2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« CHINA 三丁目 六本木 | トップページ | 信州旅行 №1 木曽路へ向かう »

2013年6月12日 (水)

重慶飯店 麻布賓館(ジュウケイハンテン アザブヒンカン) 六本木

Jyuukei

お一人ランチは、四川料理 「重慶飯店 麻布賓館

2007年10月10日オープンの当店は、横浜中華街「重慶飯店」の麻布賓館。

最寄り駅は六本木。 六本木六丁目交差点から六本木通りを西麻布の

交差点方面に進行し途中を左折。 「CHINA 三丁目」を通りすぎた先の左手側。

このあたりまで来ると完全に住宅街になる。

先日店先に出ていた冷麺のメニューに目がとまり訪問を決めた。

入店すると、すぐそこはレセプション。

スタッフの女性から「お待ち合わせでしょうか?」とのお尋ね。

ん?ここはそういうところ?一人じゃまずいのかなあ。

「一人ですが、大丈夫でしょうか?」 とお聞きすると

「しばらくお待ちくださいませ」 との回答。

だめなら他行くか・・・。と、心の中でつぶやく。

すぐに「お待たせいたしました、ご案内いたします」 とのお声掛け。

やったー♪ 冷麺食べれそうだ ( ̄▽ ̄)

シックで高級感のあるラグジュアリーな空間。

趣味の良い調度品と大ぶりの花瓶に生けられた花が店内を一層美しく装う。

艶やかな花に目を奪われていると

「あちらの花は生け替えたばかりなんですよ」 と先ほどの女性スタッフさん。

案内されたのは、店内中ほどの4人掛けテーブル席。

一人でこんな贅沢なお席いいのかな、と恐縮するばかりです。

テーブル・セッティングは、アンダープレート、位置皿、箸置き、箸(縦置き)、

レンゲ置き、レンゲ、ナプキン。 テーブルクロスは2枚重ね。

着席後にはタオル地のおしぼりがトレー置き。

メニューとグラスで水のご提供を受け、その後、ウーロン茶(温)は茶杯で。

注文は表に出されていたメニューの@1,800でよいのだけれども、スタッフさんから

前菜、点心、デザートがセットされた、麺・飯セットがお得で@2,010とのご提案。

しかも麺は希望の担担冷麺でご用意していただけると言うのだ。

悩むことはない。セット賛成!即決です。

前菜

接客対応してくださった方はもうお一人いらして、あとからわかったのですが

支配人兼ソムリエの大森威典 氏。 前菜のサーブは同氏より。

棒棒鶏とクラゲ、山クラゲの和え物になります。

蒸し鶏に使われているソースは爽やかな辛みをプラスしたゴマソース。

品の良い辛さがしっとりとした鶏肉にマッチしています。美味だ。

塩味を効かせたクラゲと山クラゲの和え物は、葉物野菜を添えてサラダ仕立て。

ワンランク上の洗練された食味。

美味しい前菜をいただいたあとは、アンダープレートもさげられます。

担担冷麺

自家製ラー油と炒った胡麻のタレには、四川山椒を使用 されているとのこと。

「よく混ぜてお召しあがりください」 とのアドバイス。

炸醤肉(肉そぼろ)、キュウリ、ムスクラン、白髪ネギ、半熟たまごなど。

次いで、点心。醤油、酢、からし、小皿もセットされました。

蒸篭の中には一口サイズの海鮮エビ焼売が2個。下には人参が敷かれてます。

下味もついていますが、素材の旨みがぎゅぎゅぎゅーっと詰まっていますから

何もつけず、このままでもOK。

ふくよかな甘みの中に感じとれるピリリとした辛みは控えめ。

この甘辛のバランスが絶妙で、箸が止まらなくなる。

キュウリの皮は丁寧に剥かれ短冊切り。

そのため味の絡みも良く、肉そぼろも大きさが均一ではないので異なる食感が楽しめる。

合間に半熟たまごをがぶり。

しっかりした白身の硬さと、とろりとした黄身のあまさに頬が緩む。

うまいこと計算されている担担冷麺だなあ。

麺は、細めで歯ごたえのある中国麺を使用。

こちらは、中華街(横浜)より取り寄せていらっしゃるのだという。

デザート

豆乳入り杏仁プリンと重慶飯店の月餅。

口当たりの優しい杏仁プリンとカットされた月餅は温めての提供。

中華街よりポツンと離れて、西麻布の住宅街に佇む麻布賓館。

HP等の情報によると、現在の料理長は、陳一明 氏。

横浜中華街の重慶飯店とはスタイルも異なり、プレゼンも一皿ごとの提供。

重慶伝統の四川料理をベースに、その味も日本人好みにアレンジを効かせた

ヌーベルシノワ とのこと。

ランチセットの利用でも、その傾向を窺い知ることができました。

これはぜひコース料理をいただいてみたいところ。

当店は一休レストランサイト他でも予約可能であり、お得なプランも多いので

検討してみたいと思っています。

今回のランチ満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。

会計時、流れで ※DRAGON POINT CARD を作っていただきました。

ポイントをためるのが楽しみです(o^-^o)

※ ローズホテル横浜」と「重慶飯店」を中心とする龍門グループで、
ポイントがたまるポイントカード.。

 

重慶飯店 麻布賓館

東京都港区西麻布3-2-34 西麻布ヒルズ1階

TEL      03-5771-3680

営業時間/11:30~15:00 (14:00LO) 17:30~22:30 (21:00LO)

定休日/  月曜日

大きな地図で見る

« CHINA 三丁目 六本木 | トップページ | 信州旅行 №1 木曽路へ向かう »

01.中華料理」カテゴリの記事

a-01.港区」カテゴリの記事

b-2.東京・神奈川ランチ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。