2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 秋の大収穫バスツアー | トップページ | 競馬の話 スプリンターズステークスG1 »

2012年9月29日 (土)

四季旬菜 かん 銀座

Kann

銀座、和食 「四季旬菜 かん」 (しきしゅんさい かん) 

場所は、外堀通り、西銀座五丁目と西銀座六丁目の間の裏通り。

ちょっとわかりにくい場所なのですが、こういう裏路地に目的のお店を見つけると

ドキドキします。暖簾をくぐり店内に入ると左手にカウンター席とテーブル席が2卓。

予約の旨を伝えると、1階、厨房前のカウンター席へどうぞ、とのこと。(2階席もあります)

カウンターの中には男性の板前さんが2人。

ホールを担当するのは、主に女性の方でしたが、年配の男性もお1人。

着席するとまず出されるのは、くるくるとねじられたおしぼりと丸盆の上にのせた

お通し。お椀は熱々をもってきていただけますので、一番あとになります。(計4品 1200円)

これが、最初からびっくりするほど美味いのだ。特に記憶に残っているのは

和出汁が効いた旬のキノコ、銀杏など具沢山のお椀。

さて、今回アラカルトで注文していこうとコース料理は予約していなかったのですが、

ホールのお姉さんの話によると、

「このあともお客様の予約があるので、お料理がたてこみます。
あらかじめ、お料理の注文をお願いします」とのこと。

厨房も大きくはありませんので、それはわかるのですが

注文をせっつかれるのは、あまりいい気分はしない。

天然刺身 おすすめ2人前盛り@3000~

鰹、秋秋刀魚、小肌酢〆、白イカ、マグロ他

薬味はわさびと生姜。普通のお醤油とカボス醤油も出していただけました。

もちろん、美味い。

また、ホールスタッフさんは、やたらと片付け好きなのだ。

お料理が何品か出てしまうと、それだけで、テーブルは狭くなる。

さっさと食べない私がいけないのでしょうが(大事にしていたのだ)

刺身は小皿に移し変えられた。その際、大葉の下のつまが目減りした感が・・・(涙)

客とはうるさいもので、片付けが遅ければ遅いで不満をもつ。

ちょこちょこ手を出されるとそれはそれで鬱陶しい。

主導権を握りたくなるものなのかもしれません。

おでんはアラカルトで注文。

ちくわ麩、昆布 各@200 じゃが芋、厚揚げ、ごぼう巻き、大根 各@300

上にはネギ、とろろ昆布、柚子皮、糸唐辛子。

醤油控えめの出汁の効いたおでんつゆ。

ちくわ麩は、まだ中が硬い感じでしたが、他の練り物はものはベストの状態。

じゃがいもは、まわりが柔らかくなって箸でつかもうとするとホロホロと崩れてしまう。

煮崩れ?いえいえ、私はこのホロホロじゃがいもをつゆと一緒に“飲む”のも好きです。

おでんの上の、とろろ昆布も関西風のつゆならでは♪ 

からし、柚子胡椒、味噌 

私はもっぱら柚子胡椒派。同店の柚子胡椒はかなり食感がある。美味い。

余談ですが、自宅のおでんには里芋を入れています。

くりから鰻串 3串@1300

脂がたっぷりなので、薬味はわさび。

西京焼き@1500

この日は鮭。 だんだん舌が贅沢になってきたのか、酒がまわりはじめてきたのか

美味しいはずが、これぐらいだと普通に思える。

釜飯@1500と味噌汁@350×2

この日は、とり釜飯。味噌汁はなめこ。

2人でお茶碗各1杯だけ。

残念なのは、炊いた釜をテーブルまで運んでいただけなかったこと。

酒の〆ですから、量には不足はないのですが、釜飯というからにはお茶碗に盛られた

状態だけでなく、ちゃんと“釜”で炊いたという裏づけが欲しかったなあ。

お酒ですが、日本酒だと1合1000円台が主流。(800円もあります)

ホールの男性がおすすめしてくる日本酒には1800円というものも。

したがって、お会計は、なかなかいいお値段になります。

退店時には、板前さんがお店の外までお見送り。

接客に関しては、少し自分の波長と合わない点もありましたが、

全体を通して、お料理の味は良い。

ひょっとしたら銀座の裏路地には、まだまだ出会えていない美味しいお店があるのでは?

同店のお陰で、裏路地に興味が湧いてきました。

「四季旬菜 かん」、ちょっぴり秘密めいていて、大人の和食を楽しめるお店。

和食満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。

 

四季旬菜 かん (しきしゅんさいかん)

東京都中央区銀座6-4-1

TEL      03-3574-2110

営業時間/ 月~金 17:30~03:00(L.O.02:00) 土 17:30~22:00(L.O.21:30)

定休日    日曜・祝祭日

大きな地図で見る

« 秋の大収穫バスツアー | トップページ | 競馬の話 スプリンターズステークスG1 »

02.和食全般」カテゴリの記事

a-02.千代田区・中央区」カテゴリの記事

b-3.東京・神奈川ディナー」カテゴリの記事

コメント

なかなか雰囲気の良いお店ですね。happy01

お料理もお酒が進みそうなものばかり・・・・・heart04

そうそう、食器の片付けに関しては私も酒飲みなので「美味しいものは大切にゆっくりと味わいたい派」です。
従って、各器に料理が少しずつまんべんなく残る状態になり自ら焦りだしますsweat01

先日も、旅館でお刺身の舟盛りが出てこれを大切に食べていたところ、仲居さんに「生ものお好きじゃないのですねdespair」といわれ下げられそうになりましたdash

白熊二代目さん^^
>「美味しいものは大切にゆっくりと味わいたい派」
同感ですーーhappy01 もう、大事に大事にしてい人なのですが。
こちらの和食、味は良いと思います(o^-^o)
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

この記事へのコメントは終了しました。

« 秋の大収穫バスツアー | トップページ | 競馬の話 スプリンターズステークスG1 »