2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月29日 (水)

浄蓮の滝 (日帰りバスツアー) №3

Jyourennnotaki

バスツアー、次のお立ち寄りは日本の滝百選にも選ばれた「浄蓮の滝」

この浄蓮の滝には、女郎蜘蛛伝説が残っています。

写真では小さいので記しておきますね。

-女郎蜘蛛の伝説-

天城の渓谷から北に流れる本谷川の水をあつめて、絶壁を落下する浄蓮の滝は、

まさに伊豆第一の名瀑である。

むかし、この里に住むひとりのおじいさんが滝壷のそばで畑を耕していました。

どのくらい時間がたったのでしょうか。

おじいさんは少し休憩をしようと川のほとりの木の切り株に腰掛けました。

春の暖かい日差しにうとうとしながらふと泥で汚れた自分の足に目を向けると、

一匹のうつくしい大きな女郎蜘蛛がせっせと足に糸をまきつけています。

「わしの汚れた足を、木の枝とまちがえてるな。」おじいさんはくすりと笑った。

しかし、せっかく一生懸命よりあわせた糸を切ってしまうのはかわいそうな気がした

ので、蜘蛛の糸をそっと足からはずし、今座っていた切り株にくるくるとまきつけ

畑仕事を再開しようと立ち上がりました。

するとそのとき、地面がぐらぐらゆれたかと思うと先ほどの切り株がメキメキと

音をたてて引きぬかれ、そのまま深い深い滝壷へと引きずりこまれていきました。

「ややっ、これは!」 

おじいさんがおそるおそる滝壷を見下ろすと、滝は不気味な渦と轟音をたてながら

あたかも大きな口を開けたように切り株を飲み込んでいきました。

おじいさんはあまりのおそろしさにあわてて畑から逃げ出しました。

「ああ恐ろしい。あれはまさしく滝の主だった。うっかりしていたら

わしが飲みこまれるところだったよ。」 

おじいさんは命からがら村まで逃げ帰ると、村人たちにこの恐ろしい出来事を話して

聞かせたので、それからこの滝に近寄る村人はいませんでした。 

それからいく年もすぎてのことである。

この村によその村から一人のきこりがやってきて、浄蓮の滝の滝壷のそばで木を

切っていました。

ふとした拍子にきこりの手から斧がぬけ、斧はあっという間に滝壷の底に消えて

しまいました。

「やれやれ、これはしまった。」

きこりは大事な斧が無くなっては仕事にならないと、着物を脱ぎすて、ざぶんと

滝壷に飛び込みました。

きこりは深い滝の底までもぐってさがしたが斧は見つからず、あきらめてあがって

くると大きな岩のかげから

「もし、もし」

と、女の声がしました。きこりが顔をあげると、若い美しい女がきこりの斧を持って

立っていました。

「これは、あなたの斧ですね。さあ返してあげましょう。

ただしあなたが私のすがたをここで見たことを誰にも話さないと約束してください。

もし約束をやぶったなら、そのときはあなたの生命をいただきます。」

きこりはその言葉に大きくうなずくと、女の手から斧をうけとりしばらく夢でも見て

いたかのようにその場にぼーっとしていました。

しばらくして我にかえったきこりは、斧を持って滝をあとにしました。

それにしてもふしぎな事もあるものだと思い、それとなく村人たちに聞いてみると、

村人たちは口をそろえて滝の主のおそろしさを話してきかせました。

きこりはようやくあの時の美しい女が女郎蜘蛛の化身であったことがわかったが、

約束を守ってそのことだけはみんなには話しませんでした。

その後、きこりはよその山へとうつっていきましたが、あの滝のおそろしい思い出

だけは忘れることができませんでした。

そうしてある時きこりがその村にもどってきて、仲間のきこりたちと酒を飲んでいると、

いつしか炉ばたでは昔話に花がさき、みんなであの滝の恐ろしさが語られはじめました。

きこりは一人だまってその話を聞いていましたが、酒の酔いがまわるにつれ口が軽く

なり、ついあの時の出来事を話してしまいました。

「お前たちは滝の主の女郎蜘蛛を見たことがあるかい?この俺は見たことがあるぜ。

そりゃあきれいな女だった。」

きこりの話をみんなは信用しようとはしなかったが、きこりはさらに続けました。

「これは本当の話よ。主との約束で俺は今まで誰にも話さなかったんだ。

しかしこれですっきりしたわい。」

きこりはその話をくりかえししゃべると胸につかえていたものが取れたかのように、

満足げに炉ばたに横になり高いいびきをあげて眠りにおちた。

きこりはそのまま深い永遠の眠りにつき、二度と目覚めることはなかったという・・・

むかしむかしの話である。

 

こわー!!こわー!(。>0<。) 

途中から展開は読めていたけど、やはり約束事は守らないといけませんね。

滝の前には、「天城越え」の碑がありました。

歌詞にもでてきますよね。「浄蓮の滝」♪

滝の両側には「ハイコモチシダ」(別名 ジョウレンシダ)が群生。

日本国内では九州南部と伊豆半島に分布するのみで、
静岡県指定天然記念物とのこと。

それにしても、女郎蜘蛛は今も滝壷にいるのだろうか。

深い滝壷の青は神秘的で、長く見ていると吸い込まれていきそうだ。

ふと足元を見る。幸い私の足には蜘蛛の糸は、まきついていなかった。

2012年2月28日 (火)

河津桜まつり (日帰りバスツアー) №2

Kawazusakura

河津桜とは静岡県賀茂郡河津町の早咲きの桜。

例年だと2月上旬から開花しはじめ3月上旬に満開をむかえます。

しかし、今年は低温続きの影響で開花が遅れ、ご覧のとおり。(平成24年2月26日)

河津川沿いの桜は1分咲き。

がっかりだ・・・。春は遠いか。

しかし、ツアーでいらっしゃっているお客様は河津桜の開花をあてこんで日程を組み

予約されておりますから、駐車場はこうしたことに関係なく満車。人もわんさか。

そして露店もたくさん出ていました。

私たちも、何か買おうかな。

露店のお兄さんのオススメは腸詰ソーセージということなので。

うん!ちょっと塩がきついかもしれないけど、ジューシーで美味しい。

昼食は日帰りツアーにセットされているお弁当。

川沿いの公園のベンチに座っていただきました。

もちもちとしたおこわ飯に、煮物、かき揚げ、ぎんぴらごぼう、ポテトサラダ、漬物。

素朴な味付けに好感が持てる。 

河津桜は残念でしたが、またの年に個人旅行でリベンジしてみよう。

添乗員さんのお話によると、

電車の場合は、伊豆急行河津駅から河津川桜並木まで徒歩で3分ほど。

車の場合は、海側からだと国道135号が大渋滞になるので山側、天城越えの方が

幾分かいいと教えていただけました。

2012年2月27日 (月)

江間いちご狩りセンター (日帰りバスツアー) №1

 

Emaitigo

初春を求めて、日帰りバスツアーで河津桜まつりに行ってまいりました。

その前のお立ち寄りは、中伊豆「江間いちご狩りセンター」

開園時間は9:00〜16:00。団体ですので、添乗員さんが受付を済ませ、バスは

センターの先導車のあとについて、いちごハウスまで移動します。

いちご狩り食べ放題は30分!いちごの持ち帰りは厳禁!

食べ放題のルールとして進路は一方通行。

センターの方からの留意点を聞いたあとは、コンデンスミルク入りの、いちごの

へたを入れるカップを受け取ります。

江間いちご狩りセンターのHPによると、
江間いちご狩り組合では静岡生まれの大粒いちご「章姫(あきひめ)」と
その苺から品種改良された「紅ほっぺ」2種類を食べて頂いております。

とのことですが、私達の案内されたいちごハウスは「章姫(あきひめ)」

「章姫(あきひめ)」、東京のスーパーではあまり見かけないなあ。

どっちかというと「紅ほっぺ」のほうが、知名度高いよね。

とか、言いながらガンガン食べる。

もちろん、何もつけずそのままでも美味しいのですが、途中センターのお姉さんに

お願いすれば、コンデンスミルクをたしていただけるのだ。

水々しくて、爽やかな甘さが口の中いっぱいに広がる。

5〜6個もいただけば十分だと思っていたのに、30個ぐらいぺろりとたいらげた。 

お土産用の苺は、保存の関係ということで「紅ほっぺ」主体。

価格は750円〜2800円。

また、江間いちご狩りセンターの入園料は、月によって違います。

ピーク時の12月は1800円、それから1500円、1200円、1000円、800円と

変わるようなのですが、私達の利用時は1500円のときでした。

※ご興味のある方は、江間いちご狩りセンターのHPをご確認くださいね。

http://ema-ichigo.com/

2012年2月25日 (土)

ジャパンレストランウィーク2012のまとめ

(モンタロー) こんちは!「ジャパンレストランウィーク2012」編 に付き合って

くれてありがとだ。 管理人もさすがに長編続きにバテたようだで。

今日はオラが代理だな。

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

ジャパンレストランウィーク特別メニュー訪問満足度順位は

1.「MASQ」
2.「szechwan restaurant 陳」
3.「銀座 凛」
4.「銀座 美しょう」
5.「テール・ド・トリュフ東京」

という結果になりましたが、

この期間の特別メニューで判断しただけで、どこも個性に溢れた素敵なお店。

こうしたチャンスがなければ訪問することは難しかったかもしれません。

一期一会に感謝。

またのレストランウィークには、新しい出会いを求め、果敢にチャレンジしたい

と思っております(*^-^)v

2012年2月24日 (金)

MASQ ジャパンレストランウィーク2012

Masq

「ジャパンレストランウィーク2012」、グルメに恋する3週間、最後の訪問は

ステーキ&フォアグラ「MASQ」。 同行者は、銀座大好き、フレンチ大好きの友人さん。

久しぶりに彼女と食事をしようと思っていたところに「レストランウィーク」が

重なりました。お互いにネットで店舗を吟味し、意見を交換。

フレンチ食べ歩きが趣味の彼女の関心は、もちろん銀座エリアのフレンチ。

対する私は、彼女の食の好みを尊重しつつ、別エリアからも候補をたてました。

最終候補に残ったのが、「MASQ」(銀座)、「モノリス」(表参道)、「ラ・ロシェル」(南青山)

こうなると「MASQ」のメニュー、ステーキが優勢。そう!私たちは肉食女子?!なのだ。

「MASQ」はランチメニューなし。したがって、ディナータイムでの利用になります。

場所は、有楽町方面から説明すると、晴海通りを銀座4丁目の交差点に向かい進行。

1本手前のベルギーワッフル「Manneken(マネケン)」の角を右折。

すずらん通り沿いの右手側に同店の入ったビルを確認できます。

細い階段を降りて店内に入る。

レストランウィークでの利用を告げ、案内されたのは店内突き当りのバーカウンター席。

見渡すと薄暗い店内は意外と小ぢんまり。

他は、壁側にカウンター席、テーブル席、個室も完備。

卓上には「ジャパンレストランウィーク2012」の内容が記載されたお品書はなし。

事前に同サイトで確認していたところ

ディナーメニューは@5250と@7350の2種類。

ワインの追加注文を考慮し、選んだのは、@5250のコース。
1)タスマニア産キャッツアイオイスター 2)鮮魚のカルパッチョ 
3)本日のフォアグラ料理 4)極上和牛サーロインステーキ[60g] 
5)お米の料理 6)デザート 7)コーヒー
となっていました。

レストランウィーク“b”@5250

1)タスマニア産キャッツアイオイスター

細かく刻んだレッドオニオンがソースに使われています。

海のミルク、クリーミーな牡蠣にほんのりとした酸味が加わり、口に含むと広がる

磯の香り。あっさりしながら、しっかりと旨味が広がって美味い。

右はソーセージを挟んだパン。アミューズです。

2)鮮魚のカルパッチョ

もっちりとした白身。お皿には、塩、胡椒、オリーブオイル。

3)本日のフォアグラ料理

フォアグラソテーと天使海老。下は茄子だったと思いますが、甲殻類のソースは

甘みがあってコクが深い。 

このフォアグラは下処理がしっかりなされているのでしょう。

特有のくさみもなく、外側はかりっと中はとろーり、美味しくソテーされています。

同店の看板料理がフォアグラであることも納得

そして、もう一つの看板料理がステーキ♪ 焼きあげる前に見せていただけました。

おお!サシが入っているよ。 興奮状態の私と友人。 

スタッフの方のお話によると、ディナーコース料理の中には、割増料金を支払わないと

ステーキをいただけない場合がある様子。

今回は、レストランウィークということで、特別にステーキがセットされていたのです。

やったぞっ!!私たち、勝ったぞ!!(何に??)

4)極上和牛サーロインステーキ[60g]

ステーキだけ、一つのお皿に2人分盛り付けです。 仲良くいただこうね♪

付け合せはマコモダケ、シイタケ、菜もの、こんがり焼いた脂身部分。

薬味は、黒胡椒、粒マスタード、塩、醤油。

うまい!うまい!うまい!Yahho01 お肉の持つ自然な甘みと旨みに歓喜した。

お店にはステーキブースがあって、シェフがお肉を焼いているところをガラス越しに

拝見できるのです。と言っても、バーカウンターは死角になるので一番良いのは

テーブル席。このガラスはマジックミラー。

ステーキブースを教えてくれたスタッフさんの話によると、シェフからはお客様が

見えないようになっているんですって。席を離れて見学。ライブ感たっぷりです。

CHATEAU BEL AIR BORDEAUX @4800

そうそう、お酒は、MASQ生ビール@850×2のほか、最もリーズナブルな

ボトルワインを注文してます。

5)お米の料理

パエリアとおっしゃってらしたけど、ソレらしくない。

これはサフランライスになるのかな? 

上には、サラミとオニオンになるのだろうか?詳しくは不明。

控えめな味付けで、普通に美味い。

追加は、カクテルやグラスワインなど。

私たちの席がちょうどバーカウンターの端でして、お料理を出されるときに

ちょこちょこお話をさせていただいてるうちに「GODAK VIP MEMBERS CARD」を

作ってくださる運びになりました。(無料) 

おそらくグループ店「鰤門」 の話をしていたからでしょう。

年配のホールスタッフさんは、接客慣れをなさっている。

通常は日本橋「鰤門」にいらっしゃるとのことですが、私のコロンの香りを

すぐ当てたのだ。はじめてだ。

6)デザート

アイスクリーム他、盛り合わせになっています。(酒が回り失念)

7)コーヒー

レストランウィーク“b” 5250円のお値段にして、味、控え目ながらもボリュームも、

文句なし。女子には、ちょこちょこいただけて嬉しいと思います。

ホールスタッフの方だけでなく、バーテンダーさんもトーク上手。

カジュアルな要素を持つステーキ&フレンチ、大人の外食の楽しみを味わえるお店でした。

Hand01お会計は、お酒の追加料金を加算し、合計22520円

(サービス料が加算されていると思います)

「MEMBERS CARD」も作ったことだし、フォアグラ好きな女子を誘って再訪してみよう。

ジャパンレストランウィーク満足度数は、★★★★☆ とってもお気に入りです。

 

MASQ(マスク)

東京都中央区銀座5-6-6 銀座フォトグビルB1

TEL      03-3575-5161

営業時間/ 月~土 17:30~翌3:00 日・祝 17:30~翌0:00 休前日 17:30~翌3:00   

定休日    無休

http://www.masq.jp/

大きな地図で見る

2012年2月23日 (木)

フレンチ&鉄板焼 銀座 美しょう ジャパンレストランウィーク2012

Mishou

「ジャパンレストランウィーク2012」、グルメに恋する3週間、次の訪問は

フレンチ&鉄板焼「銀座 美しょう」。同行者は、寝太郎さん。

平日のディナータイムに訪問しました。

場所は銀座中央通り、銀座七丁目の交差点から1本裏に入り右折、新橋方面に

向かいます。

数あるレストランウィーク参加店の中で同店を選んだのはメニュー内容の充実度。

魚料理あり、肉料理あり、これはボリューム感を期待できる。

さっそく予約の電話をいれたところ、鉄板焼を希望の場合はカウンター席に

横並びになるというお話。予算的にフレンチでお願いしておきました。

レストランウィークでの利用を告げ、案内されたのは2階、一番奥のテーブル席。

どうやら1階カウンター席が鉄板焼、2階がフレンチ利用の案内になる様子。

階段を上ったところで、上着を預けました。

小ぢんまりとしてレトロな雰囲気の漂う店内。

白地のテーブルクロスに薄暗い照明。

遠い昔、両親に連れていってもらったちょっといいお値段のレストラン

あれは、どこだったろう。回顧的な思いに駆られる。

卓上には「ジャパンレストランウィーク2012」のお品書きあり

事前に同サイトで確認していたところでは、

ランチメニューは、フレンチ@2100。

ディナーメニューは、フレンチ@5250と鉄板焼@7350の2種類。

ディナーメニュー@5250
<フレンチ>2012レストランウィーク特別コース
1)食前酒 キール (またはソフトドリンク)
2)アミューズ
3)前菜 海のエスカルゴ~ブルゴーニュ風~
4)魚料理  帆立貝の白ワイン蒸し~フローレンス風~
5)肉料理  フランス産の鴨のロースト~香るオレンジソース
6)本日のデザート アイスクリーム添え
7)コーヒーまたは紅茶

ですが、店のお品書きによると前菜部分に違いあり。

これは、その日の仕入れ等によることでしょう。

(アミューズ) クリームチーズのカナッペ、ピンクペッパーと香草

同店には、レストランウィークでのワンドリンクサービスあり。これは嬉しい。

キールだけではなく、生ビール、赤白ワイン、ウーロン茶などから選べました。

(ノブロー) 今日は一軒家レストランだでリラックスできるだ。

(ハチロー) 隣との席の間隔は狭いけんど、温かみのあるレストランでねえか?

ワインリストをみせていただきました。

赤も白も一番リーズナブルなもので5000円から。

お酒はワインだけにとどまらず、日本酒・焼酎あり(さすがにボトルは確認できず)

グラスワインは1000円から提供されている。

私たちが選んだのは、シャトー・ラ・グラーヴ・デュック・ドゥカーズ@5000

ホールスタッフは男性1人のみ。ワインも管理してくださるのだが、

小ぢんまりしているとは言え、各卓のお料理を出したり、ワインに目を配られたりと

何かとお忙しそうで、接客も硬い感じを受けた。

(前菜) ズワイ蟹のシャルロット仕立て ベルギー産ホワイトアスパラガス添え

ホワイトアスパラガスには、オーロラソース

洋食の基本の基本が詰まっている感じ。 この盛り付けは疑問ですが

味わいも馴染みやすいマヨネーズ風味のカニのほぐし身サラダはシンプルで美味い。

パンはオリーブオイルにバルサミコ酢。

パンは同じレストランウィークのお客様でも、お替りを出しているケースと

出さないケースあり、その基準は不明。

(魚料理) 帆立貝の白ワイン蒸し フローレンス風グラタン

下にはホウレン草。

帆立の数の多さは嬉しいのですが、単調な味に途中で飽きがくる。

ソースはシャパシャパ、表面をガスバーナーで炙ったタイプ。 物足りない。

もう少しソースの濃度も欲しいし、帆立の数が少なくても、器を変え、

皿の周りにはマッシュポテトを絞ったものが欲しかったかな。

(肉料理) フランス産 鴨のロースト オレンジソース

牛フィレ肉のステーキ ポワブルノワソースor

フランス産の鴨のロースト オレンジソース から選べましたので連れと違えて注文。

連れは上のオレンジピールがやや苦味に感じたようですが、私は大丈夫。

ソースは可もなく不可もなく。特筆すべき点は見当たらない。

(肉料理) 牛フィレ肉のステーキ ポワブルノワソース

お店の方の説明によると、ポワブルノワは黒胡椒と記憶しています。

付け合せは、鴨のローストと同じくマッシュポテト。

このマッシュポテトは舌触り滑らかで、ソースに絡めていただくには理想的。

焼き加減も良いのですが、どちらもフレンチと考えると中途半端。

「洋食」の域から、いまひとつ出ていないように思え、不完全燃焼。

(本日のデザート) カシスのアイスクリーム、アプリコットのタルト、エクレア

家庭的なデザート。とくにエクレアが出されたことに、萎えた。

また、皮がカチコチに硬いのだ。

(コーヒーまたは紅茶) 

同店にはパティシエ、パティシエールはいらっしゃらないのだろう。

最後のコーヒーをいただいていると、昨年の12月からこちらにいらしたという

シェフが客席に出ていらして、ご挨拶を受けた。

お話によると10名から貸切(2階フレンチのみ)、7500円ほどで飲み放題も

できるそうだ。 

来店なさっているお客様の中には、かなり年配の男性グループ客も見られた。

昔ながらの味に安心感をもてるということだろうか? 

日本酒や焼酎が置かれている理由がわかったような気になった。

レストランウィークでのディナー、管理人の思いを記録すると、

事前確認どおりに提供してくださった品数、ボリュームは有難いのですが、

味わいとしては昭和。古き良き時代が内装だけでなくお料理にまで反映されている。

それが悪いということはないのでしょうが、私自身、今回のお食事ではフレンチを

前提にしていましたので、最後まで、その認識をもつことが出来なかったことが残念。

某口コミサイトでは評価がいいのになあ。困ったぞ。

鉄板焼が正解だったのかな。 

Hand01お会計は、お酒の追加料金を加算し、合計17050円

(サービス料が加算されていると思います)

ジャパンレストランウィーク満足度数は、★★★で記録したいと思います。

 

フレンチ&鉄板焼 銀座 美しょう

東京都中央区銀座8-10-15

TEL      03-3572-1644

営業時間/月~土 11:30~15:00(L.O.14:00) 18:00~23:00(L.O.21:30)

定休日    日・祝

大きな地図で見る

2012年2月22日 (水)

szechwan restaurant 陳 ジャパンレストランウィーク2012

Szechwan_restaurant

「ジャパンレストランウィーク2012」、グルメに恋する3週間、次の訪問は

四川料理「szechwan restaurant 陳」。 同行者は、寝太郎さん。

やっぱり、この期間に1食ぐらいは中華料理いただかないとね。

数ある中華料理参加店の中でもネットで拝見したお品書き内容の充実度に惹かれて、

土曜日のランチタイムに訪問しました。

オーナー、陳建一氏。総料理長、菰田欣也氏。

場所は渋谷、セルリアンタワー東急ホテル2階。

通常時はわかりませんが、レストランウィークの予約の際、ランチタイムは

時間を2回に分けているとのことで、私たちの利用は遅い13時。

レストランウィークでの利用を告げ、案内されたのは店内中央あたりのテーブル席。

卓上には「ジャパンレストランウィーク2012」の内容が記載されたお品書きあり

事前に同サイトで確認していたところ

ランチメニュー@2100とディナーメニューは@7350のみ。

レストランウィークランチ@2100
1)前菜 バンバンヂィー サラダ仕立て
2)スープ タラバ蟹のとろ味スープ生姜風味
3)料理 プリプリ海老の特製チリソース サラダ添え 又は、
南州黒豚肩ロースやわらか仕立ての“魅惑の黒醋スブタ”
4)食事 陳建一のマーボードーフ御膳
5)デザート スーツァンレストラン陳 オリジナルアンニンドーフ

置かれているお品書きと相違なし。

紹興酒は一番リーズナブルなもので5600円から。

日常、安紹興酒ばかり飲んでいる我らにはびっくりだ。

同店の一番リーズナブルなボトルワインも約5000円ぐらいでほとんど変わらない

お値段。ここは紹興酒をチビチビ飲んで凌ごう。

無濾過紹興酒 紅琥珀 陳・5年(600ml)@5600

ゴージャスな朱色の包装紙。ありがたさ、たっぷりだ。

これは、もちろんストレートだわ。

ナイフレスト、箸、スプーン、ナプキン、最初の皿が準備され、おしぼりは白地のタオル。

卓上のセットも美しい。 

紹興酒もワイングラスだ。やはり高い紹興酒は香りも違うなあ。美味いです。

アルコールを注文すると、提供されるのかピーカンナッツの飴炊き。

(ノブロー) ちょいと甘めにコーティングされたナッツは、カリッとしていて

歯ざわりがええだ。

(前菜) バンバンヂィー サラダ仕立て

カクテルグラスに準備された前菜は通常のものとレベルが違う。

ピリ辛味噌のゴマだれ。生姜とネギを確認できた。

ソースの持つ甘みと旨みが織り成す複合的な美味しさ。

自身、中華前菜の定番とも言えるクラゲは控えたいタイプですが、このソースで

観念は一新。食を前向きにさせてくれる。

クラゲも単なるバンバンヂィーのかさ増しではなく、味と食感のアクセントとして

活きているのだ。

(スープ) タラバ蟹のとろ味スープ生姜風味

細長く切られた野菜、卵白。見事なコンビネーションのスープ。

生姜が効いており、塩ととろみの加減、申し分ないのだ。美味い。

(ノブロー) とろみついてるで、冷めにくくて腹ポカポカあったまるだ。

(料理) プリプリ海老の特製チリソース サラダ添え

メインを連れと違えて注文できました。連れチョイス。

弾むような食感のある大きい海老には卵白が絡まっており、特製チリソースは

ニンニクが効いている。このソースは品良く美味い。

(料理) 南州黒豚肩ロースやわらか仕立ての“魅惑の黒醋スブタ”

私、チョイス。

タマネギ、ピーマン、パプリカは細かくカット。これは彩りの役割だろうか・・・。

魅惑の黒醋スブタ、肉質は良いのですが、あんが濃厚、しかも硬い。

私の好みの問題ですが、味わい的にも、もう少しライトな方がいいな。 

料理は、連れチョイス優勢。

(食事) 陳建一の麻婆豆腐御膳

ザーサイ付。味は良いのですが、このままだと色気がない。

工夫がほしいところ。 視覚的にも楽しめるよう半分を青ザーサイにして

2色使いで提供していただけたら楽しかったかも。

豆鼓(トウチ)が効いた麻婆豆腐。

ビリビリとした辛さを感じますが、幾分かもったりして古めかしい。

四川料理の父、陳健民氏。

麻婆豆腐は、陳建民氏が日本に初めて伝えたと言われています。

その伝統ある味をお弟子さんたちは継承しているのでしょう。OKです。

スパイスミルには、痺れの「赤山椒」と香りの「青山椒」

青は若い山椒の実。香りと辛味が強いのです。

(みに) ワタローさん!大好きなご飯が来てるわよ。

ちょっと、あなた、どこでくつろいでいるの。それ、レンゲ置きじゃない!

(ワタロー) おお、やっと飯がきたか。

どんれ、オラも麻婆豆腐のっけご飯ごっちゃんになるだ。

(みに) はいはい。早く起きてちょうだいね(´д`)

(デザート) オリジナル杏仁豆腐

デザート時に、おしぼりの差し替えあり。

上にはクコの実。スタンダードですが、口ざわりもよく美味しい。

杏仁豆腐はこうあってほしいと思える理想の仕上がりだ。

この他、ジャスミン茶のサービスあり。

(オラーズ) オラ達も順番に並んでごっちゃんになるべよ♪

大きいガラス越しの厨房の中では、何人もの料理人の方々が仕事をなさっています。

そのテンポの良さを拝見しているだけでも、ウキウキと心が弾んでくる。

演出効果大。素敵ですHeart06

Hand01お会計は、お酒の追加料金を加算し、合計10220円

(サービス料が加算されていると思います)

紹興酒の値段が響きましたが、レストランウィークランチの料理内容で考えると

お得だったと思います。

また、ホテルのためか、ベビーカーをお持ちの家族連れも見られ、

特別感に優先して、客層の幅の広さを感じました。

ジャパンレストランウィーク満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。

 

szechwan restaurant 陳(スーツァン レストラン チン)

東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー東急ホテル 2F

TEL      03-3463-4001

営業時間/ 11:30~14:00(L.O) 17:30~22:00(L.O)

定休日    無休

大きな地図で見る

2012年2月21日 (火)

テール・ド・トリュフ東京 ジャパンレストランウィーク2012

※エスティヴァム Truffe Tuber Aestivum 別名「サマートリュフ」

5~10月に収穫される最もポピュラーなトリュフ。

Terudotoryufu

「ジャパンレストランウィーク2012」、グルメに恋する3週間、次の訪問は

フレンチ「テール・ド・トリュフ東京」。 同行者は、母と母の友人、寝太郎さん。

土曜日のディナータイムに4人で訪問しました。

親不孝なもので、自分は食べ歩いているのにもかかわらず、

私の母は今まで「トリュフ」というものを食べたことがないのです。

冥土の土産に一度でいいから食べてみたい!と常々申しておりまして、

今回、トリュフ専門店の「テール・ド・トリュフ東京」が参加店になっていたことに注目。

思い切って、予約いたしました。 

場所は六本木ヒルズヒルサイドB1。

六本木ヒルズのメインストリートけやき坂通りにビルは面しています。

レストランウィークでの利用を告げ、上着を預け、案内されたのは入り口近くの

テーブル席。 高級感溢れる店内に母達は緊張している様子。普段より姿勢がいい。

卓上には「JAPAN RESTAURANT WEEK 2012」のお品書きあり

事前に同サイトで確認していたところでは、

ランチメニュー@2100とディナーメニューは@7350のみ。

ディナーメニュー@7350
前菜からデザートまですべてにトリュフを使った4皿のディナーコース
1)アミューズ トリュフを使った一口前菜
2)冷前菜 季節の食材を使った前菜 スライストリュフ
3)メイン シェフおすすめのメインディッシュ トリュフ
4)デザート 濃厚ヴァニラアイス トリュフキャラメルソース

ですが、店のお品書きによると

本日はイタリア ウンブリア州から届いた※エスティヴァムを使用してお料理を
すすめてまいります。ごゆっくりお過ごし下さい。

-1er-

  • 黒トリュフを挟んだブリー・ド・モー 
  • キッシュロレーヌ
  • シャンピニオン・ド・パリのスープ 

-Main- ◆どちらかお選びください◆

  • 酵素ポーク肩ロースのフリカッセ スライスしたトリュフ
  • 鮪のレアステーキ たまり醤油とクリームのソース スライスしたトリュフ

-Dessert-

  • 濃厚ヴァニラアイスクリーム トリュフ入りキャラメルソース

食後のお飲み物

  • Coffe or Tea

という構成。 

まず、この日のお料理に使用されるトリュフを席にもってきてくれました。

(全部は使いません)

「どんな匂いがするのですか?」

母がいきなりホールスタッフさんに質問。

行きつけの美容室の美容師さんに「トリュフって香りがいいんですよ」と言う話を聞いて

妄想をたくましくさせていたのでしょう。お店の方のお許しを受け匂いをクンクン!

「あら、そんなに匂いがしないわ」 言いたい放題だ。(おっと、私もだ)

※ エスティヴァムは1~4月までは“瞬間冷凍”を施し香りと同時に味わいも
楽しんでいただけます。

「それではこちらはいかがでしょう」

スタッフの方が、黒トリュフのフレーバーオイルを置かれ、

「パンにおつけになって召し上がってください」と説明してくださいました。

-1er-

手前から、黒トリュフを挟んだブリー・ド・モー
左、キッシュロレーヌ
右、シャンピニオン・ド・パリのスープ 

サイトで確認したアミューズと冷前菜は一緒盛りということかな。

キッシュロレーヌには、ちぢみほうれん草、刻みトリュフがたっぷり。

シャンピニオン・ド・パリのスープはトリュフのエッセンス入り、濃厚で

このお皿の中では一番美味しく感じました。

(ハチロー) パンがごっちゃんになれるちゅーんで、こっそりついて来ただ♪

(ノブロー) しーっ!!ハチ!おめ、声がでけえだ。

母ちゃんの友人さんもご一緒だで、オラ達おおっぴらに行動できねえ。

そっとパン籠まで近づくだ。

(ハチロー) パンだで~。あったけえ。外がぱりっとしていて香りもええだ。

(ノブロー) ハチ!パンには好みで黒トリュフのフレーバーオイルを使うだ。

ほんで、手前が塩で右奥が白胡椒だ。パンはお替りくれるだよ。

-Main-

酵素ポーク肩ロースのフリカッセ スライスしたトリュフ

一同、お肉をチョイス。

付け合せはヤングコーン、ブロッコリー、カブ、エリンギ、カリフラワー、オクラ、

ズッキーニ。 酵素ポークは肉質も良く、柔らかい。

トリュフはスライスしたものとクラッシュしたもの。

フリカッセ(クリームソース煮)、はじめは良いのですが、

私は次第にくどさを感じてしまった。

さて、ワインですがワインコースもありましたが、ボトルワイン6800円を注文。

これは同店ではリーズナブルなほうのお値段だと思います。

この他、グラスワインは1200円。

本日のグラスワインだと1500円~からになるので留意しましょう。

-Dessert-

濃厚ヴァニラアイスクリーム トリュフ入りキャラメルソース

トリュフがふんだんに入っています。濃厚なヴァニラに絡むと激うまい。

個人的に本日の1等賞

食後のお飲み物

Coffe or Teaとのことでしたが、エスプレッソとハーブティーもあり。

私はエスプレッソ。

母達は紅茶をチョイス、寝太郎さんはハーブティー、どちらも

ポットで出してくださいました。こういうところは嬉しい。

 

さて、同店ですが、これだけの高級素材をウリにするわりに店内にWCなし。

いったん店内を出て、同フロアのWCを使用します。

店の雰囲気からして店内にパウダールーム付きのWCがあっても良いと思うのです。

そして、「4皿のディナーコース」が一緒盛りで3皿に感じてしまったところも残念。

また、申し訳ないのですがスタッフの層が若干お若いためか、お店にはミスマッチ。

ご年配の支配人さんなどがいてくださると風格を感じられるのですが。

いっそ、カジュアルにトリュフをいただけるビストロ使用にしてしまえば、こうした

面も気にならないと思いました。

Hand01お会計は、お酒の追加料金を加算し(ボトルワイン6800円、本日のグラスワイン
1500円、1800円)合計43450円。(サービス料が加算されていると思います)

ジャパンレストランウィーク満足度数は、見送りです。

catface 念願の「トリュフ」をいただいた母。
「どうだった?」と聞くと「トリュフって松茸のようなものを想像していたのだけど
違うのね。もう満足したわ。」とのこと。 どうやら勉強になったようです。
ありがとうございました。

 

Terres de Truffes,Tokyo

東京都港区六本木6-10-2 六本木ヒルズヒルサイドB1

TEL      03-5786-6655

営業時間/11:00~15:00(L.O.14:00) 17:30~23:00(L.O.22:00)

定休日    無休

大きな地図で見る

2012年2月20日 (月)

銀座 凛 ジャパンレストランウィーク2012

Rinn

「ジャパンレストランウィーク2012」、グルメに恋する3週間、最初の訪問は

寿司店「銀座 凛」。 同行者は仲良しのお寿司大好き女子(Mさん)。

土曜日のランチタイムに訪問しました。

ジャパンレストランウィークのメニューはイベントの特別メニュー。

通常のものとはことなります。

提供価格は「ジャパンレストランウィーク2012」の開催概要によると

【Winter Premium】
ランチ  2,100円(税込・サ別)
ディナー  5,250円/7,350円(税込・サ別)
【Family】
ランチ  1,050円(税込・サ別)
ディナー  2,100円(税込・サ別)
【日本橋】
ランチ  1,050円/2,100円(税込・サ別)
ディナー  2,100円/5,250円/7,350円(税込・サ別)

私は【Winter Premium】によりお店を選びましたが、お店によって
ランチとディナー両方提供されている場合やディナーのみの場合。
また、ディナーの価格が1つのみの場合など、まちまちでした。

予約で事前に「レストランウィーク」での利用をお店へ伝えておく必要あり。

参加店の中にはこうした機会がないと、なかなか訪問しにくい高級店もあり

見逃せません。 

場所は、東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅 6番出口 徒歩1分。

私達は有楽町駅から向かいましたので、銀座中央通り銀座1丁目の交差点1本手前、

餃子で有名な「銀座天龍」を目印に反対側へ左折し直進、すると道沿いにお店の

看板を見つけることができました。

レストランウィークでの利用を告げると案内されたのは1階、カウンター席。

化粧室は2階でしたので利用の際、拝見したのですが、2階は掘りごたつ式の

テーブル席。1階とは異なり、一瞬ここがお寿司屋さんであることを忘れさせる様な造り。

デート使用に良さそうな雰囲気でした。

「お飲み物はいかがいたしますか?」

ホールスタッフの男性にお声をかけていただき、顔を見合わせる私とMさん。

お得な価格でお寿司がいただけるのだから、浮いた分ちょっと飲もうよ。

せっかく銀座まで来たんだもん。意思疎通。

まずは、生ビール サントリー ザ・プレミアムモルツ@600×2

そもそも私達は飲んべえさんだ。「レストランウィーク」で選ぶ店もそれなりに考えた。

高級店ぞろい、洋食でいい気になってワインを空けたら大変なことになる。

その点、お寿司屋さんなら、日本酒でチビチビ抑えられる。

また、ディナーも危険だ。

というのも候補にあがった寿司店のディナーは、内容から考えて、たいがい7350円。

日本酒をチビチビいっても、諭吉が旅立ってしまうのは明らかだ。

そうしたことで、今回は寿司屋のランチに絞り、参加店を見比べたところ、

同店のものは、先付けと茶碗蒸しがある。

握り、お椀、あとはデザートだけという、利用する側にとって、はじめから寂しい気持ちに

させないメニュー構成になっていたのだ。

お店の卓上には「ジャパンレストランウィーク2012」のお品書きなし

事前に同サイトで確認していたところ

ランチメニュー@2100とディナーメニューは@7350のみ。

ランチメニュー@2100
1)先付け 2)握り寿司 8カン 3)かんぴょう巻 4)茶わん蒸し 5)お味噌汁 6)デザート
となっていました。

ウインタープレミアお昼の握りコース@2100

(先付け)  菜の花と薪タケノコのゴルゴンゾーラ和え

ゴルゴンゾーラものばしているのでいただきやすい。これなら日本酒でもOKだね。

カウンターにはさりげなく?板さんが、ネタを出してくれる。

「苦手な食材はありますか?」

「私はないのですが、彼女は生牡蠣が苦手なんです。

・・・あっ、でも今回はないでしょうけど。」  私達も身の程は知っている。

着席した際におしぼりをいただけましたが、それとは別に、

手でお寿司を召し上がられる際にどうぞ、と小さい手拭きもセットしてくれた。

こうした配慮は嬉しいものだ。

(握り寿司 8カン)

・あおりいか 

塩とすだちをふって出されました。

もっちりとした食感とねっとりとしたほのかな甘みは魅力。 

シャリはすべてにおいてですが小さめ。

・金目鯛

煮きり醤油をつけて出してくれるのですが、セットされた小鉢にはお醤油も注がれている。

個人の好みの自由を尊重してくれるところも堅苦しくなくていいな。

ビールはとっくになくなって、しまって日本酒選び。

先ごろ、飛騨高山でにごり酒をいただき、ハマってる私としては

白瀑(しらたき)純米にごり 「ど」 1合@950

友人も試してみたいと言うとお猪口をもう一つ持ってきてくれました。

味わいとしては、もう少しまろやかな旨みが欲しいところ。生意気言ってます。

刈穂 山廃純米 番外品 1合@1000

刈穂には、番外品と超辛口があり、板さんのオススメでこちらにしました。

個人的に、最近は辛口なだけではなく、旨口の酒に惹かれています。

(茶わん蒸し) 蟹とカズノコの茶わん蒸し

出汁はしっかりとれています。柔らかな口当たりで品が良い。

・こはだ

酢の〆加減良好。

・本マグロ赤身

本日のメインは、やはり本マグロでしょうYahho01 

パクリと頬張ると赤身は、しっとりと上品な旨味があって、しつこさを感じさせない。

ああ、お寿司ってグレート!日本の偉大な食文化だ。

・芽ねぎ

悪くはないです。でも、赤身のあととなると、やはり物足りないね。

・いくら

軍艦巻き。海苔の風味は普通。いくらは、残念ながら安価な感じに思えた。

・煮ダコ

自分のメモによるとここで煮ダコをいただいた様子。写真を撮るのを失念。

やや甘いツメを塗られた煮ダコ。

・玉子

正直なところ、握りは本マグロ赤身以降、自分の食温度が下降気味だったのですが

ふんわり柔らかな玉子に再び上昇。 甘さの加減も良し。美味しい。

(かんぴょう巻とたくわん巻)

巻物でお食事は最後。

でも、もうちょっとお酒が残っているのだ。

それを察してか、板さんがお新香をサービス。目配り嬉しい。ありがとうございます!

もちろん、がりも最初から出されています。同店のものは自家製なんですって。

(お味噌汁)

生のりかな。 

自家製七味

お味噌汁にお好みでお使いくださいとのこと。

ホールスタッフの男性が、何が入っているかを当てたら粗品をくださっるって

言うので、私、挑戦してみました。

まず、強く感じたのは山椒、次に陳皮、胡麻、胡椒、唐辛子、ここまでは当たり♪

味から想像出来るはずなのに、言葉にでなかったのは、「ケシの実」

そしてわからなかったのは、「ゆかり」 

自家製七味には、「ゆかり」が入っているんですって。

ほんの微量なのかな?全然、想像できなかった。

ううっ、、無念じゃ。 まだまだ、いっぱしに食レポできる自分ではないな。

でも、板さんが残念賞で、この自家製七味を小さな袋に入れてお土産にくださいました。

ちょっとしたことで、心弾む楽しい時間をもてた。 

敷居が高いと思っていた銀座の寿司店との距離感が近くなったように思えたのです。

(デザート) スイートキャロット

素材の味がそのまま感じられる好感のあるデザート。

「あがり」と一緒にいただけました。

管理人の思いを記録すると、寿司店としてネタなどはソコソコですが、

スタッフの接客が、とても人間味に溢れていて温かい。

高級店ですが、背伸びしてもお立ち寄りたくなるチャーミングなお店でした。

Hand01お会計は、お酒の追加料金を加算し(本数控え忘れ)1人あたり6000円ぐらい。

ジャパンレストランウィーク満足度数は、★★★☆(3.75)消極的に好きです。

 

銀座 凛

東京都中央区銀座1-6-6

TEL      03-3538-7775

営業時間/ランチ  月~土 11:30~14:30
       ディナー    月~金 17:30~23:00 土 16:30~22:00

定休日    日・祝

大きな地図で見る

2012年2月19日 (日)

ジャパンレストランウィーク2012

(レンタロー) こんちは!チームBのレンだで。

管理人は、1.27(金)~2.19(日)「グルメに恋する3週間」として開催された

「ジャパンレストランウィーク2012」参加店に数軒、予約して行ってきただよ。

月曜日からは、そんときの食レポだで。

オラ達も連れて行ってもらったお店あるだ。

ボツボツ記録してくで、よかったら様子見にきてほしいだよOnagai

金春新館 蒲田№9

(ノブロー) ニイハオ!今日はオラ達が食レポするだ。

ここはどこかって?いつもの金春新館」さんだで。

2階席は、こんなふうに靴脱いであがる席になってるだ。

なんか、ちいと殺風景だけんど、大人数でワイワイやるにはええかもしれんで。

(タクロー) 店の姉さんが1階席が空いたちゅーんで声かけてくれただ。

2人であの部屋、貸切状態は寂しいだ。移動が正解だな。

(ノブロー) んだ。んだ。

ほんで、紹興酒は三国演義「魏」曹操さまだで。

担々麺@680

チンゲン菜、肉そぼろ、ネギなど。

シンプルな担々麺は正直なところ出汁が弱いだ。

金春さんには世話になってるだが、こいつはいまひとつだで。すまねえだ。

だで、また他のメニューも紹介するで、金春さんを宜しくたのむだ。

(みに) ねえ、ノブローさん、白く毛羽立ってない?毛づくろいしないとダメよ。

食のアイドル降格になるわよ。

(ノブロー) 寝太郎が、オラ達のお手入れサボってるだよーーKowai2

 

金春新館(コンパルシンカン)

東京都大田区西蒲田7-63-2

TEL      03-3733-8798 

営業時間/ 11:00~14:00 17:00~23:00

定休日      無休

2012年2月18日 (土)

新香飯店 麻布十番

Sinnkouhanntenn

お一人ランチは、麻布十番「新香飯店

場所は雑式通り沿い。商店街に古くからある中華料理屋さんです。

店内は奥に細長い造り。あっさりした店内は気取らず食事がいただける雰囲気。

きっと誰もが記憶の中に1つは存在したであろう町の中華めし屋さんだ。

かく言う私にもある。目黒区だけれど・・・。

そこの、醤油味のあんかけ「もやしそば」が大好きだった。

炒飯を頼むとついてくる醤油が先行したスープも忘れられないなあ。

話は戻って「新香飯店

店の構造上、客席には窓がないため少々暗い。

私は、入り口近くのテーブル席に着席。

見回すと、ランチのおすすめメニューも壁に貼られていましたが

本日の私は小さい頃にいただいた味を懐かしんで「中華丼」を頼もうと思うのです。

メニューを拝見したところ「中華丼」(うま煮丼)には普通バージョンと五目バージョンあり。

お店のお姉さんにお聞きしたところ、五目には、海老、イカ、野菜と具沢山で、

たまごも入っているという。

什錦中華丼(五目うま煮丼)@980

飾り気のない五目中華丼。 スープは昔ながらの醤油味先行型スープ♪

決してべっぴんさんとは言えないのだけれど、海老、イカ、豚肉、干ししいたけ、

白菜、キャベツ、ニンジン、インゲン、ブロッコリー、タケノコ、などがたっぷりで

醤油味のあんかけでまとめられている。

ご飯に絡み付いたあんかけが愛おしい。

これだ、これだ。いただきま~す!!

たまご、というので、はじめ、うずらの卵かと思いきや、溶き卵なのだ。

五目うま煮はボリューミーなので、ご飯が少なめに感じましたが、美味しく懐かしく完食。

そして、同店では紹興酒がリーズナブル!

なんとボトル1500円で提供してくださっている。麻布では貴重です。

食事を終え、中央のレジで会計をすませると

1階奥の厨房から「ありがとうございましたー」と声をかけていただきました。

これからも長く麻布十番で頑張ってほしい。 また懐かしい味に逢いに来よう。

今回のランチ満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。

 

新香飯店(しんこうはんてん)

東京都港区麻布十番3-7-13

TEL      03-3452-8051

営業時間/ 11:00~22:00

定休日      火曜日

大きな地図で見る

2012年2月17日 (金)

龍天門 恵比寿

Ryutennmonn

お一人ランチは恵比寿、ウェスティンホテル東京2F、中国料理「龍天門

ランチは随分と久しぶりの訪問。 入り口で1人である旨を伝える。

周りの状況から、予約ではないため断られるかと思ったところ、

入り口近くの席ならば案内できますとのこと。よかった。

着席後、飲み物を聞かれました。

「お茶で」と伝えると、

お店の方でゆっくり時間をかけ茶杯に入れてきてくれる。

こういうところにこだわりを感じます。ちょっとリッチな気分。気分上々。

普段ですと、担々麺を注文してしまうのですが、今日は酸辣湯麺を注文してみよう。

ランチタイム手渡しされるメニューには上記、担々麺や酸辣湯麺はのっていません。

しかし、ひるまずホールスタッフの方にお聞きしましょう。

「担々麺や酸辣湯麺はないのでしょうか?」

すると、担々麺(温・冷)の丁寧な説明を受ける。

「酸辣湯麺、お願いします。」

すいません、本日は決めていたのだ。

酸辣湯麺

同時に運ばれてきたのは、自家製豆板醤とマスタード。好みで使えます。

マスタードって使う必要あるかな、と思いつつ

ああ、点心のワゴンサービスをお願いしたらこれは必要だね。

でも、本日は酸辣湯麺一直線。点心はナシなのだ。

味見をしてみるとマスタードはマイルドでクリーミー。

豆板醤は品良く旨味のある味。ツンツン辛くはないのだ。これはいい!

酸辣湯麺に使おう。

上品な器に入った艶やかな酸辣湯麺は、一般に見かけるものと風体が違う。

シイタケ、エノキ、豆腐、溶き玉子など。

スープはさらっとしています。あんかけ状にはなっていないのだ。

そばは、日本そばをイメージさせるような白い細麺、ストレート。

酸味も上品な酸辣湯麺。洗練された質の高さを感じる。美味しい

お値段は2300円とこれまた、ハイソ。どっきりしちゃうよ。

うーーん。これだけのお値段を支払ってがっかりだったらショックで当分、

外食は控えそうだ。 本場のものは、どうなのかは知りませんが、個人的には

酸辣湯麺はとろみがあったほうが好み。

したがって、このメニュー自体のリピはないと思いますが、

高級中華に五感と財布をグイグイ刺激された。

ランチタイム、圧倒的に奥様方の予約で溢れている。

自分が少々場違いに思えましたが、数年ぶりの「龍天門

今回のランチ満足度数は、★★★★☆ とってもお気に入りです。

 

龍天門

〒153-8580 東京都目黒区三田1-4-1 ウェスティンホテル東京2F

       (恵比寿ガーデンプレイス内)

TEL     03-5423-7787

営業時間/ 月~金 11:30~15:00 17:30~22:00

        土・日・祝 11:30~16:30 17:30~22:00

定休日    無 休 

2012年2月16日 (木)

桃花林 日本橋室町賓館 三越前

Toukarinn

お一人ランチは三越前、「YUITO日本橋室町野村ビル」3階、

高級中国料理「桃花林」日本橋室町賓館。 

「三越前」駅 A9番出口直結。「COREDO室町」の並びのビルになります。

伝統あるホテルオークラ「桃花林」の味をランチタイムはカジュアルなお値段で

いただけるということでお邪魔しました。

お目当ては、平日11:00~12:00 時間限定の「せいろ蒸しご飯」@1000

この日のせいろ蒸しは、マーボー茄子。週替わりのようです。

案内されたのは入り口から右手側の円卓が4つほど配置されたテーブル席。

相席でお願いしますとのこと。

マーボー茄子せいろ蒸しご飯@1000

スープ、三角はるまき、ザーサイと

デザート以外は一気に運ばれてまいります。 お茶は中国急須で。

蒸篭に敷かれているのは蓮の葉ではないだろうか?

ふわっと香った。それにしてもマーボー茄子の量が控えめだ。

ご飯は、もちもちと粘り気がある。もち米入りと推測。

茄子はしっかり食感を残し、味付けもマイルド。

スープ

細かく刻まれた野菜と玉子、塩味ベース。 

ホテル中華でいただく品の良いスープの味わい。口あたりが優しい。

三角はるまき

好みでからしを使えます。

油っこさが微塵もない三角はるまきのなかみは、軽く下味をつけたポテト。

かりっと揚がっていて美味い。そのままでも十分いただける。

杏仁豆腐

食後に運ばれてきました。やや薄味、上品です。

洗練された味わいの中国料理、さすがという感じです。

マーボー茄子の量が控えめなので、私にはご飯とのバランス的に少し物足りなさは

ありましたが、この味が1000円でいただけるなら大満足。CP良し。

ランチ満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。

 

ホテルオークラ 中国料理「桃花林」日本橋室町賓館

東京都中央区日本橋室町2-4-3 YUITO日本橋室町野村ビル3F

TEL         03-3231-2883

営業時間/ 月~金 11:00~15:30(L.O.14:30)
            土・日・祝 11:00~16:00(L.O.15:00)
               月~日・祝 17:30~22:00(L.O.21:00)

定休日   無休 (ビル休館日に準ずる)

大きな地図で見る

2012年2月15日 (水)

ラスベガスバーガー

夕飯は、マックの「ラスベガスバーガー」だで♪

2月中頃で終了するって聞いてたからごっちゃんになれるか心配してただ。

ギリギリセーフだな。

マクドナルドのHPによると「ラスベガスバーガー」は・・・

アメリカのゴージャスな街のきらびやかさ、豪華さを、スライスビーフと
ビーフパティのリッチなコンビネーションで表現した「ラスベガスバーガー」。

マクドナルドが誇るビーフ100%の1/4ポンドビーフパティに、スパイシーに味付けした
ビーフとオニオンを乗せ、濃厚なクリームチーズソースを贅沢に絡めました。 

という期間限定のハンバーガー。

スパイシーに味付けしたビーフとオニオンちゅうけど、オラ達には飴色オニオンの

甘みのほうが勝ってると思うだ。

ほんで、濃厚クリームチーズがいい塩梅に絡みこんでコクを出してるだ。

バンズは、弱い感じもするけんど、こいつは味のまとまりがええな。

オラ達的には、前回の「グランドキャニオンバーガー」より好みだで。

次の「ビッグアメリカシリーズ」もレポできるとえーなぁLove

2012年2月14日 (火)

DEMEL(デメル) ハーゼルショコラーデ

今日はバレンタイン。 

松屋銀座店、地下1階。

ウィーン王宮御用達菓子司「DEMEL」にてハーゼルショコラーデを購入。

小さな宝石箱のようなBOXを開けると

ハーゼルショコラーデ

パウダーシュガーでお化粧しています。

「香ばしいヘーゼルナッツペーストをふんだんに混ぜ込んだ口どけの良い

チョコレートにナッツやピスタチオとウエハースを加えました。」

その説明のとおり、柔らかい口どけにナッツの食感。

広がる甘さはリッチな味わい。贅沢を感じさせてくれます。

(レンタロー) オラ達もごっちゃんになれただ。うめえ!うめえ!Love

(みに) あらら、デメル様も粉々になっちゃったわね。

2012年2月13日 (月)

飛騨高山・白川郷旅行 №15 旅の終わりに

(レンタロー) 飛騨高山・白川郷の旅、長々付き合ってくれてありがとだ。

オラの買った「さるぼぼ」ちゃんは色によって意味があるだ。

赤=家族運 黄色=金運 ピンク=恋愛運 オレンジ=友・子宝・旅行運

青=仕事・学業運 緑=健康運 銀=才能開花・友達運 紫=成功・出世運

黒=魔除・厄除 だそうだ。

迷うだが、オラ、赤色が好きだで、こいつにしただ。

で、こいつは土産の一部だで。酒や朴葉味噌は別送だ。

ツアーで申し込んだ菓子や途中のパーキングエリアなどで買うたもんも含まれてる。

半分くらいは、人にお土産で配るらしいだ。

ここでオラの豆知識 披露するだ♪

食品の「販売者」表示にアルファベットがついているのを見かけたことねえか?

オラがピンクの下線をいれただが、これは下請けに出していてるってことだよ。

だで、「AZU」は社名ではねえだ。

つまりは、販売しているのは「株式会社 いぬい」さん。

製造は下請けの製造工場が届出をした記号番号「AZU」というとこだな。 

食品の裏には「販売者」の表示されてるか、「製造者」の表示がされているか

ちいと面白いで機会あったらみてみるとええだ。

ほんで、話はもどるだが、後日、土産で買うた高山ラーメン作ってみただ。

縮れ麺で醤油味だけんど、見た目ほどしょっぱくねえだ。

ネギやもやしは、管理人が勝手につけただ。

(みに) 飛騨高山・白川郷、1泊2日の旅でしたが有意義な時間を過ごせました。

人の住む世界遺産、風情を感じさせる古い町並み、蔵元さんめぐり、様々な発見は

楽しい旅の思い出。

飛騨は観光地化されきってはいなく、かと言って寂しくもない素敵なところ。

次回は、ぜひ個人旅行で再訪したいと思っています。

                         飛騨高山・白川郷旅行記録おしまい102614

2012年2月12日 (日)

飛騨高山・白川郷旅行 №14 天重と炭火焼きうなぎ蒲焼弁当

飛騨古川「ひだコロッケ本舗」 

同店の、ひだコロッケは注文が入ってから揚げてくれるのです。

1個(120g)200円。バスでのお土産に2個購入。

熱々ほくほく。ジャガイモの食感が豊か。

下味は軽めですが、飛騨牛の旨みがしっかりしているのでこのままいただける。

さて、「蒲酒造場」の「初にごり」いただきます。

原材料:米(国産)・米麹(国産米) 醸造アルコール 精米歩合:65%  
アルコール分:17.0度以上18.0度未満

東京から持参したMYカップ。持ってきてよかった。

何度も記しますが、初にごりは美味い。

さて、バスの中での夕食、初日にツアーで手配をお願いできるお弁当は

割烹 信濃屋さんの「天重」「ソースカツ重」「炭火焼きうなぎ蒲焼弁当」の3種類。

個人調達も不確定な要素ありなので申し込みました。

天重

海老、ホタテ、茸、野菜など、たくわん付き。

大豆白絞油で揚げ、秘伝のタレを使用なさっているとのこと。

天ぷらは、しなっとしてしまってますが、ボリューム感あり。

炭火焼きうなぎ蒲焼弁当

うなぎのまち岡谷の名物とのこと。しかし、うなぎの蒲焼がめちゃ小さい。

うなぎの値段が高騰したからでしょうか。 

ちょっと楽しみにしていたので、これには絶句。

チラシによると

「活鰻を背開きにして蒸さずに備長炭で焼きあげ秘伝のタレを使用しています。

一般に関東では切腹を嫌い背開きで蒸して焼きます。

関西では腹開きで蒸さずに焼きます。

当地方ではその中間となります。 JR東日本中央東線 岡谷駅」

うなぎ蒲焼を徹底的にほぐして、まぶしご飯にしていただきました。

両お弁当のお値段は1000円から1000円強ぐらい。

「渡辺酒造店」の「蓬莱」

原材料:米(国産)・米こうじ(国産米) 醸造アルコール 精米歩合:55%  
アルコール分:14度以上15度未満

これを味わいながら、飛騨の余韻に浸ろう。

余談ですが、添乗員さんからのサービスエリアの3つの要素情報。

  1. ガソリンスタンドがある
  2. 館内にお茶などの無料自動サービスがある
  3. インフォメーションセンターに日中は常勤スタッフがいる

この3つのうち1つでも欠けるとパーキングエリアになるんですって。

今まではあまり意識して区別していなかったのですが、これからは気をつけて

使うようにしようっと。    

※ 付記
現在、サービスエリアとパーキングエリアを分けるにあたり明確なものは
ないようです。      

2012年2月11日 (土)

飛騨高山・白川郷旅行 №13 飛騨古川古い町並み

昼食のあとは自由散策時間。

飛騨古川は、白壁土蔵の美しい小京都として有名。

城下町としての佇まいを残しており、その見どころはたくさん。

蔵元さんを訪問したあとは、三寺まいりのお寺を見つつ町歩きをしたいと思います。

※三寺まいりとは、

飛騨古川に、300年以上も前から続く独特の伝統風習、三寺まいりは

毎年1月15日の夜、親鸞聖人のご恩を偲び町内の3つの寺、

円光寺・真宗寺・本光寺を詣でるならわしです。 -飛騨市観光サイトより-

本光寺

開基は天文元年(1532)。浄土真宗西本願寺派。

親鸞聖人ゆかりのお寺だそうです。

総檜造りの本堂は木造建築としては鐘楼とともに飛騨随一とのこと。

瀬戸川沿いの古い町並み

白壁土蔵と道を挟んで反対側には民家。

荒城川につきあたりました。弁財天堂があります。

古川祭りの屋台蔵。

三番曳

明治三七年古川大火事により消失、現存するのは猩々緋大幕とあやつり人形のみ

となり屋台は「休台中」となっている。とのこと。

再び瀬戸川沿い。風情があります。

瀬戸川には、鯉がいるらしく餌を入れておく木箱があったのですが、中は空っぽ。

鯉もいないよ。どこかで冬眠中だったのかな。 

瀬戸川を泳ぐ鯉は、また優美だったことでしょう。

円光寺

開基は永正11年 (1514)。浄土真宗西本願寺派。

山門は、増島城の城門を移築したものと言われているそうです。

本堂は、寛文7年(1667)に再建。

室町時代の様式の名残りを留めています。

三寺まいりには、あと一つ「真宗寺」 浄土真宗西本願寺派があります。

今回のツアーでは時間の関係で省略させていただきました。

昔、三寺のうち真宗寺と本光寺は東本願寺派、円光寺は西本願寺派だったそうです。

しかし、1705年(宝永2年)に真宗寺と本光寺は西本願寺派に転派。

これにより、古川町内の3つの浄土真宗のお寺が全て西本願寺派になりました。

長時間もえる大和ろうそくを作って宗祖前にお供えするのです。

ボランティアの方が観光案内をしてくださっているのかな。

実は昼食をとらせていただいた「味処 古川」でも希望者には三寺まいりを

案内してくださるとのことだったんですが、私たちには酒蔵さん向かうという使命?

があったので別行動をいたしました。

起し太鼓

試し打ち位1回100円なり。 

試し打ちは、馴染みがないため諦めました。

私達は「ひだコロッケ本舗」で揚げたてのコロッケをテイクアウト。

さあ、観光はこれにて終了。

バスの中でお弁当をいただきながら東京に戻るのです。

2012年2月10日 (金)

飛騨高山・白川郷旅行 №12 蓬莱と白真弓

昼食後は、飛騨古川の古い町並みを自由散策。

お目当ては、2軒の日本酒の蔵元さん。

まずは、「渡辺酒造店」 明治3年創業。

看板銘柄は「蓬莱」

「渡辺酒造店」は、モンドセレクション10年連続金賞受賞蔵。

ほか、国内外のコンクールで数々の賞を受賞なさっているのです。

中に入ると、すっきりと垢抜けた雰囲気。

そして、同酒造店は、商い上手。 チラシもたくさんいただけたのですが、

ブログを書かれる方々も大歓迎。 写真をお撮りください。

という張り紙もされているので、私、頑張って撮影させていただいたんですが、

腕が悪いもので、こんな感じ。ごめんなさい。

「蓬莱」新酒しぼりたてを、試飲させていただけました。

すっきりとして綺麗な味わい。旨味もしっかりある。

実にエレガントだ。これは買わねば!

「蔵元の隠し酒」 春の番外品。

原料米:飛騨ほまれ 精米歩合:55% 日本酒度:+5 アルコール分:15.8

辛口なのにお米の甘みと旨味がほんのりとのって、淡麗すぎるお酒とは異なる

芯のある芳醇な辛口。 とのこと。 

数に限りがあるので購入も考えたのですが、荷物の関係で断念。         

司馬遼太郎「もと摺りの歌」
 杜氏殿の 心澄みゆき 魂きはる いのちのもとは 生れ初めけり

 (短歌・書:司馬遼太郎 像制作:中垣克久 渡辺酒造正面玄関横のブロンズ像)

記録を残すにあたり、HPを拝見させていただきました。

※ 個人的には「100の質問に答えます」は勉強になりました。

にごり酒に合う肴は→「チゲ鍋、飛騨牛すじ煮込みが最強」

にごり酒のおすすめの飲み方は→「三ツ矢割り」。
にごり酒1、三ツ矢サイダー2の割合でシェイクします。  など。

興味のある方はご参照くださいね。

『渡辺酒造場 http://www.sake-hourai.co.jp/』

次は、「蒲酒造場」 宝永元年創業の老舗。

看板銘柄は「白真弓」

「初にごり」を、試飲させていただけました。

アルコール度:17(甘口)

とろっとまろやかな口当たりで、味わい豊か。そして、あと口がとてもキレイ。

いつまでも口に残るベタベタとした甘ったるさがないのだ。

これにはド肝を抜かれました。

今までにごり酒は、苦手意識が強く敬遠しがちだったのですが、

私の中で180度転換しました。 これ、むちゃくちゃ好み♪ これは買いだ・買い!

同酒造店でもチラシをいただけましたが、とてもシンプルなものでした。

『蒲酒造場 http://www.yancha.com/』

チラシだけでなく、HPを見比べてもタイプの違いが表れている様に思いましたが、

どちらも魅力的な蔵元さんでした。

2012年2月 9日 (木)

飛騨高山・白川郷旅行 №11 味処 古川

Ajidokorofurukawa

昼食は、飛騨古川の「味処 古川

飛騨の郷土料理「在郷料理」の昼食になります。

在郷料理(ざいごりょうり)とは地元食材を使った郷土料理。

用意していただけた在郷料理は野菜中心の素朴でヘルシーなもの。

メインのお皿(奥)には、ちょこちょこ盛られたお料理。

説明をしていただけたのですが、食堂で同じツアーの方々との相席。

狭せま状態なので、メモを取ることができませんでした。残念。

とろろ(卵黄入り)、青唐辛子味噌、山菜そば(冷)、漬物、味噌汁、ご飯。

あっ!醤油かけすぎちゃったかな。とろろかけご飯にしていただきました。

山菜そばは、飛騨そばになるのかな。うまい。

メインとなるお料理が、朴の葉に盛り付けられていないのは残念だけど、

1泊2日、4食付きのツアーで2万3千円弱。

まあ仕方ないか。どれも味がしっかり、はっきりしているので、ご飯のおかずになる。

特に気に入ったものは、左上の「こもとうふ」 味がしみしみ♪

他店のお土産物やさんで申し訳ないのですが、 売られていましたよ。

竹のすのこ(飛騨地方では「こもと言う」)で巻いて煮た、飛騨独自の豆腐。

これ、おいしかった。

飛騨は、とことん観光地化されきっていないし、さびれてもいない。

いい塩梅で町並みも食文化も存在しているのだW04

2012年2月 8日 (水)

飛騨高山・白川郷旅行 №10 白川郷

Sirakawagou

世界文化遺産「白川郷・五箇山合掌造り集落」は

岐阜県白川村萩町の白川郷、富山県の五箇山平村相倉、上平村菅沼の三集落群。

荻町城址展望台は、白川郷の荻町集落が一望出来る絶好のビューポイント。

おそらく旅行社の写真に使われる「白川郷」は、この荻町城址展望台からのもの

だと思います。

荻町城址展望台へのシャトルバスは、せせらぎ公園駐車場から運行されている

ようでしたが運行間隔も不確定な要素あり。

また、徒歩だと40分はかかるというのです。 

民家園も見学した私たちにとっては、時間的にタイト。

残念ですが、荻町城址展望台を断念し、私達は庄川にかかる「であい橋」を渡り、

萩町合掌造り集落に向かいます。 (国選定 重要伝統的建造物群保存地区)

雪が積もっているので、一歩一歩慎重に歩きましょう。

集落が見えてきた。

橋を渡ると秋葉神社

由来によると

江戸時代、度重なる火災と天明三~七年(1783~87)の大飢餓のうえ、悪疫が流行り、

萩町村(萩町合掌造り集落)で二百三十人もの人々が亡くなりました。

この苦境を乗り越えようと、相談の結果、小神堂を建立し、火伏せ神を祀り平和を

祈りました。

しかし、びっくりです。 人がいっぱいだ。

お食事処やお土産物さんもお店も普通にあるよ。

私が無知だったのですが、白川郷って、先ほどの民家園のように保存されている

建造物が中央にまとまっていて、その周りを囲むように民宿などがあるものかと

思っていたら・・・合掌家屋には、今も人が住んでいるですって。

民宿だってこのとおり、中に普通にあるのだ。

で、中国人観光客の方がけっこう宿泊なさっていてスーツケースを持って宿から

出てこられるの。これは外国の方には楽しいわね。

明善寺鐘楼門(県重文)

明善寺庫裡(県重文)

庫裡とは、ご住職やそのご家族が住まわれているところ。

白川郷で一番大きな合掌造りで入館料は、個人で大人:300円/小人:100円。

池に鯉を発見。でも身動きしないのです。冬眠中か?

合掌庵

合掌造りの家の一部を店舗としているお土産物屋さん。

長瀬家

入館料は、個人で大人:300円/小人:150円。

白川郷最大級の合掌造り。5階建ての合掌造り。

ともかく、ちょっとしたところは入館料がかかるのだ。

萩町合掌造り集落は、広いので全てを見学しようとなると1時間ぐらいでは厳しい。

私達は入館を避け、和田家(国重文)も断念。町並みだけを見学。

さきほどの「であい橋」を渡り、バスの待つ駐車場に戻らなくてはならないので

時間にはゆとりが欲しい。 

集落のメインストリート。普通に車だって通るのだ。

自販機だって普通にある。

人の住む世界遺産。

なかには、マナーの悪い観光客もいることでしょう。

私有地に勝手に入ってほしくない住民もいらっしゃいます。

今も住まわれている方々の気持ちを配慮した行動を心がけたいと思いました。

『白川郷観光協会 http://www.shirakawa-go.gr.jp/』

2012年2月 7日 (火)

飛騨高山・白川郷旅行 №9 合掌造り民家園

Minnkaenn

白川郷に到着。自由散策時間は90分。

私達は、ツアーのオプショナルで、野外博物館合掌造り民家園の入園を希望しました

ので、こちらから見学を始める事になりました。

民家園では、岐阜県重要文化財指定建造物9棟を含む全25棟の建造物を

保存公開しています。

園内では、技術伝承の記録として、合掌造り民家の解体・移築再建の

記録映像も放映中。

すごい氷柱です。この氷柱で怪我をなさる見学者もいらっしゃるようなので

下には近寄らないようにと添乗員さんから注意を受けました。

さっそくですが、お休処・中野長治郎家(県重文)。木造切妻合掌造り・茅葺。 

囲炉裏の周りに座って、冷えた身体を温めるのだ。

民家園の入園料には、ツアーの特典になるのかな。ぜんざい(善哉)付。

そば茶は無料でいただけます。

ぜんざいは、シャパシャパでございますが、不服なし。

囲炉裏端でいただく行為に意味があるのだ。

ぜんざいを運んできてくださった方はボランティアかな?

中もご覧になっていってくださいね。とのこと。

ここは「ないじん」(仏間)。

テーブルが出ているのは、お休処を利用される方が多いときに対応させるためと推測。

急な階段をのぼって、2階部分には農耕具が展示。ここは、さらに上の屋根の部分。

構造について説明がなされていました。

しおりによると、中野長治郎家主屋は中野義盛家(県重文)の分家であり、同じく

加須良集落の建物。茅葺きの合掌造りの本体に対し、こけら葺き(一部厚板葺き)

の下屋が印象的。

再び外にでました。白川郷は雪が深い。

池の水も凍っているようだ。試しに雪玉を作って投げたところ沈まず辺りに散る。

山下陽朗家(県重文)

雪の重みに耐えれるのか、心配なくらいだ。

山下陽朗家は白川郷に現存する最も古い民家。木造切妻合掌造り・茅葺。

しおりによると、19世紀の建築が多い合掌造りのなかで、書院座敷をもたないなど

古い形式や手法がみられることから、数少ない18世紀(中頃)の建築と推定される。

鳩谷八幡神社

ここから1.5km離れた白川村鳩谷から移築した八幡神社。この建物は神社の酒蔵庫

(御神酒倉)として使われていたそうです。 残念ながら、中は非公開。

雪を踏みしめると、きゅっきゅと音がする。

水車小屋

遠くから見ただけですが、凍ってるのではないかしら。

この日、民家園は空いているほうだったと思います。 

のんびり、じっくりと見学したかったのですが、90分でバスの駐車場まで戻らなくては

なりません。 これがツアーのツライところ。

民家園での時間の割り当ては30分ほどで打ち切り、お目当ての萩町合掌集落に

向かうことにしました。

ところどころ凍っているので足元注意ね。

『白川郷 野外博物館 合掌造り民家園 http://shirakawago-minkaen.jp/』

2012年2月 6日 (月)

飛騨高山・白川郷旅行 №8 宝生閣(朝食)

Housyoukakuasa

朝食は昨晩と同じ、2階広間の同じテーブル席にて。

朝食は、お品書きなし。

サラダ、鮭、イカの細造り、香の物、ゆずの香きのこ、味付海苔。

写真に収め忘れましたが、味噌汁もあります。

(ノブロー) おはよーさんだで。オラが朝食のチャームポイントを紹介するだ。

(みに) おはよう。ワタローさんとご飯してたんじゃないの?食レポよろしくね。

(ノブロー) 今朝はゴージャスだで。

紙鍋でうどん煮るだ。具材は、つくね、油揚げ、ワカメ、水菜。

薄口醤油を使った関西風の出汁がうめえ。胃袋あたたまるだ。

(ノブロー) 飛騨高山つーたら朴葉味噌だ。これは外せねえ。薬味はネギだな。

卓上で固形燃料使って焼くだ。 香りもええし、甘みと旨味のバランスもええ。

ご飯はおひつで出してくれたで、味噌のっけると飯がガンガンすすむだよUsisi

腹いっぺえごっちゃんになれただ♪

2012年2月 5日 (日)

飛騨高山・白川郷旅行 №7 飛騨の里ライトアップ

Hidanosato

飛騨民俗村「飛騨の里」 宿より20分ほどで到着。

こちらは、合掌造りをはじめとする飛騨の古い民家が移築復元されており、

昔の飛騨の暮らしを再現した集落博物館になっています。

第1駐車場でバスを降り、「飛騨の里」内では60分の自由行動。

1月14日(土)~2月29日(水)、午後5時30分~9時まで冬のライトアップが

行われています。

五阿弥池の周囲には古い民家。

池の周りを右回りに進んでみることにしました。

飛騨の里には、茅葺き(かやぶき)民家と榑葺き(くれぶき)民家があるそうです。

民家の中も見学可能。

私たちも数軒入ってみたのですが、家屋内は暗い。

中をじっくり見学するには昼間の方が良いかも。

写真の腕も悪い上に、途中から雪が激しくなってきました。

積雪のためでしょうか、ロープを張っている箇所もあり、道はあってもその先に

進めない場所もありました。

車田 田植えが行われる場所。ぐるぐる何重にも円を描いているように見える。

(ヨンクマ) 雪がひどいよ、バスに戻ろうよー。

もう、お宿でぬくぬく温泉に入りたいよー。

(ノブロー) 泣きごと言うでねえだ!ヨン。 ガッツだすだ!!

静寂の中に、幻想的にライトアップされた飛騨民俗村「飛騨の里」

五阿弥池の近くでは、甘酒やシイタケ茶のサービスあり。

温かい飲み物に、ほっと癒されるのでありました。

2012年2月 4日 (土)

飛騨高山・白川郷旅行 №6 宝生閣(夕食)

Housyoukaku

宿の夕食は2階、エレベーターを降りてすぐ左手のツアー客用にセッティングされた

広間のテーブル席にて。

お品書きが添えられていました。

メインは、紙鍋。 飛騨豚を使ったしゃぶしゃぶのようだ。

食前酒  柚子酒  先付 胡麻豆腐  

前菜 海月の白酢和え、ベーコン薩摩揚げ、小海老の塩蒸し、サーモン小袖寿司、
たたき牛蒡、なた豆の花

御造り 泉福重ね造り  蓋物 かに蓮根蕪巻き  紙鍋 飛騨豚しゃぶしゃぶ

飛騨蕎麦 とろろ蕎麦  香の物 二種盛り

このあたりがすでに準備されていました。

蕎麦は、つゆを上からかけて食べるぶっかけタイプで。

合肴 甘鯛の鹿の子揚げ

写真は青唐がアップになってます。鹿の子揚げは下敷き状態。

天つゆ付き。

(ノブロー) 泉福って変わった名前だけんど、なんだべ?

オラ、ようわからんけんど、白身の淡白な味の魚だな。

(ヨンクマ) この他に止め椀で赤味噌仕立のお味噌汁と食事(白飯)を

出してもらえたんだ。

水菓子 飛騨のヨーグルト

集合時間は45分後。 急げや急げ!バスに乗り込み「飛騨の里」に向かうのだ。

正直なところ、あまりにせわしない夕食になってしまいましたので、全体的に

印象が薄くなってしまいました(A;´・ω・)  ご馳走さまでした。

2012年2月 3日 (金)

飛騨高山・白川郷旅行 №5 飛騨高山古い町並み

二木酒造。創業元禄八年。

HPによると、もとは石川県に住していたことから屋号は「加賀屋」 

『二木酒造㈱ http://www.niki-sake.com』

平田酒造場。HPによると、もとは、「打保屋」の屋号でびんつけ油やろうそくを

製造販売しており酒造業は明治28年から。

同酒造場の「熟成古酒 飛騨の華 酔翁」はIWC(国際ワインチャレンジ)

SAKE部門、古酒の部で見事トロフィーを受賞なさっているのです。

『㈱平田酒造場 http://www2.ocn.ne.jp/~hirata43/』

古い町並は、国選定 重要伝統的建造物群保存地区。

観光スポットとしては、先ほどの「川尻酒造場」「二木酒造」「平田酒造場」の

上二之町あたりと上三之町。

次は、上三之町の古い町並みに移ります。

上三之町のほうが道幅が狭いかな?

道の両脇には、古い町並みの景観をそこなうことなく、風情のある造りで

様々な、お土産物屋さんやお店が並んでいます。

通りには旅館もあるのだ。

そして、ついには・・・!

医院もこの通り!ドラマ『JIN-仁-』の世界観。

南方先生や咲さんが出てきそうです。 

この通りには産婦人科の医院もあったのですが、やはりJINしていました。

散策も中盤以降になると

夕飯前ですが、小腹が空いてきました。

そこで、生ビール@500と地酒(久寿玉)@300だ。

酒のアテは、飛騨牛串焼。 霜降り@500と赤身@300

串焼にはロース@800もあるけど、そこまで望まなくてもいいかなと考えこの選択。

赤身も悪くはないけど、やっぱり霜降りが美味いよ。

ここは「じゅげむ」さん。 

私たちの宿泊先のフロントのお姉さんが、おすすめしてくださったので立ち寄りました。

同店では、お土産物も扱っているのですが、入り口脇では気軽にいただけるフードや

ドリンクも販売されています。 

日本酒、ワンカップでしょ。でも、300円にしてはイケルほうなんじゃないかな。

雪化粧をした景色が美しい。

飛騨の中華そばは、昔ながらの細いちぢれ麺、醤油味ベースのスープ。

シンプルなものだと聞きました。興味はものすごくあるのですが、このあと夕飯。

そして飛騨の里、ライトアップの観光に向かいます。

ならば、帰ってきて夜食にGO!・・と思ったのですけど、

市内のお店屋さんは閉まる時間が早い様子。 残念無念。

大のや醸造。

高級天然の味噌と醤油のお店です。店内に入るとまず左手に地方発送をまつ

商品が箱で、ガガガーンと詰まれているのにびっくり。

そして、店内中央のサービス味噌汁(赤味噌と麹味噌のブレンド)をいただいたら、

その美味しさで人気に納得。もちろん、店内でも購入できますから、私も買うのだ!

しかし、家に味噌がまだ残っているわ。

赤味噌500gから買い求めることができましたから、麹味噌は諦め、自宅味噌と

ブレンドしてみよう。 連れにも「これ、絶対美味しいから!」と半強制的に購入。

自宅で同店の赤味噌をブレンドさせ味噌汁をつくったところ、やっぱり風味が高く

コクが豊か。東京のスーパーでよく見かけるタイプのものは硬くて、使いづらい面も

ありますが、こちらの赤味噌はややゆるめ。

それがかえって色々なお料理に使えるのではないかと期待しています。

『㈱大のや醸造 http://www.ohnoya-takeda.co.jp/』

※ほか、参考にさせていたHP

『岐阜県酒造組合連合会 http://www.gifu-sake.or.jp/』

2012年2月 2日 (木)

飛騨高山・白川郷旅行 №4 川尻酒造場

宿では、「酒蔵めぐり」の案内が紹介されていました。

市内には、七軒の造り酒屋があるそうな。

入場見学無料。私達の訪問したときは「川尻酒造場」が拝見できるようです。

飛騨高山、宿泊地近くにそんな酒蔵があるとは知らなかったので、予定になかった

行動ですが、市内の古い町並みを散策がてら、さっそく向かってみることにしました。

試飲♪試飲♪楽しみだ。

途中、高山祭の屋台蔵を見かけました。

高山祭(たかやままつり)とは岐阜県高山市で毎年開催される祭のうち屋台が
複数出る祭の総称で京都市の祇園祭、埼玉県秩父市の秩父夜祭と並んで
日本三大曳山祭の一つに数えられる。         -Wikipediaより-

白壁の土蔵。正面に扉がついており観音開き。この中に大切に保管されているようです。

酒林(さかばやし)発見!こちらが「川尻酒造場」

HPによると、

「天保10年(1839)創業。1970年代には糖類、調味液の使用、桶売り(大手の下請)を

全廃し以降、コクのある酒質にこだわり、数年の貯蔵期間を置く熟成古酒に特化して

今日に至る、飛騨で唯一、個人経営の蔵元」とのこと。

いいね~。こういう小さい蔵元さんには、何か掘り出し物がありそうだよ。

有料試飲3点も用意されています。

中に入るとガイドさんが、「ご案内しましょうか?」と声をかけてきてくださいました。

「よろしくお願いします!!」

この先は、私達見学者の立ち入りはNG。

槽場(ふなば)。木製の槽を使用。

これをプレスして絞るようなのですが、その工程は昔ながらの手法。

この槽場で搾る作業責任者の方を船頭さんとお呼びするんですって。

釜場。

見学にうかがった時間が遅かったせいでしょうか?お掃除中。

上の部分はカットしたスポンジを入れてホースで水を流し込むの。

すると、くるくるくるーっと一周まわってキレイにしてくれるのだ。

ガイドさんに丁寧に説明を受けたのですが、まだ自分がお酒造りの知識全般、

無知で、消化できないことを再確認。 馬の耳に念仏だね。

ガイドさんの案内終了後、「原酒ひだ正宗」の試飲をさせていただきました(無料)

ゆっくり口の中に含ませていくと日本酒ツウではない私にもピンときた!

これ、美味いよーーW04

熟成古酒 原酒ひだ正宗は、冷やしていただくのがおすすめとのこと。

ガイドさんの話によると、「蔵元めぐりをする際には、おすすめの飲み方を

必ずその蔵元さんにうかがってくださいね」とのこと。

あまりに美味しかったので、日本酒好きな奈良の知人ご夫妻にその場で発送依頼。

(地方発送可)

後日、とてもお気に召していただけたようで、お礼の電話を頂戴しました。

酒蔵の見学は面白かった。 次の機会にはもう少し基本的な部分を

勉強してから訪ねてみたいと思います。

『川尻酒造場 http://www.hidamasamune.com/index.html 』

2012年2月 1日 (水)

飛騨高山・白川郷旅行 №3 飛騨牛コロッケ

「アルプス街道 平湯」の売店にて、ご当地特選「飛騨牛コロッケ」@200を購入。

これ、添乗員さんのおすすめ。

(ノブロー) やっと、宿に到着しただ。「さるぼぼ」ちゃんと記念撮影するだ♪ 

「さるぼぼ」は猿の赤ん坊のこと。郷土人形です。

お連れさんは、真っ赤かの顔なし人形に違和感を感じたようだけど、

私はミステリアスな「さるぼぼ」ちゃんは好み。

さっそく小さい「さるぼぼ」をお土産に購入してポーチにつけていますよ。

本日の宿は、飛騨高山「宝生閣」

ツアーの案内では高級ということだったけど、私の印象としては普通。

お掃除が行き届いていないところもあったしね。

それはともかく、飛騨高山温泉の湯は良かった。

お湯が柔らかくて、それでしっかり温まって何度でも入りたくなるの。

私自身、そんなに温泉、温泉と萌えないタイプなんですが、めずらしく朝も

早起きして入浴。 露天風呂は最高だあ!

「あっ、ごめんね。ヨンちゃん、飛騨牛コロッケだよ」

飛騨牛の旨みがしっかり下味に入っていて、それでいて重たくない。

おやつ感覚でこのままでいただけちゃうね。

これからは自由時間。宿の夕飯前に飛騨高山市内を観光してきます。

 

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »