2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 老四川 飄香 (ラオシセン ピャオシャン) (№1) 麻布十番 | トップページ | 中国四川料理 梅香 (meisyan) (№1) 牛込神楽坂 »

2013年2月26日 (火)

老四川 飄香 (ラオシセン ピャオシャン) (№2) 麻布十番

Pyaosyann2

中國菜老四川 飄香」 (ラオシセン ピャオシャン)

「老四川」は昔ながらの四川省、その伝統的な四川料理を表しているとか。

代々木上原時代と比べ席数は倍以上。帰り際にシェフに案内していただき

個室を見せてもらいましたが一般が右手の引き戸を開けて入店するのに対し、

個室は化粧室のある左手の引き戸側。

数名からの利用のほかVIPルームとしても使えそうな印象を受けました。

古越龍山/二合 カメ5年@2,205

ブランデーグラスからワイングラスに変わりました。

天から地に降りてきたようで、これはこれで安心できる。

ラムチョップ(2名分)

お料理が運ばれてくる前にはフィンガーボウルがセットされました。

こちらも2名分が一つのお皿。皿も温められている。

先ほど同様 「お取り分けいたしましょうか?」

と聞いてくださったんですけれど、自ら取り分けを志願。

唐辛子は2種類。丸い形のものは四川朝天辣椒です。

「唐辛子は香りづけのものですからよけてください」とのご指導を受け

唐辛子の中から豪快にラムチョップを手づかみした。

寝太郎さんは「クミン効いているんじゃないか?」と問い

私は「八角もだよ」と答える。

お互いあとは蟹ぼじり状態のように無言で食べ尽くす。

ピリ辛で香辛料の効かせ方もよく羊肉もジューシー。

あらま、お口のまわりがくわんくわんだ(笑)

ミニ白菜と百合根の極上スープ蒸し

化学調味料を使わずに仕上げたという極上スープ蒸し。マイルドです。

ここでまたコースの流れを再構築させようするお考えなのか、とも感じました。

豚バラとウナギの酒粕ソース

左から、キンカン、ウナギ、豚バラ肉です。

薬膳風を意識なさっているのかは不明ですが

ウナギの上には朝鮮ニンジン、クコの実、セルフィーユなど。

その間に白く見えるものが自家製の酒粕。

甘めのソースになりますが品が良い。

自家製干し肉と季節野菜の炒め

下に自家製干し肉、マコモダケ、ニンジン、鷹の爪、くるっと巻いてあるのが睡蓮菜。

睡蓮菜はシャキシャキとした食感。干し肉からの旨みと花椒を効かせた炒めものです。

フカヒレの一口ごはん

白飯の上にはアワビ茸、フカヒレ、一番上のオレンジ色は冬虫夏草。

全体にパラパラと散らしたものは中国トリュフとのこと。

ちょっと良いお値段がするお寿司屋さんの握りぐらいの上品サイズ。

このサイズにして、フカヒレのボリュームは嬉しいのですが

普通に美味しいと言う感じです。美味しさ慣れして贅沢言うようになってきました。

正宗担担麺 小椀

今回は追加注文をせずとも、コース料理に組み込まれていました。

具材は変わらず、炸醤肉(肉そぼろ)、青菜、松の実、砕いたピーナッツ。

肉そぼろは甜麺醤をしっかり効かせているようだ。

(ノブロー) 以前よりべっぴんさんになったんでねえか?

各自1つずつですから、自分のことは自分でやりましょう。混ぜ混ぜ。

寝太郎さんは物足りなかったようですが、私は満足。

痺れるような辛さと苦みの中に甘みも感じ、ほのかに酸味もあり香り高い。

四川の味(麻、辣、苦、甜、酸、香 など)が、きちんと伝わります。

ナッツ類の食感も加わり、なるほど!という味です。

タロイモアイスのフリット

味自体は良いのですが、フリットにされる必要があったのかな?

ココナッツ団子

餡は蓮の実。温かいお団子です。これは嬉しい。

中国茶

代々木上原時代は蓋碗(がいわん)を使用なさっていましたが、茶器が変わりました。

お聞きしたところ、シェフが四川省で買い付けていらしたそうです。

このあたりの演出もお上手だ。

(チャタロー) パンダ柄はオラ好みだよ。茶葉は「鳳凰単叢 桂花香」

金木犀の香りを移した茶だで。お湯のお替りももらえるで。

メニューを拝見したところ、中国茶も各種取り揃えられています。

以上でコース料理は終了。

日本人シェフの独創性により進化し、洗練させた香り高い四川料理は圧巻でした。

井桁シェフの思い入れが集結した本店。

「老四川」は“飄香千里” 千里先まで漂い香ることでしょう。

私達とスタッフさん1名はエレベーターで1階まで上がったきたのですが、シェフと

フロアマネージャーさんは階段を上り、表までお見送りに出てきてくださいました。

やはり好きなお店だ。

Hand01お会計は、1人当たり14,000円(千円未満四捨五入)

以前の季節限定のコースと比べ品数は増えていますが、四川料理を打ち出した

お料理以外では若干インパクトが弱かったので、☆が残念。

中国料理満足度数は、★★★★☆ とってもお気に入り。次回はきっと5つ星♪

きっとまたお邪魔することでしょう。

 

老四川 飄香 麻布十番本店 (ラオシセン ピャオシャン)

東京都港区麻布十番1-3-8 Fプラザ B1F

TEL      03-6426-5664

営業時間/  11:30~14:00(L.O) 18:00~21:30(L.O)

定休日    月曜

大きな地図で見る

« 老四川 飄香 (ラオシセン ピャオシャン) (№1) 麻布十番 | トップページ | 中国四川料理 梅香 (meisyan) (№1) 牛込神楽坂 »

01.中華料理」カテゴリの記事

a-01.港区」カテゴリの記事

b-3.東京・神奈川ディナー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。