2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

レバーランド 蒲田№8

Rebaranndo

最後の楽園、蒲田立ち飲み居酒屋「レバーランド

ツイッターをなさるお客様が多いとのことことで、箸袋もこのようになりました。

「レバーランドなう」をつぶやいて常連さんたちは集合するのかな。

(ノブロー) オラもつぶやきてえ!なう。してえ!

豚もつのトマト煮込み@380

メニューは定番を除き、変わるのですが、この日の個人的イチオシは

豚もつのトマト煮込み。下処理がきっちりなされているので臭みなどはまったくナシ。

トマトソースの酸味との相性も良く、下手なトラットリアのトリッパを凌ぐ美味しさ。

ハラミ刺し(限定2食)@380

刺しは少々時間がかかるとのことですが、限定食にありつけました。

薬味はニンニクとネギ(2種類) 

こちらも美味し!とても、この値段でいただけるモノとは思えません。

とりカラアゲ棒@100

上記お料理をいただいたあととなると、本日一番普通に思えてしまうのが、カラアゲ棒。

しかし、一串100円という注文しやすい価格は魅力なのだ。

 

レバーランド

〒144-0051 東京都大田区西蒲田7-49-12 辻村ビル 1F

TEL      03-6715-9618 

2012年6月29日 (金)

ワカヌイ (WAKANUI) 東麻布

Wakanui

お一人ランチは、東麻布のグリルダイニング「ワカヌイ」 (WAKANUI)

場所は、麻布十番6番出口、新一の橋交差点を飯倉片町の方向に進み2本目を右折、

紫玉蘭」を越え、一つ目の信号を左折。港法務局の向かいのビルの地下1階です。

同店は、ニュージーランド産の食肉を販売する会社の経営。

表に出されているランチメニューに惹かれて来店しました。

お店に足を踏み入れて、すぐ、やってしまった感になる。緊張。

私はもっとカジュアルなものを想像していたのだ。

すっきりとして広々としたダイニングはとてもスタイリッシュ。

来店されているお客様の中には、身なりを整えた外国人も多く、気分はニューヨーク。

ナイフレスト、ナイフ、フォーク、ペーパーナプキン、グラス と、

予めテーブル・セッティングがなされている。

着席するとグラスに水が注がれ、白タオル地のおしぼりは、トレーに入れて出してくれた。

「カジュアルランチ」と記されていますが、お店の雰囲気は会食という感じ。

この日も麻布周辺のマダムたちの集まりで6名様が、ボトルワインを開けながら

話に花を咲かせている。

正直、この空間にお一人さまは、あまり居心地が良いとは言えない。

造りのせいか、お客様の話し声が反響して耳にとまってしまうのだ。

サラダ

「カジュアルランチには、サラダまたはスープ、ローストポテト、

コーヒーまたは紅茶が付きます。」とのことなので、サラダをチョイス。

気をつけて野菜を取るようにしないと。

外食では、不足しがちになってしまいますからね。

彩り鮮やかなサラダは、サニーレタス、パプリカ(赤・黄)、トマト、

そして、グリル料理を看板にしているだけあってローストチキンが入っている。

これは嬉しい。ボリュームもたっぷりだ。

WAKANUIプレミアムバーガー

カジュアルランチの中から選んだのは、WAKANUIプレミアムバーガー@1280

ベーコンとチーズ(各150円)をトッピングでお願いしました。

トマト、レッドオニオン、ベーコン、チーズ、パティ、レタス、ピクルス、マヨネーズなど。

ケチャップと粒マスタードはココット皿で。 

クレソンとローストポテトも脇に添えられています。

同店では、バーガー用の包み紙はナシ。

このままかぶりつくのは、さすがに無理だと思うのですが・・・。

バンズには焼き目が入っていますが、このバンズが弱々しい。

さらに、この上の写真でも確認できるように、運ばれてきた時点で肉汁が溢れ出て

柔らかいバンズのヒールは、くしゃくしゃの状態でした。

クラウンはケシの実つき。

大口を開け頑張って食べようとすればするほど、ケシの実が四方八方に飛ぶ飛ぶ。

膝の上もテーブルの上もケシの実が散乱。トホホな事態です。涙。

指はびしょびしょになるし、バーガー袋が欲しいと切に願う。

パティは肉々しく美味しいのですが、ベーコンやチーズはいまひとつ。

それぞれのパーツがパティほどの水準には達していない。

付け合せのローストポテトは、腹を膨らませるだけなので、私は途中でリタイア。

コーヒー

同店は紀州備長炭使用。

レジ脇のガラス張りの熟成庫では、お肉がドライエージングされているとのこと。

ランチの選択はバーガーよりもラムチョップ・グリルのほうが正解だったのかな。

サラダ付き、ボリュームたっぷりのWAKANUIプレミアムバーガーですが

グルメバーガーランチ満足度数は、★★★ 日常的なら満足で。

 

ワカヌイ (WAKANUI)

東京都港区東麻布2-23-14 トワ・イグレッグ B1F

TEL     03-3568-3466

営業時間   11:30~15:00(L.O.14:00) 18:00~23:00(L.O.22:00)

定休日    月曜 

大きな地図で見る

管理人からのお知らせ

このたび、当サイトの中華料理に関する記事だけをまとめた別サイトを

立ち上げることになりました。

ブログのタイトルは『本日も中華日和』(http://china-dining.cocolog-nifty.com/blog/) 

中華料理の過去記事がけっこうな数になったことと、私がこれからも中華料理を

食べ歩きのジャンルのひとつの軸として考えていきたい、と語ったところ、

当ブログに「連れ」として登場する寝太郎さんが、

中華料理に特化したブログを作るべし、

と自ら管理人役を申し出てくれたので、お願いすることにしたのです。

基本的には、当サイトの中華版ミラーサイト(過去記事のアーカイブの移植と、

新しいレビューも随時追加)ですが、

寝太郎さんは、さらに自分でも、中国料理についての雑学、

中華にまつわるエトセトラを記事にしていきたい! と張り切っております。

他には、店名を五十音順でも検索できるようにすることなども考えているよう。

コメントへのお返事も自分ですると今から意気込んでいます。

(もっとも、怠け者の寝太郎さんのこととて、どこまで実現できるかは、わかりませんが・・・)

私たち自身の楽しみのために作る姉妹サイトで、まだまだ、建設中なのですが、

お知らせさせていただきました。

                                          平成24年6月10日

2012年6月28日 (木)

中国飯店 富麗華 (チュウゴクハンテンフレイカ) 東麻布

Fureika

中国飯店 富麗華 」(チュウゴクハンテンフレイカ)

場所は、麻布十番駅6番出口を出て、新一の橋交差点(角には永坂更科本店)を

背にし、都道319号線を赤羽橋方面に進行した道沿いになります。

本日は午後半休。連れと待ち合わせで、お得な平日ランチコースをいただきます。

高級感溢れる店内に少し緊張。

普段この前を通っているのだけれど、私には場違いのような気がして

表に出ているメニューだけを見て自分を納得させてきたのだ。

予約の旨を伝え案内されたのは、右手に広がるテーブル席。

二胡の生演奏がBGM。美しい音色が心地よい。

テーブル・セッティングは、位置皿の上にナプキン、箸置き、箸は縦置き。

茶杯とソーサー、小皿。

卓上には、醤油、黒酢、酢、爪楊枝、ティーウォーマー。

温かい白タオル地のおしぼりは手渡しでいただけ、テーブルクロスは2枚敷き。

平日ランチコースメニューは5種類。

  • A スープそばセット@2000(税込)
  • B ミニコース@2500(税込)
  • C 素菜料理コース@3600(税込)
  • D 北京ダックコース@6000(税込)
  • E 飲茶コース@3300(税込)

 ※北京ダックコースは2名様よりお願いできます。

ここで比較したのが、同店HPの休日ランチコース。

かぶるメニューでないものは、スープそばセットとミニコースです。

(飲茶コース、素菜料理コース、北京ダックコースは同じ金額と内容で休日でも

いただけます) となれば、平日しかいただけないミニコースを試してみたい。

こちらは単品メニュー。 一度入ってしまえば度胸もつきました。

今後の平日お一人ランチの参考までに。

点心も追加注文できます。ミニコースなので何か追加しようと思います。

紹興酒は一番リーズナブルなところで4200円から。

(ノブロー) ミニコース、注文したで、マスタードと豆板醤が出てきただよ。

(みに) そう!ここの豆板醤、最高に美味しいのよね。辛うま!絶品!

コースの途中でお替りをお願いしちゃったわ。 

B ミニコース@2500×2

・本日の焼き物前菜

ハチミツチャーシュー。

皮目は、ぱりっと中はしっとりとコク深く甘みも上品だ。美味い!

これは先のお料理が楽しみだ。

(ノブロー) うめえもんは少量でも満足できるってーけんど、

こいつはもっとごっちゃんになりてえな。

・点心三種盛り合わせ

蒸篭に入っているのは、もずく入り蒸し餃子と野菜入り蒸し餃子。

もずく入り蒸し餃子

もずく、ニンジン、干しシイタケ、タケノコなど。

しっとりとした餡でまとめられてます。

野菜入り蒸し餃子

ニラ、干しエビ、豚肉など。

双方ともに吸い付くような美しい皮。 餡も皮も品が良いのだ。

別皿に、大根モチ。

干しエビ入り。素材の甘みと旨みが十分に出ている。

ねっとりとした口ざわりですが、少しも重たさを感じさせない。

・冬瓜と蟹肉のとろみスープ

冬瓜は摩り下ろしたものと刻んだもので食感に変化をもたせています。

淡白な味わいですが、むちゃくちゃウマイ!!Crown04

・豚ひき肉と塩漬け魚の煎り焼き

お店の方が、取り分けて提供。付け合せは、ブナシメジと青梗菜。

塩漬け魚は、ハムユイ(発酵させた干し魚)とのこと。

豚ひき肉は、歯ざわりを楽しめる粗挽き。

香ばしく焼かれており、ハムユイの香りと旨みも活きている。

(ノブロー) 外側はかりっとだで。

次は、お食事と言うことなので追加注文をしました。

・チャーシューパイ

通常は三個@693なのですが、人数分の二個@462でも注文が可能。

パイ生地は手作り、作りたてと言う感じでさっくりしている。

甜麺醤が効いており、ゴマの風味も感じられた。甘めで、デザートっぽい味わい。

・杏と空豆の海鮮入りチャーハン

お店の方が、取り分けて提供。ザーサイ付き。

杏、空豆、エビ、貝柱、ネギ、刻みザーサイなど。ぱらっぱらの仕上がり。

ほんのり甘酸っぱい杏が見事にマッチしている。

香り、食感、味わい、全てにおいて満足度の高いものでした。美味しい。

(ノブロー) 全体図はこんなだでー。

紹興酒は、陳年紹興花彫酒 3年熟成(640ml)@4200 

ストレートでいただきましたが、脚の付いていないシンプルなグラスで。

ティーウォーマーで、ジャスミン茶を温める。

ちょっと贅沢な気持ちになるのは私だけでしょうか?

・タピオカ入りココナッツミルク

美味しいのですが、このコース料理の中では一番普通に思えてしまいました。

さすが、富麗華Crown04 

ミシュランガイドに掲載されるだけのことはある。

平日のリーズナブルなランチコースも手を抜いていない。その誠実さが素晴らしい。

いただいたミニコース料理、全てにおいて味が上品で、丁寧に作られたことが

窺える美味しいものでした。 脱帽。

Hand01お会計は、2人で、

上記お料理とお酒のほか、ビール(中瓶)@735で、合計10397円

平日ランチ使用のミニコースについて記録させていただくと、

他店のものと比べ抜きん出ていると思います。

中国料理満足度数は、★★★★★ 特別です。 必再訪(*^・^)ノ

 

中国飯店 富麗華 (チュウゴクハンテンフレイカ)

東京都港区東麻布3-7-5

TEL      03-5561-7788

営業時間/11:30~14:00L.O. 17:30~22:00L.O.

定休日   無休

大きな地図で見る

2012年6月27日 (水)

升亀本店 神田

Masukamehonntenn

せっかく神田まで来たのですから、このまま帰るのももったいない。

お立ち寄りはJR神田駅、高架下の大衆酒場「升亀 本店

お通しは、茹でた鶏に味付けをほどこしたもの。

冷えていますが、ここらへんはご愛嬌。なんたって100円/人です。

ホッピーは白のみ。380円×2、マドラーはついてこない。

これも割り箸で代用できるからいいのだ。

あじたたき@500

けっこう厚切り、薬味は生姜。

(カズロー) 活気溢れる升亀さんにお邪魔できただ♪ 席空いててよかっただ。

ちくわ天@360

衣に青のりの入ったちくわ天。薬味は生姜。

天つゆを2つで持ってきてくれました。

こういう心配りは嬉しいものです。

少々、油っぽい、ちくわ天も美味しくいただけちゃうのだ。

途中、オラーズのレンタローがおつまみの周りをうろちょろしていると

お店の赤いシャツのおじさんに発見されてしまいました。

レンがびっくりして私のバッグに隠れると

「その子は恥ずかしがって、なかなか出てこないなー」とお声がけあり。

おじさん、優しい人なのかもしれない。よかったね、レンちゃん。

中高年を中心に男性色の強い店内、数えたところ女性は数人。

いい塩梅にサラリーマンの熱気でごった返しています。

ガード下には、人間の機微を肌で感じられるものがあるなあ。

Hand01お会計は、2人で上記お料理とお酒のほか、レモンサワー@300

なか@280 のお替り2杯ほどで合計2814円 。 安い!明朗会計だ!

居酒屋満足度数は、★★★ 日常的なら満足です。

 

升亀 (ますかめ)

東京都千代田区鍛冶町2-14-2

TEL          03-3254-1639

営業時間/  11:00~23:00

定休日   日・祝 

大きな地図で見る

2012年6月26日 (火)

五指山(ゴシザン) 神田

Gosisann

中国料理「五指山」(ゴシザン)

場所は、神田駅西口から西口商店街を抜け、外堀通り沿い。

平日の夜に予約の上、訪問。 

お店は細長い造りで、入ってすぐの位置に4人掛けのテーブル席が1卓。

厨房前の通路にはカウンター席が設けられ、奥にもテーブル席が2卓ぐらいは

あるのですが、総席数は18席ほどでとても小ぢんまりしています。

早い時間だったためかお客様はまだいらしていない。

お好きな席にどうぞ、とのこと。

ちょっと奥のテーブル席を覗くとお隣にお客様がいらっしゃると窮屈にも思え

贅沢にも入り口近くの4人掛けテーブル席を使用。

おっとーー!なんだこれは??券売機じゃない。

麻婆豆腐や担々麺はここで発券するのか??

そしたら、この前にドンと座っていたら邪魔じゃないか。

お聞きしようかと思ったのですが、お店はお2人で回しており、厨房に入っていらして

少し声をかけづらい。

まあ、この席を選んだときに何も言われなかったからいいんではないか?

きっとこの券売機はランチタイム用だよ。 と勝手に思いこむことにしました。

BGMはレゲエ。 

着席後、使い捨てペーパーおしぼりと袋入り元禄箸がセット。

まずは、ビール(キリンラガー)中ジョッキ@500×2

ディナーメニューは、白板から選びます。

牛アキレスけん醤油煮@1500

陶器の片手鍋で供されました。ネギ、ニンニクがしっかりはいっている。

ゼラチン質がたっぷりでとろとろだ。

絶品とは言いがたいのですが、好感のもてる味付け。ご飯が欲しくなります。

(ノブロー) どんれ、オラたちも味見してえだ。

ここで、紹興酒。同店のものは、ボトルでも注文しやすい価格帯。

白酒もボトルで置いてあるのだ。

女児紅 壷(500ml)@1800

目の前でボトルを開封してくれました。

白身魚(タイ)のピリ辛煮 山椒油仕立て@1500

水煮魚は、小サイズで1500円、中サイズは2400円。

「骨があるので、気をつけてください」とのご指導あり。

お玉は2種類。ひとつは穴あきです。

実山椒、豆もやし。

私には少し魚の生臭さを感じたのですが、連れは大丈夫だった様子。

白身魚には薄い衣がついています。

ピリ辛風味。もちろん実山椒をかじるとビリビリです。

(ノブロー) オラもビリビリで、四川の極意を極めるだ♪

(みに) 止めときなさいって。

揚げレンコンのブラックビーンズ炒め@980

揚げレンコンは衣付き。 ぽってりとしたあんかけでまとめています。 

これは選択ミス。 メニューを見てまさかコレとは想像できませんでした。

詳しくは控えさせていただきますが、残念ながら完食ならず。

このあと、ウマ辛には定評のあるマーボー土鍋ご飯か担々麺をいただこうかと

思っていたのですが、くじけて、お会計。

Hand01お会計は、2人で上記お料理とお酒で合計6780円 とCPは高い。

なかなか特色のあるお料理がいっぱいなので興味は津々ですが、選ぶお料理に

よっては当りハズレがあるのかもしれません。

慎重に考えたほうが良いのかも。 無念。

今回いただいたお料理だけでの記録ですが

中国料理満足度数は、★★★ 日常的なら満足です。

 

中国料理 五指山

東京都千代田区内神田1-9-10 光間正ビル 1F

TEL          03-3292-0080

営業時間/  11:30~14:30(L.O.14:00)17:30~22:00(L.O.21:00)

定休日   日曜日・その他 

大きな地図で見る

2012年6月25日 (月)

楓林 (フウリン) 芝公園

Fuurinn

お一人ランチは、芝公園の中国料理「楓林」 (フウリン)

場所は、日比谷通り、増上寺前の信号を芝大門の交差点に向かった道沿い。

芝大門ホテルの一階に入っています。

落ち着きのある広々とした店内は、HPによると総席数110席。

レストラン席(円卓・角卓)のほか個室が完備されています。

入り口に近い4人掛けのテーブル席を利用。

テーブル・セッティングは、スプーン、箸置き、箸は縦置き。

着席すると急須に入れた中国茶が運ばれ、おしぼりは白地のタオル。 

卓上には予め、小皿、レンゲ、茶碗、爪楊枝や醤油などが置かれていました。

特製チャーシュー入りマーボー豆腐@1000

今週のランチメニュー(4種類)から選んだのは、特製チャーシュー入りマーボー豆腐。

どれも、御飯・スープ・漬物・茶碗蒸し付き。

注文を通したところ、

辛いようでしたら、お水をお持ちしますからおっしゃってください。

とホールを担当なさっているご年配の男性スタッフからお声掛けあり。

彼はホールの責任者なのだろうか?詳しくは不明なのですが、気配りのある接客だ。

スープはとろみのついた塩味の玉子スープ。もやし、干し椎茸が少量確認できた。

出汁がしっかり効いていて美味しい。

漬物はザーサイ。

茶碗蒸しは、上に干しシイタケ1枚。

中には小さく刻んだ海老の身が入っていましたが、ほとんど具ナシと言っていいほど。

豆腐は木綿豆腐。

特製チャーシューはどこだー!と見たところ写真、豆腐の上に鎮座しているのが

ソレのようだ。 辛さの感じ方には個人差があると思いますが、

個人的には、同店の特製チャーシュー入りマーボー豆腐は山椒も効いていて、

辛いには辛いのですが、どこかレトロ。

日本人向けにアレンジされたような印象でいただきやすい。

お水をお願いすることもなく、完食。

安心感のある味付けと接客対応に安堵した。

今回の利用、特に難点は感じませんでしたので

ランチ満足度数は、★★★☆ 消極的に好きで。

お店は、増上寺の大門(総門・表門)脇に位置しています。

 

楓林 (フウリン)

東京都港区芝公園2-3-6 芝大門ホテル 1F

TEL     03-3434-8639

営業時間   平日 AM11:00~PM11:00(L.O/PM10:00)
                 日祝 AM11:00~PM10:30(L.O/PM9:30)

定休日    年中無休

大きな地図で見る

2012年6月24日 (日)

競馬の話 宝塚記念G1

6月24日(日)は、阪神競馬場で宝塚記念G1が開催されるのです。

予想は・・・

◎  1     ウインバリアシオン
○  11   オルフェーヴル
▲  14   ホエールキャプチャ
△   6     エイシンフラッシュ、7 ルーラーシップ、9 ビートブラック

3連複BOXで勝負!

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

結果は・・・ 

1着  ○  11   オルフェーヴル(単1人気)
2着  △   7   ルーラーシップ(単2人気)
3着        2    ショウナンマイティ(単6人気)

配当は3連複3230円、3連単11550円でした。

例年のように、しばらく競馬の話は放牧に出ます。

みなさま、御機嫌ようBye03

2012年6月23日 (土)

丸信 四谷三丁目

「四川料理 蜀郷香」を出た後に、軽くお立ち寄りは、

四谷三丁目、同じ杉大門通り沿いの「肉匠酒場 丸信

「四川料理 蜀郷香」に向かう途中、カウンター内のお店のお兄さんと

目があってしまいましてね。 私も連れも気になっていました。

地元を離れ、たまには他の場所の“やきとん”を試すのも楽しそうだ。

お腹はすでに満ち足りていますので、軽くホッピーと

かしら(コメカミ)ハラミ(腹膜) 各@94

串は1本から注文可能。このお値段にして肉もけっこうしっかりしている。

卓上にもメニューはありますが、壁にもお品書きが貼られています。

品数は豊富。奥には肉のショーケースもありました。

トマトベーコン串焼き粗引きウィンナー串焼き 各@157

お店はカウンター席とテーブル席。 

Hand01 黒ホッピー2つに、中のおかわりを5~6杯、お会計は2910円と安い!!

客層は地元の方々をはじめさまざま。

私達の住む近くにも、またこのようなお店が出来てくれると有難いのですが。

本日の利用、居酒屋お立ち寄り満足度数は、★★★ 日常的なら満足です。

 

肉匠酒場 丸信

東京都新宿区四谷3-3-3

TEL     03-6273-0199

営業時間/16:00~23:00(L..O.22:30)

定休日     無休

大きな地図で見る

2012年6月22日 (金)

四川料理 蜀郷香 (シュウシャンシャン) 四谷三丁目

Syuusyannsyann

「四川料理 蜀郷香 (シュウシャンシャン)」

場所は四谷三丁目、新宿通りから杉大門通りに入り直進。

しばらく歩くと道沿いに看板が出ていました。

お店はビルの2階。

扉を開け、店内に入ると、小ぢんまりとしていますが、清潔感があり肩の凝らない

家庭的な雰囲気が漂う。接客を担当してくださるお姉さんもカジュアルな服装だ。

大きめのテーブル席に、グループのお客様が1組。

土曜日の夜の利用ですが、他にはお客様がまだいらっしゃらない状態。

予約の旨を伝えたところ、席を選べましたのでグループのお客様から離れて、

店内奥の2人掛けのテーブル席を使用させていただきました。

テーブル・セッティングは、ナプキン、レンゲ、箸置き、箸は横置き。

おしぼりは白地のタオル。 

また、テーブルクロスではなくシックなランチョンマット。

同店のコース料理は3種類。

郷香コース(8品)@5250、おまかせコース(要3日前予約)@6300

旬コース(店内黒板で確認)

事前に調べておかなかったこともあり、私達はアラカルトで注文することにしましたが

グランドメニューには★印がついているものがあり、この★印は辛味料理とのこと。

自家製チャーシュー 四川叉焼@1365 ★

ねっとりとしたパテ的な味わい。食べるラー油のようなソースがかかっています。

★印1つ。 そんなに辛くは感じませんでした。

(モモロー) 煮豚みてえだな。八角が効いてるだ。

(みに) モモちゃん、久しぶりっ。好物のお肉食べに来たのね。

付け合せの茹でブロッコリーも召し上がれ!

四川水ギョウザ(4個入り) 紅油水餃@630 ★

手作り感が伝わる小ぶりのギョウザ。

茹でキャベツが添えられています。この水ギョウザにかかっているソースの香りは

先ほどのチャーシューと同じだ。基本のソースがあるのかな。

生ビール(ザ・プレミアムモルツ)中@630、小@380 をいただいたあとは

中国酒のお時間です。

甕出し紹興酒 360ml(2合)@1050

ワイングラスではなく、切子グラス使用。和のテイストも素敵だ。

ところで、2合にしたのは何故かというと、お替りを考えてのこと。

お替りをして720ml→2100円。 紹興酒 10年 珍蔵 白壷 500ml@2625よりも

たくさん容量があって安いからで、決して体調が悪いからではありません。

外食時、酒代が占める割合の大きい私達の苦肉の策でございます。。

リーズナブルな甕出し紹興酒、連れの書いたメモによると、

ストレートでいただける範囲内。

他にはワインも置いてらっしゃるので、中国酒が苦手、ワインならいただける

というお客様にも対応できます。

鶏肉とカシューナッツの炒め 宮保鶏丁@1575 ★★

「唐辛子はよけてください」とのご指導あり。

鶏肉、カシューナッツ、ピーマン、赤パプリカ、唐辛子、粒山椒。

唐辛子、粒山椒とともに炒めているのですが、まず、砂糖、酢、オイスターソースを

しっかり感じる。 そのためか、★印2つですが辛くない。

牛肉の四川煮込み 山椒の香り 水煮牛肉@1890 ★★

「熱いうちによく混ぜて、お好みで香菜もお使いください」とのご指導あり。

牛肉、セロリ、ぶなしめじ、白菜など。

あんがもったりとしていて家庭的にも思える。

山椒は感じられますが、こちらも何故か★印2つですが辛くない。

私と連れの辛味耐久力がアップしたせいなのかしら?

郷香自慢の汁なしタンタン麺 郷香担担麺(小椀)@840

肉そぼろ、松の実、青ネギなど。麺は平打ち麺。

メニューに記された「汁なし担担麺に対するシェフの想い」によると

汁なし担担麺はご自身でよく混ぜ、立ち上がる香りを楽しむお料理です。
一口食べるごとによく混ぜ、最初と最後の味の変化をお楽しみ下さい。
お一人様一椀で食される事をおすすめします。
※こちらは単品でのご注文はお断りしております。 とのこと。

さらに運んできてくれたお姉さんのご指導によると

「お熱いうちに30回以上混ぜてください。食べながらも混ぜ続けてください」

と言うので、頑張りましたよ!

これは辛さもしっかりあって、美味しい。 今日一番の正解♪

これこそ香菜が欲しいなあ。

お茶はティーバッグに入れたジャスミン茶をポット出し。

おしぼりも差し替えてくださいました。

のちに、お店のHPでオーナーシェフのプロフィールを拝見したところ

菊島弘従氏は四川料理界の巨匠「趙楊」に師事し、「銀座 趙楊」で料理長を

務められた方だと知りました。

うーん、あの「銀座 趙楊」かあ。

残念ながらディナーに訪問したことはないので、ここでは控えますが

その有名な「趙楊」の味が、手の届く範囲内の金額でいただけるとなったら

一度は来てみる価値あり!です。

こちらのお店で、周りのお客様の注文を見ていてわかったのですが、

断然、コース料理の方が変化に富んだものがいただけお得に感じました。

同店はシェフがお一人で厨房に立たれ調理をされていらっしゃるので

要3日前予約ですが、できれば「おまかせ」が一番のおすすめだと思います。

Hand01お会計は、2人で上記お料理とお酒のほか、

甕出し紹興酒@1050×2で合計10985円

中国料理アラカルト満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。

 

帰り際、エレベーター前でシェフの丁寧なお見送りを受けました。

小柄でお若いシェフでしたし、シャイな印象。HPを見る前でしたので、

あの方が菊島弘従氏とは気がつきませんでした。

次回は「おまかせ」で満足度数、★★★★ は、いただきたいと思います。

 

四川料理 蜀郷香 (シュウシャンシャン)

東京都新宿区舟町5-25 TSI FUNAMACHI 2F

TEL         03-3356-0818

営業時間/ 18:00~22:30(ラストオーダー21:45)

ランチ営業土・日・祝のみ 11:30~14:30(ラストオーダー14:00)

定休日     月曜

大きな地図で見る

2012年6月21日 (木)

福尾商店 くず餅

Fukuosyoutenn

テイクアウトは、神田「福尾商店」のくず餅。

場所は神田駅北口、中央通りを万世橋方面に進行し、須田町1丁目交差点の右手に

位置する昭和22年創業のうなぎの老舗「神田 きくかわ」を目印にする。

「神田 きくかわ」と反対方向、左手に曲がり直進。

道沿いにさっくばらんなお店の外観が見えてきます。

同店は、あんみつ、くずもち、ところてんの製造及び卸をしている老舗。

持ち帰りという形で購入することができます。

TV東京「出没!アド街ック天国」に放送(2011年10月)された情報によると

同店は

『127年の歴史を持つ寒天屋。「寒天」は産地の異なる最高級天草4種類を大鍋で
合わせ、創業時と同じ製法で作られ風味豊か。老舗の有名店にも卸す極上品です。
店頭で購入するなら正面右の売店へ。
人気の「あんみつ カップ入」は寒天だけでなくあんこも黒みつも自家製。
この他、ところてんやくず餅もテイクアウトできます。』とのこと

せっかく、神田に来たのだから、ぜひとも買って行きたい。

私はお酒が好きなせいか甘いものは苦手。 

くず餅は、小さい頃に食べた印象が悪かったせいか、ぶよんぶよんと生コンニャクを

食しているようで、後味もいまひとつで、どうにも好きになれなかった。 

ある日、知人のお土産に、お付き合いのつもりで一切れいただいたところ、

これが激ウマ! 全然、味わいが違っていたのです。

「これ、どこの?どこの?? おいしーい!!」

私があまりに食い下がって聞いたせいか、地図を書いて教えてくれ

いつか、神田方面に来たときには買おうと思っていた隠れスイーツ!!

写真は、くず餅3人前。550円。きな粉と黒蜜がセットされている。

無駄のない素朴なパッケージもいい! このビジュアルにやられちゃうよ。

きな粉と黒蜜も、もちろん美味しいのだけれど、

私の一番は、この、くず餅!

しっかりとした歯ざわりの中にとろけていくように滑らかで、柔らかい食感。

一口一口に、重たさがないので、気がつくと六~八切れぐらいは軽くいただいてしまう。

素材の良さと長年培われた仕事の確かさを感じさせるクリアで透明感のある味わい。

くず餅嫌いの私も同店のものだけは大喜びでいただけます。

550円(3人前)でこんなに幸福感を得られるなんて素晴らしい♪

他店のものと比べるものさしがないので控えめに記しますが

くず餅テイクアウト満足度数は、★★★★ 積極的にかなり好きです。

また買いに行きたいなあ。

 

有限会社 福尾商店

東京都千代田区神田須田町1-34

TEL      03-3251-1635

営業時間/ 月~金 9:00~19:00 土 9:00~17:00

定休日   日曜・祝日

大きな地図で見る

2012年6月20日 (水)

神田町歩き

「神田 雲林」のあとは、町歩き。

「かんだ やぶそば」 風情のある店構えです。(東京都選定歴史的建造物)

ビルの谷間になりますが、このあたりは老舗ぞろい。 

「いせ源」さんは創業天保元年、あんこう料理の専門店。

HPによると、店舗建物は、大正12年の関東大震災による全焼後、昭和5年に

建て直したもの。(東京都選定歴史的建造物)

そして、向かいには、甘味処「竹むら」 

甘味に縁がないもので情報は持っていなかったのですが、この佇まいに

吸い寄せられてしまいました。

あとで調べたところ、こちらも東京大空襲の戦火を逃れた老舗店。

(東京都選定歴史的建造物)

最後は「ぼたん」 鳥すきやきの老舗。

同様に、東京都選定歴史的建造物に指定。

このあたりは、戦火を逃れることができたため、昔の佇まいを残す老舗店が

残っています。 

お近くにいらした際には、歴史的建造物をめぐる町歩きもいかがでしょう。

2012年6月19日 (火)

神田 雲林 

Yunnrinn

中国料理「神田 雲林」(ユンリン)

場所は、HPによると淡路町駅[丸の内線] A3出口より徒歩2分とのこと。

この付近には全く土地勘がないので、連れの道案内が頼りでやってきました。

というのも、こちらは「かんだ やぶそば」と道を挟み斜め前。

連れは、以前「かんだ やぶそば」に来たことがあるのです。

訪問日は土曜。この付近の会社もお休みのところが多いのでしょうか?

一本裏道に入ると人通りもまばらで、閑静な雰囲気。

お店は2階。階段をのぼり、エントランス前には陶器のガーデンテーブルセットと

鉢植えの竹。季節の紫陽花が目に映える。こうした空間は実に贅沢だ。

扉を開け、玉砂利と飛び石の通路を抜けて、案内していただいたのは、店内奥の

窓際のテーブル席。 窓には竹ロールアップスクリーンを使用。

目隠しにもなっておりますが、和モダンな要素もあり、涼しげな印象を持ちました。

テーブル・セッティングは、箸置き、店名入り箸袋に入った割り箸(横置き)

卓上には爪楊枝。

温かい白タオル地のおしぼりは手渡しでいただけ、

テーブルクロスは2枚敷き、テーブルトップにはガラス天板。

同店は、連れが事前に予約。

土曜・祝祭日のランチメニューにはホリデーランチセットとランチコース2種類

(3200円、5000円)があるのですが、お願いしていたのは、3200円のランチコース。

前日には、お店から予約確認の電話が入ったそうです。

卓上には、個別に持ち帰れるようなお品書きは置かれていませんでしたが、

コースメニューは見せていただけました。

提供していただけるお料理の品数と内容で紹興酒を、グラスにするか、デキャンタに

するか、はたまたボトルで頼むか決めたいのでここは重要です。

紹興酒メニュー。一番リーズナブルなボトルでは4100円。

その他、白酒もあり。

またメニューにはありませんが、ワインのグラスやスパークリングワイン(この日はロゼ)

も置かれているということでした。

陳年紹興酒貴酒 8年(640ml)@4100

エビスビール(生)@580×2 のあとは陳年紹興酒貴酒。

【雲海コース】\3200(全6品)

・お楽しみ前菜5品盛り

手前から時計回りに、

  • マンガリッツァ豚のチャーシュー
  • 青菜と押し豆腐の湯葉巻き ゴマのソース
  • イナダの上海風炒め
  • 稚鮎の香り醤油煮

中央の小鉢が、蒸し鶏の麻辣煮(四川名物)

マンガリッツァ豚は、ハンガリーの国宝に指定された食べられる「国家遺産」とのこと。

肉質もさることながら、味付けが良いです。

どれも丁寧に作られた美味しい前菜ですが、

この中では、マンガリッツァ豚のチャーシュー、ほんのり紹興酒が香るほろ苦い

稚鮎の香り醤油煮、品の良い辛さと、しまっているのですが、しっとりと身が柔らかい

蒸し鶏の麻辣煮が印象的。 

これぐらいの前菜がでてくるとこの先のコース料理が楽しみです。

(ノブロー) リクタロー、おめ、初お目見えじゃねえかっ。

(リクタロー) んだよ。 初回から、国宝マンガリッツァ豚のチャーシューごっちゃんに

なれるなんて、びっくりだ。 こんれ、うめえなーー。じゅわじゅわーってやつだで。

いつまでも口の中に入れておきてえだ。

・三河産、特大沖アサリの黒豆トウチ蒸し

お皿を温めてくれています。美しい、箸をつけるのがもったいないくらいだ。

食べやすく切られた特大沖アサリ、香菜、パプリカ、白ネギ、青梗菜。

アサリの身は大きくてプリプリ!貝柱もでかいっ!

そして写真では確認できませんが、殻の中には豆腐も入っているのです。

この豆腐は、かさ増しという感じにはとれませんでした。

むしろ、美味しいソースを無駄にしないという点で好印象。香菜も効果的です。

・孟宗タケノコの香ばし揚げ、カリカリ貝柱とサクサク台湾葱添え

スタッフの方から、お皿はとても熱いのでお気をつけくださいとの声かけあり。

上にはカリカリに揚げた貝柱とサクサクに揚げた台湾の赤ネギ。

スナップエンドウとピーナッツも入っています。

タケノコの、さくっとはじけるような食感と、ぱっと見がおかかふりかけ?

(表現力が乏しくてすみません)のようですが、揚げた赤ネギは甘味が

あって香ばしい。 食感と香りにこだわりを感じました。

(ノブロー) ここんちは居心地ええなー。京都の町家レストランみてえな雰囲気だで。

(リクタロー) 和・シノワって感じだで♪

(レンタロー) オラたちも、中華つまみに一杯飲りたくなっただよ。

(みに) お酒は20歳になってからです!

・群馬直送!肉厚レタスとポルチーニ椎茸と干し肉の強火醤油炒め

豆板醤を使われています。シンプルに感じるお料理ですが品が良い。

肉を干すというひと手間で定食屋風にならないのでしょうね。針生姜も効いています。

今までいただいたお料理、どれも化学調味料を感じさせないストレートな味わいで

好感度が高いです。

(ノブロー) ポルチーニは生で、干し肉はバラ肉だ思うだよ。

・タラバ蟹肉入りフカヒレ煮込みあんかけ 

麺と飯を2人変えて注文できるということでしたので

・タラバ蟹肉入りフカヒレ煮込みあんかけ 麺

タラバ蟹肉、ニラ、干し椎茸、白菜、ネギ、エノキダケ、どこかにフカヒレ。

・タラバ蟹肉入りフカヒレ煮込みあんかけ 飯

味的には、少しお醤油がきつくも感じましたが、具材が豊富に入り、精一杯の

努力と愛を感じます。

あんがたっぷりなのでまんべんなく絡む。

いただいたときこのコース料理の中では一番特長を感じず普通に思えたのですが、

日にちがたち、今となるとまた食べたい。 私の味覚など、そんなもんです。

・自家製デザート2種

杏仁豆腐とフルーツの桂花陳酒ソース。

杏仁豆腐はねっとりとした食感。

フルーツはアメリカンチェリー、パイナップル、ピンクグレープフルーツ、ブルーベリー。

どちらも美味しい。

また、このタイミングで冷たい中国茶(ブレンド)が出されました。

ぐるなびの同店のページを拝見すると

「また、神田雲林では作り置きはしておりません。
お越しいただいてからの料理オーダーになりますと、ご注文を頂いてからの
仕込みとなりますので、長いお時間を頂くことになってしまいます。
可能であれば、コース料理をご選択いただくとスムーズに出やすいです。
お時間に余裕がない方はご協力お願いいたします。 」 とのこと。

同店のオーナーシェフは成毛幸雄氏。

おもてなしの心を感じられる真摯なお料理に感動しました。

それと、この辺りが静かな土曜日に訪問したことも関係するのでしょうが、

おっとりとした、お店の雰囲気は私の好みでもあります。

Hand01お会計は、2人で上記お料理とお酒で合計11660円

中国料理満足度数は、★★★★☆ とってもお気に入りです。 必再訪(*^・^)ノ  

 

神田 雲林 (yun-rin カンダ ユンリン)

東京都千代田区神田須田町1-17 第2F&Fロイヤルビル 2F

TEL         03-3252-3226

営業時間/ 月~金 11:30~14:30(L.O.14:00) 17:30~22:30(L.O.21:25)
        土・祝 11:30~14:30(L.O.14:00) 17:30~22:00(L.O.21:00)

定休日     日曜日

大きな地図で見る

2012年6月18日 (月)

麻布菜館 南麻布

Azabusaikann

お一人ランチは、南麻布の中国料理「麻布菜館」 数年ぶりの再訪

場所は、東京都道415号高輪麻布線沿い。

白金高輪方面から向かうと古川橋を越え、三の橋の近く。

一人の旨を伝えると円卓にどうぞとのこと。

卓上には、メニュー、ポットでお茶、ペーパーナプキン、薬味、爪楊枝などがセット。

ランチメニューは、毎週木曜日に変わります。

なお、ライスは1回だけ、おかわりが無料。

B 自家製肉ダンゴと春雨のピリ辛煮@850

漬物、スープ付き。 もっちりとした水ギョーザもセットされています。

漬物は、市販にも見られるキャベツと大根の浅漬け。

スープには、はじめ乾物かと思ったのですが、そばを揚げ、適当な長さで

砕いたものが入っています。 

試された方はいらっしゃるでしょうか?

ベビースターラーメンをスープにいれたアノ感じです!

大きい自家製肉ダンゴは3個。ほんわり柔らかな食感。

お醤油味のピリ辛煮スープを吸い込んだたっぷりの春雨には

紅しょうがとかいわれ大根が少し。 

春雨は迷わずライスの上にのせてかきこもう。

おかずがたっぷりで、これはライスをおかわりしたくなるランチだ。

久しぶりにお顔を拝見しましたが、お店のママさんも変わらず感じが良いのだ。

満足・満腹。 日常ランチとしては、使いやすい。

今回のランチ満足度数は、★★★ 日常的なら満足です。

 

麻布菜館

〒106-0047 東京都港区南麻布2-8-10 ベルナール麻布 2F

TEL     03-3455-4966 

営業時間/月~金 11:30~15:00 17:00~22:00

       土・日・祝 12:00~15:00 17:00~21:00


大きな地図で見る

2012年6月17日 (日)

寝太郎 芙蓉蟹(かに玉)

ある休日の内ご飯は、寝太郎さんの作った芙蓉蟹(かに玉)

なかなか美味しかったのでレシピを記録します(*゚▽゚)ノ

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

みにから、レシピを書いて欲しい、と言われたので、以下寝太郎が書きます。

中国土産の紹興酒があるから、うちで中華料理パーティをしよう、
料理なら俺が何か作るよ、麻婆豆腐でもどう? と言ったら、
「えーっ、はずしたらいやだから、出来合いの惣菜でいいよ。
どうしても作りたいというなら、かに玉がいい」と注文されて作ることに。

みにとしては、麻婆豆腐よりもかに玉のほうが簡単で失敗が少ない??
という判断だったようですが、じつは寝太郎、かに玉なんて作ったことはありません。
外で食べたことも、一回か二回あるかないか。

なので、インターネットで調べて、いくつかのレシピを組み合わせてやってみました。
ちょっと前なので、あまり詳しくはおぼえていませんが。

【 芙蓉蟹 レシピ(3~4人分) 】

1. 卵5個を、常温に戻しておく。(※ちょっと小さかったので。大きめなら4個)

2. もどした干しシイタケと、斜めに切った白ネギ半分をフライパンで炒め、さましておく。

3. 醤油、酒、砂糖、酢、コショウ、中華スープを混ぜておく。(甘酢あんの調味料)

4. 卵を割ってかき混ぜ、軽く塩コショウをし、2.と、カニフレーク缶を汁も一緒に
  半分くらい入れる。

5. フライパンを白煙がもうもうと立つくらいにまでカラッカラに空焼きする。
  (※寝太郎は中華鍋は持っていませんが、鉄のフライパンを使っています。
    テフロンやシルバーストーンなどの加工が施されたフライパンでは、もちろん
    空焼きはNGです)

6. 焼けたフライパンに、たっぷり油を入れ(少なくとも大さじ2杯)、フライパンとなじませる。

7. 油を入れたフライパンに、卵液を一気に投入。
  外側の泡立っている部分を内側に折り込むようにして、火を通してゆく。
  (※火は強火のまま)

8. 卵をフライパンの中央にまとめ、鍋をあおってひっくり返す。

9. フライパンで円を描くようにしながら、卵に火を通す。
  堅くならないよう、強火のまま、卵に少し弾力がついてきたら火から降ろして皿へ。

10. フライパンに3.を投入し、火にかける。水溶き片栗粉でとろみをつけ、ごま油を
   垂らして、卵の上にかける。
   グリーンピースと、刻んだ青ネギ少々を飾る。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今宵のリクエストは大成功!ほんわり焼けた 寝太郎 芙蓉蟹でした♪ ごちっcatface

2012年6月16日 (土)

龍門 目黒店

Ryuumonn2

お一人ランチは、目黒の四川料理「龍門」 再訪。 

前回課題となった担々麺をいただきにあがりました。

担々麺@850

卓上のザーサイ漬け、酢もやしの他、杏仁豆腐、おかわり自由のご飯がセット。

汁そばですので、さすがにランチスープはなく、ご飯も小ライス。

肉そぼろ、刻み青菜、刻みネギ。 

赤みの強いスープを一口すすると、辛さの前に酸味を感じた。

ゴマの風味よりも、酸味と辛味のバランスで調整されているように思えます。

麺はもっちりとした中太麺。やや安価に感じたところは残念。

ランチの量的には、ちょうど良かったのですが、麻婆豆腐ランチのほうが、

常習性になる味わいで、個人的な印象にすぎませんが、記憶に残ります。

今回のランチ満足度数は、☆ひとつ控えめになりますが、 

★★★☆ 消極的に好きです。

 

本場四川料理 龍門 目黒店
   
東京都品川区上大崎2丁目27-3 山田ビルB1

TEL      03-3493-8771

営業時間/月~金   11:00~14:30 17:30~23:00(L.O.22:30)
       土・日・祝   11:00~14:30 17:30~22:00(L.O.21:30)

定休日   不定休 

2012年6月15日 (金)

同發 別館売店(叉焼包) 横浜中華街

横浜中華街、中華街本通りの広東料理、中華菜館「同發 別館」

その別館に隣接した「別館菓子売店」で、叉焼包(ちゃーしゅーまん)を購入。

叉焼包(ちゃーしゅーまん)@630

1個あたり、210円ということになります。

「謝朋酒樓」の肉まん同様、大きすぎず、お手ごろサイズ。

「政秀殿」の究極の豚まんで学習しましたから、本日は電子レンジを回避。

と言っても、我が家には蒸し器がありませんので、

深めの鍋に、ステンレスのざるを逆さまに置き、ざるが浸らない程度に水を入れ

火をかけ、蒸し器の代わりにしました。 

叉焼包は、ざるの上に置き、蓋をしたのですが蒸気が行き渡りすぎたのか

皮がしんなりとしすぎてしまった感が・・・。これも勉強です。

甘みのある皮と、チャーシュー入り餡。

実は同店のチャーシューは、まだ食したことはありませんが、

餡は、下味がしっかり効いたもので、刻みタケノコなどの入らぬ肉主体。

中華スパイスが香り、とても甘い。

これは好みの分かれるところだと思いますが、同店の特徴が表れています。

横浜中華街、叉焼包、満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。

ご馳走さまでした。

 

中華菜館 同發 別館売店

神奈川県横浜市中区山下町148

TEL      045-681-6331

営業時間/ 11:00~21:30(土・祝日の前日 ~22:30)

定休日   無休

2012年6月14日 (木)

同發 本館(焼豬頸肉と蜜汁焼腸) 横浜中華街

Douhatuteikuauto

横浜中華街、中華街本通りの広東料理、中華菜館「同發 本館

自宅で同店の焼き物をつまみに一杯飲ろう♪ また 購入してきました。

中華惣菜となれば、お酒はやっぱり紹興酒。

中華街本通りの中華食材・中国食品専業老舗「源豊行」(げんほうこう)にて

紹興老酒(五年陳醸)@893 を購入。

左は、焼豬頸肉(豚トロのチャーシュー)、土・日・祝日限定販売もの。

甘酸っぱいチリソース付き。

右は、蜜汁焼腸(豚肉の腸詰)、HPによると、

「粗挽きの豚肉と背脂をタレと練りこみ1本1本丁寧に作った腸詰め」とのこと。

どちらも計量販売になります。

食べやすく切りました。

スライスしてみると、豚トロのチャーシューは、なかは色白で

想像していたよりは、脂ギッシュではなかった。スイートチリがよくマッチする。

豚肉の腸詰は、超粗挽き。

蜜汁というだけはあり、噛み締めるほどに濃厚な甘みがじゅわじゅわと

口いっぱいに広がるのだ。

なので、急遽、薬味として白髪ネギとキュウリを添えました。

さすが、焼き物の「同發」 それぞれに味わい深く楽しめる。

テイクアウトは、まだまだ他にも試してみる価値はあり。

横浜中華街テイクアウト満足度数は、★★★★☆ とってもお気に入りです。

 

中華菜館 同發 本館

神奈川県横浜市中区山下町148

TEL      045-681-7273

営業時間/月~金・日・祝 11:00~21:30 土・祝前日 11:00~22:30

定休日   第1・第3火曜日

2012年6月13日 (水)

香港飯店(プチまん) 横浜中華街

横浜中華街、中華街本通りの中華料理「香港飯店

店頭の蒸篭からあがる、もくもくとした湯気に目が留まる。

近づくと、まあ、可愛らしいプチまん。

隣の肉まんが、親サイズならプチまんは、赤ちゃんサイズ。

プチまん@80

ふふふ、赤ちゃんサイズゲット!道路の脇に移動して、ぱくっと一口で!

なんてね。ちゃんと中を写しておかないと記録になりません。

下味付き、しっとりとした甘めの餡がみっちりで、おやつ感覚のプチまんです。

軽いのでこれなら、お食事のあとでも別腹にすっぽり入りそう。

横浜中華街、プチまん満足度数は、★★★ 日常的なら満足です。

 

香港飯店

神奈川県横浜市中区山下町144

TEL      045-651-0865

営業時間/ 11:00~21:00

定休日/  不定休

2012年6月12日 (火)

吉兆 (キッチョウ) 横浜中華街

Kiccyou

横浜中華街、北京小路の広東料理「吉兆

看板料理でもある「あさりそば」を〆に食べていこうか。

お店の方にお聞きすると、お昼のピークタイムが過ぎており、空いているので、

2人で1人前の注文でもかまわないと言うことでしたが、あさりそばは、単品で934円。

それじゃあ、悪い気がする。

お店には2階にもお席があるようですが、利用は1階入り口近くのテーブル席。

卓上のメニューに「あさりそばセット」を発見したので、もち米焼売ともち米肉団子の

ついたセットでお願いすることにしました。

テーブルクロスは2枚重ね。一番上が透明ビニール。

おしぼりはなく、注文を通すと、小皿、お椀、レンゲ、割り箸がセットされた。

生ビール@630と紹興酒(一合)@735

一合の紹興酒は、可愛らしいボトル入りなのだ。

もち米焼売ともち米肉団子

焼売は下味がついているので、そのままでいただきましたが薄味。

肉団子はお好みですが、辛し醤油で。 なかみは、豚挽肉、ニンジンと干し

シイタケを刻んだもの。

双方ともにもっちりとしている。米々しくて、おこわをいただいているような食感だ。

あさりそば

ぷっくりとしたあさり身とネギ(2種類)。 麺はストレートの中華麺。 

スープは、鶏と豚で取った出汁にあさりのエキスをプラスしたもの。

醤油ベースで針生姜、ゴマ油の風味も感じた。 くどさを感じない程度にコクもある。

あさりは、お店のHPを拝見したところ、愛知産とのこと。

絶品かどうかはわかりませんが、数をケチっていないところはポイント。

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒で、合計2940円

横浜中華街満足度数、★★★ 日常的なら満足です。

広東料理 吉兆 (キッチョウ)

神奈川県横浜市中区山下町164

TEL      045-651-9157

営業時間/ 11:30~22:30

定休日   月曜日

2012年6月11日 (月)

ヌーベルシノワ醐杜羽 (ゴトウ) 馬車道

Gotou

馬車道の「ヌーベルシノワ醐杜羽 」(ゴトウ) 

某クチコミサイトで高評価のお店。 

電話をかけたところ、平日のランチタイムの予約は不可ですが、

土曜日のランチコースは1月前から受け付けてくださるとのことでした。

(HPによると土曜、祝日コースのみ予約可)

本町通(国道133号)、本町二丁目の交差点から関内桜通りを進行。

ファミリーマート、関内弁天通り店が見えたら、道を挟み斜め前あたりの

関内プリンス会館2Fに、お店は位置しています。

ジャズの流れるシックな店内。

予約の旨を伝えると、通されたのは中ごろの壁際の席。

テーブル・セッティングは、レンゲ、箸置き、箸は縦置き。

黒地の折敷には、ゴトウの“G”が映える。 上にはナプキン。

おしぼりは白地のタオルを手渡し。 いい香りがした。

注文は、土曜、祝日限定!ランチコース
ランチコースA \3000  前菜からデザートまで全6品のランチコース
    
    前菜  ・鰹のスモーク 香港ポン酢仕立て
      
    海鮮  ・帆立とズッキーニのフリット 香草パン粉

    メイン ・ローストポーク 色々キノコの黒胡椒炒め

    お食事 ・芝エビとアスパラガスの塩餡かけ麺
               ・四川名菜 よだれ鶏の香辛丼
      
    デザート

という内容構成。

(前菜) ・鰹のスモーク 香港ポン酢仕立て

ドリンクは、サッポロ 生 黒ラベル(グラス)@500×2から。

鰹のスモークの下には香ばしい焼きナス。上には、大葉、ミョウガ、さらした新タマネギ。

スパイスとしてブラックペッパーなど。

香港ポン酢は、やわらかでいただきやすい。 季節感のあるさっぱりとした前菜です。

(ノブロー) ほお、初鰹が前菜だべかっ。

(みに) 美味しいのだけれど、鰹のタタキをいただいている感から脱せず、

量も多いので、飽きてしまう。最初に、これがドカーンと出てくると少し不安。

(海鮮) ・帆立とズッキーニのフリット 香草パン粉

添えられた泡は、レモンをしぼったものからできているとのこと。

香草を混ぜたパン粉でサクサクの仕上がり。

「シノワ」というよりイタリアン。

(ノブロー) 紹興酒のことも書かねばなんね。

(みに) 同店の紹興酒は三国演義のみ。3年もので2800円、5年もので3150円。

350円ぐらいの差なら、5年ものいきましょう。 「呉」バージョンで、孫権さま。

フロアを担当されているスタッフの男性は、チェイサーも良く見ていてくれて、

サービスのタイミング良し。

(メイン) ・ローストポーク 色々キノコの黒胡椒炒め

肉が大きいのでナイフが欲しいところ。味わいとしては、特筆なし。

中国料理というのは、ひと口ではくくれないほどの空間的、時間的広がりを持つもの。

しかも、現在も経済成長を背景に、貪欲に世界の料理を吸収しつつ、日々刻々、

進化、変化を遂げつつあるということです。

が、こちらのお店には、根底に中国料理のテイストを感じることが難しい。

あー、中華の技法を根底に感じさせるお料理が食べたいっ!

(お食事) ・芝エビとアスパラガスの塩餡かけ麺

あっ!やっとソレらしい・・・というか、そのものズバリがでてきました♪ 

ぷりっと系のエビがたくさん入っています。

麺は中細縮れ麺。カンスイ入りかな。 塩分きつく、化調も強い。

コース料理の中では、ようやくなので喜んでいただきましたが、洗練さには欠ける印象。

・四川名菜 よだれ鶏の香辛丼

香菜、青ネギ、ナッツ、ゴマ。八角と花椒など様々なスパイスが香る。

蒸し鶏を上にのせた酸辛丼。

(ノブロー) 〆に麺と飯があるだな。

私自身の問題かと思いますが、ものすごい酢の匂い。これには撃沈。

ふと、連れの皿を見ると、連れも撃沈のようだ。。 

(デザート) ライチシャーベット

ライチの果肉入り、美味しい。

バニラシャーベット入り杏仁豆腐

紹興酒、グラスで3年もの(500円×2)をお替りしたところ、サービスで10年もの

「五虎将軍」を1杯出していただけました。 まろやかさが違う。

エチケットを変えたそうで、以前は「蜀」だったそうです。

陶器のものは18年もの。 見るだけね!

フロアスタッフの男性が、わざわざ出してきてくださいました。

ジャスミン茶

食後のサービス。茶葉の質はいまひとつだった。

席を担当してくださった男性スタッフの方には、親切にしていただき感謝。

お話をお聞きすると、同店は元町のエピセ(現在はドゥ エピセ)と関係があるとのこと。

こちらは、以前、エピセでシェフをなさっていた後藤シェフのお店だとか。

本日は後藤シェフがいらっしゃらないので、スーシェフの方が担当なさったとか。

帰り際、厨房脇を通ったとき顔を出して挨拶してくださった方がそうなのかな。

会計を済ませると、ビルの外までお見送り。

「これからどちらまで?」

「中華街に買い物に行きたいのですけど、歩くとどっち方向ですか?」

 

いろいろと心にかけていただき、個人の意見は本当に申し訳ないのですが、

盛り付けには気を配ってらっしゃると思います。

しかし、味わいは、今回のランチコースは、ヌーベルシノワとして

いまひとつに思えました。 ごめんなさい。

クチコミサイトと自分の味覚との差を感じました。

Hand01お会計は、2人で上記お料理とお酒で合計11150円

中国料理満足度数は、★★★ 日常的なら満足です。

 

ヌーベルシノワ醐杜羽 (ゴトウ)

神奈川県横浜市中区弁天通3-36関内プリンス会館2F

TEL          045-651-4222

営業時間/  11:30~15:00 (14:30L.O) 17:30~23:00  (22:00L.O)

定休日   日曜日

大きな地図で見る

2012年6月10日 (日)

豚番長 蒲田

蒲田西口、立ち飲み居酒屋「豚番長」 再び

立ち飲みの小さいお店だけれど

ハリウッドスターの渡辺謙さんも同店にはお立ち寄りになったことがあるのだ。

白板の「当店のおすすめ」 むちゃ安い!

ネギトロ盛り@180

ガツキムチ@280

今宵もバーボンロードの夜は更ける。

土・日・祝は、お昼から営業してくれていまーす!

 

やきとん 豚番長 蒲田店

東京都大田区西蒲田7-63-6

TEL      03-3739-7058

営業時間/ 17:00~翌0:00

定休日      不定休 

2012年6月 9日 (土)

加賀屋 蒲田

Kagaya

蒲田、大衆居酒屋「加賀屋

場所は蒲田東口商店街。一番街通り。

ガラガラっと引き戸を開けて入店すると、左手奥の厨房前にはカウンター席。

大衆居酒屋の特等席とも言えるカウンター席は、お一人様をはじめ常連さんの

指定席という感じだ。

その他にはテーブル席。

新参者の私と連れは、お店のお兄ちゃんの振り分けで入り口に近いテーブル席に着席。

同店では、問答無用のお通しなし。 これは有難い。

(カズロー) こんちは!居酒屋担当のカズだで。

今日は東口の「加賀屋」さんにお邪魔してるだ。

くたびれ加減がいい味をだしてる店なんだよ♪

煮込鍋@380

モツのいろんな部位が入ったネギだくの煮込み鍋。

見た目ほどに濃くはなく、あっさりといただける。

(カズロー) 大きい木綿豆腐も入ってるんだ。味もしみてて、うめえよ。

お品書きは店内の壁に貼られていたり、白板に書かれています。

お魚のメニューもあるのが嬉しい。

ぶりかま@590

大根おろしとカットレモン付き。 

魚の質としては、いまひとつ感もありますが、

個人的には居酒屋でいただきたいメニューなのです。

卓上には七味や山椒、塩、醤油などが置かれているのでお好みで。

(ノブロー) カズ!おめ、いねえと思ったら、また居酒屋に顔出してるだな。

(カズロー) オラ、東口も開拓するんだ♪

黒ホッピー@370、レモンハイ@320

レモンハイ、美味しい。

ふと、店内に置かれているプラスチックケースを見ると、割りものは、

「㈱コダマ飲料」と「コクカ飲料㈱」のようだ。

そして、ホッピーのケース。こちらはホッピービバレッジ㈱と記されている。

コクカ飲料㈱が社名変更でホッピービバレッジ㈱になったという話を聞いたことが

あるけれど、扱う商品によってケースが違うのかな??

ハムカツ@390

たっぷりのキャベツの千切りにはドレッシング。

カットレモンとトマト、脇にはからしもついている。

こうでなくっちゃね!このキャベツの盛りに愛を感じるよ。

(カズロー) ノブ、ハムカツにはソースと醤油、どっちを使うだ?

(ノブロー) オラ、ソースかな。寝太郎もソースだで。

(カズロー) 両方、試してみるとええが、醤油もイケるだよ。

(みに) 私は、醤油ーー♪

Hand01お会計は、上記お料理ともろもろのお酒のおかわりで合計4690円

本日の利用、居酒屋満足度数は、★★★ 日常的なら満足。

居酒屋好きな人々が集い、人間臭さが、また人を呼ぶ。

ふらりと訪れてみたくなるお店です。

 

加賀屋 蒲田1号店 (かがや)

東京都大田区蒲田5-20-1

TEL         03-3735-1194

営業時間/ 11:30~13:00 17:00~23:30

定休日     日曜日

大きな地図で見る

2012年6月 8日 (金)

シャングリーラ 蒲田

Syanngurira

蒲田、インド・ネパール料理「シャングリーラ

場所は蒲田駅西口のバス通りを直進。道に面した右手のビルの3階になります。

同店へは、食べログのプレミアムクーポン

「会計全額から30%OFF!!2~4名様でご利用いただけます!」を活用。

(※現在、利用期限は終了したようです)

実は同店、ずっと以前、ランチに来たことがあります。

ランチタイムのナンの食べ放題は今も存続している様子。

そのときの感想としては、正直なところあまりパッとしなかったのですが、

某クチコミサイトによると、一定の評価を受けているようだ。

昼と夜の違いもあるのかな? 確かめるべくお試しにクーポンを発行、2名での利用。

一歩店内に足を踏み込むと、インド・ネパールの装飾品で彩られた独特の

華やかな雰囲気。

テーブル・セッティングは、皿、スプーン、ナイフ、フォークなど。

テーブルクロスは3枚重ね。一番上が透明ビニールです。

生ビール@525×3 アルコールをを頼んだからでしょうか?

パパドがセットされました。2人で1枚。上にはカシューナッツ。

チーズナン@525

一口いただいて記憶が蘇る。 ここのナンは、すごくお砂糖の甘さを感じさせるのだ。

サンタヘレナ シャルドネ(チリ)@2625×2

事前に「ぐるなび」で調べたところ、ワインは一番リーズナブルなもので、

キングフィッシャー赤@2000、白@2400のはずだったけれど、

お店に置かれているメニューにはなく、スタッフの方にお聞きすると、

現在これが一番リーズナブルなものだとか。

えーー!!w( ̄△ ̄;)w 予定が狂う。。

「会計全額から30%OFF!! 30%OFF!!」念仏のように唱えて、ぐっと堪えよう。

チキンバルタ(辛口)@997

注文するとけっこう早くに運ばれてきました。ベースはストックなのかしら?

上には八角。甘さが全面的にでていて、口に残る。

(キチタロー) どんれ、オラもごっちゃんになるだかっ。

(パスタ) ワン・ワォーン!ガブ!(先輩のおいらより先にインド飯にありつく気かっ。)

(キチタロー) いてて、おめ、噛みぐせがあるだな。しつけがなってねえワンころだで。

ビンディマサラ(中辛)@997

オクラのカレーになります。 見た目は良いのですが、何か物足りない。

(ハチロー) 物足りねえのは、パンがねえからだでっ!

(ノブロー) ハチ!おめ、またパンだ、パンだ、言うだな。

(レンタロー) おれら、パンダだで♪

(ノブロー) ・・・・(恥)

クルフィホットチャイ

初回ということで、店長さん(おそらく)からのサービスです。

ピスタチオや、カルダモンなどのスパイスが入ったアイスクリーム。

上にはビスケットを砕いたようなものがのっているよ。 これは、心底、美味い。

ディナータイムの利用。

やはり、私には、カレーやナンの味わいが、妙に甘く感じられるため、

くどさがでて重たい。 ドスンと腹にたまる感じでギブアップ。

実は、ランチでいただいたときも同様の思いでした。

フロアを担当されている店長さんは、親切で、お客様の席に気を配り

いろいろと声をかけてくださるので、個人的な意見は本当に申し訳ないのですが。

Hand01お会計は、2人で上記料理とお酒を30%OFFでお支払い金額は、6541円

インド・ネパール料理満足度数は、★★★ 日常的なら満足です。

「スバラトゥリ」(おやすみなさい)は、好意的な店長さんが教えてくださいました。

 

シャングリーラ  

東京都大田区西蒲田7-44-5 カマタITビル 3F

TEL       03-3730-2972

営業時間/11:00~15:00 17:00~23:00(L.O.22:00)

定休日      無休

大きな地図で見る

2012年6月 7日 (木)

Trattoria e Pizzeria LUNGOFIUME 中目黒

Trattoria_e_cafe_lungofiume

「KIJIMA 」を出た後は、同ビル1階の、

カジュアルイタリアン「Trattoria e Pizzeria LUNGOFIUME 」に再訪

同店のランブルスコ祭りが気になってしまったのでね。

微発泡性ワイン、ランブルスコ セッコは、2500円で提供していただけました。

カトラリーケースにはナイフ、フォーク、スプーン、使い捨て紙おしぼり。

ちょっぴり、かじってしまいましたが、

お通しは、自家製ピッツァ生地のグリッシーニとグラナパダーノチーズのスライス。

自家製ピクルス@480

ちょっと酸味がきついかな。

マリナーラ@500

「ピッツァイオーロ(ピザ職人)が、薪窯で焼き上げた本格的ナポリピッツァ」

トマトソース、ニンニク、オレガノ。 リーズナブルなお値段なので注文しやすい。

チリオイルも出していただけました。 

このお値段で、焼きたてをいただけるなら何も申すことはありませんよ。

普段使いに嬉しい同店。

お一人女子でディナーに来店されている方も見かけました。

今回の利用、イタリア料理満足度数は、★★★ 日常的なら満足です。

 

Trattoria e Pizzeria LUNGOFIUME 中目黒

東京都目黒区青葉台1-23-3 1F

TEL          03-6303-1624

営業時間/ 月~金 11:30~15:30(L.O.15:00) 17:00~23:00(L.O.22:30)
        土・日・祝 11:30~23:00(L.O.22:30)

定休日   年末年始 

2012年6月 6日 (水)

中目黒 KIJIMA (キジマ)

Kijima

仕事あと、友人との待ち合わせで、「中目黒 KIJIMA」 (キジマ)

場所は、目黒川沿いの「Trattoria e Pizzeria LUNGOFIUME 」と同じビルの3階。

「KIJIMA 」は鶏料理や鍋を中心としたお店です。

スタッフの女性は、帯のない二部式着物着用。

シックで落ち着いた空間は居酒屋というより大人使用の和食店という印象。

利用させていただいたテーブル席も大きく、シートもゆったりしていました。

同店へは、食べログのプレミアムクーポン

「会計全額から30%OFF!!2~6名様でご利用いただけます!」を活用。

(※現在、利用期限は終了したようです)

ザ・プレミアム・モルツ 生@700×2

本日は私の用事で、急に時間の都合をつけていただいてますから、

友人のお財布への負担を少なくしたい。

こういうときこそ、あってよかったプレミアムクーポン( ̄▽ ̄)

お通しは、ぜんまいの辛味和えでした。

お店の看板とも言える鶏鍋。鶏鍋コースは二人前からですが、単品で鶏鍋のみを

注文する場合には一人前からでも受け付けてくれます。

鶏鍋の注文を通したところ、お店自慢のお鍋のスープを

一口お先に召し上がってください とのこと。

旨みが凝縮された濃厚スープは、とろりとして甘みをもつ。

胃袋に染み入るような深みのある美味しさでしたW04

鶏鍋(一人前)@3000

卓上でカセットコンロ使用。具材は、はじめから投入された状態で運ばれてきます。

お店のお姉さんが、最初だけは取り分けてくれたのですが、いくらなんでも

キャベツがまだ生。固いよ。 私はもう少し煮て、しんなり甘みが増した状態が好み。

まあ、鍋へ戻すわけにはいかないのでこのままいただきましたが、

薬味は万能ネギの小口切りと高菜漬け

その他、卓上には柚子胡椒、一味唐辛子、塩、ポン酢がありますのでお好みで使えます。

鮮魚のお造り 三種盛り@1800

鮮度は抜群ですが、量が少ない。しかし、外でいただくとなるとこれぐらいの

お値段になってしまうのかな。

宮崎地頭鶏 もも炭火焼き@900

脇には生キャベツ。

炭火による独特の香りが魅力のようですが、私も友人もあまりに炭の臭いが

きつくてギブアップしてしまいました。

鶏鍋は、〆に焼きおにぎり、雑炊、ラーメンを別注文できるとのこと。

なるほど、どおりで高菜漬けがあったわけだ。ラーメンに入れたら美味しいだろうなあ。

焼きおにぎりは、そのままいただくの? お尋ねすると、鍋のスープをかけて、

焼きおにぎりを崩しながらお茶漬け風にしていただくのだとか。

スープの残った鍋は、ぎりぎりまでさげずにいてくださったのですが、もう1軒

はしごしたくなった私達。 後ろ髪を引かれる思いですが、〆は断念しました。

Hand01お会計は、2人で上記料理とお酒の他、

日本酒(八重桜@700)、芋焼酎(KIJIMAオリジナル@700)、奉仕料10%で

合計9350円ですが、30%OFFでお支払い金額は、6545円

私にしてはさほどお酒を注文していないのですが、30%OFFを活用しないと

いいお値段だ。 通常のお値段となると普段使いには厳しいなあ。

30%OFFに感謝して、満足度数は、★★★ 日常的? なら満足です。

 

中目黒 KIJIMA (キジマ)

東京都目黒区青葉台1-23-3 青葉台東和ビル 3F

TEL       03-5720-7366

営業時間/ 17:00~翌1:00(L.O 24:00)

定休日      無休

大きな地図で見る

2012年6月 5日 (火)

花彫酒家 新宿三丁目

Hanaborisyuka

お一人ランチは、新宿三丁目の中華居酒屋「花彫酒家

場所は、新宿通りを新宿二丁目交差点方向に進行。

交差点一つ手前を左折し、次の通りを左折した道沿いの雑居ビル2階。

通りに目立つ看板が出ていたので容易に到着できました。

カジュアルな店内は、隣との席の間隔が狭いためか、比較的小ぢんまり見えた。

リーズナブルなランチ・メニュー。 

同店で評判が良いタンタンメンがお目当て。

卓上には、メニュー、ペーパーナプキン、爪楊枝、醤油、酢、胡椒、

ラー油(2種類)がセット。

お箸はまとめて箸立てに入っており、着席すると氷水を持ってきていただけました。

タンタンメン@800 半ライスサービス付き。

肉そぼろ、刻みほうれん草、刻みネギ。

穴あきレンゲ。こちらは器の底へと溜まってしまう具材の救出用だね。

底からは、干しえびも救出。

普通のレンゲはスープを飲む用? レンゲは二刀流なのだ。

麺は、中細ちぢれ麺。

干しえびの旨みをプラスし、ねりごまの風味が効いたタンタンメン。

味わいはマイルド。 私には、ちょっと物足りないかな。

そんなときは、コレを投入。2種類のラー油は本格と辛口。

自分好みに仕上げました。

常連さんと思われる近隣サラリーマンのご注文を拝見していると、圧倒的に

半担々麺のセットだ。 

また、部下の女性にオススメをお話されているのを小耳に挟んだのですが、

あんかけやきそばもボリュームたっぷりで美味しいとのこと。 

このあたりで働く方々に愛されているお店のようだ。

外に積まれていました。こちらの麺は「㈱サッポロ製麺」のものをご使用のよう。

某クチコミサイトでの担々麺の評判の良さに期待していたのですが、

干しえびとねりごまが効いていると言っても「希須林」ほどには思えませんでした。

これは、この日のスープのコンディションによるものかは不明ですが、

町場の普通に美味しいタンタンメン。

交通費をかけてまでは、ちょっと厳しいかな。

ランチ満足度数は、★★★ 日常的なら満足です。

 

花彫酒家 (ハナホリシュカ)

東京都新宿区新宿3-3-9 伍名館ビル 2F

TEL         03-3355-0210

営業時間/ 月〜金 11:30〜14:00 17:00〜24:00(LO23:00)
                        土 11:30〜14:00 17:00〜23:00(LO22:00)

定休日     日・祝

大きな地図で見る

2012年6月 4日 (月)

ラ・マティエール (La Matiere) 神楽坂

Ramaterieru

友人との会食は、神楽坂のフレンチ「ラ・マティエール」(La Matiere) 

東京メトロ東西線1出口徒歩2分。

病院を目印に、その脇を入っていくと左手にお店があります。

白とダークブラウンを基調とした落ち着いた店内。

テーブル・セッティングは、ナプキン、グラス、フォーク(2つ)ナイフ(2つ)。

各卓には、2枚重ねのテーブルクロス。

おしぼりは、薄いピンク地のタオル。いい香りがした。

暑い日だったので、冷やされていて気持ちがよい。

 

ランチメニューは“A”“B”“C”“D”の4種類。 

・A:本日のスープ、肉料理又は魚料理、デザート \2100(税込み)
・B:前菜、肉料理又は魚料理、デザート \2625(税込み)
・C:前菜、本日のスープ、肉料理又は魚料理、デザート \3150(税込み)
・D:前菜、魚料理、肉料理、デザート \4200(税込み)

サービス料(10%)は別途。テーブル会計。

私達が選んだのは、“C”のコースで3150円。

前菜、本日のスープ、肉料理又は魚料理、デザートという内容で

前菜、メイン、デザートを自由に選べるプリフィクスコース。

ふっくら甘みのあるパンとバターもセットされました。

なお、ビールは小瓶で630円、グラスワインは一番リーズナブルなもので840円からです。

<前菜> 私チョイス。

カツオ(勝浦産)のマリネと春野菜のサラダ、パルメザンチーズ添え

グリーンが映えるサラダ。 カツオの切り身も厚い。

パルメザンチーズの塩気と旨みは、サラダにコクを持たせてくれ、

旬の野菜の持ち味と食感も存分に楽しめました。

見た目の華やかさとたっぷりの野菜、女子受けが良さそうだ。

<前菜> 友人チョイス。

帆立貝柱のフリットとレンズ豆の軽い煮込み、ニンニクパセリバター

一口いただきました。

ベシャメルソースをベースに、レンズ豆のプチプチとした食感がチャーミング。

フリットのソースとして相性も良し。美味い。

<本日のスープ>

グリンピース?だったかな。

青臭さもなく、あっさりといただける滑らかな冷たいスープです。

メインは、2人とも同じ。

<主菜>

自家製塩漬豚の網焼き、ラヴィゴットソース

外側が香ばしく、塩漬けの加減も良い。

噛み締めると旨みがじゅわじゅわ広がっていくのだ。これは大正解W04

下にはマッシュポテト、細かく刻んだ野菜がソースに使われています。

「デザートの前にチーズはいかがでしょう。」

そう、お店の方に声をかけていただいたら、頼んでしまいますよ。

だって、これだけ美味しいお料理をいただくと、嬉しくて2人ともニコニコ。

お財布のひもだって緩むのだ。

数種類の中から選んだのは、羊のチーズ。詳細は失念。

干しブドウとクルミの入ったパンは、トーストされています。

干しブドウの甘みがチーズのクセに合う。

デザートも2人とも同じ。

<デザート>

ココナッツのブランマンジェ、ライチのソルベ。

白一色の世界にミントの葉が美しい。 

デリケートな味わいに、思わず頬もほころぶ美味しさです。

食後は、ハーブティーをチョイス。(ハーブティーも数種類あり)

接客も、清潔感があって好印象。

前菜からデザートまで、丁寧に作られたお料理をいただけ久々に、フレンチで

当たりをひいた感じです。

実は、同店を手配してくれたのは、同行のフレンチ好きの友人。

好きなだけあって、この手のお店は、はずさないなあ。 

希望日に予約が取りづらいという話も聞きましたが、数日前にかかわらず

幸運にも席を押さえることができたのです。これも彼女のお力だ。感謝Onegai03t

この日来店されているお客さまを見ると、右隣は6名の女子会、左隣も2名の女子。

ほか、年齢を問わず、あちらもこちらも女子ばかり。 圧巻!

テーブル会計を済ませ、退店しようと席をたつと

「シェフからご挨拶をさせてください」とのこと。

外にでると、厨房の木窓からシェフが顔を出してのご挨拶。洒落ているぅ。

こういうところも、女心をがっちりつかむね。

Hand01お会計は、2人で、上記お料理と

お酒はビールにグラスワイン(値段の違うもの)数杯で、合計14206円

フランス料理満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。

仲良しの友人に紹介したいお店がまた増えました。

 

ラ・マティエール (La Matiere)

東京都新宿区神楽坂6-29

TEL         03-3260-4778

営業時間/ 11:30~14:00(L.O) 18:00~21:00(L.O)

定休日     月曜日

大きな地図で見る

2012年6月 3日 (日)

競馬の話 安田記念G1

6月3日(日)は、東京競馬場で安田記念G1が開催されるのです。

予想は・・・

◎ 10   アパパネ 
○  12  ドナウブルー
▲   3  グランプリボス
△   2  ガルボ、7 サダムパテック、17 マルセリーナ   

3連単のBOXで。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

結果は・・・ 

1着      4 ストロングリターン(単2人気)
2着  ▲   3 グランプリボス(単13人気)
3着        8 コスモセンサー(単15人気)

配当は3連複92530円、3連単468600円でした。 惨敗(TwT。)

2012年6月 2日 (土)

山家 渋谷

Yamaga

渋谷マークシティ横の道沿いに位置する大衆居酒屋「山家 支店」 

同店は24時間飲めると言うことでお邪魔しました( ̄▽ ̄)  利用は3階の窓際。

店内に入ると、まだこのフロアには私達だけ。

お店のおばちゃんがせっせとアルコール除菌スプレーを使ってお掃除をしている。

そう、24時間営業ですからね、お客様の、入りのタイミングを見計らってやらないと

ならないのでしょう。

私は、ホッピーセット(黒)@400、は@270

連れは、生ビール(キリンラガー)@450 から。

エイヒレ@500、明太子@500

酒のつまみは、思ったほどお安くはなかった。

キンミヤ焼酎 飲みきりボトル(300ml)@600

しかし、キンミヤ焼酎が置いてあるのは有難い。翌日の酒残りに影響するのだ。

とり盛り(5本)@600

けっこう、むっちりとデカイ。 これなら一応納得。

Hand01お会計は、2人で上記料理とお酒の他、

たっぷり中のお替りなどをして合計4330円

窓の外に見える灯りが心に染み入る。

万人受けするお店とは思いませんが、24時間営業は頼もしい。

時間制の張り紙も見ましたが、普通に注文して飲んでいる分には、お会計の催促も

ありませんでしたので、こうしたことは一部のお客様への警告であり、推測ですが、

よほど混雑していない限り大丈夫なのではないかな。

居酒屋満足度数は、★★★ 日常的なら満足です。

 

山家 支店 (ヤマガ シテン) 

東京都渋谷区道玄坂1-5-9

TEL       03-3461-3010

営業時間/ 24時間

大きな地図で見る

2012年6月 1日 (金)

新香飯店 麻布十番

Sinnkouhanntenn

お一人ランチは、麻布十番「新香飯店」 再訪

実は、同店、私よりも連れに縁の深いお店。

学生時代、食べ盛りの寝太郎さんが部活の仲間と通っていたお店が閉店。

しかし、当時の味を再現できる?コックさんがこちらにいらっしゃるとかで

現在もたまにのようですが、その頃のメンバーが集まり、思い出の味を

いただく会がある様子。 

青春の味ですな。 どんなのなの?興味津々。 

私もタイムスリップ気分で、一人、青春のご相伴に与ろう。

店頭に出されていたメニューにも、それはありました。

肉定食セット@850

本日のサービスメニューはランチ用になるのかな。セットで、冷奴、サラダ、スープ付。 

「肉定食」は、通称、「肉定」と呼ぶそうです。

冷奴の上には、大根おろし。サラダはゴマドレッシング。

スープは、生姜の効いたお醤油味先行型。ネギが浮いているところがポイントね。

型抜きを使って形を整えたライスは、柔らかめ。

ボリュームたっぷりな肉野菜炒めは、青春の匂いがしたのだった。。

通常で頼むと880円。

ランチタイム、まわりを見ると男性ばかり。 空腹男子がもろもろでした。

私も、学生時代に食べた、町の中華屋さんに行きたくなったよ。

今回のランチ満足度数は、★★★ 日常的なら満足です。

 

新香飯店(しんこうはんてん)

東京都港区麻布十番3-7-13

TEL      03-3452-8051

営業時間/ 11:00~22:00

定休日      火曜日

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »