2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 神楽坂 五十番 本店 (カグラザカゴジュウバン) (ミニ肉まん) | トップページ | 御膳房(ゴゼンボウ) 銀座 »

2013年5月 1日 (水)

MASA’S KITCHEN47 (マサズキッチンヨンジュウナナ) 恵比寿

Masazukittinn

中華料理「 MASA’S KITCHEN47」 約2年半ぶりの再訪

平成20年(2008年)8月オープン。

当店のオーナーシェフ、鯰江真仁 氏は渋谷の「文琳」(閉店)のご出身。

場所は、恵比寿通り(東京都道305号芝新宿王子線)の恵比寿四丁目の交差点から

恵比寿橋南へ向い途中を左折。ビルの地下1階になります。

連れ(寝太郎さん)との恵比寿休日ランチ。

アテにしていたお店にことごとくフラれ、予約ナシですがあたってみることにしました。

スタイリッシュな店内に足を踏み込むと、まず目を見張るのはライブ感の伝わる

大理石のオープンキッチンカウンター。 

カウンターの中には、鯰江シェフと数名のコックさん、この光景は以前のままだ。

今回の利用はカウンター席横のテーブル席。隣との間隔は狭い。

着席後にスタッフの方が、携帯用の小さなテーブルフックを持ってきてくださった

のですが荷物に重さがあるため不安。これはご辞退し床置きすることにしました。

テーブル・セッティングは、紙ナプキン、箸置き、箸(縦置き)、レンゲ。

おしぼりは白地のタオル(トレー置き)。

テーブルクロスは撥水加工が施されているもの。

休日(土日祝)昼メニューから小さなランチコース@3,500×2

(2名様以上より)を選びました。

内容構成は、

前菜4種盛り合わせ、小龍包、揚げ物、野菜の湯引き、主菜、担々麺、デザート。

コース料理は、すべて各人ごとのポーションで提供。

また、お料理は運ばれてきたときに説明を受けますが、私達が見聞きしたことを控え、

補足し記録させていただきますから正確さには欠けるかもしれません。

前菜4種盛り合わせ

・ホワイトアスパラガスの豆腐とズワイガニ、上湯のジュレ

・豚バラの四川風 ・紅芯大根と貝柱の和え物 ・ピータン

前菜4種の中で一番気に入ったのはピータン。ソースは黄身をピューレしたもの。

コクが深いソースが美味。 連れと意見が一致で前菜の中での一番のお気に入り。

小龍包

超薄皮の小龍包。厨房ではせっせとコックさんが皮を包まれていたので作りたてかな。

皮に歯を入れて、スープをひと飲み。

すると中のふわふわ肉餡が溶けていくような感じ。

大陸的なワイルドさはないデリケートな小龍包です。

また、セットされていた針生姜の入ったタレは、マイルド。

揚げ物

海老と海鮮あんの棒春巻。

「味はついておりますが、お好みで山椒塩と黒酢を。棒春巻は紙ナプキンで

巻いてお召し上がり下さい」 とのご指導。

プリプリ海老がみっしりの棒春巻。ボリュームもあって、おつまみにはいい。

野菜の湯引き

湯引きしたレタスにオイスターソースをかけたもの。特筆なし。

主菜

フォーク、ナイフがセットされ、レンゲと紙ナプキンが追加された。

主菜は、牡蠣を豚バラ肉で巻き酢豚風に仕上げたもの。上には白髪ネギ。

たっぷりの黒酢ソースをたたえ、脇には花巻が添えられています。

豚肉の表面はカリっとした食感。

しかし、なにゆえ中に牡蠣が・・・?

(ノブロー) シェフの創作意欲に火がついたんでねんか?

担々麺

お隣の席の方には汁あり、汁なしが選べるという説明がありましたが私たちにはなし。

問答無用の汁なし。サービスにはムラがあるようだ。

炸醤肉(肉そぼろ)、ネギ、ピーナッツなど。

……ですが、辣油、花椒、芝麻醤をほどんど感じさせない和えそば状態。

この頃には、鯰江シェフはお弟子さん達の監督をやめ、一足先に店をでられていたので

まさかそんなことはないでしょうが、うっかり味付けを忘れたのかしら?

と一瞬思ってしまったほど。

美白の細麺を混ぜ込んでも、醤油の風味が香るものの、和チックな汁なし。

以前、冷やし担々麺をいただいたときの印象とは異なる。今回はがっかりだ。

デザート

愛玉子とライムシャーベット。

連れは酸味が強く感じた様子ですが私は大丈夫。

味わいは普通ですが、量が多いため途中で飽きがきてしまった。

食後は台湾のウーロン茶で。

小さなランチコース、前菜から徐々に下降線。最後はフラットな印象で終わった。

あくまでもこのランチの印象ですが、洗練の度合いもいまひとつに思えます。

ミシュラン星獲得店、「MASA’S KITCHEN47」 

なぜだろう、私との相性はあまり良くないよう。

中国料理満足度数は、★★★Star04(3.25)日常的なら満足で。

 

MASA’S KITCHEN47

東京都渋谷区恵比寿1-21-13 コンフォリア恵比寿 B1F

TEL            03-3444-1555                

営業時間/  11:30~14:00(L.O) 18:00~22:30(L.O)

定休日     月曜日

« 神楽坂 五十番 本店 (カグラザカゴジュウバン) (ミニ肉まん) | トップページ | 御膳房(ゴゼンボウ) 銀座 »

01.中華料理」カテゴリの記事

a-04.渋谷区」カテゴリの記事

b-2.東京・神奈川ランチ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。