2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« ラ・ジョルジーナ 代官山 | トップページ | 筑紫樓 ( ツクシロウ) 恵比寿店 »

2012年5月11日 (金)

南印度ダイニング ポンディバワン 武蔵新田 №33 

Furaidoraisumirusu

わなっかむ♪ 「ポンディバワン」です。

(ノブロー) こんちは!オラたちもポンディのゴールディンウィーク スペシャル

ディナータイムのフライドライス ミールスをごっちゃんになりに行っただよ。

みなも、来てくれただかっ?

フライドライス ミールス@3200(1名様より予約可)×2

写真は1人前です。

バナナの葉の上にのっているものは、中央のフライドライスから時計回りに、
大根のクートゥ、インジ カヌワ(イカのジンジャー炒め)、アンドラ チキンマサラ、
ココナッツ プラウン、ゴビ マンチュリ。

カトリに入っているものは、左からラッサムスープ、マラバー チキンカレー、
ポーク ビンダール、桜エビのスープ。

一番右はフィンガーボウル。

フライドライス(炒め飯)は、ピーマン、タマネギ、タマゴなど。

ぱらっぱらの見事な仕上がり具合です。美味し! 

ゴビ マンチュリは、カリフラワーとニンニク。

アンドラ チキンマサラやゴビ マンチュリも、インドスパイスがたっぷり
効いているのですが、あんかけ状で中華的な要素あり。

いつものミールスとは一味違う印象は、フライドライスを含め、こうしたところからかな。

(ノブロー) オラ、この桜エビのスープ気にいっただ。

アントニーさんに聞いたら、インドでも桜エビ食べるらしいんだ。

すんごくミルキーで優しい味なんだな。

玉ねぎの甘みとギー、牛乳や生クリームでこの味を深めてるらしいだ。

でな、隣のポーク ビンダールは、すっぱ辛くて、ちいとクセがあるけんど、

そこがええだ。クセがクセになる味わいだで。うめえ。

(ノブロー) マラバー チキンカレーには茄子入りだ。この色味からすると

ココナッツミルクも入ってるんだと思うで。

(ノブロー) タマリンドライスも出してくれただ♪

(ワタロー) タマリンドライスは、グランドメニューにもあるけんど、そっちは日本米。

今日のはインディカ米だで。ピーナッツも入ってるだよ。

(みに) 今回も、ボリュームたっぷりだったわね。私は、またもフライドライスやら

食べ切れなったものをフードパックに入れていただいて、お持ち帰りだわ。

(ノブロー) デザートは、ココナッツ ソーン パパリだで。

まろちんパパさん達の分もあるで、4つだ。

とーっても甘いっ! 

ホットチャイと、お口直しのフェンネルもいただけました。

(フェェンネルは №26最後の写真 )をご参照ください。※石灰石じゃないよ♪

こちらは、オマケcatface

ポールさんが、ヌードルを見せてくれました。

Hand01お会計は、2人で、
上記ミールスとお酒(生ビール400円、ワイン1900円×2)で合計10600円

ゴールデンウィーク、スペシャルなミールスに気持ちも高まるポンディナイトnight

インド料理満足度数は、★★★★★ 特別です。 みっげなんどりー♪

 

南印度ダイニング ポンディバワン 

〒146-0093 東京都大田区矢口1-7-9

TEL       03-6715-2888

営業時間/ 11:00〜15:00 (L.O.14:30) 17:30〜23:00 (L.O.22:00) 

定休日     第2・第4 火曜日


関東食べ歩き ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 関東食べ歩きへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

« ラ・ジョルジーナ 代官山 | トップページ | 筑紫樓 ( ツクシロウ) 恵比寿店 »

07.エスニック・インド料理・カレー」カテゴリの記事

a-06.品川区・大田区」カテゴリの記事

b-3.東京・神奈川ディナー」カテゴリの記事

コメント

>アンドラ チキンマサラやゴビ マンチュリも、インドスパイスがたっぷり
>効いているのですが、あんかけ状で中華的な要素あり。

ゴビ=ヒンズー語でカリフラワー
マンチュリ=英語でマンチュリアは満州の事

インドにも、たくさんの華僑がいて、中国料理がインドに伝わりました。
xx・マンチュリア、xx・スーツァン(四川と言う意味)と書くと、中国風インド料理を差します。
記憶に間違えなkれば、フライドライスも、炒飯がインドに伝わったはず。

>ココナッツ ソーン パパリ

これは名前も聞いた事がないデザートですね。
どんな味だったか、あとで教えて下さい。

ヌードルは結局食べなかったのですか?
これって、乾麺?

醍醐さん^^
こんにちは!コメントありがとうございます。
中国は大きいですからね。
国境のことを含め、以前、シェフとそういう会話をした覚えがあります。
中国料理的な要素があって、これはつまみにいいっ!
と喜んだのも束の間。ボリュームの多さにギブアップ。。

フライドライスも中国料理の炒飯のように、すごい火力で鍋を
ふるって作られたのかな~と想像するとものすごく不思議な光景に思えます。

>ココナッツ ソーン パパリ
食感としては、シャリシャリした感じ。
自身、スイーツに関して詳しくないので、他のものへのたとえが難しいのですが、
お砂糖を口に入れたように甘い。

このときは、ヌードルいただいていません。
ナマステヌードルに使われているものかな。乾麺です(*^-^)

食を通してその国の文化を知ることは、とても興味深いですね♪
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

この記事へのコメントは終了しました。

« ラ・ジョルジーナ 代官山 | トップページ | 筑紫樓 ( ツクシロウ) 恵比寿店 »