2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

蕎麦彩膳 隆仙坊(りゅうせんぼう) 郡山市

Ryuusennbou

蕎麦彩膳 隆仙坊」 (りゅうせんぼう)

場所は、郡山駅から、さくら通りを進行し途中を右折。 

住宅街の中にある一軒家のお蕎麦屋さんです。

郡山市には他にも美味しいお蕎麦屋さんは多いのでしょうが、郡山駅から徒歩で

行ける範囲内で、こちらのお店を選びました。

某グルメサイトで、夜にはコース料理(蕎麦彩膳 4,500円/5,000円/6,000円)が

あることを知り、事前にお店に電話を入れたところ、昼にもコース料理は注文可能。

お値段をお聞きしたところ、4500円、3500円、2900円といろいろある様子。

夜とは内容が違うのかもしれませんので、その違いについて質問したところ、

品数はもちろん、ゆば料理やそばさし、そば田楽が入るか否かが大きな違いである

ようにも聞き取れましたが、具体的にはわからずじまい。 

(同店はHPもない上、そうした違いがクチコミサイトでもわからなかったのです)

結局、席のみで、当日お決めになってもよろしいですよ。という好意的な返答を

いただけましたので席のみの予約で向いました。

(もちろん、その場合は出せないお料理もあると思います)

「こんにちはー」 がらがらと引き戸を引いて入店。赤い敷物が奥へと続いています。

一番奥は、二間続きの座敷席。 

その手前には大きいテーブルの掘りごたつ席。

はじめ6~7名のグループのお客様が掘りごたつ席を利用なさっていたので、

奥の座敷席に着席させていただいていたのですが、お帰りになられたので

「掘りごたつ席に移られますか?」

とお声掛けいただけました。 やっぱり、足を下ろせたほうが楽なので喜んで移動。

さあ、ゆっくり1杯飲もう。 当日、宿を出る前、もう一度お店に電話をかけ

今回はアラカルト注文でお酒もいただきたいと言う旨を伝えてあります。

その際、前回お電話をおかけしたときとは、また違う男性が電話口にでられたのですが、

「あー、かまいませんよ」 とおっしゃってくださり、のんびりとした受け答えに再び好印象。

まずは、瓶ビール@600

お通しは、湯葉と山椒の炊き合わせ。

湯葉の口当たりのよさと山椒のぴりっとした辛さがなんとも言えず美味い。

これ、お酒の肴だけでなく、ご飯にもきっと合うよね!と友人と意見が一致。

さて、酒の肴から注文していこう。

生ゆばさし@650

生ゆば、ジュンサイ、上には山葵。

生ゆばがとろん、ジュンサイがつるん、山葵を効かせてダシ汁とともいただく。

喉越し良し、風味良し。 これは人数分注文しなければならない逸品でしたCrown04

(みに) キミたちにも、さっきとお通しの器に分けてあげるね。激ウマよ。

(ノブロー) やったで♪オラ達もご相伴に与って、とろんちゅるんするだ!

こうなると激烈に日本酒が飲みたくなる。しかもこの良心的な価格に驚きだ。

日本酒はメニューにあるものだけでなく、お店の方にお聞きすれば、いま置いて

あるものを教えてくださいます。

飛露喜@650

(ノブロー) かっこええ、ちろりだべ。 枡ん中にへえってるだ。

(みに) 雰囲気でるよねー!私も、ちろり欲しいよ。

天ぬき@1200

メニューを見ても、天ぷら盛り合わせはない。 

接客にあたられている女性にお聞きすると、天ぬきがそれとのこと。

野菜中心の天ぷらとそば田楽付き。天つゆがついてきます。

注目すべきは、天ぷらではなく、そば田楽!

表面がかりっと焼かれ中はしっとり、ほんのり甘い味噌がぬられています。

これも美味かった!友人と半分に分けていただきましたが、そば田楽を

単品注文しても良かったなあ。

おすすめ品もありますが、こうなるとお店の登録商標というそばさしが気になる。

ダメもとで1人前だしていただけるか聞いてみました。

そばさし(お造り)@600

登録商標、「稜飩そばさし」 運良く1人前なら出せるとのこと。

氷を浮かべた器の中には、三角状にカットされたそばさし。

ぱっと見は、京都の銘菓、生八ツ橋の皮?みたいなルックス。

ワサビ醤油でいただきます。 しっかりとした食感。これはツウ好みの一品かも。

揚げそばがき@800

次は、ゴマ油で揚げたそばがきと海苔。

磯辺焼きのように海苔にくるんでお醤油につけていただきます。

挽きたてのそば粉と水だけで作ったというお話なのですが、もっちりとしてふわっふわっ。

弾力があって、つなぎに山芋でも入っているかのよう。

「どうしてこんなにモチモチ?なんですかっ。」

と、お聞きしたところ、空気をうまく入れてらっしゃるんですって。熟練の技ですね。

そばの風味も豊かで、口の中で柔らかくとろけていきます。美味いーーー!

頼んで大正解です!!W01

〆のおそばは、どれにしましょう。

そばの実の芯部だけを吟味したと言う、“白妙” も気になるところだけれども・・・。

せいろ うすずみ@800×2

薬味はネギとわさび。鰹節香るつゆはやや甘めですが美味い。

もちろん、おそばも歯ざわり良く香りを存分に楽しめました。 仕事が確かだ。

店内にあった雑誌の切り抜きの情報によると、

ご主人、齋藤さんは53歳のときに長年お勤めになった食品会社を辞め

日本そば界の伝説の人物、一茶庵の故片倉康雄氏、英明氏に師事して

そば打ちを学んだとのこと。

そば粉は国産の極上品を毎朝、店の廊下のつきあたりにある石臼で挽かれて

いるということです。

女子旅行、交通には悩まされましたが、終わり良ければ全て良し。

とても美味しいお蕎麦屋さんに出会うことができました。

いただいたお料理一つ一つに感動があった。

またの機会、郡山に来ることがあれば必ず立ち寄りたいお店です。

Hand01お会計は、2人で、

上記お料理と、もろもろのお酒のお替りで合計8500円ぐらい。

初回ということで控えめになりますが

日本蕎麦満足度数は、★★★★☆ とってもお気に入りです。

 

蕎麦彩膳 隆仙坊 (りゅうせんぼう)

福島県郡山市清水台2-6-5

TEL        024-932-0194

営業時間/ 11:00~15:00 18:00~21:00

定休日   水曜日 

大きな地図で見る

2012年10月30日 (火)

四季彩一力(朝食) 磐梯熱海温泉

Sikisaiitiriki2

「四季彩一力」 朝食は、1階に設けられた食事処にて和食。

入り口にて、昨晩のスーパー気配り上手な部屋係りさんのお出迎えを受け

テーブル席までご案内していただきました。

各卓には名札も出されていて、明るい窓の外にはテラス席も確認できます。

(この時期ですから、利用の方はいませんが・・・)

お食事は花篭膳にてお持ちします。とのこと。

御飯はお粥と白飯を選べましたので、白飯でお願いしました。

(ノブロー) 花篭膳の内容はオラが語るで♪

しらすおろし、きゃらぶき、鮭、玉子焼き、たらこ、メカブ、茶碗蒸し、

山菜とコンニャクの煮物、キノコ(ヒラタケなど)の含め煮だな。別皿に漬物。

味噌汁はしじみだで。 おかずがいっぺえだ。

その他、お好みでサラダ、温泉玉子、納豆などをセルフでとってくることができます。

またドリンク(牛乳、生ジュース、コーヒー、紅茶など)類も充実。

私は、サラダとアップルジュースを持ってきました。

(ノブロー) オラ、たらこでまんまごっちゃんになりてえ。

(みに) はいはい。鮭もモノがいいわね。味が全然ちがうわよ。

日本人の朝食の理想形だわね。 きっちりツボを押さえてくださる。

昨晩、あれだけ食べたのに、目移りするほどのおかずの豊富さで、甘みのある

美味しい御飯をお替りしてしまいました。満腹だあ。

食後のコーヒーを飲みながら、

交通について、私達は車ではなく電車であることを係りの方に話すと、

さっと動いて時刻表を持ってきてくださいました。

さすが!スーパー気配り上手な部屋係りさん。回転が速い!

「彼女、弟さんのお嫁さんにどうよっ!」と友人に勧めてしまいました。

さて、このあとは時間までゆっくり温泉に入り、宿のバスで駅まで送迎。

郡山でお目当てのお店に立ち寄ります。

 

四季彩一力

福島県郡山市熱海町熱海4-161

TEL        024-984-2115

http://www.ichiriki.com/

2012年10月29日 (月)

四季彩一力(夕食) 磐梯熱海温泉

Sikisaiitiriki

「四季彩一力」 夕食は個室食事処と部屋食を選ぶことができましたので、部屋食で

お願いしました。そのほうが、リラックス度も大きいし、お酒も自己調達できる

のではないかと思ったため。 

宿に到着後、地酒の購入を兼ねて宿の周辺を散策したのですが、辺りには酒屋さんは

おろか土産物屋さんもない。ズンズン歩いてようやく一軒コンビニを見つけましたが

置かれている商品も品薄状態。このあたりにお住まいの方々はどうしているのかな?

やっぱり車でまとめて買い出しなのかね? 結局、目的を果たせず宿に戻り

売店で買い求めることにしたのです。地酒の数は3種類ぐらいでした。

(ノブロー) 部屋食だで。オラたちだって鬼じゃねえ。

持込の酒だけでなんとかしようってのは、気がひけるだ。生ビールを別注文しただ。

※ 600円×2、奉仕料(10%)120円、消費税(5%)66円で合計1386円

(みに) 見て!ノブローさん。

配膳をするにあたり、お部屋の和テーブルに、係りの方が真っ白なテーブルクロスを

広げてくださったわ。こんなサービスをしてくださる旅館の部屋食なんてはじめてよ。

なんか、特別感がでて、雅な気持ちになるわねーー♪

御献立表が置かれます。        四季彩一力 調理長 齋藤清男 

手前左が、《JTBのお客様限定》 生湯葉と蟹の小鉢

地元長沼産生湯葉を使った逸品。 

また食前酒も用意されています。

係りの方に、生ビールの後は売店で購入した福島の地酒「大七」を飲みたいと

お見せしたところ、こちらからお願いするまでもなく氷を入れたワインクーラーと

ガラスの冷酒グラスも準備して運んできてくださいました。

素晴らしい接客サービス。 こういうところに老舗の格が表れてくるのかもしれません。

やっぱり冷酒グラスでいただけたら気持ちだけでなく味わいだって違ってきます。

笑顔の素敵なお部屋係りさんのファンになってしまいました。

一 先付 

柿の釜盛り 柿の白和え。

柿の甘みが白和えによく合う優しい味わい。贅沢に柿をくりぬいて器にしています。

一 前菜

手前から、海老雲丹焼き、

左から、昆布篭銀杏、栗イガ盛り、胡桃松風、

左から、子持ち鮎の有馬煮、衣かつぎとびっこ射込み、

一番後ろ、無花果甘露煮

目にも美しい前菜。 こんな可愛らしい篭や栗のイガまで丁寧に作っちゃうなんて、

いただくのが惜しいぐらい。

一つ一つ味のバリエーションを変えてくださっているので、食べる楽しみも盛り沢山です。

一 椀物

松茸、海老、鱧、三つ葉。 すだち。

ここでまたも松茸の土瓶蒸しに出会えるとは思ってもいませんでした。

友人と2人で大興奮

迷うことなく、今年いただいた松茸の中で最高の味わい。

(レンタロー) オラもキング松茸と記念撮影しただ。

Pandaさん、オラもカレンダーに使ってもらえねだろか。。

(みに) レンちゃん、Pandaさんに売り込み?積極的だねーー。

一 造里

マグロ、カンパチ、鯛、甘海老。 

お刺身だって、くたびれてはいない。キチンとしています。

一 焼物

吉次の若狭焼き。

吉次(きちじ)って何ですか?と係りさんにお聞きすると、きんき のことだそうです。

若狭焼きとは、ウロコをつけたまま焼くこと。

上品な味付けで、身はしっとりとして甘みがある。

一 強肴

帆立と椎茸のグラタン ブルギニヨンバター焼き。

ニンニクの風味を効かせたバター焼き。帆立も焼きすぎていませんから食感も程よい。

一 鍋物

和牛しゃぶしゃぶになります。 たしか地元の牛肉との説明を受けたのですが

メモをとっていないため失念。 

艶やかでサシの具合が良く、柔らかくてとろけるように甘い。

一 食事

郡山産 あさか舞コシヒカリ 香物盛り合わせ。

地元のお米です。甘みがあって美味しいお米ですよ、と説明を受けましたが

たしかに、噛み締めるとほわっと甘みを感じる。 

友人とも顔を見合わせた。お米 美味しいね!

一 留椀

赤だし。

一 水菓子

磐梯熱海産ありの実、巨峰、アイスクリーム

ありの実とは、梨のことです。

ここまで、最初にセッティングされるお料理以外は、すべて私達の食事のペースを

見計いながら出していただけました。

また、宿のほうから「お食事は、×時までに下げさせていただきます」

ということもなかったです。 

どんどん出されて、どんどん下げられると、せかされているようで、せっかくの旅の

食事も楽しめなくなりますからね。 

こうした点でも今回の夕食はたいへん満足度の高いものでした。

と、ともにお食事も、想像していたものをはるかに超えたレベルの高さに脱帽。

東京あたりの下手な会席料理をいただくなら、こちらの調理長さんの作られた

お料理のほうが格段に食べたいなあ。

係りの方のサービスにお礼申し上げ、「四季彩一力」の調理長、齋藤清男 様にも

美味しかったので宜しくお伝えくださるようお願いしたしました。

今回、記録をつけるにあたり「四季彩一力」のHPを確認したところ

料理長「斉藤 清男(さいとう せいお)」が全国技能士会連合会『全技連マイスター』に

認定されました。 とのこと。

おめでとうございます。

2012年10月28日 (日)

競馬の話 天皇賞G1

10月28日(日)は、東京競馬場で天皇賞G1が開催されるのです。

予想は・・・

◎  13   ダークシャドウ
○  15  トーセンジョーダン
▲   5  サダムパテック
△   4    フェノーメノ、6 ルーラーシップ、16 カレンブラックヒル、

3連複BOXで勝負!

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

結果は・・・

1着     12  エイシンフラッシュ(単5人気)
2着 △   4   フェノーメノ(単1人気)
3着 △   6 ルーラーシップ(単2人気)

配当は3連複3990円、3連単39520円でした。撃沈(。>0<。)

2012年10月27日 (土)

四季彩一力 磐梯熱海温泉

Itiriki

東北応援 女子旅行でやってきたのは

福島県磐梯熱海温泉、大正時代から続く老舗温泉旅館「四季彩一力

温泉と料理自慢のお宿です。

(ノブロー) あー、ようやっと「四季彩一力」さんに到着したで。

(スズロー) だな、新幹線の運休なんて。えれえ目にあっただ。

ラウンジでお抹茶と栗羊羹もらえたで、ゆっくりすべ。

(ノブロー) うんにゃ、この間にみなに「四季彩一力」さん紹介するだ。

磐梯熱海温泉は、およそ800年前に発見されたと伝えられる温泉。

京に住む萩姫という美しい姫が湯治をした伝説や、肌がすべすべになることから

美人の湯として知られています。           JTB旅のパンフレットより

(スズロー) この磐梯熱海駅に来るまでが、しんどかっただ。

郡山駅でJR磐越西線に乗り換えるんだけんど、1時間に1本だで。

だで、タイミング合わねえと険しく待つことになるだ。

なんせダイヤが乱れてたで、ひやひやもんだよ。

(ノブロー) 郡山から乗ってしまえば、時間は15分くれえなんだけどな。

(スズロー) 東京から磐梯熱海までは2時間弱。本来、アクセスはええはずだ。

1500坪の見事な日本庭園「水月園」は、各お部屋から眺めることができます。

私達の到着した時間帯には、ちょうど庭師の方がお手入れなさっていました。

池には鯉もいるのだ。

(ヨンクマ) 兵庫のお父さん!ボク達も連れてきてもらっているよっ。

(しずか) ちょっとした証拠写真ね(汗)

私達のお部屋は、「萩の倉」和室ニ間プラン。1階のお部屋でして、テラスから

庭園に出ることが可能。 窓を開けるとまだ青い紅葉がすぐ近くに見えましたから、

シーズンには、きっと素晴らしい景色を目の当たりにできたことでしょう。

男性大浴場「雪ぼうし」、女性大浴場「山ぼうし」。 

こちらは「山ぼうし」。 誰もいらっしゃらなかったので記念に撮影させていただきました。

奥には、庭園露天風呂。綺麗に掃除がなされおり、落ち葉が湯船に浮いている

などということはありませんでした。

お湯は無色・無臭・透明な単純温泉。 内湯は泉質の異なるものが2つ。

24時間入浴可能。 ジャグジー、サウナは時間帯によって稼動。

また、脱衣所には無料のマッサージチェアあり。個人的に大好評♪

お湯は、たしかにしっとりスベスベ効果がみられたね。

(ヨンクマ) 夕方、ラウンジでセルフだけどワインがサービスで飲めたんだよ。

(みに) 湯上りの1杯?

16時~18時の間、無料でワインが好きなだけ楽しめるのよね。

さあて、次はお料理自慢のお宿の部屋食だよ。

2012年10月26日 (金)

牛肉松茸釜めし(駅弁)

Matutakekamamesi

女子旅行、1泊ですが温泉に行ってきました。

まずは、東京駅構内、「駅弁屋 祭」 で駅弁を調達。

実は、列車にトラブルがありまして、予定していた新幹線が運休。

代わりの列車に飛び乗りましたので、ゆっくりお弁当を広げることができなくなりました。

そんな理由で写真は1枚のみ。

選んだのは、八ヶ岳名物 牛肉松茸釜めし@980

「甲州ワインビーフの旨味と松茸の豊かな香りを存分に味わえる贅沢な釜めしです」

と記された釜めしは、松茸御飯(国内産の御飯、平茸、細竹、松茸ほか)に

甘めに煮つけられた牛肉、牛蒡、うずら卵、松茸。 彩りにグリンピース。

大慌てで飛び乗りましたので、松茸の上の金箔もすっ飛んでしまったような。。(涙)

御飯には色がついていますので、冷めても美味しい系。

あーあ、本当だったらここに缶ビールがあるはずなのに。

牛肉松茸釜めしは中央本線小淵沢駅の駅弁。丸政さんの秋季限定商品だそうです。

2012年10月25日 (木)

チャイニーズレストラン わさ (№2) 都立大学

Wasa2

「チャイニーズレストラン わさ」(Chinese restaurant WASA) 

同店のHPによると

ご主人 山下昌孝 氏は、岐阜の四川料理の名店「開花亭」での修行を経て

2009年、目黒区八雲に同店をオープンされたという。

(ノブロー) 酒の紹介がまだだったで。ちくと語るだ。

生ビール(ハートランド)@600×4で乾杯したあとは、シャンパーニュ

(ピノ・ノワール シャルドネ)@8000に突入しただ。

ここんちは、酒の種類が豊富だで。

紹興酒(リーズナブルなところでは、デキャンタで500ml 3000円)はもちろん、

ワインや日本酒もあるだ。

とくに日本酒がおもしれえで♪ 

醸献@1000とのマリアージュは、試してみる価値ありだな。

(パスタ) ノンノン。シャンパーニュ飲むかっ。

(ノンノン) 女子は、しゅわしゅわ~好きだわよ。

(レンタロー) パスタ、心入れ替えてちゃんと、ノンノンの面倒みてるだな。

(ノブロー) ええこっちゃっ!

北海道産ホタテと野菜の塩炒め@2200

えっ?!これが・・・。 私が想像していた塩炒めとは違い。

ホタテは軽く衣をつけて油通しし、半分にカットした半生状態。

ここにネギ油とショウガなどで味付けをしたブロッコリーが並んでいます。

どうやらお手元で混ぜて食してもらおうという趣旨のようだ。

これは好みが分かれるところかもしれませんが、私と連れは、あまりタイプではない。

野菜とホタテの塩炒めとしての一体感が望みたい人なので、肩透かし。物足りない。

黒酢豚@2500

豚のスペシャリスト金子さんの美味しい豚肉。

調理法は

  1. 黒酢豚
  2. 広東風酢豚
  3. 酸味・辛味炒め
  4. 山椒豆豉(トウチ)炒め
  5. 味噌炒め         から選べます(各2500円)

まずは、黒酢豚から。 皿には、マスタードと塩が添えられています。

こちらも、お手元で混ぜてね系。

「最初は塩とマスタードでどうぞ」 と ご指導あり。

そうなると肉質が良いのでついつい、お肉は塩でいただいてしまう。

黒酢豚全体としての味の調和を確認したいため、またも欲求不満。

山椒豆豉(トウチ)炒め@2500

素材には強いこだわりがあり、また化学調味料を使われていませんから

美味しいとは思います。 

汁なし担々麺@1400

飛騨牛のそぼろと香菜・青葱がのせてあります。

しかも、そぼろは、お店で肉をたたいてらっしゃるようだ。

麺は柔らかめ、花椒は効いておりますが旨みの方が勝り、味わい濃厚。

私には辛み自体はマイルドに感じました。 

この汁なし担々麺には、香菜が合う・合う。

出来の良い汁なし担々麺。むーさんの絶大な支持票を獲得。万歳!Rose03

担々麺@1200

そして、再び一同の賞賛を受けたのは担々麺。 上には、肉そぼろ、もやし。

麺は同じく柔らかめなのですが、スープが美味い。

辛さで力押ししてくるものではなく、味にまろやかな深みがあるのだCrown04

あまりの美味しさに、お店の方にお聞きしたところ芝麻醤と辣油も自家製とのこと。

(ノブロー) 魔神さんが褒めるで、こいつすげえ。

(パスタ) ワォン!(ノブロー、おいらにもくれよっ)

杏仁豆腐@500

こちらも自家製かな。普通に美味しかった。

この他、麻婆豆腐を注文したのですが、豆腐が切れてしまったため

お出しすることができなくなりました。とのこと。

お話によると千葉の「月のとうふ」をご使用。一つ一つに妥協がないのだ。

Hand01お会計は、4人で上記お料理とお酒をいろいろで合計44152円

オリジナリティ溢れる炒め物については個人的に波長があわなかったのですが

全体を通じ、真摯な姿勢でお料理に取り組まれていることはよくわかりました。

訪問しておいて良かった(o^-^o)v

中国料理満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。

 

チャイニーズレストラン わさ(Chinese restaurant WASA)

東京都目黒区八雲3-6-22

TEL      080-3027-4937

営業時間/ 土・日・祝 12:00~14:00 平日・土・日・祝 18:30~22:30

定休日   水曜、第1・第3木曜

大きな地図で見る

2012年10月24日 (水)

チャイニーズレストラン わさ (№1) 都立大学

Wasa1

チャイニーズレストラン わさ」(Chinese restaurant WASA) 

場所は、東急東横線都立大学駅北口より徒歩13分ということですが、

私と連れ(寝太郎さん)は田園調布駅より、渋11系統(渋谷~田園調布)のバスを利用。

「八雲高校」で下車すると、お店はすぐ目の前です。

予約の電話を入れてくれた寝太郎さんの話によると、受付は一月前から。

きっちり来店日の一月前に電話をしましたよ。

同店は人気店のうえ、客席は少ない。テーブル席は2卓のみという事なので、

何がなんでも4人掛けのテーブル席を押さえたかったのです。

しかし、なかなか電話がつながらなかったそうで、(携帯電話から電話していました)

最後はお店の方が折り返しの電話をくれたとのこと。 

(ノブロー) ノンノン! パスタも反省してるで、話聞いてほしいだ。

(パスタ) ワンオン!(ノンノン、この前はごめんsweat01

(ノンノン) アタシ、乱暴者嫌いよ。 もう、むやみに吠えないでね。

今回は、魔神さんたちとのお食事会の記録です。

シンプルで小ぢんまりとした店内は、厨房前にL字型カウンター席。

利用は奥の方の4人掛けテーブル席になります。 卓上には取り皿、箸置き、箸。

おしぼり(温)は、お皿にのせて運ばれてきました。

わさ風ピータン豆腐@800

細かく刻んだ玉ネギとピータン。脇には皮をむいたキュウリ。

ピリ辛ソースがかかっていて、スプーンでいただきます。

あまりピータンのクセを感じさせない味。

豆腐の質も良く、このままご飯にのせて食べれそう。

山梨の白桃と生くらげのフレンチマスタード和え@1500

白桃の甘さとフレンチマスタードの辛味のコラボレーション。

生くらげの食感は、とろんとしてコリっなのですが、フレンチマスタードの味付けが

勝ちすぎている感がありました。

帆立とウニの揚げ餃子(4ヶ)@800

「中からバターが出てくるので注意して下さい。」 と ご指導あり。

また、メニューには「お口の中で料理が完成します、一口で召し上がりください。」と

記されていたので、中が見てみたいという欲求を抑えて口に放り込みましたが・・・

無念!私の舌では未完成。

ウニの風味は若干わかりましたが帆立の存在感がわからず。微妙。

よだれ鶏@1400

プチトマト、皮をむいたナス、香菜、白ゴマなど。

砂糖、酢、花椒、辣油ほか、甘味・酸味・辛味のバランスがとれたよだれ鶏。

個人的には好きな味加減。 スイスイ飲めちゃう感じ!

適度な甘味が香菜にも合います。 美味いW04

皮蛋生姜風味@800

皮蛋の上にはレタスと焦がしネギ。

皮蛋自体は美味しかったので、レタスはいらなかったかも。

焼売(4ヶ)@600

味がついているので、そのままでいただけます。

しっとりとして手作り感あり。お肉の旨みが活きてます。

(ノブロー) ちんまい焼売は、1個150円 つーことだな。

(レンタロー) 焼売、シンプルでええな♪ 一口でごっちゃんになれるで。

                                       -№2に続く- 

2012年10月23日 (火)

レストラン ヒロミチ (№2) 恵比寿

Hiromiti2

「レストラン ヒロミチ」

オーナーシェフ 小玉弘道 氏は、赤坂「シュマン」にて6年間シェフを務め、
ミシュランガイド2008、2009にて一ツ星を獲得。
2009年4月「レストラン ヒロミチ」をオープン。
ミシュランガイド2011にて一ツ星を獲得した実力派フレンチレストラン。

                                一休レストラン情報より。

メイン 肉をチョイス

さて、次のお料理はメイン(魚か肉のチョイス)

連れは、岩手県産やまと豚のロースト。これも頑張って写真も写してくれました。

しかし、あまりに急いでメモしたのでしょう。

フランス産ジロール茸、フォンドボーと鴨の出汁は読めたのですが、

これが意味するところはソースなのか解読不可能。 

メイン 魚をチョイス

私は、真鯛のポワレ バター風味のソース。

バター風味のソースにはヨーグルト、ハチミツ、レモン、白ワインで味の奥行きを

深めています。こんがりと焼かれた真鯛の身はしっとり。激ウマ! 

付け合せのナスには、エスニックなスパイスが使われています。

味が単調にならず、最後まで楽しめました。

デザート チョイス

となっていますが、スポンジのケーキとフルーツのグラタンで固定。

上にはキウイのソルベ。 フルーツは、りんご、ブドウ、グレープフルーツ、プラムなど。

ラストの前に食後のプティフール。

てっきり、食後のドリンクになると思っていたので、これには驚き。

きなこ味のチェロス、塩生キャラメル、ナタデココのパッションフルーツ。

どれも美味い。

食後のお飲物

ドリンクは、コーヒー、紅茶、ハーブティー、エスプレッソから選べました。

2人ともエスプレッソで。 

すると、エスプレッソ用にバニラ風味の砂糖も用意されていました。

きめ細かい配慮がなされています。

食事の際のワインは、お料理に合わせてグラスワインをご用意いただける

ワイン デギュスタシオンを利用。

3種類~4種類で¥2,500~4,500(用意するワインによりお値段が変動)

ソムリエの方が選んでくださったのは、

前菜:シャブリ(白)×2

前菜:コート・ド・ニュイ(赤)、キュヴェ(白)

メイン:バンドール(赤)、ゴビー(白)

リエットやメインの肉料理には赤ワイン、リゾットとメインの魚料理には白ワインでした。

丁寧に作られたお料理の一皿ごとに、シェフの繊細な心配りを感じられました。

そして味も確かだ。 数あるレストランウィーク参加店の中から同店を選んでよかった。

世間の評判がいいのも納得です。

Hand01お会計は、フランスレストランウィークディナー5,000円(税・サービス込)×2に

ワイン デギュスタシオン3,500円×2 とサービス料10%(700円)で合計17700円

帰り際、小玉シェフのお見送りを受けました。

笑顔の優しい方で癒されるなあ。好印象です。

ダイナースクラブ フランス レストランウィーク満足度数は、

★★★★☆ とってもお気に入りです。必再訪(*^・^)ノ

 

レストラン ヒロミチ

東京都目黒区三田1-12-24 MT3ビル1F

TEL        03-5768-0722

営業時間/ 11:30~13:30(L.O.) 18:00~21:30(L.O.)

定休日   月曜

大きな地図で見る

2012年10月22日 (月)

レストラン ヒロミチ (№1) 恵比寿

Hiromiti1

「ダイナースクラブ フランス レストランウィーク2012」

2012年9月24日(月)~10月7日(日) “フランス料理で日本を元気に!”

イベント概要は

通常各レストランで提供しているお料理の価格にかかわらず、
会期中はすべての参加レストランにおいて、ランチ2,012円、ディナー5,000円で
フランスレストランウィークの限定コースメニューが楽しめるというもの
(いずれも税・サービス料込み)

ランチ、ディナーとも、「前菜・メイン・デザート・食後の飲み物」の構成は全国共通。
その内容は各レストランのシェフにおまかせ。 になります。

また、完全予約制で、9月10日(月)10:00から予約スタート。
「一休.comレストラン」もしくは直接お店に電話で申し込みます。
(参加レストランの中には一休.comでの予約が可能なお店もあり。同店は不可)

なお、ダイナース会員の方は、
・9月3日(月)10:00からの先行予約が可能(お一人様よりご予約可能)
・来店時にダイナースクラブカードをご提示いただいたお客様には、
ウェルカムドリンクのサービス。と言う特別サービスがあるのです。

期間中にディナー5,000円(税・サービス込) 訪問したのは、
恵比寿のフレンチ「レストラン ヒロミチ
席数 20席 フランス レストランウィーク提供席数 50% 
営業時間 18:00-21:30(L.O)
同行者は寝太郎さん。

メニュー構成は

■前菜 チョイス
■前菜 チョイス
■メイン 魚か肉のチョイス
■デザート チョイス
■食後のお飲物
ダイナースクラブカード提示によるウェルカムドリンクのサービスあり。

お店へは、恵比寿ガーデンプレイスに向かう動く通路「恵比寿スカイウォーク」を

利用されるのが一番わかりやすいかと思います。

入店し、レストランウィークでの予約の旨を伝えると、案内されたのは店内中央

あたりのテーブル席。 席数20席ですから、この位置からは店内すべての席が

視界に入りました。

テーブル・セッティングは、アンダープレート、ナプキン、フォーク(2)、ナイフ(2)、

グラス(1)、パン皿、 バタースプレッダー。 

テーブルの中央には、角皿に小さいフォークとアルコールランプ。

テーブルクロスは2枚重ねで、タオル地のおしぼりはトレー置き。

お品書きは出されず、最初にフロアスタッフのお姉さんより、レストランウィークで

提供していただくメニューについて説明を受けます。

また、運んでいただいたときにも再度料理のご説明を受けますが、急いでメモして

いますから料理名など、正確さに欠けるかもしれません。

ダイナースクラブカードを提示してゲットしたウェルカムドリンクは、パッションフルーツの

シャーベットを使った美しいシャンパンカクテルでした。

オリーブと梅のマリネ

いきなり、提供メニューからは入りません。

まずは、オリーブと梅のマリネが中央の皿に置かれます。甘酸っぱい。

次も提供メニュー前のアミューズ

ブルーチーズとクルミを練りこんだグジェール。

先ほどのオリーブと梅が甘いので、ブルーチーズの塩気が際立ち、美味しい。

バターの上には、竹炭塩。パンは、なくなるとお替りをいただけました。 

前菜 チョイス

となっていますが、最初の前菜はシェフのスペシャリテで固定されています。

むしろそれは有難い。 人参のムースとコンソメのジュレ ウニ添え。

フランス料理に親しむという趣旨で開催されているイベント。

てっきり量はお試しサイズかと思いきや、きちんと分量がある。

滑らかでコクがあって、ジュレを生ウニ、人参のムースに絡めていただくと最高!

言葉足らずの私には美味しいとしか記述できない。

もったいないから大事に食べたい!頭ではそう考えているのですが、スプーンを

持つ手が動きを止めれない。 なんと、あまりの旨さに連れより先に完食。

前菜 チョイス

連れは、3種類のサラダと豚肉のリエット。頑張って写真も写してくれました。

インゲンはマヨネーズ、紫キャベツはクルミ、人参はオレンジで風味を違えています。

豚肉のリエットもお店によっては臭みが鼻についたり、ニンニク使いがきつすぎたり

するのですが、とてもナチュラルで口当たりも滑らかなリエット。好感度大。

連れは、少し上品すぎなのでは?とも申していましたが・・・

「罰当たりな・・・。寝太郎さん、憎まれ口をきくならリエット没収するわよっ!」( ̄▽ ̄)

前菜 チョイス

私は、ズワイガニ、トウモロコシ、イタリア米のリゾット。

上には焼いたチーズ。手元で砕いてリゾットに散らすとコクと香りがアップ。

米の硬さもパーフェクト。 トウモロコシの食感もアクセント。

激ウマ! 申し分ありませんCrown04

「うふふ。これは、私のチョイスの方が正解ね。」 

と心の中でつぶやき、薄笑いがこぼれていたのでした。

                                      -№2に続く- 

2012年10月21日 (日)

競馬の話 菊花賞G1

10月21日(日)は、京都競馬場で菊花賞G1が開催されるのです。

予想は・・・

◎  1   ゴールドシップ
○   6  ロードアクレイム
▲   8  ニューダイナスティ
△  13   ダノンジェラート、15 ユウキソルジャー、16  スカイディグニティ

3連単の軸1頭で流します!

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

結果は・・・

1着 ◎  1   ゴールドシップ(単1人気)
2着 △  16  スカイディグニティ(単5人気)
3着 △  15 ユウキソルジャー(単7人気)

配当は3連複4830円、3連単12450円でした。 3連単いただけましたっ(≧∇≦)

2012年10月20日 (土)

羽田空港国際線旅客ターミナル

Haneda

羽田空港国際線旅客ターミナル 5階展望デッキに来て見ました。

夜のデッキは、ロマンチック。

テーブルや椅子も置かれていましたので季節によってはここで夕涼みなんてことも

できるかも。 警察官らしき方がときどき見回り?に訪れるので安心感もあります。

滑走路の景色。

羽田空港国際線旅客ターミナルに就航している航空会社は

日本航空、全日空、アメリカン航空、ブリティッシュエアウェイズ、デルタ航空、

上海航空、ハワイアン航空、大韓航空

エバー航空、中国国際航空、キャセイ パシフィック航空、エアアジアX、

ガルーダ・インドネシア航空、中国東方航空、アジアナ航空、シンガポール航空、

タイ国際航空など。 

羽田空港国際線旅客ターミナルは都内からのアクセスが良いので、気軽に海外に

出発できるのは魅力です。

4階、江戸小路(えどこうじ)。 

土曜の夜ですが、空いていました。

その中、1軒だけ行列ができているレストランがありました。

それは、麺匠の心つくし「つるとんたん」。

のちに同店を利用したことのある友人の話を聞くと、大盛りが無料とのこと。

なあるほど・・・。

2012年10月19日 (金)

同發 別館売店(塩玉子入り黒あんパイ) 横浜中華街

横浜中華街、中華街本通りの広東料理、中華菜館「同發 別館」に隣接する

別館菓子売店」。 会計を済ませたあと立ち寄りました。

中秋月餅として紹介されていた4種類に目が留まる。

ミックスナッツと塩卵入り月餅@704

蓮の実あんと塩卵入り月餅@704

ココナッツと塩卵入り月餅@704

黒あんと塩卵入り月餅@704

どれも、私の好きな塩タマゴが入っているのですYahho01

光春」さんで教わったようなアヒルの卵ではないかもしれないけど食べてみたいなあ。

どれも 704円といいお値段になります。

塩玉子入り黒あんパイ@320

すると、こちらにも塩玉子がっ!

月餅が“塩卵”で、パイが“塩玉子”・・・この違いは何だろう?

でも、こっちのほうがリーズナブルだからお試しには良いかな、と購入。

【主原料】
小麦粉、家鴨塩卵、豆(小豆、赤竹小豆、金時豆)、砂糖、ラード、大豆油、落花生油、
水飴、鶏卵、かんすい

割ってみたところ、でっかい塩玉子が中央に鎮座。

一見、栗まんじゅう風ですがもっと、もってりと重たい。

甘さはそこそこなのですが、1個食べるとお腹いっぱい。

1食分に匹敵するほどの満腹感を味わえました。

横浜中華街、塩玉子入り黒あんパイ満足度数は、★★★ 日常的なら満足です。

 

中華菜館 同發 別館売店

神奈川県横浜市中区山下町148

TEL      045-681-6331

営業時間/ 11:00~21:30(土・祝日の前日 ~22:30)

定休日   無休 

2012年10月18日 (木)

景徳鎮 (ケイトクチン)本店 横浜中華街

Keitokutinn

横浜中華街、市場通りの四川料理「景徳鎮 本店」 大好きなお店ですが久々の訪問

現在は、香港路に新館ができていますから混雑も緩和されていることを願おう。

1階席は満席。2階席は、はじめての利用です。1階席よりプチお洒落♪

テーブル・セッティングは、お店のロゴ入り箸袋に入った割り箸(横置き)、取り皿。

こちらも「同發 別館」2階席と同様に箸置きはなく、テーブルに直置きなのだ。

卓上には、紙ナプキン、醤油、酢、からし、爪楊枝。

着席後、タオルおしぼり(温)をトレー置きでいただけました。

ブログで記録をつける前ですが、同店の蒸篭に入った飲茶が好きで

よくいただいていました。

注文しやすい価格設定ですし、酒のつまみに良いのだ。

〆の食事と言いつつ、懐かしくて飲茶を2品。

そして・・・紹興酒 2合@1160×2 も頼んでしまいました。

海老入りユバ巻きカキソース蒸し (蠔油鮮竹甫)@580

厚めのユバに、中にはみっしり肉餡が詰まっています。味付けもマイルド。

スペアリブの黒豆蒸し (豆豉排骨)@580

萬珍樓點心舗」の豚スペアリブの黒豆ソース蒸しも美味しいのですが、

個人的にはこちらの味付けの方が好み。この点では、連れ(寝太郎さん)と意見が一致。

濃厚な肉の旨みを味わえ充実感あり。

蒸篭の飲茶ばかりをいただくと、味が単調になる傾向はありますが、

同店の魅力は素材をケチっていないところ。 

担々麺@840

担々麺には四川風と胡麻ダレの効いたものがあるとのこと。注文は四川。

肉そぼろ、刻みネギ、唐辛子。

見た目は、険しい色合いで無謀な挑戦のように思えます。

麺はストレート。いわゆるバリカタ。

しっかり吸い込むと気管のあたりに強い辛さを感じる。しかし、これがなかなかウマイ。

連れはもっと気に入った様子で、表面にべっとりと辛さだけが浮いているわけではなく、

焦がしニンニクとネギの風味も出汁の旨みと一体になっていると大喜び。

汁なし担々麺に汁を足した感じのスパイス使いです。

接客は相変わらず素っ気ないけれども、やはり味付けは自分好み。

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒で、合計4320円。明朗会計。

横浜中華街満足度数は、★★★★☆ とってもお気に入りです(o^-^o)

 

景徳鎮 (ケイトクチン) 本店

神奈川県横浜市中区山下町190

TEL      045-641-4688

営業時間/ 11:30~21:30(L.O.21:00)

定休日   無休

大きな地図で見る

2012年10月17日 (水)

同發 別館 横浜中華街

Douhatubekkann

横浜中華街、中華街本通りの広東料理、中華菜館「同發 別館

本館でお食事がしたかったのですが、生憎満席。

お店の方のご提案で本館より席数が多いという別館に向かいました。

(ぐるなびによると別館は総席数450席とのこと)

実は私事なのですが悲しいことがありました。

オラーズのモモちゃんが先日、行方不明になってしまいました。おそらく中華街で・・・。

育ての親の寝太郎さんと必死に探して、交番にも聞いてみたのですが、モモちゃんは

戻ってはきてくれませんでした。大阪コリアンタウン「大倉」で好物のお肉を頬張って

いた姿が思い出されます・・・(涙) 

がっくり肩を落とし、丸テーブルの並ぶ「同發 別館」の2階席へ。

意外と大衆的な雰囲気だ。

テーブル・セッティングは、お店のロゴ入り箸袋に入った割り箸(横置き)、取り皿、小皿。

卓上には、紙ナプキン、醤油、酢、爪楊枝。

着席後、メニューとタオルおしぼり(冷)をトレー置きでいただけました。 

まずは、ビール(中ビン キリン)@680を注文。

「同發」と言えば、やはり焼き物。 モモちゃんを偲んでお肉食べよう。

あとから、わかったのですが、前菜ハーフサイズ三種の盛り合わせがありました。

こっちにすれば良かった!は、あとの祭り。。

脆皮焼腩肉(皮付き豚バラ肉の焼物)@950

からし付き。中国醤油がかかっている様子。

皮は香ばしくカリッとしていますが、切り方も薄いし、物足りない。

焼きたてではなく温めているようです。

正直なところ、本店でテイクアウトしたものの方が美味しかった。

紹興酒もリーズナブルなものから、いいお値段のものまで幅があります。

同發特製 紹興酒(10年物) オリジナル壷500ml @3360

次の注文は写真のコレ!

節瓜の干し貝柱 鶏肉・椎茸あんかけ@1680

あれ?ちょっと写真と違う? 

しかし、干し貝柱の出汁が効いており、昔ながらのベーシックな味わいですが

美味しいです。最後のあんまでしっかり完食。

さて、このあと〆の食事ですが、

もう少しパンチの効いたものがいただきたくなりましたので

そろそろ会計を・・・。

というタイミングでジャスミン茶をポットで出してくださいました。

接客は素っ気ない感じでしたが、こうしたサービスは良いではありませんか。

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒で、合計6670円。明朗会計。

次は、やはり本店で食事がしてみたいなあ。

横浜中華街満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。

 

中華菜館 同發 別館

神奈川県横浜市中区山下町148

TEL      045-681-6331

営業時間/ 月~金・日・祝 11:00~21:30 土・祝前日 11:00~22:30

定休日   無休

大きな地図で見る

2012年10月16日 (火)

華正樓 新館売店(にくまん) 横浜中華街

Kaseirou2

横浜中華街のお土産は「華正樓」のにくまん。

7月の中華街訪問時、完売で買い求めることができなかったお目当てのにくまんを

中華街本通りの「華正樓 新館売店」にてようやく購入できました。

がっしりデカイにくまんは、1個から購入可能。450円です。

にくまん・あんまん・焼売の美味しいお召し上がり方の留意点が記されています。

蒸し器で蒸気が上がってから、しゅうまいは強火で15分、まんじゅうは中火で20分
ふかして下さい。 冷凍の場合は中火でしゅうまいは20分、まんじゅうは30分ふかし
温かいうちにお召し上がり下さい。

また、風味が損なわれると共に皮が乾燥して硬くなることがあるため電子レンジの
使用はお避け下さい。 とのこと。

今回も深めの鍋とステンレスのざるを使った簡易蒸し器で蒸し上げることにしました。

にくまん@450

ほわほわのにくまんが出来上がりました♪ あちち。

皮はふっくらきめ細かく甘みあり。

下味のついた餡は肉々しく、筍をはじめとする野菜の食感もしっかり感じ取れ

食べ応えがある。バランスも良く美味いです。

さすが人気のにくまん。休日は完売になってしまうのも納得。

今回も私の前のお客様がお一人で10個ぐらい購入されていたので買えるか心配でした。

レトロな味わいも贅沢で正攻法。これぞにくまんという感じ!

小ぶりなサイズ肉まんが好みの自分なのですが、これは認めざるを得ない。

横浜中華街、肉包満足度数は、★★★★☆ とってもお気に入りです。

なお、お買い上げ後早目に冷蔵庫(10℃以下)か冷凍保存されることを

推奨されています。

 

華正樓 新館売店

神奈川県横浜市中区山下町164

TEL     045-641-7890

営業時間/日~金・祝日 10:00~21:30 土 10:00~22:00

定休日   無休

大きな地図で見る

2012年10月15日 (月)

華正樓(カセイロウ) 本店 横浜中華街

Kaseirou

横浜中華街、中華街本通りの「華正樓(カセイロウ) 本店」

朝陽門(東門)近くの同店の創業は1939年。北京料理の老舗です。

某日は、お墓参りのあと、母と連れ(寝太郎さん)を伴っての来店。

時間は14時頃。遅いランチになります。

重厚な店構え。外からは中を窺い知ることはできません。

入店すると、コース料理かアラカルトかを聞かれます。

軽い食事で済ませよう、ということでアラカルトを選択。

エレベーターで3階のお部屋にご案内いただけました。

丸テーブルの並ぶお部屋の壁際席を利用。

テーブル・セッティングは、ナプキン、取り皿、小皿、グラス、レンゲ置き、レンゲ、

箸置き、お店のロゴ入り箸袋に入った割り箸(横置き)。

テーブルトップにはガラス、その下にテーブルクロス。

卓上には、醤油、酢、カラシ、爪楊枝がセットされ、着席するとメニューと

白無地のタオルおしぼり(温)を、トレー置きでいただけました。 

なお、料理ごとに取り皿はいただけますが、取り分けは各人で。

また、お茶は出されず、おそらくですが、注文しないといただけないのでしょう。

麻婆豆腐@1890

一度、中華街の大きなお店で麻婆豆腐が食べてみたいという母からのリクエスト。

(母は辛いものが苦手で硬いものも食べれません)

辛さの調整致しますとのことで、中ぐらいでお願いしました。

硬いものがダメということで当初予定していたお店を変更し、中華街でも歴史のある

華正樓(カセイロウ) 本店にお邪魔しましたが、選択を誤ったようです。

豆腐は硬め、細かく刻んだ干しシイタケとネギ。挽肉については肉質がいまひとつ。

砂糖の甘さを感じる超レトロな麻婆豆腐。 さすがの母も途中で箸を置く。

中華街の麻婆豆腐、老舗ならば等しく美味しいのでは?

と考える当方に無理があったようです。

豚バラ肉の角煮(4枚より)@2520

皮つきの豚バラ肉は4枚。1枚追加すると630円増しになります。

ビジュアル的には良いのですが、けっこう肉が硬い。

もっと、とろ~としたものを予想していたのですが・・・。

私たちはいただけましたが、母はお手上げ状態。

(ノブロー) 母ちゃんには残念だったな。

(みに) 困ったもんよ。角煮も食べてみたいと言うから注文したのだけれど。

五目ヤキソバ@1890

ホタテ、エビ、イカ、チャーシュー、青梗菜、ニンジン、白菜、干しシイタケなど具沢山。

素材自体は良いものを使われていますが、麺のほぐれが悪く、味付けもこってりとして

くどい。これはヘビーだ。

飲み物は、瓶ビール(中瓶)@767×2、キリンフリー@525を注文。

今回のアラカルトは残念な結果となりましたが、コース料理の注文ならば

また印象が違ったのかもしれません。

ロビーからは庭園を望むことが出来、調度品なども素晴らしく目を瞠ります。

HPによると、同店は中華街最大の宴会場を誇る中国料理専門店とのことで

雰囲気としては接待にも向くと思います。

Hand01お会計は、3人で、上記お料理とお酒のほかライスを1つで、合計9424円

価格は消費税含みですから、サービス料10%が加算されている様子。

今回のサービス内容では割高に思えました。

横浜中華街満足度数は、かなり甘い採点になりますが、★★★ 日常的なら。

 

華正樓(カセイロウ) 本店

神奈川県横浜市中区山下町186

TEL       045-681-2918    

営業時間/  11:30~22:30 最終受付20:30 ラストオーダー20:45

定休日    無休

大きな地図で見る

2012年10月14日 (日)

競馬の話 秋華賞G1

10月14日(日)は、京都競馬場で秋華賞・G1が開催されるのです。

予想は・・・ 

◎ 17 アイムユアーズ
○ 1 ヴィルシーナ
▲ 3 ブリッジクライム
△ 5 ラスヴェンチュラス、12 アイスフォーリス、14 ジェンティルドンナ

3連複BOXで勝負!

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

結果は・・・ 

1着  △ 14  ジェンティルドンナ(単1人気)
2着  ○  1  ヴィルシーナ(単2人気)
3着        2   アロマティコ(単6人気)

配当は3連複1990円、3連単3660円でした。・・・・またも、撃沈。

2012年10月13日 (土)

中國料理 聚寳園 (シュウホウエン) 白金高輪

Syuuhouenn

お一人ランチは、白金高輪の中國料理「聚寳園」(シュウホウエン) 再訪

本日の利用も壁際のテーブル席。 ランチタイムサービスから回鍋汁肉をチョイス。

回鍋汁肉(ホイコーロー)@900

キャベツと豚肉の辛味噌炒め。ライス・スープ・お新香付。

スープは前回と同じ白濁スープ。お新香(ザーサイ)も同様。

なお、同店自慢の美味しい自然米!ライスお替りは有料なり。まあ、仕方ないか。

野菜への火の入り加減は良いのですが、少々辛味噌がもったり。

味わいとしては普通かな。

今回のランチ満足度数、

油淋童鶏(ユーリントンチー)より☆ 一つ控えめに★★★ 日常的なら満足です。

 

中國料理 聚寳園 (シュウホウエン)

東京都港区白金2-3-17 ホワイトヒルズ白金 2F

TEL     03-3445-7007

営業時間/  11:30~14:30LO(土日祝はグランドメニューより)18:00~21:30LO

定休日/   水曜日・毎月1日

2012年10月12日 (金)

ヘイフンテラス (Hei Fung Terrace) (№2) 日比谷

Heifunnterasu2

ザ・ペニンシュラ東京2階に位置する「ヘイフンテラス」は、香港人デザイナー、

ヘンリー・リュンによる中国・江蘇省の蘇州の庭園様式をテーマとした

スタイリッシュな空間です。 晴海通りや日比谷通りに面した窓から先が差し込む

ダイニングスペースのほか、2名様用のセミプライベートのテーブル、

3つのプライベートダイニングルームとシェフズテーブルをご用意しております。

                                  一休レストラン紹介より。

和牛ホホ肉と丸ナスのとろとろ中国味噌煮込み

さて、次のお料理は、中国瓜の豚挽肉詰め オイスターソースより変更。

ホホ肉も柔らかく、丸ナスもとろとろ。

食べ終えるころには、味が少し単調に感じてきましたが普通に美味しい。

紹興酒はというと、やはりいいお値段。フンパツして10年ものを注文と思ったのですが

伺ったところ、この日は切らしてしまってらっしゃるとか。意気消沈。

そこで15年もの!という勇気は奮い立たず・・・あっさり8年もののグラスで。

古越龍山 陳年花雕@1680×2

紹興酒をお願いして、少し待たされてしまいましたが、

表面に模様が施された美しいグラスでいただけます。 うーん♪リッチ。

(ノブロー) クルミの飴炊きだけんど、お替りくれただよ。ずーっと置いててくれるし

こいつさえあれば酒のつまみに不自由しねえな。 

(みに) やめてよ。ノブローさん、現実的すぎっ(汗)

このタイミングで、おしぼりも差し替えてくれました。

五目炒飯

和牛肉入りチャーハンより変更。かなり残念。

タイ米使用。味付けが定まっていないし、独特の香りが鼻に付いた。

完食ならずほとんどを残し、さげてもらった。 連れ(寝太郎さん)も同様。

ここからがあっぱれヘイフンテラス!

フロアのマネージャーさんだろうか? スタッフの方から報告を受けたのか、

さっそくテーブルにいらして

「炒飯はお気に召しませんでしたでしょうか?」とのお尋ね。

私が「ごめんなさい。口に合いませんでした」と答えると、

さらに「どのようなところが?」とくいさがる。いや、真面目なのだ。

私もつい「ごめんなさい。味付けが弱いし、長粒米がちょっと・・・・」

(さすがに米の質がとはいえず)

すると「申し訳ございませんでした。他のお料理は?」とのまたのお尋ね。

「点心!点心が美味しかったわーー」とお答えすると

同店で大好評の飲茶ランチをご紹介してくださいました。

見て見ぬふりではなく、お客様の声を真摯に受け止め、同店のさらなる向上に

努めようとする姿勢は、さすが一流店。

こういうところにお店の格が表れるのかもしれない。頭がさがる。

メロンの果肉入りプリン タピオカ入りココナッツ

グレープフルーツとマンゴー タピオカ入りココナッツミルクから変更。

メロンのソースを吸い込んだタピオカ。パンパンに膨らみ餅のような食感になっている。

出来上がりから時間が経過しているのかな?

(ノブロー) ティーポットで中国茶もらえただ。

香りからしても茶葉がいまひとつ・・・これがティーマイスターおすすめ中国茶?

と思ったら、先ほどのマネージャーさんが再度いらして丁寧なご説明を受けた。

これはプランのお茶ではなく、つなぎの中国茶でした。

プランの中国茶は、20種類から選ぶことができます。

いただいたことがない中国茶がいっぱい。

なかには切らしてしまっているものもありましたが、これだけ数があれば問題はない。

説明を受けたことを記した簡単なメモによると

緑茶・・・無醗酵

白茶・・・少し醗酵

普洱(プーアル)・・・一番醗酵      とのこと。

連れと相談の上、決めたのは

菊の花をブレンドした菊花普洱(プーアル)と緑茶からは獅峰龍井(シホウロンジン)

運ばれてきた時点では耐熱ガラス製の中国茶器に茶葉が入っており、

スタッフの方が目前でお湯を注ぎいれ、蓋を押さえる形で手元の茶器に

サーブしてくださいます。 目でも楽しめますね。

(ハチロー) えへへ♪ 優雅な食後のティータイムだで。

(みに) あら、ハチローさんは獅峰龍井(シホウロンジン)がお好み?

私は、菊花普洱(プーアル)。

同じ菊花普洱(プーアル)でも、今までにいただいたことがないような

華やかな香りと深みのある味わい。 インパクトが大きかったよ。

【一休限定】大人気のプラン~本場の味を堪能~選べる中国茶付きシェフメニュー
\6,500 (消費税・サービス料込)

正直なところ、了承済みとは言え、シェフメニューも変更が多く、なかには残念に思えた

お料理もあり、また、提供されるタイミングにより食事のリズムが乱れる場面も

ありましたが、点心と20種類から選べた中国茶は期待以上に美味しく同店の魅力を

堪能できました。 サービスの質の高さには脱帽。

Hand01お会計は、2人で、上記お料理と別注文のお酒(消費税は含まれています)

につきサービス料10%が加算され、合計20656円

点心・中国茶満足度数は、★★★★ 、サービス満足度数★★★★☆

利用したプランの総合満足度数は、★★★☆ 消極的に好きで記録します。

 

ヘイフンテラス (Hei Fung Terrace)

東京都千代田区有楽町1-8-1 ザ・ペニンシュラ東京 2F

TEL        03-6270-2738

営業時間/ ランチ: 11:30~14:30(月~金)/11:00~14:30(土・日・祝)
                 ディナー:18:00~22:00

定休日   無休

大きな地図で見る

2012年10月11日 (木)

ヘイフンテラス (Hei Fung Terrace) (№1) 日比谷

Heifunnterasu1

日比谷の広東料理、「ヘイフンテラス」(Hei Fung Terrace)

東京メトロ有楽町線 有楽町駅、地下通路直結 A6 ・A7出口。

ザ・ペニンシュラ東京の2階になります。

以前、同ホテル24階のPeter (ピーター)を利用させていただいたことがありますが

「ヘイフンテラス」は、はじめて。

同店は、ザ・ペニンシュラ香港のレストラン「スプリング・ムーン(嘉麟楼)」の姉妹店です。

同店の予約は一休サイトから。

【一休限定】大人気のプラン~本場の味を堪能~選べる中国茶付きシェフメニュー
\6,500 (消費税・サービス料込)

利用可能人数     1~5名
販売期間     2012/05/15~2012/09/30

一休サイトのプラン紹介によると

大好評につき人気のプランをさらに新メニューになって延長!
広東料理6品コースをお楽しみいただけるランチコースを、一休会員様限定で
ティーマイスターおすすめ中国茶(1,200円相当)の中からお好みの中国茶を
お一人様一つ特別にご用意いたします。
ヘイフンテラスで人気の点心と焼き物の盛り合わせ、食材の良さをお楽しみ
いただける車海老と帆立貝のあっさり炒め。和牛肉の入ったチャーハン、
そして香港でも人気の高いタピオカ入りココナッツミルクのデザートなど、
香港出身の料理長が手がける本場の味をご堪能いただけます。

メニュー内容は

■點心と焼き物入り盛り合わせ前菜
■白身魚と冬瓜入りとろみスープ
■車海老と帆立貝 黄ニラのあっさり炒め
■中国瓜の豚挽肉詰め オイスターソース
■和牛肉入りチャーハン
■グレープフルーツとマンゴー タピオカ入りココナッツミルク
※メニューは仕入状況等により変更となる場合がございます。予めご了承下さい。
                                        というものでした。

さっそく同店のHPを確認したところ このメニュー内容は、

『シェフメニュー』 \5680(税込・サービス料10%別)と組み立て(広東料理6品)が

変わらぬことがわかりました。

ティーマイスターおすすめ中国茶(1,200円相当)を追加注文するならば

一休サイトから申し込んだほうがお得なのですWink01

なお、ネットで申し込み後、すぐにお店の方から丁寧なメールを頂戴いたしました。

内容は、予約のお礼とご要望等がございましたらお気兼ねなくお申し付けください

というもので、チームリーダーさんからでした。

さすが、「ヘイフンテラス」 (Hei Fung Terrace)。

チームリーダーだよっヽ(^◇^*)/! メールをいただいて、ちょっと興奮。

重厚な石造りの玄関をくぐり入店。

モダンとアンティークな要素が織り成す洗練された雰囲気の店内。

予約の旨を伝えると、ダイニングルーム、窓際のテーブル席にご案内いただけました。

テーブル・セッティングは、取り皿、リング留めされたナプキン、箸置き、箸(縦置き)、

お椀、レンゲ、茶杯とソーサー。白リネンのランチョンマット。

着席後、すぐに給仕の方がナプキンをリングから外し、三角折りで

膝に広げてくださいました。 スマートだあ。思わず顔がほころぶ。

白無地のタオルおしぼり(温)は、トレー置きでいただけました。 

なお、細かいお品書きは出されず、本日の予約が一休サイトからの

中国茶付きシェフメニュープランなので、「飲み物はお茶になさいますか?」とのお尋ね。

どうやら茶杯とソーサーは、このプランを考慮してのもののようだ。

(ノブロー) もちろん、まずは酒だで!

(みに) あっ、ノブローさん、そんなところにのっかっちゃって(汗)

卓上には、オリエンタルな一輪挿しあり。下が独楽(コマ)のような形で

大胆不敵にもノブローさんたちのかっこうの遊び場に・・・。

生ビール@1200×3 を別注文後、すぐに運ばれてきたのは、クルミの飴炊きと豆板醤。

この豆板醤には、蝦醤(えびみそ)入りのようで、旨みも濃厚ですが塩分も強い。

(ノブロー) 表の景色が見えるだ♪

(みに) お料理が出てくるから、テーブルの端に移動ね。外は晴海通りかな?

コース料理は、各人ごとに提供していただけます。 

また、運んでいただいたときにご説明を受けたものを急いでメモしていますから

料理名など、正確さに欠けるかもしれません。

點心と焼き物入り盛り合わせ前菜 

エビ蒸し餃子、湯葉巻き、チャーシュー、ローストダック、クラゲ。

ローストダックの脇に添えられていたプラムソースの美味しさも見逃せない。

オーソドックスですが、一つ一つの完成度が高いように思えました。

半透明の皮から弾けんばかりのプリプリ海老。

さくっと揚げられた春巻風の湯葉からは、細かく刻まれたキノコ類がお目見えする。

香港の点心師が手作りするという、同店の飲茶が好評であるのも納得です。

カニ肉入りコーンスープ

白身魚と冬瓜入りとろみスープから変更。残念。

カニ肉はタラバ。身がしっかり入っている点は有難い。

ホタテ貝柱・ミル貝・松茸入りのあっさり炒め

車海老と帆立貝 黄ニラのあっさり炒めから変更。

スープのあと、このお料理が提供されるまで待たされる。

旬の松茸を組み入れて調理してくださっていますが、味わいとしては特筆なし。

(ノブロー) また、キング松茸に出会えたで♪ ところでレン!あれ何だべ?

(レンタロー) 天井から、いくつもぶら下がっているやつだべか?

「ヘイフンテラス」

中国江蘇省・蘇州の中国庭園をイメージしたという店内は穏やかに弧を描く個性的な

造り。天井から下がる鳥籠や石張りの床、中国の素材を用いた装飾や調度品など

基調はオリエンタル。そこにモダンなデザインを随所に取り入れて、エレガントな

高級感を演出している。             

                 岸朝子さん監修の「東京五つ星の中国料理」より。

                                       -№2に続く- 

2012年10月10日 (水)

星福(シンフウ) 銀座本店

Sinnfuu

お一人ランチは、中国薬膳料理「星福」(シンフウ)銀座本店

場所は、銀座中央通り。銀座4丁目交差点からだと同通りを新橋方面に進み右手側。

かねまつビルの6F。 同ビルの7Fには「カーディナス・ギンザ」が入っています。

銀座に20年以上の歴史をもつという星福本店。

そのHPによると2012年2月にリニューアルオープン。 総席数83席、個室完備。

ぐっとシックな店内の写真が紹介されていましたが、昼はいたってカジュアル。

ランチタイムのテーブル・セッティングは、箸置き、お店のロゴ入り箸袋に入った箸

(横置き)、レンゲ置き、レンゲ、茶杯とソーサー。

着席後、タオル地のおしぼり(温)をトレー置き。中国茶も入れてくださいました。

卓上には、白酢、黒酢、胡椒、豆板醤。

どうやら、この豆板醤は胡麻豆板醤というもので、買い求めることができるようだ。

さて、注文ですが、「20食限定」 小龍包定食!@1365(税込)

(本日の薬膳スープ・お勧め炒飯またはお粥・小龍包4個・デザート)と決めていた

のですがメニューを開いて心変わりしました。

限定は限定でも、季節限定の苦瓜、いいな♪ 

苦いものは心臓に良いと「銀座小はれ日より」さんで教わったし。

こちらにも薬膳蒸しスープがつくから良いことにしよう。

オーダーは、苦瓜と豚肉の豆豉炒めセット@1890(税込) 

なお、お粥または白飯が選べましたので白飯で。

まずは、点心と薬膳蒸しスープが先に運ばれてきました。

点心は、大根餅。 もっちりとした食感。薬味は豆板醤。

冬瓜入り薬膳蒸しスープ

冬瓜、肉、白キクラゲ、くわい、フクロタケ、クコの実など。

薬膳全開!というほどではなく、比較的飲みやすいスープ。

野菜も肉もとろっとろなんですが、冬瓜はところどころ皮が剥かれず、そのまま

だったので口に残る。 全体的に薄く皮を剥いていただけたほうが良かったな。

遅れて、主菜、ご飯、嬉しいことに漬物もついてきた。 

苦瓜と豚肉の豆豉炒め

ほどよく苦味を残したシャキシャキとした苦瓜に豚肉と豆豉(トウチ)の

濃厚な旨みが加わり、驚くほど白飯が進む。

ボリュームもたっぷりな一皿。 選んで正解! 

日本人好みの味付けかもしれません。 これ、自宅で真似できる??

デザートは杏仁豆腐

杏仁香るライトな口当たり。 見た目もセットのオマケ程度でないのは嬉しい。

私の選んだセット、洗練されているという感じではありませんでしたが、

銀座でこれぐらいのお値段で、この内容のランチセットなら“アリ”かな。

正直なところ、薬膳スープよりガツンといただけるセットのなかみが

気に入ってしまいました。

今回のランチ満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。

 

中国薬膳料理 星福 (チュウゴクヤクゼンリョウリシンフウ) 本店

東京都中央区銀座6-9-9 銀座かねまつビル 6F

TEL       03-3289-4245       

営業時間/ 月~金 11:00~15:00(L.O.14:30) 17:30~22:00(L.O.21:00)
                  土日祝 11:00~20:30(L.O.20:00)

定休日    無休

大きな地図で見る

2012年10月 9日 (火)

タージマハール 自由が丘

Dajimaharu

自由が丘、インド料理「タージマハール」(TajMahal)

東急東横線・大井町線 自由が丘駅の正面口を出て、大丸ピーコックを目印に

左手の道を入ります。 お店は道沿いのビルの2Fです。

本日は仕事帰りに友人と待ち合わせ。

ホットペッパークーポンで、アラカルトに有効なお会計15%OFFを印刷してきました。

テーブル・セッティングは、取り皿、ペーパーナプキン、スプーン、ナイフ、フォーク。

卓上にはテーブルキャンドル。

着席するとタオル地のおしぼりをいただけました。

友人は一足先に到着してビールを注文。 

(レンタロー) えへへ。 パパドがついているだよ。

(みに) レンちゃん、一人っ子大作戦ね。 今日はインド料理だからノブローさん

飛び出してこないわね。イラストで・・・。

パパドには、2種類のディップがついてきたそうですが、残念ながら私は説明を

受けていないので記録に残すことができません。

シャトー・インデージ ソーヴィニヨン・ブラン

ボトルワインは1980円から。 

毎度毎度、酒代が高くつく私たちにとっては、リーズナブルなワインが置かれているのは

とても有難いのだ。

さて、お店のメニューには辛さのレベルを表す唐辛子印や、お店が自信をもって

おすすめする人気メニュー「おすすめ」印が記されています。

これは、お料理選びの目安になりますね。

GHICKEN CHAT(チキンチャート)@950 唐辛子印 「おすすめ」印あり。

ボリュームたっぷりのチキンと玉ねぎとキュウリのスパイシーサラダ。

ぴりっとした辛さが刺激的。

FISH MASALA(フィッシュ マサラ)@1400

メカジキのトマトベースのカレー(ココナッツパウダー入り)

味わいはマイルド。ギリギリくどさがない感じかな。良かった♪

NAN(ナン)@300

タンドゥールで焼いたモチモチのパン。 ともかくデカイ。2人で1つで十分だ。

両側から千切って食べる。 

油っぽさがなく、ほんのりとした甘みに好感がもてる。

(レンタロー) フロア担当のスリランカの兄ちゃんから、チャイをサービスしてもらっただ。

(みに) しかもクッキー付だわ。お兄さん優しいのよね。

こういうサービスがあると、また来たくなるわW04  

ぐるなびによると同店は、93年に自由が丘にオープンの本格的インド料理店

5つ星ホテル出身シェフが毎回腕をふるっていらっしゃるとのこと。

当時の内装はわかりませんが、現在は高い天井と淡いピンク色の壁が印象的な

お洒落空間。 デート使用にも良さそう。

また、店内のTVではインド映画なども流されています。

Hand01お会計は、2人で、

上記お料理とお酒のほか、生ビール@600×2、ワインデカンタ@1380で、小計7210円。

15%OFFは1082円、外税対象に消費税が加算され、お支払いは、合計6321円

久しぶりのインド料理。

同店は、ワインもお手頃に頼めますし、食事のメニューも豊富。

ぜひ、またの機会を作って他のお料理も試してみたいです。

インド料理満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。

 

タージマハール(TajMahal)

東京都目黒区自由が丘2-15-7 2F

TEL      03-5701-1300

営業時間/ 11:00~15:00(L.O 14:30) 17:00~23:00(L.O 22:00)

定休日    無休

大きな地図で見る

2012年10月 8日 (月)

陳麻家(チンマーヤ) 目黒

Tinnmaya

お一人ランチは、「陳麻家(チンマーヤ)」

場所は、目黒、権之助坂(ごんのすけざか) 

チェーン展開している「陳麻家」の店舗の一つなのか不明ですが、

本日、お目当てのお店が定休日ということで飛び込み訪問。

細長い店内は、右に厨房前のカウンター席、左にテーブル席。

一人ですから、カウンター席を利用。卓上にはメニュー。

「陳麻飯」って・・・?アレかな。

他には、ペーパーナプキン、箸立てにまとめて入った割り箸、醤油、胡椒、

四川山椒、一味、甘味噌、爪楊枝、フライドガーリックなど。 

お水は最初の1杯はついでくださいましたが、ウォーターピッチャーが置かれて

いますから、お替りはセルフかな。使い捨ておしぼりあり。

陳麻飯+担々麺 半々セット@840

組み合わせ自由、ご飯も麺も半分の半々セットでお願いしました。

で、冷奴かと思ったら、小さい杏仁豆腐も一緒出し。

陳麻飯とは、やっぱりは麻婆豆腐かけご飯でした。

麻婆豆腐は、豆豉(トウチ)入り。一応それなりに辛い。

担々麺には、肉みそ、もやし、ニラ。

チープな担々麺にありがちのしょっぱいスープ。 

半々セットで、お腹も十分に満ちました。

同店はアイドルタイムなしで営業なさっている様ですし、

多くを求めず割り切って使用させていただく分には問題は無いと思います。 

ご馳走さまでした。

今回のランチ満足度数、★★★ 日常的なら満足です。

 

陳麻家 目黒店 (チンマーヤ)

東京都目黒区下目黒1-5-20

TEL     03-5434-3170

営業時間/  11:00~23:00

定休日/   無休

大きな地図で見る

2012年10月 7日 (日)

長寿庵 白金高輪

某日のランチは、日本蕎麦「三田 長寿庵」(みた ちょうじゅあん)

最寄り駅は、白金高輪駅になりますが、少し離れた住宅街の中。

お昼時は、地元の方やお近くにお勤めのサラリーマンやOLさんが利用なさる

地域密着型の普通の町の小さなお蕎麦屋さんです。

さて、卓上には、自由にいただけるうずらの卵あり。

この卵を割るウズラカッター「プッチ」なるものも置かれていた。

しかし、本日の注文には必要なしと判断。

冷やし揚げナスそば@1000

そばの上に白髪ネギ、ミョウガ、玉子焼き、カニカマ、素揚げしたナス、花かつおなどが

盛り付けられたぶっかけ蕎麦です。

薬味は、生姜とわさび。

お好みですが、お店の方のお話によると「このおそばには、生姜が合います」とのこと。

個人的には、花かつおの量が少し多い気もしますが、これもお店の心意気。

おそばは、ボリュームたっぷりなのでお腹も満ち足ります。

そば通の方が通われるお店ではありませんので、そばの香り、そばつゆのかえし

などはご容赦くださいませ。

ランチ満足度数は、★★★ 日常的なら満足です。

 

三田 長寿庵(みた ちょうじゅあん)

東京都港区三田5-14-3

TEL     03-3452-1727

営業時間/  月~金 11:00~15:00 16:30~20:00
                土 11:00~14:30

定休日/   日曜・祝日

大きな地図で見る

2012年10月 6日 (土)

中国料理 龍(チュウゴクリョウリ リュウ) 蒲田

Ryuu

蒲田、中国料理 龍(チュウゴクリョウリ リュウ)

場所は、蒲田駅西口。ドン・キホーテ蒲田駅前店側の飲食店が並ぶ一角に位置し

東京工科大蒲田キャンパスのすぐ近く。

雑居ビルの2階です。

お店のガラスにはメニューが貼られており、その隙間から中が伺える。

隣はスナックなのだろうか、表に立っていると音が漏れ聞こえてくる。

繁華街の雰囲気ムンムン。

蒲田で用足しをしたあとの寄り道。時間も遅いし一人だ。

いつもならばさっさと「喜多方ラーメン坂内」で済ませてしまうのだけれど冒険をしてみる。

思い切って扉を開け入店。

訪問日は平日夜、見渡すと全員お一人さまの男性ばかりだ。

雑誌を読まれている方、黙々と食事をなさっている方など様々だ。

それぞれに自己の世界を確立している。 

大衆的な雰囲気なので、気兼ねがいらないのは有難い。

バイトのお姉さんが声をかけてくれて、壁際のテーブル席を利用。

卓上には、醤油、酢、胡椒、爪楊枝、灰皿。 着席後に、割り箸とおしぼりが置かれ、

「飲み物はいりません」 と告げると氷水を持ってきてくれました。

上海焼きそば@680

メニューは、はじめから卓上にドサッと置いてありました。

その中から選んだのは、上海焼きそば。

運んできていただいた時に、からしも出していただけました。

野菜たっぷりの塩味あんかけ。ボリュームもある。

麺は表面が焼かれているのだけれど、ちょっとうっかりしてしまったようだ。

酸辣湯餃子@600

生キャベツなどが入ったサンラー水餃子

普通の餃子が、すっぱ辛スープにダイビングしている感じ。

同店のメニューを拝見したところ、600円でいろいろなものが注文できる。

また、特選料理もいたってリーズナブル。紹興酒ボトルも2000円。

お料理のボリュームもありますので、普段使いできる中華居酒屋として勝手が良さそう。

なお、はじめ接客にあたってくれたお姉さんは、時間でサクサクあがり、

そのあとは、お店のママさん(中国の方)が対応してくださいました。

私がお料理を撮らせていただいていると「綺麗に写ってるねー」と声をかけてくれた。

ママさん、優しくて人当たりが良さそう。

同店の営業時間は17:00~05:00。

もっと遅い時間帯になると、客層もまた変わるのかもしれませんね。

中国料理満足度数は、★★★ 日常的なら満足です。

 

中国料理 龍(チュウゴクリョウリリュウ)

東京都大田区西蒲田7-4-3

TEL     03-5480-6177

営業時間/  17:00~翌5:00

定休日/   無休

大きな地図で見る

2012年10月 5日 (金)

周中菜房 白金亭(シュウチュウサイボウ シロガネテイ) (№2) 白金台

Sirokanetei2

白金台の広東料理、周中菜房「白金亭

岸朝子さん監修の「東京五つ星の中国料理」によると、同店は

広東料理をベースに、西洋のエッセンスを取り入れたヌーベルシノワの店。

香港の「麒麟金閣」、ハイアットリージェンシーの「凱悦軒」など名だたる店の総料理長を

歴任し“ヌーベルシノワの父”といわれる名シェフ周中さんの創作料理が堪能できる。

と紹介されています。

テーマは「美食同源」 同店は香港料理界の第一人者 周中氏が全メニューを監修。

代表メニューは、フカヒレ入りパパイヤ蒸しスープ。

なお、周中菜房とは、広東語で“周中氏のレストラン”の意。とのこと。

旬の野菜料理

さて、次のお料理は旬の野菜料理。

空芯菜(くうしんさい)のニンニク炒めと野菜の香味ソースがけ。

空芯菜はシャキシャキとした歯ざわりにニンニクの風味。

もう一品の野菜はナス、ズッキーニ、インゲン、パプリカ(赤)に甘酸っぱい香味ソース。

味を違えて提供してくださっているのですが、あまりにヘルシーで少し物足りなさあり。

【厳選料理一品】 海鮮

厳選料理一品は海鮮も肉も湯引き。各自違えることが可能で、取り皿もいただけました。

【厳選料理一品】 肉

ヘルシーです。 まさか、湯引きとは。

予約時「フカヒレ」ランチコースのメニューを見ただけは頭に浮かびませんでした。

厳選された素材ですので、そのものの旨みを味わうには申し分ないことと思います。 

中国醤油がかかっていたと思いますが、個人的にもう少しパンチの効いたものを

思い描いていたため、放心状態で記憶があいまいです。

フィンガーボウルとおしぼりの差し替えあり。

じっくり煮込んだフカヒレとタラバ蟹のあんかけチャーハン

実は、こちらのランチコースを選んだのは、数日前 TVで同店の

フカヒレあんかけチャーハンが紹介されていて、美味しい!というリポーターさんの

言葉が頭から離れなかったからなのです。

コースなら、チャーハンも適量でいただけるだろうし、友人を道連れに来店。

(レンタロー) って、ことは、みにの本命はこいつだったわけだ♪

(みに) はい、そうなのよ。

でも、思ったほどではなく、普通だわ。パラパラ玉子チャーハンに、やや甘めのあんかけ。

タラバ蟹の甘みだけでなく、ここにオイスターソースが使われているんじゃない?

だから、再確認のメールがきたのだと思う。

白金亭デザート二種

デザートに入る際に、またおしぼりの差し替えあり。爪楊枝も持ってきてくれました。

タピオカココナッツミルクと自家製アーモンドクッキー。

サービスのライチ茶。ほのかに香る甘いフレーバーに気持ちが落ち着きます。

「美食同源」、文字通り、油を控えた重たさの無いヘルシーなランチコースでした。

Hand01お会計は、2人で

各自の別注文のドリンク代(細かく控えていません)などを含め合計12474円

今回、少々、自分のイメージしていたものとのギャップがありましたので

「フカヒレ」ランチコース満足度数は、★★★☆ 消極的に好きで記録します。

 

白金亭 (シロカネテイ)

東京都港区白金台4-19-13 白金TFビル

TEL        03-3280-1237

営業時間/ 11:30~14:00(L.O) 18:00~21:00(L.O)

定休日   火曜日(祝日の場合は営業)

2012年10月 4日 (木)

周中菜房 白金亭(シュウチュウサイボウ シロガネテイ) (№1) 白金台

Sirokanetei1

白金台の広東料理、周中菜房「白金亭」 再訪

同店の予約は一休サイトから。

フカヒレ」ランチコース オリジナル・チャイニーズ・サングリア付
\4,620 (消費税・サービス料込)

一休サイトのプラン紹介によると

■人気の食材「フカヒレ」を使って白金亭らしい華やかなコースに仕立てました。
さらにオリジナル・チャイニーズ・サングリアが付いた、一休.comのみの
大変お得なコースです。

メニューの内容は

前菜四種盛り合わせ
香港風蒸し点心二種
本日のフカヒレスープ
旬の野菜料理
【厳選料理一品】
海鮮・肉より一品お選びください
じっくり煮込んだフカヒレとタラバ蟹の
あんかけチャーハン
白金亭デザート二種
  
※季節や仕入れの状況によってメニュー内容が変更になる場合もございます。

                                        というものでした。

さっそく同店のHPを確認したところこのメニュー内容は、

『フカヒレランチ』 グランドシェフ周中が織り成すフカヒレ料理をお召し上がり

いただけるコース\4200(税込・サービス料10%別)と判明。

オリジナル・チャイニーズ・サングリア付な分だけ、『フカヒレランチ』をいただくには

一休サイトから申し込んだほうがお得なのですWink01

なお、ネットで申し込み後、すぐにお店の方から丁寧なメールを頂戴いたしました。

内容は、予約のお礼とレストランからの確認事項について、

同行者が牡蠣が苦手であると記したため、アレルギーの有無及びオイスターソースは

大丈夫でしょうか という再確認でした。

さすが、周中菜房「白金亭」。

前回訪問したときもその接客対応には感心しましたが、やはり配慮がきめ細やかだ。

こうした経緯を経て、某日、外苑西通り(通称プラチナ通り)沿いの同店に入店。

予約の旨を伝えると、2階メインダイニング(ホール席)へとエレベーターで

ご案内いただけました。 利用は窓際のテーブル席。

テーブル・セッティングは、取り皿、飾り折りナプキン、カトラリーレスト(箸・スプーン置き)、

スプーン、箸(縦置き)、レンゲ置き、レンゲ。テーブルクロスは2枚敷き。

卓上には、酢、醤油、など。

着席後、白無地のタオルおしぼりをトレー置きでいただけました。 

なお、細かいお品書きは出されず、

【厳選料理一品】について、海鮮・肉より一品お選びくださいと記されたメモが

置かれていただけでした。

セットのチャイニーズ・サングリアは、杏露酒ベースとサンザシ酒ベースのものをチョイス。

(レンタロー) こんちは!オラ、一人っ子大作戦Usisi だで、ついて来ただ♪

Noburo2_2 (ノブロー) レンー!おめ、またオラを出し抜いてるだな。

しかも、周中菜房だべかっ!ちゃんと、食レポしねえとなんねえぞっーーー。

前菜四種盛り合わせ

湯葉巻きクラゲ、東京ポークのチャーシュー、野菜の酢漬け、豚のカリカリ焼き、腸詰。

丁寧に作られた美しい前菜。味わいも品が良い。

(レンタロー) ほんれ、ピーナッツの青のり風味揚げもついてるで♪

(みに) あっ、ほんとだ。隠れていたね。

香港風蒸し点心二種

芝エビと豚肉の焼売、小籠包。 下には花形に型抜きした薄い人参が敷かれています。

焼売は下味がついていますのでそのままで。小籠包には、赤酢と針生姜。 

美味しくいただけましたが、小籠包の皮がやや乾燥していたように思えた。

本日のフカヒレスープ

フカヒレ、冬瓜、クコの実。

目にも鮮やかなスープのグリーン色は、ホウレン草を練りこんでいるということです。

口当たりも柔らかく、身体に優しいスープです。

さて、私は紹興酒をいただきたいと思います。レンちゃん、何見ているの?

(レンタロー) これ、どうだで?紹興酒テイスティングセットあるで。

(みに) ははは、学習していたのね。感心感心♪

紹興酒テイスティングセット@2100

白金亭特選紹興酒のお試しセット 各60ml

右の小さいグラスから左に

福倒 8年原酒壷入、紹興老酒熟成 20年原酒壷入、古越流山 陳年8年。

正直・・・違いは明確にわかりませんでした(汗)

                                          -№2に続く- 

2012年10月 3日 (水)

福和好日(ふくわこうじつ) (№2) 銀座

Fukuwakoujitu2

銀座、和食「福和好日」(ふくわこうじつ)

松茸はも懐石ランチ@6300 は続きます。

次は日本酒選び。銀座にしては注文しやすい価格あり。

米鶴@840

やや淡麗辛口。グラスにはソーサーをつけて。

同店、お忙しいのか、人手が足りていないのか、お酒を注文しても出てくるのが遅い。

そして運んで来てくださる、若いお兄さんはすごい汗だく状態。

修行中で厨房で下働きをしながらお運びもされているのかと勝手な推測。

頑張れ未来の巨匠。 

でも、その汗は拭いてきてほしいな。 気になって仕方がない(・Θ・;)

鱧松茸土瓶蒸し

他、小松菜、銀杏。

昆布の出汁がよくとれています。

土瓶蒸しというと三つ葉が使われるものだとばかり思っていましたが。

(ノブロー) オラもキング松茸に、挨拶するだ。

(みに) 鱧も召し上がれ。

鱧海月酢

鱧、クラゲ、キュウリの酢の物。キュウリは桂剥きをした皮の部分を細く切って

使われている様子。こういう始末の良さは好きです。 煮凝り付き。

松茸土鍋御飯、赤だし、香の物

赤だしの具は、豆腐、ワカメ、なめこ。

香の物は、白菜、キュウリ、ニンジン、カブ。 香の物の量がしっかりあるのは嬉しい。

(ワタロー) 松茸ごはんだで~。ほお、銀杏も♪

(ノブロー) しゃもじで混ぜたで、ええ塩梅にへえってきただ。

松茸土鍋御飯は、お兄さんがお茶碗によそってくれました。

でも、まだちょっぴり残っているね。

お店によっては刻んだ油揚げなどが入るところもありますが、こちらはなし。

松茸はどちらかと言うと、スレンダーなものがちょこちょこ。

でも、ちゃんと目の前で土鍋の蓋を開け、給仕いただけましたので

自分なりに納得できました。

水菓子

オレンジ、メロン、梨。 食後には、ほうじ茶。

出汁の美味しさに目を見張るほどではありませんが不可もなく、全体を通して

フラットな印象。 微妙な点は心細い。

また、訪問した日が祝日だったことが影響していると思いますが、

ランチタイム、お客様の入りが少なかったことは気になる。

やっぱり、客は身勝手なものだ。 混んでいればいるで落ち着かないし

空いていればいるで不安なのです。

会計はテーブルにて済ませ、退店時お店の方はどなたも出てこられなかった。

きっと、あのお兄さんも厨房で作業が忙しいのだろう。

「ご馳走さまでしたーー」と一応、厨房の方にむかって声をかけ退店。

なお、予約の電話を入れたときに、電話口に出られた男性が「大和田」さんと

名乗られていました。ひょっとしたら、オーナー調理長の大和田 良彦 氏かも

しれませんが、とても感じの良い応対でした。

お店のお休みについてお聞きすると、現在、第1・第3日曜日はお休みという

お話ですので、変わる可能性もあるかもしれません。

訪問する際には、予め定休日確認の電話をなさったほうが安心です。

Hand01お会計は、2人で

上記お料理とお酒(日本酒、杯数については失念)で合計18480円

注文しやすい“松茸はも懐石ランチ”6300円/人の価格設定は有難く、個人的には

これで秋の松茸も食したと、安堵の胸を撫で下ろしました。

和食満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。

 

福和好日(ふくわこうじつ)

東京都中央区銀座5-5-11 塚本不動産ビル5F

TEL      03-3572-5290

営業時間/ ランチ   月~土 11:30~14:00(L.O.13:30)
                   ディナー 月~金 17:00~23:00(L.O.22:00) 土 17:00~21:00(L.O.20:30)
              日・祝 11:30~20:00(L.O.19:00)

定休日    第1・第3日曜日

大きな地図で見る

2012年10月 2日 (火)

福和好日(ふくわこうじつ) (№1) 銀座

Fukuwakoujiti1

銀座、和食「福和好日」(ふくわこうじつ)

場所は、みゆき通り沿いの塚本不動産ビル5F。

9月某日、松茸はも懐石ランチを予約しての来店。

昨年あたりまでは、松茸となると「松葉屋」さんにお世話になっていましたが、

今年からは、そういうわけにはいかない。

松茸はも懐石ランチ@6300 の内容は
冷製小皿三品 鱧松茸土瓶蒸し 鱧湯引き 鱧白焼き炙り松茸 鱧海月酢 
松茸土鍋御飯 赤だし 香の物 水菓子 とのこと。

入り口で予約の旨を伝えると、掘りごたつ式の個室に案内されました。

この個室が広い。6名は楽に座れそう。

座椅子、脇息(きょうそく) も用意されていますから、リラックスして食事が摂れそうです。

のちに、ぐるなびで「個室のご案内」を拝見したところ、このお部屋は

完全個室(掘り炬燵席)(5人~8人)でした。

テーブル・セッティングは、ペーパーランチョンマット、箸置き、店名が焼き印された割り箸。

着席のあと、タオル地のおしぼりがトレー置きで出されました。

飲み物は、生ビール(アサヒプレミアム熟撰)@840×2からスタート。

冷製小皿三品

左から右へ、

  1. 鱧の卵を使った煮凝り、もろこし餡かけ
  2. 春菊と食用菊と松茸のおひたし
  3. 胡麻豆腐

どれも上品な味付け。

鱧湯引き

鱧の肝付き。

わさびも添えられていましたが、別皿の梅肉ソースをつけていただきましょうか。

(ノブロー) どんれ、鱧ってこれだか? クルクルまるまってるだ。

(みに) 骨切りして、湯引きしているからよ。

鱧白焼き炙り松茸

すだちと生姜が添えられています。 鱧の淡白な旨みは飽きのこない美味しさ。

(ノブロー) ちんまい蟹までついてきただな。夏に潮だまりで助けた蟹だべか?

(みに) さあ? あっ、でも、ノブローさんのとこに集まってきたわよ・・・・。

                                       -№2に続く- 

2012年10月 1日 (月)

四川(シセン) 白金台

Sisenn

お一人ランチは、白金台、シェラトン都ホテル東京内の四川料理「四川再訪

ホールスタッフの方に、一人である旨を伝えると、今回も店内奥の右手側にあたる

窓際の4人がけテーブル席に案内していただけました。 うむ、小贅沢♪

大きなガラス越しに望む竹林は清々しい。

テーブル・セッティングは、箸置き、箸(割り箸)は横置き、レンゲ置き、レンゲ、取り皿、

取り皿の上には折り畳んだナプキン(布)。

卓上には、醤油、ラー油、酢、からしがセットされています。

着席するとメニューが手渡され、タオル地のおしぼりはトレー置きでいただけました。

お目当ては9月のランチセット@2100(税込)

内容は
ハスの甘酢風味漬け
胡椒と酸味のスープ
マーボー豆腐
ザーサイ・ごはん
1~4よりお好みの一品をお選びください。
1. 牛肉と季節のキノコ色々の辛子炒め
2. 春雨とイカ団子の四川香料入り辛子煮
3. ジャガイモと豚モモ肉の細切炒め
4. 小エビ入り卵炒め

注文を告げるとと同時に、飲み物についても聞かれましたので、

「お茶でお願いします」と返答。

メニューと取り皿はさげられ、ティーポットに入ったジャスミン茶が運ばれてきました。

まず、ハスの甘酢風味漬け、胡椒と酸味のスープ、ザーサイが登場。

ハスは、食感を残し、甘酢の加減も好し、

胡椒と酸味のスープは、具材がタケノコ、干しシイタケ、豆腐、豚肉、溶き玉子など。

サンラースープですが、酸味はそれほど強くはないため飲みやすい。

ザーサイの量は控えめすぎ。

遅れて、同店の看板料理「マーボー豆腐」とお好みの一品から選んだ

「春雨とイカ団子の四川香料入り辛子煮」、ごはんが登場。

マーボー豆腐

木綿豆腐を使用。ピリっとした辛さは痛みを伴なうものではなく

ウマ味系で品が良い。

春雨とイカ団子の四川香料入り辛子煮

イカ団子はもっちりとした弾力あり。

春雨もシメジもたっぷり辛子煮のスープを吸っていますからオンザライスにぴったりだ。

五香粉香るスパイシーさで、ご飯が進むことは間違いなし!

ちなみに、ごはんのお替りは可。無料です。

スタッフのお姉さんに声をおかけしましょう。

ちなみに私は「軽くお替りお願いします」とお声かけしました。

すると本当にレディース盛りでした・・・。

四川のスパイス香る中華。

辛さで力押ししてくるものではありません。

ランチタイム、安価な素材でもシェフのスパイス使いで上質な四川料理に変貌。

品良くいただけ、お腹も心も充実しました。

Hand01お会計は、サービス料が10%(270円)加算され合計は2310円となりました。

名物「マーボー豆腐」をセットした月替わりランチセットは嬉しいのですが

いいお値段ですので、デザートもセットとして望みたいところが本音。

月イチのサイクルなら頑張って訪問できるかな。(希望です・・・)

今回のランチ満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。

 

四川(シセン)

東京都港区白金台1-1-50 シェラトン都ホテル東京1F

TEL        0120-95-6662 

営業時間/ 06:30~10:00 11:30~14:00(L.O.) 17:00~22:00(L.O.21:30) 

定休日   無休 

大きな地図で見る

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »