。

今回のランチ満足度数、★★★Star04 日常的なら大満足で。

次回は特色のあるカレーライスにも挑戦してみたいなあ。

 

龍公亭 (リュウコウテイ)  

東京都新宿区神楽坂3-5

TEL      03-3260-4848

営業時間/ 月~木・土・日 11:00~23:00(L.O.22:00) 金 11:00~翌0:00(L.O.23:00) 

定休日    無休

大きな地図で見る

2013年7月15日 (月)

亜寿加(アスカ) 渋谷

Asuka

亜寿加」(アスカ)

排骨担々麺が有名ならーめん屋さん。 

場所は渋谷駅西口から歩道橋を渡り、国道246号線沿い、リンガーハット並び。

店内は厨房を囲むカウンター席のみ。来店時には男性のお一人様ばかりが5名ほど。

券売機はなし。着席後に私も排骨担々麺を注文。

卓上には、胡椒、辣油、酢、爪楊枝、メニューなど。

割り箸はまとめて箸立てに入っていて、蓋付きの容器の中には高菜がみっしり。

麺の出来上がりが近くなると、お店のお姉さんからサービスのご飯(小)は食べるか

聞かれるので、軽めにお願いしました。

隣の席のサラリーマン風のお客様にならって、ご飯の上に負けじと高菜をてんこ盛り。

排骨担々麺@950

排骨はご年配の男性がザクザクと切られ、麺は他の男性スタッフと分担作業で

厨房内のオペレーションは見事。

排骨、チンゲン菜、刻みネギ。

芝麻醤は控えめですが、すりゴマ入りで粉唐辛子も浮いている。

かりっと揚がった排骨は、ほんのりカレー風味。肉の厚さは薄い。

スープをすってくると若干、衣がふにゃっとしてくるものの、これはこれで美味し。

麺は中細ぐらいの太さでストレート。

この日の出来か私の体調によるものなのか不明ですが、辛さはさほど感じないのに

激塩辛い。 食べ進めるにつれ、しょっぱさが増す。

口内を中和させようと、ご飯を・・・と思ったら、高菜が占拠していた(涙)

次なる私は救いを求めてカウンター上のウォーターピッチャーから水をガブ飲み。

腹が膨れた・・・。

私の滞在時間中、入店されたお客様はすべて男性。全員のオーダーは排骨担々麺。

ボリュームたっぷりのチカラ飯という印象。

今回の担々麺満足度数は、★★★ 日常的なら満足です。ご馳走さまでした。

 

亜寿加

東京都渋谷区桜丘町2-11 荻野ビル 1F

TEL       03-3461-3383

営業時間/月~金11:00~22:00(L.O.21:50) 土11:00~21:00(L.O.20:50)

定休日/  日曜・祝日

大きな地図で見る

CHINA 三丁目 六本木

Cyaina

中華料理 「CHINA 三丁目」 夜に再訪

時間帯が遅かったためか、1階のお客様は2組ほど。

テーブル・セッティングは、位置皿、飾り折りナプキン、箸置き、箸(横置き)、レンゲ。

テーブルクロスは3枚重ね。 ランチタイムのカジュアルなセッティングとは異なります。

卓上には、酢、醤油。

着席後には、タオル地のおしぼりがトレー置きされ、グランドメニューを手渡された。

紹興酒 3年(ボトル)@3,150 を注文。

大根の漬物、ザーサイが出された。味付けは甘め。

食事は他で済ませているので、前菜を頼んで中華飲みをしようという算段です。

香菜千丝(干し豆腐とシャンサイの家庭風和え物)@1,050

大皿で運ばれお披露目のちに、取り分けますか?とお尋ね。

銘々に取り分け提供していただきました。皿が温かい。

香菜は少なめで、味付けは塩ベースのMSG。

蜜汁叉焼(焼き立てチャーシュー)@1,365

大皿で運ばれお披露目のちに銘々に取り分けられて提供。

その際大皿についていたはずの野菜などはそのまま引揚げられた。

肉は乾いてパサパサ。単に温めて提供されただけのもの。

“焼き立て”という表記の不誠実さは残念。

他のお客様も帰られ、フロアは私達だけ。

その際、支配人さんとお話をさせていただく時間があり、中国料理について

いろいろ興味深い情報も教えていただけたのですが

流れの中で当店のオススメも数品聞くことができました。

備忘録として・・・

「椎茸の揚げ物」、「茎レタスとマコモ竹の炒め」

また、上海では豆乳を朝食に飲まれるそうで、上海料理を扱われる当店では

「豆漿湯面(チャイナ三丁目特製豆乳スープそば)」@1,200があるそう。

ランチではCPが高く好印象の当店。

初回、夜訪問は前菜が残念でしたが、話しやすい支配人さんのオススメもありますし

食事をメインとした再チャレンジは、おいおい検討してみたいと思います。

追加の紹興酒 2合@1,260を加算し

Hand01 1人当たり3,000円(千円未満四捨五入)

今回の中国料理満足度数は、☆一つ控えめに ★★★☆ 消極的に好きで。

ご馳走さまでした。

 

CHINA 三丁目

東京都港区西麻布3-20-3 1F2F

TEL     03-6804-2898

営業時間/ 月~土 11:30~14:30 17:30~22:30

定休日    日曜日 

2013年7月14日 (日)

尖沙咀 (チムサーチョイ) 六本木

Timusacyoi

香港料理、飲茶 点心の「尖沙咀」 (チムサーチョイ) 夜に再訪

テーブル・セッティングは、箸置き、箸(横置き)。

卓上には、醤油、酢、胡椒、爪楊枝、紙ナプキン。 と、昼と変らずですが、

夜はタオル地のおしぼりがトレー置きで出された。

また、中国とは関係のないイージーリスニングが耳に留まる。

メニューには、リーズナブルな「点心コース3,000円」(2名様より)

もありましたが、内容が

前菜盛り合わせ、カニ肉ほうれん草スープ、揚げ点心3種、蒸し点心3種、

五目炒飯、本日のデザート。 

ということなので、アラカルト注文させていただくことにしました。

えびす生ビール@600×2 とともに点心を注文。

湯気のあがった蒸篭は3段重ねで到着し、目前で卓上に分けられた。

もみじ@550

八角の効いたピリ辛の鶏足(もみじ)は、醤油をベースに砂糖・唐辛子などで

味付けされているものと思いますが、味がしみこみ骨のまわりが柔らかくぷるっぷる。

コラーゲンたっぷりなので美肌効果が期待できそう?!

湯葉巻き蒸し@550

ランチでいただいたときに好印象だったので注文。3個入り。

ゴマ油も少し入っているよう。ナチュラルで変らず美味い。

連れ(寝太郎さん)にも好評。

ハチの巣の特製ソース蒸し@550

注文時、モツは大丈夫かとのお尋ねあり。

もちろん2人とも大丈夫。

処理がきちんとなされた、モツにくさみなし。

一般的な豆鼓蒸しになるものかと思っていたのですが、特製ソースは

香菜の入ったピリ辛の味付け。エスニックな食味。

モツは肉厚ですが、硬すぎず食感が素晴らしい。

チョイスした点心3種、それぞれ絶妙に味が異なり美味く満足度が高い。

紹興酒、ボトルは3,000円より。

紹興貴酒 陳年五年@3,000

常温でお願いしたところ、目前で開封され、デカンタージュしてくださりました。

これにより澱の除去ができます。サービスに加え、安心感あり。

大根もち@550

「味がついていますのでそのままでどうぞ」 とのご説明。

両面に香ばしい焼き目のついた大根もちは、干しエビの香りも効き、口に含むと

とろっとした中に短冊状に切られた大根の食感をとらえることができる。

大根の風味を残し、味付けもくどさがない。

本場っぽいのかと思いますが、何気に品が良いなあ。

ニラ餃子@550

後半には蒸し餃子を注文。

浮き粉を使った皮(澄麺皮)は半透明でもっちりぷるん。

(ノブロー) オラ、ニラ餃子の方が好みだで。

エビ餃子@550

今回蒸し餃子を食したところ、双方のエビのぷりっと感は変わらないのですが、

餡の味付けに微妙な違和感を感じた。

私も寝太郎さんもMSGセンサーが働いたのだ。

化粧室はいったん店をでて、扉を開け、ビルの共同を使用。

蒸し餃子、ランチでは感じなかったのですが残念。

つまりは、化調使いが上級者でもあるということなのでしょう。

今回感じ取れてしまったのは、たまたまだ。

追加の紹興酒 かめ出しデキャンタ5年@1,400を加算し

Hand01 1人当たり4,000円(千円未満四捨五入)

六本木で夜にこの価格帯で点心&紹興酒がいただけるなら不足なし。

今回の中国料理満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。


尖沙咀 (チムサーチョイ)

東京都港区六本木7-17-12 六本木ビジネスアパートメンツ101

TEL      03-3403-0166

営業時間/11:30~15:00(L.O.14:30) 17:30~23:30(L.O.22:30)

定休日/  土曜日 

2013年7月13日 (土)

潮夢来(チョウムライ) 汐留

Cyoumurai

中国料理「潮夢来」(チョウムライ)

当店は中国飯店の系列店。

JR新橋駅新汐留口から徒歩5分ほどの、日本テレビタワー1F。

テラス席もある開放的な店構え。

メインダイニングにはシャンデリア。 

オリエンタルな雰囲気を織り交ぜた室内空間です。

ランチタイムだからと思いますが、セッティングはカジュアル。

卓上のカトラリーケースに、中国飯店のロゴ入り箸、木製のスプーン、

使い捨て紙おしぼり。テーブルクロスは2枚重ね。

着席後にメニュー、氷入りのお茶をいただけました。

メニューの一部。 中国飯店名物と謳う「黒酢の酢豚」 未食ですので試してみたい。

ついでに+200円で御飯もチャーハンに変更。

黒酢炸排骨(中国飯店名物 黒酢の酢豚)@1,450+焼飯@200

スープ、漬物(ザーサイ)、デザート付き

スープは、刻み野菜とキノコのとろみのついたスープ。

メインの付け合せは、スナップエンドウ。

酢豚に野菜は入らず、豚肉に衣をつけて揚げ、黒酢と炒めあわせてます。

小さな俵型で、ぱくっと口の中に放り込むと、すっぽり口内にはまり

そのままモゴモゴ移動し、噛めなくなって危うかった。

肉質自体は、硬くもなく柔らかいわけでもない。ほどほど。

味の特筆はないものの数は9個とボリュームはある。 

名物に期待しましたが意外と普通です。 そのため少し、不完全燃焼。

炒飯について特に説明はありませんでした。

具材も豊富ですから五目炒飯だと思うのですが、しっとり保湿タイプ。

パラパラ炒飯の当てがはずれました。残念。

と言いながらも、私、食べちゃうんですけどね。

デザートは食事の後半に出されました。コーヒーゼリー。

本日選択したランチの味では、 「中国飯店 小天地」さんとあまり変らぬ印象。

やはり中国飯店さんは各店舗により開きがあるよう。

今回のランチ満足度数、★★★ 日常的なら満足で。ご馳走さまでした。

 

潮夢来 (チョウムライ)

東京都港区東新橋1-6-1 日本テレビタワー 1F

TEL             03-5568-1818

営業時間/  11:00~15:00(L.O.14:30) 17:00~22:30(L.O.22:00)

定休日     不定休

大きな地図で見る

2013年7月12日 (金)

根津 鷹匠 (ねづ たかじょう)

Takajyou

根津 鷹匠」 (ねづ たかじょう)

某日は千駄木、団子坂に住む友人との遅い昼食。

彼女に道案内をお願いして到着。

当店の営業時間は、7:30~9:30と12:00~18:00。

そばを手繰りながら昼から一杯、なんて素敵じゃないですか。

住宅街の中に当店を見つける。

人気店のようですが、時間も14時頃なのでこの日は先客もまばら。すんなり入店。

一枚板の長いテーブルが3卓(小がり席)と入り口近くにカウンター席。

すっきりした店内はイメージしていた下町の古いお蕎麦屋さんとは異なりモダンな雰囲気。

下駄箱に靴をしまって、真ん中の長テーブル席奥に着席。

生ビール@520×2を注文。 お通しはキュウリとじゃこの酢の物。

酸っぱさ控えめの手作り感あふれる味わい。

本日は友人宅、男衆がお留守番してくれているので感謝。

酒肴と蕎麦がきを選び、冷酒に突入。 鷹勇四季桜ともに正一合@735

磯辺蕎麦がき@945

見た目は本当に磯辺巻きだ!!嬉しい6個。

郡山市「蕎麦彩膳 隆仙坊」さんで揚げそばがきを海苔でくるんだものをいただきましたが

当店は蕎麦がきを揚げずに醤油でつけ焼きをしているため香ばしい。

お餅ほどのねばりはありませんが、ほわほわで美味しい~。

おやつ感覚で軽く3個たいらげた。 好きな味。

合鴨ロース焼き@1,575

注文時、少々お時間を頂戴します、と言われていますが、全然待っちゃう♪

薬味は柚子胡椒、粉山椒。お好みでどうぞ、とのこと。

茗荷の酢漬け、水菜サラダなども添えられています。

独特の臭みもなく肉質はしっかり。2人でいただくには、ちょうど良い量。

卓上の端に見慣れぬものがありました。

「これは何ですか?」 とお聞きすると焙炉(ほいろ)というもので、

引き出しに板わかめなどを入れて軽く炙って食べるのだという。

さっそく、ほいろセット(板のり、板わかめ)@630 を注文。

スイッチを入れ加熱時間は2分ほど。

これは冷酒のいいつまみになるよ。特に、板わかめ!( ´艸`)

せいろと深山のミックス@945

蕎麦は、細打ちのせいろ(ニ八蕎麦)と甘皮を入れた太めの深山(田舎蕎麦)の二種類で

各@945 後ろに座られた常連さんとおぼしき男性が、一つのざるに両方が盛られている

お蕎麦を召し上がられていたので、お店の方にお聞きすると、ミックスも同じ値段で

提供できると言う。 さっそく真似る。

薬味は辛み大根と刻みネギ。 つゆは甘からず、辛からず良い塩梅。

いただいてみると深山(田舎蕎麦)はシコシコもちもち、噛み応えあり。

風味も良く、〆にいただくというより、つまみで食せる蕎麦だ。

せいろ(ニ八蕎麦)はつるりとした喉越し。双方楽しめてよかった。

最後にそば湯とそば茶をいただき、食事も終了。

なお、お留守番の男衆へのお土産にならないかと甘味の蕎麦粉のチーズケーキを

聞いたところ、夏の時期はお作りにならないのだそう。

置ける時期になればテイクアウトも可能ということでした。

親切だし、たいへん居心地の良いお蕎麦屋さん。近くだったらしょっちゅう寄りたいわ。

また、友人を訪ねて来よう。

Hand01 お会計は、1人当たり4,000円(千円未満四捨五入)  

今回の日本蕎麦満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。 

 

根津 鷹匠 (ねづ たかじょう)

東京都文京区根津2-32-8

TEL      03-5834-1239

営業時間/ 7:30~9:30 12:00~18:00

定休日    月曜・火曜

大きな地図で見る

2013年7月11日 (木)

森戸海水浴場 №2

Kaisuiyoku1

2013年2回目の海水浴。

サンシェードは今年新調。

パープルのギョサンは「げんべえ」にて購入したもの。まだ現役!活躍しています。

今年は休日に仕事をつめ、できるだけ平日に海に向かえるよう調整しています。

そのため、空いていて気持ちが良いよ。

もちろん、パンダのオラーズも選抜で海に参加。

(ノブロー) 「末広」さんからカツオの差し入れもろうただよLove

毎年のことだけど、ありがたいよね。

葉山の猟師さんから一匹いただいたものなんですって。すぐそこでとれたそうよ。

薬味はミョウガ。生姜醤油で。

やっぱり、魚の身が全然ちがう。甘みさがあって口の中でとろけるよう。

後味も良いのだ。 連れ(寝太郎さん)と奪い合うようにいただく。

サザエもいただいちゃった♪ 肝も美味し!

あらあら、朝から生ビールがぐいぐい進んでしまうねW04

 

筑紫樓(ツクシロウ) 銀座店

Tikusirou

フカヒレ料理が有名な中華料理「「筑紫棲」 銀座店。

オープンは2006年10月。

恵比寿店は何回か訪問させていただいておりますが銀座店ははじめて。

当店は各店舗の中でも最も煌びやかであると、話を聞いたことがあります。

実は、某日、1軒目が閉店、2軒目に「銀座小はれ日より」さんに向ったのですが、

何故かランチ営業されていなくて、3軒目咄嗟に思いついてこちらへ。

当店がアイドルタイムなしで営業されていて本当に助かりました。

階段を下りて地階、レセプションで1人の旨を伝え、ご案内を受けました。

足を踏み込むと、天井が高く、ゴージャス!という形容が相応しい店内。

ゴールドカラーに包まれ、壁に描かれた龍が印象的だ。

フロア中央のダイニングを囲むような形で、壁際にカーテンのついた半個室が配置。

絢爛豪華。ご接待にも使える感じです。

私もこんな素敵なお店ならきちんと予定を組んでから訪問したかったわ・・・(汗)

利用はダイニングの4人掛けテーブル席。緊張で背筋がシャンと伸びます。

遅い時間帯ですが、ちらほらお客様もいらっしゃいますし、

私の後からも来店される方々はしきり。筑紫樓さんは、やはり強いなあ。

テーブル・セッティングは、位置皿、ナプキン、箸置き、割り箸(縦置き)、

レンゲ置き、レンゲ、スプーン。テーブルクロスは2枚重ね。

卓上には、黒酢、醤油、胡椒、爪楊枝。

着席後にメニュー、タオル地のおしぼり(トレー置き)。

ティーウォーマーがセットされ、ティーポット(茶葉入り)でのジャスミン茶。

ランチセットメニュー(11:30~14:30 L.O 月曜~金曜)よりチョイス。

各ランチには、日替わり小鉢、本日のスープ、漬物、ご飯付き。

注文を通すと、美しい位置皿は下げられました。

日替わり小鉢は、窯焼きチャーシューとシナモン風味の薄味の煮豆(黄豆)

漬物は醤蘿蔔(醤夢ト)。ご飯はおひつで供されます。

酸辣湯麺@1,200

見た目は四川担々麺のようなビジュアル。

ですが、こちらが当店の黒酢の効いたサンラー麺になります。

サーブ時には、スタッフの方よりナプキンを「よろしかったらもう一枚どうぞ」

といただけました。 

有難いわあ、この赤いスープ、シャツにはねたら命取りになりそうですからね。

粗々しい肉そぼろ、もやし、青菜、上には砕いたピーナッツ。

スープ一面に白ゴマ。

麺は、やや細めのストレートな中華麺。

すっきり品の良い酸味のサンラー麺。 一口いただいて美味しい!と感じましたし

もっと楽しめるかと思っていましたが、味が一本調子のため後半には飽きがきてしまった。

毎度のことですが、贅沢言ってすみません。

ジューシーで肉々しいチャーシュー。味付けも上品。

(レンタロー) おひつには、お茶碗に普通盛り2杯弱ぐらいの飯が入ってるだ♪

(みに) それは食べきれない・・・。もう十分です (;^ω^)

本日のシャーベット

2軒さまよって入店しましたから、汗だくな自分へのご褒美。

別注文でお願いしました。ライチシャーベット@600

果肉も確認できました。美味し。

私はデザートと中国茶で食後の余韻に浸りつつ、お店の雰囲気を堪能させていただこう。

ランチセットメニューの麺は、中国茶、日替わり小鉢、漬物、ご飯付きで1,200円。

当店のお店の構えからしてもお得な感じです。

また、16:30(毎日)までなら、特選ふかひれ姿煮込みセット@3,300 もあり。

こちらは全8品ですし、当店の看板料理「ふかひれ」をいただけますから、もっと

充実感が得られるかもしれません。 

※閉店になってしまいましたが、広尾店で平日限定のセット(全8品)がありました。

さすがに銀座店に1,500円のフカヒレセットはありませんが、当該セットは美味かった。

次回は私もしっかり予定を組んで来てみよう。

今回のランチ満足度数は、★★★☆ 消極的に好きで。

 

筑紫樓(ツクシロウ) 銀座店

東京都中央区銀座7-10-1 STRATA GINZA B1F

TEL         03-3569-2946

営業時間/ 月~土 11:30~22:00(L.O.21:30)日・祝 11:30~22:00(L.O.21:00)

定休日     年末年始

大きな地図で見る

2013年7月10日 (水)

CHINESE DINING 新北京(シンペキン) 御茶ノ水

Sinnpekinn

CHINESE DINING 新北京

場所は、御茶ノ水駅下車徒歩5分、山の上ホテル内。

山の上ホテルの創業は1954年。

多くの作家や文化人に愛されてきたことから「文化人のホテル」とも呼ばれる

老舗ホテルになります。

当店は2008年春、リニューアルされています。

料理長は、水谷和徳 氏(2001年9月就任)

モダンな店内は、ぐるなびによると、総席数54席。

ホテル内のレストランとしては、それほど大きくはありませんが、

鏡を用いて室内空間を明るく広く演出されています。

4人掛けテーブル席の利用。

テーブル・セッティングは、箸置き、ロゴ入り箸袋に入った箸(横置き)、

レンゲ置き、レンゲ、コースター。

卓上には、酢、醤油、からし、塩、胡椒、紙ナプキン。

着席後に、メニュー、タオル地のおしぼり(トレー置き)、氷水をいただけました。

先日、当店で腕をふるわれていた斎藤シェフの「北京遊膳」さんにお邪魔した際、

ケチャップを使わない海老チリがオススメという話をうかがいました。 

やはりと言うか、

当店もケチャップを使わない北京風チリソース(宮保)が看板料理の一つ。

(北京風チリソースの材料は、紹興酒、醤油、酢、砂糖、にんにく、しょうが、赤唐辛子、
と聞き及びます。) ※蝦仁(小海老)、明蝦(車海老)、龍蝦(伊勢海老)

しかし、今回は一品料理から当店ならではの麺をチョイスしたいと思います。

醋滷麺(スタミナ冷麺)@2,000 

HPでは、中国古来のスタミナ麺と記されています。

こちらは注文から15~20分程時間がかかりますというメニュー。

したがって「少しお時間がかかりますがよろしいでしょうか?」 とのお尋ねがありました。

もちろん、了承。 しかし、思ったほど時間はかからず運ばれてきました。

具材は、車海老、豚挽肉、ニラ。

塩味ベースのスープに酢を効かせた冷たい麺になります。

麺は、中ぐらいの太さの滑らかなストレート麺。

海老の処理は完璧で、プリップリの弾力が歯に伝わり

スープに入った酢は、角が取れ爽やかな酸味となって口に広がる。

ポロポロとした挽肉の食感も心憎い。

シンプルですが、どこか懐かしい味に出会ったような感覚を覚える醋滷麺(ツゥルゥメン)

お好みで、卓上のからしを使われても良いかと思いますが、これは食が進む。

さっぱりとして美味い。 スープも完飲。

万人受けする味だと思いますが、酸味がお好きな方には、特にオススメ。

食後、杏仁豆腐はセットでついてきます。

つるるんとした口当たりのさらりとした杏仁豆腐。 ご馳走さまです。

 

涼を感じさせる美味しい冷麺でした W04

いいお値段になりますが、創業以来の人気の麺はいかがでしょう?

今回のランチ満足度数は、★★★★ 積極的に好き。また食べたいOnegai03t

会計を済ませると、山の上ホテルは60周年を迎えるとのことで、

「レストラン&バー スタンプラリー」のカードをいただけました。

 

CHINESE DINING 新北京(シンペキン) 

東京都千代田区神田駿河台1-1 山の上ホテル本館 B1F

TEL             03-3293-2833      

営業時間/  ランチ11:00~(L.O.15:00) ディナー17:00~(L.O.21:00)
                  土日祝 ランチ11:00~(L.O.15:00) ディナー15:00~(L.O.21:00)

定休日     無休

大きな地図で見る

2013年7月 9日 (火)

艇家大牌トン(テイカダイパイトン) 日暮里

Teika

香港海鮮屋台料理「艇家大牌トン」(テイカダイパイトン)。

4度目の訪問(→前回)、ということで、

みにに代わり寝太郎が執筆を申しつかりました Onegai02_2

今回は香港コース(@¥5,000)。

卓上にこんなカードが。以前からあったのですが、記事には写真は未掲載。

“最初にドリンクのご注文をお伺いします。当店では、お酒をのみながら、
ゆっくり食事を愉しんでいただきたいと思っています。
アルコールが苦手な方、お子サマはソフトドリンクをどうぞ♪”

もちろんいただきますよ~♪

まずは生ビールで乾杯!

野菜の甘酢漬けを出していただけました(ニンジン、キュウリ、大根) Usisi_4

活き巻海老の姿蒸し(2名分)

これこれ、これですよ! お決まりの一品目。

紹興酒に漬けた海老の香りがよい。臭みなんてみじんも感じられません。

しっかり詰まった身は、絶妙の火の通し加減で固くならずにむっちりと見事な弾力。

つけダレも、旨味と辛さのバランスがよく、海老本来の持ち味を邪魔しないどころか、

海老の旨味をさらに引き出し、香りをさらに引き立ててくれるかのよう。

醤油が入っているんですが、この濃さがほんとにほどよい。

もちろん、いつものようにこのタレはキープ。

酒飲みのわれわれには、これだけでつまみになります。

豆腐と帆立のわけぎソース

二品目。初めてのメニュー。

「豆腐は味がついていないので、混ぜてお召し上がりください」とのこと。

ほどよく水切りされた絹ごし豆腐の上に、にんにくの入ったわけぎのソースと

粗く刻んだ帆立、プチトマトが載っています。

さすが。帆立がさほど好きではないみにが「うんうん、旨い旨い」と舌鼓。

帆立自体のもののよさと、さっぱりしつつもしっかりにんにくのコクと塩、

わけぎの苦味が効いていて、香りよい油もくわわり、物足りなさを感じさせない。

酒飲みにもうれしいオードブルです。

(ノブロー) ロゼのグラスワインだで!Usisi_3  

黒バイ貝と春雨のエスニックソース

三品目。これも初めていただくメニュー。

各自に小さな土鍋で提供されます。ぐつぐつの鍋焼き。

具材は他に、赤、青、黄のピーマン(パプリカ)、シイタケ。

薬味は香菜と白胡麻です。

――旨い!

(ノブロー) シェフは香菜使いもうめえな。

ピリ辛で甘みは控えめ。沙茶醤も入っているのかな??

濃厚な味つけでありながら、大きく刻んだ黒バイ貝の存在感もしっかりあります。

もちろん臭みなし。ごらんのように腸(わた)も入っていますが、臭みも苦みもなし。

やっぱりものがいいんだろうなあ。

ばっちり決まったエスニックな味に、酒が進む進む。ご飯にかけても旨そう。

海鮮揚げ団子と海老のパリパリ揚げ

四品目。揚げ物。

(ノブロー) お好みでさんざしの甘酢ソースをつけるだよ!

みには、さんざしソースの塩梅はこれまで食べたなかでも最良、

ぱりぱり海老に合って旨いと喜んでただ。

揚げ団子は叩いた白身魚と海老。

外はふんわり軽く、なかはぷりっぷり。シンプルだけど旨いのです。

点心をメニューに載せているお店だと、衣のサクサク感を重視して

もっとしっかりした衣にしがちですが、こちらの揚げ物はいい意味で

手作り感があって、衣が重くない。油臭さもなく、すんなり体に入ってくる感じです。

シンプルだけど、軽くぺろりといただけちゃう。

アイナメの姿蒸し(2名分)

来ましたっ……!

五品目はメインの姿蒸し。

本日はアイナメ。調べてみたらカサゴの仲間なんですね。

旬は冬なんだそうです。では、この時期(6月)のお味はいかがでしょう?

いつものように、シェフが見事な手さばきでライスの上にとり分けてくれます。

息をつめ、唾を飲んで待つみにと寝太郎。

とり分けいただくと、さっそくむさぼりつきます。

――うんうん……旨ーーい!!

骨まわりがレアという、いつもの絶妙な火加減はこの日も健在。

タレも文句なしです。

で、肝心のアイナメですが、身はまったく痩せておらず、締まっていながら

しっとりした素晴らしい食感。胸びれ周りのシコシコ感もたまりません。

もうね、タレも絶品なので、オン・ザ・ライスでわっしわっしかっこむのも幸せ

なんですが、魚自体が美味しいので、寝太郎は頭の部分は手づかみで

タレもつけずにゼラチン質までせせり、目ん玉まで食べちゃいましたよ。

これがまた、べたつかないんですよね。くう~~、恍惚のひととき……。

脂の乗り方がなんて上品なんだろう、というのがこのアイナメへの寝太郎の感想です。

(ノブロー) 何度来てもシェフの清蒸は裏切らねえだな Love

イカと野菜の汁ビーフン

六品目にて〆となります。

もやし、ニンジン、細切りの青梗菜、エノキ、それに白胡麻。お好みでラー油を。

みには「お肉がないので私は好き」との意見。

シェフらしい、優しい味わいの〆です。

あっさりいただけて、トータルの食後感は良好。

さて、この日、食事のあと、五十嵐シェフに少しお話を聞くことができました。

魚の味を決めるのは、絞め方がすべて、とのこと。

身が焼けてしまうのが一番いけないので、そうなると網で獲ったものより

釣ったもの、という選択肢になる――が、これを見分けるのは難しい。

この辺りまでは、寝太郎も知識として知ってはいました。

が、つぎのシェフの言葉には、唸りました。

「死んでいても、生きているような状態になるよう絞めるのが理想です」

――なるほど。

字義どおりに受けとると「?」となるフレーズです。

でも、彼の清蒸を食べていると、この言い回しがすっと腑に落ちる。

ばかりか、じつにこの言葉が、われわれをしてこの店に足しげく通いつめたいと

思わせる秘密を雄弁に語っているように思えました。

たんなる生魚を、包丁技術を駆使し、魚を繊細に扱うことで芸術へと高める

日本料理のお造り。

火を通した料理でありながら、旨い清蒸には、それに通じる、魚の本質を教えてくれる

ような感動がある。五十嵐シェフの清蒸を食べてそう感じていたのですが、

その真髄のヒントをもらったような気がしました。

4回目の訪問にして確認できたことが、もう一点。

豆腐を使った料理や、土鍋を使った一品など、骨格や素材は共通しながらも、

五十嵐シェフの献立には、比較的短い期間に再訪しても、ちゃんと変化が感じられる。

これは、通いたくなるお店を選ぶ重要なポイントのひとつでしょう。

そういう意味でも、やっぱりわれわれにとってこちらのお店は特別なのだと

あらためて感じました。

ワインはマズリエ・シャルドネボトル(@2.600)を2本、それにグラス(@550)を2杯

追加して、

Hand01お会計は1人当たり9,000円(千円未満は四捨五入)

中国料理満足度数は、★★★★★ 特別です。

……で、いいんだよね、みにさん??

みに加筆: もちろんです Yahho01_2      

 

香港海鮮屋台料理 艇家大牌トン(テイカダイパイトン)

東京都荒川区東日暮里6-14-4 19メモリービル1F

TEL      03-3806-4427

営業時間/  月~土 18:00~23:00(L.O.22:00)

定休日    日曜日 (定休日のほかに月2回休み) 

2013年7月 8日 (月)

上海わんたん・食彩厨房 蒲田

Syannhaiwanntann

上海わんたん・食彩厨房」 再訪

小雨の降る蒲田某日。本日も開店10分前に店前に到着。

誰も待っている方はいませんでしたのでやっぱり並ぶほどではないんだ、と思ったら、

私達のあとにすぐに女性グループ3名様が並んだ。

あっ、この前は単に運が良かっただけだったんだ・・・(汗)

開店すると、私と連れ(寝太郎さん)の2名、そして女性グループ3名が第1陣で店内に。

しかし、カウンター席は4席のみですから、1名はお店が出してくれた

簡易椅子に座り食事をいただく感じです。

すると、間もなく別のお客様が外に並ばれた。

ご店主が外にも簡易椅子を出して差し上げる。出来るだけ濡れないようにとのご配慮だ。

ドリンクは、お店からの冷たいジャスミン茶で別注文なし。

小雨が降っているので、さくっと食べて外のお客様と交代しよう。

この間に、テイクアウト用のわんたんも頼む。

テイクアウト用のわんたんは、8個か10個。

(10個までがフードパックに詰められるのだそう)10個でお願いする。830円。

これは大事な方へのお土産 ( ´艸`)♪

スープは冷凍になっていますが、持ち歩き時間を聞かれ、保冷剤も一緒に

袋の中に入れてくれました。

前回の課題をクリアしましょう。 

寝太郎さんとともにミックスわんたん8個と春巻き1本ずつ注文。

春巻きの皮は袋から取り出されていましたので市販品のようですが、

目前で奥様が、皮に手作りのあんを包み完成させていきます。

あとは、ご店主が春巻きの揚がり具合をみる。夫婦連携作業だ。

上海春巻き@137(税込)※2本以上注文の場合

確かに、おしぼり状の形。1本でも存在感あり。

きっちり巻かれていて、こんがり揚がったキツネ色。油切れも良い。

「当店、初めてじゃないですよね?」 とご店主。

「違うよ。前、来たことあるよね」 と奥様。

どうやら覚えてくださっていたみたいだ。嬉しいなあ。

「前回、来たとき春巻きをお勧めしていただけたので。春巻き自体ははじめてです」

春巻きは、卓上の黒酢(鎮江香酢)をつけていただくことを推奨、

皿を出していただけた。

熱々の春巻きに歯を入れると、ぱりっとした音とともに、中からとろりとした

野菜あんがお目見えする。白菜、シイタケ、タケノコ、人参など。

春巻きでよく見かける具材、春雨は入っていない。

あんの味付けは醤油やオイスターソースの入った濃い目の味付けではなく、

あっさりとして手作り感たっぷりの優しい味。

これが黒酢(鎮江香酢)にマッチするのだ。

上海春巻は口当たりも軽く、美味かった。 さすがオススメという感じ♪

ミックスわんたん 8個@693(税込)

むっちりと肉々しくジューシー。 変らず、1個の充実感がある。

塩味ベースのスープとともに完食。 

他では味わえないであろう、上海わんたんに満足。

今回のランチ満足度数、変らず ★★★★Star04(4.2) 積極的に大好き。

当店も定期的に訪問したくなるお店です(*^・^)ノ 


上海わんたん・食彩厨房

東京都大田区蒲田1-13-7

TEL      03-3739-1883

営業時間/11:00~14:00 17:00~20:30

定休日/  日曜日、第2と第4の月曜日

2013年7月 7日 (日)

海水浴2013(森戸海水浴場 №1)

2013年海水浴。はじまりました。関東地方、7月6日と梅雨明けが早かったので人出も多し!

オールドタイランド 飯田橋店

Orudotairanndo

タイ料理、「オールドタイランド」 飯田橋店。

当店は「クルン・サイアム」の姉妹店とのこと。

最寄駅は飯田橋、西口より徒歩2分ほど。友人との会食に利用。

予約はしてありますが、その際、本日は混みあいそうなので、カウンター席で

お願いしますと言われています。もちろん了承。

しかし、厨房前のカウンター席は、少し熱い。

ヤム・ウンセン@980 唐辛子印は

タイ料理の定番、春雨サラダ。

ナンプラー、レモン汁、唐辛子などのドレッシングで和えたサラダ。 

刻みキャベツにサラダの上にはピーナッツとパクチー。

ぷりぷり海老の食感が魅力的。 もう少しナンプラーが効いていてもよいかな。

取り皿にとったあと、卓上調味料セット「クルワンプルーン」

<ナンプラー・お酢・プリックポン(唐辛子をすりつぶしたもの)・砂糖>で、自己調整。

クン・パット・ナーム・マカム@980

海老かぶりですが、こちらは甘酸っぱいタマリンドソースで炒めたもの。

(レンタロー) 食べログさんのクーポンに「タイのおいしいデザートプレゼント」

ディナー時のみ、てのあったで、入店時に渡しておいたよ♪

フルーツの果肉ちいと入ってるな。うめえよ。

お店は大盛況。

お料理の味は全般に良いのですが、活気づき少し落ち着かないところもあります。

早めに切り上げることにしました。

タイ料理満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。ご馳走さまでした。

 

オールドタイランド 飯田橋店

東京都千代田区富士見2-3-8 横江ビル2階

TEL      03-5212-4566

営業時間/ 11:30~15:00(14:30 LO) 17:30~23:00(22:00 LO)

定休日   無休 

大きな地図で見る

タベルナ ポローネ (Taverna Pollone) 馬車道

カジュアルイタリアン「タベルナ ポローネ」(Taverna Pollone) 

某金曜日、急に横浜に住む友達と会うことになった。

金曜日ともなると横浜も関内も、当日空いているお店あるのかな?

どこも時間制じゃないの??

友人の会社の近く、ランチにも利用しているという当店に電話を入れてくれたところ

予約ができた。しかも時間制ではないという。

彼女曰く、みんな関内方面に流れちゃうんじゃない?とのこと。

なるほど、そういうときの穴場だね。

場所はみなとみらい線馬車道駅より徒歩3分ほどの海岸通り

店内は、カウンター席、片側ソファ席、テーブル席で肩の凝らない感じ。

注文したのは、シーザーサラダ温泉卵のせ@800をはじめ数品と

お店ご自慢の石窯焼きPizza。

写真は、この日のおすすめ辛いソーセージのピッツァ。正式名は失念。

当店はイタリアンビールにも力を入れてらっしゃるようだけど、私達はワイン。

ボトルは2,500円から用意されているのだ。2本は飲むね( ̄▽ ̄)v

普段使いに良さそうなイタリアンダイニングバー。

友人の話によると当店は個人経営のお店らしい。

帰り際には、ディナータイムに使える割引券のようなものをくださった。

ランチには使えないのか聞いたところ、それはさすがに無理。

対応してくださったお店の男性は店長さんかは不明ですが、とても話しやすい。

週末ゴミゴミした関内でさまようより、ここがいいじゃん!!また来ようね♪

 

タベルナ ポローネ (Taverna Pollone)

神奈川県横浜市中区元浜町3-15

TEL     045-227-6403

営業時間/  水~土 12:00~24:00 (L.O. 23:00) 日・祝・月 12:00~22:00 (L.O. 21:00)
       ランチタイム 平日11:00~14:00(LO.13:30) 土日祝12:00~15:00(LO.14:30)

定休日    火曜日

大きな地図で見る

2013年7月 6日 (土)

六本木 樓外樓飯店(ロウガイロウハンテン) 新宿店

Rougairou

中国料理「六本木 樓外樓飯店」 新宿店。

JR 新宿駅 西口 徒歩1分。利便性の良い新宿西口ハルク8階に店舗を構えています。

ぐるなびによると総席数150席の大箱。

入店後、ご案内いただけたのは店内奥のホール席。

テーブル・セッティングは、取り皿、ロゴ入り箸袋に入った箸(縦置き)、レンゲ。

卓上には、酢、醤油、辣油、胡椒、爪楊枝、紙ナプキンなど。テーブルクロスは2枚重ね。

着席後にタオル地のおしぼり(トレー置き)とティーポット(茶葉なし)で中国茶の提供あり。

本日の注文は、ランチコース「水仙」(スイセン)@2,000(二名様より)

上記写真のような内容になりますが、品数をそろえ2,000円は有難い。

お茶と共に出されたのは、醤蘿蔔(醤夢ト)2名分。

双味拼盆(二種冷菜の盛り合わせ)(2名分)

このお値段の前菜ですからあまり期待していなかったのですが、

干し豆腐の和え物などを組み込んでくれています。

即日好湯(本日のスープ)

ベーコンの風味が効いた具沢山スープ。

夏菜蝦仁(ゴーヤと野菜、海老の炒め)

大皿で運ばれお披露目のちに銘々に取り分けられて提供。

塩味の炒めなので、MSGをダイレクトに感じとれてしまうのですが、量も少なめなのでOK。

黒椒鶏丁(北海道知床鶏の黒胡椒炒め)

大皿で運ばれお披露目のちに銘々に取り分けられて提供。

柔らかい鶏肉のほかには、パプリカ(赤・黄)、ズッキーニ、椎茸など。

しっかり濃い目の味付け。白いご飯に合いそうです。

点心二道(二種点心の盛り合わせ)(2名分)

海老ニラ焼きまん、蒸し餃子。 味については特筆なしですが

個人的には海老ニラ焼きまんの方が肉々しく、好みです。

鮮菇炒飯(しめじと挽肉入りチャーハン)

大皿で運ばれお披露目のちに銘々に取り分けられて提供。

パラリとはしています。米一粒ずつに味が絡み、昔ながらの炒飯王道路線。

やはり味付けは濃い目。

杏仁豆腐(アンニン豆腐)

フルーツがトッピング。

ボリュームたっぷりのランチコース。

味については、何かに抜きん出ているところはありませんが、大きく外すこともなし。

小気味良いリズムでトントンとお食事がテーブルに並びますので、

サーブのタイミングが早いかなと思う場面もありましたが、2名以上ですが

2,000円というお値段でコース料理がランチの選択の幅に加わるのは嬉しい。

女性同士でもこれぐらいならばと、微妙に財布の紐がぬるむ価格設定です。

女子会ランチなど、のんびり食事をとりながらお喋りも、というときに使えそう。

ランチ満足度数は、★★★Star04  日常的なら満足になります。

お腹も満ちた。ご馳走さまでした (o^-^o)

 

六本木 樓外樓飯店 新宿店

東京都新宿区西新宿1-5-1 新宿西口ハルク 8F

TEL             03-3343-7031 

営業時間/  11:00~14:30(L.O.) 14:30~23:00(L.O.21:30)

定休日     無休 

大きな地図で見る

2013年7月 5日 (金)

チャイニーズレストラン 直城(ナオキ) 高輪台

Naoki

四川料理、チャイニーズレストラン「直城」 (ナオキ)

オーナーシェフ 山下直城 氏は、四川の名店「吉華」、その後、四川省成都で修業され

当店のオープンは2005年3月とのこと。

ご実家は、町田の四川料理店「随息居」さんになるそうです。

最寄駅は高輪台駅のようですが、私は利用交通機関の関係で白金台駅より

向かいました。日吉坂下の交差点から桜田通り、明治学院交差点を越え

高輪警察署手前の脇道を入った住宅街の中に位置しています。

すっきりと落ち着いた内装の店内。遅い時間帯だったためか先客は1組のみ。

2人掛けのテーブル席を利用。

テーブル・セッティングは、箸置き、割り箸(横置き)、メニュー。

卓上には、調味料なし。タオル地のおしぼりは着席後にトレー置きで提供。

茶杯で中国茶(温)もいただけました。

本日ランチはA~Eまでで、1,000円台。(ごはん、サラダ、スープ付)

Aランチに記されていた麻婆豆腐も興味深かったのですが、事前情報によると

当店の麻婆豆腐は絹ごしを使用されるということなので、木綿派の自分は

注文を変えることにしました。

担担麺(タンタン麺)@1,100

麺のサーブ時には、氷水も。

炸醤肉(肉そぼろ)、青菜(チンゲン菜)、刻みネギと、シンプルなビジュアルです。

麺は細めでストレート。独特のコシがある中国麺タイプ。

中華スパイスのうっすら香るスープは、出汁、辛さ、酸味ともに控えめ。

芝麻醤も感じ取りにくく、スープはシャパシャパですが、あっさりと品が良い。

ゴマゴマ、こってり担担麺ではありませんので、ひょっとしたらカロリーも抑えられるかな?

中央には綺麗な生花。

この日はホールに女性、厨房にシェフと2人体制。

ランチをいただいた印象として、正直なところ割高感は否めずでしたが

当店、夜はコース料理のみの提供になるとのこと。

以前「dancyu」で夜のコースでしか味わえない豚の脳みそ入り麻婆豆腐「麻婆脳花」が

紹介されていましので、真価は斬新なお料理がいただけるであろう

夜に訪問してみないとわからないのかもしれません。

会計を済ませると厨房の中から「ありがとうございました」のお声が・・・。

ご馳走様でした。

今回のランチ満足度数、★★★Star04 日常的なら満足です。 失礼いたしました。

 

チャイニーズレストラン 直城 (ナオキ)

東京都港区高輪3-3-8 アブニール高輪 1F

TEL           03-5798-3225

営業時間/ 12:00~14:00(L.O) 18:00~22:00(L.O)

定休日     月曜日

大きな地図で見る

2013年7月 4日 (木)

中國名菜 孫 (№2) 六本木店

Sonn2

中國名菜 「」 六本木店。 

コース料理後半、マダムのご提案を受けました。

「北京ダック、一羽だと高いけれど他のテーブルで出るので2人分をリーズナブルに

いただけるわよ。いかがかしら?」

お値段をうかがうと5,000円かそれ以下での提供になるのではないかとのお話。

先日、「北京遊膳」さんでいただいた激うま北京ダックが脳裏をよぎった。

たしかあれが、7,000円だったので5,000円くらいでいただけるのならそれも良いかも。

マダム曰く、北京ダックは皮だけでなく身肉もつけて出されると言う。

そして「東京で一番新鮮な北京ダック」と付け加えられた。

どういうことなのかは不明ですが、マダムがそう言うんだから、そうなんだろう

私も連れも一応納得。お願いすることにしました。

豆腐の海鮮挟み揚げ

付け合わせの野菜は、マコモダケの紹興酒煮、広東白菜。

粗めに叩いた海老を豆腐でサンド。

歯を入れるとふっくらとした豆腐の中からお目見えです。

海鮮の味付けには少しゴマ油も使われているように思う。

マコモダケは単に炒めず、紹興酒を使うことで香りもよく、味がひきしまった感じ。

基本はシンプルな塩味ですが、それぞれに味わいが違います。

豚肉とトマトのおこげ

大皿で運ばれお披露目のちに、スタッフのお兄さんが揚げたてのおこげに

熱々のトマトあんをかける。じゅわわわわーー。この音が食欲をそそるのだ。

銘々に取り分けられて提供。ポーションは少なめ。

おこげは「CHINA-MOON」さん以来。

最近は、あんも独創的ですね。

こちらはトマトがポイントになるおこげ。

醤油ベースのこってりあんと比べライトな口当たり。

野菜のシャキシャキとした歯ざわり、豚肉のぷりっと感、

異なる食感とトマトの酸味が効いた爽やかなおこげ。 美味しい。

海老チリソース

当店の定番。ランチコースとかぶっています。

ここでセットされたナイフとフォークが活躍。

当店の海老チリは、オリジナリティ溢れる1品。

車海老をまるまる開き、衣をつけて揚げ、甘辛ソースで炒め絡めたもの。

スライスニンニク、ニンニクの芽、鷹の爪を背負ったビジュアルは変りません。

かりっと揚がった車海老に、チリソースのコクのある甘みと対比的な辛みが鮮烈。

ですが、前回ほどの感動はなし。大人のエビチリ、本日は衣多し。

北京ダック

別注文。大皿で運ばれ各卓へお披露目のちに皿に盛り付けられて登場。

キュウリ、白髪ネギ、甜麵醤(テンメンジャン)ベースと思われるタレ、砂糖、山椒塩。

孫さんやマダムのおオススメは、最初は山椒塩や多めの砂糖で。

熱いうちにということなので、まずは身肉のついているところをいただく。

しっとりした北京ダックの身は臭みもない。

山椒塩も良いのですが、多めに砂糖をつけてが食べたところ、想像以上の

マッチングの良さに驚きました。

大き目の春餅は一人1枚の割り当て。

上にかぶせる布巾は、ナシ。 丸出しでの提供。

(ノブロー) この前、包み方学習してるで、まずまずだな。

(みに) ごめんね。ノブローさん。

結論だけど、北京ダックは、いまひとつだわ。

皮のバリっと感はもちろんパリッとさえしていないし、シナシナ。

そして醤、味噌の味わいがごく普通。深みがない。

北京ダック、身肉は美味しいのだけれど単体で食べてくると、

次第に脂っぽさが口に残ってくる。

「北京遊膳」さんで北京ダックをいただいたばかりで私達に鮮烈な印象が

残っているから、これはタイミングが悪かったとしか言いようがないわ。

皮のバリっと感を知ってしまうと物足りなくなるのよ。

ところで、「東京で一番新鮮な北京ダック」とはどういう意味だったのかしらね。

小鳥のさえずり、まだ聞こえてくるから大丈夫よね。

(ノブロー) そこは、まったく違うべ Ase

辣湯麺

別注文。

コース料理は海老チリの段階で終了されているそう。

ランチコースでは担々麺をリクエストしたこともあってか〆に麺をいただけたので、

正直、最後のお食事がついていないのにびっくりだ。 しかもラストが海老チリとは・・・。

おこげを後にしたほうが良いかと思います。

やはり、何か〆らしきものをいただきたいので、メニューをお願いしたところ、

夜は、炒飯、湯麺などリクエストを言ってくだされば出来ますからとのこと。

辣湯麺を1人前お願いしました。お店の方で取り分けての提供。

「最初はそのままで半分。残りの半分は香菜を入れてお召し上がりください」とのこと。

見た目はお醤油色。

当店の酸辣湯麺は、肉ではなく、イカや海老を使われている。

ほか、溶きたまご、軽くとろみ付き。

すっぱ辛さも控えめで、寝太郎さんとは別の所見になるかもしれませんが

自分の物足りなさだけが増量しました。

デザート

マンゴープリン、ココナッツミルクのブランマンジェ、黒ゴマアイス。

ランチコースと代わり映えしません。しかも前回から半年はたっているのに。

味わいは悪くはありませんが、私たちの来店するタイミングが悪いだけ?

他にデザートのバリエーションはないのだろうか、と考えさせられてしまいます。

(ノブロー) 食後には急須(茶葉入り)でジャスミン茶だで。

孫シェフの作られる大陸的なエッセンスを加味した独自の新中華は私の好みと

するところ。 一撃的に大きな感動に至らずとも、総合的に納得のできる

味の絶妙なバランスがあり、これでいいんだ!という安心感さえあった。

接客を含め最も好きなお店の一つです。

しかし、今回訪問し、ランチコースと変らぬ料理が目についたこと

(これも、常連さんになれば前回いただいたお料理と変えて出して

いただけたりと融通は利くのでしょうが)

ほか、これは「中國名菜 孫 日本橋店」にも共通することですが

訪問するに日によって味の出来不出来があることを実感いたしました。

残念ながら視点を変えなくてはならなくなったかと思います。

孫シェフは手が空いたときには小まめに動かれ、お料理をサーブされたりと

親しみ深いのですが、サンバル履きのペタペタとした音が響き、街場の中華屋の

おじさんのようで、敬愛する方だっただけに耳につき少し違和感がありました。

(こちらは諭吉を握り締め、この日のディナーを楽しみにしていた。夢をみたいのだ)

2人で、追加の紹興酒 陳年紹興貴酒 8年@5,040、紹興加飯酒 甕出し二合@2,100、

(クリスタルガイザーのペットボトル)金額不明ですがおそらく有料、

北京ダック@4,500ということでお会計は、47,793円。 

Hand01 1人当たり24,000円(千円未満四捨五入)

この内容なら、前回同様昼の一番高いランチコースで良いかも。が、正直なところ。

会計終了後、孫シェフをはじめマダムも揃ってのお見送り。ありがとうございます。

またしばらく時間をおいてから訪問してみようと思います Nanndedade

今回の中国料理満足度数は、★★★☆ (3.8)消極的に好きです。

 

中國名菜 孫 六本木店    

東京都港区六本木7-6-3 喜楽ビル B1F

TEL      03-5785-3089

営業時間/ 11:30~15:00 17:30~23:00

定休日    年始

2013年7月 3日 (水)

中國名菜 孫 (№1) 六本木店

Sonn1

中國名菜 「」 六本木店。 連れ(寝太郎さん)を伴いディナー訪問。

前回のランチ訪問で、フカヒレの姿煮込みをいただいたとき

お店のマダム(仮)に

「白湯煮込みも、孫の得意料理なんですよ。次はぜひ。」 とお言葉をかけていただき

はや半年・・・。 念願叶って、再度やってまいりました。

コース料理を予約しようと予約時に食べログサイトの「予約サイト」を見たところ

『 一汁七菜(2名様より)10,500円では

[制限時間:2時間]
孫料理長おまかせコース、お客様の要望を聞いたコース

※3名以上でフカヒレの姿煮、2名だとアワビの姿煮がつく 』 という内容。

それでは、私と連れ(寝太郎さん)2人ではフカヒレの姿煮がいただけないではないか。

さっそく電話で、2名でもフカヒレを組み込んでいただけないか交渉したところ、

割り増し料金を支払えばOKとのこと。

2,000円プラスの一人12,500円でお願いすることができ、その際、

フカヒレの姿煮の味付けも白湯煮込みでとリクエスト。快諾いただけました。

入店すると、いつものようにマダムの笑顔が飛び込んできた。

「こんばんは、やっと来れました」 と寝太郎さんが珍しく積極姿勢。

「たぶん、予約のお名前から、あなただと思っていましたわ」 とマダム。

そうか、寝太郎さんは、おせち料理を引き取りにきたとき、

マダムと色々お話したんだっけ。 

本当に覚えてくださっていたのか、この時点ではまだわかりませんが、

寝太郎さんは、母親に褒められた息子のように上機嫌 ( ̄▽ ̄) 

ご案内は、店内奥のテーブル席。 小鳥のさえずりがどこかからか聞こえる。

「ねえ、鳥の声聞こえるよね?どこにいるのかな」

「小鳥といえば、中国では鳥の声を愛で、競い合うらしいよ。

ご老人の間では、それがステータスなんだってさ」

テーブル・セッティングは、取り皿、箸置き、箸(横置き)、ナイフ、フォーク、コースター。

ランチタイムとは違い、テーブルクロスを2枚重ねされ、取り皿の上にはナプキンも

セットされています。 タオル地のおしぼりは、着席後にトレー置き、と変らず。

ドリンクメニューを拝見して、生ビール(ハイネケン)@588×3 を注文。

(寝太郎さんの吸い込みがよく、お替わりしています)

さて、ランチコース同様、シェフお任せコース料理ですから、メニューは出されません。

運んできていただいたとき説明を受けますが、これを急ぎ控え、

補足し記録させていただいていますから正確さには欠けるかもしれません。

この日のコース料理と見られるお客様は他に3組ほど。

料理開始前には、孫シェフが各卓を回りご挨拶。

お声をはじめて聞きましたが、想像していたものより実際のお声はややトーンが高く

独特な形の帽子を被り白衣にサンダル姿。孫シェフは気さくな感じの方でした。

前菜

前菜は6品。2名分を一緒に盛り付けての提供。

ランチコースより1品多いのですが、3品(クルマエビの湯引き、サンマの皇帝煮、

カブのからし漬け)かぶっています。

クラゲの冷菜

共に和えてあるのはキャベツと細かく刻んだ香菜。

ほんのり黒酢が効いているように感じましたが、酸味の角が取れて良い味加減。

寝太郎さんのMSGセンサーがピピッと動いたようですが問題視するほどではありません。

サンマの皇帝煮

白髪ネギと刻みネギ添え。

微量な甘みに八角も効いて、骨まで柔らかく、あますところなくいただけます。

前回も好きな味でしたので、再びは大歓迎。

豚肉甘辛煮

細かく刻んだショウガと共に甘辛く煮た豚肉を。

程よい甘さが食感を残した豚肉にしみこんでいます。

キュウリのなます

甘酢ですが唐辛子を使うことにより、ぴりっと味にメリハリをもたせているよう。

針生姜が添えられています。

カブのからし漬け

マダム曰く、一番最後に召し上がったほうが良いとのアドバイス。

前回同様、飾り包丁の入ったカブの上には花椒。

辛み、甘み、苦味と花椒の風味のバランス良し。

スープ

ハマグリと生姜の蒸しスープ。

本日の上湯はいまひとつ。もう少し上湯がしっかり、かつ、塩をひとつまみ欲しいところ。

後半は生姜の風味が勝り、生姜湯を飲んでいるような感じに。

ハマグリは疲れきっていないので良いのですが、

蒸しスープですから、そこには淡白であっても、もっと素材が濃縮されたような

芳醇さを求めたい。 

今日は鶏ガラとか、なかったのかなあ。お塩も切らしてしまった??

(ノブロー) おめ、憎まれ口たたいておてるだな。店の兄ちゃんもオラたちのこと

可愛ええ、声かけてくれただ。あまりキツイこと言うでね!Ikaru

(みに) そうそう、マダムもキミたちのこと覚えていてくれたのよね。

「また、来たのね。ちょっと白くなった?」って。 

嬉しいわー。じゃ、いいとするか ( ̄▽ ̄)

フカヒレの姿煮込み

大皿で運ばれお披露目のちに銘々に取り分けられて提供。(左右半分にカット)

奶湯(ナイタン)とお塩だけで煮込んだものになるそうです。

孫シェフ曰く、

「醤油味は日本のフカヒレが多く、黄金色の奶湯(ナイタン)が伝統の味」 とのこと。

マダムは、「昔の皇帝はこの味を召し上がっていた」というので、恐縮ですが私も。

おお!箸に激震が走ります!!フカヒレ様を掴んだ箸が喜んでおります♪ 

奶湯(ナイタン)には、ぽってりととろみを効かせています。

で、味はと言うと・・・・・・この日の湯(タン)がいまひとつなためか

ああ、皇帝の味ってこういうものだったのか~。というフラットな感想。

私達にとっては、肉厚のフカヒレを食せたことに感謝です。

カニ肉と卵白の淡雪炒め

「もう、卵白のふわふわさに身も心もフワーッといっちゃう感じ♪」 と

マダムがジェスチャー付きで説明をしてくれる。

私達があっけにとられて見ているKutipokann と、次いで「熱いうちにどうぞ」 とのお言葉。 

マダムは、時折少女のような無邪気さを見せる。とても楽しい方だ。 

表現力豊かで、食レポも助かったぞ。

淡雪炒めは火の入れ加減が難しく、コックさんによっては火を入れすぎて、

ゴムのようになってしまうこともあるのだそう。

同時にセットされたスプーンで口に運ぶ。 

うん、そつのない味付けだ。口当たりも柔らかで美味しい。

まだまだこのあとのお料理も出されるわけだから、フワーッと飛ばずに

身はここに留まろう。

                                          -№2に続く-

2013年7月 2日 (火)

中国四川料理 梅香 (meisyan) 牛込神楽坂

Meisyann

中国四川料理「梅香」(メイシャン) 再訪。 とう言うか、隣へ移動 run

まだまだ、神楽坂周辺、未訪の中国料理店は多いのですが、

今のところ「梅香」さんが自分の好みに合い、落ち着けるように思います。

椒麻鶏(蒸し鶏 山椒ソース)@1,580

前回いただいた前菜の中でのお気に入りを単品注文。

爽やかな辛みがしっとりとした蒸し鶏にマッチ。スライスきゅうりを添えて。

皮蛋(ピータン)@840

お酒のつまみにうってつけのピータン。 松葉模様、発見W03  

刻みネギと塩梅の良い醤油ベースのタレとともにいただくと

口の中にねっとりと濃厚な旨みが広がった。

おお!これだ。やっぱり一味違うわ。 疲れもすっ飛ぶ美味さ。

お陰さまで本領発揮!瓶ビール@840のあと

陳年紹興酒 古越龍山 カメ(デカンタ)@2,100×2 を追加です。

(ノブロー) 神楽坂の姉妹んとこ、料理に対する真面目な姿勢が表れているだ。

(みに) 好感度高いよね。

担々麺(ごまみそタンタン麺)@1,050

1人前をお願いしたところ、銘々に取り分けて持ってきてくださいました。

「季節のおすすめコース」でいただいた汁なし担々麺と比較すると、松の実を確認できず。

芝麻醤たっぷりのゴマゴマした担々麺ではなく、控えめな酸味とすっきりとした辛みが

味の輪郭を成すもの。好み。

麺自体はそれほど上質であるとは思えませんが十分です。美味しく完食。

Hand01お会計は、1人当たり4,000円(千円未満四捨五入)

神楽坂で「梅香」さんの有難みを実感いたしました。

当店は、味・接客ともに変らず、望むところの一定のクオリティを保ってくださる。

ありがた指数加算。

中国料理満足度数は、★★★☆Star04 (3.7) 消極的に好きですOnegai03t 

 

中国四川料理 梅香 (meisyan)

東京都新宿区横寺町37-39 中島第一ビル 1F

TEL     03-3260-2658

営業時間/ 水~日12:00~13:30(L.O) 火~金 17:30~21:30(L.O)                 

                 土・日・祝 17:30~21:00(L.O)

定休日    月曜日

十六公厘 (ジュウロクミリ) 牛込神楽坂

中華バー「十六公厘」(ジュウロクミリ)

当店のオープンは、2012年5月9日。 店主、佐藤洋 氏は

「希須林」で約20年にわたり腕を振るわれてきた方とのこと。

場所は、東京都営地下鉄大江戸線、牛込神楽坂駅下車A2出口から徒歩1分。

大久保通り沿いで「梅香」さんのお隣です。

店内は細長い造りで、カウンター席(8)奥にテーブル席で14席ほど。

カウンター内は、ご店主と女性の2人。

お通し ポテトマカロニのサラダ

箸はオイスターソースの空き缶にまとめて。

腸詰(自家製)@800

すべてが手作りというメニューは、カウンター奥の黒板より選ぶ。

バーというスタイルのため品数は多くない。

しっかり食事をなさりたい時は、2次会使用が妥当。

肉挽きをして作る腸詰は看板メニューのひとつ。

店名は、このチョッパーのパーツが“16ミリ”を使用されていることに由来する。

粗挽きの腸詰には

スライスニンニク、白髪ネギ・香菜・自家製の甘辛い味噌などが添えられてます。

サイクロン・イサーン風で少しエスニック。

卓上メニューは、ドリンクメニュー。

当店では、ボトルの取り扱いはなく「ショット」。紹興酒カメ出しは400円。

化粧室は奥の扉からいったん外に出て、右手になる。

「希須林」より独立を果たしたときに送られたものなのか、

ステンドグラス調の飾り絵が置かれていた。

対応については、カウンター内におられる店主と間近に接することに

なりますから、好みも分かれるかと思います。

 

十六公厘 (ジュウロクミリ)

東京都新宿区横寺町37 エムビル1F

TEL     03-6457-5632

営業時間/ 18:00~翌2:00(L.O.翌1:00)

定休日    日曜日・祝日

2013年7月 1日 (月)

飯楽(ファンファン) 神楽坂

Fannfann

飲茶・点心「飯楽」(ファンファン)

某日、所用にて神楽坂へ。

帰りに食事でもしていこうという流れで急遽、食べログサイトを検索。

『 確かな腕と信頼の味、この道35年の料理長が送る本格中華! 』

と言う文字が目に飛び込みました。

東京メトロ東西線1番出口徒歩2分。

当店は、「ラ・マティエール」さんの斜め前に位置しています。

この道35年、飯楽  ・・・。あれ?ずいぶんと小洒落た外観じゃないか。

入店するとそこは、ウッディーな家具が配置され、アンティーク照明が

しっくりとマッチしたバル空間。BGMはジャス。

驚いた。。

私は、この道35年、「飯楽」さんという店名から、勝手に、

“渡る世間は鬼ばかり”の「幸楽」さんのようなイメージを持っていまして、

三角巾を身につけたおばちゃんが登場する神楽坂の地元に根付いた

古い中華屋さんだと思ったのですが。全然違う。

ホールの女性スタッフさんもすっきりとした服装で、もちろん三角巾などはつけていない。

連れ(寝太郎さん)は、表にも「Chinese Bar 飯楽 FanFan」と看板が出ていたよ、

と言うけれど思い込みが先行している自分の目には入っていなかったのだ。

卓上には、醤油、酢、辣油、胡椒、爪楊枝。

カトラリーケース内には、箸置きがセットされた箸が入っていました。

まずは、生ビール モルツ@600×2 を注文。

お料理を選ぶ前に、お店からおつまみサービス。

カリカリ唐辛子とピーナッツですが、唐辛子は揚げているので種まで食べれます。

こうしたおつまみは、毎回変えられているのだそう。

メニューにはTAPASの文字。やはり当店は中華バルなのだ。

グランドメニューを拝見しても、料理の品数は多くなく、店内のボードに

ちょこちょこオススメが記されているのでそちらも参照しよう。

イラストも描かれていたりとポップで楽しい感じ。

本日おまかせ 小菜の盛り合わせ@980

左から、白菜甘酢、彩り野菜の中華ピクルス、中国麩の甘辛和え、

烏賊とセロリのネギ油和え の4種。

白菜甘酢同様、中華風ピクルスも甘めの味に仕上っているので、2種が似た味わいかな。

焼小籠包(4個)@640

焼小籠包は3個で480円。3個以上から1個ずつの追加注文可能ということです。

したがって4個でおそらく640円と推測。

メニューを探しても小籠包は焼きしかなかったんですよ。残念だわあ。

下には黒酢のタレを敷いています。

「中からスープが出ますのでレンゲにのせてお召し上がりください」 とスタッフさん。

横浜中華街「王府井」さんの「生煎包」(焼き小籠包)とは異なり、蒸しに近いものを

焼いてらっしゃるようなビジュアル。

上の部分は餅のようにしっとりとろろん。

底の部分に軽く焼き目はついていますが、香ばしさはいまひとつ。

手作り肉焼売(3個)@430

注文を頂いてから蒸し上げるため10分前後の時間が必要とのこと。

当店、蒸し点心がこれぐらいしか見当たりません。どうなっているのでしょう?

焼売にはカラシ付き。

手作り感の伝わる甘くて柔らかいシューマイです。

隣のお席では土鍋の麻婆豆腐が出ていました。

ともに卓上にセットされた山椒の入ったペッパーミルが電動式なのにまた驚いた。

古い中華屋どころか、もはや調理器具まで革新的。

夜の比較的早い時間帯では、お一人様で来店なさりお食事をするお客様が

ポツポツ見られました。おそらくご近所の方々なのだろう。

地元の方々に愛されているお店ということには変わりないのだ。

また、当店はバータイムもある様子。

少し興味はあるものの、本日のところはこれにてお会計。

追加の紹興酒 古越龍山(金)@2,300を加算し

Hand01 1人当たり3,000円(千円未満四捨五入)

中華バル満足度数は、★★★ 日常的なら満足です。

帰る頃には、ご年配の男性が店に現れた。スタッフの女性とともに表までお見送り。

想像なのですが、この道35年のご主人(料理長)はこの方なのではないかと思いました。

ご引退なさって人にお任せしているのかもしれませんね。

 

飯楽 (ファンファン)

東京都新宿区神楽坂6-26

TEL         03-6265-0411

営業時間/ 11:30~14:30 17:30~21:30

定休日     毎週火曜日、第3月曜日

大きな地図で見る

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »