2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 穂のか (№1) 武蔵小山 | トップページ | たけくま 赤坂 »

2012年11月27日 (火)

穂のか (№2) 武蔵小山

Honoka2

東急目黒線、武蔵小山駅下車、 「穂のか」 

次のおすすめ料理からは

おすすめ 白子の塩焼き@750

すだちと塩が添えられています。 

おいちーW04!欲を言えば、もう少し中がとろ~っとしていればさらにgood。

珍味 銘酒天狗舞で漬けたせいこ蟹@650

ご店主のお話によると

「韓国のケジャンのようにしゃぶりついて召し上がってください。」とのこと。

※ケジャンとは韓国料理の一つで、生のワタリガニを塩、漬け込みダレに漬けて
熟成させた料理。                                 -Wikipediaより-

せいこ蟹ですから身は少ないものの、口の中でとろけていくような甘みがある。

手前の鮮やかなオレンジ色は内子の塩辛。最高の酒の肴だCrown04

(ノブロー) 店主はええこと考えただ。ものすげえ ええこと考えただ。

日本酒に漬けるで、日本版酔っ払れえ蟹だべか?

ご店主は、天狗舞の蔵元さんとのお話の中でこの食べ方を教わったそう。

石川県あたりではこうした食べ方もあるとのこと。

それにしたって、作ってしまうのが凄いわよね。

焼き味噌三種@450

左から

  1. あげじゃこ  カルシウム抜群
  2. ゆず胡椒   辛さと香りがマッチ
  3. 焼きウニ    まったり濃いウニと味噌

ここで、またお替りしてしまいました。アイデア豊富な焼き味噌に脱帽。

味噌焼きおにぎり@250×2

2年前、常連さんと思われるお客様とご店主(ご主人)との会話で

味噌おむすびの話がでていたけれども、やっぱりできちゃいましたかW02

(ワタロー) 表面には、甘めの味噌が塗られてるだよ。

で、さっぱりとした白菜の漬物は自家製だな。

味噌焼きおにぎり自体の厚みは薄めで外側は香ばしくかりっと。

中も色つきご飯なので、全体的に味がしっかりしすぎている感じあり。

個人的には、白飯おにぎりの表面だけに味噌を塗って焼いていただく方が好み。

最後はお店からのサービス。

そばプリンとおっしゃられたのか詳しくは失念。見た目はゴマ豆腐のよう。

素朴な味わいで美味しかったです。

さて、日本酒のほうは、着々といただき、その都度スタッフの方に一升瓶の撮影を

許可していただけたのですが、お隣のお客様が写りこんだ写真がほとんどなので

控えます。 こちらはメニューにはのっていないワイン酵母で作られたという

鳳凰美田 純吟 一合(180cc)@850

18時入店。ラストオーダーのお声がけがあったのは21時を少し回ったころでした。

訪問日が金曜日だったからなのか、当店が時間制になったのかは不明ですが

私たちはいい感じに出来上がったので失礼させていただきます。

Hand01お会計は、もろもろのお酒を含めて、2人で合計11380円。 

この内容でのお会計は良心的!

居酒屋満足度数は、★★★★☆ とってもお気に入りです。

1年以内の再訪を目指したい(*^・^)ノ

 

穂のか

東京都品川区小山3-5-20

TEL     03-3792-3232    

営業時間/ 火~土 18:00~25:00 日・祝 18:00~23:00

定休日     月曜日

大きな地図で見る

« 穂のか (№1) 武蔵小山 | トップページ | たけくま 赤坂 »

04.居酒屋・ラーメン」カテゴリの記事

a-06.品川区・大田区」カテゴリの記事

b-3.東京・神奈川ディナー」カテゴリの記事

コメント

ここ素敵ですね。
再訪するなら僕も行きたいです!

Muminさん^^
あっ、本当ですか(≧∇≦)
なら行きましょう!行きましょう!
日本酒も美味しい酒の肴もむーさんのお越しをお待ちしとりますぞっ。
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

この記事へのコメントは終了しました。

« 穂のか (№1) 武蔵小山 | トップページ | たけくま 赤坂 »