2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 香港飯店(プチまん) 横浜中華街 | トップページ | 同發 別館売店(叉焼包) 横浜中華街 »

2012年6月14日 (木)

同發 本館(焼豬頸肉と蜜汁焼腸) 横浜中華街

Douhatuteikuauto

横浜中華街、中華街本通りの広東料理、中華菜館「同發 本館

自宅で同店の焼き物をつまみに一杯飲ろう♪ また 購入してきました。

中華惣菜となれば、お酒はやっぱり紹興酒。

中華街本通りの中華食材・中国食品専業老舗「源豊行」(げんほうこう)にて

紹興老酒(五年陳醸)@893 を購入。

左は、焼豬頸肉(豚トロのチャーシュー)、土・日・祝日限定販売もの。

甘酸っぱいチリソース付き。

右は、蜜汁焼腸(豚肉の腸詰)、HPによると、

「粗挽きの豚肉と背脂をタレと練りこみ1本1本丁寧に作った腸詰め」とのこと。

どちらも計量販売になります。

食べやすく切りました。

スライスしてみると、豚トロのチャーシューは、なかは色白で

想像していたよりは、脂ギッシュではなかった。スイートチリがよくマッチする。

豚肉の腸詰は、超粗挽き。

蜜汁というだけはあり、噛み締めるほどに濃厚な甘みがじゅわじゅわと

口いっぱいに広がるのだ。

なので、急遽、薬味として白髪ネギとキュウリを添えました。

さすが、焼き物の「同發」 それぞれに味わい深く楽しめる。

テイクアウトは、まだまだ他にも試してみる価値はあり。

横浜中華街テイクアウト満足度数は、★★★★☆ とってもお気に入りです。

 

中華菜館 同發 本館

神奈川県横浜市中区山下町148

TEL      045-681-7273

営業時間/月~金・日・祝 11:00~21:30 土・祝前日 11:00~22:30

定休日   第1・第3火曜日

« 香港飯店(プチまん) 横浜中華街 | トップページ | 同發 別館売店(叉焼包) 横浜中華街 »

11.内飯・弁当・土産・取寄せ」カテゴリの記事

b-1.横浜中華街特集」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。