2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 銀座小はれ日より (№2) | トップページ | 南印度ダイニング ポンディバワン 武蔵新田 №34 »

2012年8月 2日 (木)

福琳(フクリン) 麻布十番 

Fukurinn

お一人ランチは麻布十番、台湾料理「福琳」(フクリン)

場所は麻布十番駅、4番出口から徒歩1分。

以前、和風居酒屋「いち尾」を記録させていただきましたが、「福琳」も同じビルの2階。

階段を上り、右側(いち尾)と左側(福琳)という位置関係です。

小ぢんまりした店内は、テーブル席のみ。

今回は、窓際の端の席を使用させていただくことになりました。

テーブル・セッティングは、箸置き、箸は横置き。

テーブルクロスは撥水や防水のための加工が施されている。

また、卓上にはメニューとボックスティッシュあり。

着席すると麦茶が運ばれてきて、注文を通すとメニューは下げられた。

魯肉飯(ルーローハン)とは、台湾の煮込み豚肉かけ飯。 -wikipediaより-

本日のお目当ては、この台湾魯肉飯のセットです!

台湾魯肉飯と汁ビーフンセット@900

野菜サラダ、漬物(タクワン、ザーサイ)付。

汁ビーフンは、ビーフン、もやし、水菜、高菜、ネギ、干しエビなど。

スープは白濁。あっさりしているようで、独特の深みがある。

台湾魯肉飯の豚肉は、八角が香り、ホロホロに柔らかく煮込まれ、肉からの

コクも加わり、甘しょっぱい。 私自身、台湾は行ったことがないのですが

本場は、こういう感じなのかなと想像力を掻き立てられます。

ただ、一つ気になったのは米の質がいまひとつだったことでしょうか。

台湾料理は、馴染み深くないため控えめな満足度数になりますが

ランチ満足度数は、★★★ 日常的なら満足です。

 

福琳 (フクリン)

東京都港区麻布十番2-20-5 2F

TEL      03-5445-4774

営業時間/ 11:30~15:00 17:00~22:30

定休日    無休

大きな地図で見る

« 銀座小はれ日より (№2) | トップページ | 南印度ダイニング ポンディバワン 武蔵新田 №34 »

01.中華料理」カテゴリの記事

a-01.港区」カテゴリの記事

b-2.東京・神奈川ランチ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。