2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 競馬の話 菊花賞G1 | トップページ | レストラン ヒロミチ (№2) 恵比寿 »

2012年10月22日 (月)

レストラン ヒロミチ (№1) 恵比寿

Hiromiti1

「ダイナースクラブ フランス レストランウィーク2012」

2012年9月24日(月)~10月7日(日) “フランス料理で日本を元気に!”

イベント概要は

通常各レストランで提供しているお料理の価格にかかわらず、
会期中はすべての参加レストランにおいて、ランチ2,012円、ディナー5,000円で
フランスレストランウィークの限定コースメニューが楽しめるというもの
(いずれも税・サービス料込み)

ランチ、ディナーとも、「前菜・メイン・デザート・食後の飲み物」の構成は全国共通。
その内容は各レストランのシェフにおまかせ。 になります。

また、完全予約制で、9月10日(月)10:00から予約スタート。
「一休.comレストラン」もしくは直接お店に電話で申し込みます。
(参加レストランの中には一休.comでの予約が可能なお店もあり。同店は不可)

なお、ダイナース会員の方は、
・9月3日(月)10:00からの先行予約が可能(お一人様よりご予約可能)
・来店時にダイナースクラブカードをご提示いただいたお客様には、
ウェルカムドリンクのサービス。と言う特別サービスがあるのです。

期間中にディナー5,000円(税・サービス込) 訪問したのは、
恵比寿のフレンチ「レストラン ヒロミチ
席数 20席 フランス レストランウィーク提供席数 50% 
営業時間 18:00-21:30(L.O)
同行者は寝太郎さん。

メニュー構成は

■前菜 チョイス
■前菜 チョイス
■メイン 魚か肉のチョイス
■デザート チョイス
■食後のお飲物
ダイナースクラブカード提示によるウェルカムドリンクのサービスあり。

お店へは、恵比寿ガーデンプレイスに向かう動く通路「恵比寿スカイウォーク」を

利用されるのが一番わかりやすいかと思います。

入店し、レストランウィークでの予約の旨を伝えると、案内されたのは店内中央

あたりのテーブル席。 席数20席ですから、この位置からは店内すべての席が

視界に入りました。

テーブル・セッティングは、アンダープレート、ナプキン、フォーク(2)、ナイフ(2)、

グラス(1)、パン皿、 バタースプレッダー。 

テーブルの中央には、角皿に小さいフォークとアルコールランプ。

テーブルクロスは2枚重ねで、タオル地のおしぼりはトレー置き。

お品書きは出されず、最初にフロアスタッフのお姉さんより、レストランウィークで

提供していただくメニューについて説明を受けます。

また、運んでいただいたときにも再度料理のご説明を受けますが、急いでメモして

いますから料理名など、正確さに欠けるかもしれません。

ダイナースクラブカードを提示してゲットしたウェルカムドリンクは、パッションフルーツの

シャーベットを使った美しいシャンパンカクテルでした。

オリーブと梅のマリネ

いきなり、提供メニューからは入りません。

まずは、オリーブと梅のマリネが中央の皿に置かれます。甘酸っぱい。

次も提供メニュー前のアミューズ

ブルーチーズとクルミを練りこんだグジェール。

先ほどのオリーブと梅が甘いので、ブルーチーズの塩気が際立ち、美味しい。

バターの上には、竹炭塩。パンは、なくなるとお替りをいただけました。 

前菜 チョイス

となっていますが、最初の前菜はシェフのスペシャリテで固定されています。

むしろそれは有難い。 人参のムースとコンソメのジュレ ウニ添え。

フランス料理に親しむという趣旨で開催されているイベント。

てっきり量はお試しサイズかと思いきや、きちんと分量がある。

滑らかでコクがあって、ジュレを生ウニ、人参のムースに絡めていただくと最高!

言葉足らずの私には美味しいとしか記述できない。

もったいないから大事に食べたい!頭ではそう考えているのですが、スプーンを

持つ手が動きを止めれない。 なんと、あまりの旨さに連れより先に完食。

前菜 チョイス

連れは、3種類のサラダと豚肉のリエット。頑張って写真も写してくれました。

インゲンはマヨネーズ、紫キャベツはクルミ、人参はオレンジで風味を違えています。

豚肉のリエットもお店によっては臭みが鼻についたり、ニンニク使いがきつすぎたり

するのですが、とてもナチュラルで口当たりも滑らかなリエット。好感度大。

連れは、少し上品すぎなのでは?とも申していましたが・・・

「罰当たりな・・・。寝太郎さん、憎まれ口をきくならリエット没収するわよっ!」( ̄▽ ̄)

前菜 チョイス

私は、ズワイガニ、トウモロコシ、イタリア米のリゾット。

上には焼いたチーズ。手元で砕いてリゾットに散らすとコクと香りがアップ。

米の硬さもパーフェクト。 トウモロコシの食感もアクセント。

激ウマ! 申し分ありませんCrown04

「うふふ。これは、私のチョイスの方が正解ね。」 

と心の中でつぶやき、薄笑いがこぼれていたのでした。

                                      -№2に続く- 

« 競馬の話 菊花賞G1 | トップページ | レストラン ヒロミチ (№2) 恵比寿 »

06.フレンチ・スペイン」カテゴリの記事

a-05.目黒区・世田谷区」カテゴリの記事

b-3.東京・神奈川ディナー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。