2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« トゥーランドット臥龍居(ガリュウキョ) (№2) ジャパンレストランウィーク2013 | トップページ | MUSHROOM(マッシュルーム) (№1) ジャパンレストランウィーク2013 »

2013年2月18日 (月)

オテル・ドゥ・ミクニ (HOTEL DE MIKUNI) ジャパンレストランウィーク2013

Oterudomikuni

「ジャパンレストランウィーク2013」、グルメに恋する2週間、次の訪問は

フレンチ「オテル・ドゥ・ミクニ」 同行者は食べ歩きの女友達。

当店は、フレンチについて不勉強な私でもお名前を聞いたことがある

有名な 三國 清三 氏がオーナーシェフを務められるレストラン。 

旬の素材を使いその力を活かす“キュイジーヌ・ナチュレル”がミクニフレンチであり、

四ッ谷はミクニブランドの総本山なのだ。

場所は四ッ谷駅下車。学習院初等科の裏手にあたる住宅街の中の一軒家レストラン。

レストランウィークでの利用を告げ、案内されたのは店内奥のテーブル席。

卓上には「ジャパンレストランウィーク2013」の内容が記載されたお品書きあり

事前に同サイトで確認していたところ

ランチメニュー@2,100とディナーメニューは@5,250と@7,350の2種類。

夜の利用で、ワインの追加注文を考慮し、選んだのは、@5250のコース。

ジャパン・レストラン・ウィーク2013ディナーコースA@5,250
・アミューズ ・前菜 ・魚料理 ・肉料理(牛フィレ肉) ・デザート ・コーヒー ・小菓子   

ですが、卓上に置かれていたお品書きに添えられたお言葉によると 

その内容は『 シェフ三國の創意により、メニューは毎日刺激的に変わります。 』

ということです。

テーブル・セッティングは、位置皿(2)、ナプキン、フォーク(3)、ナイフ(2)、

スプーン(2)、グラス(2)、パン皿、バターナイフ、テーブルフラワー、

テーブルキャンドル、など。

テーブルクロスは2枚がけです。

着席後には、アペリティフ代わりのノンアルコールカクテルが出されました。

また、アミューズとして、オニオンとベーコンのキッシュをいただけましたが、

写真を撮るのを失念。 最近もの忘れが多くなって困っています。

キッシュにフォークを入れると、外側のパイ生地はさくっとしているのですが、

中はフルフルと柔らかい。 絶妙な食感で楽しませるデリケートな食味のアミューズ。

これらと、パン、バターについてはメニューに記されていません。

・前菜

三種野菜(立川産東京うど・東村山産出島馬鈴薯・淡路島産玉葱)のヴルーテ、
うど風味の泡とうど皮のフリチュール添え。

ほわほわとした泡が優しい滑らかな口あたりのヴルーテ。味の加減も良い。

・魚料理

兵庫淡路沖・ヘダイのグリエ、ワイルドライス入りの武蔵村山産・小松菜のリゾット、
その小松菜の葉と根のフリット添え、小松菜風味ソース。

グリーンの色味鮮やかな小松菜風味ソース。

小松菜のリゾットは小判型に形成され、これを崩しソースに絡めながらいただきました。

もちろんグリエも文句なし。身はしっとりしています。

小松菜の葉と根のフリットもそのままいただけるのだ。

根の部分は苦みがあるのかなと思っていましたが、問題はなし。

・肉料理(牛フィレ肉)

北海道産牛フィレ肉のロティ、葛飾産しんとり菜と八王子産平茸、東村山産白葱と
西東京産ヤーコン添え、トマトと粒マスタード風味。

トマトも粒マスタードも質の良いものであることがわかる、まろやかなソース。

牛フィレ肉の中は完全にレア。

しかし、少しもそれに抵抗を感じさせることがないのは素晴らしい。

・デザート

静岡下田産清峰のスープ仕立て、プラリネのアイスクリーム、ショコラと
フランボワーズのケーク添え。

爽やかなオレンジをスープのように仕立てたデザート。はじめていただきました。

バラエティー豊かに取り揃えられたデザートは満足度も高いことでしょう。

・コーヒー ・小菓子 

コーヒーと三種の小菓子(マンゴーのメレンゲ・抹茶のシュー・カシスのマカロン)。

奇をてらったものはなく全体のイメージはクラシカル。

フレンチの優等生という感じで、どれもそつなくコース料理が完成されていました。

安心して食事をすすめることが出来るお店だと思います。

話のタネに一度は来て見たかった当店。

ワインリストには○十万するワインもずらり。

とても私などには通常で来店することはできません。

レストランウィークというチャンスで訪問が叶い、これで十分です。

また、たまたま厨房の扉が見える位置に着席したのですが、開くたびにその様子が

見えました。 何人かのコックさんが一所懸命お仕事をなさっているのですが、

時折、高級店で似つかわしくない言葉も飛びかっていました。

修行の現実はすごく厳しそうです。。

Hand01お会計は、お酒の追加料金(グラスワイン4)を加算し、

1人当たり9,000円(千円未満四捨五入)

ジャパンレストランウィーク満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。

 

オテル・ドゥ・ミクニ (HOTEL DE MIKUNI)

東京都新宿区若葉1-18

TEL     03-3351-3810

営業時間/ 火~土 12:00~14:30(L.O) 18:00~21:30(L.O)
                        日 12:00~14:30(L.O)

定休日    日曜日夜、月曜日

大きな地図で見る

« トゥーランドット臥龍居(ガリュウキョ) (№2) ジャパンレストランウィーク2013 | トップページ | MUSHROOM(マッシュルーム) (№1) ジャパンレストランウィーク2013 »

06.フレンチ・スペイン」カテゴリの記事

a-03.新宿区・中野区・杉並区」カテゴリの記事

b-3.東京・神奈川ディナー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。