2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 厲家菜(レイカサイ) (№1) 六本木 | トップページ | 峨眉山(がびさん) 四谷三丁目 »

2012年11月 6日 (火)

厲家菜(レイカサイ) (№2) 六本木

Reikasai2

「厲家菜」とは、中国語で“厲家のお料理”という意味。

清王朝時代、厲家の祖先は美食家として名高い西太后に仕える宮内府大臣であり、

宮廷内のお食事を管理する立場にありました。

当時、宮廷では調理技術に卓越した専属料理人128名を抱え常時150種類にも及ぶ

お料理を一回の食事で用意させていました。

そのお料理はどれも余計な調味料は一切使わず、素材の持ち味を最大限に生かした

深く格調高い味わい 不老不死を願ってやまなかった西太后を満足させる

この世の贅を尽くした健康食だったと伝えられています。

                         「厲家菜」(レイカサイ)のショップカードより

<主菜>

海老と卵白の炒め物

他には、タケノコ。 ふわふわの卵白にプリプリの海老の食感。

ほわりと紹興酒が香ったのは気のせいだろうか。

柔らかな塩味が品の良さを引き立てているように思います。

Reikasai(スタッフさん) 古越龍山になりますが、まだお料理が残って

おりますので、よろしかったらどうぞ。

(ノブロー) 兄ちゃんから黄酒もらったでぇLove

思いがけないお店からの黄酒グラス サービスに頬が緩む。

<主菜>

豚肉と茄子の醤油炒め、魚沼産コシヒカリ

豚肉と茄子の醤油炒め、他には、シイタケ、大豆など。 

白飯と一緒に出されるだけあって、はじめて濃い目の味付けのお料理です。

日常のランチでこうした醤油炒め系をいただく機会がありますが、そうしたものとは

一線を画する味わい。 高級な食材を使用なさっているわけではありませんが

化学調味料を排除し、一つ一つの素材の持ち味を活かしたものです。

料理の演出に派手さはありませんが、物足りなさのない洗練された味付けが

素晴らしい。美食だCrown04

(ノブロー) 白飯、うめえ!うめえな~♪

Reikasai_2オーナーも米は日本のものが美味しいと申しております。

お替りもお持ちできますが、いかがいたしましょう。

<スープ>

冬瓜と肉団子のスープ

口に含むと品の良い上湯の風味が広がります。

(ノブロー) デザートの前には、ティーポットでジャスミン茶出してもらえただ。

(レンタロー) 中には茶葉も入っていたで。

<デザート>

北京風ヨーグルト

材料は、牛乳、砂糖、酢。 

お話によると騎馬民族から伝わったとのこと。

艶やかでしっとり、シンプルですが美味しいのです。 連れ(寝太郎さん)は大喜び。

デザート時には、おしぼりの差し替えもありました。

Reikasai_3 当店は家常菜ですので目新しさはございませんが、

化学調味料を一切使わず素材を厳選してお作りいたします。

ご予算に応じてメニューを組み立てることも可能でございます。

「厲家菜」(レイカサイ)

丁寧に作られた一品ごとに西太后が愛したという歴史を振り返らされるものでした。

ヘルシーで食後感も爽やか。

こういうお店の常連になって健康管理をしたいところですOnegai03t

Hand01お会計は、2人で

上記お料理とお酒(お酒のみサービス料10%加算)で合計19507円

一休サイトから予約したお得なランチコースですから、控えめに・・・

中国料理満足度数は、★★★★☆ とってもお気に入りです。 必再訪(*^・^)ノ  

 

厲家菜 (レイカサイ)

東京都港区六本木6-12-2 六本木ヒルズけやき坂通り 3F

TEL          03-5413-9561

営業時間/ ランチ11:30~15:30(ラストウォークイン14:30)
                  ディナー18:00~23:30(ラストウォークイン20:30)

定休日     ランチのみ水曜休業

大きな地図で見る

« 厲家菜(レイカサイ) (№1) 六本木 | トップページ | 峨眉山(がびさん) 四谷三丁目 »

01.中華料理」カテゴリの記事

a-01.港区」カテゴリの記事

b-2.東京・神奈川ランチ」カテゴリの記事

コメント

この店、日本の飲食企業の経営なので、自分は行く気なかったんですが、美味かったようですね。
株式会社月川蘇豊事務所が、中国の厲家菜の、名前を借りてるだけです。
レシピも、もらっているかも知れないですけど。

オープン当初は、1人7万弱で6人以上(って事は合計40万オーバー)じゃないと、予約を受けない、強気経営だったんですけどね。
これくらいの値段で食べられるなら、行けますね。

クーポンをやる店は、潰れやすいですが、この店がそうでない事を願います。

魔神さん^^
こんにちは!コメントありがとうございます。
通いやすいお値段になってよかったです♪
私も寝太郎さんもまだ同店のようなメニューやクオリティを
提供していいただけるお店を知らないのでとても勉強になりました。
ヘルシーな宮廷家常菜はいままで食してきた中国料理と一線を画するもの。
再訪したいお店の一つです。
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

この記事へのコメントは終了しました。

« 厲家菜(レイカサイ) (№1) 六本木 | トップページ | 峨眉山(がびさん) 四谷三丁目 »