2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 小千谷片貝まつり大花火大会 №7 中野屋(へぎそば) | トップページ | かるびあ~の (№2) 新橋 »

2012年9月21日 (金)

かるびあ~の (№1) 新橋

Karubiano2

新橋、焼肉・ホルモン「かるびあ~の」  魔神さんたちとのお食事会の記録です。

私自身あまり焼肉をいただく機会がないため、お食事のレポは、

知識豊富で信頼性のある魔神さんにお任せしたいと思います。

ご興味のある方は、「ドダン・ブーファンのポトフ」をご覧になってくださいね。

私は、個人の備忘録として残します。

さて、「かるびあ~の」のウリは短角牛。赤身の旨さを楽しめるお店とのこと。

お店の場所は、JR山手線新橋駅烏森口から、烏森通りを日比谷通り方面に直進し、

新橋三丁目交番前を左折した道沿いになります。

(と、えらそうに書いていますが、烏森口で待ち合わせをした魔神さんに道案内を

していただき、連れて行ってもらっています)

予約時間に到着。小ぢんまりとした店内は細長い造りで、奥にカウンター席、

入り口近くに4人掛けのテーブル席。 

本日、予約で押さえていただけたのは、そのテーブル席で4人でのお食事。

テーブル・セッティングは、ランチョンマット、お皿(2枚)、使い捨て紙エプロン、

お店のロゴ入り箸袋に入った割り箸。

着席したところで、タオル地の冷たいおしぼりが配られました。

卓上には、焼肉用のタレ、岩塩、唐辛子。

お通しはざっくりきられたキャベツ。 ゴマとニンニクの効いたタレをつけて食すようだ。

クリームチーズの味噌漬け@630

クリームチーズを味噌に漬けたものですが、味噌の香り自体はきつくない。

コクがあって、お酒のつまみに良い一品。

白金豚(岩手花巻のブランド豚)のソーセージ@630とハツのミニステーキ@945

でっかいハツは、歯ごたえ十分。

顎をしっかり動かし肉の旨味を噛み締めるのだ。ワイルド、ワイルド♪

鮮度良く、臭みはまったくなし。

白金豚ソーセージは自家製。 粗挽きでスパイシー。美味い!

牛ハラミのステーキ焼@1785×2

うう、霜降りだ。じゅるる。

このお肉は、料理長さん(おそらく?)が焼き、面倒をみてくれます。

焼き上がりの良いところで、アルミホイルで包み休ませ、最後に表面を炙り、

切り分けてくださいました。

※魔神さんのサイトを拝見すると「ウエット・エイジング」について
学習できます。

わさび醤油でいただきます。

先ほどのがうまい!とすると、こちらは、語尾がのびる感じでうまーいW04

(ノブロー) 今回、むーさんがお店プランニングしてくれただ♪

お陰でうめえ肉が食えるだよ。ありがてえだ。

一本ホルモン@980×2

一本ホルモンはマルチョウ(小腸)。

よく洗って内と外を裏返したもの。これは外側に脂がついているため。

器の中に収まっていたときは、普通なのですが、

炭火で焼かれると、むにゅむにゅ膨らんでくる感じ。

なんだか、網の上で特殊な生命体が誕生してくるみたい。ちょっと怖い。

その生命体も、ほどほどのところで料理長さんがカット。

腸壁が厚いようでしたが、私は満足。

表面はかりっと、中はじゅわわっといただけました。

お酒は、生ビール@490の他、デキャンタ赤ワイン@2500、ボトル赤ワイン@3800を注文。

次は、いよいよ短角牛の登場になります。

                                         -№2に続く-

« 小千谷片貝まつり大花火大会 №7 中野屋(へぎそば) | トップページ | かるびあ~の (№2) 新橋 »

10.韓国料理・焼肉・その他グルメ」カテゴリの記事

a-01.港区」カテゴリの記事

b-3.東京・神奈川ディナー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。