2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 御膳房(ごぜんぼう) (№2) 六本木 | トップページ | マルイチベーグル (MARUICHI BAGEL) 白金高輪 »

2012年8月23日 (木)

ピッツエリア エ トラットリア ダ イーサ (Pizzeria e trattoria da ISA) 中目黒

Daisa

ピッツエリア エ トラットリア ダ イーサ」(Pizzeria e trattoria da ISA)

場所は、東急東横線、東京メトロ日比谷線、中目黒駅下車。

山手通りを東山方面に進行した道沿い。

同店は、食べログサイトによると
「世界ピッツア選手権チャンピオン山本尚徳がピッツア職人兼社長を務める
ナポリピツァの店」として紹介され、とても有名です。

実は、数日前に予約の電話をしたところ、

予約席はすでにいっぱいで外のテラス席をお待ちいただければ、

と、お店の方から提案を受けたのです。

やっぱりなーー。でも、ピッツァ食べるのに、待つのもなあ。。

日にちを改め、仕事帰りの平日の夜、しっかり予約席を確保してから向かいました。

(時間制限があり、私達が利用できるのは18時30分より20時40分までとのこと)

予約時間10分ほど前に到着。

スタッフの方の案内で店内の2人掛けのテーブル席に着席しましたが

これが狭いなんてもんじゃない。 

椅子をひけば、他のお客様に当たってしまうほどで身動きするのも憚られる

ような状態です。 荷物を置いておくスペースも見当たらず、床に直置き、

隣の席のお客様の会話も丸聞こえで、お世辞にも居心地が良いとは言えない。

「激太りしたらこの席にも座れないね。」と、連れにつぶやいた。

「本場のピッツェリアってこんなものかもしれないよ。」

先日、魔神さんたちとご一緒させていただいた

永福町、ピッツェリア「マッシモッタヴィオ」がお料理だけに留まらずその空間も

広々として快適にお食事ができたためか、連れの返答もあまり耳に入らない。

テーブル・セッティングは、小皿、ナプキン、フォーク、ナイフ、使い捨て紙おしぼり。

テーブルクロスは2枚。 上のものは、撥水や防水のための加工が施されているタイプ。

PROSCIUTTO CRUDO(生ハム)@1000

MARINARA(マリナーラ)@1450

トマトソース、バジリコ、ガーリック、オレガノ。

トマトソースはフレッシュですが、スライスガーリックが生っぽい。

ごく普通のビジュアル。 他には、特筆なし。

FORMAGGI(クアットロ フォルマッジ)@2350

モッツァレラ、ゴルゴンゾーラ、タレッジョ、パルミジャーノ。
マリナーラよりは好み。

同店のピッツァは、塩分がしっかりしていて耳の部分は噛み応えを感じました。

そうそう、ボトルワインは3000円台後半が一番リーズナブルなんです。

スタッフの方の話によると、

本日は4000円台のワインのほうが美味しいですよっ!とのこと。

ここがゆっくりワインとお食事を楽しめる環境ならば、それもアリなんが・・・。

4000円きっかりでいただけるならということで手をうち、おすすめに応じました。

写真はそうしたいきさつで注文した トレンティーノ シャルドネ ボッリーニ@4000

ワインクラー(氷入り)に入れて出してくださいました。味は、まあまあ。

会計を済ませ外にでると、お客様が並んでお待ちです。

Hand01 お会計は、2人で、上記お料理とお酒のほか、

生ビール(レーベンブロイ)@550×2で合計9900円。 明朗会計。

ピッツァ生地自体は美味しいと思いますが、何しろ食事をしていてくつろげないのが

私にとって、一番のダメージ。

総合的に判断させていただくと

ピッツェリア満足度数は、★★★☆ 消極的に好き。ご馳走さまでした。

 

ピッツエリア エ トラットリア ダ イーサ (Pizzeria e trattoria da ISA)

東京都目黒区青葉台1-28-9

TEL     03-3289-5665

営業時間/  Lunch 11:30~14:00 Dinner 17:30~22:00(L.O)

定休日/   6月より、月曜と火曜(昼)、第2火曜日は終日

大きな地図で見る

« 御膳房(ごぜんぼう) (№2) 六本木 | トップページ | マルイチベーグル (MARUICHI BAGEL) 白金高輪 »

05.イタリアン」カテゴリの記事

a-05.目黒区・世田谷区」カテゴリの記事

b-3.東京・神奈川ディナー」カテゴリの記事

コメント

2度も世界一に輝いた、ピッツァイォーロ(ピッツァ職人)のいる店に、辛口ですこと・・・
冗談です(笑)。

自分が行った時には、世界一のはずの山本尚徳氏が、片っ端から機械的に雑に焼いて、味は悪くありませんでしたが、期待した程じゃありませんでした。

ちなみに、イタリアのピッツェリアは、日本で言うラーメン専門店みたいな位置づけなんで、快適さは目をつぶった方がいいですよ。
マッシモッタヴィオは、前菜、パスタ、ピッツァ、メイン、ドルチェと経営形態は、高級イタリア料理並みでしたし、値段もいい値段でした。
イタリアでは、メニューにピッツァ、それもマルゲリータとマリナーラしかなく、前菜、パスタ、メイン、ドルチェ全て置いてなく・・・そしてカフェすらない店もあるそうです。
ピッツァの値段…日本円にして千円以下。

魔神さん^^
こんばんは!コメントありがとうございます。

世界一に輝いた味、どんなものなのかいただいてみたいと
ワクワクしながら訪問しましたがやはり、魔神さんと同様、
期待したほどではなかったので残念でした。

>快適さは目をつぶった方がいいですよ。
そうなのでしょうが、やはり一度「マッシモッタヴィオ」さんのような世界を
知ってしまうと、贅沢になってしまいます(^-^;
>機械的に雑に焼いて
同感。一個人の思いなのですが、あれだけの繁盛店となると
慢心が見えて心動かされるものがなくなりますね。
辛口で申し訳ないですm(_ _"m)ペコリ。
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

この記事へのコメントは終了しました。

« 御膳房(ごぜんぼう) (№2) 六本木 | トップページ | マルイチベーグル (MARUICHI BAGEL) 白金高輪 »