2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« レストラン ヒロミチ (№1) 恵比寿 | トップページ | チャイニーズレストラン わさ (№1) 都立大学 »

2012年10月23日 (火)

レストラン ヒロミチ (№2) 恵比寿

Hiromiti2

「レストラン ヒロミチ」

オーナーシェフ 小玉弘道 氏は、赤坂「シュマン」にて6年間シェフを務め、
ミシュランガイド2008、2009にて一ツ星を獲得。
2009年4月「レストラン ヒロミチ」をオープン。
ミシュランガイド2011にて一ツ星を獲得した実力派フレンチレストラン。

                                一休レストラン情報より。

メイン 肉をチョイス

さて、次のお料理はメイン(魚か肉のチョイス)

連れは、岩手県産やまと豚のロースト。これも頑張って写真も写してくれました。

しかし、あまりに急いでメモしたのでしょう。

フランス産ジロール茸、フォンドボーと鴨の出汁は読めたのですが、

これが意味するところはソースなのか解読不可能。 

メイン 魚をチョイス

私は、真鯛のポワレ バター風味のソース。

バター風味のソースにはヨーグルト、ハチミツ、レモン、白ワインで味の奥行きを

深めています。こんがりと焼かれた真鯛の身はしっとり。激ウマ! 

付け合せのナスには、エスニックなスパイスが使われています。

味が単調にならず、最後まで楽しめました。

デザート チョイス

となっていますが、スポンジのケーキとフルーツのグラタンで固定。

上にはキウイのソルベ。 フルーツは、りんご、ブドウ、グレープフルーツ、プラムなど。

ラストの前に食後のプティフール。

てっきり、食後のドリンクになると思っていたので、これには驚き。

きなこ味のチェロス、塩生キャラメル、ナタデココのパッションフルーツ。

どれも美味い。

食後のお飲物

ドリンクは、コーヒー、紅茶、ハーブティー、エスプレッソから選べました。

2人ともエスプレッソで。 

すると、エスプレッソ用にバニラ風味の砂糖も用意されていました。

きめ細かい配慮がなされています。

食事の際のワインは、お料理に合わせてグラスワインをご用意いただける

ワイン デギュスタシオンを利用。

3種類~4種類で¥2,500~4,500(用意するワインによりお値段が変動)

ソムリエの方が選んでくださったのは、

前菜:シャブリ(白)×2

前菜:コート・ド・ニュイ(赤)、キュヴェ(白)

メイン:バンドール(赤)、ゴビー(白)

リエットやメインの肉料理には赤ワイン、リゾットとメインの魚料理には白ワインでした。

丁寧に作られたお料理の一皿ごとに、シェフの繊細な心配りを感じられました。

そして味も確かだ。 数あるレストランウィーク参加店の中から同店を選んでよかった。

世間の評判がいいのも納得です。

Hand01お会計は、フランスレストランウィークディナー5,000円(税・サービス込)×2に

ワイン デギュスタシオン3,500円×2 とサービス料10%(700円)で合計17700円

帰り際、小玉シェフのお見送りを受けました。

笑顔の優しい方で癒されるなあ。好印象です。

ダイナースクラブ フランス レストランウィーク満足度数は、

★★★★☆ とってもお気に入りです。必再訪(*^・^)ノ

 

レストラン ヒロミチ

東京都目黒区三田1-12-24 MT3ビル1F

TEL        03-5768-0722

営業時間/ 11:30~13:30(L.O.) 18:00~21:30(L.O.)

定休日   月曜

大きな地図で見る

« レストラン ヒロミチ (№1) 恵比寿 | トップページ | チャイニーズレストラン わさ (№1) 都立大学 »

06.フレンチ・スペイン」カテゴリの記事

a-05.目黒区・世田谷区」カテゴリの記事

b-3.東京・神奈川ディナー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。