2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 味坊(アジボウ) 神田 | トップページ | ロンフーダイニング 大手町 »

2012年7月28日 (土)

タイペイ (Taipei) 蒲田

Taipei

蒲田、台湾厨房「タイペイ」(Taipei)

蒲田西口商店街、サンライズのアーケードを抜けた先の右手側に見えてきます。

お店の前を通ったことのある連れ(寝太郎さん)の話によると、

入り口には小籠包のためのスペースもあるとのことで、小籠包がウリの様子。

(ノブロー) 近所の蒲田でも、普段使いできる店がでけるとええな。

まだ綺麗な店内ですが、大衆的な雰囲気もある。

厨房内のコックさんも接客にあたられているお姉さん方もカジュアルな服装だ。

私達は奥のテーブル席に着席。

おしぼりは手渡し、水と箸袋に入った箸がセットされた。

メニューは卓上に置かれていたので、キリンラガービール(中瓶)@500を注文し、

料理を決めることにしました。

ビールとともに出されたのは、ザーサイの細切り。

メニューの一部。注文しやすい価格帯でお料理が置かれています。

紹興酒のボトルは2種類。一番リーズナブルなもので1800円から。

小籠包(8個)@980

肉汁たっぷりの手作り小籠包。

台湾厨房 Taipei さんの「小籠包のおいしい食べ方」を参考に。

千切り生姜に、醤油、酢などを使っていただきました。

スープの中にも化学調味料の味はほとんど感じられず、肉餡も美味い。

空芯菜@880

はじめてなので、店のお姉さんにお勧めを聞いたところ

「匂い、辛さは大丈夫か」と確認の上、メニューにはなかったのですが、こちらを推奨。

一緒に台湾のタレを出してくれた。ニンニクの効いたタレで、大根もちにも合うとのこと。

空芯菜炒め自体は、やや薄味。強い化学調味料も感じられず自然な風味。

(ノブロー) タレは、これだべかっ。

(みに) やだ、ノブローさん。それ、伝票立てじゃないの??

(ノブロー) こいつ、おもしれえ。気にいっただ。

(みに) 調子にのって空芯菜炒めの中にドボン!しないでね。ニンニクくさくなるわよ。

大根モチ@480

屋台感覚が楽しい大根モチ。先ほどのニンニクの効いたタレも再登場。

紹興酒@1800

お店のおかみさんは1800円のものより2300円のものを強くプッシュ!

酒に意地汚い私達は、もう1本お替りすることを念頭に1800円のものを選んで大失敗!

不純物を多く感じてしまった。素直にアドバイスを聞いておけば良かったと反省。

チェイサーに、お水を頼んだところ300円。

しかし、これはミネラルウォーターなのか水道水なのか、疑問の残るところ。

その後、紹興酒がどうしても口に合わず、お会計をすることにしました。

一個人の希望ですが、紹興酒については、もう少し、幅を広めて種類を置いて

くださると選択肢が出来るので嬉しく、足が向くと思うのですが。

いただいたお料理の中では、やはり小籠包が美味しかったです。

お会計を済ませると、なぜかペロペロキャンディーをいただけました。

接客については、オペレーションがスムーズでない面もありましたが

これもこれからでしょう。

私としては、気になるほどではなかったと思います。

お会計は、2人で上記お料理とお酒で合計4940円。

中国料理満足度数は、★★★ 日常的なら満足です。

 

タイペイ(Taipei)

東京都大田区西蒲田7-51-13

TEL      050-5798-7627

営業時間/  11:00~14:00 17:00~24:00

定休日/   無休 

大きな地図で見る

« 味坊(アジボウ) 神田 | トップページ | ロンフーダイニング 大手町 »

01.中華料理」カテゴリの記事

a-06.品川区・大田区」カテゴリの記事

b-3.東京・神奈川ディナー」カテゴリの記事

コメント

入口のにメダルを首にかけた、シェフの写真・・・恐らく名のある大会で賞を取ったんでしょうね。

台湾しじみ漬け・・・醃蜆仔(ヤン・ズィヤン・ジー)と言う、台湾ではポピュラーな料理ですよ。
今度食べてみて下さい。

台湾風牛肉の醤油煮込みは、もし店自家製なら、食べる価値ありですよ。

>スープの中にも化学調味料の味はほとんど感じられず、肉餡も美味い

素晴しい!
料理も期待出来そうですね。

台湾出身の料理人の場合、注意が必要です。
単純に、台湾固有の料理を食べれば良いという訳ではないのです。

もしも台南出身なら、台湾固有の料理を食べるべきです。
台中出身なら、台湾固有の料理か、または料理人が客家(はっか)なら(新竹市出身が多い)、客家料理を食べるべきです。
台北の場合、中国各地の料理がありますので、その料理人の得意なものを食べた方が良いです。

中国共産党は、罪がなくとも富裕層を残酷に処刑しました。
国共内戦で、1948年に蒋介石率いる中国国民党が敗戦した際、中国各地の富裕層が、中国国民党に従って、台湾に逃れて来ました。
その多くが台北に住みましたので、現在台北では、中国各地の料理が味わえます。

小籠包は、江蘇料理。
この料理人は、店名の通り、台北出身なんでしょうね。

自分も、この店に行ってみたいですね。

魔神さん^^
こんにちは!コメントありがとうございます。
わざわざ魔神さんに足を運んでいただけるような店なのか?
ドキドキです( ̄Д ̄;;
表の写真には、料理人 鄭文照 氏。
台北中華美食大会 優勝。
鼎泰豐、台湾青葉、ハイアットホテルなどの経歴を持つ台湾料理人
として紹介されています。

台湾料理をいただくにも、いろいろな留意点があるのですね。
私としては、久しぶりに紹興酒に撃沈してしまって
記憶もあいまいなところがありますが、接客にあたられた
お姉さんは感じがよかったです。 
お客様があまり入ってこなかったのが、気になるところ・・。
立地のせいかなーー??
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

この記事へのコメントは終了しました。

« 味坊(アジボウ) 神田 | トップページ | ロンフーダイニング 大手町 »