2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 聘珍樓(肉包) 横浜中華街 | トップページ | 加賀屋 蒲田 »

2012年7月 6日 (金)

横濱人(はまじん) 石川町

Hamajinn

横濱中華街あと、番外編。

お立ち寄りは、元町のメインストリートから脇道に入った、創作和食酒房「横濱人

魔神さんのご友人でもある日本酒好きなメンバーのお一人に

くっついて同行させていただきました。

なんでも同店には、お目当ての日本酒があるそうな。

そう聞いたら飲んべえとしては、すっこんでいられない。興味津々だ。

店内に入ると、コンクリート打ちっぱなしの内装に木製の椅子とテーブルが配置され、

いたってカジュアル。店員さんもお店のロゴの入ったTシャツで軽快に接客応対。

確かに日本酒の一升瓶が並び、品揃えは豊富のようだけど、

日本酒というと一枚板のカウンターで、しぶーく味噌でも舐めながら飲む。

なんてものを想像していたのでちょっと驚いた。

しかし、浅草の「酒の大枡」しかり、先ごろはこうした傾向なのかもしれない。

同店は、十四代取扱店。

日本酒に力を入れている店であるか否かは、一つの目安として

十四代がメニューにあるかどうかで判断できるとのこと。

さて、お目当てのお酒は「而今」(じこん)

ここで日本酒豆知識。

日本酒の名称による分類なのですが、メンバーさんに教えてもらったところ

「純米」は混ぜものをしていないという意味とのこと。

では、「吟醸」や「大吟醸」はと言うと、醸造アルコールを添加。

じゃあ、「純米吟醸」や「純米大吟醸」は?

混ぜものをしない+醸造アルコールを添加 なんじゃ?合体技か??

とても私の理解力や文章力では記せないので

http://www.japansake.or.jp/sake/know/what/02_02.html

関心のある方は、こちらをご参照ください。精米歩合が関係するようです。

お通しは、鶏つくねとかにかま天。

お酒は竹筒の中にクラッシュアイスを詰め、その中に徳利を入れる形で供されました。

而今 八反錦 純米吟醸@945からはじめ、而今 雄町 純米吟醸@1050、

而今 五百万石 純米吟醸@945、而今 千本錦 純米吟醸@945 を次々に完飲。

もちろん、その都度、お猪口は変えてくださいますが

これだけ而今が揃えられていると、迷ってしまう。

日本酒経験値の高いメンバーさんが頼りだわっ。

酒の肴は、なめろう@650

たたみいわし@680

山間 五号・中採り 無濾過原酒@945

山間 鬼山間@840

真っ赤かのお顔が険しい「鬼山間」

(レンタロー) オラ、而今 千本錦のてっぺん とっただ♪

お会計は、3人で、その他控え忘れを含め、合計10082円。

連れの書いたメモには、而今 五百万石 純米吟醸 スゲー!!との文字。

美味しい日本酒をご紹介いただいて、現在連れはひそかに日本酒ブームのようです。

お料理はあまりいただいておりませんし、お店の雰囲気などを含め

総合的には居酒屋満足度数は、★★★☆ですが、

これだけ希少な日本酒が取り揃えられているとは驚きだ。

日本酒は満足度数★★★★を記録したいお店だと思います。

またこのあたりに来たら日本酒を飲みに寄ってみよう(*^・^)ノ

 

横濱人 (はまじん)

神奈川県横浜市中区元町1-31

TEL          045-681-5225

営業時間/      11:30~15:00 17:00~24:00(L.O.23:00)

定休日   不定休

大きな地図で見る

« 聘珍樓(肉包) 横浜中華街 | トップページ | 加賀屋 蒲田 »

04.居酒屋・ラーメン」カテゴリの記事

a-10.横浜・川崎方面、埼玉県」カテゴリの記事

b-3.東京・神奈川ディナー」カテゴリの記事

コメント

えへへ(≧▽≦)
「ある日本酒好きなメンバー」です♪
むしろMuminと呼んでください!


でも。。。なんか説明したのと少しちがぁ~う。

大吟醸とか吟醸というのは吟醸香に主眼を置いたもので
混ぜ物をするかしないかとは違う軸ということです。

二流の酒造はほんの少しの醸造アルコールで
豊かな吟醸香を出せるなら躊躇せずに入れてる気がします。逆を言いますと
「日本酒の保存がクソだから、保存しない状態で吟醸香をMAXにするしかない」
という杜氏さんの嘆きが混ぜ物に繋がります。

純米。というものはそういう混ぜ物に頼らないお酒。
これは大勝負です。
流通、酒屋、飲み屋さんが十全にお酒の持ち味を出す努力をしないと
本領は発揮できません。
どんな日本酒も間に1人酒のわからん人間が混じると
完全な状態で提供されないんです。
なので同じ日本酒を飲んでも店店で違う味になったりします。
難しい飲み物ですね。

例に出てないですが、混ぜ物をしてる宣言酒は本醸造です。

次回は「え?前回飲んだ而今なのに。。。味が。。。すげぃ!」と言わせます(笑)
同じ日本酒を飲んでも一レベル上の熟成具合。味わってください♪

とまあ、昨夜は酔っ払いがえらそうな投降したようなのですが(苦笑)
酔っぱらってコメント書くものじゃないなぁ~と反省中。
すみません。

考えてみれば、熟成の而今はマスターが「もったいないからとっておいた」的なもので
置いてるかどうかはかなり運次第なのです。

Muminさん^^
こんにちは!
温かいご指導ありがとうございます。
>大吟醸とか吟醸というのは吟醸香に主眼を置いたもので
混ぜ物をするかしないかとは違う軸ということです。

やっぱり、まだまだ自分は日本酒がわかっていないんだなあと痛感。
Muminさんのフォローのお陰でこの記事の層が厚くなりましたぞっ←ひとまかせ。
まだまだ、飲み込みの悪い自分ですが、どうか気長に日本酒のこと、
教育してください。つっこみ大歓迎です!(* ̄ー ̄)v

次回の日本酒はいつかなあ~。
運を天にまかせてみたいのだ(▼-▼*) エヘ♪

それと、
>むしろMuminと呼んでください!
ありがとうございます。ノブローさんはMuminさんのこと
「むーさん」と呼び親しんでいるので、登場時は「むーさん」で
宜しくお願いいたします(^▽^)/
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

いまちょっと病院でとある検査をしているのですが
検査結果確定して、問題なければすぐ企画します!

ちなみに。。。僕もそれほど日本酒詳しいわけではありません(笑)
ほとんどが日本酒詳しい友人たち、行きつけのお店のマスター、ぱぴーに教わった事の受け売りです。
今教わってる人が5人ぐらいいるのですが5人が5人ばらばらな事をいうので、
ネット等で作り方の裏づけ取ったり、実際飲んでみて自分流に解釈したり日々お勉強中です。

地酒の世界は本当に広いです。
しかもものすごい勢いで進化し続けています。
どれを飲むべきかの候補も多すぎて、20年地酒のんでても、
自分ひとりじゃまるで候補を絞りきれません。
20年前によしとされていた事は、その5年後には「最低条件」になっていて、
10年前にその中で突き抜けたお酒が、その5年後には新しい「最低条件」。
ある日本酒に満足したらそこで終わりじゃないんですね。
次の「美味い」を見つけないとどんどん美味くなっていく日本酒の世界で取り残されます。

僕もその一人になれればうれしいですが、
道に迷わないように何人か地酒案内係(?)を用意しておくと良いと思います。


わぁ~い(≧▽≦)
「むーさん」だぁ~(≧▽≦)

Muminさん^^
実は、遠方にお住まいの寝太郎さんのお兄様ご夫妻が日本酒好き。
私は辛口であれば、すいすい飲めるものと思っていたのですが
ご夫妻のお陰でウマ口というものがあることを知りました。

地酒案内人。近くに日本酒にこだわりをもつお店があれば良いのですが。
いまはMuminさんが唯一のぱぴーです( ̄▽ ̄)
日々進化する地酒に取り残されないようMuminさんのおっかけをします!

(ノブロー) むーさんの検査の結果がしんぺえだ。
ねたろも身体のことあーじゃねえ、こーじゃねえ言うだ。
おっかねえ病気はオラが全部食うてやるだで、どんとこいだ!!
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

ノブローさんありがとう!
10人中9人はきっとたいしたことない原因で、
万が一、その1人だとまずいから、念のため検査というだけなので、
おそらくは大丈夫だと思います♪
今週末に一回目の検査結果+二回目の検査。
さらに次の週あたりに出る二回目の検査結果で問題なければ無罪放免です♪

(ノブロー) むーさん、オラ達がついてるで。でえじょぶだ。でえじょぶだ。
無罪放免しねえようなら、許さね。オラが戦ってやるだょ!
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


この記事へのコメントは終了しました。

« 聘珍樓(肉包) 横浜中華街 | トップページ | 加賀屋 蒲田 »