2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 喜多方ラーメン坂内 小法師 蒲田 | トップページ | 銀座小はれ日より (№2) »

2012年7月31日 (火)

銀座小はれ日より (№1)

Ginnzakoharebiyori1

(ノブロー) なあ、レン。ええ玄関じゃねえか。生まれ故郷、中国を思い出すだFuradannsu

(レンタロー) だなあ、オラたちのハウスにも取り付けてえな。

(ノブロー) どんれ、今日はここんちにお邪魔してみるべ。

銀座小はれ日より

東京メトロ、有楽町線 銀座1丁目駅下車。インド・タンドール料理「カイバル」と同じ

昭和通り沿いのビルですが、お店の入り口は通りから横に入った位置。

私は1階のフランス料理店が目印になりました。

同店のHPによると

オーナーシェフ 高橋政貴 氏は、四川料理の伝道者 陳健民氏の愛弟子であり、

日本における薬膳料理の始祖「岡野国勝氏」に教えを受けたという経歴の持ち主。

化学調味料を一切排除した、シェフ自身の「味」と「スタイル」を追求した

新しい中国料理店のスタイルを提供してくださるとのこと。

本日は、おまかせ料理のディナーを予約。

◆おまかせ 5,800円◆
~バランスよく多彩に楽しめる人気のフルコース~
1  秘伝の薬膳スープ
2 心づくしの前菜彩色
3 温菜前にもうひと皿
4 本日の新鮮魚介料理 
5 本日のおまかせ肉料理
6 本日の野菜料理(または豆冨料理)
7 本日の麺料理
8 本日の自家製デザート

ぐるなびによると、内容構成は上記のようになりますが、事前(3日以上前)に

食べたい料理などをリクエストしておくことが可能。 

事情があり日程変更やお料理の相談など、連れ(寝太郎さん)が、何度もお店に

電話をおかけしたのですが、電話口に出られたスタッフ(おおかわさん)は、

面倒くさがらず毎回、気持ちよく対応してくださったとのこと。

階段を降り、銀座耀ビル地下1階がお店。

明るく開放的なオープンキッチンの前には、シェフのお仕事ぶりを拝見できる

カウンター席が設けられ、テーブル席を含めると、ぐるなびでは総席数が25席とのこと。

カジュアルな雰囲気なので、肩が凝らずにお食事が楽しめます。

お店は、キッチンに高橋シェフ、ホールはスタッフのおおかわさん、お二人で切り盛り

なさっておられ、私達が案内していただけたのは、4人掛けテーブル席。

この日、BGMには、ビリー・ジョエルが流れていました。

テーブル・セッティングは、

取り皿2枚、箸置き、箸袋に入った割り箸は横置き、コップ。

温かいタオル地のおしぼりは手渡しでいただけました。

なお、箸置きは紹興酒の甕のクビ部分の破片になるそうです。

1  秘伝の薬膳スープ

お食事前に出されたのは、温かい“漢方スープ”

地鶏ベースに、朝鮮人参、ウコン(鬱金)、ウイキョウ(茴香)、チンピ(陳皮)、

花椒など8種類以上の生薬が使われているとか。 食前酒代わりになるのかな。

この時期、冷たいものばかりを摂取してしまうので、身体に優しい薬膳スープを

お心遣いいただけるのは有難いですね。

と言いつつ、ビールは、キリン一番搾り(中瓶)@850を注文。

2 心づくしの前菜彩色

前菜は6品。お料理には、決まった名前がないとのこと。

また、お品書きはありませんので、説明を受けたときにお聞きしたことや私達が

見たことなどで、記録させていただきますから正確さには欠けるかもしれません。

一番手前は、蒸し鶏の自家製ラー油と漢方のスタミナソース。

下には水菜。漢方の効いた独特のソースが味の決め手になっています。

鴨のスモーク、青菜添え

丁子と花椒の風味を感じました。しっとりとして鴨の脂も噛み締めるほどに美味しい。

白エビの紹興酒漬け

白エビの殻を手剥きします。

紹興酒に漬けられることにより、プリプリとした甘み豊かな身が、一層濃厚になり滋味。

エビ好きの連れは、ミソも美味いぞっ!と大喜び。

ダイコンとキュウリの甘酢漬け

ピータンと豆腐の湯葉巻き

上には、大葉を刻んだものがのっています。

一見すると出汁巻き卵のようにも見えますが、手間を惜しまず作ってくださって

いることがわかります。

ナスとタコのマリネ

エノキダケ、パプリカ、唐辛子など。

甕出し生紹興酒は、「古越龍山」 カラフェ(500ml)@2000×2

チェイサーでお水をお願いしたところ、ボトルで置いていってくださいました。

お水をたくさん飲みたい連れには、これも有難い。

水、水、と毎回お声をおかけするのも、お忙しいときには申し訳ないですから。

さて、紹興老酒になると、熟成12年物で6500円、熟成20年物で8000円という価格設定。

前菜6品、ゆっくり楽しませていただいたところで、おしぼりが差し替えられ

次のお料理になります。

                                       -№2に続く-

« 喜多方ラーメン坂内 小法師 蒲田 | トップページ | 銀座小はれ日より (№2) »

01.中華料理」カテゴリの記事

a-02.千代田区・中央区」カテゴリの記事

b-3.東京・神奈川ディナー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。